2018年5月14日 (月)

【名古屋店】GWイベント報告その2サウンドスクリーン

名古屋店 明石(あかし)です。

Imgp9721

先日に続きまして、ゴールデンウィーク中のイベントのご報告です。

後半戦はコチラのイベントをご用意致しました。

5月3日(木)~6日(日)11:00~20:00

『普段見れないがここに!GW限定個性派機材のスペシャルシアター体験会!!』

Snapcrab_noname_2018420_204532_no00

【詳細はこちらをご覧ください】

常設展示とは「一味違った」シアターをご紹介するという趣向でした。

まずは、サウンドスクリーンのご提案です。

イーストン 8K対応サウンド生地「E8K」

を120インチパネルでご用意しました。

Img_1232

裏にスピーカーが隠れている格好ですが、音響透過型(サウンド)スクリーンですので、スピーカーからの音を透過してくれるわけです。

Img_1229

Img_1244

映画館はほぼこの仕様です。

一番のメリットは画面中央から音が聞こえること。

ホームシアターの施工例(アバックの施工例はこちらのサイトをご覧ください)

によくみられるように両脇にスピーカーを配置する必要がないので、お部屋横幅いっぱいにスクリーンを設置することが可能。インチアップにも貢献できます。

デメリットは、状況によっては「モアレ」が発生すること。

「E8K」生地は同社従来生地よりも目が細かく(開口ピッチ0.85㎜)なっていますが、やはり画面上に「穴」が開いていることにはなりますので、投影画面への影響がゼロではありません。

この点は、実際に投射画面をご覧いただいてご判断いただくしかない部分ではあります。

(結構厳しいシーンをいくつか視聴してみたのですが、当店の環境と、このサイズですと「モアレ」は確認できませんでしたが)

また「透け」も気になるところでしょう。今回、白木目のスピーカー(Cabasse MC170シリーズ)を使用しましたが、視聴中、特に気になるほどの「透け」はありませんでした。

裏側は「ステンレス・スパッタリング」という金属皮膜になっており、これが裏側からの反射を遮断しているとのこと。

Top_00_img2

Img_1256

さすがに裏側にスクリーンがあると字幕が裏側から反射してしまいましたが、ご家庭ではそう起きる現象ではないと思います。

音についても、カタログスペックによると「40kHz付近の超高音域でも優れた音響透過特性を発揮」とのことで、実際の聴感上もダイアローグ等の聴きづらさは感じませんでした。

サウンドスクリーンは、なかなか展示をしている店舗がありませんので、また皆様にご体感いただける機会は作れれば、と思っています。

ご興味のある方はぜひ名古屋店までご相談ください。

GWイベント報告ブログまさかのまだ続きます・・・。次が最終回ですので、もう少しお付き合いください。


5月19日(土)11:00~19:00(ご予約不要)

「『JVC LX-UH1』先行視聴フェア」

Jvc_bana_3


アバック名古屋店では、お車でお越しのお客様に、

駐車場をご案内しておりますsign01

詳細はこちらを参照ください。

Bar3_nagoyatimes_1209_275


名古屋、愛知県、岐阜県、三重県、東海地方のホームシアターはAVAC名古屋店へお任せ下さい!

P1030365


■株式会社アバック 名古屋店

愛知県名古屋市中村区1丁目11-28 BRIO名南1F
https://www.avac.co.jp/contents/nagoya.html
メールアドレス:
nagoya@avac.co.jp

TEL:052-571-8810
FAX:052-571-8820


営業時間:AM11:00~PM8:00
定休日:火曜日・水曜日

2018年5月12日 (土)

【名古屋店】GW中イベントの報告です

名古屋店 明石(あかし)です。

Imgp9721

名古屋店にも到着しております

4K UHD「スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ」

Img_1221

作品内容は賛否両論あるようですが(個人的にはかなり好きですが)、Dolby ATMOS&VISION採用で4K UHDが発売と、ディスクとしてはかなりのハイスペック。ブルーレイと同日発売というのもいままでの同シリーズ作品と比べ「恵まれてる」という感じです。

今作品はフィルム撮影ですので、4KUHD盤もデジタル撮影のようなパキッとした画ではなく、適度にフィルムグレインが感じられる雰囲気のある画調。でも画の情報量はすごく多いです。作品のキーカラーである赤の表現に好みが出るように思いますので、皆様もぜひプロジェクターの調整で追い込んでみてください。

音は派手にトップスピーカーがガンガン鳴る、というよりは、上品な空間音表現といった趣き。前作もそうでしたが質はすごく高いと思います。

今後、映像/音響ともにこれからデモに大活躍してくれることでしょう。

さて、ゴールデンウィーク前半戦4月28日(土)~30日(月)の店舗企画、多くの皆様のご参加ありがとうございました。

『好評につき第二弾!禁断の新旧&兄弟対決!JVC HDRモデル進化の軌跡DLA-X990RvsDLA-X770RvsDLA-X750R!!DLA-Z1も参戦!!!』

Snapcrab_noname_2018420_20422_no00

【詳細はコチラをご覧ください】

SONYプロジェクターでご好評いただきました禁断の新旧&兄弟対決を今回はJVCで行いました。

4K UHD「スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ」のワンシーンを再生してみます。

旧モデル DLA-X750R

Dlax750r

旧モデル DLA-X770R

Dlax770r

現行の DLA-X990R

Dlax990r

と、順番に観ていくと、まさしくJVC D-ILAの「進化」が感じられます。

(すいません。写真だと上手く伝わらないかもしれませんが・・・)

特にHDR(ハイダイナミックレンジ)は、従来から定評のあった「コントラストモンスター」っぷりが圧巻。「黒」だけでなく、輝度ピーク、白ピークとの輝度差が、画にメリハリと奥行を与えてくれています。色味も含めてHDR(ハイダイナミックレンジ)の画についてメーカーがしっかりと研究し、画作りに反映しているのを、改めて実感出来ました。

これはもちろん従来のBlu-ray再生、SDR(スタンダードダイナミックレンジ)での再生にも良い方向で生かされています。

5世代目になった4K e-Siftももはや完成の域!?過去にe-Sift視聴でよいイメージが無かった方も、今世代はぜひ一度ご体感いただくことをオススメします。

本イベントでは現時点でのホームプロジェクター最高峰クラス

JVC DLA-Z1

Dlaz1_prod_l


の画もご体感いただいたのですが、

リアル4Kパネルによる圧倒的な鮮明感、レーザー光源採用による色域の広さ、大口径ガラスレンズが織りなす高い質感表現は、やはり990Rをも凌駕しています。

ご参加いただいたお客様からも「やっぱり違うね・・・」というお言葉をいただきました。

JVC DLA-Z1

Img_1132

JVC DLA-X990R

Img_1133

は常設展示ですので、引き続きご検討の方のご来店、ご視聴依頼お待ちしております。

ゴールデンウィーク中イベント後半戦については、また後日ご報告致します。


JVCと言えば、こちらのフェアも大注目!

5月19日(土)11:00~19:00(ご予約不要)

「『JVC LX-UH1』先行視聴フェア」

Jvc_bana_3


アバック名古屋店では、お車でお越しのお客様に、

駐車場をご案内しておりますsign01

詳細はこちらを参照ください。

Bar3_nagoyatimes_1209_275


名古屋、愛知県、岐阜県、三重県、東海地方のホームシアターはAVAC名古屋店へお任せ下さい!

P1030365


■株式会社アバック 名古屋店

愛知県名古屋市中村区1丁目11-28 BRIO名南1F
https://www.avac.co.jp/contents/nagoya.html
メールアドレス:
nagoya@avac.co.jp

TEL:052-571-8810
FAX:052-571-8820


営業時間:AM11:00~PM8:00
定休日:火曜日・水曜日

2018年5月 6日 (日)

【名古屋店】JVC初のDLPプロジェクターイベントのお知らせ

名古屋店 明石(あかし)です。

Imgp9721

JVC 初のDLPプロジェクターの国内発売が発表されましたね。

JVC LX-UH1

Lxuh1_prod_l 先日、私も実物を観る機会があったのですが、4Kらしい解像感の高さはしっかり実感できる画でした。

4K UHD/HDRにも対応。さすがにD-ILAのような輝度差の表現には及びませんが、しっかりHDRの恩恵を感じられる画になっていました。

また、個人的に好印象を持ったのはSDR(スタンダードダイナミックレンジ)の画です。

DLPらしい色ノリの濃さが発揮された画作りで、『まだまだBlu-rayの視聴が中心。でもせっかくなら4Kにも対応しておきたいし…』という方にも十分オススメしたいモデルになっていると思います。

投射距離は100インチで最低約3m必要と、スタンダードなホームプロジェクターのスペックですが、筐体の奥行が33cmと小さめなので、他機種で希望のインチサイズがとれない、という方の救いになるアイテムにもなりそうです。

レンズシフト上下60%搭載もうれしいスペックですね。

さて、そんな話題のモデル、名古屋店ではいち早く皆様にもご体感いただける機会をご用意しました。

5月19日(土)11:00~19:00(ご予約不要)

「『JVC LX-UH1』先行視聴フェア」

Jvc_bana_2

5月末頃の発売に先駆けてご覧いただくことが出来ます。当日はメーカー(JVC)の方にもご参加いただきますので、ご質問などある方もどしどしぶつけてみてください。

出来る限り多くの方にご覧いただけますよう、今回は時間を区切らず、

11:00 ~ 19:00

の間、どの時間に来ていただいてもご視聴可能と致しました。

(※時間帯によっては混雑が予想されます。その際は順次のご案内となります。また長時間のご視聴ご遠慮頂く場合もございます。予めご了承ください。)

当日ご成約の方には『スペシャル下取アップ』もご用意しております。

金額は当日店舗にて発表致しますのでお楽しみに!

また、下取りのない新規導入の方ももちろん歓迎です。

天吊り工事や吊り替えのご相談も専門店のアバックなら大丈夫。安心してご相談ください。

皆様のご来店、ご参加お待ちしております。


アバック名古屋店では、お車でお越しのお客様に、

駐車場をご案内しておりますsign01

詳細はこちらを参照ください。

Bar3_nagoyatimes_1209_275


名古屋、愛知県、岐阜県、三重県、東海地方のホームシアターはAVAC名古屋店へお任せ下さい!

P1030365


■株式会社アバック 名古屋店

愛知県名古屋市中村区1丁目11-28 BRIO名南1F
https://www.avac.co.jp/contents/nagoya.html
メールアドレス:
nagoya@avac.co.jp

TEL:052-571-8810
FAX:052-571-8820


営業時間:AM11:00~PM8:00
定休日:火曜日・水曜日