« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月26日 (木)

【HT横浜関内店】 JVC DLA-X990R DLA-X590R展示開始しました!(2017.11.12更新)

2017.11.12更新:DLA-X990R初回入荷が終了しております。
次回の入荷は、現在お申し込みの方は早ければ11月22日前後、その次は12月の入荷になるかと思います。

Bigbonasu_bana https://www.avac.co.jp/contents/big_bonus2017.html

Daikansyasai_bana https://www.avac.co.jp/contents/2773

年末セールも始まりましたので、早めのお問い合わせをお願いします。早め・早めです。

【HT横浜関内店】大事です!年末のお買い換え・設置工事日程に関して。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/10/post-73ac.html

HT横浜 渡邉です。

Kao

皆様お待たせいたしました!
JVC DLA-X990R DLA-X590R展示開始です。

Imag6363

 DLA-X990Rは・・・

Imag6370_2

リングが上品な金で、ヘアライン加工です。

一方、DLA-X5950Rは

Imag6405 本体がでリングがです。

レンズシャッターはなしでキャップになります。

990Rは先程サイズなども合わせました。ちょっとだけ絵を出します。

しかし、携帯のカメラではとてもこの絵を出し切れません・・・。

 スタートレック、よく使わせて頂くシーンです。背景の赤は日陰で鮮やかではないのに、赤が良く前に出ます。

前のブログと比較していただいてもよろしいかと思います。また、このシーン人が多く動くのですが、770Rに比べるとかなり動きが良くなっています。

Imag6374_3 

リファレンスとしてよく使用する「ダークナイト(BD)」です。サーチライトの明るさと護送車の黒、そして天井に書いてあるナンバーがこれでもかというぐらい白と黒を際立たせます。

Imag6381

これも良く使う「エグゾダス」の婚礼シーンです。絵画的表現のシーンですが、光と影がとてもJVCらしい色合いで綺麗です。Imag6383_2

 最後に「マリアンヌ」ですが、もともと解像度の高い映像でしたが、このシーンでは完全に立体に見えます。携帯のカメラではとても表現しきれないレベルです。このシーンも墜落した飛行機から引きでこの絵になるのですが、スーッと自然に動き、カクカク感を感じることがありません。

Imag6373_2_2  

また、どの映像にも共通で感じますが、動画の滑らかさも一緒になり「ザラザラ感」をほとんど感じません。パッと見リアル4Kです。これが静止画でもほとんど感じなくなっています。

今回の「DLA-X990R」について一言でいえば

「e-Shift、これ極まれり」

と言うのが率直な印象です。

e-Shiftは5まで進歩しました。

Eshift5_200

4Kコンテンツへの対応を拡充するためにアルゴリズムを一新し、検出範囲を2倍に増やし、横方向の分割をさらに増やすことによって精細感がさらに上がっています。

Dlax990r_x590r_img01_2そして4K対応「Clear Motion Drive」で動画補完技術も強化されました。

Clear_motion_drive

これらの組み合わせの結果・・・・。

率直に言って、もはやパッと見る限り4Kとの差は感じられません。ネイティブコントラストが良いことから絵にもよりますがリアル4Kよりもくっきり見えるシーンすらあります。動画も滑らかで、マニア向けのHDRチューニングの要素も備えています。まさに「これ極まれり」と言う印象です。

皆様がプロジェクターに求めるものは人によってそれぞれですが、今回、JVCは自社の特徴を最大限に生かしつつ、「極」とも言っていい熟成を進めてきました。

もし、プロジェクターに「色」と「黒の沈み込み」をお求めになるのであれば、今回のJVC新製品、特にDLA-X990Rが「一つの完成形」として断然お勧めです。

Dlax990r_2

そして、DLA-X590Rは実売価格でEH-TW8300+10万円で購入可能です。こちらはコントラスト比が990Rより落ちますが、逆に白のピークを生かして黒を目立たせるセッテイングとなっており、十分な映像を提供できます。

Dlax590rw

いよいよ今週末から実機をお試しいただけます。

今回のJVC新機種で、ソニーのハイエンドVPL-VW745以外の主要機種は揃ったことになります。

Vplvw745

気になるライバルは、お値段的にDLA-X990Rの対抗馬はVPL-VW535、DLA-X590Rの対抗馬はVPL-VW245となります。EPSONのEH-TW8300との比較も楽しみですね。

Imag6390

横浜関内店には全部展示がございます。

(EH-TW8300も展示がございます。)

先程セッティングも終わりました。メディア持込も可能です。

様子を見ていたお客様。準備はできました。

そして、今回は11/3にイベントも行います。Bar_1013_jvc_683 https://www.avac.co.jp/contents/2758

2017.11.02:キャンセルが1名出ました。お申し込み可能です。

なお、イベント後のフリー視聴は可能です。

おまけ:あ、こんなものも届きました。私の大好きな作品なので思わず・・・。4K-HDRだと暗さが強調され、ライトの表現や色幅が増えて絵がかなり違いますね。そして音声はDTS:Xで派手に鳴ります。こちらもご覧になれます。しかしヘイズ役のビル・パクストンさんは良い役者さんだったのに急逝はとても残念ですね・・・。

Applo134k_dtsx

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年10月20日 (金)

【HT横浜関内店】 SONY VPL-VW245 B&W 706S2MR 展示開始!

HT横浜 渡邉です。

年末モードに入ってまいりました。そろそろ気になる「年内」のお言葉。こちらもお読みください。

【HT横浜関内店】大事です!年末の買換・設置工事に関して。

年末の状況についてご説明させて頂いております。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/10/post-73ac.html

Kao今週はソニー様・B&W様から大物が届きました!

Bw706s2まずはお待たせしていたVPL-VW245です!

http://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VW245/

Vplvw245setup

早速設置。下は継続販売のVPL-VW535。

Vplvw245setyp2

外観は・・・・正面から見た写真ですが、アクセントが無くなっています。黒1色と言う感じです。

Vplvw245setup4
早速ライバル機となるEPSON EH-TW8300と比較してみました!

「スタートレック イントゥ ザ ダークネス」
冒頭の異星人のアップです。

こちらがVPL-VW245。

Vplvw245_1


こちらがEH-TW8300。

Ehtw8300_1

口の部分の拡大。

VPL-VW245

Vplvw245_2

EH-TW8300

Ehtw8300_2

リアル4Kのフォーカスの良さで差がでていて、且つ黒の出がずいぶんよい印象です。
この画質がEH-TW8300+10万円で入手可能というのは・・・。正直な感想として、この価格帯としては思った以上の差が出ます。

この後VPL-VW535とも比較をしたのですが、明るさをメインに押し出したVW535とはおそらくチューニング自体が変わっていますね。だいぶ違います。

Vplvw245setup5_2


また、外光を入れてテレビも映してみましたが、かなりメリハリを感じます。
コントラストにかなり気を使っているのか、表示に問題が無いです。
今日は雨と言う事もあり、通常はレースカーテン程度のの遮光で十分お昼にテレビを見られます。

そしてもう一つ。こちらもご期待の商品、B&W 706S2です。

http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/700_Series

こちらが梱包。

Vplvw245setup0

オーディオコーナーの設置を変えて・・・。

Imag6353

 
設置が終わりました。

外箱は全くCM5S2と同じ。

Cm5s2_706s2

ただ見た目、スコーカー・ツィーター黄色が変わったのが大きいですね。

スコーカーは800シリーズと素材を揃え、コンティニウム・コーンに代わっています。織布ベースですので、触ると柔らかい素材です。

700standing_mid

706s2_mid 

なお、ブックシェルフモデルはユニットを直接取り付けていますが、704S2以上のスタンディングタイプはシャーシによる取り付け(ユニットが直接ボックスに繋がっていない状態)になりますので、さらにクリアになります。

700mid_lowrange2

ツィーターも黒になりました。構造としてはアルミベースですがカーボンの蒸着コーティングがなされているので、正面から見ると色が黒っぽく見えます。

 

700hirange2

706s2_hi_2

今回は届いておりませんが、上位機種のウーファーについても「エアロフォイル・プロファイル」コーンを採用しており

700standing_low

ベースのスキンをカーボンファイバーからペーパーへ変更。間に挟む素材も800 D3やサブウーファーのDBシリーズの“シンタクティック・フォーム”からEPS(発泡スチロール)にコストダウンしています。

外観の印象は、ケブラーコーンの黄色が無くなり、CMシリーズより全体が落ち着いたことから、以前は黄色のポイントが絶妙な黒のほうがあっていたのですが、今回はローズウッドの色も落ち着いており、シックな気がします。

706s2mr

706s2mr_rear


まだ、ちょっとしか音を聞いていませんが、音については第一印象として見た目通りかなり締まった800シリーズのような音です。高音の伸びなど限界まではまだ鳴らしていません。

Photo_2

とりあえず「Nordost System Setup Disk」でエージングを開始します。

2017.10.21:1日エージングを掛けた所、低音が出てきました。解像度が素晴らしいですね。

低音はまだ出ると思います。

展示写真の通り、800シリーズとの比較が可能です。

セッティングは終わっていますので、どちらも視聴は可能です。
ご来訪をお待ちしています。

なお、703などは11月になるかと思います。

最後に、すでに告知されておりますがJVC DLA-X590/990はイベントを行う事になりました!

Bar_1013_jvc_683 https://www.avac.co.jp/contents/2758

すでに予約が入り始めており、満員までに時間もかからなそうです。今の所第2部の予定はございません。

ご予約はお早めにお願いします。

あ、前機種DLA-X770Rの展示品は嫁入り先を募集中です。当店の機材はラック内でしたので比較的綺麗な状態です。お値段も写真の通り。こちらもご連絡をお待ちしております。

Photo_3

毎度のことではありますが、VPL-VW245、B&W 706S2共に持込可ですので、出来るだけ事前にご連絡の上、ご来訪ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年10月13日 (金)

【HT横浜関内店】 DENON AVR-X6400H+Auro3D 準備出来。

HT横浜 渡邉です。

Kao

いよいよ明日・明後日は「DENON AVR-X6400H 発売記念・試聴フェア」開催です。

0912_bana

https://www.avac.co.jp/contents/avr-x6400h_event.html

先日、こんな荷物が届き

Imag6296
組立セッティングしておりました。

Imag6298
で、完成です。CabasseのスピーカーシステムにEOLE3をハイトにセットしております。

Imag6302
各ハイトスピーカーははガイダンスによると30°から47°までと言う事で30°にセットしてあります。

Imag6303


リアはポールの長さの限界から、この高さ。フロントより若干低くセットしてあります。

Imag6301

このショールームはDolbyatoms/DTS:X用にセッテイングされておりますので、自動音場調整を行い直しましたが、思ったより出力の差が出ない結果になりました。

早速デモディスクを鳴らしてみましたが、アトモス・DTS:Xが「上から」鳴ることに対してAuroは「前面」(面が肝です。)からなるような印象です。

ハイトだから当然かと思いましたが、リアは上から鳴るんですね・・・。
Auroはあくまでも前から後ろに包むような音作りです。

もう一つ。センターの音がスピーカーより明らかに上に回ります。これはアトモスではなかなか感じずらかった事です。何と言うかスクリーンの中心から音が出ている・・・・「サウンドスクリーン」のような音です。

音質はかなりクリアでアトモスの「音が浮いている」と言う状況から「指向性の音がぶつかってくる」と言う表現が適当でしょうか。このあたりはチャンネルで管理されている印象です。その分、スイートスポットが小さいかなと言う気もします。アトモスと比較する(DTS:Xは音で埋め尽くされます。)と、その空間全体と言うよりも「その人」にフォーカスしているような印象です。

当日はデモディスクだけでなく秋葉原からお借りした

「ゴーストバスターズ(日本版・US版」

Ghostbusters

「PIXEL(US版・ドイツ版)」(ATOMS・Auro比較可能)をご用意するだけでなく

Pixels_2

ウィーンフィルのNEW YEAR's CONCERTも2015年と2017年で比較できます。

(2017年はデモディスクの中になります。)

Newyear_2015

2015年は円熟(83歳)のズービン・メータ、2017年は新進気鋭(36歳!)グスターボ・ドゥダメルというまったく性格の異なる指揮者で演奏しています。比較できるのは「ラデツキー行進曲」になります。同じAuroでも指揮者が違うと全く変わってしまう事、そしてマルチチャンネル+映像ありの音楽をご体感ください。

So_is_my_love

また2LRecordから直輸入したEnsemble96 So in my loveをご用意しました。
再生中に
LPCM Stereo (24/192KHz)
DTS master Audio5.1ch(24/192KHz)
Dolbyatoms9.0ch(48KHz)
Auro3D 9.0(96kHz
への切り替えが可能です。

なお、日本の発売日は10月末予定と言う事で2Lより直接手に入れました。
声楽なのであまり差が感じない・・・と思っていたら音の伸びがかなり変わります。
こちらもご期待ください。

下取りアップ等、特典もございますので、週末の来訪をお待ちしております。
なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年10月 5日 (木)

【HT横浜関内店】大事です!年末のお買い換え・設置工事日程に関して。

2017.12・23追記:表記を現状に合わせています。JVC新機種視聴会のイベントを入れ替えました。こちらも大事なので・・・。特にVPL-VW500ESのお客様、DLA-X700R/500Rのお客様は下記のブログを参照の上、ご一読を。

【HT横浜関内店】<後編> プロジェクターの修理・寿命に関して

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/08/ht-91b4.html

HT横浜関内 渡邉です。

Kao

そろそろ始まる「年末商戦」。そしてこの時期に必ず問題になることが・・・

「年内にお願いしたいのですが。」

です。今回はこのお話。

この時期、新製品がいろいろと発表され、発売日待ちです。

大物としては

JVCの新機種 DLA-X990RDLA-X590R

Dlax990r

ソニーのレーザー光源VPL-VW745 お手頃VPL-VW245

Vplvw745

Vplvw245_w

 

B&W 700シリーズFocalなども

Bw700_mainシャープの8K、AQUOS 8K LC-70X500Lc70x500

Marantz SR8012

Sr8012

などは12月の発売です。

また、既に発表の終わっているAVアンプも

来週フェア予定のDENON AVR-X6400H/4400H

El_avrx6400h_4400hjp_bk_fr_cl

出来の良さが評判のヤマハ RX-A3070、正常進化のPIONEER SC-LX502

Yamaharxa_pioneer

などがあります。

このように新機種はいろいろと出てきますが、問題が一つ。

これらの機種のほとんどは買うだけではなく

設置工事の要素が関わってきます。

・プロジェクターの入れ替えにはプロジェクターの天吊り

・4K対応のスクリーンに架け替え

・大型液晶の設置・壁掛け

・アンプの買い替えでは組配・Atomsスピーカーの設置

(今年からはAuroのハイトスピーカーの設置もお考えの方がいらっしゃるかと思います。)

などなど・・・。

どれもサッとやってパッとつくものでもありません。

でも、ちょっとお考え下さい。

設置を行うのは新機種更新をお考えのお客様だけではありません。

ご新居でシアター構築を進めているお客様は

年内にお引越し・新居で新年!とお考えの方がたくさんいらっしゃるわけです。

一式設置の場合、基本的に1日、場合によっては2日かかることも間々あります。主にで・・・。そしてすでに動いております。

また輸入系の商品は納期がかかりますので、今頼んでも12月納品というケースも多いかと思います。特に大型スピーカー・大型テレビは搬入の問題があり、ピアノ運送等の業者様がかかわってきます。この状況も、年末にお引越しに絡んできます。

つまり、11月発売の商品で11月に申し込み・設置、12月の発売商品で12月に申し込み・設置ということは、日程次第ですが物理的にかなり難しくなりつつあるんです・・・。

もっとも

「VPL-VW745は値段が決まってないでしょ!」
「AQUOS 8Kはまだ実機を見ていない!」
「年末フェアまで待ってみます。」

というご意見、ごもっともかと思います。

実は、この辺りもかなり微妙な問題で、ギリギリに購入のご決断をしていただいても、Oppo UDP-205の様に「先に決めていただいた方に商品が回って物がない」ということも多くなります。厳しいお話ですが、ここは「早いもの順」になります。

そこで新機種をお考えのお客様にお願いです。

この時期、例年よりかなり早く年末の設置工事日程が埋まり始めています。
経験豊富な設置スタッフは代えがたい人材の問題になりますので、こればかりは如何ともしがたい状況です。

「年内に4Kプロジェクター!」「年末・年始はシアター三昧!」「孫と楽しもう!」

とお考えであれば、

とりあえず購入の御意志だけでも横浜関内店に伝えていただけますでしょうか。

まずは、設置日程の抑えに掛かります。
日程が決まれば「どこまでに何をしなければならないか」という逆算が可能になります。
また、機種更新・設置の場合、下見が必須になりますのでこの日程も可能な限り今月中に動く必要があります。

おおよその目安ですが、現時点からのお申込みでは基本的に平日工事の前提でお考え下さい。また、基本的にキャンセルは効かなくなりますので、その点はご容赦を。

また、先程の逆算に絡みますが、機材は輸入物でなければまだ年内に間に合うものも多いかと思います。逆に輸入商品はそろそろ年内納品がリミットになります。間に合わなければ可能な範囲で別機材のご提案をさせていただきます。
(特に代理店側が店舗からのオーダーのち発注を行うものはかなりシビアです。私共もご入金後でなければ動くことができません。)

あ、B&Wの800D3は現時点でギリギリです・・・。

800d3

そしてもう一つ、機材の買い替えの原因となる「機材故障」ですが

Pics14

機材が壊れてしまい、買い替えを・・・というケースもこの時期多くなります。これも早い判断が必要です。

普段使用していなければ、この時期に一度電源を入れ動作確認をしてください。

ちょっとでも「怪しいな?」と思ったら

メーカーサポートまで今のうちにご連絡していただき、点検・費用見積を頂いてください。

年末に機材が故障しても修理期間の問題から間に合わないケースが多くあります。

そして買い替えようと思っても取り付けが年内に間に合わないという最悪な問題を避けるためにも、早めのご判断をお願いいたします。

ギリギリになって「間に合わない!」というお話はお客様にとっては最悪ですし、私どもにとっても申し訳なく・最悪なものです。絵の映らないスクリーンほど空しいものもありません。

ご来訪・メール・お電話・FAXどの方法でも構いませんので、お早目のご相談をお待ちしております。

最後に、日頃ブログを見ていただいているお客様にもお願いです。

ご紹介したり、設置をしてあげたお知り合いの機材もこの時期に観てあげてください。

おかしい場合、お早目の連絡を!

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご連絡をお待ちしております。

2017年10月 4日 (水)

【HT横浜関内店】 JVC「DLA-X990R/DLA-X590R」日本最速試聴会(2017.10.8追記有)

2017.10.8追記:質問に回答させて頂きます。DLA-20LTDですが、写真でよくみられる朱色の入ったと言うわけではなく、コーポレートカラーの鮮やかな「レッド」です。朱色が入っているという感覚はありません。

大阪のお客様・名古屋のお客様はこの後JVC主催の視聴会がありますのでこちらをご参照ください。

http://www3.jvckenwood.com/projector/event/4k-opinion.html

もう一つ「現行機のDLA-X770R、DLA-X570Rは展示処分にならないの?」とのご質問ですが、処分を開始しております。が・・・・DLA-X570RWは昨日展示処分開始後20分でお嫁に行くことになりました。現在、DLA-X770Rのみ嫁入り先を募集しております。

【展示処分品】 JVC DLA-X770R 【03-10071】

http://www.avac.co.jp/used/products/detail.php?product_id=22077

よろしくお願い致します。

HT横浜 渡邉です。

Kao

JVC日本最速視聴会、本日開催いたしました!

Imag6239

Imag6249
ご来訪の皆様、お足元の悪い中、ご来訪ありがとうございました。

第1回・第2回共満席の中、イベントを催行させて頂きました。

写真を取る時間がありませんでしたので、文章だけで簡単に。

Imag6256_2

最初に試聴したDLA-X590Rについては

JVCの新機種の法則と言いますか、一つ上の新機種のような精細感でした。HDR映像では黒・白の使い方がとても巧く、「Planet EARTH2」「4K夜景など」通常のソフトでもJVCらしい発色のすばらしさと別機種との諧調表現の差が目立ちました。特に夕日のシーンなどは思ったより10Bitと12Bitの差が出ます。

91wqpcgdeyl_sl1500_
映像の作り方は570Rと同じで明るさをベースにコントラストを表現するという形になります。鮮やかさを目立たせるという表現の方が正しいかもしれません。

Imag6259

続いて990R。
750Rと比較すると明らかにピーク輝度の差が感じられました。
そして、200lmの明るさアップは諧調表現にも回したような印象です。(字が見にくいかもしれませんがマリアンヌの衣装の色だと思ってください。)E-Shift5と4K-MPCの効果は絶大で、「マリアンヌ」ではゆっくり動く絵の中で服の質感が良く出ており、カサブランカのシーンでは立体感を感じるほどの奥行きが実現していました。770Rは「黒ベースの立ち上げ」とよく表現していたのですが、今回は「より自然な、でも立体感を感じるほどの奥深い黒」と言うところでしょうか。

両機種とも4K-Clear Motion DRIVEがかなり効いており、4K60Pの「ビリー・リンの永遠の一日」でも動画のカクカク感はなく、スーっと動く印象です。
また、E-Shift5が静止画や動画のざらざら感をなくしており、よーく見ないとE-Shiftには見えないんじゃないかと思います。
また、インテリジェントレンズアパーチャーもかなり効いており、色の引き締めに貢献しているように思えます。750Rを見た時の「精細感がかなり上がったなあ」と言う印象が「もっと上がるんだ・・・。」と言う印象でした。

最後にご連絡です。
来訪の皆様、来場特典はご来場者だけの適用になります。
年末までですのでお早めに使ってください。
また、ご商談自体はスタートしておりますので、ご来場いただけなかった皆様もご連絡を頂ければ対応させて頂きます。

なお、機材そのものは定休日の関係もありますので、10/25前後に店舗に設置予定です。こちらについては設置ができ次第、こちらのブログで紹介させて頂きます。

DLA-20LTDについては・・・・まずはお問い合わせください。


なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。