2020年12月 1日 (火)

【新宿本店】DENON「AVC-A110」を聴く!

アバック新宿本店の菅原です。

3
只今、「AVC-A110」フリー試聴会 開催中です。もちろんマスク着用の上、密にならないようご参加頂いております。

Bar2_shinjuku_1124_275https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjyuku-20201127

ご参加頂いたお客様からは「AVC-A110」の音質の良さを実感頂き大好評です。実際在庫も入荷しては直ぐに売れてしまい現在は次回入荷分をお待ち頂いている状況です。

そんな大人気の「AVC-A110」ですが、ここで改めて試聴した感想など書きたいと思います。

【今回の試聴機器】
フロント/B&W 803D3
センター/B&W HTM2D3
リア  /B&W 805D3
ウーファー/B&W DB2D/DB3D(ダブル使用)
トップ/Monitor Audio CP-CT150
プレーヤー/Pioneer UDP-LX800
GAME/XBOX Series X

Img_1314
一体型のAVアンプにフロントスピーカー「803D3」はオーバースペックでは?と言う方もいらっしゃると思いますが、これが中々!このクラスのスピーカーも楽々とは言いませんが、バンバン鳴らしてくれるのです!

それだけ「AVC-A110」のポテンシャルが高いとも言えるでしょう。

さて、
今回視聴したソフトは個人的に「Dolby Atmos」収録ソフトの中でも1・2を争う出来栄えのモノを幾つかチョイス。

■「レディ・プレーヤー・ワン」

1

現在発売されているAtmosの中でもサラウンド感がバツグンなこの映画で「AVC-A110」を聞いてみました。シーンはチャプター3のレースシーン。

元々このソフト、どのAVアンプで聴いてもAtmos効果は高いのですが、ただそれは移動感が派手なので、どんなアンプでもそれなりの効果は得らるという事。

しかし、これが「AVC-A110」となると、音にリアル感が増し、Atmos効果がさらに高まります。

特に音の解像感がグンと増すので、壊れて飛び散る破片の音やコイン化され回収される音など微細な音がキッチリと再現され、圧倒的臨場感となるのです。収録されている音は全て漏らさず再現されている感じです。

Img_1349

■ブレードランナー2049

91uxpkd0q0l__sx342_
こちらもデモする際は必ずと言って良い程使用するド定番ソフト。
チャプター7、ロサンゼルス圏外の飛行シーン。

ブレードランナーというと象徴的なのが雨。このチャプター7でも雨が降っており、常にトップスピーカーから雨音が鳴っています。特にこのAVC-A110では、この雨音の粒がより際立ち激しい雨なのが分かります。

Img_1352
さらに雷により墜落しガレキの山に突っ込むシーンでは「静から動」の音の立ち上がりの良さを実感できる。エンジンが止まり静まり返った車内は雨音と風切り音のみ、そこから一気にガレキ突っ込む轟音が全スピーカーに鳴り響く。その瞬発力は相当の物。そして不時着する際には細かいガレキの破片やら砂埃やら微細な音まで逃さず再現。こんなに細かい音まで聞こえたのは「AVC-A110」が初めて。

Img_1354
この後、衛星からのミサイルが降り注ぐ際の爆発音では迫力と音のスピード感が一級品!また最初のミサイル発射音がトップスピーカーからちゃんと聞こえたのも「AVC-A110」の解像感の高さによるものでしょう。

こうして聞いていくと、改めて「AVC-A110」の音のスピード感(立ち上がりの良さ)、キレ、微細な音まで再現する解像感の高さを実感します。これが「Dolby Atmos」の圧倒的臨場感に繋がっているのでしょうね。

他にも「AVC-A110」で聞いてほしい映画ソフトは沢山あるのですが、それはまた別の機会に。

次は・・・

最初にあった「機材リスト」で気付いた方がいらっしゃると思いますが、「ゲーム」のサラウンドも今や映画にも負けない程、物凄いサラウンドを楽しめるのでご紹介します。しかも「XBOX Series X」!!マニアック!とお思いでしょうが・・・・。

「XBOX Series X」はなんとゲームで「Dolby Atmos」が聴けてしまうのです!!(前機OneXからそうですが) 今、ゲーム機というと「PS5」を想像しがちですが、ことサラウンドに関しては「XBOX Series X」の方が一歩リードしています。※対応ソフトのみ

そんな「XBOX Series X」で「AVC-A110」を聴いたらゲームのサラウンドはどうなのか!聴いてみました。

Xboxゲームは「コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー」。

818lwknijml_ac_sl1346_
とにかく、映像と音がスゴイ!映画なみの迫力です。下の画像は全てゲーム画像です。

Img_1342

Img_1344

Img_1336
ゲームのサラウンドの凄い所はリアルタイム処理なので、視点と一緒に音も移動するのです。例えば目の前ででしゃべっている声がセンターから聞こえているとしたら、視点を動かすとその方向と同じ位置のスピーカーから声が聞こえてくるのです。

なので、コントローラーで視点をグルグル回すと、音も視点と一緒にグルグル回ります。まさにどこから聞いても自分で体感している音となる訳です。

「Dolby Atmos」効果も抜群で、ヘリコプターが飛び立てば、音の移動感も下から上へ移動しますし、ヘリコプターの中でしたら回転翼音はトップスピーカーから鳴ります。

Img_1345_2

ゲームの大画面、サラウンドは本当に凄いので、もっとしっかりと改めて紹介したいと思っています。

さて、如何だったでしょうか?

やはり一番良いのは自分の耳で聞いて頂く事。

特に、開催中の「800シリーズ」で鳴らす「AVC-A110」のサラウンドは是非一度は聞いてほしい組み合わせです。今週末までとなりますので、是非ご参加ください!

2020年11月26日 (木)

【新宿本店】11/27よりDENON「AVC-A110」フリー試聴会

アバック新宿本店の菅原です。

3
11月27日(金)~12月6日(日)まで

DENON110周年記念モデル「AVC-A110」の試聴会をフリー試聴にて開催致します。

Bar2_shinjuku_1124_275https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjyuku-20201127

今回のスピーカーは「B&W」の「800シリーズ」「700シリーズ」で繋ぎ替えでお聞き頂けます。
また、サラウンド構成は「5.2.6ch」で「Dolby Atmos」「DTS:X」「Auro-3D」をご体感頂けます。

【使用機材】

フロントスピーカー B&W 803D3/703S2
センタースピーカー B&W HTM2D3/HTM71S2
リアスピーカー B&W 805D3/706S2
ウーファー B&W DB2D/DB3D
AVアンプ DENON AVC-A110

Img_1314
まだご試聴されてない方は是非、この機会にご試聴ください!!

お好きな(お聞きになりたい)ソフト持ち込み大歓迎!!いつも聞いている映画・音楽で「AVC-A110」のクオリティをご確認頂きたいと思います。

マスク着用の上、ご参加ください!!!

2020年11月20日 (金)

【新宿本店】いよいよ明日から3日間「JVC」VS「SONY」4Kプロジェクター比較視聴会!

アバック新宿本店の菅原です。

3
いよいよ、明日から3日間(11/21~11/23)

JVC」VS「SONY」4Kプロジェクター比較視聴会が開催されます!!

1121 https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjyuku20201121

特に今回の目玉は、普段は同時比較出来ない「DLA-V9R」と「VPL-VW775」の一騎打ち!!

この3連休だけの特別な比較となります!!

しかも比較コンテンツに、あの次世代ゲーム機での比較もご覧頂けます!(土日のみ)

Img_1294
是非、当日はマスク着用の上、ご来店ください!!!

2020年11月16日 (月)

【新宿本店】11/21~23 「JVC」VS「SONY」プロジェクター比較視聴

アバック新宿本店の菅原です。

3
11月、いつもでしたら「ホームシアター大商談会」があるのですが、今年は新コロナの影響もあり開催は見合わせております。

そこで、別開催として「フリー視聴」のイベントをご用意致しました!

1121https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjyuku20201121

アバック新宿本店恒例のプロジェクター比較イベント!!

「JVC」VS「SONY」全面対決!!!!!!!!

①DLA-V9R 対 VPL-VW775
②DLA-V7 対 VPL-VW575
③DLA-V5 対 VPL-VW255

2面スクリーン同時投射にてJVCとSONYの4Kプロジェクターを徹底的に比較致します!!!

UHDソフトや4KBS、配信系の4K映像から、最新ゲーム映像まで様々なコンテンツで比較頂けます!!

週末、3連休はアバック新宿本店へお越しください!!

当日は、フリー試聴ですが、参加人数によっては制限させて頂きながら順番にご案内させて頂く可能性もございます。ご了承ください。

2020年11月15日 (日)

【新宿本店】JVC Vシリーズnewファームウェア「Theater Optimizer」始まりました!

こんにちは、新宿本店 桜庭です。

1306sakuraba

JVCのプロジェクターのVシリーズの新しいファームウェアがリリースされております。

JVCページより「USBメモリー」でファイルをダウンロードして、本体に差し、メニューで「ソフトウェアアップデート」を選ぶだけ!簡単にアップデート出来ます!

昨年は「FrameAdaptHDR」の追加がありましたが、今回は「Theater Optimizer」の追加がメインになります。

「FrameAdaptHDR」のように画質面に対してというより、使い勝手面の進化という感じです。

今回のアップデートでメニュー画面も少し変わりました。

Dsc_1454

「Theater Optimizer」の設定はこのような項目になります。

Dsc_1456

今までは100インチのユーザーも150インチのユーザーも明るさやコントラストの見え方はユーザーの調整次第というところでしたが、今回はスクリーン設定などをすることでどのユーザーも同じようなコントラスト感で楽しめる形になります。

実際に導入して、とりあえずの設定でなんとなく使っている場合も多いと思いますが、「Theater Optimizer」でメーカー推奨の最適な見え方に合わせてくれますので、安心して楽しみやすくなったと思います。

とくに、2Kソースや4K放送や4K HDR映像など、今までは信号によって都度映像のモードを合わせる必要がありましたが、ここの設定をすることで、信号の種類が切り替わったら自動的に切り替わるようになります。

Dsc_1455

ここの設定をしないと基本的には都度映像モードを切り替える必要がありますので、アップデートしたら設定も忘れずにsmile

お店の展示機のV5/V7/V9Rも全てアップデート済みで、いつでもご視聴可能ですのでご来店お待ちしております。

2020年11月 6日 (金)

【新宿本店】アバックBIGボーナスセール2020開催!

アバック新宿本店の菅原です。

3
11/7(土)より

年に一度の総決算! アバックBIGボーナスセール2020 開催致します!!!!

20201106_bana_big_3
詳しくはコチラ!

https://www.avac.co.jp/contents/topics/big-bonus2020

1105_page_02

2020年11月 2日 (月)

【新宿本店】今週末はマランツ「SR8015」試聴会です!!

アバック新宿本店の菅原です。

3
今週末の試聴会(フリー)をお知らせ致します。

11月7日(土)11:00~18:00(フリー試聴)

商品説明/デモ 13:00~/15:00~

Bar2_shinjuku_1030_275
【日時】11月7日(土) 11:00~18:00  商品説明 13:00~/15:00~
【定員】フリー試聴 ※参加人数により入場制限在り
【会場】アバック新宿本店 /プロジェクタールーム
【司会進行】Marantzスタッフ/アバックスタッフ

基本、フリー試聴ですが、13時からと15時からの2回、1時間ほどの商品説明とデモも行います。ご説明などお聞きになりたい方は13時か15時にお集まりください。但し、参加人数によっては制限を掛けさせて頂く可能性がございます。こういった時期ですのでご了承ください。

鳴らすスピーカーはB&W700シリーズ。以下ラインナップです。

フロントスピーカー B&W 703S2
センタースピーカー B&W HTM71S2
リアスピーカー B&W 706S2
ウーファー B&W DB2D
AVアンプ Marantz SR8015

皆様のご来店お待ちしております!!

2020年10月30日 (金)

【新宿本店】AVC-A110をPlatinumシリーズで鳴らす!は11/1まで!絶対に一度は聞いておいた方が良いです!

アバック新宿本店の菅原です。

3
只今、大人気のAVアンプ「AVC-A110」を色々なスピーカーで鳴らしてみよう!のイベント

Monitor Audio「Platinumシリーズ」マルチチャンネル試聴会

Bar2_shinjuku_1014_275
11/1(日)までとなっております!!

「Monitor Audio Platinumシリーズ」のマルチチャンネルをお聴きになりたい方は今週末新宿本店までご来店ください!!

Img_e1244
「AVC-A110」+「Monitor Audio Platinumシリーズ」の最強コンビを是非ご自身の耳でご体感ください。しかもダブルウーファー仕様!圧倒的な音圧と録音されている微細な音まで逃さない解像感をご堪能あれ!!!

そういえば・・・。

BDソフトを整理してたら、初期の「Dolby Atmos」ソフトが沢山出てきました。
最近はUHDの視聴ばかりでしたので、一時期死ぬほど聞いていた「Dolby Atmos」ソフトは懐かしくもあり、また今のAVアンプで聴いたら、そして「AVC-A110」で聴いたら当時とどう違うのだろう?

と疑問が沸き、片っ端に聞いてみました!!

Img_1269

結果。

ち・・・違う!!

確かに当時聞いていた「Dolby Atmos」は音の移動感が凄く新鮮でしたが、熟練されたAVアンプで聴くと同じソフトで、こうも違うのかっ!と唸ってしまう程、アトモス感が向上していました!

音の繋がりはさらに良くなり、トップスピーカーからの音の情報量も遥かに多くなっている!空間表現が物凄く向上しているのが分かります。

また、全ての音の解像感が上がった事により、今まで聞こえ難かった、もしくは聞こえなかった音までもが鮮明に聞こえるではないですか!

今までのソフトを全て聞き直したくなる程 衝撃的でした!もちろん「Dolby Atmos」ソフト以外でも、その効果は歴然!過去の全てのソフトを聞き直したくなってしまいます。

さぁ今週末は、自分の聞きたいソフトを持って新宿本店に集合し、そのお気に入りのソフトを最高のシステムで聞いてみてください!


高音質と大画面映像の祭典!! 秋の新製品! 大収穫祭 2020

Photo
10/31(土)までです!

お買い忘れはございませんか?

AVC-A110など・・・。

2020年10月23日 (金)

【新宿本店】ウーファー「KEF KF92」展示しました

アバック新宿本店の菅原です。

3
いまさらですが、ウーファー「KEF KF92」を展示しました!

Img_1261

Img_1256 操作は最近のアプリでは無くリアパネルタイプ。電源ボタンも全て後ろ。リモコンはありません。

Img_1257 サイドの写真:2つの23cm KEFドライバー。アルミニウム/紙のハイブリッドコーン、大型磁気回路、大口径ボイスコイルを搭載。

Img_1258
底にはゴムスパイク付き。フローリングでもカーペットでも、どこでもそのまま置けます。

小さめのボディの割には、パワフルでハイスピードな締まった低音が魅力です。

大体、6~10畳位のお部屋でしたら十分な低音をお楽しみ頂けるでしょう。

近い金額で良く比較されるウーファーが「ECLIPSE TD520SW」でしょう。
サイズ、スペックなど比較してみました。

 【KEF KF92】定価¥253,000
サイズ: W330 x H352.5 x D360.5mm
質量:20Kg
ドライブユニット:23cm×2
アンプ:1,000W クラスDアンプ(各ドライバーに 500w x2)

【ECLIPSE TD520SW】定価¥275,000
サイズ:W459×H420×D444mm
質量:37
Kg
ドライブユニット:20cm×2
アンプ:定格出力250W

大きさを比べると、如何に「KF92」がコンパクトか、わかります。

Img_1266 左:KF92 右:TD520SW

Img_1263 左:KF92 右:TD520SW(上から)

箱自体は小さいですが、ウーファーユニットは「23cm」と大きいです。

そう考えると、KEF KF92はコンパクトサイズながら大型のウーファーユニットと1000W(500W×2)の大容量アンプを積んだ最強コスパのウーファーなのです!!

いつでもご試聴頂けますので、是非ご来店ください!!

2020年10月19日 (月)

【新宿本店】marantz SR8015 展示スタート

アバック新宿本店の松本でございます。
個人的に大好きな秋の季節となってまいりましたね♪
Matsumoto1401
本日は、marantzの最高峰一体型AVアンプ【marantz SR8015】の展示スタートのご案内です♪

SR8015は、独立基板型の11chフルディスクリート・パワーアンプとHDAM搭載の13.2ch電流帰還型プリアンプを搭載しており、マランツの一体型AVアンプのラインアップにおいて最上位に位置付けられる製品となっております。
一体型AVアンプの課題である「映像回路とデジタルオーディオ回路から発生する高周波ノイズ」そして「一筐体に多チャンネルのオーディオ回路を内蔵することによるチャンネルセパレーションの悪化」に正面から取り組み、2chステレオ再生とマルチチャンネル再生、双方のクオリティをかつてないレベルにまで引き上げたSR8012の発売から3年、定評の高音質にさらに磨きをかけ、8K映像信号のパススルーやHDR、IMAX EnhancedやAuro-3Dなどのイマーシブオーディオ、そして新4K8K衛星放送のサラウンド音声が楽しめるMPEG-4 AACなどの最新機能を満載した新たな旗艦モデルとしてSR8015が誕生しました。

Img1
こちらがフロントパネルになります。
シンプルなフェイスで高級感がございます。
正面のパネルを開いた写真がこちらになります↓
Img2さすが上位モデルだけあって、正面にHDMI入力端子が装備されております。
以前のモデルにもあったのですが、HDMI OUTのボタンがパネル内部にありますので、テレビとプロジェクターの切り替えが簡単に行うことが可能となっております。
Img3
こちらが背面パネルになります。
全チャンネル同一のスクリュー式スピーカー端子を装備しており、スピーカーケーブルを確実に締め付けることが可能となっております。
DENON製品にもございました8K/60p、4K/120pにお対応するHDMI入出力端子を装備。
将来対応もバッチリです♪

現在、新宿本店の防音ルームでは”B&W 700シリーズ”でマルチチャンネルが組まれております。
実際に音を聴いた感想としましては、DENON製AVアンプの力感のある音に対して柔軟性のある聴いていて疲れない音が”marantz SR8015”でした。
広域特性の強いB&Wスピーカーが柔らかく聴きやすい音で音楽を聴くことができました。

ステレオ再生に特化した注目のAVアンプ”marantz SR8015”を聴きにご来店頂ければ幸いです。
ご試聴の際は、愛聴盤の持ち込みも可能となっておりますので、いつも聴いている音源にて”marantz SR8015”の音を聴いてみてください。
皆様のご来店お待ちしております♪

高音質と大画面映像の祭典!!
秋の新製品! 大収穫祭 2020

Photohttps://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

セール期間は9月12日(土)~10月31日(土)となっております。
2020年秋一押しの製品がセール限定の特典付きの特価にてお求め出来るセールとなっております。
セールページをご確認頂きまして、気になる製品などございましたらお気軽にアバック新宿本店へお問い合わせくださいませ。

■電話番号:03-5937-3150
■お問い合わせフォーム
https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjyuku_inquiry_02.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:domon@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



プロフィール新宿


  • アバック新宿本店
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿7-5-9
    ファーストリアルタワー新宿3F
    ☎:03(5937)3150
    営業時間:11:00~19:00
    火曜・水曜定休
    e-mail:shinjuku@avac.co.jp

    ・JR『 新宿駅』 西口より徒歩8分
    ・都営地下鉄 大江戸線 『新宿西口駅』D5出口より徒歩4分
    ・西武線『西部新宿駅』より徒歩5分