プロジェクター

2019年12月12日 (木)

【新宿本店】エプソン EH-TW7100 展示開始!

こんにちは、新宿本店 桜庭です。1306sakuraba

先月出荷開始となっておりましたエプソンのEH-TW7100ですが、品薄だったこともありちょっと遅れましたが、やっと展示開始となりましたhappy01

Dsc_1291

上がTW7100 で下はソニーのVW255です。4K対応のプロジェクターは大きいのが多く、もうちょっと小ぶりなのが欲しいという声も多い中、やっと液晶系で普通のサイズ?の4K対応プロジェクターが登場しました!

20万ぐらいの価格帯なので、クオリティを重視したいという方にはやはりもう一回り大きなクラスを考えた方がいいかなという感じの映像クオリティです。

例えば、映画のシーンで「ボヘミアンラプソディ」から

Dsc_1296

左はJVCのV5で、右がエプソンのTW7100です。

価格は3倍以上違いますので、暗部再現性やコントラストや色の発色などクオリティ面での違いは出て当然なので、あくまでも参考までにcoldsweats01

放送のスポーツ系ですと

Dsc_1297

上と同様で左がV5で、右がTW7100です。

明るすぎるので撮影すると右側の方が色が飛んだ感じに見えてしまいますが、実際には3倍近い価格差は感じにくくなってきます。

暗くしにくいリビングやスポーツ系を大画面で楽しみたい方には扱いやすいプロジェクターかと思います。

4K対応の入門機になりますが、20万ぐらいでこれぐらいちゃんと映れば十分というところもありますので、まずはどんな感じか観てみたいという方は是非ご試聴下さい!

2019年12月 7日 (土)

【新宿本店】JVC LX-NZ3展示開始!

こんにちはAVAC新宿本店の桜庭です。

1306sakuraba

JVCから発売されたDLPタイプの4K対応プロジェクターLX-NZ3が展示開始となりましたhappy01

Dsc_1295 VPL-VW255やDLA-V7と比べても本体サイズは、ちょっとコンパクトです。

40万を切る価格帯のレーザー光源プロジェクターという事で、先日の大商談会イベントでも最も注目されていた製品でした。

DLPなので他の4K対応プロジェクターと比べると暗部や色再現性が優れているというわけではないのですが、部屋を暗くしにくいリビング系のユーザーの方におすすめな感じです。

3000ルーメンのパワーで投影するレーザー光源なのでランプタイプに比べて色の発色も良いですし、スポーツなどTV系の明るめのコンテンツは、かなり得意です。

例えば、スターウォーズEP9の公開も近いのでEP8の映像から

Sw8※左がJVCのDLA-V5 で右がLX-NZ3

色情報やコントラスト感など、これぐらいのシーンでも差が出てしまいます。

もう少し暗めのシーンでは

Sw82

もう少し暗部側が出て欲しいかなぁ~という感じもありますが価格が倍ぐらい違いますからねcoldsweats01

4K/HDRの映像はJVCの映像処理回路のおかげですが、他のDLP系よりも色やコントラスト感はだいぶ改善されてきた感じです。

4K放送の明るいスポーツ系の映像ですとRug2019

価格の差も感じにくくなってきます。

ちなみに3000ルーメンもありますので、明るいモードのままですと静かなシーンでは、少し動作音が気になるかもしれませんので基本的には多少、明るさを抑えたモードぐらいが実用的かと思います。

今年は新製品が少ない中での注目製品ですので、ご視聴をお待ちしております。

2019年11月 8日 (金)

【新宿本店】JVC LX-NZ3デモ機週末・・・。

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

12月中旬頃に発売となるJVCのDLPタイプのプロジェクターLX-NZ3ですが、プロトタイプをお借りできたので今週末ご覧になれます。

Dsc_1272

40万を切る価格帯でレーザー光源で3000ルーメンとリビングシアターの方には魅力的な製品かと思いますhappy01

ハイパワーなので明るい映像は得意で

Dsc_1283こんな感じですが

暗めのシーンは

Dsc_1277

DLPでシアター用としては明るさがありすぎて黒浮きは多少しょうがない感じです。

既存のLX-UH1から映像処理回路周りも進化して4K HDRの処理もだいぶ良くなりましたので、4K対応のミドルクラスでレーザー光源搭載の注目の機種です!

ひとまず今週末だけになってしまいますが、一足先に観れるチャンスですhappy02

2019年10月13日 (日)

【新宿本店】JVC「Frame Adapt HDR」に最適なソフトをご紹介!

アバック新宿本店の菅原です。

4
JVC 4Kプロジェクターの大型ファームアップ「Frame Adapt HDR」が早くも始まりましたね!

既にお持ちの方は、もうファームアップお済でしょうが、まだの方は劇的に映像が変わりますので、すぐにアップください!!!

すでにお店の展示機もファームアップ済で色々視聴してみましたが、どのUHDソフトもクオリティアップ⤴

手持ちのソフト全部見直したくなります!!

そんな中でも「Frame Adapt HDR」効果を大きく感じた2作をご紹介。


まずは、最近北米発売した「トイ・ストーリー4」。(国内発売11/2)

515ozedcmcl__sx342_

この作品、ピクサー作品としては初の4Kマスターで、めちゃくちゃクオリティが高いUHDソフトなのです。

CGの進化が凄く、人間以外は実写と見間違う程のクオリティで、CGも遂にここまで来たかと思います。

通常の状態で視聴してもすでにUHDのクオリティが高いので満足なのですが、そこに「Frame Adapt HDR」が入ると、さらにコントラスト感が増し、おもちゃ達の質感がUP。CGぽさも無くなるので、本当におもちゃ達が自分の意思を持って動いているかのような錯覚になります。

Dsc_0937

Dsc_0936_2

Dsc_0931

Dsc_0930

一番驚いたのは、電気スタンドの陶器人形「ボー」の質感。陶器のテカリが見事に表現され実在感がハンパない!

是非、ファームアップしたJVKプロジェクターで見て頂きたい!!

もう1つは

「ジョン・ウィック:パラベラム」。

John_wick
こちらは現在、劇場公開中で北米版が9/10発売済(国内未定)。

「ジョン・ウィック」も遂に3作目。さらにパワーアップしたガンアクションが目白押しの作品です。

「Frame Adapt HDR」が効果的なシーンは、ラストのコンチネンタルホテルでの戦い。

決着の場、前面ガラス張りフロアは、外の暗闇とフロアのLED照明やガラスの反射光などで効果的なシュチュエーションが満載のシーン。

Dsc_0934

Dsc_0933あの伝説の格闘映画「ザ・レイド」に出演していたヤヤン・ルヒアンも出ています!

「Frame Adapt HDR」の効果が分かり易く、ON/OFFで違いが一目瞭然。

もちろん、これらの映画以外のどの作品でもファームアップの恩恵は十分に感じられます。

また、UHDソフト以外では、NETFLIXが「HDR10」なので、「Frame Adapt HDR」効果を望めます。

 ちなみにそれ以外の作品は、10/27(日)に行われるイベントでご確認頂ける事でしょう。

まだイベントの参加も若干の余裕がございますので、気になった方は是非ご参加ください!!

ご参加はコチラから!

2019年10月10日 (木)

【新宿本店】JVC Vシリーズ ファームウェアアップデート開始!

こんにちは、新宿店 桜庭です。

1306sakuraba

JVCからVシリーズ用の新しいファームウェアがリリースされましたhappy02

Dsc_1210ソフトverが3.10になります。

手順はPCでアップデート用のファイルをダウンロードしてUSBメモリーに移し、そのUSBメモリーをプロジェクターに挿してメニューからアップデートを進めるだけです。15分もあれば終わるかなという感じです。

今回のアップデートは今までのバグ修正や対策等と異なり、4K HDR信号に対しての処理方法が大幅に進化したアップデートになります。

VシリーズはパナソニックのDP-UB9000との4K HDR専用のモードを持っておりましたが、今回のアップデートは他のプレーヤーやレコーダーなどからでもほぼ同等の処理(下手するとそれ以上?)になります。

HDRソースはプロジェクターにはコントラストレンジが広すぎて非常に厳しい信号ではありますが、JVCのVシリーズの処理回路をフルで使いこなすことでHDR感や階調など、本来のHDRらしさをより再現してくれます。

Dsc_1214

メニュー画面はHDR信号時のみ少し変わりました。

「Frame Adapt HDR」モードが新しく加わり、フレームまたはシーンごとに最適なダイナミックレンジやガンマ、階調などを18bitで処理してくれます。

UB9000との専用モードも同じような事をプレーヤー側でしておりましたが、コントラストレンジは押さえてしまうような画作りになってしまいやすく、明るさのピークが出にくい印象がありました。

それをプロジェクター側で全てやってしまおうというのが今回の「Frame Adapt HDR」モードになります。

上のグレイテストショーマンの冒頭のシーンは暗めな感じで始まり徐々にスポットライトを浴びて鮮やかさも必要になってくるのですが、濃い色の面積も多いので比較的映像的な鮮やかさが足りない感じもしておりましたが、今回のアップデートでだいぶ変わった印象になります。

Dsc_1213

この辺りからはスポットライトの感じもうまく描かれてショーの雰囲気も今までと一味違う印象です。

V7/V9Rは元々暗部再現性も高いので落ち着いた感じの映像でしたが、だいぶ明るさのピークの表現も良くなった感じです。

V5は更に鮮やかさが上がる感じで、今回のアップデートでどのモデルもだいぶ進化しております。

すでにお持ちのユーザーは早速アップデートですねlovely

UB9000じゃないと本領を発揮できないんでしょ?と悩んでいるお客様はもう心配ご無用ですhappy01

26日から各支店で紹介イベントがございますが、展示している店舗ではアップデートしたタイプの映像は既にご覧になれると思いますので、まずは観てみたいという方は是非ご来店お待ちしております。

【新宿本店】JVC「Frame Adapt HDR」イベント開催!

アバック新宿本店の菅原です。

4

10/27(日)JVCプロジェクターのイベントがございます!

Bar_bana_1008_03https://www.avac.co.jp/contents/topics/jvc-projecter-201910.html

HDR10向け新機能「Frame Adapt HDR」※の追加をご紹介するイベントです。

「Frame Adapt HDR」の機能説明はこちら

※【以下HPより抜粋】
新機能「Frame Adapt HDR」 は、HDR10コンテンツの映像をフレームごとに解析し、最適なトーンマッピングを行います。

1.フレームごとの最大輝度を独自のアルゴリズムで瞬時に解析し、リアルタイムに画質を調整

HDR10コンテンツのフレームごとの最大輝度を独自のアルゴリズムで瞬時に解析し、プロジェクターでの映像投射に最適なダイナミックレンジにリアルタイムで調整します。また同時に、映像データの彩度、色相、明るさも 解析し、最適な補正を行うことで色相の変化や色抜けを抑えることが可能です。
これにより、同じコンテンツの中でも暗いシーンではより深い黒の階調を、明るいシーンでは色を損ねることなくピーク輝度を上げることができるため、これまでプロジェクターでは難しかった、人間の目で見る現実に近い映像再現を実現します。

2.あらゆるHDR10コンテンツに対応可能

本機能は、入力されたHDR10信号に基づいて解析、調整を行うため、マスタリング情報の有無に関わらずあらゆるHDR10コンテンツに対応可能です。

3.18-bitレベルのガンマ精度でなめらかなグラデーションを再現

従来は12-bit相当で行っていたガンマ処理精度を18-bitまで高めることで、階調表現力が向上HDRコンテンツにおいて課題とされてきた明部の階調段差や暗部の黒つぶれを抑え、高精度でなめらかなグラデーションを再現します。

今回のバージョンアップは、かなり効果のある大型ファームアップで、新機能「Frame Adapt HDR」の効果は絶大です。

私も映像を見ましたが、ベールが一枚剥がれたような鮮明さとクリアさで、暗部はより黒く、明るいシーンはより明るくと、まさに良いとこどりの映像なのです。HDR映像で不満だった部分がすべて解消されております。

これは革命的なバージョンアップといえるでしょう!無料ファームアップにして頂いたことはJVCの企業努力の賜物ではないでしょうか。

ご予約はコチラから!

10月27日(日)各定員15名
 一部 13:00~14:30 二部 15:30~17:00

すでに購入頂いている方は、即ファームアップを!
購入を検討中の方は、このファームアップを機にぜひ購入をお考え下さい!

ちなみに「Frame Adapt HDR」のファームアップはすでにHP上で公開されております!!!!
https://www3.jvckenwood.com/projector/support/dla-v9r_v7_v5_update/

最新の「v3.10」ですので、お間違え無く。同時期に「v2.10」もアップされておりますので、そちらにしてしまいますと「Frame Adapt HDR」は入っておりません。

2019年9月17日 (火)

【新宿本店】今週末は4Kプロジェクター比較!「DLA-V9R」VS「VPL-VW855」

アバック新宿本店の菅原です。

3
増税まであと2週間!

駆け込みで高額の4Kプロジェクター購入の相談を受けるようになりました。やはり2%とはいえ高額品になると差は大きいですよね。

その相談の中でも良く聞かれるのが4Kプロジェクターの映像についてです。特に「JVC」と「SONY」の違いについてのご質問が多く見受けられます。

その中の1つ「VPL-VW255」と「DLA-V5」の比較は通常いつでも新宿本店で見比べが出来ます。

ですが、「DLA-V9R」「VPL-VW855」となると、投射場所の違いから通常 同時見比べは出来ません。

そこで、今週末3日間限定でイベントを開催致します。
 Bar2_shinjuku_0917_275https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjuku-20190921.html

【日時】9月21日(土)~23日(祝・月)11:00~19:00 
【会場】新宿本店
【司会進行】アバックスタッフ

デモンストレーション(ご予約は必要ありません)
9/21(土) ①12:00~13:00 ②14:00~15:00
9/22(日) ①12:00~13:00 ②14:00~15:00

従来の水銀ランプながら、「8K/e-shiftテクノロジー」により4Kを超える高精細映像を実現し、驚異のネイティブコントラスト10万対1の「DLA-V9R」か、

レーザー光源の採用により力強い映像表現と純度の高い色再現、高コントラストが実現した「VPL-VW855」か。

普段中々比較出来ない人気機種同士ですから、気になっていた方は是非この機会にご視聴ください!!

2019年8月16日 (金)

【新宿本店】「DLA-V7」VS「DLA-X70R」比較視聴会は2日間のみ!

アバック新宿本店の菅原です。

3
8月17日(土)18日(日)2日間限定で

JVC新旧プロジェクター比較視聴を開催いたします。

普段絶対に見れない比較視聴イベントとなりますので、是非ご参加ください!!

営業時間内でしたら、いつでもご視聴可能です。

Bar2_shinjuku_0813_275

https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjuku-20190817.html

DLA-V7  →UHDソフトにて「4K/HDR」
DLA-X70R →BDソフトにて「2K/SDR」

プレーヤーは同じ「DP-UB9000」を2台使用。1台はUHDソフトを、もう1台はBDソフトを再生。

Img_1296

JVCプロジェクターの6年の進化を確認出来るだけでなく、コンテンツの進化も見れる訳です。

本日、セッティングし視聴してみましたがプロジェクターと映像コンテンツで6年の進化を感じとれました!

【ココが大きく変わった!!】
①2Kから4Kへの解像度の違い
②SDRからHDRへのレンジの違い
③BT709からBT2020への色域の違い
④モーションフローの進化 など

Img_1312_2

Img_1313 上:DLAX70R 下:DLAV7 「グレイテスト・ショーマン」より

Img_1314

Img_1315 上:DLAX70R 下:DLAV7  「宮古島」より

カメラ(スマホ)の性能で分かり難いかもしれませんが、ドレスの刺繍や装飾品など、実際にはもっと差が分かり易く出ます。

写真の「グレイテスト・ショーマン」「宮古島」だけでなく、「レヴェナント」など比べれば、その差が直ぐにお分かり頂けるかと思います!

是非、ご自身の目でお確かめください!!

2019年8月12日 (月)

【新宿本店】JVCプロジェクター新旧比較視聴会

アバック新宿本店の菅原です。

3_2
8月17日(土)18日(日)の2日間プロジェクターイベントを開催致します。

2Kから4Kへ!プロジェクター進化論!!
JVC DLA-V7 VS DLA-X70R 比較視聴

リンク:https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjuku-20190817.html

今回の比較イベントはJVCプロジェクター新旧比較です。

2012年発売の2Kプロジェクター「DLA-X70R」と今年発売の4Kプロジェクター「DLA-V7」の比較視聴となります。

DLA-V7は「UHDソフト 4K/HDR」で、DLA-X70Rは「BD/SDR」はそれぞれ映します。
(プレーヤーは「DP-UB9000」を2台使用。)

Dlav7_prod

フリー視聴となりますので、17,18日お好きなお時間にご参加ください。

2019年8月 8日 (木)

【新宿本店】BENQ HT5550ご覧頂けます!

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

BENQ HT5550 をお借りしまして、短い期間ですが8/11までご覧になれます。

Dsc_1170

DLP系は小型の製品が多いのですが、HT5550の幅(492mm)はJVCやソニーとほぼ同じくらいあります。

高さ(168mm)や奥行(349mm)はちょっとスリムな感じです。

Dsc_1171

Dsc_1172

映像に関しては下位モデルと比べてもレンズのグレードが違うので、全体のフォーカス感など20万前後のDLPよりも上がっております。

参考までにほぼ同じ価格帯でエプソンのTW8400との比較映像を ※左がTW8400で右がHT5550です。

Dsc_1173

BSの4K放送の映像ですが明るめの映像ですと、それほどコントラスト感は変わらない感じでフォーカス感はDLPの擬似4Kの方が有利です。

暗めのシーンですと ※左がTW8400で右がHT5550です。

Dsc_1174

デジカメだとちょっと大げさな感じになりますが、DLPなのでちょっと黒が浮いてしまっている感じがやや気になるところでもあります。

11日まで新宿店の方でご覧になれますので、気になる方はこの機会に是非どうぞ!

※翌週は名古屋店でご覧になれる予定です。

プロフィール新宿


  • アバック新宿本店
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿7-5-9
    ファーストリアルタワー新宿3F
    ☎:03(5937)3150
    営業時間:11:00~19:00
    水曜定休
    e-mail:shinjuku@avac.co.jp

    ・JR『 新宿駅』 西口より徒歩8分
    ・都営地下鉄 大江戸線 『新宿西口駅』D5出口より徒歩4分
    ・西武線『西部新宿駅』より徒歩5分