AVアンプ

2020年8月 8日 (土)

【新宿本店】待望の新製品”DENON AVC-X6700H”展示スタート!!!

アバック新宿本店の松本でございます。

Matsumoto1401
やっと関東も梅雨が明けて、ジメジメした天気から解放されました♪
これから猛暑になるようなので、エアコン風邪等引かないように皆さまご注意くださいませ。

本日は、待ちに待ったAVアンプの新製品が新宿本店で展示がスタートいたしました♪
そのモデルは、”DENON AVC-X6700H”になります。
前回ご紹介させて頂きました”DENON AVR-X4700H”の音の良さにもお届いていたのですが、今回の上位モデル”DENON AVC-X6700H”の音はさらに感動させてくれました!!!

Photo01

Photo02
こちらが本体の前面&背面写真になります。
13本分のスピーカー端子が圧巻・・・。
今回の”DENON AVC-X6700H”は、内蔵アンプは11chなんですが、外部パワーアンプを増設することにより13ch(7.2.6ch)のサラウンド環境を構築可能となっております。
(新宿本店での再生環境は5.1.4chとなっております。)

簡単に特長をご案内。

Audio – 最新オーディオフォーマットをサポート
●さらに音質を磨き上げた、最大出力250Wのモノリスコンストラクション・パワーアンプを11ch搭載●13.2chプロセッシング対応、13.2chプリアウト装備、新たにプリアンプモードを搭載
●Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、Auro-3D®、MPEG-4 AACに対応
●Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xに対応
●デノン AVサラウンド回路設計の中核技術「D.D.S.C.-HD32」

Video - 8K Ultra HD / HDR10+ / HDCP 2.3に対応
●8K / 60p、4K / 120p 対応 HDMI入出力
●映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision / HLG / BT.2020 / VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC)
●8Kアップスケーリング機能

Network – HEOSテクノロジー搭載
●幅広い音楽ストリーミングサービスに対応(Amazon Music HD / AWA / Spotify / SoundCloud)
●5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応(ミュージックサーバー& USBメモリー)
●インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)、Amazon Alexa音声コントロール対応

映像・音声ともに新たな機能を装備して進化しております。
機能だけでなく音も従来のモデルから進化しております。

音に関しての細かなレビューに関しましては、7月の試聴会の際のブログを参照くださいませ。

【レビューブログ】
【新宿本店】「AVC-X6700H」のクオリティアップが凄い!(イベント報告)

御注文・ご相談はお気軽に新宿本店迄♪
お待ちしております(^^♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~ 日本全国にAV(オーディオ・ビジュアル)の感動を・・・ ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:shinjuku@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020年7月23日 (木)

【新宿本店】”DENON AVR-X4700H” 新製品レビュー

Matsumoto1401
新宿本店 松本でございます。
ここ数日の気圧の変化で頭痛がひどい状態が続いております・・・。
早く梅雨が明けてカラッと晴れてほしいですね。

今回は、前回ご紹介をさせて頂きました新製品”DENON AVR-X4700H”のレビューになります。
まずは、設置環境からご案内させて頂きます。

本体は各種AVアンプで展示してあるラック内に設置されております。
シアタールームの外に設置されています。

Img3
試聴が可能なシアタールームは、新宿本店が誇る防音シアタールーム「サウンデリア」になります。
室内は下のような環境となっております。

Img1
接続されているシステムは下記になります。

■UHDプレーヤー:Pioneer UDP-LX500
■フロントスピーカー:B&W 803D3(B)
■センタースピーカー:B&W HTM1D3(B)
■サブウーファー:B&W DB2D(B)
■サラウンドスピーカー:B&W 804D3(B)
■フロントハイト:UNISONIC AHT-650IW
■サラウンドハイト:UNISONIC AHT-650IW

接続後にマイクによる音場測定を行い、数日間鳴らしてエイジングを行いまして、それから音のチェックを行いました。
上記スピーカーラインナップを見てオーバースペックと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、さすが新型だけあって言い感じで各スピーカーを鳴らしておりました。

セッティングとしましては、DENON製AVアンプの特徴でもある”Auro-3D”が聴けるようにフロント・サラウンドともにハイトスピーカーとなっております。

Auro3d_logo
今回試聴に使用したソフト1枚目は、ミュージカル映画の【グレイテスト・ショーマン】になります。

Img5 【グレイテスト・ショーマン】

使用したディスクはもちろん4K-UHD版になります。
音声はATMOSを選択して、AVアンプ側でAuro-3Dのモードで試聴いたしました。
使用したシーンは、ジェニー・リンドの初公演シーン。
多少、サブウーファーに低音部分は頼っている感は否めませんが、目隠しをして聴いたら上位モデルと間違ってしまうほどのクオリティに仕上がっておりました。
ジェニー・リンドの歌声の生々しさ、前モデルの「AVR-X4500H」とは違った艶感のある歌声に聴き入ってしまいました。

そして2枚目に試聴したのは、先日テレビでも放送された【レディ・プレイヤー1】になります。

Img6_2 【レディ・プレイヤー1】

個人的に自粛中にプラモデルにはまった影響から「俺はガンダムで行く」のシーンばかりを最近観ておりまして、あのシーンをよくチェックで使うようになってしまいました。
こちらは通常の”Dolby Atmos”で音をチェックいたしました。
アクション映画は、さすがDENON製品!!! キレのより低音とサラウンド感が素晴らしいですね。
以前のモデルに比べて細かい音の表現力などがアップしておりまして、他のソフトの再生したいという欲望に駆られてしましました(^^♪
最終的にはAuro-3Dでも同じシーンを再生して堪能してしましました。

最後は、2ch音源になります。
2ch音源に関しては色々と悩んだのですが、個人的に大ファンの水樹奈々さんの結婚された喜びと、ヴォーカルをメインで聴きたいという点から「絶対的幸福論」を試聴。
CDからリッピングしたFLACファイルを再生いたしました。
普通の2ch再生ではなく今回は、AVアンプの疑似サラウンド機能を比較してみました。

王道の「Dolby Surround」に関しては、広がり間の音場で優しい音場に包まれる感じでした。
「Neural:X」の場合は、全体的に厚みのある音で聴くことができました。
両サラウンド共に悪くはないのですが、ちょっと誇張しているなぁと感じていました。
そして最後に【Auro-3D】で試聴をしたところ、ヴォーカルが中心にビシッと定位して、目の前で歌っているのではないかと思うような素晴らしいサラウンドを聴くことができました。

もし、フロント2chを別のパワーアンプで強化したら・・・と考えただけでシステム提案が楽しくなってまいります♪
すでに入荷が始まった【DENON AVR-X4700H】!!!
これからホームシアターを始めようと検討中のお客様にはもちろん、AVアンプの買い替え等をご検討中のお客様にもお勧めできる素晴らしい製品となっております。
ご相談等はお気軽に新宿本店までお問い合わせ下さいませ(^^♪

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~ 日本全国にAV(オーディオ・ビジュアル)の感動を・・・ ~
■■■サマーダイナミック・セール 2020開催中!!■■■
 セール期間:2020年6月1日(月) ~ 7月31日(金)迄
 https://www.avac.co.jp/contents/topics/summer-sale2020.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:shinjuku@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020年7月16日 (木)

【新宿本店】新製品”DENON AVR-X4700H”の展示&出荷スタート!!!

アバック新宿本店の松本でございます。

Matsumoto1401
先日の流し込みイベントでも好評だった【DENON AVC-X6700H】の弟分のDENON AVR-X4700Hの展示品が新宿本店に入荷致しました!!!

Img1
こちらがフロントパネルになります。
外見的には旧モデルとは大きく変わっておりませんが、機能面ではかなりパワーアップしております。

主な特長は下記になります。

■さらに音質を磨き上げた、最大出力235Wのディスクリート・パワーアンプを9ch搭載
■11.2chプロセッシング対応、11.2chプリアウト装備、新たにプリアンプモードを搭載
■Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、Auro-3D®、MPEG-4 AACに対応
■Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xに対応
■デノン AVサラウンド回路設計の中核技術「D.D.S.C.-HD32」
■Video - 8K Ultra HD / HDR10+ / HDCP 2.3に対応
■8K / 60p、4K / 120p 対応 HDMI入出力(※制限あり HDMI7のみ、48Gbps対応ケーブル必要)
■映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision / HLG / BT.2020 / VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC)
■8Kアップスケーリング機能
■Network – HEOSテクノロジー搭載
■幅広い音楽ストリーミングサービスに対応(Amazon Music HD / AWA / Spotify / SoundCloud)
■5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応(ミュージックサーバー& USBメモリー)
■インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)、Amazon Alexa音声コントロール対応

Img2
背面写真になります。
11.2chプリアウト装備して、新たに搭載したプリアンプモードで音質アップも可能となっております。
内蔵アンプの柔軟なアンプアサインでお客様の環境に合わせたセッティングが可能となっております。
同社の【DENON PMA-2500NE】との組み合わせでフロント2chを強化したセッティング等も可能となっております。
細かい設定やセッティング等はお気軽に新宿本店までお問合せ下さいませ(^^)/

7月17日(金)からはB&W800シリーズとの組み合わせでご試聴可能となっております。
色々と大変なタイミングではございますが、アルコール消毒等徹底した新宿本店にご来店頂ければ幸いです。

新宿本店なのですが、総武線をご利用のお客様は大久保駅をご利用頂くと以外に近いんですよ。
さらに大久保駅から新宿本店に向かって歩く途中にはテレビ等でも紹介されている有名なカレー店がございます。
その名は【魯珈(ろか)】になります。

Img_1312
大久保駅から歩いて新宿本店に向かう時に丁度お店の前を通るんですよ。
午前中に専用のノートに記帳して、午後の決まった時間に来店するシステムになっています。
(某夢の国のファ○トパス的な感じ)
記帳さえできれば食べられる素晴らしいシステムとなっております♪

Img3
こちらは、「マトンカレー」と「チキンカレー」のダブルカレーになります。
個人的には色々あるメニューの中で、こちらのダブルカレーを選んでおります♪
限定カレーも凄く魅力的なのですが、今回は王道の2種類を攻めてみました。

新宿駅周辺は色々はテレビでも言われておりますので、大久保訪問から新宿本店にご来店頂ければ幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~ 日本全国にAV(オーディオ・ビジュアル)の感動を・・・ ~
■■■サマーダイナミック・セール 2020開催中!!■■■
 セール期間:2020年6月1日(月) ~ 7月31日(金)迄
 https://www.avac.co.jp/contents/topics/summer-sale2020.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:shinjuku@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【新宿本店】「AVC-X6700H」のクオリティアップが凄い!(イベント報告)

アバック新宿本店の菅原です。

3
7/11・12 新製品AVアンプ DENON「AVC-X6700H」のイベントがありました。

「AVC-X6700H」は「AVC-X6500H」の後継機にあたり、HDMIが8K対応になった「マイナーチェンジ」だと思っている方も多いようですが・・・・・。

Avcx6700h

いえいえ、「AVC-X6700H」は、マイナーチェンジではありません!!

HDMIが8K対応になっただけでは無く、中身もゴッソリ変わっています!!

以下、HPより抜粋。AVC-X6500Hから変更された箇所。

【最大出力250W 11ch モノリス・コンストラクション・パワーアンプ】

Avcx6700h_01
パワートランジスタにはフラッグシップモデルであるAVC-X8500Hと同様Hi-Fiアンプの設計思想を踏襲した大電流タイプのトランジスタ「Denon High Current Transistor (DHCT)」を採用。

【デノンAVサラウンド回路設計の中核技術「D.D.S.C.-HD32」】

Avcx6700h_02
32ビットプロセッシングを行う最上位バージョンを搭載し、ラウンド再生のために必要な信号処理回路を一つ一つのブロックに独立させ、32bitフローティングポイントDSPなど高性能な専用デバイスを用いてディスクリート化しています。

【最新世代の32bit対応D/Aコンバーター

Avcx6700h_03
AVC-X8500Hに搭載されているものと同シリーズのプレミアムDAC 最新世代の高音質32bitD/Aコンバーターを採用しています。

【パワーアンプの初段に高性能なデュアル・トランジスタを採用】

Avcx6700h_05
AVC-X8500Hと同様に、パワーアンプ初段の差動増幅段に特性のそろった2つのトランジスタを含む、デュアル・トランジスタを採用し、微小信号の表現力を高め、低域の安定感を向上させています。

これだけ中身が変われば、「AVC-X6500H」から音質がアップするのも当然!フラグシップ機「AVC-X8500H」に迫る勢いです!

そして、なにより今回の変更で衝撃だったのが、トップスピーカー6chが可能になった事!!

「AVC-X6500H」ではトップ4chまでだったのが内部パワーアンプのみでしたら「5.1.6ch」が可能で、2ch増え天井の情報量が一気にあがりました!この効果は新宿本店のシアタールームで使っていたAVアンプが「AVC-X6500H」だったので、今回のイベントで初めてトップを「4ch → 6ch」へアップ!その効果は絶大で天井の情報量が物凄く増えAtmos感が倍くらい良く成ったように感じました。

イベントでは、スピーカーに「B&W700シリーズ」を使い「5.1.6ch」でのデモを行いました。

Img_0924
【使用機材】

フロントスピーカー B&W 703S2
センタースピーカー B&W HTM71S2
リアスピーカー B&W 706S2
トップスピーカー Monitor Audio CP-CT150
ウーファー B&W DB3D

デモソフトは、UHD「ジョーカー」を使用。

71hlvtmis7l__ac_sx342__2
このソフト、現状発売されているUHDソフトの中でも1・2を争う程の高画質・高音質ディスクで、アバックではヘビーローテーションで再生しています。(もちろんシーンは選びますが・・・)

さらに、今回のAVC-X6700Hの音調整にもこのディスクが使われていたそうです。

試聴シーン(イベントで使った)は「ch9」。

冒頭、激しい雨が降るシーン。

トップスピーカーから激しい雨音と、フロントから重厚なサウンドトラックが部屋全体を覆います。大きな雨粒が分かりそうな程激しい雨をサラウンドで体感出来ます。これは、トップスピーカーの音の情報量が上がったのとトップ6chになった事による恩恵でしょう。

シーンは変わって部屋に入ると音場は一転し、大粒の雨音は消え、サウンドトラックと部屋の環境音のみ。音場の切り替わりの速さはDSPが新しくなった事によるものでしょう。

さらにシーンは進み、セリフと環境音のみの静かなシーンへ。

アパートの中の微細な環境音が綺麗にサラウンドし臨場感はバツグン。このシーンのサラウンドは映画「セブン」を思い出す。このシーンもS/N比が上がった事による恩恵だと思います。

そこからドーン!と重厚なサウンドトラックが全スピーカーから鳴り響き、ジョーカーの狂気性を表現しています。その音の厚みはまさに「DENONサウンド」!

当初、S/N比が上がった事により、解像感は上がっても音としては「大人しい音」になってしまい映画のサウンドが以前より弱くなってしまうんじゃないか と勝手な想像をしてしまいましたが、そんな事はありませんでした!いつものDENONサウンドがさらに強力になった感じです!

この「ジョーカー」、派手なシーンのサラウンドも良いですが、こういった静かなシーンでの微細なサラウンドの「何気なさ」が良いんですよね。あまりにもリアル過ぎて映画の中の音なのか、本当に近くで鳴っている音なのか分からなくなってしまいます。それ程のリアルさがあります。

今回は1つの例でしたが、

新製品「AVC-X6700H」は、間違いなく前機「AVC-X6500H」から大きくバージョンアップされたAVアンプです!よくぞ、あの小さな筐体に詰め込んだな!と思わず唸ってしまいます!

発売は8月中旬。

まだ各店では試聴会がありますので、お近くの方は是非ご参加ください。

20200709_bana_2

まずは、ご予約をお待ちしております。

メールやTELでお問い合わせください!今でしたらイベント特典でのご対応可能です!まずはご相談ください!!

TEL:03-5937-3150
メール:shinjuku@avac.co.jp

お問い合わせフォーム

本当に良い製品ですよ!!

2020年7月 6日 (月)

【新宿本店】(追記あり)DENON新製品AVアンプ「AVC-X6700H」 フリー試聴会

アバック新宿本店の菅原です。

3
先日、発表されましたDENONのAVアンプの新製品「AVC-X6700H」の試聴会を日本最速で開催致します!

Avcx6700h

DENON newAVアンプ最速試聴!

【日時】7月11日(土)~12日(日) 11:00~18:00
【定員】フリー試聴
【会場】アバック新宿本店
【司会進行】DENONスタッフ/アバックスタッフ

今回のイベントは、新コロナ感染の予防の為、フリー試聴とし、部屋に入れる人数を制限したいと思います。

その為、同じ時間に集まった参加人数によっては、試聴頂ける時間、人数を制限させて頂く可能性がございます事、ご了承頂ければと思います。

また、13時から15時位が一番来店が集中する時間ですので、早めのご来店や集中する時間をさけて頂いた方がスムーズにご試聴頂けますので、ご協力お願い致します。

ちなみに、同時発表された「AVR-X4700H」は、通常展示として早ければ7/18には試聴可能になると思います。(あくまで早ければ・・・ですが)7/11・12はご試聴は出来ません。

※ 追記

本日、7/10(金)イベント準備の為、試聴しました!!

なるほど!フラグシップモデル「AVC-X8500H」に搭載されている 32bitDSP「SHARCプロセッサー」2基と「32bitD/Aコンバーター」シリーズの採用は試聴して直ぐに分かる程音質がアップしていました!S/Nが上がり「AVC-X6500H」とは、まるで別物です!これは聞いて頂く価値は十分にありますし、是非聞いて頂きたい!!このアンプで聴く「ジョーカー」は鳥肌物ですよ!!

Img_0924
7/11(土)のみDENONスタッフの方の説明がございます。お聞き頂けるのは7/12までとなっております。

2020年7月 4日 (土)

【新宿本店】DENON NEW AVアンプ : AVR-X4700H / AVC-X6700H 発売決定

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike

今回ご紹介いたします製品は昨日、7/3に発表になりましたDENON NEW AVアンプ : AVR-X4700H / AVC-X6700H です。各社の新製品の発売が待たれる中、先駆けのプレスリリースとなりました!!製品型番は6600・4600をではなく・・・定価ベースでは1万円高くなっておりコスト分の音質に期待です。

https://www.denon.jp/ja-jp/news/2020/20005

(DENONページ)

AVR-X4700H 定価180,000円(税抜価格)7月下旬 発売

2_el_avr_x4700h_jp_left  ---------------------------------------------------------

AVC-X6700H 定価330,000円(税抜価格)8月下旬 発売

2_el_avc_x6700h_jp_left_3 デザイン的には大きな変更は無い様子ですが最も注目されるのは「8K / 60p、4K / 120p 対応 HDMI入出力」「著作権保護技術「HDCP 2.3」に対応」「 HDR10+に対応」の部分です。チャンネル数に変更はない様子です。

アンプの基本性能として気になるのは、実際の音質改善となりますが展示品が入荷致しましたら是非、ご試聴にて体験頂ければと存じます。ご予約もお待ち申し上げております。

 

20200520_bana_2https://www.avac.co.jp/contents/topics/summer-sale2020.html

 

 

2020年4月 5日 (日)

【新宿本店】ホームシアター施工例のご案内

色々と大変な時期ではございますが、こんな時だからこそ家の中で映画や音楽を楽しんで頂きたいと考えている新宿本店の松本でございます。

Matsumoto1401_2

本日は、超単焦点プロジェクターを天井に設置した、かなり面白いホームシアター施工例のご紹介になります!!

マイホームシアター414
 120インチ 4.1.2ch 2WAY ATMOSシアター

【機材リスト】
プロジェクター:FENGMI TECHNOLOGY/4K Cinema(施主様所有)
スクリーン:Elite Screens/TE120HW2 cinetension2(施主様所有)
AVアンプ:DENON/AVR-X2600H
ゲーム機:Nintendo/Switch
フロントスピーカー:UNISONIC/AHT-525IW
トップミドルスピーカー:UNISONIC/AHT-525IW
サラウンド:UNISONIC/AGT-525IW
サブウーハー:UNISONIC/AHT-80S2

Img1
今回は、G様が使用されていた中国製の超単焦点プロジェクター”FENGMI TECHNOLOGY/4K Cinema”を天井に設置してホームシアターを楽しみたいとのご依頼からスタートしたホームシアターになります。
超単焦点プロジェクターは天吊りは難しいという既成観念があったのですが、設定を確認したところ天吊りができるという事が分かり、特注の天吊り金具を用意して設置いたしました。

Img2
現在は、すでにお客様が用意されていた電動スクリーン”Elite Screens/TE120HW2 cinetension2”が天井に取り付けてあります。
今後、サイス変更等が出来るようにプロジェクターの位置が変えられるレールを用意いたしました。
こういった特殊工事はさすがプロ集団”株式会社シー・エス・シー”といったところです。

スクリーンが収納されているBOXも、株式会社シー・エス・シーの設計士 関口氏に造作して頂きました。
デザイン・壁紙の選定等、さすがです!!

Img3
こちらはスクリーンを巻き上げた状態になります。
ギリギリまでスクリーンを壁に近づけたので、テレビは超薄型の金具を用いて壁掛けされています。

今回は、プロジェクターに搭載されているネット動画をメインでご覧になられる為、プロジェクターのARC(オーディオ・リターン・チャンネル)機能を用いて動画の音をAVアンプから出力させております。
テレビの音声に関しては、AVアンプから出力する必要はないとのことでしたので、通常の2WAYシアターとは少し違った接続・設定となっております。

Img4
スピーカーは、センタースピーカーの位置にプロジェクターがある為、センターレスでの4.1.2ch構成となっております。
床面にはスピーカー等を置きたくないとの要望がございましたので、ウーファー以外は全て埋込スピーカーとなっております。
既存のマンションのリビングという事もあり、エアコンの位置などを考慮しながらスピーカーの位置を設定いたしました。

お客様が希望されていたホームシアターのイメージを上回るレベルでの超単焦点プロジェクターシアターを造ることが出来ました。

ホームシアターをご検討中のお客様、数多くの施工実績を持つアバック新宿本店にお任せください。
お気軽にご相談下さいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

2020年3月30日 (月)

【新宿本店】 AVアンプをアップグレード! 

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike

今回は、サラウンドシステムにおけるフロントチャンネルのアップグレード方法に関しましてご案内いたします。

通常の「AVアンプ」と「2chアンプ」では再生クオリティーに大きな差があります。

音楽が趣味で2ch再生で楽しまれる時間が多い方は「AVアンプ」の2ch再生に関してクオリティーに限界を感じている??かもしれません。

そこで

AVアンプのフロントチャンネルのみを外部アンプで再生させる方法をご案内いたします。

両種のアンプ内部におけるフロントチャンネルのパワーアンプ部は以下の図のようなイメージです。

スピーカーを駆動させるパーツ類に差が出てきます。特にユニットの大きい(多い)大型スピーカーではこのエンジンとされる部分の品質次第でリアリティーや表現力に差が出ます。またAVアンプには様々な機能を実現する為の映像回路やデジタル回路他がオーディオ信号に影響を及ぼします。

(映像機器の「ピュアモード」などは、これを可能な限り回避する機能です)

_01

 

上記の接続では2chアンプのプリ部(ボリューム等)をパスしAVアンプのボリュームでフロントチャンネルを含めた全てのチャンネルの音量が可変します。

2chアンプに「パワーダイレクト」のような切り替え機能が必要となりますが対応している商品も多くあります。これによってフロントスピーカーの再生クオリティーは上がり、またサラウンド再生時にもフロントチャンネルはピュアオーディオグレードでのドライブを可能にするアドバンテージを得る事ができます。

 

Off_01_6 「パワーダイレクト」をOFFにした上記の接続では高音質なプレーヤーのオーディオ信号を2chアンプに直接入力する事によりピュアオーディオシステムとして完結します(AVアンプの信号は遮断)

一つのサラウンドシステムで「ピュアオーディオ」を共存させる方法となりますので楽しみの幅を広げてみてはいかがでしょうか?

新宿本店では、こちらの比較試聴コーナーで「AVアンプ」と「2chアンプ」の再生イメージを確認できます。

Shop_img4 https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjyuku_shop_02.html#avamp

オーディオのセールも開催中です。

「春は音の祭典 スプリングサウンド・セール!!」

0220_bana_2

https://www.avac.co.jp/contents/topics/spring-sale2020.html

是非、ご試聴頂きグレードアップのご相談をお待ち申し上げております。 

2019年11月10日 (日)

【新宿本店】BIGボーナスセールでのオススメの商品をご紹介

アバック新宿本店の菅原です。

5_3

只今、絶賛開催中の「BIGボーナスセール」のオススメ商品をご案内致します。

Big_bana2

今回は『AVアンプ』です。

今、AVアンプは「DENON」「YAMAHA」の2強時代。

その中でもオススメなのが「DENON/AVC-X6500H」。中級機ながらDENONならではのパワー感は、サイズ以上のクオリティ。

El_avc_x6500h_jp_right_0904 「Dolby Atmos」「DTS:X」「Auro-3D」「IMAX Enhanced」と現状ある全てのサラウンドに対応しているのもDENONの強みです。

特に「Auro-3D」は対応ソフトは少ないもののアップミックスが優秀なので、2ch~5.1ch、7.1chのソフトに最適です!!今あるライブラリィが生きてきます。

AVアンプの進化も年々良くなっておりますので、Dolby Atmos初期のAVアンプと今季モデルでは同じソフトでもサラウンド感が全然違います!是非買い替えをご検討ください!!

UHDプレーヤーでは「Pioneer/UDP-LX800」をお薦めいたします!

Construction_img04
HDMIの高品位再生を実現する「トランスポート機能」※が優秀で、UHDソフトの情報を余すところ無く再現。間違いなくトップクラスのUHDプレーヤーでしょう。この機種で初めてアナログ接続よりHDMI接続の方が音の厚みがあってクオリティが高い!と思いました。

高品質なシアターを楽しむなら必需品でしょう!!

※HDMI接続時に、トランスへの電源供給をカットし、電源から出力までアナログ音声回路を完全にオフ。

2019年10月 8日 (火)

【新宿本店】最新サラウンド検証イベント開催!

アバック新宿本店の菅原です。

4
10/14(祝)開催のイベント告知です。

Bar2_shinjuku_1008_275_02

ホームシアター導入をお考えの方へ!最新サラウンドを徹底検証!
「最新サラウンドは凄そうだけど、スピーカーそんなに必要?」

【日時】10月14日(月・祝)13:00~14:30 
【定員】定員12名(事前予約制)
【会場】新宿本店シアター2(プロジェクタールーム)
【司会進行】アバックスタッフ/D&Mスタッフ

今回のアバック新宿本店のイベントは「これからホームシアターを構築される方」や
「久々にホームシアターを再開される方」向けで、最新サラウンド事情と、その効果について
ご体感頂こうという企画です。

ホームシアターを最新サラウンドにしたいけど、設置方法がわからないなどお悩み解決致します!

「Dolby Atmos」「DTS:X」など最新サラウンドを思う存分にお楽しみください!

今回デモするソフトは「UHDソフト」だけでなく、放送やNET配信など様々なコンテンツで試してみたいと思います。

Dolby1_s

予約はコチラから!

皆様のご参加お待ちしております!!

プロフィール新宿


  • アバック新宿本店
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿7-5-9
    ファーストリアルタワー新宿3F
    ☎:03(5937)3150
    営業時間:11:00~19:00
    火曜・水曜定休
    e-mail:shinjuku@avac.co.jp

    ・JR『 新宿駅』 西口より徒歩8分
    ・都営地下鉄 大江戸線 『新宿西口駅』D5出口より徒歩4分
    ・西武線『西部新宿駅』より徒歩5分