« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

秋葉原近辺 うまい!つけめん屋 

こんばんわ、菅原です。うっとおしい雨が続いてイヤですね。

そんな雨気分を吹っ飛ばす?今回は秋葉原本店に来店された後に是非寄ってほしい「おいしいつけ麺屋」を紹介したいと思います。

多分、ご存知の方も多いと思いますが・・・

つけめん専門店「一歩」です!!週2で通ってマス!!

名前のとおり「つけめん」専門店なのです。(一部ラーメンもありますが・・・)

オススメは・・・もちろんつけ麺です!!(当たり前ですね)

Rimg0001
(スープの中に角切りチャーシュー、極太メンマがごっそり入っています)

魚介系のスープに超極太麺!!

スープはつけ麺によくある濃い味付けではなく、むしろ最後まで飽きずに楽しめます。

麺はもちもちの太麺で食べ応えアリ。(大盛りだとカナリの量です)

味は、しょうゆ?、味噌、辛味噌の3種類。麺は並、大盛りともに同じ値段です。

場所は秋葉原本店からですと、お店を右に出て蔵前橋通りを渡って左。中央通り手前にあります。徒歩5分程です。

是非、アバック秋葉原本店お越しの際はお立ち寄りください!

本日最終日!! 特価!!アバック秋葉原本店スタッフが選ぶお奨めセットセール

最近ジェダイ評議会のメンバーになった渡部です。

好評いただいております「特価!!アバック秋葉原本店スタッフが選ぶお奨めセット」セールが、本日最終日になります。

Top

http://www.avac.co.jp/2009_08_akiba/2009_08akiba.html

中には売り切れになってる物もありますが、まだ残ってますのでどしどしお問い合わせ下さい。

スタッフそれぞれの個性が出た、いつもとは一味違うセットを提案しております。

Paragon MID mk2

こんにちはhappy01川瀬です。先日の休みに保田漁協直営の『ばんや』に行ってきました。平日にもかかわらずかなりの賑わいぶり、雑多な雰囲気の中・・・新鮮なお魚を堪能してきました。delicious

また、今日の関東地方は台風接近で足元びしょびしょ大変です。bearing

さて、今日の中古フロアはnote

P1360050

ミュンシュ、パリ管の幻想交響曲です・・・・が、この曲のスケール感とダイナミックレンジ、情報量を整理して思うように再生しようとするとなかなかハードルが高そうです。(※意見には個人差があります。)

P1420050

今日の中古品紹介はParagon MID mk2 です。Paragonのダウンサイジング版ですが造りも凝っていて、なかなか面白く個性的な存在です。肩肘を張らずに音楽を楽しく聴かせてくれる存在です。

では、また。

2009年8月30日 (日)

期間限定でALLION 最新パワーアンプSー200が聴けます!

みなさんこんにちはアバックの福田です。

今話題のALLIONの最新パワーアンプS-200を来週の日曜日まで借りました。ジェフローランドのシナジーとの組み合わせでGraudioで鳴らしてますので、ご興味のある方は是非この機会に聴きに来て下さい。

145_2

144

SONYの新ブルーレイレコーダー「BDZ-EX200」発表!!

最近「しょこたんブログ」に対抗意識を燃やしている渡部です。

SONYの新ブルーレイレコーダー「BDZ-EX200」が発表されました。といっても4日位経ちますが...

Bdzex200_01_2

パナソニックがDMR-BW970で、「シアターモード」というHDDとチューナーを停止し、冷却ファンを低回転にするモードで、高音質化の提案をしてきたのに対し、ソニーは「HDMI AV独立ピュア出力」モードという、映像と音声を分けてHDMI出力する方法で対抗してきました。

ソニーの方式は、高級ブルーレイプレーヤーと同じ方式ですので、正攻法と言えます。BDP-S5000ESでもSBM(Super Bit Mapping)をOFFにすると、音質が向上しますので、音声を分けて出力すれば、音質向上がかなり期待できます。

高画質化技術では「CREAS 2 plus」が注目でしょう。

plusはBDZ-EX200のみに搭載され、「スムージング機能」「アニメ・CGリマスター」「クロマアップサンプリングフィルタ」の3つがCREAS2との違いです。

「スムージング機能」は幅広い範囲の擬似輪郭を除去し、「アニメ・CGリマスター」はモスキートノイズを低減し、アニメ放送をパッケージングソフトのクオリティーに引き上げるそうです。「クロマアップサンプリングフィルタ」は赤などに出やすいクロマサンプリングエラーの低減に効果があるので、レートの低い地デジ放送等に効果が期待できます。

個人的にはBD-JAVAを使った「思い出ディスクダビング」に興味があります。どの程度のクオリティーのディスクが作製できるのか楽しみです。一時期東芝のRDシリーズを使って手の込んだオリジナルディスクを作るのにはまりましたが、BD-JAVAを使えばもっと本格的なオリジナルディスクが作れそう。

Bd_func_043

11月上旬発売予定と少し先になりますが、これだけ充実した内容だと、DMR-BW970との対決イベントなんかも面白いかもしれません。

2009年8月29日 (土)

パナソニック新ディーガDMR-BW970をプレインプレッション後編

引き続き渡部が担当します。

後編はいよいよ音質インプレッションです。

皆さんが興味あるのは、「シアターモード」だと思いますので、早速レビューしてみたいと思います。視聴機材はTXNA807とボストンアコースティックのVSシリーズです。

まずは「シアターモード切」で視聴。ソフトはお馴染み「レジェンズ・オブ・ジャズ」より、クリス・ボッティの「マイファニーヴァレンタイン」。

7_1

HDMI低クロックジッタシステムのおかげか、「シアターモード切」でも、空間に広がる音の余韻が綺麗で、十分鑑賞に耐えるレベルです。期待を込めてスタートメニューより「シアターモード」を“入”にしてみます。

134

こうしてディスクを再生すると、このようなメッセージが出ますので、

135

「はい」を選ぶと、「シアターモード」が起動します。ちなみに「いいえ」にすると再生出来ません。

うーん、劇的な変化はありませんが、確かに静寂感が増して、音の明瞭度と定位感が向上する感じがします。高級プレーヤーに一歩近づいたかな?

続いて個人的には興味のある「真空管サウンドモード」を試してみます。こちらはリニアPCMにしか働かないので注意。

デジタル出力設定を「Bitstreem」から「PCM」に変えます。HDMI出力はPCMマルチになりますが、それ以外のデジタル出力は当然2chPCMになってしまいますので、サラウンド音声の場合、事実上HDMI出力用と思って良いかもしれません。

こちらは再生設定から簡単に変えられます。

136

モードは1から3まであり、それぞれの印象は。

真空管サウンド1.....高音域重視

真空管サウンド2.....中音域重視

真空管サウンド3.....柔らかくおとなしめ

という感じです。全体的に音の輪郭が丸くなり柔らかくなる方向ですので、好みやソフトによって使い分けると面白いと思います。

個人的には「真空管サウンド2」が好みでした。

今度はもう少し時間を掛けて、徹底インプレッションしたいと思います。

パナソニック新ディーガDMR-BW970をプレインプレッション前編

最近、家ラーメンにハマっている渡部です。

DMR-BW970を徹底インプレッションの前に早速レビューしたいと思います。

Digabw970satuei

銀色に輝くセラミックインシュレーターがカッコいい!

139

まずは映像からですが、解像度、I/P変換能力、ジャギーチェックに最適な「ゾディアック」チャプター2の冒頭から、

140

流石にこの辺りは安定した処理で、エラーは皆無です。「リアルクロマプロセッサ plus」の効果か、スキッとクリアーに細部まで見渡せます。

141

アナログチックな滑らかな影の表現は「階調ロスレス・システム」によりDMR-BW950より明らかに向上してます。

次に1080i収録の「ZZTOP LIVE FROM TEXAS」でビデオ系のI/P処理をチェック。

142

なかなか切れの良い映像ですが、惜しくも僅かにジャギーが出てしまいました。この辺りはまだ「REALTA」を搭載したDVD-A1UDやUD9004のレベルには達していません。

143

今回から「Deep Color」を“切り”に出来るようになりました。音質を重視する場合は切りにして下さい。しかし今回のモデルは、切りにするとリアルに階調表現が落ちますので注意!

137

それでは後編の音質インプレッションに続きます。

2009年8月28日 (金)

DMR-BW970/870到着!

パナソニックのBW970 がついに出荷開始!さっそく展示しました。

Bw970front

まずは真空管モードを。

Bw970menu

じっくり聞いてませんが、映画などセリフがしっかり聞こえて欲しい場合はこのモードでシネマボイスONで結構聞きとりやすくなる感じです。

放送ソースは音が薄っぺらいので、割り切ってこれぐらいのモードで視聴する方がみやすいかもしれませんね。

肝心のチューナー/HDDをOFFにするモードは、ひとまずどうやるかわかりません(笑

説明書を端から端まで読まないと・・・。

2009年8月27日 (木)

富士通テン「イクリプスTDスピーカー」フェア開催! ECLIPSE

こんばんわ!「レベッカ」のブルースペックCDを聞いて、懐かしいと思いつつ年を取ったなと改めて感じる今日この頃、菅原です。

タイトルの通り(エクリプスじゃなくてイクリプスですよ)急ではありますが明日8/28(金)から1週間

「ECLIPSE TDスピーカー」フェアを開催します!!

フェア特典:
〇フェア中は特別特価にて販売!
〇ご購入の方にイクリプスグッズ プレゼント!

今回、フェアに合わせ「MECHALIA」では「TD712zMK2」をマルチチャンネルでセッテイング。今話題のマランツのBDプレーヤー「UD9004」をアナログマルチ接続、AV8003+MM8003で視聴できます。

もちろん、BDプレーヤー「DVD-A1UD」やBDP-LX91」、AVアンプ「SC-LX90」「AVP-A1UD」との組み合わせでもご視聴頂けます。

Rimg0004

話題のライヴBDソフトをデモで沢山用意していますので、お楽しみ頂けますよ!もちろんお好きなソフトをお持ち頂いての視聴も可能です!

Rimg0002
※これはほんの一部です。音楽ソフトで50タイトル程用意してます。

さらに入り口近くでは「TD307-2」をマルチで展開。

Rimg0002_2

「ECLIPSE TDスピーカー」のご購入をお考えの方は是非この機会をお見逃しなく!!

電話、メールにてのお問い合わせはコチラまで!
<電話> 03-3837-9745 
<メール> shinjuku@avac.co.jp

DVDO EDGEの最新ファームウェアをダウンロードしました

最初に映画館で見た映画は「ブルースリー死亡遊戯」の渡部です

7月14日よりDVDO EDGEの最新ファームウェアVer1.22_087がマルチフォニックのホームページでダウンロード開始してますので、店の展示機もダウンロードしてみました。

http://www.mpskk.jp/

EDGEのMENUの中のInformationで現在のファームウェアが確認できます。

133

今回新たに追加された機能として「Output Frame Lock」があります。

132

取扱い説明書の説明では

入出力信号を判断して其々のVf が同じ場合はフレームロックする
AUTO: Vf を自動設定 / OFF: Output Format で設定したVf を出力
例: 480p/60Hz 入力、1080p/60Hz 出力の場合はフレームロックする

とありますので、60Hzで入力されると60Hzで出力され、24Hzで入力されると24Hzで出力するという機能なのかな、と思ったのですが、やってみるとそうはならないので、今のところ何に使う機能か分かりません。

その他の変更になったところは、PRePのバグが修正されました。

今までは、繋ぐ機器によっては最初に1080p入力した場合PRePが働かなく、一旦480p入力してPRePをONにしてから1080pに変えるという面倒な作業が必要だったのですが、今回のバージョンアップにより、確実に1080pでPRePがONになるようになりました。

また今まで1080p/24Hz入力しても、本来働かないはずのPRePが働いて、I/P変換エラー等が出ていたのですが、これも改善されて1080p/24Hzで入力された時はPRePがOFFになるようになりました。

今まではEDGEに1080p/24Hzで入力するとエラーが出るので、1080p/24Hz収録のブルーレイソフトも、プレーヤー側で1080p/60Hz出力に変更する必要があり、せっかくの24pダイレクト出力のメリットが生かせませんでした。

この変更により、EDGEに1080p/24Hzで入力された信号はI/P変換とスケーラーはスルーされますが、エンハンサー等の映像処理は働きます。

残りの変更点は、ドルビーTrueHD やDTS-HD MAに対応という事ですが、前のバージョンでもドルビーTrueHD やDTS-HD MAは出力していたので、より対応が確実になったという事だと思います。

今のバージョンでほぼ不満点は改善されましたが、今後の改善点として希望するのは、フィルム素材とビデオ素材を判別して、フィルム素材の場合は1080p/24Hzで出力して、ビデオ素材の場合は1080p/60Hzで出力してくれたら、もう言うこと無しです。

<DVDO EDGEの製品インプレッション>

http://www.avac.co.jp/shinjuku_inp_15.html

<DVDO EDGE視聴機貸出申し込み>

http://www.avac.co.jp/shinjuku_dvdoedge.html

プロフィール新宿


  • アバック新宿本店
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿7-5-9
    ファーストリアルタワー新宿3F
    ☎:03(5937)3150
    営業時間:11:00~19:00
    火曜・水曜定休
    e-mail:shinjuku@avac.co.jp

    ・JR『 新宿駅』 西口より徒歩8分
    ・都営地下鉄 大江戸線 『新宿西口駅』D5出口より徒歩4分
    ・西武線『西部新宿駅』より徒歩5分