« 【横浜店】SONY VPL-VW775。「深さ」を増したフラッグシップ機、展示開始しました!(2020.9.19情報追加) | メイン | 【横浜店】DENON AVC-A110、展示品到着しました!(2020.10.16更新) »

2020年9月21日 (月)

【横浜店】DENON AVC-A110、当店に頂いた質問に回答させて頂きます。

横浜店 渡邉です。

Kao

最初にご案内。

20200825bana_2

秋の新製品!大収穫祭2020は9月12日から開催中です!

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

では本題です!

本日は短めになります。
AVC-A110が発表されて二週間程経ちました。

Avc110all

【横浜店】DENON110周年記念モデル情報解禁!その1:AVC-A110です。(2020.9.9更新)

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2020/09/denon110avc-a11-84e9.html

また、弊社では国内先行試聴フェアも企画され、現在は新宿本店で試聴フェアを行っております。

Bar_denon_bana_0907横浜店の視聴フェアは想定される発売日の直前、10/16から18となります。

https://www.avac.co.jp/contents/topics/topics/denon-110-202009.html

なお、横浜店のAVC-A110フェア展示構成予定は

フロント:B&W702S2 Siginiture

センター:B&WHTM71D3

サラウンド:B&W705S2Signiture

サラウンドバックなんとB&W703S2

ハイトスピーカー:Piega AP1.2(S)

の7.1.4CH構成を予定しております。

2020.10.16更新:Youtubeをアップいたしました。


YouTube: 【アバック公式】vol.78~DENON AVC-A110比較試聴~#ホームシアター・オーディオのアバック

今回の内容はシステムとしてはフェアで使用するシステムと同じ物、機材の大まかなご案内と2ch再生とチャレンジとしてAuro3DのAuromaticを使った7.1.4CH疑似サラウンドを流しており、ベースモデルのAVC-X8500Hと比較しております。自分でも聞いてみましたがイヤホンやヘッドホンをお持ちになると差がでますので、試聴の際は準備をお勧めします。

すでに新宿本店では視聴会をさせて頂き、たくさんの方からのご商談をお受けしているとのお話も聞いております。

Avca110

【新宿本店】デノンAVC-A110先行試聴体験!

http://blog.avac.co.jp/shinjuku/2020/09/avc-a110-76da.html

新宿本店には視聴されたお客様からもご好評いただき、様々なご質問が届いているそうですが、実は横浜店にもご質問はいくつか届いており、ご質問内容にもある程度傾向が出ておりますので、本日は主なご質問にお答えしたいと思います。

1、昔の良いアンプからの切り替えを考えているんだけど、うまくいくかな?

Sclx90

Avca1xv

いわゆる「ド級アンプ」であるDENON AVC-A1XDやPIONEER SC-LX90などをお持ちのお客様から多かった質問です。
この辺りは「現在何を接続しているか」でだいぶ変わります。

概ねの流れとしては「出来る物」「代替出来る物」「諦めて頂くもの」の三つに分かれます。

以下は「出来る物」です。

HDMI……そのまま接続可能
DVI……DVIの内容(DVI-DまたはDVI-I)次第ですが、HDMIが併設されていればそちらに変更願います。但し、DVI-I接続の場合はアナログRGBになるケースがあります。
この場合変換が必要になりますが、映像と音が遅れるケースが多くありますので、あまりお勧めできません。

コンポーネント、D端子……D端子はコンポーネントに変換する事で接続可能。HDMI主力可能。
ビデオ出力……端子の数(4系統)の範囲内で使用可能。HDMI出力可能。
こちらは説明書からの転載ですが「ビデオコンバージョン機能」を使用します。

※クリックで拡大します。

Avca110jp_av_conv_1

コンポーネント、ビデオ端子に関してはアップコンバートやHDMIでの出力が可能です。

※クリックで拡大します。

Avca110jp_av_conv_2


ただ、あまりやり過ぎると音と映像が合わなくなってしまうケースやテレビやプロジェクターの対応解像度から外れるケースがありますので、基本的には「オート」8Kテレビなどで解像度が上がりすぎた場合は「1080p」にしておけば問題は無いかと思います。

光入力……OPTICAL、COAXIAL共に2系統まで
PHONO入力……MM1系統のみ可能。
ここまでは大丈夫です。

以下の端子は「代替が必要な物」「出来ない物」です。

接続が難しいか、代替の方法を検討する必要があります。

IEEE1394(i・Link)……端子なし、NG
BNC……端子なし、NG
S端子……端子なし、NG

となります。
代替の案としては素直にコンポーネントやビデオ端子に切り替えるという事になると思います。

実際のお話も含め、一番の難関はD-VHSやDVDレコーダーでデジタル放送のi-LINK・ハイビジョン録画ですが、これはDVD-RAMへの記録を行ってムーブする方法で同じPanasonic系の機材に移行するぐらいしか方法がなく、Web上では裏技がないわけでもないのですが、よほどのマニア(私も全部は理解できません)でもない限り上手くできません。
こちらについてはそのまま機材をお使いになるか、画質を落として接続する、故障時は諦めて頂くしかないと思います。

次にスピーカーの配置ですがSC-LX90の場合

Sllx90_b_small
ノーマルサラウンドでサラウンド2セットの場合は設置方法の変更を考える必要がありますが、通常の7ch、5.2CHバイアンプ、7.2chフロントバイアンプ、7.2ch+ZONE2、7.2ch+スピーカーBには対応可能です。

Avca1xv_back
AVC-A1XVの場合はそのまま7chで使用可能です。

なお、イマーシブサウンドへのステップアップは各種サラウンドフォーマットへの対応を勘案して私としては7chでフロントハイト+リアハイトの組み合わせをお勧めする形になります。

但し、配置自体はAuro3D 13chの方向でもない限り比較的柔軟性がありますので、この辺りはご相談を頂ければと考えております。

714speakerplacement
後はベースレイヤーのスピーカー次第ですが、今回のAVC-A110の場合は13chチャンネルになりますので、最終的なお勧めは最大7.1.4CH(フロントBi-Amp)または5.1.4CHのカスタムセッテイングでフロントLCRをBi-Ampにする組み合わせになるかと思います。

2、DENON AVC-X8500Hを買って使っているんだけど、AVC-A110に買い替えたほうがいい?そんなに違う?

Avcx8500h

此方については「出来ればお買い換えも考えて頂きたい」と言う回答をさせて頂きます。
AVC-X8500Hは発売当初「モンスターアンプ」と言われるほどの有り余るパワーで13CHの出力、4K対応を持ち「これ以上はない」「A1XVなどの後継」と言われており、事実、現時点でもその通りの性能を持っています。

ただ

AVC-A110は新宿店でのご商談状況をブログで拝見する限り「AVC-X8500H」を購入された方が下取りに出してでも買い替えを御希望になるケースが複数出ております。

Dsc_2346
以前書かせていただいた110周年のブログでは、実機を聞いたその日の内にAVC-X8500Hも聞いた上でコンテンツを書かせて頂きましたが、音の厚みや深みはブログでも「質量がある」と言う書き方をさせて頂いた通り、明らかに「別物」であり明らかに「ランク自体が上の商品」です。
今回のケースでは仮にAVC-X8500Hの下取をしても追加のご負担が多い事は重々承知しておりますが、こと「音」を追求した場合、価格差以上の「時間」をお楽しみいただけると思います。
また「次のモデルでこれ以上を出せるのか」と言う点もありますが、費用の制限を取って作られた記念商品と言う事もあり、新宿本店のブログで指摘された通り、確かに120周年モデル(その頃までAVアンプがどんな進化をしているのか分かりませんが)でもない限りここまで贅沢な事が出来るのか、ちょっと疑問ではあります。

ただ、少なくとも来年予定されている「AVC-X8500H」の基盤交換品ではこの「音」は出ないと思います。

3、Marantz AV8805とパワーアンプの組み合わせとどっちがいいですか?

Av8805こちらも難しい質問です。
MarantzのAV8805と今回のAVC-A110は確かに「音の深み」の追求で似通った部分はあると思います。
ただ、DENONの基本コンセプトは「中低音のしっかりした音」であり、Marantz系統の機種は「あくまでも2CHをベースにした響きの美しい音」です。
同じものではない以上、比較は難しいかと思います。
ただ「音程の問題はありますが同じレベルまで来ている」と言う印象はありますので、一度お聞きになって頂いてから一台にまとめるという御判断も正解かと思います。

後はパワーアンプのレベル次第かなと言う気もしますので……。

もちろん、AV8802や8801、8003などもっと前の世代の機種であれば十分「纏める」価値はあるかと思います。

Av8003_large_front_open

以上、簡単ですが回答させて頂きます。
設置に自信の無いお客様や既存の機材をお持ちのお客様は(AVC-A110は23Kg、重いです)実際の設置に工事部隊などを動かすケースも多いかと思いますので、まずはお近くの各店舗まで早目のご相談を頂ければ幸いです。

ご相談をお待ちしております。

さて、最後に当店へのご相談方法です。
大きく分けて
メール、お電話、お手紙・FAX、そしてオンラインの方法がございます。

その1、メール

Computer_email

まずメールですが、お近くの店舗はそれぞれ問い合わせ用のメールアドレスがございます。

横浜店の問い合わせはこちらから。
また、担当者指名のメールなどは店舗の紹介スタッフ紹介からそれぞれのアドレスにメールを入れて頂ければ対応いたします。

横浜店 スタッフ紹介はこちらから。

モバイルの場合公式アプリからのアクセスも便利です。

0310apr_bana

IOS、Andoroid両対応でございます。

AppstoreAPP STORE アバック公式アプリ

GoogleplayGoogle Play アバック公式アプリ

・新製品、特価品情報に中古品やアウトレットの入荷情報などの商品関係

・実際の施工事例となる「ホームシアター施工事例」
・各種イベント、フェア情報

・各店舗の案内

すべてこのアプリで行えます。

その2、オンライン会議

0508_online_page

お勧めのオンラインです。
こちらはzoomを使用したオンライン相談システムです。
無理なご来訪は無く、担当者と実際にお顔を合わせながら資料なども含めてご提示しながらお話する事が可能です。
個人的には資料をZoomで共有もできるのですが、モバイルデバイス同士でお話をさせて頂き、PCを横に置くとお部屋の状況を見せて頂くなど、お話がかなりスムーズに進みます。お勧めです。

オンライン相談はこちらのフォームから受付可能です。

その2、お電話・事前予約来訪

Telephone_oyaki

次にお電話については各店舗にご連絡下さい。また、横浜店ではご来訪についてはお客様同士が重ならないようにしており、基本的に事前予約が前提です。

マスクの無いお客様の来訪はお断りしております。

また、接客はドアを開放し、ソーシャルディスタンスを取った接客となっております。

それ故少し外の音が入りますが、ご容赦ください。
最近はご来訪の代わりに電話でのご相談も増えております。店舗定休日、お話し中の場合はメールなどの別手段をご検討頂くか、日程・時間をずらしてご連絡下さい。

横浜店の電話番号は045-228-9881となります。

その4、FAXなど

Faxお手紙・FAXについては「メールが苦手」「商品の価格を知りたい」などの場合に便利です。
受信後、情報の確認の上それぞれFAX返信やお電話のコールバックなどで対応させて頂きます。

横浜店 FAX番号は045-228-7283となります。

Zoomを用いたオンライン相談、特に物販(今回は設置も絡んでおりますが)に関しては北は稚内から南は八重山まで、地域に関係なく直接ご相談が出来ます。お会いできるのを楽しみにしております。

ご相談等、お待ちしております。