展示品

2020年10月23日 (金)

【新宿本店】ウーファー「KEF KF92」展示しました

アバック新宿本店の菅原です。

3
いまさらですが、ウーファー「KEF KF92」を展示しました!

Img_1261

Img_1256 操作は最近のアプリでは無くリアパネルタイプ。電源ボタンも全て後ろ。リモコンはありません。

Img_1257 サイドの写真:2つの23cm KEFドライバー。アルミニウム/紙のハイブリッドコーン、大型磁気回路、大口径ボイスコイルを搭載。

Img_1258
底にはゴムスパイク付き。フローリングでもカーペットでも、どこでもそのまま置けます。

小さめのボディの割には、パワフルでハイスピードな締まった低音が魅力です。

大体、6~10畳位のお部屋でしたら十分な低音をお楽しみ頂けるでしょう。

近い金額で良く比較されるウーファーが「ECLIPSE TD520SW」でしょう。
サイズ、スペックなど比較してみました。

 【KEF KF92】定価¥253,000
サイズ: W330 x H352.5 x D360.5mm
質量:20Kg
ドライブユニット:23cm×2
アンプ:1,000W クラスDアンプ(各ドライバーに 500w x2)

【ECLIPSE TD520SW】定価¥275,000
サイズ:W459×H420×D444mm
質量:37
Kg
ドライブユニット:20cm×2
アンプ:定格出力250W

大きさを比べると、如何に「KF92」がコンパクトか、わかります。

Img_1266 左:KF92 右:TD520SW

Img_1263 左:KF92 右:TD520SW(上から)

箱自体は小さいですが、ウーファーユニットは「23cm」と大きいです。

そう考えると、KEF KF92はコンパクトサイズながら大型のウーファーユニットと1000W(500W×2)の大容量アンプを積んだ最強コスパのウーファーなのです!!

いつでもご試聴頂けますので、是非ご来店ください!!

2020年10月19日 (月)

【新宿本店】marantz SR8015 展示スタート

アバック新宿本店の松本でございます。
個人的に大好きな秋の季節となってまいりましたね♪
Matsumoto1401
本日は、marantzの最高峰一体型AVアンプ【marantz SR8015】の展示スタートのご案内です♪

SR8015は、独立基板型の11chフルディスクリート・パワーアンプとHDAM搭載の13.2ch電流帰還型プリアンプを搭載しており、マランツの一体型AVアンプのラインアップにおいて最上位に位置付けられる製品となっております。
一体型AVアンプの課題である「映像回路とデジタルオーディオ回路から発生する高周波ノイズ」そして「一筐体に多チャンネルのオーディオ回路を内蔵することによるチャンネルセパレーションの悪化」に正面から取り組み、2chステレオ再生とマルチチャンネル再生、双方のクオリティをかつてないレベルにまで引き上げたSR8012の発売から3年、定評の高音質にさらに磨きをかけ、8K映像信号のパススルーやHDR、IMAX EnhancedやAuro-3Dなどのイマーシブオーディオ、そして新4K8K衛星放送のサラウンド音声が楽しめるMPEG-4 AACなどの最新機能を満載した新たな旗艦モデルとしてSR8015が誕生しました。

Img1
こちらがフロントパネルになります。
シンプルなフェイスで高級感がございます。
正面のパネルを開いた写真がこちらになります↓
Img2さすが上位モデルだけあって、正面にHDMI入力端子が装備されております。
以前のモデルにもあったのですが、HDMI OUTのボタンがパネル内部にありますので、テレビとプロジェクターの切り替えが簡単に行うことが可能となっております。
Img3
こちらが背面パネルになります。
全チャンネル同一のスクリュー式スピーカー端子を装備しており、スピーカーケーブルを確実に締め付けることが可能となっております。
DENON製品にもございました8K/60p、4K/120pにお対応するHDMI入出力端子を装備。
将来対応もバッチリです♪

現在、新宿本店の防音ルームでは”B&W 700シリーズ”でマルチチャンネルが組まれております。
実際に音を聴いた感想としましては、DENON製AVアンプの力感のある音に対して柔軟性のある聴いていて疲れない音が”marantz SR8015”でした。
広域特性の強いB&Wスピーカーが柔らかく聴きやすい音で音楽を聴くことができました。

ステレオ再生に特化した注目のAVアンプ”marantz SR8015”を聴きにご来店頂ければ幸いです。
ご試聴の際は、愛聴盤の持ち込みも可能となっておりますので、いつも聴いている音源にて”marantz SR8015”の音を聴いてみてください。
皆様のご来店お待ちしております♪

高音質と大画面映像の祭典!!
秋の新製品! 大収穫祭 2020

Photohttps://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

セール期間は9月12日(土)~10月31日(土)となっております。
2020年秋一押しの製品がセール限定の特典付きの特価にてお求め出来るセールとなっております。
セールページをご確認頂きまして、気になる製品などございましたらお気軽にアバック新宿本店へお問い合わせくださいませ。

■電話番号:03-5937-3150
■お問い合わせフォーム
https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjyuku_inquiry_02.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:domon@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



2020年10月 3日 (土)

【新宿本店】DENON:PMA-A110/DCD-A110 展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike
今回ご案内いたします製品はDENON:PMA-A110/DCD-A110です。

秋の新製品大収穫祭!」のセールを月末まで行っておりますがAVAC新宿本店では連日、新製品が入荷しております!!


現在、702S2/Signature+DENON:PMA-A110/DCD-A110の組み合わせで再生しておりますがまず目を引くのが仕上げのグラファイト・シルバーです。遠くからはブラックに見えるのですが近づくとメタリックな仕上げの雰囲気と操作ボタンやボリュームがより金属的に輝き高級感があります!

Pmaa110_04_2

デノン創立110周年記念モデルとして発売され「コストや手間を度外視して4年をかけて作り上げた」というのも納得です。

そして5年間の無償保証サービスも、この製品にかける気持ちが伝わってきます。

B&Wと合わせた再生では特徴的な高域特性を残しながらも滑らかで密度のあるDENONのサウンドがバランス良くまとまり高域側のトーンの強さに疑問を持たれている方には非常によくマッチングするかもしれません。


●PMA-A110:330,000円(税抜)

「PMA-SX1 LIMITED」の技術が多く投入されUSB-DAC機能を搭載。アナログモード2の設定では、デジタルオーディオ回路がオフ、ディスプレイ表示も消灯し純粋なアナログアンプとして動作します。「EXT.PRE」入力端子(固定ゲイン入力)を装備していますのでAVアンプのプリ出力と接続してフロントスピーカーをホームシアターシステムと共有することも可能です。

Dsc_0067

Dsc_0068

定格出力:80 W + 80 W (8Ω、20 Hz ~ 20 kHz、THD 0.07 %)
アナログ音声入力端子:アンバランス入力×3、PHONO入力×1、EXT. PRE×1
アナログ音声出力端子:アンバランス出力(RECORDER)×1、ヘッドホン出力× 1
デジタル音声入力端子:USB-B入力×1、同軸デジタル入力×1、光デジタル入力×3
外形寸法:(W × H × D)434 x 182 x 450 mm
質量:25.0 kg

---------------------------------------------------------------------

●DCD-A110:280,000円(税抜)

Dsc_0070_1

Dsc_0069_1

こちらも「DCD-SX1 LIMITED譲り」の高音質パーツ&専用カスタムパーツを採用しています。

「Advanced AL32 Processing」をさらに発展させた「Ultra AL32 Processing」を搭載したSACDプレーヤーで1.536MHz/32bitまでアップサンプリングします。

上位機種に採用されたドライブやシャーシ、パーツにもこだわり高音質化されています。

アナログ音声出力端子:アンバランス出力×1
デジタル音声出力端子:同軸デジタル出力×1、光デジタル出力×1
外形寸法:(W × H × D) 434 x 138 x 405 mm
質量 16.5 kg

高音質と大画面映像の祭典!!
秋の新製品! 大収穫祭 2020

Photo https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

2020年10月 2日 (金)

【新宿本店】KEF:LS50Meta B&W:702S2/Signature 展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike_3
今回ご案内いたします製品はKEF:LS50MetaとB&W:702S2/Signatureです。

KEF:LS50Metaの一番の特徴はMeta=Metamaterial Absorption Technology (MAT/ツイーター背面のノイズを99%吸収)搭載のUni-Qドライバーアレイです。


Uni-Qドライバーアレイは今回で12世代Uni-Qとなりました。ツイーターがミッドレンジとベースコーンの中心に配置されることにより音像が一塊となり、より自然なサウンドが得られます。

他のスピーカーには、あまりない特徴ですので是非店頭でご確認頂ければと思います。

このサイズのユニット/エンクロージャーとは思えない豊かな低音も魅力で比較的広くリスニングポイントをカバーできるサウンドは好印象でした。

Dsc_0064_4_3 

【KEF:LS50Meta】

定価:¥143.500-(1ペア)

仕様:2Way バスレフ

ドライブ ユニット:UNI-Q 点音源ドライバー
HF:25mm径:Metamaterial Absorption Technology搭載
  ベンテッド アルミニウムドーム
LF:130mm径 アルミニウムコーン
寸法:200(W) x 302(H) x 280.5(D) mm
重量:7.8kg
カラー: カーボンブラック、ミネラルホワイト、チタニウムグレイ

---------------------------------------------------------------------

【B&W:702S2/Signature】
以前にご紹介いたしました705S2/Signatureのトールボーイ型、702S2/Signatureも同時に入荷致しました!!

人気で品薄が続きましたがやっと店頭でご試聴頂けます!705S2/Signatureの緻密なサウンドがトールボーイになる事で体全体で音圧が感じ取れるのは、とても楽しく時間を忘れます。美しい木目の存在感は目でも楽しめます。

Dsc_0066_2

定価:¥311.000-(1本)

仕様:3 ウ ェ イ・バ ス レ フ 型


【ドライブ・ユニット】
・1 x 25mmデカップル・カーボン・ドーム・トゥイーター
・1 x 150mmコンティニュアム・コ ーン F S T ミッド レン ジ
・3 x 165mmエアロフォイル・プ ロファイル・バ ス

【寸法】
・1087mm(トゥイーター+台座含む)
・幅:366mm(台座含む)
・奥行:414mm(台座含む)

【質量】29.5㎏

B&W「600s2 Anniversary Editionシリーズ」マルチチャンネル試聴会

Bar2_shinjuku_1002_275https://www.avac.co.jp/contents/event/shinjyuku-20201003.html

2020年9月20日 (日)

【新宿本店】marantz 新製品AVアンプ「SR6015」「NR1711」展示スタート!!!

アバック新宿本店の松本でございます。

Matsumoto1401_4
つい先日まで30℃を超える猛暑かと思ったら、急に秋めいた気温になってきましたねmaple
食欲の秋で食べ過ぎないように気を付けなければ・・・・coldsweats01

本日は、コストパフォーマンスに優れたAVアンプ2機種のご案内です♪
1台目の機種は、”Hi-Fi”並みのステレオ音質を目指したAVアンプ「SR6015」になります。

Photo01
こちらが正面パネルの写真になります。
marantz製AVアンプらしいシンプルなフェイスとなっております。

主な特長は、

Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、MPEG-4 AACに対応
新世代の3Dオーディオに加え、新4K/8K衛星放送の音声フォーマットにも対応
9chフルディスクリート・パワーアンプ
実用最大出力220W(6Ω、1 kHz、THD 10%、1 ch駆動)のパワーアンプを9ch搭載
HDAM搭載11.2ch電流帰還型プリアンプ
HDAM搭載の高音質プリアンプ回路。11.2chプロセッシング対応&11.2chプリアウト装備
8K / 60p、4K / 120p、HDR10+、HDCP 2.3、eARCに対応
最新の映像コンテンツを楽しむための新規格に幅広く対応。6入力/3出力のHDMI入出力を装備
HEOSテクノロジーを搭載した先進のネットワーク機能
ストリーミング(Amazon Music HD、AWA、Spotifyなど)、インターネットラジオ、
ハイレゾファイル再生
Wi-Fi、AirPlay 2、Bluetooth®、Alexa対応
ワイヤレスで手軽にミュージックストリーミング。Bluetoothヘッドホンへの送信機能も追加
使いやすさを徹底的に追求したインターフェース
セットアップアシスタント、Marantz 2016 AVR Remoteアプリ、スマートセレクト機能

その他の特徴はこちらをご覧ください。

2chでのステレオ再生をベースに音決めをされた本機は、Hi-Fiオーディオで培った高周波対策や音質対策のノウハウを惜しみなく投入され、AVアンプながらピュアなmarantzサウンドを楽しめる製品となっております。

プリアンプはHi-Fiアンプと同様に、独自モジュールHDAM(High Dynamic Amplifier Module)を全チャンネルに搭載する11.2ch電流帰還型プリアンプを搭載。
入出力セレクターやボリュームなど、それぞれの機能に特化したカスタムデバイスを用いて信号経路を最短化したことにより、透明感が高く情報量の豊かなサウンドを楽しめます。

パワーアンプは全9chを同一回路構成としたフルディスクリートパワーアンプを搭載。
アルミ押し出しヒートシンクに基板を取り付けることで放熱性が高く、振動に強い構造となっている。
サラウンドバックやハイトスピーカーを1組しか使用していない場合などは、フロントスピーカーをバイアンプ接続にして駆動力をアップさせることも可能となっております。

パワーアンプ回路のブロックコンデンサーには、専用開発のカスタムコンデンサー(12,000μF ×2)を搭載。電源トランスは大型のEIコアトランスを採用しており、二層シャーシで強固に固定し、高密度インシュレーターを実装することで振動を低減させております。
またデジタル回路の電源供給には専用のローノイズSMPSを使用し、アナログ回路との相互干渉を排除するとともに、デジタル電源回路の動作周波数を通常の約3倍に高速化し、スイッチングノイズを再生音に影響の及ばない可聴帯域外へシフトしている。

最新のサラウンドフォーマットやゲーミング規格にも対応

HDR10/Dolby Vision/HLG/HDR10+/Dynamic HDRの映像規格や、ゲーミングやVRで役立つALLM/VRR/QMS/QFT規格などに対応。
オーディオフォーマットはDolby Atmos/DTS:X/IMAX Enhanced/MPEG-4 AACに対応。

専用マイクによるオートセットアップ機能「Audyssey MultEQ XT32」を搭載。
フィルター解像度は下位グレードである「Audyssey MultEQ XT」の32倍、映画館での補正に用いられる「Audyssey MultEQ Pro」と同等となっており、また「Audyssey MultEQ Editor」アプリを使用し、精密なカスタマイズをすることも可能となっております。

Photo03
HDMI端子は7系統の入力と3系統の出力を装備。
うち入力1系統と出力2系統が8K/60pおよび4K/120p映像信号のパススルーに対応するほか、全ての端子が著作権保護技術「HDCP 2.3」に対応。
8Kアップスケーリング出力や、本機がスタンバイ状態でも入力信号を出力するHDMIスタンバイスルーにも対応しております。

そして2台目は、薄型AVアンプの「NR1711」になります。
定番のスリムデザインAVアンプが8K/60p、MPEG-4 AAC、HDR10+に対応し、音質もさらに進化して入荷してまいりました。

Photo04
主な特長は、

Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、MPEG-4 AACに対応
新世代の3Dオーディオに加え、新4K/8K衛星放送の音声フォーマットにも対応
7
chフルディスクリート・パワーアンプ
スリムデザインながら実用最大出力100W( 6Ω、1 kHz、THD 10%、1 ch駆動)を実現。
バイアンプ駆動にも対応
HDMI入力、ネットワークオーディオの音質を向上
コンデンサーによるノイズ対策、基板パターンの強化、クロックの振動対策などを徹底

8K / 60p、4K / 120p、HDR10+、HDCP 2.3、eARCに対応
最新の映像コンテンツを楽しむための新規格に幅広く対応。6入力/1出力のHDMI入出力を装備
HEOSテクノロジーを搭載した先進のネットワーク機能
ストリーミング(Amazon Music HD、AWA、Spotifyなど)、インターネットラジオ、
ハイレゾファイル再生
Wi-Fi、AirPlay 2、Bluetooth®、Alexa対応
ワイヤレスで手軽にミュージックストリーミング。Bluetoothヘッドホンへの送信機能も追加
使いやすさを徹底的に追求したインターフェース
セットアップアシスタント、Marantz 2016 AVR Remoteアプリ、スマートセレクト機能

その他の特徴はこちらをご覧ください。

「スリムデザイン」「リビング機器のコントロール」「マランツサウンド」をコンセプトとする“NRシリーズ”の最新モデルとなっております。

DACにはAKM製「AK4458VN」を採用しており、ディテールの表現力の向上のため出力抵抗に高精度な薄膜型金属皮膜抵抗を使用。
DSPは「32bitフローティングポイントQuad Core DSP」を搭載する。
デジタル音源は最大でPCM 192kHz/24bit、DSD 5.6MHzまで再生可能。
DSD、WAV、 FLAC、Apple Losslessファイルのギャップレス再生にも対応する。

アンプはサラウンドバック含む全チャンネルが同一回路構成となった7chフルディスクリート・パワーアンプで、専用開発のカスタムコンデンサーを採用するなど、全面的なブラッシュアップを実施。
サラウンドバックやハイトスピーカーを使用する代わりにフロントスピーカーをバイアンプ接続にしたり、2組のフロントスピーカーを切り替えて使用することも可能となっております。

Photo05

入力端子はHDMIが6系統で、うち1系統が8K対応。
フロントのHDMI端子は無くなっております。
ほか、映像用にはコンポーネント×2とコンポジット×3を、音声用にはアナログ×3、フォノ(MM)×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1を搭載する。
出力端子は1系統のHDMIと、映像用にコンポーネント×1とコンポジット×1、音声用に2.2chプリアウト×1、ゾーンプリアウト×1、ヘッドホン×1を搭載。

今回ご紹介の2モデル共に新宿本店にて比較試聴が可能となっております♪
どちらにするかお悩みのお客様、お気軽にご試聴にご来店くださいませ。

高音質と大画面映像の祭典!!
秋の新製品! 大収穫祭 2020

Photo https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

セール期間は9月12日(土)~10月31日(土)となっております。
2020年秋一押しの製品がセール限定の特典付きの特価にてお求め出来るセールとなっております。
セールページをご確認頂きまして、気になる製品などございましたらお気軽にアバック新宿本店へお問い合わせくださいませ。

■電話番号:03-5937-3150
■お問い合わせフォーム
https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjyuku_inquiry_02.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:domon@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2020年9月12日 (土)

【新宿本店】「DENON AVR-X2700H」展示スタート!!!

アバック新宿本店の松本でございます。

Matsumoto1401
DENON 新型AVアンプ 700三兄弟の末っ子【AVR-X2700H】の展示がスタートいたしました!!!
10万円を切りながらも「8K Ultra HD、HDR10+、eARC」などの最新機能を装備した超コストパフォーマンス 7.2ch AVアンプとなっております。

まずは、正面の写真からご紹介させて頂きます。

Photo01
今回は、「alexa」の機能が追加されております。
ちょっとだけ残念なのが、正面のHDMI入力端子がなくなっております。
フロントパネルは開閉できない仕様となっております。

Photo02
こちらは背面パネルの写真になります。
スピーカーターミナルは接続しやすい横一列配置となっております。
しっかりとケーブルを固定できるため、ケーブルの緩みや抜けによるショートなどのトラブルを防止することができます。また、チャンネルごとに端子の表示が色分けされており、付属の色付きケーブルラベルを使用すれば、スピーカーケーブルの誤配線も防止できます。

Photo03
今回の新型シリーズのポイントである【8K/60p、4K/120pに対応するHDMI入出力】を装備しております。
8K/60pおよび4K/120pの映像信号に対応するHDMI入力を1系統(HDMI 6)、出力を2系統(モニター1/2)装備しています。
また6入力/2出力すべてのHDMI端子が最新の映像コンテンツに対する著作権保護技術「HDCP 2.3」に対応。
衛星放送やインターネットを通して配信される4K/8K Ultra HDコンテンツの超高精細映像をハイクオリティなサウンドとともに楽しむことができます。
また、2系統のモニターHDMI出力で、TVとプロジェクターなど2つの画面に8Kまでの映像を同時に出力することができます。
※8K対応プレーヤーを接続する際は、“Ultra High Speed 48 Gbps HDMI”ケーブルをご使用ください。

その他の主な特長は下記になります。

Audio – 上位モデル譲りの高音質設計
●最大出力185Wの7chディスクリート・パワーアンプ(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動、JEITA)
●Dolby Atmos、DTS:X、MPEG-4 AACに対応
●Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xに対応
●シンプル&ストレートを徹底したプリアンプ、ボリューム回路

Video – 8K Ultra HD / HDR10+ / HDCP 2.3に対応
8K / 60p、4K / 120p 対応 HDMI入出力
●映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision / HLG / BT.2020 / VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC)
●8Kアップスケーリング機能

Network – HEOSテクノロジー搭載
幅広い音楽ストリーミングサービスに対応(Amazon Music HD / AWA / Spotify / SoundCloud)
●5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応(ミュージックサーバー& USBメモリー)
●インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)、Amazon Alexa音声コントロール対応

上位モデル譲りの性能となっております。
残念ながら「AURO3D」「マルチチャンネルプリアウト」は装備しておりませんので、外部パワーアンプを使用してのパワーアップを計画されている方は、上位モデルの【AVC-X6700H】か【AVR-X4700H】をご検討くださいませ。

音質に関しましては、「B&W 700シリーズ」にて試聴をしたのですが、価格以上の音の良さに驚いてしまいました。

Photo_4

2_3
ちょっと懐かしい作品ですが、個人的に大好きな【バトルシップ】の敵が海中から出てくるシーンを使って試聴したのですが、セリフの聞こえやすさや低音のキレなど、さすがに進化しているんだなぁと実感しながら何度も観てしまいました。
今でしたら700シリーズで【AVC-X6700H】や【AVR-X4700H】との比較試聴も可能となっております。
どのモデルにするかお悩みのお客様、お気軽に新宿本店にてご試聴にいらっしゃってください。

最近まで知らなかったのですが、新宿本店のすぐ近くに美味しいカレー屋さんがありました!!!
歩いて2~3分のところに「FISH」さんという本格スパイスカレーを食べられるお店がございます。

Photo04
こちらは2種コンボカレーのチキンカレー&キーマになります。
よく行列しているお店があるなぁ・・・と思っていたのですが、タイミングよくすんなり入店できたので食べてまいりました♪
以前紹介いたしました 『Spicy Curry 魯珈』も美味しかったですが、こちらも個人的には好きですね♪
そんなに辛くないので、スパイスカレーの辛いのは苦手という方にもお勧めしたいお店となっております。
新宿本店にお越しの際は、帰りに寄ってみてはいかがでしょうか(^^♪

そして、本日(9月12日)から新しいセールがスタートいたしました!!!

高音質と大画面映像の祭典!!
秋の新製品! 大収穫祭 2020

Photo https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

セール期間は9月12日(土)~10月31日(土)となっております。
2020年秋一押しの製品がセール限定の特典付きの特価にてお求め出来るセールとなっております。
セールページをご確認頂きまして、気になる製品などございましたらお気軽にアバック新宿本店へお問い合わせくださいませ。

■電話番号:03-5937-3150
■お問い合わせフォーム
https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjyuku_inquiry_02.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:domon@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2020年9月11日 (金)

【新宿本店】MARANTZ 「MODEL 30」 「SACD 30n」 展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike
今回ご紹介致します製品は9月5日に発売されましたMARANTZ 「MODEL 30」「SACD 30n」です。
長く続いた従来のデザインが変更されオーディオ製品としては見たことのないインパクトです。
全面パネルに装備されたライティングで樹脂製の格子模様が浮かび上がります。

Dsc01765_o -------------------------------------------------------------
MODEL 30」 ¥270,000(税別)

Diagonal_0001_burst20200911143817_4 

【定格出力】
200W×2(4Ω、1kHz、THD0.1%)
【接続端子】
アンバランス入力端子5系統(RCA)、フォノ入力1系統(MM/MC切替式)、パワーアンプイン1系統、プリアウト1系統、レックアウト1系統、ヘッドホン出力1系統、他

--------------------------------------------------------------

SACD 30n」¥270,000(税別)

Diagonal_0001_burst2020091114375915

【接続端子】
アナログ音声出力2系統(FIXED/VALIABLE)、デジタル音声出力2系統(同軸、光)、デジタル音声入力3系統(同軸、光×2)、USB入力2系統、LAN端子1系統、ヘッドホン出力1系統
【ハイレゾ対応フォーマット】
USB-B=DSD11.2MHz、384kHz/32ビットリニアPCMまで、同軸・光=最大

--------------------------------------------------------------


SACD 30nは「n」はカラーではなく「ネットワーク」を意味しているようです。上位機種と同様の回路構成で「MMM-Stream」(PCM→DSD変換)他を搭載しデザインだけではなく音質面でも妥協のないモデルです。MODEL 30はクラスDのパワーアンプを搭載し、このサイズ感では実現できなかったスピーカーのドライブ能力に期待できそうです。


現在こちらの組み合わせで再生してりますが各帯域が非常にナチュラルで解放感のあるサウンドです。最近では自宅で楽しめる趣味としてオーディオシステムを導入される相談も増えていますしグレードアップとしてもいかがでしょうか?

ご試聴をお待ちしております。

高音質と大画面映像の祭典!! 秋の新製品! 大収穫祭 2020

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

20200825bana_2

2020年8月29日 (土)

【新宿本店】DALI : MENUET SE  展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike

今回ご紹介いたします製品は DALI : MENUET SE です。

Dsc_0065_2

デンマークのスピーカーメーカーでご存じ方も多いかと思います。

長年に渡りモデルチェンジを行いブックシェルフスピーカーの代名詞のような製品かもしれません。

・インピーダンス: 4Ω
・ツィーター :28mmソフト・ドーム
・ミッドレンジ/ウーハー :115mmローロス・ウッドファイバー・コーン
・エンクロージャータイプ: バスレフ型
・本体重量(1本分): 4.0Kg

「SE」という型番は「スペシャル・エディション」の意味でございますので美しい木目の仕上げ以外にも ネットワーク回路の変更、スピーカーターミナルは上位機種に採用されたパーツに変更され音質改善されています。

Dsc_0066_2

Dsc_0070_3

 

コンパクトスピーカーを選択する上でサイズ感からの音質を最大化できる製品の一つになるかと思います。是非、店頭でご試聴頂ければと思います。

 

2020年8月 8日 (土)

【新宿本店】待望の新製品”DENON AVC-X6700H”展示スタート!!!

アバック新宿本店の松本でございます。

Matsumoto1401
やっと関東も梅雨が明けて、ジメジメした天気から解放されました♪
これから猛暑になるようなので、エアコン風邪等引かないように皆さまご注意くださいませ。

本日は、待ちに待ったAVアンプの新製品が新宿本店で展示がスタートいたしました♪
そのモデルは、”DENON AVC-X6700H”になります。
前回ご紹介させて頂きました”DENON AVR-X4700H”の音の良さにもお届いていたのですが、今回の上位モデル”DENON AVC-X6700H”の音はさらに感動させてくれました!!!

Photo01

Photo02
こちらが本体の前面&背面写真になります。
13本分のスピーカー端子が圧巻・・・。
今回の”DENON AVC-X6700H”は、内蔵アンプは11chなんですが、外部パワーアンプを増設することにより13ch(7.2.6ch)のサラウンド環境を構築可能となっております。
(新宿本店での再生環境は5.1.4chとなっております。)

簡単に特長をご案内。

Audio – 最新オーディオフォーマットをサポート
●さらに音質を磨き上げた、最大出力250Wのモノリスコンストラクション・パワーアンプを11ch搭載●13.2chプロセッシング対応、13.2chプリアウト装備、新たにプリアンプモードを搭載
●Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、Auro-3D®、MPEG-4 AACに対応
●Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xに対応
●デノン AVサラウンド回路設計の中核技術「D.D.S.C.-HD32」

Video - 8K Ultra HD / HDR10+ / HDCP 2.3に対応
●8K / 60p、4K / 120p 対応 HDMI入出力
●映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision / HLG / BT.2020 / VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC)
●8Kアップスケーリング機能

Network – HEOSテクノロジー搭載
●幅広い音楽ストリーミングサービスに対応(Amazon Music HD / AWA / Spotify / SoundCloud)
●5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応(ミュージックサーバー& USBメモリー)
●インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)、Amazon Alexa音声コントロール対応

映像・音声ともに新たな機能を装備して進化しております。
機能だけでなく音も従来のモデルから進化しております。

音に関しての細かなレビューに関しましては、7月の試聴会の際のブログを参照くださいませ。

【レビューブログ】
【新宿本店】「AVC-X6700H」のクオリティアップが凄い!(イベント報告)

御注文・ご相談はお気軽に新宿本店迄♪
お待ちしております(^^♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~ 日本全国にAV(オーディオ・ビジュアル)の感動を・・・ ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:shinjuku@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020年8月 1日 (土)

【新宿本店】 B&W 「705S2 Signature」 展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike

今回ご紹介いたします製品は7月31日発売されました B&W 705S2 Signatureです。

 

Dsc_0055_2

今回の仕様と致しましては、クロスオーバーデザインおよびコンポーネントを進化させ、さらなるディテイルの再現性を獲得。特別な処理を加えたシグナルパスコンデンサー、大型ヒートシンクを採用している様子です。グロス・エボニー(黒檀)の木目仕上げは非常に美しくB&Wの洗練されたデザインに新たな個性も加わり更なる高級感が大きな魅力となりました。

Dsc_0056_2

今回の展示は「705 Signature」でサウンドイメージはB&Wのモダンでレンジの広いサウンドは言うまでもなく中高域/高域側は密度感があり繊細です。ブックシェルフスピーカーのみの選択肢となった場合にでもデザイン性や音質の最大化が期待できるスピーカーの一つです。

Horizon_0001_burst20200801144830805

Poqjcw2a

【705S2 Signature】¥353000、ペア、税別
■型式:2ウェイ2スピーカー、バスレフ型
■使用ユニット:25mmドーム型トゥイーター、165mmウーファー
■(W)200x(H)407x(D)301mm/9.3kg
 

【702S2 Signature】¥662000、ペア、税別
■型式:3ウェイ5スピーカー、バスレフ型
■使用ユニット:25mmドーム型トゥイーター、150mmミッドレンジ、165mmウーファー×3
■(W)366x(H)1087x(D)414mm/29.5kg

 

プロフィール新宿


  • アバック新宿本店
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿7-5-9
    ファーストリアルタワー新宿3F
    ☎:03(5937)3150
    営業時間:11:00~19:00
    火曜・水曜定休
    e-mail:shinjuku@avac.co.jp

    ・JR『 新宿駅』 西口より徒歩8分
    ・都営地下鉄 大江戸線 『新宿西口駅』D5出口より徒歩4分
    ・西武線『西部新宿駅』より徒歩5分