2018年2月17日 (土)

【梅田店】BenQ HT2550 期間限定展示中

梅田店鈴川です。

Photo

今、話題沸騰中の4Kプロジェクター「BenQ HT2550」がAVAC梅田店で、期間限定になりますがご覧いただけます!(2/25(日)までの予定)Ht2550

ビギナー向けの 4K/HDR対応モデルがこの価格(実売¥200,000程度)で手に入るのは、かなり良いと思います。

仲間であつまり、飲み食いしながら大画面でスポーツやライブを見るのは楽しいですよね。

画質動画性能使い勝手などは、ぜひこの機会にご来店にてご確認のうえ、ご検討候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

    

皆様のご来店・ご相談を心よりお待ちしております。

 


■株式会社アバック 梅田店

530-0051
大阪府大阪市北区太融寺町2-11
ジ・アドレス梅田 1F

営業時間
平日・土・日・祝  AM11:00~PM8:00
定休日 火曜日・水曜日
   
メールアドレス:osaka-umeda@avac.co.jp
TEL:06(6949)8726
FAX:06(6361)3339

2018年2月10日 (土)

【梅田店】DENON AVC-X8500H 展示予告

梅田店鈴川です。

Photo

 

先日、キングスマン~ゴールデンサークル~を見に行ってきました。

_6099906_sa

前作もそうですが、このマシュー・ヴォーン監督の映画は見所が満載なので面白いですね。

 

しかし続編ものって、どうしても1作目からの期待感もあり、残念感が否めない作品が多いですが、この作品はその期待を裏切らない作品だと思いました。

 

ご興味ある方はぜひ、1作目からご覧くださいね。


さて本題ですが来る2/16DENON AVC-X8500Hが展示開始(予定)となります。

Avc_x8500h

先日の試聴イベントでも大変好評のあの超弩級AVアンプが発売日当日から当店でご視聴可能予定です

  

この機種の魅力は13chパワーアンプ搭載でドルビーアトモス7.1.6chが可能であることが言えると思います。

 

ほかのアンプではなかなか体感できないようなパワー感をぜひご体感いただければと思います。

 

当店では5.1.6chで設置予定となりますのでトップスピーカーを6chにすることでの包囲感や効果音の移動感などをじっくり感じてください。

 

これからホームシアターを始められる方も、グレードアップや買い替えをご検討中の方もぜひぜひご来店の上、ご視聴ください。

 

皆様のご来店・ご相談を心よりお待ちしております。

 


■株式会社アバック 梅田店

530-0051
大阪府大阪市北区太融寺町2-11 ジ・アドレス梅田 1F

営業時間
平日・土・日・祝  AM11:00~PM8:00
定休日 火曜日・水曜日
   
メールアドレス:osaka-umeda@avac.co.jp
TEL:06(6949)8726
FAX:06(6361)3339

2018年2月 5日 (月)

【梅田店】OS ピュアマットIII お買い得品

2009_04yoshida

梅田店の吉田です。

珍しい製品の特価品が入荷致しましたのでご紹介致します。

4K対応の高精細スクリーン「ピュアマットIII」

しかも

サイドテンション付のSTPモデルです。

Stp120

ご覧いただけますように、サイドテンションをかけることができる機構になっております。

※写真は当店で実際に使用している同モデルのものです。

Img_20180204_150032

Img_20180204_150048


■サイドテンション付スクリーンとは

 一般的に、スクリーンは使用環境における温度・湿度変化等により、シワやヨレが発生する場合があります。ある程度は許容範囲として、使い続ける方が多いかと思います。

 ただ、厳密に申し上げれば、スクリーンの平面性が落ちてしまうと、映像に少なからず影響があるのも確かです。

 例えば、街のビル群にて直線部分が歪んで見えることや、映像が左右にパンした際に波打って見えてしまうという影響が挙げられます。そのようになりますと、せかっく作品に集中していたにも関わらず、映像の乱れが気になり、興ざめしてしまうということもございます。

 サイドテンション付のスクリーンは、左右の紐とタブにて生地端の反りを防止し、下パイプ付近の張りが無くなった場合でも、テンションアジャストノブで平面調整を行い、平面性を保つことで、そういった映像の乱れを、可能な限り抑えられる機構となっています。

 また、サイドテンションにより、電動スクリーンやスプリングローラースクリーンに比べ、平面性が高いことから、ピタっと映像がスクリーンに貼り付くような高画質が得られます。


■コストパフォーマンス

同生地にて、通常の電動モデルと、お値段を比較した場合、サイドテンション付モデルは初期投資として費用がかかるのは確かです。

ただ、上記のように平面性を保てる機構であることから、「通常の電動スクリーン生地がシワになった場合に、買い換えたり、生地交換を行ったり、そのためにスクリーンの取外しと取付工事を行うための手間・時間・労力と費用」 を天秤にかけると・・・長期的に見れば、実はお得であることが分かります。

ピュアマットIIIで得られる高画質は言うまでもありません。


■ご注文はこちらから!

  
AVAC USED&OUTLETショップ

定価 ¥453,600-(税込)

USED超特価 ¥258,000(税込)

新品市場価格や、当店の新品販売価格と比較しても、かなりお求め易い価格になっております。

使用期間は一ヶ月程度で、殆ど使用されていない美品です。

通常、スクリーンの中古というのは出にくく、特にこのモデルは滅多に出ることがありません!

  

スクリーンの交換・設置工事のご依頼も承っておりますため、その場合には、当店までお電話やメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ。

  


■株式会社アバック 梅田店

530-0051
大阪府大阪市北区太融寺町2-11 ジ・アドレス梅田 1F

営業時間
平日・土・日・祝  AM11:00~PM8:00
定休日 火曜日・水曜日
   
メールアドレス:osaka-umeda@avac.co.jp
TEL:06(6949)8726
FAX:06(6361)3339