2017年5月19日 (金)

【梅田店】 新製品あり!!期間限定展示機のお知らせ

梅田店の吉田です。

2009_04yoshida

お客様から試聴のご希望をいただき、普段は常設していないような製品が、いろいろと梅田店に入ってきます。

それでは、時系列順にご紹介してきたいと思います。

*型番をクリックしていただけますと、各メーカーの詳細ページにジャンプしますrun

  

□ □ □

  

~5月21日(日)

Monitor Audio(モニターオーディオ) 

”GOLD100”

今回のデモ機は”DARK WALNUT(ダークウォルナット)”仕上げになります。

常設展示のGOLD200(ピアノブラック仕上げ)との聞き比べもできます。

  

□ □ □

  

~5月21日(日)

SPEC ”RSA-888DT”

新製品です!!

木製サイドパネル・インシュレーターが印象的な美しいアンプ。ロック付きパワースイッチが操作感もさることながら、デザイン面でも良いアクセントになっていますね。

 

□ □ □

 

~5月28(日)

fidata(フィダータ)

”HFAS1-X20”

発売展示開始以来、大人気のfidata(フィダータ)のオーディオ専用NAS。当店ではSSDモデルである”HFAS1-S10”を常設展示しておりますが、その上位モデル”HFAS1-X20”がついにお目見えになりました!

上位モデルの変更点はざっくり下記3点に集約されます。

・「容量増加」

・「電源周り」

・「筐体の強化」

容量は1→2TBと2倍になりました。DSD音源等、一曲で相当容量のある曲が増えてきている現状がありますので、やっぱり嬉しいですね!

また、オーディオ専用NASの音質面でのアプローチとして、アンプやプレーヤー系のオーディオ製品でよく用いられる正攻法の手法で強化してきた点が非常に興味深いです。

  

□ □ □

 

5月25日(木)~6月4日(日)

YAMAHA(ヤマハ)

”NSB901”

 

”NSB750”

 

”AS801”

 

価格からは考えられない美しいピアノブラック仕上げはさすがピアノメーカー。トールボーイの”NSF750BP”は常設展示しておりますので、こちらとの比較試聴もできますよcatface

また、プリメインアンプはDAC内臓タイプです。

『PCと接続してシンプルにシステムを組みたい』お客様へご提案いたしますモデルのひとつです。

  

□ □ □

 

5月25日(木)~6月4日(日)

Piega (ピエガ)

”COAX501"

”Coax Center”

”AP1.2”

な、なんとPiegaで5チャンネルサラウンドが構築されますよ!

今から、どのようなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみで仕方ありませんheart04

やはり要注目はCoax511の新型リボンツィーターのパフォーマンスでしょうか…

もちろん、2チャンネルでの試聴も大歓迎です!

   

□ □ □

  

駆け足となりましたが、この3週間で、当店に入ってきますデモ機をご案内いたしました。

  

該当機種が気になっているお客様、是非、梅田店でそのパフォーマンスをご体験下さいませ!

ご来店を心よりおまちしておりますhappy02

   

★ご試聴をご希望の際には、予めお問い合わせいただきますと、ご案内がスムースです。

お電話(06-6949-8726)もしくは

梅田店のメールアドレスosaka-umeda@avac.co.jpまでお問合せくださいませ。


■株式会社アバック 梅田店

530-0051
大阪府大阪市北区太融寺町2-11 ジ・アドレス梅田 1F

営業時間
平日・土・日・祝  AM11:00~PM8:00
定休日 火曜日・水曜日
   
メールアドレス:osaka-umeda@avac.co.jp
TEL:06(6949)8726
FAX:06(6361)3339


 

2017年5月15日 (月)

【梅田店】 DOLBY ATMOS によるライブ放送

梅田店の吉田です。

2009_04yoshida

TV放送やストリーミングのライブ放送で、DOLBY ATMOS が導入された例が無いか調べましたところ、少し前、PHILEWEBにて、そのような記事が掲載されていました。
   

イギリスの「BT Sport 4K UHD channel」にて、DOLBY ATMOSでスポーツが生放送されたようです。
      
どのくらいの頻度や割合で行われているのかは分かりませんが、記事によれば、

「プレミアリーグの他の試合やFAカップの試合でも4K/ドルビーアトモスでの放送を行うという。」

とのことで、技術的に可能となっているようですね!!

 
圧縮方式はDolby Digital Plusでしょう。
 

ちなみに、先日の記事でも取り上げました、FIRE TV もDolby Digital Plusでの出力が可能になっております。

   

今後、日本においても、人気アーティストのライブや、サッカー、野球が、ストリーミング放送で、DOLBY ATMOSにて楽しめる日が来て欲しいものです!

  
ベルリンフィルのライブ放送は有名ですが、個人的には、HR/HMのライブがDOLBY ATMOSで楽しめたらいいなぁ・・・とhappy01

     

こういったライブ放送を「まるで会場にいるかのように楽しめる」というのも、ホームシアターの魅力であることは間違いありません。

    

ブログをご覧になったお客さまにて、身近に「ホームシアターでスポーツやライブが楽しめたらなぁ」と思っているような方がおりましたら、アバック梅田店まで、ぜひご一緒に遊びにいらしてくださいませ。happy02

     


■株式会社アバック 梅田店

530-0051
大阪府大阪市北区太融寺町2-11 ジ・アドレス梅田 1F

営業時間
平日・土・日・祝  AM11:00~PM8:00
定休日 火曜日・水曜日
   
メールアドレス:osaka-umeda@avac.co.jp
TEL:06(6949)8726
FAX:06(6361)3339


 

2017年5月12日 (金)

【梅田店】 OPPO UDP-203の有効活用

梅田店の吉田です。

2009_04yoshida

OPPO 4K UltraHDブルーレイ(UHD BD)プレイヤー UDP-203 には[HDMI IN]の端子があります。

他のブルーレイプレイヤー/レコーダーにも[HDMI IN]がついているモデルはありますが、やはり、最新モデルということで、UDP-203を取り上げます。

   

早速ですが、FIRE TV のターミナルを接続してみました!

Img_20170506_155507

FIRE TVは、ごく一般的な使い方としては、TVに直接接続しているという方が、圧倒的に多いと思いますが、ホームシアターを導入しているお客様は、おそらくAVアンプに接続されているかと思います。

Img_20170506_155512    

ただ、AVアンプに接続した場合、AVアンプの設定にて、大抵の場合は、HDMI信号をスルーする設定にすることが多いため、FIRE TV からの映像クオリティは、その動画の解像度に左右されることになります。  

ここで、FIRE TVをOPPOに接続するとどうなるか?

Img_20170506_155523  

そう、OPPO 内蔵のスケーラーにより4Kアップコンバートが行われます。

OPPOの入力切替を致しますと

Img_20170506_155557  

 フロントパネルにも、このように表示されます。

Img_20170506_155613  

画面にも、このようにFIRE TVのメニューが。

Img_20170506_155700  

FIRE TV から見られる動画には、4Kのものもありますが、楽しめるコンテンツは、非常に少ないものです。

そのため、OPPO UDP-203のように[HDMI IN]があり、アップコンバート能力の高いプレイヤーを活用することで、フルHDの映像も、より質の高い映像にてお楽しみいただけるのではないかと思いますsign03

       

このように、SONY VPL-VW535の情報画面にて、入力された信号情報として3840*2160/60pと表示され、OPPOにて4Kアップコンバートされていることが分かります。

Img_20170512_203315

  

FIRE TVを使って、ベルリンフィルの”デジタルコンサートホール”を、ホームシアターで楽しむというのも、あらたな楽しみとなることでしょう。Img_20170512_203540_2

   

[HDMI IN]の機能を使用していないお客様は、おそらく多いのではないかと思いましたので、ひとつの活用方法をご案内致しました。

      

AVアンプの入力切替を行わずに済むというのも、すこし手間が省けますね。wink

    

念のためOPPOの「よくある質問」を確認致しました。

「HDMI入力は4k HDRに対応していますか」の項目をご覧ください。

FIRE TVなどからの4k映像入力は問題ないとのことですが、幾つか仕様上の注意点も書かれていますため、必ずご確認くださいませ。happy01

   

なお、FIRE TVは、当店で取扱いの製品ではございませんので、予めご了承下さいませ。あくまで検証として使用致しました。

    


■株式会社アバック 梅田店

530-0051
大阪府大阪市北区太融寺町2-11 ジ・アドレス梅田 1F

営業時間
平日・土・日・祝  AM11:00~PM8:00
定休日 火曜日・水曜日
   
メールアドレス:osaka-umeda@avac.co.jp
TEL:06(6949)8726
FAX:06(6361)3339