« 【HT横浜関内店】 真空管アンプ「OCTAVE」システム展示! | メイン | 【HT横浜関内店】 VPL-VZ1000設置終わりました »

2017年5月12日 (金)

【HT横浜関内店】 SONY VPL-VZ1000 デビューフェア(2017.8.12更新)

2017.8.12更新:VPL-VZ1000スクリーンの問題、実機の投射写真を追加しています。

VPL-VZ1000のスクリーンについて

VPL-VZ1000については、ご要望を頂ければメーカーからサンプルをお借りできます。

この商品は、その性格上本体だけでなくスクリーンなども含めたシステムになります。

スクリーンについては、通常パネルタイプとさせて頂きますが、ロールスクリーンとして

業務用超短焦点スクリーンSZPシリーズのVPL-VZ1000用特殊モデル(120インチ可能です。)もご用意できます。

Os_szp_vplvz1000custom

https://jp.os-worldwide.com/products/osscreen/front/electric/szp.html

SZPについては当店は設置実績もございます。また、設置後映像写真もございます。

ご用命のお客様はアバック ホームシアター横浜関内店までお問い合わせください。

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

HT横浜 渡邉です。

Kao_2

いままでのプロジェクターは 「サイズが大きくなるほど投射距離がなくてはダメ」 という光学映写機であるが故、当然の問題がありました。

もちろん、大画面は大迫力の「シアター」を実現でき、この経験は代えがたいものがあります。

じゃ、狭い部屋では大画面は無理なの?

やっとこの問題に「ちゃんとした解決策」をご提示できます。

お待たせいたしました。

Vplvz1000

「ソニー4K超短焦点プロジェクター「VPL-VZ1000」デビューフェア」告知をを解禁させて頂きます。

https://www.avac.co.jp/contents/2520

日程:2017年5月20日()・21()11:00~19:00まで

(21日は17:00までとさせて頂きます。)

時間内は自由にご入場可能です。

場所:アバックホームシアター横浜関内店 

早速機能のご紹介。

VPL-VZ1000最大の特徴は投射距離です。

投射距離26cmで120インチ、投射距離16cmで100インチの実現が可能です。

Y_vz1000_style_size

今までプロジェクターが無理と判断された場所のほとんどの場所に設置が可能となります。

Vplvz1000host01_2

Vplvz1000host02

Vplvz1000host04_3 

100インチの液晶が800万円の現在、200万円台で120インチのスクリーンが実現可能となります。

SXRDリアル4Kパネル、光源にはZ-Phosphor(TM)レーザーを使用し、明るさは2500lm。寿命は20,000時間となります。 もちろんHDR10・HLGに対応しています。

Vplvz1000host05_2 

比較としては、明るさはVPL-VW500ESの1.5倍、ランプ寿命は実に10倍となります。

Vplvw500es_

実際に店舗で拝見した限り、短焦点の特徴として店舗のほとんどの場所に電気がついていても、スクリーンの周囲のみ暗くしておけば視聴に問題はありません。テレビの様な運用が可能になります。

Imag5265

そして「短焦点なんだから特殊スクリーンが必要ですよね。」とお考えのお客様。

Screen_other120

暗くした場合はもちろんですが、明るいところでテレビみたいにみられるというのどうも・・・。とお考えかと思います。

大丈夫です。抜かりありません。

当日はパネル型超短焦点用耐光スクリーン100インチをご用意します。

SCREEN INNOVATIONS(米国)スクリーン 取り扱い、販売開始のご案内

http://kikuchi-screen.co.jp/wpd/wp-content/uploads/2017/06/SI%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E6%83%85%E5%A0%B1.pdf

Vplvz1000withscreen

パネルゆえ固定スクリーンですが、横浜関内店のような日中、日が差し込む場所でも問題の少ない映像をご覧いただくことが可能です。

サンプルを見ると・・・。

角度によっては真っ白。

Imag5599

そして角度によっては真っ黒。

Imag5600

原理としては角度によって絵柄が変わるシールと同じなのですが、やはり不思議なスクリーンです。

VPL-VZ1000の持てる性能をフルに引き出す準備を整えております。

あ、もちろん、暗室では全く問題のない明るい画面が見られます。極小距離で2500lmです。

Imag5257_3

2017.8.12更新:実機はこんな絵が出ます。「マリアンヌ」に至ってはピクチャーポジションがないとはめ込みに見えるほどです。黒の沈み込みがすごいですね。

Img_5507_2

Img_6226

最後に

どうして「VPL-VW1200(仮)を出さないんだ!」とお考えのお客様。

Vplvw1100es

お気持ちはわかります。

今回のVZ1000は「プロジェクターの画質の追及」だけでなく 「プロジェクターの使い方」そのものを変える商品です。

今までプロジェクターをあきらめていたお客様サイネージへの使用・最高のホスピタリティー提供などプロジェクターの使用概念を変えることが目的の商品になります。ちょっと方向性が違うんですね。

実際、昼間でも大丈夫と言う条件まで加味すると、想定される使い方はかなり広く、手軽にショーウィンドウの壁面広告への使用やホテルのスイートルームへ120インチの大画面提供するなどの使い方も可能です。応用範囲がとても広くなります。

Vplvz1000host03

Vplvw5000es__2

(もちろん、ホームシアター用プロジェクター単体として4K・HDR対応、レーザー光源でVW5000程ではないですが、素晴らしい画質です。)

プロジェクターのすばらしさをご承知のお客様には、今までプロジェクターをあきらめていた方と是非一緒にご来訪頂ければと考えております。

購入のご相談は既に可能でございます。 VPL-VZ1000の詳細ページをお読みの上ご疑問点などありましたら連絡を頂ければ対応させて頂きます。設置相談なども承ります。当日はソニーの担当者も常駐しておりますので、個人・法人問わずご質問が可能です。

5月20日・21日のご来訪をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。