4K Ultra HD

2020年5月25日 (月)

【新宿本店】通常営業致します。

アバック新宿本店の菅原です。

3_2
緊急事態宣言解除に伴いまして、アバック新宿本店も「事前予約」から「通常営業」へ戻します。

通常営業:11時~19時(火・水曜日定休)

宣言は解除されましたが、ウィルスが完全に死滅した訳ではありませんので、スタッフはこれからも当分マスクの着用と衛生面には気を付けながら営業致します。

また、新宿アバック座も6/1より営業再開致します。

Avacza201812 https://www.avac.co.jp/contents/avacza/shinjuku/

既に予約は始まっておりますので是非ご利用ください。
再開に伴いまして開幕時間と利用時間が変更となっております。

11:30~14:30 15:30~18:30の2幕(1幕3時間)となりました。

12/25に公開が伸びた「トップガン マーヴェリック」ですが、その1作目「トップガン」のUHDソフトが北米よりやっと入荷してきました。(国内版は6/24)

Topgun

「トップガン」は今から34年前ですが、今回「Dolby Vison 4K/Atmos」化された最強仕様でのリリースです!

同時発売で「デイズ・オブ・サンダー」「宇宙戦争」も発売。(デイズ・・・はDolby TrueHD)日本語字幕入り!!

そのクオリティは高く、このソフトの為だけに「4K/Atmos」化しても良い位、高画質・高音質です。

映像はブルーレイとの違いが直ぐ分かる程、フィルムの解像感と色情報の多さ、HDR効果が表れています。音はAtmos化され、音の分離間、移動感がブルーレイより格段に良くなっています。空気を裂くようなF14の轟音が画面を飛び出し部屋中を駆け巡ります!

トップピーカーにも かなり音を振っていますので、リミックスされたDolby Atmosは最新作より出来が良いです。

最後のF14とミグのドックファイトは何度もホームシアターで観たくなる程なんです!!

あぁ!!早く最新作が観たい!!!!

2020年5月 4日 (月)

【新宿本店】祝!スターウォーズUHD発売!「4K/Atmos」は必須です!

アバック新宿本店の菅原です。

3
ご自宅で「ホームシアター」を実践されている方には、4/29に発売された「スターウォーズ」UHDは、待ちに待ったソフトですよね!

ただ・・・・。

前回発売されたUHD「最後のジェダイ」は内容的にもディスクのクオリティ的にも満足出来ず、「もうスターウォーズは終わったな・・・」と思った方も多い筈。もちろん個人的意見も入っています。

そう、最後のジェダイの「Dolby Atmos」は、録音レベルは低いは、サラウンド感はイマイチだわ(劇場とソフトで違いを感じた)ガッカリでした。これも個人的意見ですが。

スターウォーズといえば、これを再生したいが為にホームシアターを構築した!という方もいる程、魅力的なコンテンツですから、今回のUHD購入には躊躇した方もいたでしょう。

エピソード1~6は、新しくリミックスされスターウォーズファンなら買い!と以前のブログでも、そのクオリティの高さをお伝えしましたが、はたして新作はどうか・・・。

最新作エピソード9「スカイウォーカーの夜明け」UHDを早速視聴。

内容どうこうでなく「ホームシアター」視聴としてのスターウォーズをリポートします。

Index
視聴環境は「4K/HDR/Dolby Atmos」5.1.4ch。

【試聴機種】
プロジェクター:JVC/DLA-V9R
AVアンプ:DENON AVC-X6500H
UHDプレーヤー:Pioneer UDP-LX800
スピーカー:B&W 700シリーズ(5.1.4ch)
トップ:Monitor Audio CPCT150
ウーファー:B&W DB3DAvcx6500h_2最初に言っておきます。

「やっとスターウォーズ本気出したな!」と。

このクオリティのUHDスターウォーズが見たかった!!(AVの観点で)

録音レベルは通常に戻り(残念ながらローグワンは低い)、Dolby Atmos効果は断然良くなりました。「最後のジェダイ」ではトップスピーカーは略 音楽しか鳴っていなかったのが、今作はちゃんと効果音がトップ含め縦横無尽に鳴ります。

まず、4K映像からしてスゴイ!
「DLA-V9R」で見る「4K/HDR」はフィルム撮影の良さが100%伝わり、エピソード6から続くスターウォーズの世界観を見事に最新作へと昇華しています。このクラシック感を残しつつの最新映像はフィルム撮影によるものでしょう。

Img_0774C3POのメタリック感が凄い!「4K/HDR」の凄さが分かる1シーン。

Dlav9r_prod 「Dolby Atmos」効果も、前作なんだったんだ?と思う程、良くなっています!そう、これを待っていたんだ!聞きたかったんだ!と思わず叫んじゃいました。

Img_0777冒頭の地上戦闘シーン。ポッドレースやスピーダーバイクのシーンを彷彿とさせる疾走感のある迫力のシーン。Atmos効果を存分に味わえます。

また、ライトセーバーによるバトルシーンも画面に合わせセーバー音が移動しAtmosの凄さを体感出来ます。

Img_0779 大海原でのシーンは全チャンネルからの波しぶきとセーバー音による大迫力のサラウンドで目と耳が釘付けに!ここは「B&W703D3」の解像感が本領発揮!セイバーの轟音と波音一粒一粒まで描き切る!

そして、クライマックスの無数のスターデストロイヤーとの戦闘。

Img_0780 Xウイングやファルコン号などが、スターデストロイヤーの間を飛び回り、音もそれに合わせサラウンド!全スピーカー大活躍でシアタールームが戦場と化す!とてつもない低音が入っていますので、良いウファーは必至。今回使用した「B&W/DB3D」は小型ながら、ハイスピードで小ささを感じさせない量で期待に応える大活躍でした!

Db3dblackgrillesubwoofers_3 今回、試聴して思ったのが、録音されている音の1つ1つが高音質で、特にセリフ(ダイアローグ)が鮮明だったという事です。という事はセンタースピーカーの良し悪しでセリフの聞こえ方が変わって来きます。最後の敵のあの方の深く太い声は、センタースピーカーの質で印象も大分変わってくるでしょう。是非フロントにあったシリーズのセンタースピーカーでお聞き頂きたい!あいつの恐怖の度合いはセンタースピーカーにあり!

11htm71s2black700series2centrespeak

さて、結論を言いますと、「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」UHDは買い!ですし、視聴する為に4KプロジェクターとDolby Atmos化は是非揃えて頂きたい!

それだけの価値はある!と申しておきましょう!

ちなみに5/5(火)6(水)は定休日でお休みです。

2020年4月25日 (土)

【新宿本店】UHD「AKIRA」をホームシアターで!

アバック新宿本店の菅原です。

1
待望のUHD「AKIRA」が遂に発売されましたね!!

61yrkumbhl_ac_sx342_
AKIRAは1988年公開、今から32年も前の作品にも係わらず今見ても全く古さを感じさせない内容・クオリティに今なおファンも多い作品ですから、このUHDを待っていた方も多いハズでしょう。

もちろん、私も発売を今か今かと首を長くして待っていた1人。
発売延期する作品が多いだけに発売されるまで不安でしたが、ちゃんと発売されて良かったです!

そんな待ちに待った「AKIRA」のUHDは期待に応えたクオリティなのか?

既に発売されていたBDはホームシアターの定番でお店でも最近までデモで使用していた程クオリティが高かったですが、そのBDから買い替える価値はあるのか?

実際に下記のシステムで試聴してみました。

【試聴機種】
プロジェクター:JVC DLA-V9R
AVアンプ:DENON AVC-X6500H
UHDプレーヤー:Pioneer UDP-LX800
スピーカー:B&W 700シリーズ(5.1.4ch)
トップ:Monitor Audio CPCT150
ウーファー:B&W DB3D

映像は「2K」から「4K」へ「HDR効果」も加わり進化しております。

解像感は「DLA-V9R」のアップコンの良さもあるからなのか劇的な違いは感じにくいですが、ノイズが無くクリアーで色の情報量が増え、より自然でセル画とフィルムの良さが出ています。最新のデジタル画質のようなカリカリな映像では元々無いのであしからず。

UHDになった大きな違いは、解像感よりも色情報とHDR効果です。

例えば、AKIRAの代表的なアイコン「金田のバイク」はBDだと朱色ですが、UHDでは濃い赤でUHDになり、より原作に忠実に再現されています。

Img_0766

Img_0760上:BD 下:UHD

また、HDR効果によりバイクのライト、街を照らす照明やレーザーなど近未来を眩しく照らす光の演出も際立ってUP!ビルが崩壊し窓ガラスが砕け落ちてくるシーンもHDR効果の演出が光ります。

UHDになってクオリティが上がったのは、映像だけではありません。

音声もUHDになってUPUP!

残念ながら「Dolby Atmos」収録とはいきませんでしたが、BD収録の「192kHz/24bit」をさらにリマスターし、BDと同じスペックでも格段にUPしております。

劇中で流れる芸能山城組のサウンドトラック『交響組曲 AKIRA』は、1つ1つの音の解像度が上がり、セパレーションが良くなっています。

また、BDからチャンネルバランスも変わり、特にリアからのレベルが上がり、全体的にサラウンド感が上がっています。

Img_0768

自宅待機の今、ホームシアターで楽しめる最高の贈り物ではないでしょうか!!是非、この作品購入を機に映像の4K化、システムの見直しをしてみては如何でしょうか?

4/30まで!スプリングサウンドセール開催中です!!

0220_bana_2
是非、ホームシアターグレードアップにご活用ください!!

2020年4月 3日 (金)

【新宿本店】UHD版「スターウォーズ」は買いか?

アバック新宿本店の菅原です。

3
全AVファン待望の「スターウォーズ」4KUHD発売されましたね!!

まずは北米版からで、国内版も4/29に発売されます!

今、皆さんが考えているのは「購入すべきか?」ですよね・・・。

先に言っておきます!

UHD版「スターウォーズ」は絶対に買いです!!
但し、エピソード1~6まで(7~9はわかりません・・・)

そして、4K・Atmos環境は、このUHDに合わせ揃える価値ありです!!!スターウォーズファンならマストでしょう!!!

取りあえず入荷した「エピソード3・6」のクオリティからすると、今回のUHD化はとても良い出来です!

71rjjen8ocl__sx342_

■「エピソード6」はフィルム撮影なのでマスター4Kで映像は古さを感じさせない超高画質。もちろんSFXは当時の技術なので合成した部分は最新作より劣りますが、それでもブルーレイ画質との違いは朗か。ダースベーダーの黒光沢感、C3POのメタリック感はさすが4K・HDRです。

Img_0628

Img_0630

サラウンドは「Dolby Atmos」が採用され、リミックスも良く出来ています。「エピソード8」のアトモスのような物足りなさはありません。個人的に大好きなスピーダーバイクのシーンは聞き応えがあり移動感がバツグンです。「エピソード4・5」も同様のクオリティだと思われます。

71s9h9itohl__sx342_
■「エピソード3」こちらは2Kマスターからのアップコンなので4K解像感は旧作には劣りますが、「HDR」効果が利きまくりです!例えば最後の溶岩地帯でのライトセイバーシーンはHDR効果により溶岩の熱さが画面からこちらに伝わっくる程。しかし、このエピソード3の凄いのは映像よりも「Dolby Atmos」によるサラウンドにあります。リミックスの出来は期待以上!最新作よりも良く出来ていると思います。例えば、冒頭のドックファイトシーンは、以前デモで良く使っていたので覚えていましたが、明らかに今まで聞いていたサラウンドより移動感、音質など格段に上がっています。1つ1つの効果音がより明確に聞こえ、画面の外にまで音が広がります。

Img_0624
じつは「ローグワン」も頼んでいるのですが、入荷が遅れているようです。
この出来なら他のエピソードも欲しくなってしまいました。

どうですか?

4Kスターウォーズ見たいですよね?

さぁ!今すぐ「スターウォーズ」UHDの為に「4K/Dolby Atmos」化しましょう!!!

そう思った方!

0220_bana_2

お得なセールご活用ください!!!!

電話やメールにて、皆様のご相談お待ちしております!!!

お問い合わせフォーム

TEL:03-5937-3150

自宅でスターウォーズ楽しみましょう!!!!

2020年3月30日 (月)

【新宿本店】最強体感型UHDソフト「1917」

アバック新宿本店の菅原です。

3
3/24北米発売のUHDソフト「1917 命をかけた伝令」。国内版は未定。

81ou8eiczxl__sx385_
第92回アカデミー賞の「撮影賞」「視覚効果賞」「録音賞」の3冠を獲得し、ワンショット撮影でも話題になった作品です。

もちろん完全なワンショットではないですが、編集で最初から最後まで1人の兵士を追った密着ドキュメンタリーのような作りで、見ている自分も常に一緒に行動しているかのような錯覚に陥ります。

一番驚いたのは川に落ち滝に飲み込まれるシーンまでのワンショット撮影で、カメラが水の中に入り、その後横を並走、回り込んで前から撮影、最後滝上から見下ろす撮シーンは、どうやって撮ったのか不思議でした。

そんな映画ですから「Dolby Atmos」はワンショット撮影の臨場感をさらに盛り上げる為に一役買う音作りではなくてはなりません。

その期待をさらに上回る出来で、映像も音も最高の仕上がりのUHDソフトです!

ちょっと残念なのは、ちょうどサラウンドで盛り上がりな場面は、もれなく壮大なサウンドトラックが鳴ってしまう為、どちらかというと音楽主体になってしまう処・・。

また暗いシーンも多いので、プロジェクターや液晶TV泣かせの場面があります。

それでも、大画面・大音量で視聴すれば戦場の追体験が可能で、まさにホームシアター向けのソフトなのは言うまでもありません。

是非、ご自宅のホームシアターで楽しんで頂きたい作品です。

2020年2月 2日 (日)

【新宿本店】GENELECで聞く「ジョーカー」はリアル過ぎて怖い・・・。

アバック新宿本店の菅原です。

3
昨日行われた「GENELEC」マルチチャンネル イベントですが、お蔭様で大好評で参加したお客様から満足の声を沢山頂きました。

Img_0357

今までにはない、アクティブスピーカーでのマルチチャンルの音に新しいサラウンドの可能性を感じました。

折角なので、1/29に発売された話題の「ジョーカー」を聞いてみました。

71hlvtmis7l__ac_sx342_
この映画、「Dolby Atmos」収録なのですが、このサラウンドデザインが大変良く出来ていて、派手さはありませんが臨場感・空気感がハンパなくリアルなんです。

「ジョーカー」の内容自体が怖いですから、音による演出のリアルさで、さらに怖さ倍増です!

特にチャプター4の地下鉄でのシーン。

Img_0363

このシーン、ジョーカーになるきっかけの重要なシーンなのですが、車内のサラウンド感が凄いんです。

電車のモーター音、すれ違う電車の音、ドアの開く音、照明の付き消えする音など全てがリアルで、繋がりが良く、まるで自分が一緒に乗っているかのよう。

スピーカーから鳴っている音ではなく、実際にそこで鳴っているかのようなリアルさがあります。

これは凄い!

同じシーンを他のシステムでも聞いていましたが、GENELECで聞く「ジョーカー」は話の怖さも相まって、本当にリアルで怖い!!!!

2020年1月18日 (土)

【新宿本店】最強UHDソフト4K/60P仕様「ジェミニマン」

アバック新宿本店の菅原です。

3
UHDソフトの中でも珍しい「4K/60P」収録されたUHDソフトが発売されました。

映画としては「ビリー・リンの永遠の一日」に続く2作目、同じアン・リー監督の「ジェミニマン」です。

51oqsmoaegl__sx342_

1/14に発売された北米版ですが、なんと「日本語字幕」付き!!なんです。(国内は3/4発売)

映画の内容は まぁアレですが「超高画質UHDソフト」で、ホームシアターには一家に1本欲しい作品となっております!!

アスペクトは「1.85:1」。16:9のスクリーンに略ピッタリ、黒幕が無く高画質を縦幅いっぱいに鑑賞頂けます。

「ビリー・リン」と同じく映画というよりは4K放送やビデオ映像画調ですが、色温度が低く「ビリーリン」よりは映画的な雰囲気はあると思います。それでも若干違和感はありますが。

「4K/60P」の恩恵はオープニングからあります。狙撃対象の列車が発信する駅は、多構造の窓が沢山ある美しい建物ですが、ジャギーや疑似輪郭がなく細部まで綺麗に描かれている。しかも映像が横にパンしてもいっさいブレや歪みが無い。

Img_0228

Img_0230

カリブ海やブタペストなど美しい風景が沢山出てきますので、映画としてだけでなく「紀行物」として見ても面白いかも・・・。そんな事言ったら監督に怒られそうですが。

音声は「Dolby Atmos」収録で、派手さはあまりありませんが、映像と同じく解像感の高い堅実なサラウンドで、位置情報がハッキリしており高品質なサラウンドを体感頂けます。

Img_0235
こういったクオリティのソフトが出ると、やっぱりディスクは良いな!となりますよね!ストリーミング全盛期の昨今、まだまだディスクにも頑張ってほしいと思う今日この頃です。

次は、やはり1/29国内発売の「ジョーカー」でしょう!!早くホームシアターで見たい!!

2019年12月 7日 (土)

【新宿本店】JVC LX-NZ3展示開始!

こんにちはAVAC新宿本店の桜庭です。

1306sakuraba

JVCから発売されたDLPタイプの4K対応プロジェクターLX-NZ3が展示開始となりましたhappy01

Dsc_1295 VPL-VW255やDLA-V7と比べても本体サイズは、ちょっとコンパクトです。

40万を切る価格帯のレーザー光源プロジェクターという事で、先日の大商談会イベントでも最も注目されていた製品でした。

DLPなので他の4K対応プロジェクターと比べると暗部や色再現性が優れているというわけではないのですが、部屋を暗くしにくいリビング系のユーザーの方におすすめな感じです。

3000ルーメンのパワーで投影するレーザー光源なのでランプタイプに比べて色の発色も良いですし、スポーツなどTV系の明るめのコンテンツは、かなり得意です。

例えば、スターウォーズEP9の公開も近いのでEP8の映像から

Sw8※左がJVCのDLA-V5 で右がLX-NZ3

色情報やコントラスト感など、これぐらいのシーンでも差が出てしまいます。

もう少し暗めのシーンでは

Sw82

もう少し暗部側が出て欲しいかなぁ~という感じもありますが価格が倍ぐらい違いますからねcoldsweats01

4K/HDRの映像はJVCの映像処理回路のおかげですが、他のDLP系よりも色やコントラスト感はだいぶ改善されてきた感じです。

4K放送の明るいスポーツ系の映像ですとRug2019

価格の差も感じにくくなってきます。

ちなみに3000ルーメンもありますので、明るいモードのままですと静かなシーンでは、少し動作音が気になるかもしれませんので基本的には多少、明るさを抑えたモードぐらいが実用的かと思います。

今年は新製品が少ない中での注目製品ですので、ご視聴をお待ちしております。

2019年10月13日 (日)

【新宿本店】JVC「Frame Adapt HDR」に最適なソフトをご紹介!

アバック新宿本店の菅原です。

4
JVC 4Kプロジェクターの大型ファームアップ「Frame Adapt HDR」が早くも始まりましたね!

既にお持ちの方は、もうファームアップお済でしょうが、まだの方は劇的に映像が変わりますので、すぐにアップください!!!

すでにお店の展示機もファームアップ済で色々視聴してみましたが、どのUHDソフトもクオリティアップ⤴

手持ちのソフト全部見直したくなります!!

そんな中でも「Frame Adapt HDR」効果を大きく感じた2作をご紹介。


まずは、最近北米発売した「トイ・ストーリー4」。(国内発売11/2)

515ozedcmcl__sx342_

この作品、ピクサー作品としては初の4Kマスターで、めちゃくちゃクオリティが高いUHDソフトなのです。

CGの進化が凄く、人間以外は実写と見間違う程のクオリティで、CGも遂にここまで来たかと思います。

通常の状態で視聴してもすでにUHDのクオリティが高いので満足なのですが、そこに「Frame Adapt HDR」が入ると、さらにコントラスト感が増し、おもちゃ達の質感がUP。CGぽさも無くなるので、本当におもちゃ達が自分の意思を持って動いているかのような錯覚になります。

Dsc_0937

Dsc_0936_2

Dsc_0931

Dsc_0930

一番驚いたのは、電気スタンドの陶器人形「ボー」の質感。陶器のテカリが見事に表現され実在感がハンパない!

是非、ファームアップしたJVKプロジェクターで見て頂きたい!!

もう1つは

「ジョン・ウィック:パラベラム」。

John_wick
こちらは現在、劇場公開中で北米版が9/10発売済(国内未定)。

「ジョン・ウィック」も遂に3作目。さらにパワーアップしたガンアクションが目白押しの作品です。

「Frame Adapt HDR」が効果的なシーンは、ラストのコンチネンタルホテルでの戦い。

決着の場、前面ガラス張りフロアは、外の暗闇とフロアのLED照明やガラスの反射光などで効果的なシュチュエーションが満載のシーン。

Dsc_0934

Dsc_0933あの伝説の格闘映画「ザ・レイド」に出演していたヤヤン・ルヒアンも出ています!

「Frame Adapt HDR」の効果が分かり易く、ON/OFFで違いが一目瞭然。

もちろん、これらの映画以外のどの作品でもファームアップの恩恵は十分に感じられます。

また、UHDソフト以外では、NETFLIXが「HDR10」なので、「Frame Adapt HDR」効果を望めます。

 ちなみにそれ以外の作品は、10/27(日)に行われるイベントでご確認頂ける事でしょう。

まだイベントの参加も若干の余裕がございますので、気になった方は是非ご参加ください!!

ご参加はコチラから!

2019年10月 8日 (火)

【新宿本店】天吊り用スピーカーJBLPRO Control23-1,25-1

新宿本店の伊奈です。

2009_04ina

ヒビノ株式会社様より、JBL PROFESSIONALより発売されております

「Control23-1(WH)」「Control25-1」をお借りいたしました。

Img_7934 サイズ感は左の煙草と比較してください。

なぜお借りしたかというと、DOLBY ATMOS用にトップスピーカーを天井に取り付けるスピーカー用として実機にてご体験していただこうと思いお借りしました。

トップスピーカーといえばLINN CLASSIK UNIKを取付をする例が多かったのですが、つい先月急に生産完了のアナウンスが飛んできました。

代替えになるトップスピーカーを探しておりましたがなかなかコレッと思う商品が見つからず、今までずっと探していました。

選択する条件は

①ホワイトがあること

②サイズは大きくなく小さくなく、奥行きは薄型であること

③天井に取り付けできること

④価格も抑えてあること

以上の内容でした。

今回実機を確認し、音質も視聴したところ、このスピーカーならトップスピーカーで十分鳴らせると確信いたしました。

取付も壁面及び天井にも取り付け可能。

サイズもちょうど良いhappy01

Contorol23-1サイズ↓

S4420

Contorol25-1サイズ↓S4421_2 

Img_7937

Img_7938

取付金具はこんな感じです。↓

Img_7941 付属品です。

別売りの金具「MTC-23UB-1」もお借りしました。happy02

Img_7942 U字型の金具になり、スピーカーの上下でねじ止めで固定します。

ATMOS用なら、付属の金具で十分そうです。

Control23-1

定価47,300円(税込み/組)⇒アバック特価

Control25-1

定価64,900円(税込み/組)⇒アバック特価

いい感じのお求めしやすいお値段です。

 

Img_7944_2 1週間ほどですが新宿本店でご視聴可能になっております。

皆様のご来店ご視聴お待ちしております。

プロフィール新宿


  • アバック新宿本店
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿7-5-9
    ファーストリアルタワー新宿3F
    ☎:03(5937)3150
    営業時間:11:00~19:00
    火曜・水曜定休
    e-mail:shinjuku@avac.co.jp

    ・JR『 新宿駅』 西口より徒歩8分
    ・都営地下鉄 大江戸線 『新宿西口駅』D5出口より徒歩4分
    ・西武線『西部新宿駅』より徒歩5分