2019年4月20日 (土)

【新宿本店】GWはイベント盛り沢山!

アバック新宿本店の菅原です。

1
今年のゴールデンウィーク(GW)は10連休ですが、意外と旅行などの遠出しない方も多いとか。

そんな方へ、アバックへのご来店は如何でしょうか。

GW期間中、アバック全店で魅力的なイベントが盛り沢山ございます!

0412_k_banahttps://www.avac.co.jp/contents/topics/5568.html

新宿本店では、

開催期間: 4月27日(土)
場所/日程: ※要予約(定員15名)13:00~14:30
JVC『DLA-V9R』で見るUHDプレーヤー比較視聴
開催期間: 4月28日(日)~5月4日(土)
場所/日程: ※ご予約不要(11:00~20:00)
GW特別企画「まだ4Kじゃないの?」素晴らしき4Kプロジェクターの世界
開催期間: 4月27日(土)~5月6日(月)
場所/日程: ※ご予約不要(11:00~20:00)
ELAC VELA400シリーズマルチ試聴会

が、ございます。

是非、GWは、アバック新宿本店でイベントをご体感ください!!

また、お得なセールは4/30までとなっております!

Photo https://www.avac.co.jp/contents/topics/spring2019.html

GWまで1週間ございますので、GW中ホームシアター三昧する為の機材購入まだまだ間に合います!是非お得なセールをご活用ください!!

2019年4月19日 (金)

【新宿本店】音楽の友5月号もぜひご覧ください♪

こんにちはhappy01

新宿本店井出です

Ide1401

先月もご案内をさせて頂きました楽器用防音室をご検討中のお客様

ご覧になって頂きたい雑誌のご案内ですflair

■雑誌名:音楽の友 20195月号

■発売日:418日(木)

 

Img_9229_2

今月発売の「音楽の友 5月号」にも

防音室設計・施工の広告が掲載頂いておりますhappy01

Img_9230

ホームシアター用の防音室をご検討中のお客様、

楽器を演奏するための防音室をご検討中のお客様、

お気軽にお問合せ頂ければ幸いですsign01

今回の雑誌掲載に合わせて防音工事関係の価格もより

お客様に選びやすい形に生まれ変わりましたflair

これからは種別【防音工事】【内装工事】から

グレード・畳数を選択して、組み合わせることが可能となりました。

下の表が目安価格表になります

 

Photo_5

Photo_6

楽器をいつでも大音量で演奏したい、

調音された部屋で楽器本来の音を楽しみたい・・・

そんなご要望の場合は、

【防音】ハイエンド × 【内装】スペシャル

 

防音のコストは抑えるけど、

調音された部屋が欲しい・・・そんなご要望の場合は、

【防音】ベーシック × 【内装】スペシャル

お客様のご希望に合わせたカスタマイズ提案が、

より分かりやすくできるようになりましたshine

もちろんお客様だけのスペシャルなカスタム防音室

(【防音】PRO×【内装】PRO)のご依頼もお任せくださいpunch

ご依頼・ご相談はお気軽にアバック新宿本店迄ご連絡くださいsign03

 

【お問合せ先】

アバック新宿本店

160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-9 ファーストリアルタワー新宿 3F

TEL03-5937-3150

定休日:水曜日

営業時間:11002000

お問合せフォーム:https://www.avac.co.jp/contents/shinjyuku_inquiry_02.html

ホームページ:https://www.avac.co.jp/contents/shinjuku2.html

 

 

2019年4月14日 (日)

【新宿本店】既存のお部屋でチャレンジ!!ホームシアター相談会 in新宿本店を開催いたします!!

こんにちはhappy01

新宿本店井出です。

Ide1401

4月21(日)新宿本店にて

既存のお部屋でチャレンジ!!ホームシアター相談会 in新宿本店
これならできる!!既存のお部屋で大画面ホームシアター!!
を開催いたしますsun

1 今回はホームシアターの導入において新築/リフォーム以外の

「既存のお部屋」でのホームシアター構築のサポートができたらと考えております。

工事を必要としない設置方法やDIYでの設置工事のアドバイスもいたします。 
(補強・通線など)もちろんシアター専門の設置業者での工事も可能です。  

ご来店時はお部屋の寸法をお知らせください!(縦:横:天井高)

あきらめてませんか?例えば・・・・・
● 天井には補強(下地)がないと機材の天吊りはできないの?
● 埋め込みスピーカーは新築/リフォーム時にしかできない?
● 何本もあるケーブル、どうにか隠せないの?
● プロジェクターの投影距離が確保できない/天井吊りができない!
● 使用するスペース(お部屋)で機材や設置方法の選択がしたいけど何ができるかわからない!
● 正面にプロジェクターの設置ができない!

アバック新宿本店では、できるだけわかりやすい説明とご提案を致しますsign03

ご予約はこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjuku-20190421.html

ご予約心からお待ちしておりますhappy01

【新宿本店】ついに「ボヘミアン・ラプソディ」発売!視聴環境準備はよろしいですか?

アバック新宿本店の菅原です。

4
いよいよ国内発売の「ボヘミアン・ラプソディ」!!

一家に一枚!ホームシアターで最高に楽しめる映画の発売です!!

81g9hm57bel__sx425_
皆様、視聴環境の準備は宜しいでしょうか?

最高のクオリティで「ボヘミアン・ラプソディ」を体感するなら、やっぱりUHDソフトでしょう!
UHDソフトには「4K/Dolby Atmos」のハイクオリティな映像と音声が収録されています。

映像の「4K」は大画面なら必須!プレーヤーやプロジェクター側でのアップコンとは別次元の解像感、何よりBT2020の広色域、HDR効果などUHDの恩恵は大きいのです!

Img_1129 
立体感、実像感など是非映像は「4K」で見て頂きたい!

さらに音声は「Dolby Atmos」!!
残念ながらブルーレイにはアトモス収録はありませんので、やっぱりUHDがオススメ!

ライブシーンを体で感じたいなら「Dolby Atmos」必聴なのです。

特に、この映画のキモ、ラストの「ライブ・エイド」シーンはアトモスで聞いてこそ!
音の演出でシアタールームをウェンブリー・スタジアムへ!
掛け声や大合唱が部屋全体を巡り、まさに一緒に参加しているかのような臨場感を得られます!!

一緒に掛け声上げたくなります!

「デーーーーオ!!!」

さて、そんな「ボヘミアン・ラプソディ」を最高にホームシアターで楽しむ為に必要なのが

「4Kプロジェクター」「Dolby Atmos対応AVアンプ」「UHDプレーヤー」

「4KもAtmos」もいらないでしょ!というそこのアタナ!
まずは、一度新宿本店で体感してみてください!その違いやクオリティの高さを実感頂けるはずです!!

そして、やっぱり「ボヘミアン・ラプソディ」を最高の環境で見たい!と思って頂けたなら只今開催中のお得なセールをご利用ください!!


0228_k_bana_04

 リンク:https://www.avac.co.jp/contents/topics/spring2019.html

機材の選択に関しては、ぜひともスタッフへご相談ください。

最高の環境のホームシアターで「ボヘミアン・ラプソディ」を体感しようではありませんか!!

自宅にホームシアターは難しい!という方は、アバック座をご利用ください!!
Avacza201812 https://www.avac.co.jp/contents/avacza/

こちらでも映画館以上の迫力でお楽しみ頂けます!(ソフトはお持ち込みくださいね!)

2019年4月13日 (土)

【新宿本店】NEW 電動スクリーン「HTSC120-H2300」展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike_3 今までハイコストパ―フォーマスで好評いただいておりましたUNISONICのスクリーンが生産完了致しましたので新たにリビングシアターにマッチした電動スクリーンをご案内致します。

製品型番は「HTSC120-H2300」
新宿本店 防音シアタールーム「サウンデリア」でご視聴頂けます。

Dsc_0249_2  

【スペック】
サイズ(外形寸法mm):W2788×H105×D94.5
生地:マット系 4K/フルハイビジョン対応スクリーン
スクリーンゲイン:ピークゲイン0.95±10%・ハーフゲイン60度以上
ケースカラー:ホワイトのみ(光沢あり)
スクリーン上黒:630mm(最大)
左右/下部マスク:50mm
電源位置:左側
リモコン受光部位置:右側

Dsc_0252

Dsc_0250

--------------------------------------------------

一般的なホワイトマットの電動スクリーンと同様の仕様で安心です!!

電源は主要なスクリーンと同様に左側ですので別の製品からの変更もスムーズですし
プロジェクターのオーバースキャン設定を考慮した場合のサイドマスク幅50mmも余裕があります。
またL字の取付け金具が付属されていますので壁面への対応も可能です。

リモコンはメモリー方式ですので本体の調整なく簡単な作業で設定できます。

防音シアタールーム「サウンデリア」では

120インチと100インチスクリーンのサイズ感の違いを同じコンディションで比較体験ができるようになりました。非常にわかりやすくなっていると思います!!

Dsc_0253

いかがでしょうか??

ご来店をお待ち申し上げております。

2019年4月12日 (金)

【新宿本店】4月14日(日)新宿本店にて防音視聴体験相談会を開催いたします!!

こんにちはhappy01

新宿本店井出です

Ide1401

今週末の4月14日(日)新宿本店にて

「防音・調音の基礎」をテーマにした防音視聴体験相談会を

新宿本店にて開催いたしますsign03

1_2

当日は、数多くの防音ルームを設計・施工してきた株式会社シー・エス・シー 関口 が、

自身が設計した防音ショールーム【サウンデリア】にて

映画・音楽等のデモンストレーションを行いながら

実際の防音効果を体験していただきながらご説明いたしますflair

Ph_staff_06_2
一級建築士 関口 彰洋氏

ご新築やリフォームで防音ルーム導入をご検討されてますお客様up
防音ルーム設計のスペシャリスト「株式会社シー・エス・シー 関口 」が

4月14日(日) 新宿本店にて防音ルーム導入の際の

ご質問やご不明な点に詳しくお答えいたしますdash


当日は実際に防音ルームにて体験頂きながらのセミナー方式か

お打合せをしながらご質問にお答えするご相談方式の

どちらかをお選びいただけますflair

是非ご予約お待ちしておりますhappy01

https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjuku-20190414.html

2019年4月 8日 (月)

【新宿本店】DP-UB9000展示開始!& FYNE AUDIOデモ機!

こんにちは、AVAC新宿本店の桜庭です。

1306sakuraba

品薄が続いておりますパナソニックのDP-UB9000ですが、やっと展示機が入りましたhappy02

Dsc_1078

JVCとの連動した機能で専用設定にする事でよりHDRの階調を出せると話題のプレーヤーで、観てみたいという声も多い中、遂に展示開始ですhappy02

JVCとの組み合わせ時の設定等はメーカーやレビュー記事が出ておりますので、その辺りはそちらをご参照頂くとして、やはりHDRのコントラスト感をプロジェクターで再現するにはこういったやり方もありかなという感じです。

まだ稼働して僅かなのと、まだJVCとの設定等は試行錯誤中ですが、UB9000側で明るい部分の信号の階調を最適化し(階調割れや飛びをなくす)、JVC側で暗部側の階調を最適化するので、JVC単独では追い込み切れなかったところが良くなります。

気になるパイオニアUDP-LX800との違いですが、個人的な意見として解像感はLX800の方が上かな?という感じで、音質面もUB9000の方がちょっとドンシャリっぽい感じです。

階調という点は専用で最適化する分メリットは出るのですが、やっぱり10万以上の価格が違いますので、UB9000はパナソニックとしては最高峰なのですが、トータルバランスでLX800が簡単に負けるわけにはいかなかったですねcoldsweats01

でも、UB9000はネットの配信系コンテンツが観れますので、配信系を高画質/高音質で楽しみたいという事でしたら最高の1台でしょうlovely

UB9000とJVCの組み合わせでのご試聴はいつでも可能ですので、JVCとUB9000で購入をご検討されている方は是非ご覧ください。

もう一つ新しい製品で、Fyne AudioというメーカーのF500シリーズのスピーカーセットを4月末ぐらいまでの予定でお借りしております。

センターはF500C

Dsc_1076

Dsc_1075_2

フロントはF501

Dsc_1077_2 サラウンドはF500

の構成です。

プロジェクタールームでのセットになりますが、5.1.4ch環境でご試聴頂けます。

フロントはペア20万ぐらいでセンターとサラウンドを合わせても36万のセットですので、ミドルクラスの辺りのシステムの選択肢に新しい仲間が増えましたhappy01

タンノイのエンジニアが立ち上げたメーカーという事ですが、タンノイっぽい音では無く最近のワイドレンジ系のバランス良さと同軸ドライバーの定位の良さでコストパフォーマンスの高さはしっかり感じ取れると思います。

聴けませんか?というお問い合せも多かったFyneAudioの製品で、期間限定になりますがこの機会に是非どうぞ。

2019年4月 7日 (日)

【新宿本店】JVC vs SONY プロジェクター比較視聴レポート

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

昨日はJVC とSONY のプロジェクターの比較視聴イベントがございました。

Dsc_1099

前半はJVCのV5とSONYのVW255の比較で、後半は同じコンテンツでJVCのV7とSONYのVW555の比較を行いました。

Dsc_1080

昔はJVCの擬似4K vs SONYのネイティブ4Kという対決で、特にJVCの擬似4Kがどこまでネイティブに迫れるかという所が注目でもありましたが、ついにネイティブ4K対決がメインになりました。

V5とVW255の比較はネイティブ4Kとしてはそれぞれ一番下の価格なのですが、実際の販売価格では20万近い差がありますので、やや差があってもしょうがない違いはあります。

V7とVW555は販売価格で6,7万ぐらいの差なので、こちらはほぼ同価格帯なので比較としては本命かもしれません。

イベントで使用したコンテンツの映像で簡単にご案内していきますと

まずはV5 とVW255 で(左がV5で右がVW255)

255v5 BS4K放送の天球院の特集番組から

金箔を使った襖絵のシーンですが、右のVW255はちょっと色褪せた感じの印象がありますが、実際は保存状態がいいので、金箔の輝きがいかに再現できるかで左のV5の良さがわかりやすいです。

V7とVW555ですと、VW555がV5ぐらいの感じでV7が更に黄金という感じになります。他のコンテンツでも大体似たような傾向でVW555がV5と同じぐらいかちょっとV5の方が良いかなという感じです。

こちらもBS4K放送からで

555v7_sakura2 吉野の桜を特集した番組から

これはV7とVW555での画像です。(左がVW555 で、右がV7)

あまり濃い色や影が少ないシーンなので、淡い色などの描写力だとそれほど大きな差もありません。

UHDソフトのビデオソース系で「ロッキーマウンテンエクスプレス」から

555v7_rocky こちらもV7とVW555の比較時のものですが、微妙な階調を必要とする蒸気機関車の煙や影や濃い色の部分などV7のパネルコントラストが有利になります。

次は4Kプロジェクターイベントではたくさん使ってきた「レヴェナント」から

555v7_reve左がVW555で右がV7

この辺りのシーンは逆光の撮り方が多めのシーンで、HDRらしさが求められるところです。早い動きも少ないシーンなので解像度感などもわかりやすいです。

このソフトの再生はパナソニックのUB9000を使いましたが、パイオニアのLX800と比べるとHDR感やフォーカス感などLX800の方が鮮鋭な感じがします。

ラスト2つは最新作からで、まずは「アクアマン」から

255v5_aqua CGの多い作品ですが、ほぼCGの無い実写メインのシーンでV5(左)とVW255(右)の比較時から

発色の良さと中間階調など微妙な色の再現性の高さでV5の良さが実感できます。

最後は8Kカメラで撮影して4Kマスターの「モータルエンジン」から2つのシーンを使いました。画像は共にV5(左)とVW255(右)です。

255v5_mortal

255v5_mortal2

暗めのシーンでは暗部再現性自体はVW255よりV5の方が少し良いぐらいです。階調感はソニーの方が見えやすくしている感じです。

明るめのシーンの方は人物のアップで顔のシミやシワなどディテールをどこまでリアルに描けているかですが、共にネイティブ4Kなのでどちらも申し分のない4Kクオリティですhappy02

4Kのコンテンツも放送やパッケージソフトや配信系などどんどん高画質なものが出てきておりますので、やっぱりネイティブ4Kになってきましたね。

撮影の画像はあくまでも参考で、細かい違いまでは捉えれないので機会があれば実際に観た方が早いです。

JVCのV5/V7/V9R、SONYのVW255/555/855は常時展示しており、いつでもご覧頂けますのでご検討の際は是非ご来店お待ちしておりますhappy01

【新宿本店】Atmosイチオシ「スパイダーマン スパイダーバース」

アバック新宿本店の菅原です。

1
Dolby Atmos効果がバリバリ利きまくるソフトのご紹介。

「スパイダーマン スパイダーバース」北米版

91enrzewipl__sx466_
現在日本では劇場公開中ですが北米版が3/19発売しております。

CGアニメーションの作品らしく、サラウンドもアニメ同様派手なサラウンドデザインで、最近聞いた中ではダントツに良く出来た作品です。

特にトップスピーカーの使い方が秀逸で、「Dolby Atmos」はこうでなくっちゃ!と思わず唸ってしまう出来栄えでした。

Img_1121

この作品、映画館でも見たのですが内容も面白く予告と一部の映像を見ただけで敬遠している方には是非偏見を捨て見て頂きたいと思う作品です。(自分がそうだったので。実はUHD見てから映画見に行きました・・・)

さすが、第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞受賞作だけはありますね!

残念ながら劇場では「Dolby Atmos」で聞けなかったのですが、それでもサラウンド感はあり映像も凝っていて凄く楽しめます。(唯一イオンの幕張副都心がアトモスやってます、しかも吹き替え!)

でも、

やっぱり映画館のサラウンドより、何倍も「Dolby Atmos」の方が良い出来で是非、内容を映画館で確認し「Dolby Atmos」をホームシアターで聞いて頂きたいです!!

Img_1126

近年稀に見るアトモス効果バツグンの出来栄えで本当にオススメですよ!

もう1つオススメがあります。

「バンブルビー」北米版

913ujmygxml__sl1500_
こちらはサラウンドも映像もホームシアター大活躍の作品です。まぁ人気のトランスフォーマーの外伝的作品ですし、言われるまでもないですよね。

この作品を見ると前作の「最後の騎士団」から約2年、CGの進化は凄いなぁと思います。もうCG合成とは思えない程、完全に実写に溶け込んでいます。



【新宿本店】TRIODE TRV-A300XR(真空管アンプ)展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike_3

本日はTRIODE 真空管アンプ TRV-A300XRをご案内致します。

Dsc_0239

オーディオ機器を使用している中で一度は所有してみたいのが真空アンプではないでしょうか?


ソリッドステートで実現しない暖かみがあり密度の高いサウンドと真空管を交換する事で違う音色を楽しめる趣味性の高さも大きな魅力かもしれません。

Dsc_0241


天面にバイアス確認用のメーター、各調整ボリュームが装備されておりパワー管の交換までも簡単です!

Dsc_0242 

---------------------------------------------------


回路形式:A級シングル
使用真空管:300B×2本、12AX7×1本、12AU7×2本
バイアス方式:固定バイアス
定格出力:8W+8W(8Ω)
周波数特性:10Hz~50kHz (-3dB)
SN比:90dB
入力端子:MM1系統、LINE3系統
入力感度:700mV
入力インピーダンス:100kΩ
スピーカー出力端子:6Ω/8Ω
消費電力:120W
サイズ:横345×奥行320×高195mm
重量:17kg
付属品:リモコン、真空管ボンネット、電源ケーブル