2020年11月20日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!LUXMAN「E-250」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

今回はLUXMANさんのフォノイコライザー「E-250」が入荷しましたので、ご案内したいと思います。

Img_5095

Img_5094

見た目シンプルですけど、ステレオ/モノラルモードやローカットのオン/オフ、背面にはカートリッジのインピーダンスや負荷容量の切り替えスイッチ等がついており細かく設定ができます。加えてカートリッジやトランスの消磁機能もあり結構多機能です。

そして、何よりも注目すべきポイントは”フォノ入力が2つある”ということです。これはもうアナログプレーヤーは2つ持ちましょう、もしくはダブルアームで。というラックスさんからの啓示で間違いありません。アナログプレーヤー「PD444」復活の兆しか!と勝手に妄想しておきます。

動作チェックを兼ねて軽く試聴してみました。

ラックスさんにしてはさっぱり目な印象です。

ラックスさんと言えば、ラックストーンと言われる密度と温度感の高い美味しいトコロを凝縮した音調のイメージが強いのですが、この「E-250」は淡く、スッと涼やかな音調です。

ソフトで滑らかな感じが耳に心地よく、優しさのある低音が心のクッションになっています。

何言ってるか分かんないですよね。要は、安定と安心のある音だと古謝は伝えたいようです。

リラックスして読書をしながら、うたた寝しながらバックで流れていてほしい音調です。

そんな、休日の午後にピッタリなLUXMANさんのフォノイコライザー「E-250」が中古入荷しております。

アンプやプレーヤー内蔵のフォノイコから単体フォノイコに一歩踏み出したい方にオススメです。

ご試聴にはセッティングが必要になりますので、興味のある方、ご試聴されたい方は事前にご連絡頂けると助かります。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します

2020年11月 7日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!YAMAHA「RX-A3050(H)」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

今回はYAMAHAさんのAVアンプ「RX-A3050(H)」が入荷しましたので、ご案内したいと思います。

Img_5009

古謝としたことが音叉マークを撮り忘れました。ヤマハファン失格です。もうだめです。

Img_5014

「RX-A3050」はドルビーアトモス/DTS:X対応の9chアンプになります。4K/HDR伝送にも対応しているので、現在でも前線で戦えるスペックを持っています。

加えて、当時のフラッグシップモデルですからね。音質も一級品でございます。

どちらかというと派手な方では無いのですが、音の響きや、強い音・弱い音が発せられる瞬間の雰囲気等、ヤマハさんの繊細な音作りはAVアンプにも反映されていて、コンサート・ライブ映像や情緒ある邦画に良く合う気がします。

Aimerさんのスロヴァキア交響楽団と一緒にやっているライブをヤマハさんのアンプで見たいです。

そんな、音をメインとした映像を楽しみたい方にオススメしたいYAMAHAさんのフラッグシップAVアンプ「RX-A3050(H)」が中古入荷しております。

ご視聴にはセッティングが必要になりますので、興味のある方、ご視聴されたい方は事前にご連絡頂けると助かります。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します

2020年10月31日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!McIntosh「C50」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回はMcIntoshさんのプリアンプ「C50」が入荷しましたので、ご案内したいと思います。

Img_4932

マッキンさんの正面ってガラスパネルになっているので写り込みが激しいです。毎週水曜日だったり業者さんのトラックだったり。

Img_4939

背面の右下を見てもらうと分かると思いますが、同軸や光のデジタル入力やUSB-DACも搭載しています。これが凄い便利で様々なシステムに組み込むことができます。

トリガーやパススルーも充実していてプリ(コントロール)アンプの名に恥じないコントロールっぷりです。232Cがあるなんて、どこまでコントロールできるんだ!と思ったら使用しませんとのこと。ですよね。

Img_4944

憧れのブルゥメーター!黒に緑のメーカーロゴや青いアナログメーターが映えますな。

せっかくなので、前にご紹介したマッキンさんのステレオパワーアンプ「MC452」と合わせて鳴らしていますが、やはり超濃厚・濃密です。・・・なのですが、この「C50」と合わせると低域がグッと締まって、少し脂っこいなと感じていたマッキンサウンドに纏まりが出てきたような気がします。気のせいかと思い響きの強い楽曲等を聴いてみましたが、いつまでも残っている音の塊のような感触が綺麗な余韻に変わって響いて消えていきます。

深く沈む低音、太く温かく艶やかな音調、そしてその線の太さに詰まっている密度の高い音の粒。マッキンさんの特徴はそのままに「C50」は「MC452」の手を引いて音と一緒に導いているように感じます。

いやぁ、マッキンさんの音を聴いているとロマンチックな?ことを言いたくなりますね!なりますよね?

もしかしたら古謝はマッキンワールドに引き込まれてしまったのかもしれません。

同じマッキンさんの組み合わせなので音が破綻するわけがないのですが、「C50」と「MC452」は絶妙なコンビだと思います。

Img_4955

只今、試聴ルームではJBLさん「エベレストDD66000」、McIntoshさん「C50」「MC452」に展示導入しましたMYTEK DIGITALさん「Brooklyn DAC+」等にてネットワーク、MQA-CDを中心としたハイレゾ音源やアナログレコードをご試聴頂けます。

たくさんの方にJBL・McIntosh黄金の組み合わせを体験して頂きたいと思います。

ぜひ、ご予約の上、愛聴盤をお持ちになってぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します

2020年10月29日 (木)

【沖縄店】特選商品ご紹介!EPSON「EH-TW8200W」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、EPSONさんのワイヤレス対応プロジェクター「EH-TW8200W」が入荷してきましたので、ご案内したいと思います。

Img_4893

懐かしいデザインの「EH-TW8200W」です。そういえばこの頃はシフト調整やフォーカス・ズームも手動だったなぁ。しみじみです。

Img_4890

「EH-TW8400」に見慣れてしまったせいか、凄く小さく感じます。

Img_4896

オブリビオンより。映像チェックで良く使います。

Img_4894

ボブがすっごく良い顔をしているのに気づきました。

4K/HDR対応ではないのですが、エプソンさん特有の明るい映像なのでこちらの方が好きだという方も多いかと思います。

「EH-TW8200W」はワイヤレス伝送に対応しているためプロジェクターまでHDMIケーブルを長く引き回さなくても良く、設置しやすい機種です。極端な話ですが「EH-TW8200W」本体を置く場所と電源さえ確保できれば写せてしまえます。

この「EH-TW8200W」はTVでシアターをお楽しみの方で、まだプロジェクターを使ったことが無い方にオススメしたいですね。

また、明るさを活かしてリビングシアターを検討されている方にもオススメです。

視聴も出来るようセッティングを済ませていますので、興味のある方は事前にご連絡の上、ぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

それでは宜しくお願い致します。

2020年10月18日 (日)

【沖縄店】MYTEK DIGITAL「Brooklyn DAC+」をデモ展示しています!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

只今、お客様のご厚意によりMYTEK DIGITALさんのMQA対応USB-DAC「Brooklyn DAC+」をデモ展示させていただいております。

Img_4858

Img_4864

コンパクトな筐体にギッシリ端子が並んでいます。多彩なデジタル入力にアンバランスのアナログ入力、MM/MCフォノ入力にも対応していてボリューム調整も出来るのでぶっちゃけプリアンプです。

Img_4857

"M"のロゴがやたら主張してきます。

只今、アバック沖縄店にDACブームが到来しています。というのも、ふとしたことからMQA-CDをかけてみようということになり、お客様も交えてどのように再生させるか、どの機種が良いか、と盛り上がってしまったのが原因です。

そこで、候補に挙がった「Brooklyn DAC+」を今回、お客様がご購入されました。そして、お客様より「サウンドチェックも兼ねてしばらく鳴らしておいて。」と、お預かりの流れでございます。ありがとうございます。

MQA-CDはMQA-CDに対応したCDプレーヤーでなくても、デジタルアウトから「Brooklyn DAC+」のようなMQA対応DACに入力することでしっかり再生できる所が凄く素敵です。

これなら既存のシステムも手軽にMQA再生が可能となります。

早速、普通のCDとMQA-CDを聴き比べてみました。

正直、普通のCDも「Brooklyn DAC+」の性能が高い為、良く鳴っています。硬質感が無く、しなやかで厚みのある音調です。聴き疲れとは無縁な感じがしました。

MQA-CDにかけ替えてみます。

まず結果から先に申し上げますと激変です。

質感はそのままに、音にしっかりとした芯と彫りの深さが出てきます。S/Nと情報量が上がったのかボーカルの実在感が増して、力強くなった印象です。サウンドスケールも広がって、余韻の消え際が凄く綺麗に出ます。

静けさの中にある一本芯の通った力強さ。あまり好きな表現ではないのですが、生々しさが出てきてアーティストの訴えをひしひしと感じます。

古謝のイメージとしては鬼束ちひろさんの曲を聴きたくなる音作りです。多分、伝わらない。

さておき、かけるディスクによるところもあるのですが、MQAを再生した場合の変化量は大分あると古謝は思います。

今はお客様からお預かりしている「Brooklyn DAC+」ですが、アバック沖縄店でも近日中に常設展示を予定しておりますので、興味のある方はぜひとも遊びにいらして下さい。

MQA-CDをたくさん用意してスタッフ一同お待ちしております。

宜しくお願い致します。

2020年10月10日 (土)

【沖縄店】DENON「PMA-A110」常設展示開始!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

すみません。1日空きました。

先日のDENONさんのSACDプレーヤー110周年記念モデル「DCD-A110」に続き、プリメインアンプ110周年記念モデル「PMA-A110」の常設展示も開始しております。

Img_4797

Img_4800

デノンさんのアンプって重厚感がありますけど、ガンメタカラーになるとさらにゴツく感じます。まるで装甲車。

背面を見るとスピーカー端子がシングル仕様で上位機に使われている高級感のある端子になっています。

また、「PMA-A110」のデジタル入力は入力信号を検出すると自動的に電源が入るらしいですよ。テレビの光出力とつなげた時に使いやすい仕様となっているようです。

中身も高精度の電子ボリュームを採用していたり、上位機に使用されている高音質なカスタムパーツを惜しげもなく取り入れているそうです。

やはり記念モデルは力の入れ具合が違います。それに記念モデルとか限定モデルって響きが素敵ですよね。

Img_4807

Img_4811

Img_4813

「DCD-A110」と組み合わせて鳴らしていますが、シャープな「DCD-A110」に対して適度に厚みがあって弾む低音が「PMA-A110」の特徴になるかと思います。

グッと凝縮された音が「DCD-A110」のスピードに乗ってスピーカーより前に出てきます。そして、「PMA-A110」の駆動力の高さにより、音抜けが良くスパッと音が出て止まる時はピタッと止まる。

ペアで開発された記念モデルなので相性が良いのは当たり前だと思うのですが、凄くバランスの取れた組み合わせです。

どんなジャンルの音楽が合うのかと色々聴いてみましたが、一番しっくりきたのがMAN WITH A MISSIONでした。分かる方だけ笑って下さい。

「PMA-A110」はクールな外見ですが、なかなかハートの熱い奴だったようです。

そんな、DENONさんの110周年を記念した挑戦的なプリメインアンプ「PMA-A110」の常設展示を開始しております。いつかPMCのスピーカーと合わせたいなぁ。と、フラグを立てておきましょうかね。

すぐに試聴出来るようセッティングを済ませておりますので、ご予約の上、愛聴盤をお持ちになってぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

2020年10月 8日 (木)

【沖縄店】DENON「DCD-A110」常設展示開始!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

皆さまお待たせいたしました!DENONさんのSACDプレーヤー110周年モデル「DCD-A110」の常設展示を開始しました。

Img_4773_2

Img_4784

Img_4785

開けてビックリまさかの二重箱。デノンさんの製品で二重箱は初めて見ました。

付属品を別箱に納めたり、製品を包むシートも110周年をアピールする大きなシールで止められていて、梱包の気の使い方にデノンさんの本気度が窺えます。シートを止めているのがいつものピロピロな黄色いテープではないだけで期待度が上がります。

Img_4790

Img_4794

Img_4791_3

がんめた!焼き付けブラックではなく、渋いメタリックグレーのようなカラーです。こういうカラーリングはオーディオ機器では珍しいかもしれません。

公式にはグラファイトシルバーとなっていますが、どちらかというと濃いグレーです。写真にはなかなか写りにくいので、ご自身の目でお確かめください。たぶん古謝の撮った写真より10倍カッコ良いです。

只今、セッティングを済ませて軽く鳴らしながら記事を書いていますが、見た目の重厚さとは裏腹にキレとスピード感を伴ったクッキリした音調です。

腰の据わった、厚みのあるSXシリーズとは差別化を図っているのか、または卸したてなのでこれから落ち着いてくるのか、どちらか分かりませんが、どちらにせよ今までのデノンさんには無かった感触です。

イメージは「日本刀」。流線形の滑らかさがありつつ、凄くシャープな音像です。ハイ上がりということは無いのですが、今までのデノンさんからすると軽快な方向です。そして速い。

見た目もそうなのですが、音が綺麗です。透明感、S/Nが高いこともありますが、何というか魅せる綺麗さ、存在感の綺麗さみたいなものを感じます。

もちろん音出し一発目の、それも古謝の印象なのでこれから音も変わってくると思いますが、デノンさん、面白い音作りにしてきたなぁ。なんて感じています。

そんな、DENONさんの110周年を記念した挑戦的なSACDプレーヤー「DCD-A110」の常設展示を開始しております。

すぐに試聴出来るようセッティングを済ませておりますので、ご予約の上、愛聴盤をお持ちになってぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

アンプはもちろん、対になる"アレ"です。こちらのご紹介はまた後日。

それでは宜しくお願い致します。

2020年10月 2日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!marantz「PM8004」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、marantzさんのプリメインアンプ「PM8004」が入荷してきましたので、ご案内したいと思います。

Img_4753

Img_4757

Img_4760

何気に別売のサイドウッドが装着されています。

マランツさんのアンプはオリジナルのスピーカーターミナルが使用されていて拘りを感じます。大きすぎず、小さすぎず。回しやすくて使いやすいです。スピーカーA/Bの端子も上下段でケーブルがショートしないよう差し込む向きに配慮があり、ユーザーに優しい親切設計になっています。

機能面ではトーンコントロールやプリアウト/パワーインが搭載されており、なかなかに多機能なプリメインです。

MM対応のフォノ入力もあるので、レコードプレーヤーをつないで鳴らしてみました。

これはマランツさんの音を聴くたびに思うのですが、ロゴマークの星?が全てを物語っているなぁ。なんて感じます。

煌びやかさと滑らかさを両立させた清涼感のある高域が、周囲の明るさに負けない1等星をイメージさせてくれます。古謝はマランツさんのロゴマークをそういう風に解釈してます。

「PM8004」も例に漏れず、明るく上から下まで伸びやかに、そしてスムーズに音を届けてくれる印象です。また、明るいからといって元気を押し出してくるような感じではなく、落ち着きながらも力強いコシの座った音調です。

クラシックや声楽を聴く方に人気があるようですが、凄く分かりますねぇ。

そんな、ちょっぴりロマンチックなmarantzさんのプリメインアンプ「PM8004」が中古入荷しております。

ご試聴も可能ですので、ご予約の上、愛聴盤をお持ちになってぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

2020年10月 1日 (木)

【沖縄店】特選商品ご紹介!B&W「CM8(MW)」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、B&Wさんのトールボーイスピーカー「CM8(MW)」が入荷してきましたので、ご案内したいと思います。

Img_4739

Img_4740

懐かしのウェンゲカラーになります。こんな木々したB&Wって珍しい気がします。あまり見たこと無いかもしれません。

写真には写っていませんが、サランネットもちゃんと付属しますよ。古謝の撮り忘れです。

CM8は現行モデル「704S2」と同ラインで「703S2」や「CM9」をひと回り小さくした設置しやすいコンパクトなトールボーイタイプのモデルになります。

コンパクトになった分、上位モデルよりユニットの口径も小さくなっていますが、サイズの優位性を活かしたレスポンスの良さがこの「CM8」の特徴のようです。

スピード感を伴った切れの良い出音で音離れが良く、軽快さがクセになる音調です。

B&W特有のバランスの良さはそのままにノリノリなスピーカーだと感じました。

そんな、日本の住宅事情に嬉しいB&Wさんのコンパクトなトールボーイスピーカー「CM8(MW)」が中古入荷して参りました。

このサイズならテレビの横に置いても邪魔にならないと思うので、テレビシアターにオススメしたいですね。初めはAVアンプ等を使って、純粋に2chでテレビの音声を楽しむのも良いかもしれません。

ご試聴も可能ですので、ご予約の上、愛聴盤をお持ちになってぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

2020年9月26日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!Triode「TRX-PM84」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、TriodeさんのUSB-DAC内蔵真空管プリメインアンプ「TRX-PM84」が入荷してきましたので、ご案内したいと思います。

Img_4728

Img_4729

「TRX-PM84」はトライオードさんの印象的な鮮やかレッドではなく、落ち着いたダークブラウン系の塗装になっています。これはこれで渋くてカッコ良いと思います。

USB-DAC機能を搭載しているので、パソコンから直接ハイレゾ音源(96kHz/24bitまで)の再生が出来ます。アンプのサイズがコンパクトなので、パソコンの側に置きやすい所もポイントです。

それと、電源ボタンの上の方にUSBメモリを”縦に”刺せるUSB-Aタイプの端子があり、そこからも音源データの再生が可能です。縦って斬新。こちらはMP3とWMAのみの対応となっているようです。

MMに対応したフォノ入力も付いているのでホント多機能ですよね。

早速、音出しチェックをしてみました。

真空管アンプらしいレンジを欲張らず美味しいところをギュッと凝縮して聴かせてくれる印象です。しなやかさとハリのバランスが良く、明るめの出音ですかね。

同じEL84の真空管を使用しているLUXMANさんの「SQ-N150」と比べると華やかに聴こえます。

当たり前なんですけど、同じ球を使っていてもメーカーごとに音作りがあるなぁ。と改めて感じてみたりです。

ここはバランスを取ってLINNさんのブックシェルフスピーカー「MAJIK109」と合わせると、見た目も音もしっとりして良さそうな感じです。

そんな、使い方を選ばないTriodeさんの真空管プリメインアンプ「TRX-PM84」が中古入荷しております。

真空管の明かりが綺麗なので、ベットルーム等に置くサブシステムとしていかがでしょうか。

ご試聴も可能ですので、ご予約の上、愛聴盤をお持ちになってぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

2020年9月18日 (金)

【沖縄店】9/19(土)営業時間変更のお知らせ。

Koja

こんにちは、アバック沖縄店です。

誠に勝手ながら9/19(土)は工事の為、正午よりの営業となります。

ご来店を予定されているお客様は、アバック沖縄店(098-943-9178)へご連絡下さい。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

2020年9月17日 (木)

【沖縄店】特選商品ご紹介!JVC「DLA-X550R(W)」(中古品)!

Koja_3

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、JVCさんの4Kプロジェクター「DLA-X550R(W)」が中古入荷してきましたので、ご案内したいと思います。

Img_4686_2

Img_4687_2

リビングにも設置しやすいホワイトカラーになります。沖縄はリビングシアターの割合が多いので、こういう周りに溶け込みやすいカラーバリエーションは助かります。黒や赤もカッコ良いのですが、さすがにリビングでは存在感がありすぎます。

引き取ってきたばかりなのでセッティングはまだ終えていないのですが、以前、映像を見た印象では、JVCさん特有のコントラストの高いナチュラルな色合いと「4K e-shift4」による繊細な描写で、前モデルよりも更に立体感の増したハッキリとした映像になったなぁ。なんて事を感じたのを覚えています。

そんな、中古で出てくるのは珍しいJVCさんの4Kプロジェクター「DLA-X550R」のホワイトカラーが入荷しております。

これからセッティングを行いますので、明日にはご視聴可能かと思います。

興味のある方は、ぜひご予約の上、遊びにいらして下さい。

取り急ぎプロジェクター中古入荷のご案内でした。

それでは宜しくお願い致します。

2020年9月15日 (火)

【沖縄店】特選商品ご紹介!Pioneer「A-10」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回はPioneerさんのプリメインアンプ「A-10」が入荷しましたので、ご案内したいと思います。

Img_4679

Img_4680

Img_4674

「A-10」はパイオニアさんの使いやすいエントリーモデルのプリメインになります。

トーンコントロールがついていますので好みの音質に調整できたり、スピーカーA/Bの切り替えで2組のスピーカーの効き比べ等、遊べる機能を搭載しています。また、MM用フォノ入力があり、パッとレコードプレーヤーをつなげられるのもポイントです。

ちょうど今、オンキヨーさんのレコードプレーヤー「CP-1050」をつないで音出しチェックをしていますが、華やかで上から下までハリがあり、軽やかさと清涼感のある音調です。

キリっとした高域に先導されて伸びるボーカルが気持ち良いです。アンプのデザインをそのまま音にした印象でしょうか。なかなかのクールビューティーです。

そんな、Pioneerさんの音美人「A-10」が中古入荷しております。

エントリーモデルの手頃さや遊べる特徴を活かして、これからオーディオを初めてみたいと考えられている方への入門機として、また、クールビューティーな音調に合わせて電子音を取り入れた最近のJPOP、特に女性ボーカルを良く聴かれる方にオススメしたい一品です。イメージはDAOKOさん。

ご試聴も可能ですので、ご予約の上、愛聴盤をお持ちになってぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

2020年9月14日 (月)

【沖縄店】特選商品ご紹介!B&W「804D3(MR)」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回はB&Wさんの800D3シリーズより「804D3(MR)」が入荷しましたので、ご案内したいと思います。

Img_4621

Img_4622

大きすぎず、小さすぎず。存在感を出しながらも周りと馴染む外観。音質も尖ったところが無くフラットで、それでも音楽の楽しさを忘れずにどんなジャンルでもしっかり聴かせてくれるスーパー優等生な「804D3」はまさにスピーカー界のアイドルです。

どうですか、この佇まい。ハンサムすぎて嫉妬すら湧いてきませんよ。

音出しチェックのため軽く鳴らしてみましたが、いつものB&Wさんの音ですねぇ。安定感が抜群です。

クラシックのスケール感、ジャズの臨場感、最近のポップスのピロピロ感までしっかりと再現してくれます。

音で迷ったら先ずはこれを聴いてください。と、薦められるリファレンス的な出音です。

そんな、音の道しるべ、B&Wさんのトールボーイスピーカー「804D3(MR)」が中古入荷しております。

すぐに視聴出来るようセッティングを済ませておりますので、ご予約の上、愛聴盤をお持ちになってぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

2020年9月11日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!McIntosh「MC452」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回はMcIntoshさんのステレオパワーアンプ「MC452」が入荷しましたので、ご案内したいと思います。

Img_4615

Img_4612

憧れのブルーメーターと緑に点灯するロゴが魅力的な伝統のマッキンフェイスが輝いています。どこから見てもマッキンです。

背面はスピーカーターミナルがたくさん並んでいますが、これは8Ω/4Ω/2Ωに対応した端子が個別に配置されています。2Ω端子とかトランスに物を言わせた強気の仕様です。

他にはバイアンプ用のスルーアウト端子が付いているようですね。

Img_4627

Img_4628 せっかくの大型パワーアンプなので、視聴室においてあるJBLさんの「エベレストDD66000」で音出しをしてみました。

はい、分かってはいましたけど超「濃密」です。きっとマッキンさん特有のアウトプットトランスの影響だと思うのですが、空気感・雰囲気以前に音自体がものすごく密度の濃い音で、特に粘りがあり重く、深く沈み込む低音が特徴的です。高域も密度や音の太さを保ちながら、艶やかで温かく伸びていく印象です。加えて、大型スピーカーをしっかり制御する駆動力と450Wの大出力で部屋中を音で満たすスケールを持ち合わせています。この「MC452」は独自の世界観を形成するワールド系アンプだと感じました。音の支配力がとても高いです。

このマッキンワールドは好きな方にはたまらないでしょうねぇ。ベルリンフィルのような重厚なオーケストラに合いそうなズッシリ感です。

ちなみにアンプ自体もズッシリです。引き取った翌日は筋肉痛なお年頃。

そんな、独自の世界観をこれでもかと主張するMcIntoshさんの大型パワーアンプ「MC452」が中古入荷しております。

JBL「EVEREST DD66000」との組み合わせで試聴できますので、マッキンワールドに触れてみたい方は、ご予約の上、愛聴盤をお持ちになってぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

2020年9月 5日 (土)

【沖縄店】台風接近による9/6(日)休業のお知らせ。

Koja

こんにちは、アバック沖縄店です。

誠に勝手ながら9/6(日)の営業は台風接近のため、臨時休業とさせて頂きます。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

2020年9月 4日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!JVC「DLA-X590R(B)」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、JVCさんの4Kプロジェクター「DLA-X590R」が中古入荷してきましたので、ご案内したいと思います。

Img_4577

Img_4580

Img_4583

今となっては懐かしさを感じる筐体となってしまいました。古謝の中ではプロジェクターといったらこの形です。

Img_4599

Img_4601 チェックがてらパッと映してみました。

アクアマンは作品自体がビビットでしたかね。それでも、街の風景や石のゴテゴテ感等はJVCさんらしいナチュラルな質感で、CGの部分も「CGなんだぜ!」的な押し付けが無く見やすい画作りです。まぁ、さすがにビームはビームでしたけど。

JVCさんの、この押し付けがましくないナチュラルな感じが古謝的には見やすくて好きですね。岩合さんの世界ネコ歩きとか絶対合うと思うんだ。

そんな、飾らない自然体さが魅力なJVCさんの4Kプロジェクター「DLA-X590R(B)」が綺麗な状態で中古入荷して参りました。

現在、アバック沖縄店では新型コロナウイルス感染拡大防止の為、ご来店・ご視聴につきましては予約制とさせて頂いております。

すぐにご視聴出来るようセッティングは済ませておりますので、興味のある方はアバック沖縄店(098-943-9178)へご連絡の上、愛聴盤をお持ちになってお越しください。

それでは宜しくお願い致します。

2020年9月 3日 (木)

【沖縄店】特選商品ご紹介!YAMAHA「CX-A5100(H)」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、YAMAHAさんのAVプリアンプ「CX-A5100(H)」が中古入荷してきましたので、ご案内したいと思います。

Img_4586

Img_4589

Img_4590

シアターファンなら誰もが一度は憧れるであろうヤマハさんのセパレートAVプリアンプです。

セパレートって素敵ですよね。合わせてマルチCHパワーアンプの「MX-A5200」を使用するのがベストだとは思いますが、ここからさらにフロント用とサラウンド(アトモス)用でパワーアンプを分けてみたり等、夢が広がります。すべてのチャンネルにパワーアンプを個別で使用されている強者な方がいらっしゃいましたらぜひお友達になりたいです。

入荷したばかりでまだ試聴は出来ていませんが、以前音の確認をした時の印象ではライブやコンサートものと相性が良いように感じました。ホール感・・・というか、会場の「あの」雰囲気が感じられたんですね。熱気なのかな、会場のザワザワ感が良く出ていて面白いなぁ、と。

そんな、夢を広げすぎて収拾がつかなくなりそうなYAMAHAさんの素敵なAVプリアンプ「CX-A5100(H)」が入荷しております。

大切に使われていたようで綺麗な状態での中古入荷になりました。元箱含め付属品もそろっています。

現在、アバック沖縄店では新型コロナウイルス感染拡大防止の為、ご来店・ご視聴につきましては予約制とさせて頂いております。

ご視聴、ご来店は事前にアバック沖縄店(098-943-9178)へご連絡の上、お越しください。

それでは宜しくお願い致します。

2020年8月27日 (木)

【沖縄店】旧盆期間中の休業のお知らせ。

Koja

こんにちは、アバック沖縄店です。

誠に勝手ながら旧盆期間中の8/31(月)、9/1(火)、9/2(水)は臨時休業とさせて頂きます。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

2020年8月22日 (土)

【沖縄店】8/23(日)営業時間変更のお知らせ。

Koja

こんにちは、アバック沖縄店です。

誠に勝手ながら8/23(日)は工事の為、正午よりの営業となります。

ご来店を予定されているお客様は、アバック沖縄店(098-943-9178)へご連絡下さい。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

2020年8月15日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!LUXMAN「SQ-N150」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、LUXMANさんのコンパクトな真空管アンプ「SQ-N150」が中古入荷してきましたので、ご案内したいと思います。

Img_4383

Img_4388

Img_4390

モダンでスタイリッシュなデザインとコンパクトなサイズ感に真空管の魅力を詰め込んだ、アバック沖縄店でも人気の「Neo Classico II」シリーズのプリメインアンプになります。いや~、横文字って便利。

アルミの押し出し感が印象的なデザインではありますが、ツマミやノブの愛らしさやコンパクトなサイズに合わせた針メーター等がアナログらしさを演出していて、新しさと懐かしさを上手く融合させた素敵デザインだと思います。

音質に関しては古謝の感想をこの記事でダラダラと述べていますが、真空管らしいの艶やかさや滑らかさが耳に気持ち良いです。出力の大きさ(10W/6Ω)もそうですが、サイズもサイズなのであまり大きくない能率の高いスピーカーを組み合わせてあげると良いかもしれません。

JBLさんの「4306」辺りとの組み合わせ等もスピーカーの持ち味を活かして鳴ってくれそうです。

そんな、現代の生活スタイルに寄り添うLUXMANさんの真空管プリメインアンプ「SQ-N150」が中古入荷しております。

現在、アバック沖縄店では新型コロナウイルス感染拡大防止の為、ご来店・ご視聴につきましては予約制とさせて頂いております。

ご視聴、ご来店は事前にアバック沖縄店(098-943-9178)へご連絡の上、愛聴盤をお持ちになってお越しください。

それでは宜しくお願い致します。

2020年8月14日 (金)

【沖縄店】JVC「DLA-V9R」を期間限定展示!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

只今、JVCさんのご厚意で8Kプロジェクター「DLA-V9R」をお借りしてデモを行っております。

Img_4379

Img_4377

こんな時だからこそ家の中で過ごす時間を充実したものにして頂きたいと、JVCさんの提案もあって8月末までの期間限定で展示しております。

実際プロジェクターやホームシアターの問い合わせが増えていますので、是非、この機会に最高の映像でホームシアターの楽しさを体験して頂ければと思います。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

また、アバック沖縄店では新型コロナウイルス感染拡大防止の為、ご来店を予約制とさせて頂いております。

三密の環境にならないよう、ご来店・ご視聴につきましてはアバック沖縄店(098-943-9178)へご予約をお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

2020年8月10日 (月)

【沖縄店】8/11(火)営業時間変更のお知らせ。

Koja

こんにちは、アバック沖縄店です。

誠に勝手ながら、8/11(火)は工事の為PM4:00よりの営業となります。

ご来店を予定されているお客様は、アバック沖縄店(098-943-9178)へご連絡下さい。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

2020年8月 8日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!Technics「SL-1200G」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、Technicsさんのレコードプレーヤー「SL-1200G」が中古入荷しましたのでご紹介したいと思います。

Img_4340

Img_4343

Img_4345

新生テクニクスさんの第1号となる「SL-1200G」はテクニクスさんのアイコンである「SL-1200」シリーズの姿そのままにオーディオグレードに進化させたモデルです。

新開発のコアレスDDモーターや重量のある3層プラッター、10mmもあるアルミトップパネル、耐振性・高剛性に優れたボディといろんな新技術を搭載した結果、以前の「SL-1200」シリーズよりかなり重量が増してます。どっしりとした安定感が王者の風格を醸し出しています。世界一売れたかもしれないプレーヤーは伊達ではありません。

古謝はSL-1200mk5を使っていたことがありますが、比較すると「SL-1200G」はまさにオーディオモデルといった感じでシャープで解像度が高く、それでいて腰高にならず出てくる音に安定感があります。

レコード盤に刻まれた音を一つ残らず引き出すような、そんなイメージです。

SL-1200mk5はDJ用を意識してか、音が分厚くドムドムダムダムしていたように記憶しています。

そんな、多くの人が待ちわびたTechnicsさんの復活したシンボル「SL-1200G」が中古入荷しております。

使いやすさ、使い勝手の良さも特徴の一つですので、再びレコード再生に挑戦したい方にオススメしたいです。

もちろん、アナログ初めての方もいきなり「SL-1200G」から始めても良し、なんでしたらトルクの強さは「SL-1200mk6」の倍あるのでDJ用に使われるのも一興だと思います。

ご試聴されたい場合はアバック沖縄店(098-943-9178)へご予約をお願いしております。

皆さまのお問い合わせをお待ちしております。

※尚、この商品につきましては配送・配達の関係上、沖縄本島内のみのご案内、お問い合わせに限らせて頂きます。ご了承下さい。

それでは宜しくお願い致します。

2020年8月 7日 (金)

【沖縄店】marantz「ND8006」常設展示開始!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、デジタル再生なら何でも来い!なmarantzさんのマルチプレーヤー「ND8006」の常設展示を開始しましたのでご案内したいと思います。

Img_4273

Img_4276

一見、普通にマランツさんのCDプレーヤーですが後ろにニョキッとアンテナが生えています。

マランツさんの説明ではCDプレーヤーとネットワークプレーヤーが合体したモデルとの説明ですが、この「ND8006」はそんな単純なプレーヤーではないと思います。

まず、説明通りCDの再生(SACDは不可)とNASから音源を引っ張っての再生(5.6MHz DSD/192kHz 24bit PCMに対応)が出来ます。その他にも、USB-DAC機能の搭載(11.2MHz DSD/384kHz 32bit PCMに対応)、Bluetooth対応、USBメモリ/USB-HDDからの再生、HEOSアプリでのAmazon musicやSpotifyといったストリーミングサービスへのアクセスやインターネットラジオの再生に対応と、やりすぎなくらい詰め込んでいます。本当にマルチプレーヤーです。

この「ND8006」一つシステムに組み込めばデジタル再生に困る事は少ないと思います。SACDが再生出来ない事くらいでしょうか。

そんな、あらゆるデジタルソースを制覇するmarantzさんのマルチデジタルプレーヤー「ND8006」の展示を致しました。

様々なデジタルソースに挑戦されたい方にオススメしたい一品ですね。

すぐに試聴出来るようセッティングしております。ご試聴されたい方はアバック沖縄店(098-943-9178)へご予約をお願い致します。

ご来店される際はぜひ愛聴盤をお持ちになってご来店下さいね。

それでは宜しくお願い致します。

2020年8月 3日 (月)

【沖縄店】ISOTEKクリーン電源フェア開催しております!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

ISOTEKクリーン電源聴き比べ用のデモ機が届き、早速あれこれと繋ぎ変えて音出ししております。

Img_4325

Img_4326

アンプに負けない存在感。特に真ん中の威圧感はやりすぎな気がしないでもないです。

いやぁ、箱開けてビックリしましたが、「SUPER TITAN」がかなりデカいです。本当にアキュフェーズのパワーアンプと同じくらいのサイズです。

音に関しては、どのモデルもS/Nの改善と全帯域のエネルギー感の向上を感じますねぇ。これらのクリーン電源から電源を取ると不思議なくらいアンプが生き生きし始めるので、今までは寝てたの?とツッコミたくなりました。

何でしょう。イメージ的には音が変わるというよりは、アンプが元気になる感じです。闘魂注入。

ご試聴は案内をスムーズに行うためと、新型コロナウイルス感染拡大防止のため予約制となっております。

ご来店の際は、お手数ですが、お電話(098-943-9178) 又はメールにてのご予約をお願い致します。

沢山の方に聴いて頂きたいので、ぜひご予約下さい。

それでは宜しくお願い致します。

2020年8月 1日 (土)

【沖縄店】新型コロナウィルス対策における緊急事態宣言下の営業について

Koja

平素は、アバック沖縄店をお引立て頂き厚くお礼申し上げます。

アバック沖縄店は、昨日発令されました県の「緊急事態宣言」を受け、感染拡大防止の為、当面の間、営業を「予約制」と致します。

ご来店の際は、お手数ですが、お電話(098-943-9178) 又はメールにてのご予約をお願い致します。

新型コロナウィルス感染拡大の防止の為、皆さまのご理解とご協力を宜しくお願い致します。

2020年7月31日 (金)

【沖縄店】ISOTEKクリーン電源フェア開催告知!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

この度、メーカーさんのご厚意によりISOTEK社クリーン電源各種をお借りすることができましたので、これを機にクリーン電源聴き比べイベント「ISOTEKクリーン電源フェア」を開催したいと思います!

Evo3_aquarius_img EVO3 AQUARIUS

Nova_l2 EVO3 NOVA

Titanone_l EVO3 TITAN ONE

Ev03_titan_img EVO3 TITAN

Evo3supertitan EVO3 SUPER TITAN

これらのラインナップで機種をご用意できました。

電源聴き比べなんて、あまりにマニアックすぎるイベントですがそうそう行えるような企画ではありませんし、エントリーからハイエンドまで一堂に揃う機会も滅多にありませんので、「電源環境でどれだけ音が変わるのか?」「質の良いクリーン電源を探しています。」そんな、少しでも興味のある方にはまたとないチャンスです!

イベントは予約制ですので、ご来店される際は事前にアバック沖縄店へご連絡下さい

ご希望の方には「EVO3 SUPER TITAN」以外の機種をお貸出し可能です。ご自宅のシステムに使用されたい場合は店舗スタッフへお声かけ下さい。

フェア開催期間は8/1~8/20までとなっておりますので、ぜひともアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

それでは、皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

2020年7月20日 (月)

【沖縄店】DENON「AVR-X4700H」常設展示開始!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

これは皆さんお待ちかねだったと思います。

DENONさんのAVアンプニューモデル「AVR-X4700H」の展示機が届きました!

Img_4173

Img_4175

Img_4180

モデルチェンジということで前モデルと比べ、外見はさほど変わりませんが・・・

端子類をよ~く見てみると、

Img_4183_2

ありました。今回のモデルチェンジの目玉機能8K信号のIN/OUTです。

8Kチューナーを積んだレコーダーはまだ登場していませんが「AVR-X4700H/X6700H」に8K入力端子が搭載されたことで、これはもしや・・・そろそろ出るのか?なんて期待を抱いてしまいます。

そんなわけで、DENONさん待望のニューモデル「AVR-X4700H」の常設展示を開始しました。

これからセッティングですので、まだ音・映像は確認していませんが取り急ぎ常設展示のご案内でした。

夕方ごろにはセッティングも完了していると思います。

人気機種のニューモデルですので、視聴は事前にアバック沖縄店(098-943-9178)にご連絡頂けるとスムーズにご案内できます。

今なら、古謝より早く視聴できるチャンスですよ。

それでは宜しくお願い致します。

2020年7月17日 (金)

【沖縄店】Nmode「X-PM3 FT」、「X-PS3」を期間限定展示!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

ただいま、メーカーさんのご厚意で1bitプリメインアンプ「X-PM3 FT」と強化電源「X-PS3」をお借りして展示しております。

Img_4082

こちらが1bitプリメインアンプ「X-PM3 FT」です。Fundamentalとコラボレーションした限定モデルとなります。

ラインナップには通常モデル「X-PM3」もあります。Img_4089

背面にはスピーカー端子とアナログ入力3つにクロック入力があります。

同じサイズのマスタークロックもあるみたいなんですよねぇ。

Img_4094

そして、こちらが強化電源の「X-PS3」です。でっかいトランスがドンッと入っているようで、コンパクトながらずっしり感があります。

Img_4086

Img_4092

まぁ、ご覧の通りと言いますか、非常にコンパクトです。両方とも横幅がハーフサイズの210mmしかありません。このサイズ感だけで購買意欲を刺激されます。小さいことは良いことだ。

まずは「X-PM3 FT」単体で聴いてみました。

出力は19W(4Ω)しかありませんが、すぐそばにあったB&W「805D3」をつないで鳴らしてみたら音が出た瞬間から笑いが噴き出るくらい凄い音で鳴り始めてびっくりですよ。なにコレ凄い。

「X-PM3 FT」自体にそれほど色の付いた音はしていないようなのですが、全体的にしなやかでハリのある音で高い解像度と脅威の定位感を感じさせてくれます。そして音が速い。

もちろん「805D3」自体にも高い解像度、音離れの良さはありますが、実は「805D3」からこの魅力を引き出すのはなかなか難しいと古謝は思っています。

B&W800モデルもD3シリーズになって鳴らしやすくなったとはいえ、簡単に鳴ってくれる相手ではありません。しかし、この小さなアンプは「805D3」の実力をしっかりと引き出しているように感じます。これは高い駆動力のなせる業で、ここまでしっかり鳴る805は久しぶりに見ました。

次に、強化電源「X-PS3」を足して聴いてみます。

基本的な音調は変わりませんが、低域の深みと音の彫りの深さが出てきました。アナログ的な低音の粘りに支えられて、中高音がスーッと伸びていきます。彫りの深さが出てきたということは、S/Nが上がったということでしょうか。音色が濃くなるのとはちょっと違う感じで、イメージ的にはHDRの黒を見ている気分です。そこにある音に対してさらに細かく拾えるような、漠然としていますがそんなイメージです。

「X-PM3 FT」単体でも良い音なのですが、「X-PS3」を一度つないでしまうと外せなくなってしまいますねぇ。そもそも外付けの電源ってカッコ良いですよね。

困ったことに買わねばという使命感に駆られています。もう置く所も鳴らすスピーカーも無いっス。

ごちゃごちゃと並べましたが、それくらい興奮して書いています。

結局、結論としてなにが言いたいのかというと、「一度聴いて下さい。凄いから」です。

そんな、ハーフサイズながらその筐体に隠しきれない性能を秘めたNmodeさんの1bitプリメインアンプ「X-PM3 FT」と強化電源「X-PS3」を7月いっぱいの期間限定でご視聴頂けます。

興味のある方はぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご案内をスムーズに行うため、視聴はアバック沖縄店(098-943-9178)へご連絡頂けると助かります。

それでは宜しくお願い致します。