2020年9月 7日 (月)

【横浜店】Youtube連動特別企画「DENON・Marantz・Importミュージアム」訪問記 その1:DENON編

横浜店 渡邉です。

Kao

本日はYoutube連動特別企画「DENON・Marantz・Importミュージアム」訪問記でございます。

本日は一気に四本のブログが上がります。お時間を頂ければ幸いです。


YouTube: 【アバック公式】vol.66~DENON MUSEUMをご紹介~#ホームシアター・オーディオのアバック

814048


こちらは川崎にありますD&Mホールディングスの本社になります。

今回DENONブランドが110周年になることを記念して「DENON」「Marantz」そして「Import」の各製品を白河と同じ様な「ミュージアム」の形でそれぞれのブランドの歴史や製品をご覧いただけるようになっています。
但し、残念ながら今の所一般の皆様はここに入ることは出来ません。

そんなわけで今回はそれぞれのミュージアムをブログご案内と言う形で紹介させて頂ければと考えております。

最初は今回の主役、DENONミュージアムです。

Vlcsnap2020082815h31m22s073

DENON・Marantzが主軸のD&Mの中で最も古い歴史を持つDENONブランドが成立するまでには、実は2つの成り立ちが関わっています。
此方のコーナーではそれぞれの成り立ちを歴史を追って紹介しています。

エントランスの様な通路を抜けると……。

Dsc_2280

最初に飛び込んで来るのはピカピカに磨き上げられた「ラッパ」です。

こちらは日本コロムビア株式会社(日本蓄音機商会)が製造した蓄音機「ニッポノホン35号」です。

「なんで日本コロムビア?音楽レーベルだよね?」

そうお思いになる方も多いかと思いますが、実は日本コロムビアはDENON成り立ちの源泉の一つです。

100pxnippon_columbia_logo
正確には日本蓄音機商会として米国コロムビア・レコードと提携し、社名を変更した「日本コロムビア」と言う事になります。
当時はハードウェアである蓄音機とソフトウェアであるレコードの制作が非常に近い所にあり、米国コロムビアレコードとの提携でレコードの販売も行っていましたが、徐々にレコードの販売に特化したことで「日本コロムビア」=音楽レーベルと言う認識になっています。

Logo1

そしてもう一つの源泉は日本コロムビアが成立する過程で吸収された1939年に設立の「株式会社日本電音機製作所」となります。

005

「DENON」というブランド名は「日本電音機製作所」として創業した坪田耕一氏が会社設立当時に「電音機」→読み方がデンオン(海外では読みにくいのでデノン)→「DENON」と言う流れでブランド名を考えられたそうです。

Logo23_2
その後、社名ロゴは自体は二回ほど変わっておりますが、DENONの文字自体は変わることなく現在まで続いています。

「株式会社日本電音機製作所」は業務用の機器を中心に製造を行っていた会社であり、NHKからの依頼で国産初の「円盤録音再生機」を作成した所から始まっています。
当時は録音機の他に国産ピックアップやマイクロホンも作成し、NHKなどに納品していました。

そんな「株式会社日本電音機製作所」として会社吸収前一番の歴史は「玉音放送」になるかと思います。

Nhk2


玉音放送は戦時中に海軍監視下の中で「日本電気音響株式会社」と名前を変えた時期に開発された可搬式録音再生機「DENON DP-17-K」により録音されました。

Gyokuonban

現在もNHK放送博物館に同型品の展示と記録された玉音放送の原板が展示されています。
DENONは歴史の一ページを作っています。

戦後すぐに日本電気音響株式会社は日本コロムビアの傘下となり、1963年には吸収合併の形で日本コロムビアと合併します。
ただ、旧電音の三鷹工場は日本コロムビアの音響機器事業のブランド名として「DENON」(デンオン)として存続し続け、以来日本コロムビアの一部門としてプロフェッショナルオーディオ機器、そして現在の京浜急行大師線港町駅付近に存在した旧日本コロムビアの川崎工場で制作された白物家電、果てはOEMのテレビまで「DENON」のブランドが使用されていた時期がありました。

Logo3その後紆余曲折を経て日本コロムビアからAV音響機器部門を分社独立させた時に「DENON」(株式会社デノン)を立ち上げたと言う経緯となります。三鷹にあった研究施設や工場は福島県白河市に移転し、現在の「D&Mホールディングス 白川工場」になっており

Maxresdefault

電音から始まった歴史はそのまま継承されております。

DENON Official Blog デノン白河工場見学記 Part.1

https://www.denon.jp/ja-jp/blog/3711/index.html
現在、日本コロムビアとDENON・Marantzの親会社であるD&Mホールディングスは資本上の関係はありませんが、日本コロムビアではコロムビアブランドが使えない地域で用いていたDENONブランドで作成したCDを復刻しており、以前の関係性をうかがわせるものがあります。

0225_4

結局、電音から始まり、日本コロムビアが吸収し「株式会社日本電音機製作所」が使っていた音響機器事業のブランドとして存続したのち再び独立した経緯が「日本コロムビア」であり「DENON」だった、と言うわけです。
少し話が長くなりましたが「DENONで日本コロムビア」という源泉はこのような流れになります。

さて、展示に戻ります。

ミュージアムの展示はそのままDENONの歴史をたどっていきます。

最初はカートリッジ関係とアーム、そしてターンテーブルです。

Dsc_2273

Dsc_2275

左側で広げられた紙はNHKにカートリッジを納品する際に策定された仕様書です。

Dsc_2276

Dsc_2277

ターンテーブルDP-5000(1971)、隣はDP-1000DK-70(1974)を使ってキャビネット化したものです。

明らかに筐体が違う放送局用DP-100(1981)と民生用DP59M(1984)

Dsc_2286

Dsc_2287

 続いてアンプです。

PMA-500(1972)PRA-2000(1979)POA-3000(1979)

Dsc_2284

POA-8000(1981)PRA-6000(1982)

Dsc_2282

下はプリ・パワー別体型のPRA-S1(1994)です。

Vlcsnap2020082815h32m43s717

DENONの評価を上げる事になった記念すべき機材PM-A2000(1996)です。

PRA-S1の技術を用いている事が特徴であり、あえてPRA-S1の隣に置いてあります。

このアンプでうまくいかなければDENONのHi-Fiが終わっていたかもしれない、とても大事なポイントになった製品です。

現在はPMA-2500NE、そして先日発表になったPMA-A110にその系譜が受け継がれております。

そしてプレーヤー。

Vlcsnap2020082815h33m19s549

Dsc_2306

Dsc_2310

Dsc_2311

Dsc_2309 

DCD-SX(2008:インプレス様) 、DCD-S1(1994) 、DCD-SX1LTD(2013)
DP-S1(1993)DA-S1(1993)

そして、1990年以降登場し始めたAVアンプです。

Vlcsnap2020082815h33m51s106

Dsc_2304

Dsc_2303

AVP-A1(1996) 、AVP-A1XV(2004:Phile-Web様)POA-T2(1996)

Vlcsnap2020082815h34m06s471

AVP-A1HD(2010)

Dsc_2302

よく見ると、アンプの下に青いマークがあることにお気づきでしょうか?

これは「WORLD FIRST」の文字です。

WorldsfirstAVC-A1HDの場合「Dolby TrueHDやDTS MasterAudio」に世界初対応したアンプ、ということになります。先日のAVC-X6700H、AVR-X4700Hの8K対応もなど、常に先を行くのがDENONの矜持、というところでしょうか。

Dsc_2301_2

こちらは店舗にもたまに設置するPOA-A1HD(2007:Phile-Web様) 

Vlcsnap2020082815h34m16s032

一体型DCD-CX3(2006:Phile-Web様) 

横に置いてあるのはDENON最初のヘッドホンであるCOLMBIA SH-10です。

Vlcsnap2020082815h32m53s987

そして100周年記念に発売された「A100シリーズ」である

AVR-A100DBP-A100(Phile-web様)、PMA-A100、DP-A100(Phile-web様)

 そして最新機種であるAVR-X2700H基盤

Vlcsnap2020082815h34m32s930

そして現行機種であるAVR-X4700H、AVC-X6700H、AVC-X8500Hなどが展示されています。

Vlcsnap2020082815h34m51s491

DENONの展示はここまでです。

110周年記念の各機種については別のブログでご案内します。

AVアンプAVC-A110はこちら。

【横浜店】DENON110周年記念モデル情報解禁!その1:AVC-A110です。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/09/denon110avc-a11-84e9.html

ピュアオーディオ2機種についてはこちら。

【横浜店】DENON110周年記念モデル情報解禁!その2:DCD-A110とPMA-A110です。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/09/denon110dcd-a11-1d25.html

ではミュージアムのご案内はその2、Marantz・Import編に続きます。

流石にミュージアムの商品のご商談は出来ませんが、現行品、そして近日発表の110周年記念モデルのご相談は承ります。

現在コロナウイルスの影響で商品の供給が細くなっております。
お問い合わせ、ご予約はお早めにお願い致します。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

0508_online_page

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては北は稚内から南は八重山まで、地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。

2020年9月 2日 (水)

【横浜店】Marantz Model30とSACD30n。新しいMarantzをご紹介します。

横浜店 渡邉です。

Kao

最初にご案内。

20200825bana_2

秋の新製品!大収穫祭2020は9月12日から開催中です!

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

最近DENON・Marantzの新機種、ヤマハの新型AVアンプなど新機種の発表が始まっております。
身の回りは小さい世界ですが、コロナ禍の中でも世の中は動いているなあと感じます。
さて、DENON110周年のお話で盛り上がり始めている昨今、Marantzから新機種の情報が飛び込んできました。

プリメインアンプのMODEL30とSACDのSACD30nです!

Model30※クリックで拡大します。

Marantz MODEL30

https://www.marantz.jp/ja-jp/shop/amplifier/model30

Sacd30n

※クリックで拡大します。

Marantz SACD30n

https://www.marantz.jp/ja-jp/shop/sacdcdplayer/sacd30n

です。

先日のミュージアム訪問時に実機が有りましたのでYoutubeでもご紹介しています。


YouTube: 【アバック公式】vol.69~marantz新製品 MODEL30/ SACD30Nをご紹介~#ホームシアター・オーディオのアバック

写真以外のディティールを見ていただければ幸いです
早速、両機種をご紹介します。

プリメインアンプ MODEL30

Mz_model30_n_f_k_sg_fr_001_lo

※クリックで拡大します。

https://www.marantz.jp/ja-jp/shop/amplifier/model30
マランツの伝統的なモデルナンバー「Model」の名を冠した、伝統と最新技術が同居した新世代プリメインアンプです。

最初に目に入るのはデザインです。

筐体の変更は実に16年ぶりとなります。

Model30exterlia_2※クリックで拡大します。

中心部のデザインや金属感はまさに「マランツのデザイン」ですが

Model9_2

そこからは樹脂系ならではの緩やかな曲線で左右に広がり、既存のMarantzアンプにない曲線を醸し出しています。

Marantz_model30_silver_lifestyle3 ※クリックで拡大します。

尤も曲線だからと言って新たに設計されたシャーシに妥協は無く、鋼材の厚みは12シリーズと同等、
サイドパネルに至っては最厚部5.7mmのアルミパネルを使用しています。
また、インシュレーターや電源トランスの固定も従来の物より太いものを採用しており、こちらも上位モデルに匹敵する構造を採用しています。

Pmmodel30_2

これはカタログ外の写真ですが、斜め上から見るとオーディオ機器としての「見た目」にも配慮した
正面のデザインと繋がるようなシンメトリーになっています。
ラックの一番上に置く機材は正面だけでなく上からのデザインも気になる物ですが、スッキリで優雅なデザインは「一番上でもいいかな?」と思えるデザインです。
後でご紹介するSACD30nも同様のデザインであり、2つ合わせて一番上というのもよろしいかと思います。

Mz_model30_n_f_k_sg_topopen_001_lo

※クリックで拡大します。

肝心の性能ですが、こちらもかなり変更されています。
PM-12以降で採用された200W(4Ω)のNC500スイッチングアンプとDCサーボ、HDAM-SA3の搭載はもちろん、リニアコントロールボリュームも改良され、上位機種と言ってもいいPM-12OSEで備えられていたシステム構成と同じシステムを搭載しています。

Model30_power_amplifier_module_2

Model30_preamp_board_1

※クリックで拡大します。

大事なのはこれらの変更が無理なく行われている事であり、同じ様な機能を持つPM-12と比べても奥行きが20mm短くなっていますが、配置に無理がなく、新設計らしく将来の拡張も念頭に置かれているように思えます。 Hikaku_2

※左がMODEL30、右がSA-12となります。

また、今回からフロントディスプレイの表示も有機ELに変更されており

Mz_model30_n_f_k_sg_fr_001_hi

鮮やか且つ鮮明な表示になっています。
Model30はこれからのマランツ製品の「基準」になりうる機種になるかと思います。

SACDプレーヤー SACD30n

Mz_sacd30n_n_k_f_sg_fr_001_lo ※クリックで拡大します。

Marantz SACD30n

https://www.marantz.jp/ja-jp/shop/sacdcdplayer/sacd30n

こちらはMODEL30と対になるSACDプレーヤー「SACD30n」です。
デザインはMODEL30と共通の新筐体です。

Marantz_new_disp

※クリックで拡大します。

MODEL30と重ねると両サイドのアンバーに光るインジケーターと共に何とも柔らかな印象です。

また、筐体の作りもMODEL30と同じであり、過去のMarantzモデルより強化されています。
そして中身ですが……。

Mz_sacd30n_n_k_f_topopen_001_lo

※クリックで拡大します。
やはり、手を抜いていません。
完全オリジナルで作成されたディスクリートD/Aコンバーター「Marantz Musical Mastering(MMM)」はSACD 30nにおいてもフラッグシップモデルであるSA-10と同一の回路構成をそのまま継承しています。

Sacd30n_digital_board_1 ※クリックで拡大します。

またMMM自体もSA-7S1やSA-11S3に搭載されていたデジタルフィルターをさらに進化・発展させた「MMM-Stream」とMMM-Streamから出力されるDSD信号をアナログ変換する「MMM-Conversion」で構成されています。
クロックジェネレーターもSA-10と同じ超低位相雑音クリスタルを採用しており

Sacd30n_dual_clock_1

※クリックで拡大します。

メカエンジンはこちらもSA-12の技術を部分的に用いた「SACDM-3L」を搭載しています。

ここまでは既存の機種の良い所を搭載した新しい世代のSACDプレーヤーなんですが……。

そして、SACD30nの真価はここからです。

Sacd30n_heos_module_2

こちらのSACD30「n」何と「HEOSユニット」を搭載しています。

Heoslogo
HEOSシステムはネットワークオーディオ、ストリーミング、ミュージックサーバー、USB、Bluetoothなど、いわゆる「ネットワークオーディオ」に相当するものをほぼすべて内包しています。

このHEOSシステムは写真中央の黒い基盤がコアの独立基盤であり、組み合わせるインターフェイス次第でオーディオのシステムそのものに手を加えることなくネットワークオーディオやストリーミングオーディオシステムを追加することが可能です。

Sacd30n_life

言ってみればこのSACDプレーヤー、実は立派な「ネットワーク・ストリーミングプレーヤー」と言う事になります。

Mz_sacd30n_f_sg_re_001_lo

※クリックで拡大します。

SA-12クラスの筐体でディスク再生に手抜きなし、それでいてネットワーク関係も「オーディオとして」ほぼ網羅している物は他にないかと思います。

Ws000021

対応しているストリーミングサービスはざっと見ただけでも
Amazon Music HD、AWA、Spotify、SoundCloudなどに対応しており、インターネットラジオである「Turn in」を用いてMP3、WMA、AACフォーマットで配信されている世界中のインターネットラジオも楽しむ事も可能です。

MQAは……今後に期待と言う事で。

Sacd30n_disp

あ、ディスプレイはModel30と同じ有機ELモノクロ、日本語対応です。念のため。

Network_format_for_usb

ミュージックサーバーとしてはUSBメモリー/ネットワークHDDに保存したDSDファイルやハイレゾ音源の再生に対応しており、DSDファイルは5.6MHzまで、PCM系ファイルは192kHz / 24bitまで再生することができます。
もちろんWAV、FLAC、Apple Losslessファイルのギャップレス再生にも対応しており、曲間で音が途切れることがありません。

Sacd30_antena

さらに本体裏面を見るとアンテナがありますのでお分かりかと思いますが、さらにBluetoothにもAirplay2にも対応しています。

BluetoothはSBC、A2DPプロファイルに対応しており、ワイヤレス音楽再生だけでなく本機のリモコンで再生、一時停止、スキップなどの操作を行うこともできます。
「AirPlay 2」にも対応し、Apple Musicやアプリなどの音声をSACD30nで楽しむことができます。また、Airplay2で実現したマルチルーム再生や「ホーム」アプリ上でSACD 30nをアクセサリとして追加すると、Apple MusicやiPhoneのライブラリの曲をSiriによるボイスコントロールで再生することができるようになります。

はい、もうお腹いっぱいですが、さらにPCユーザーには朗報が。
USB-DACも入っています!

Sacd30n_in

※クリックで拡大します。

USB-DAC:11.2 MHz DSD&384 kHz / 32 bit PCM対応USB-DAC機能
最大11.2 MHz DSDと384 kHz / 32 bit PCMの入力に対応するUSB-DAC機能を搭載。DSDの再生方式は、ASIOドライバー(Windowsのみ)によるネイティブ再生および、DoP(DSD Audio over PCM Frames)の両方式に対応しています。また、PC側のジッターを多く含んだクロックを使用せず、SACD 30nの超低位相雑音クロック発信器によって生成されるマスタークロックで制御を行うアシンクロナスモードにも対応しています。
-
もういいです!え?まだある?

Amazon Alexaに対応

Anazonalexa
SACD 30nはAlexa搭載デバイスからの音声コントロールに対応しています。

Amazon Alexaに話しかけるだけで再生、停止、スキップや音量の調整などの基本的な操作に加えて、Amazon Musicの楽曲から楽曲名やアーティスト名、年代、ジャンルなどを指定して再生することができます。また、TuneInのデータベースに登録されている世界中のインターネットラジオから好きな放送局を音声で呼び出すこともできます。

もうここまで来ると何というか「やりたい放題」と言う印象です。

Xl_pm7000n_f_sg_34

発売時かなり話題になりましたPM7000Nでは搭載されなかったUSB-DACもあっさり搭載しており「出来る事は全部できます!」というSACDプレーヤーになっています。
しかも有難いことに基本はSACDプレーヤーになりますので、接続先のアンプは比較的選びやすい構成です。

個人的には「うーん、こういう考え方があったか……」

と今更ながら思います。

昨今、ストリーミングの隆盛にSACDプレーヤーの立場が少しずつ隅に追いやられている印象がありますが、SACD30nはそんな憂鬱を押し流すインパクトがあります。

Marantz_model30_sacd30_combo_silver

既存のSACDプレーヤーの置き換えにも

中級レベルのオーディオの導入にも

ホームシアター系のシステムにピュアオーディオを組み込む事にも

ネットワークオーディオシステムベースの考え方にも

Model30とSACD30nの組み合わせは、柔軟に対応できます。

MODEL30、SACD30nは今回の発表直後に発売も開始されます。
コロナ禍で一度物が無くなると再入荷まで時間がかかるケースが多くなっております。
特にSACD30nは人気が出そうです……いえ、出るでしょうね……。
お早目の問い合わせをお願い致します。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

0508_online_page

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。

Zoom
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては北は稚内から南は八重山まで、地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。

2020年8月27日 (木)

【横浜店】YAMAHA RX-V6A/V4A、いよいよ新シリーズ発表開始です。

横浜店 渡邉です。

Kao

最初にご案内。

20200825bana_2

秋の新製品!大収穫祭2020は9月12日から開催中です!

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

本題です。

昨日ですが、いよいよヤマハ様からも新製品の発表がありました。

RX-V6AとRX-V4Aになります。

Rxav6av4a

YAMAHA 7.2CHAVレシーバー RX-V6A
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/av_receivers_amps/rx-v6a/index.html
YAMAHA 5.2CHAVレシーバー RX-V4A
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/av_receivers_amps/rx-v4a/index.html

今回はリーズナブルな機種が中心で、クラス的には「RX-V585」「RX-V485」に相当していた機種となります。

Rxv585
実機を見てみますと……。

Rxv6a

一番最初に目に入るのは外観かと思います。

はい、すべて一新されました。
センターにボリューム、右の方に小さめのセレクター、ディスプレイは一回り小さくなりました。

「なんかAVアンプらしくない!」

と言うお声もありそうですが、よくよく考えてみるとそうでもありません。

Rxa1080

今までAVアンプは「手でコントロールする」事が前提で、デザイン的にもシンメトリーで考えられており、結果として両方のセレクターが同じ大きさでした。

Rxa1080panel

こちらはRX-A1080のパネルを開けた所ですが、下に出ておりますRX-A6A/V4Aでもタッチパネルで「SCENE」「MENU」「BACK」「RETURN」などの操作は可能であり、USB、ヘッドホン、YAPOマイクなどはフロントパネルに用意されており、通常の使用では支障がありません。

Rxav4a_control

よくよく考えてみれば現在はアンプの操作もリモコンやスマートフォン・タブレットでセレクトするケースの方が多く、テレビのARCも連動するケースがほとんどです。

Contorll_appそれでもボリュームは手で弄ることもありますので、分かりやすく中心と言うデザインは冷静に考えればこのデザインは理にかなっています。

Rxav_control_system

ディスプレイの表示が少し小さくなっている事も同じ理由かと思います。
サイズこそ小さくなりましたが、このディスプレイは日本語表示が可能です。
よくネットワークオーディオなどで

「******A***」(一例)
こんな表示が出ている事がありますが、これは日本語の表示が出来ないことが理由であり、新しい世代のディスプレイではフルドットで漢字を含む日本語表示が可能になっています。

Rxa_newdisplay
今回のRX-V6A/V4Aもサイズこそ小さくなっていますがフルドット表示化されており、日本語の表記が問題なく出来るシステムになっています。

もちろんスマートフォン・タブレットで操作する場合は表示が出ますし、オンスクリーンディスプレイでも表示がなされますので、ディスプレイの役割が相対的に役割が小さくなっている事も理由かとは思います。

Rxv6a_2

この辺りを前提条件に考えてタッチ操作を行う感覚を前提にデザインしたのが今回の二機種であり、今後のラインナップもこのデザインになるのかな?と言う印象を持っています。

「AVアンプらしくないデザイン」ではなく「未来的」で「合理的」なデザインです。

さてさて、RX-V6A/V4Aの外観のお話はここまでにして、肝心の中身です。
最大の特徴はやはり「8K対応」です。

こちらは機種ごとにご紹介。

まずはRX-V6Aです。

Rxv6a_1

YAMAHA 7.2CHAVレシーバー RX-V6A
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/av_receivers_amps/rx-v6a/index.html

こちらはアンプチャンネル数7CH、HDMIは7入力1出力となります。

Rxv6a_back

システムとして最大5.1.2CHの「 Dolby Atmos ® 」& 「 DTS:X ® 」への対応が可能です。

次はRX-V4Aです。

Rxv4a

YAMAHA 5.2CHAVレシーバー RX-V4A
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/av_receivers_amps/rx-v4a/index.html

こちらはアンプチャンネル数5CH、HDMIは3入力1出力となります。

Rxv4a_back
肝心の8K対応ですが、HDMI2.1に対応する端子はV6Aが3系統備えており、V4Aは4入力の全てが対応となります。

HDCPは2.3を搭載、8K/60p 4:4:4とファームアップにはなりますが4K/120Pにも対応します。HDR映像は、ダイナミックHDRのHDR10、ARCは拡張規格のeARCにも対応します。

HDMI 2.1については「ALLM(Auto Low Latency Mode)」、「VRR(Variable Refresh Rate)」、「QFT(Quick Frame Transport)」、「QMS(Quick Media Switching)」もサポートされるシステムですが、DENON/Marantz系のアンプでも書かせて頂きましたが、HDMI2.1は送出・アンプ(入力切り替え)・出力のすべてがHDMI2.1に対応していないと利益を享受できない仕組みです。

eARCは比較的近い将来に利益の享受が出来そうですが、HDMI2.1の効果はPS5、XBOXと8Kテレビ待ちと言う事になるかと思います。

今回の入力数はや未来への対応としてはこの価格帯としては十分なシステムだと思います。

Rxv6a_hdmi_out

また、隠れた部分ですがHDMIの供給電圧が150mAから300mAに上がっている事も特徴かと思います。所謂「光HDMI」や「増幅器付きHDMIケーブル」など4K/8K対応HDMIケーブルの駆動に際して通常のHDMIより電力を消費するケーブルが多くなってきている事もありましたので、実際の市場に対応した変化はとても好感が持てます。

Ws000048

それ以外は新しい機能や規格にシステムを更新しています。
「 Dolby Atmos ® 」& 「 DTS:X ® 」対応デコーダー 搭載だけでなくRX-V6Aでは「 Dolby Atmos Height Virtualizer 」にも対応し、ハイトスピーカーなしでも「 Dolby Atmos ® 」を再現できるシステムを搭載しています。

Ws000052
独自のシネマ DSP 技術やバーチャル・プレゼンススピーカー機能、視聴環境最適化システム「 YPAO 」搭載、IOS/Andoroid対応の「AV SETUP GUIDE」でAVレシーバーとプレーヤーなどの再生機器とのケーブル接続や、AVレシーバーの設定を簡単に行う事が可能です。

Ws000054

2ch仕様のバーブラウン384kHz/32bit DACをV6Aでは4基、V4Aでは3基搭載する事により、V6Aでは7CH、V4Aでは5CHの内蔵アンプを備え、WAV/AIFF 384kHz/ 32 bit、DSD 11.2MHz(RX V4A は WAV/AIFF 192 kHz/32bit 、 FLAC 192 kHz/24bit までとなります)までの音声ファイルをサポートしております。

Ws000051

また、ヤマハ独自のワイヤレスネットワーク機能「 MusicCast ® 」も引き続き搭載されております。複数のスピーカーを鳴らすシステムとしての使用はもちろんですが

Music_cast

別売のMusicCast20MusicCast50と組み合わせる事で、常々皆様からもご要望の多い「リアスピーカーに配線を使わない」ワイヤレスサラウンドシステムを構築できるMusiCast Surroundにも対応しています。

Ws000053

配信系は本体のみで「Amazon Music 」、「 Deezer HiFi 」対応など、充実したネットワーク機能の搭載、音声アシスタント機能は「 Amazon Alexa 」に対応しています。

エントリーモデルでこの性能であれば上位機種は……と言う期待も。
上位機種の発表はまだなされておりませんが、これからが楽しみです。
発売は10月中旬から下旬にかけてという事になっておりますのでまだ時間がありますが、通販・店舗ともお問い合わせは可能な状況です。
現在コロナウイルスの影響で商品の供給が細くなっております。
お問い合わせ、ご予約はお早めにお願い致します。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

0508_online_page

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては北は稚内から南は八重山まで、地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。

2020年8月25日 (火)

【横浜店】DENONホームページ、110周年記念ティザー広告開始。(2020.9.8情報更新)

2020.9.8情報更新:DENON110周年記念機種が発表されました。

それぞれの機種のご紹介はこちらから。

AVアンプの「AVC-A110

Avca110_2

【横浜店】DENON110周年記念モデル情報解禁!その1:AVC-A110です。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/09/denon110avc-a11-84e9.html

SACDプレーヤー「DCD-110

Dcda110_1_3

プリメインアンプの「PMA-110

Pma110_2

【横浜店】DENON110周年記念モデル情報解禁!その2:DCD-A110とPMA-A110です。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/09/denon110dcd-a11-1d25.html

そしてDENONの原点ともいえるカートリッジ「DL-A110

Dla110

となります。

以下、本題になりますがここ迄が本文だと思っていただければ……。

横浜店 渡邉です。

Kao

今回は臨時更新です。

内容はお問い合わせが多そうなこちらのお話です。

Denon110thDENON theaser

https://www.denon.jp/ja-jp/a110/teaser

本日、DENON様のホームページに突然表示されたページです。

110の文字を見る限りおそらく「DENON110周年記念」と言う事、シルエットで分かりませんが、写真を見る限りピュアオーディオのプレイヤーとアンプ、後はAVアンプ?とカートリッジでしょうか?

シルエットから概ねの機種は見定められそうなのですが

「なんだこれは?」

というご疑問は多いかと思います。

ページ下には残り時間が表示されており

9月8日公開予定」と表示されております。

このため、こちらの広告にご質問を頂いても当店としては「9月8日をお待ちくださいというご回答しかできないのですが……。

あ、8月21日に発売された音源出版様の「Audio Accessory Vol.178」に一部の機種についてスクープ記事が掲載されているようですので、そちらを購入されて頂くとよろしいかと思います。

なお、商品にご興味をお持ちの方はお早めにアバック横浜店までお問い合わせください。情報が解禁され次第ご連絡させていただきます。

お問い合わせはこちらから。

9月8日まではDENON様の公式Blogで110周年記念コンテンツがいくつかございますので、そちらをお読み頂きながらお待ちください。

DENON Official Blog
https://www.denon.jp/ja-jp/blog/index.html

DENON110周年、凄いですよ……。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、オンライン、お電話、お手紙・FAXの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

1920pxzoom_communications_logosvg

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Fax

お手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては北は稚内から南は八重山まで、地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。

2020年8月 7日 (金)

【横浜店】Marantz NR1711、テレビシアターの強力な「相棒」になります。

横浜店 渡邉です。

Kao

今回はMarantzの薄型アンプ新型「NR1711」についてご紹介します。

最初にご案内。

20200825bana_2

秋の新製品!大収穫祭2020は9月12日から開催中です!

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

本題です。

先日、DENONよりAVR-X2700Hが発売となり、エントリー機にも8K対応が始まりました。

De_avr_x2700h__e2_e1c_bk_st_001_lo

【横浜店】DENON AVR-X2700H、いよいよエントリー8K対応機種です。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/08/denonavr-x2700h-edab.html

まあ、DENONとMarantzは基本的には同じ会社に入りますので、当然「ほかの機種」もモデルチェンジが想定されるわけでして……。

先程、Marantzの薄型アンプ NR1711が発表されました!

Mz_nr1711_unf_bk_34_002_lo

Marantz NR1711

https://www.marantz.jp/ja-JP/shop/avamplifier/nr1711

前モデルとなるNR1710も非常に人気が高く入荷をお待たせする状況が続いており、ご購入後2ch再生で使用する事も多かった事から2CH専用モデルであるNR1210も発売された

Nr1200_1 Marantz NR1200

https://www.marantz.jp/ja-jp/shop/amplifier/nr1200

「薄くラックに収まる」AVアンプです。

では、実機の写真です。

Mz_nr1711_u_n_f_bk_st_001_lo

Mz_nr1710_n_f_sg_34_001_lo

※クリックで拡大します。

今回のモデルチェンジ、外観は変更なしです。
色もシルバーゴールドの二色が揃っています。
ここまでは他の機種と全く変わりありませんん。

さて、問題は背面です。

Mz_nr1711_f_b_re_001_hi ※クリックで拡大します。
HDMI2.0端子が5つ、HDMI2.1の端子が1つと、端子自体は1つ減りましたが、基本的にAVR-X2700Hと同じ基盤を使っています。

Nr1711_hdmi

Nr1711_colorlabeled_speaker_termina

※クリックで拡大します。
また、NR1711最大の特徴であるフロントLRのPRE-OUTはそのまま、それ以外の端子関係もそのまま変わりません。

Nr1711_preout

※クリックで拡大します。
今回は素直に8Kパススルーに対応させた変更で大きさの変更もありませんので、今まで計画された方もそのまま使用できるかと思います。

Nr1711_8k_hdmi_ports

NR1710/1711はHDMI出力が1系統と言う事で、テレビとスクリーンの2Wayへの対応は出来ませんが、逆に言えば8Kテレビのみのお客様には将来性もある強力な機種になりました。

内部構造もブラッシュアップしており

Nr1711_heos_module

HEOSモジュールの更新もあり、今回の機種からAmazon Alexaに対応しています。

Avrx1400h_12

Alexa_290x90_2

Ps58Kと言えばPlastation5、こうなると現実的になりました。

8Kテレビのフェアもやらせて頂き実機の映像を見ている故、このアンプを繋いでみたいと思えて来ました。

Dsc_1373

今回の発表で、特にテレビベースシアターの皆様は強力な「相棒」が出来たのではないでしょうか。

【横浜店】SONY BRAVIA 8K KJ-85Z9Hシステム設置完了しました!(2020.03.26写真追加)

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/03/sony-bravia-8k--5517.html

ただ、ここまで来ると、継続するNR1200とどちらがいいんだろうか?と考える事もありますが
個人的には将来性ではNR17112ch優先であればNR1200……。

Nr1711_1200

現時点で8Kはテレビのみ、この点を考えると対応していた方がいいですし、現状の放送や配信システムであれば4Kまででも十分ですし、eARCの配信が始まればDOLBY ATOMS/DTS:Xなどもやってみたいし……個人としてはNR1711でしょうか。

Marantz_nr1711_8k_lifestyle_2

ともあれ、発売は9月末の予定となります。

旧商品であるNR1710は商品がない状況が続きますが、もう少しお待ちください。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

0508_online_page

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。

こんな時はご自宅でこんな番組でも見て頂ければ新作の発表もありましたし。

2020年8月 3日 (月)

【横浜店】DENON AVR-X2700H、いよいよエントリー8K対応機種です。

2020.8.6追記:通販でもご予約を開始しております。

https://www.avac.co.jp/products/detail.php?product_id=9720

横浜店 渡邉です。

Kao

最初にご案内。

20200825bana_2

秋の新製品!大収穫祭2020は9月12日から開催中です!

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

本題です!

先日、DENONからAVC-X6700HとAVR-X4700Hが発売され、いよいよ8Kを睨んだアンプが出始めました。

Avcx4700_6700

【横浜店】DENON AVC-X6700H/AVR-X4700H 8K Ultra HD対応AVアンプ発表です!(2020.7.19各種更新)

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/07/denon-avc-x6700-7840.html
ただ、現在のAVアンプで一番の価格帯となる10万円以下のラインは動きがありませんでした。

De_avr_x2700h_e2_e1c_left_001_lo

 

が、先程DENONよりエントリークラス初の8K入力対応モデル「AVR-X2700H」が発表されました。

DENON AVR-X2700H

https://www.denon.jp/ja-jp/shop/denonapac-avreceiver_ap/avrx2700h

純粋にAVR-X2600Hの後継機……と言うわけではありません。
本体の機能に取捨選択が行われています。
まだ実機がありませんので簡単にご紹介。

De_avr_x2700h__e2_e1c_bk_st_001_lo ※クリックで拡大します。

本体正面です。
以前のAVC-X6700H/AVR-X4700Hと同じですが、デザイン的には全く変わりありません。
コンソールのふたの代わりにセレクターが付いているところも同じ。

問題は背面です。
こちらがAVR-X2600H。

El_avr_x2600h_jp_re

※クリックで拡大します。

こちらがAVR-X2700H。

De_avr_x2700h_jp_re_001_hi

※クリックで拡大します。

ん。 ……変わってますね……。
一番の変更点は入力端子の数です。
AVR-X2700HはHDMI2.0/HDCP2.3が5つ。AVR-X2600HはHDMI2.0/HDCP2.2が7つ。
あ、端子減ってる。

と言いたいところですが、横にもう一つ。
8K対応のHDMI2.1/HDCP2.3対応端子が1つ追加です。

Avrx2700h_interface_2 ※クリックで拡大します。

この辺りは部品の共通化の問題+8K用端子の構造上の問題がありますが、必要な数だけ揃えたという点では理にかなっています。
出力は8K対応が1つ、Monitor2は4Kまでの対応となります。
ホームシアター屋さんの観点から考えるとプロジェクターの8Kはまだありませんので、テレビの8Kまたはそれ以外で一つ、プロジェクターの4Kで一つと言う2Wayを実現する事が可能です。AVR-X2000系統はこのHDMI2出力が肝です。

内部的にも変更が生じております。

Avrx2700h_power_trans

※クリックで拡大します。

電源供給システムには低リーケージフラックスと低振動を突き詰めたカスタム仕様の大型EIコアトランスを搭載。チューニングを施されたカスタムコンデンサと共により深みを増した音を作り上げています。実は配線周りや電源供給周りももやり直しが成されており、6700や4700と同じ様に8500Hの技術をスピンオフして搭載されていますので、外観以上にいろいろ変わっております。

また、細かいところですが今回の機種からAmazon Alexaに対応しています。

Avrx1400h_12

Alexa_290x90_2

入出力の見た目はだいぶ変わりましたがこの価格帯で8Kの入出力に対応したことは大きく、テレビだけでなく8K画面にサラウンドシステムを組み合わせたり、HDR10+やeARCなど配信関係の音声出力に格段のプラス要素になります。

2_denon_avr_x2700_black_lifestyle2_
流石にAuro3DやIMAX ENHANCEDまでは対応しておりませんが、既存の5.1chのアップデートや、5.1.2chレベルのDolbyAtoms/DTS:Xの対応は問題ありません。
また、4Kクラスの機種に8Kを混在したセレクターのような使い方もできます。

必要十分、且つ将来を見据える事も8Kに足を踏み入れる事も出来る機材です。

De_avr_x2700h_e2_e1c_right_002_lo 本日発表で発売は9月になりますのですぐに実機と言うわけにはいきませんが、実機の音を聞く事が出来れば音の面や場合によっては8K機材との組み合わせも試してみたいと考えております。

2020.8.6追記:通販でもご予約を開始しております。

https://www.avac.co.jp/products/detail.php?product_id=9720

そして8月7~9日はいよいよAVC-X6700H先行試聴フェアです。

6700https://www.avac.co.jp/contents/event/yokohama-20200807.html

DENON newAVアンプ発売記念DENON AVC-X6700H 先行試聴フェア開催!

フリー試聴イベントですが、昨今の事情もありますので基本的に事前連絡を入れて頂いた上、人が重ならない様に対応させて頂きます。

今回は705siginiitureも組み合わせたシステムを構築できれば、などと考えております。

Dsc_2122

【横浜店】B&W 705 Siginiture期間限定展示開始です。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/08/705-siginiture.html

事前連絡をお待ちしております。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

0508_online_page

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。

 

2020年8月 2日 (日)

【横浜店】B&W 705S2 Siginiture期間限定展示開始です。

横浜店 渡邉です。

Kao

最初にご案内。

20200825bana_2

秋の新製品!大収穫祭2020は9月12日から開催中です!

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

本題です!

身動きの取りずらい中ですが、新商品の発表などのお話もぼちぼち出始めております。
どこの何が、というところまでは何とも言えないのですが、今回はそのうち一つが店舗に到着しましたので、エントリーを上げます。

到着した箱はそんなに大きくありません。

Dsc_2117

型番には「705 Siginiture」の文字。

Dsc_2118

箱から出しました。

と言う事で

今回は「B&W 705S2 Siginiture」でございます。

705sig

※B&Wのグローバルでは705siginiitureですが、日本サイトでは705S2 Siginitureになりますので、とりあえすこちらで統一させて頂きます。

B&W 700 Series Siginiture

https://www.bowerswilkins.com/ja-jp/signature/700-series


YouTube: 700 Series Signature

横浜店が移転してからは初めての705S2になります。
あの時は確か黒だったかと思います。
今回は横にある706S2と比較してみました。

Dsc_2133_2

光沢と色の具合で一回り大きく見えます。
Datuk Glossの特殊色は805D3 Presatge EditionのSantos Rosewoodと比べると「」です。

Dsc_2123

強いて言えばMonitorAudio GOLD 5GのPiano Ebonyに近いかな?という印象です。

706S2と面を合わせたスピーカーとツィーターの位置関係はこちら。

Dsc_2139

背面です。

Dsc_2125_2

基本的は通常の705と変わりませんが、705S2 Signitureの専用プレートが追加されています。
そして上位モデルの805D3との比較はこちらです。

Dsc_2141

805D3はバスレフポートが前にありますので、だいぶ印象が違います。
では、下ろしたての705S2と十分エージングした805D3との比較です。

今回聞いてみたのは

名倉誠人『涙と祈り』からグリーン・スリーヴス(2台のマリンバ)

https://www.e-onkyo.com/music/album/ovcc00144/
Hoff Ensemble 『Queit Winter Night』から Dronning Fjellose

https://www.e-onkyo.com/music/album/twl0873/
Anita Baker 『Rapute』からWatch Your Step

https://www.e-onkyo.com/music/album/wrn30906/

Screenshot

Vault_2i_wht_34_above_right_side787

すべてBluesoud Vault 2iからMQA-CDにリッピングを掛けたMQA音源で揃えてみました。

Mqa_type

扱いとしては写真の通りMQAのマークに緑色または青色の丸が付いており、すべて「An original MQA File encoded at the source」または「A 24-bit file converted and confirmed as MQA」になりますので、クオリティは落ちておりません。

BLUESOUND What is MQA?(英語です)

https://support1.bluesound.com/hc/en-us/articles/219124068-Does-Bluesound-Support-MQA
実際の音ですが、705らしく非常に小気味よく、透明感のある高音が響き渡ります。

Dsc_2122
特にツィーター部分に濁りがなく、この部分だけで言えば、スケールこそ違いますが後で聞いた805D3にかなり近い音になっているような気がします。

Dsc_2129 なお、705S2siginiitureはネットの部分が銀色になっており、外観上のアクセントになっています。

もちろんダイヤモンドツィーターと言う点で高音の伸びは比較になりませんが、ツィーターユニットと内蔵の機種とは一線を画しており、総合性能は805に近づけるというのも頷けます。
そして皆様気になる805D3との比較ですが、これは差が出ました、と言うより好みの部分も大きいかなと思える結果になりました。

Dsc_2140
同じ曲を同じ音量で聴いてみても、この二つかなり印象が変わります。
「前」と「後ろ」と言えばいいのでしょうか、音が結ばれる場所が805D3では前705S2siginiitureでは後ろになります。

Dsc_2142
これはバスレフポートが前にあるか後ろにあるか、と言う事なのですが、

澄んだ高音とバスレフの後ろへの出力で音自体が「帯」の様に広がり、スピーカーより少し後ろで定位する705S2siginiitureと、低音の押し出しが705より圧倒的に強く、ダイヤモンドツィーターの響きと組み合わさってスピーカーの前で幅広く音場を作り、センターでガチッと定位して音場を作り出す805D3と言う感じでしょうか。

流石にまだ鳴らして二時間も経っていませんので、硬さもとれてはいない状況かとは思いますが、さらっとした響きが705の非常に好感触です。
今回は諸事情により8月20日前後までの展示となります。

ご視聴希望のお客様は事前にご予約を頂いた上

お客様同士が重なることを防ぎますので必ずご予約下さい

マスクで顔をしっかり覆い、感染症対策万端でお好みのディスクをお持ちの上ご来訪ください。

あ、それと

702S2Siginitureは入らないんですか?

Speakersoverview702_signature1 https://www.bowerswilkins.com/ja-jp/signature/700-series/702-signature

展示の予定はございます。

納期が掛かりますので、お値段の相談は可能です。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

0508_online_page

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。

 

2020年7月27日 (月)

【横浜店】小噺:放送の「地殻変動」についてちょっとだけ。

横浜店 渡邉です。

Kao

 最初にご案内。

20200825bana_2

秋の新製品!大収穫祭2020は9月12日から開催中です!

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

さて、今回は小噺です。

7月22日、松竹グループの松竹ブロードキャスティングと東急から新BS放送局開局に向けた合弁会社「BS松竹東急株式会社(BS松竹東急)」の設立が発表されました。

https://www.broadcasting.co.jp/sbc/pdf/news/press_20200722.pdf

Main※プレスリリースより

松竹はアニメから歌舞伎まで様々なコンテンツを保有する大きなホルダーです。

Shouchiku
コンテンツの内容は相当期待していいと思います。

ただ、この話題だけであれば小噺を広げる事は無いのですが、実は今回の発表は放送波の「地殻変動」に繋がっており、この界隈では最近いろいろと動きが出ています。
今回はそんな事を書かせて頂ければと考えております。

実は今回の発表は、過去にあった放送局の見直しとトランスポンダーの変更、チャンネル移動が行われた状況と、2020年3月に行われたDlife」とFOX スポーツ&エンターテイメント」が放送終了した

Dlife

Foxbs238

で生じた「空き」を用いて、BS放送等に係る衛星基幹放送の業務の認定申請を受け付けており、その結果の一部となります。

具体的な「空き」ですが、BS「Dlife」の終了で生じたBS23「FOX スポーツ&エンターテイメント」が放送を終了したBS11それぞれ16スロット、合計32スロットが割り当ての中心となりここに現行のディズニーチャンネルSD放送の6スロット返上や、そしてBS15にちょっとだけ空いている2スロットなど合計42の空きスロットが割り当ての対象となります。

新規事業者申請は平成31年3月13日(水)から令和元年5月13日(月)までの間受け付けておりました。応募は9つの業者からの申請を受け付けており、総務省で申請後の審査が行われた結果、最終的に4つの業者が認定されています。

BS放送等に係る衛星基幹放送の業務の認定申請受付結果
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu11_02000110.html

BS放送に係る衛星基幹放送の業務の認定の電波監理審議会への諮問及び答申

https://www.soumu.go.jp/main_content/000643474.pdf

具体的には
よしもとチャンネル(仮称:総合放送)
BS Japanet Next(総合放送)
BS松竹東急(総合放送)
ディズニー・チャンネル
の4つです。

すでに「よしもとチャンネル」は動き出しており、2021年の開局を表明しています。
また、ディスニーチャンネルはすでにSD放送を行っており、以降は比較的早く2021年度中には行われるものと思われます。
結局、今回は「三つ目が正式に動き出した」と言う事になります。
ここで注目したいのはトランスポンダの数です。
HDTVですが割り当てトランスポンダは1チャンネルに付き12となります。
本来1920x1080のフルハイビジョン24スロットが必要になりますので、今回の「新放送」はフルハイビジョンではなく、720pが前提になります。
つまり、今回は「コンテンツの「量」を目指した」と言う事になります。

ここまで書くと何となくお分かりかも知れませんが、そう遠くない将来「チャンネル移動や帯域削減を含んだトランスポンダの整理」が行われます。

Bsusen_2

内容としては以前書かせて頂いたブログの無いように似通ったものですが

【HT横浜関内店】 BS4K・CS4K放送について(2018.7.15更新)
http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/12/ht-bs4kcs4k2017-3d14.html

今回はBS23に存在する16スロットを中心に組み合わせ、更に一部チャンネルの帯域削減で合計48スロットを開ける事になります。
まだ詳細はわかりませんが、今回の再編も大きなものとなりますので、チャンネルが変わるケースや画質が落ちるなどのお話は又出てくるものと思います。

なお、大事な点ですがここで行われる変更は現行右旋のシステム内となり、よほどのことがない限り現在みられている番組が機材の買い替えなどを行わないと見られなくなる、と言うものではありません。
この辺りはご注意を。

そして……もう少し先ですが、こちら。
現在のBS左旋とCS左旋のチャンネル配置です。

Bssasen

Cssasen どちらかと言えば4Kや8K用になるのですが、まだまだ空きがあります。
「なんで使わないんだ!」と言うお声もあるかと思いますが、この辺りは衛星の状況や穂総務省の方針のありますので、こればかりはなんとも……。
ただ、中長期的にはメインの放送を4Kに移行し、既存のBSを止める局も出て来るかと思います。
もう一つの大きな要素は、7月7日に最終的な企画が策定されたH266 VVCです。

Vvc_o

Versatile Video Coding Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/Versatile_Video_Coding

昨年のNHK技研で8Kデモが実演されていたのを覚えていらっしゃる方もいたかと思います。

Img_14

Photo_14_3

H266 VVCを使用する事で理論上は既存各放送のトランスポンダが半分にできる事になります。(おそらくそのままと言う事はありません)
あくまで長期的な展望ですが、もしH266 VVCが積極的に用いられた場合、すでに災害時のインフラと化している地上波と違い、チャンネルの移動が容易な衛星放送は、中長期的にはBS右旋の4K放送への割り当てなども含めた大きな再編もあり得ると思います。

また、話が長くなりますのでここでは記載しませんが、他にも「地殻変動」は起こり始めています。
地デジは「高度化(4K/8K)」の電波発信がUHF帯を使用してかなり前から行われており、直近でも7/31までUHF28で1KWの電波発射が行われています。

Chidejikoudoka 地デジ高度化実験受信対策センター

https://tvkoudoka.jp/

現在でも車でテレビを見ている方は障害が出るケースがあるかもしれません。
また、地上波デジタル放送の関係で空きが生じたVHF帯域なども再配置が始まっております。
電波は目に見えませんが、情報を送る帯域は様々な方法で広がり(5Gが典型的です)使い方は目に見えないところで確実に変化しています。

今年はNHK技術研究発表が行われませんでしたのであまり大きく取り上げられることはありませんが、ここまで書かせて頂きました通り、放送波も少し先を見た「静かな地殻変動」は起こり続けています。
IP放送の存在がどんどん大きくなりますが、それぞれの新放送局に期待したいと思います。
あ、H266ですが、機材は同じものではできませんのでこのあたりは別のお話で……。

今回のお話はご相談、と言うタイプの物ではありませんが

プロジェクターは良くも悪くも「投射装置」です。

送信元が変われば柔軟に対応できます。

4K、そして将来的な物を含んだご相談はアバック横浜店までお願い致します。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

0508_online_page

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。 

2020年7月17日 (金)

【横浜店】SONY VPL-VW745 オンライン&オフラインフェアです。(2020.7.19店頭展示品について情報追加)

2020.7.19追記:今回は店頭展示品も販売対象です。

Vlpvw745_2

ランプ使用時間が1200時間程度ですが、レーザーの場合2万時間は持ちますので、性能低下はありません。1台限り、期間終了後のお引渡しになりますのでお早めにお申し出ください。

横浜店 渡邉です。

Kao

今回のブログではSONY VPL-VW745オンライン・オフラインフェアのご紹介です。

先にお知らせです!

お盆休みが入ります。07272020_obon横浜店は10日から13日までお休みを頂きます。ご容赦くださいませ。

本題でございます。

 

Vplvw745_2

今回ご紹介するSONY VPL-VW745は「フル4K」+「レーザー光源」という、現時点のプロジェクターで考えられるすべての要素を組み込んだ「最安値」のプロジェクターです。

今年に入りファームウェアのバージョンアップもおこなわれ「デジタルフォーカスオプティマイザー」機能と「デュアルコントラストコントロール」機能が搭載されました。

詳細な性能は以前のエントリーをご参照いただきたいのですが、

【横浜店】 SONY VPL-VW745新機能体感フェア開催!(2020.1.17内容変更)

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/01/sonyvpl-vw74520-7d1b.html

実際の絵は

Dsc_0502

JVCと比べフォーカス感のある「カチッと」した画になっております。

特に「デジタルフォーカスオプティマイザー」はαの技術を持ち込んでいる事から、光学機器メーカーらしい、元の絵に忠実で写真の表示にも使えるレベルの繊細な表現力を持っています。

実は機能自体は一眼レフで行われていたものです。

7

アイリスの機能も追加されたバージョンアップの結果、部分的な性能では上位機種のVPL-VW855を上回る機能を持ち、お値段も改定された今、上位機種のコストパフォーマンスの点では一番お勧めしやすい機種になりました。

「現時点でコストパフォーマンスの一番いい『良い物』をご紹介しよう」

そんなわけで今週末から久々のフェアをさせて頂きます。

名付けて

レーザー光源+SXRD リアル4KのVPL-VW745を特別な条件で。
SONY VPL-VW745 オンライン&オフラインフェア

Vplvw745_2

でございます。

https://www.avac.co.jp/contents/event/yokohama-0719.html

開催期間は2020年7月19日()から2020年7月31日(金)となります。

通常、このようなフェアは週末に機材を借りてと言う形ですが、今回は展示機を使用いたしますので、比較的長い期間、且つオンライン・オフラインの双方に対応させて頂く形になります。

そして、今回のフェアは新型コロナウイルスの問題もありますので「オンライン・オフライン」の両面で行わせて頂きます。

 まずオンラインですが、こちらはメール、お電話、FAXなどと一緒にアップさせて頂いたYoutubeも見て頂き、店舗では実機を横に置きながらそれぞれのお問い合わせに対応させて頂きます。


YouTube: 【アバック公式】vol.10~SONY『VPL-VW745』4Kレーザープロジェクターを見てみた!~#ホームシアターのアバック

はい。やはり実機があるのは強いです。

Vlpvw745_2

次にオフラインですが、こちらは店舗実機の映像を見て頂きながら商談をさせて頂ければと考えております。

こちらは「密」を避けるため、基本的にご予約前提、感染症対策に鼻・口を覆うフルマスクの着用が条件となりますが、店舗にて実機の映像を見ながら商談をさせて頂ければと考えております。

こちらについては今後の状況によって変化するかと思います。

なお、今回は価格等の条件が「柔軟に対応できます」と記載させて頂きます。

横浜市内・市街、全国各地域を問わずオンライン・オフラインどちらでもご相談ください。

もちろん、VPL-VW255などのご相談も可能です。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、来訪・お電話

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、可能な限り事前のご連絡とマスクの着用をお願いしております
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その3、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

その4、オンライン会議

0508_online_page

最後はお勧めオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。

2020年7月13日 (月)

【横浜店】Youtube連動企画:DENON AVC-X6700HとAVC-X6500Hの「音」を比較してみました。

横浜店 渡邉です。

Kao

最初にご案内。

20200825bana_2

秋の新製品!大収穫祭2020は9月12日から開催中です!

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

本題です。

先程アバックチャンネルにAVC-X6700H/AVR-X4700HのYoutubeが上がりました。


YouTube: 【アバック公式】vol.55~DENON 8K対応AVアンプ~#ホームシアター・オーディオのアバック


YouTube: 【アバック公式】vol.57~DENON 新型8K対応アンプ第2弾!!AVC-X6700H 視聴編~#ホームシアター・オーディオのアバック

今回のブログではYoutubeに連動し、AVC-X6700Hと6500Hの「音」を比較してみます。

DENON AVC-X6700Hに関しては先日のブログでエントリーを書かせて頂きました。

横浜店】DENON AVC-X6700H/AVR-X4700H 8K Ultra HD対応AVアンプ発表です!(2020.7.10先行試聴フェア開催告知更新)

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/07/denon-avc-x6700-7840.html

 そして先程、YoutubeでAVC-X6700Hと/AVR-X4700Hのご紹介がアップしました。

Dsc_1937

※右がAVR-X4700H、左がAVC-X6700Hになります。

なお、諸事情によりAVR-X4700Hは外観のみのご紹介となっています。

Dsc_1936

今回は比較対象としてAVC-X6500H(店頭展示品販売中)を用い、

Youtubeなどではお届けしにくい「音」の面で簡単な比較を追加させて頂きます。

Dsc_1931

上がAVC-X6700H、下がAVC-X6500Hです。

なお、今回の比較は短時間、且つ私の拙い耳で聞いた独断と選曲と偏見が主でございます。その旨はご勘弁ください。

なお「もっと良い言い方がある!」などのご指摘は是非お願い致します。

今回の試聴システムとしては

Dsc_1968fix2

フロント:B&W804D3

センター:B&W HTM71S2

リア:B&W706S2

再生プレーヤー:PIONEER UDP-LX800

を基本ベースとしたフロント2CH持ち上げ気味のシステムです。

トップはPIEGA AP1.2x4本で11.1CH構成になります。

Dsc_1963

まず一番の違いは音量、というより「音圧」です。

同じ音量で鳴らした場合、直観的にはまず全体的な「押し」が強くなった印象です。

ここからは、タイプが違う音源で行った実際の試聴について書かせて頂きます。

その1、クラシカル:DENONデモディスク TrondheimSolistene /oyvinf Gimse

Dsc_1965fix 

音源はDTS MASTER 5.1chとなります。

Dsc_1967

AVC-X6700Hでは特に中から低音にかけての音について明らかに厚みが増しました。

6500Hではどちらかと言えば「カチカチッ」と鳴っていた高音部分のピッツィカートやコントラバスの音がソナスファベールの様に音の波の頂点だけが少し丸みを帯びた、というより「艶」の出た音に変わっています。
方向性としてはピュアオーディオの様な印象で、音の方向性が「ナチュラルになった」と言う評価は概ね正しいと思います。
AVC-X6500Hと同一条件で鳴らした場合、スピーカーのレベルが上がったかのような錯覚を感じる部分もあります。
個人的にはナチュラルというより「硬さが取れた」「ふくよかになった」という表現を使いたいと思います。

その2、ピアノ:ジョバンニ・アレヴィ『THE PIANO OF GIOVANNI ALLEVI His Best 1997-2015』【初回盤】から「Monocrome 7:30」

Giovani_allevi

https://www.yamahamusic.co.jp/s/ymc/discography/784?ima=0000

こちらは純粋なステレオです。

単独のピアノですがこの曲は空気感も含め途中の転調など音の幅や演奏方法も幅広く、細かい音までよく入っておりますので、私はよく使わせて頂いているディスクです。

実際に掛けた所、AVC-X6500Hでは高音が「目立つ」「煌びやか」に聞こえる部分がありました。

ところがAVC-X6700Hで同一条件にした場合、最初は

「演者のタッチが柔らかくなったのかな?」

という錯覚を覚えました。
その後、実際にそれぞれで数回聴き比べると分かりましたが「柔らかい」と感じていた部分は
「高音部分に音が鳴った後の少し周波数の落ちた中低音が周囲の空間を纏わりかせるような形で全体の厚みが増した」
というのが自分なりの答えとして残りました。
このアルバムは演奏者がペダルを踏み、ペダルの下のフェルトに当たる音までがはっきり響くのですが、ペダルの音とその後のペダルが戻るような音も聞こえてくる様な気がします。
また、弦をガンっと叩く音のちょっと後で響く部分の柔らかさが良く出ています

その3、歌い手さん:まふまふ「Saclifice」

Saclifice

https://kagurairo-artifact.com/

たまたまお客様が流したい系統の曲だったのですが、元々自分で購入した曲と言う事もありそのまま試聴しました。なお、アニメも含め半分趣味が入っております。

この曲は女性と間違えてしまう程のとても幅のある歌声と非常にアップテンポなロック系の曲であり、余り音量を上げるとエレクトリカルな高音ノイズに近い部分も前に出てしまいます。

実際に聞くと同じ音圧を感じるのに6700で-28db、6500で-25dbで明らかな差が生じ、しかもAVC-X6500Hの場合高音のノイズ感も増してしまいますが、AVC-X6700Hではそれがありませんでした。
ただ、6500の直後では彼の叫ぶようなボーカルが若干埋没するような印象があり、この辺は慣れると聞き方が変わるかなと言う気がします。

その4、映画 DOLBYATOMS:ボヘミアン・ラブソディ― ボーナストラックコンサートシーン「Radio Ga Ga」


YouTube: 映画『ボヘミアン・ラプソディ』日本オリジナル予告編解禁!

最後はサラウンド感です。

6500との差はかなりあり、スピーカー数が増えると中低音が脹らみ今までのインプレッションで感じていた「柔らかくなった」「豊かになった」と言う印象はさらに増します。
これと同時にボーカルやリードギターの雑味がなくなり「綺麗な」音になった事もはっきりわかります。
結果としてライブの空気感や観衆の声がそれぞれ別に聞こえてくることがわかり、トータルの「質」が上がった印象です。
直観的なイメージですが、DENONのPMA-2500NEをフロントに噛ましたような音かなと言う所です。

いかがだったでしょうか?

言葉で音の印象と言うのはなかなか難しいものです。

言葉足らずではありますが、ちょっとでもDENON AVC-X6700Hの印象が届けば幸いです。

実機についてはAVR-X4700Hが7月中旬、AVC-X6700Hは8月初旬のフェアにてお目見えの予定です。ここの所いろいろと大変ですが、これからもブログやYoutubeの形で情報発信が出来ればと考えております。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

0508_online_page

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販に関しては地域に関係なく直接ご相談が出来ます。
お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。