インストール

2017年4月 8日 (土)

【名古屋店】 DLA-Z1でアニメを観てみました

名古屋店 明石(あかし)です。

Imgp9721

「ミニオンズ」でお馴染みの

イルミネーションエンターテインメントの新作

『SING/シング』

ディズニーの

『モアナと伝説の海』

Kimg0064_2

を先日劇場にて鑑賞しました。

ストーリーや画のタッチは

好みがわかれるところでしょうが、

とにかく昨今の3DCGアニメーションの

クオリティの高さには驚かされるばかり。

毛並みとかの描写が凄すぎるんですよ。

国内パッケージソフト化も楽しみですね。

さて遂に当店でも常設展示を開始した

4Kレーザープロジェクター

JVC DLA-Z1

Img_0382

魅力は、4Kリアルパネルが実現する圧倒的解像感、

3000ルーメンの高輝度と、さまざまありますが、

イベントなどでのデモは、その実力を観ていただくために、

新しめの映画や環境ソフトなどが多かったですよね?

ただ、

いつも観ているソフトや別のジャンルのコンテンツを観てみたら

一体どうなるのだろう?と思われた方も

いらっしゃったのではないでしょうか?

そこで、名古屋店ブログでは、

『DLA-Z1で 〇 〇 観てみました』

と銘打って、

DLA-Z1でさまざまなジャンルのソースを観てみようと思います。

このブログを読んで想像を膨らませていただき、

ぜひ導入を検討ください。

というわけでその第1回目はずばり

『アニメ』

冒頭ご紹介した海外3DCGアニメはもちろん、

国内アニメもハイクオリティな画質を実現する作品も増えており、

もはや一部の人のものだけではなくなってきているジャンルですね。

まずは、アニメと言えばのディズニー。

『ズートピア』

Img_0389_2

画質モードは「シネマ」で。

Z1の画質モードには、

DLA-X770Rのようにデフォルトで「アニメ」はありません。

ただ「アニメ」モードは明るめのやや派手な画調になりますので、

アニメーション作品でも、

作品によっては「ナチュラル」や「シネマ」が合うことも。

特に、ディズニーなどの3DCGアニメーションは色数も立体感も豊富ですので、

そこを生かす画像調整を目指したいところ。

解像感はもちろん、質感表現でも驚いていただけるでしょう。

Img_0408_2

次にいまや飛ぶ鳥を落とす勢いの

イルミネーションエンターテインメントから、

『ペット』

これは、4K UHD HDRでの視聴です。

画質モード、カラープロファイルは自動で「HDR」になります。

Img_0415

SDRと見比べて極端に画調が違う訳ではないのですが、

HDRのほうが色もグッと乗ってきますし、

明るいピーク側にも迫力が出てきます。

国内アニメからは、

『君の名は』で大ヒットを飛ばした新海誠監督作品を観てみましょう。

『言の葉の庭』

Img_0397

ブルーレイでの視聴。

作品のキーカラーとも言える「緑」の出し方がポイント。

ここは、画質モードを「ナチュラル」に、

カラープロファイル「DCI」にしてみます。

Img_0420

Img_0416

緑の発色とグラデーションの豊富さで、

レーザー光源で広がった色域を体感できるコンテンツと言えると思います。

『ガールズ&パンツァー 劇場版』

ブルーレイでの視聴。弾道音や、爆発音などがカラッと乾いていて、サラウンドとしてもよく出来た映画だと思いますが、画も高画質。

人物はペタっとしたセルアニメの画ですが、

Z1の再生では、

圧倒的な輝度で画にパワーがあります。

Img_0404

『機動戦士ガンダム

 サンダーボルト

 DECEMBER SKY』

これは、4K UHD HDRでの視聴。

Img_0401

所謂セルアニメ初のHDRパッケージ作品ですが、

HDR再生における圧倒的な輝度の正義を感じることが出来るコンテンツです。

Img_0422

ピーク輝度の高さによる迫力が体感できます。

『新世紀エヴァンゲリオン』

(エアチェック)

1990年代の作品なので解像感はイマイチですが、

プロジェクターで4Kにアップコンバートしてあげると、

かなり「観られる画」になります。

Img_0427

アップコンバートの質のよさもこのプロジェクターの魅力です。

いかがでしたでしょうか?

DLA-Z1

で観るアニメーション作品の魅力が伝わりましたでしょうか?

もちろん私のつたない文章よりも、

その眼でお確かめいただくのがイチバンです。

ぜひアバック名古屋店までお越しください。

4月1日(土)~16日(日)

『DLA-Z1常設展示開始記念

JVC プロジェクターフェア in名古屋』

Ws000152

開催中!!

詳細はコチラをご覧ください

皆様のご来店、お待ちしております。

downこちらのセールもぜひご利用ください

2017


アバック名古屋店では、お車でお越しのお客様に、

駐車場をご案内できることになりましたsign01

詳細はこちらを参照ください。

Bar3_nagoyatimes_1209_275


名古屋、愛知県、岐阜県、三重県、東海地方のホームシアターはAVAC名古屋店へお任せ下さい!

P1030365


■株式会社アバック 名古屋店

愛知県名古屋市中村区1丁目11-28 BRIO名南1F
https://www.avac.co.jp/contents/nagoya.html
メールアドレス:
nagoya@avac.co.jp

TEL:052-571-8810
FAX:052-571-8820


営業時間:AM11:00~PM8:00
定休日:火曜日・水曜日

2017年2月24日 (金)

【名古屋店】『ホームシアターファイル』発売中です

名古屋店 明石(あかし)です。

Imgp9721

ホームシアター専門誌

『ホームシアターファイル SPRING Vol:82』が発売中です。

Img_0157

今号の全国ショップガイドのトップページに

当店「アバック名古屋店」が掲載されています。

Img_0158

この記事の店長小宮の発言にもありますように、

当店は「体感型」のホームシアターショップと自負しております。

プロジェクター、スクリーン、

AVアンプ、スピーカーも複数種類を揃え、

スペックだけではわかりづらい機材の質や特色をご体感いただけます。

愛知県内や名古屋市内のみならず、

岐阜県、三重県、静岡県の東海地域で

ホームシアターをご検討の皆様、ぜひともご来店ください。

お待ちしております。

今号の「ホームシアターファイル」は、

「専用室をつくろう」がテーマ。

「2017年 ホームシアターグランプリ」も発表されていますので、

ぜひ今後のお買い物のご参考になさってください。

今号のホームシアターファイル表紙にもありますように、

「映画館を越える」ことは可能なのでしょうか?

ホームシアターでは最近の定番仕様と言っても過言ではない、

ドルビーアトモス対応

4K解像度のプロジェクター

ですが、

これを実現できている映画館は日本国内でもそれほど多くないのが実情。

そういった意味では、ホームシアターで

「映画館を越える」

のは、意外に現実的な目標なのかも??

実はどんなホームシアターを目指すか?は千差万別。

イメージが具体的にある方には、

可能な限りそのイメージを尊重したシアターをご提案致しますし、

特にイメージのない方には、

スタッフからお客様に合わせたご提案を致します。

まずはご相談ください。

こんなイベントも企画しておりますsign01downwardlefteye

 2月25日(土)14:00~16:00(要予約)

Bar2_nagoya_0203_275

ホームシアター導入検討されていらっしゃるAV初心者の方も大歓迎です。
疑問の多い、埋め込みスピーカーや、
サラウンドスピーカーのことなどが、まるわかりsign01

アバック名古屋店では、お車でお越しのお客様に、

駐車場をご案内できることになりましたsign01

詳細はこちらを参照ください。

Bar3_nagoyatimes_1209_275


名古屋、愛知県、岐阜県、三重県、東海地方のホームシアターはAVAC名古屋店へお任せ下さい!

P1030365


■株式会社アバック 名古屋店

愛知県名古屋市中村区1丁目11-28 BRIO名南1F
https://www.avac.co.jp/contents/nagoya.html
メールアドレス:
nagoya@avac.co.jp

TEL:052-571-8810
FAX:052-571-8820


営業時間:AM11:00~PM8:00
定休日:火曜日・水曜日

2017年1月 5日 (木)

【名古屋店】新年のご挨拶&イベントのご案内

Komiya_photo_3
みなさま、あけましておめでとうございます。
アバック名古屋店 小宮です。

本年も宜しくお願い致しますconfident

皆様本年はもう映画はご覧になりましたでしょうか。
音楽ばかりで映画の勉強が道半ばの私も少しだけ詳しい映画のジャンルがございます。
それは『パロディ』映画。今回は1作品ご紹介させて頂きます。
「ウォーキングゾンビランド」

Wzr_2

今や定番ゾンビドラマの「ウォーキングデッド」をご覧になった方なら爆笑間違いありません。パロディ映画らしくストーリーはグダグダです。今年も映画を楽しみましょうsun

さて、本年最初のイベントが決定致しました。

Dai 大画面始めよう!ホームシアターセミナー(プロジェクター&スクリーン編)

初めてプロジェクターを使ってみたい!新しいご新居にホームシアターを導入したい!そんなお客様に向けたエントリー体感イベントとなっております。
内容としましては、、、
・100インチってどのくらいの大きさ??薄型テレビと比べてみよう!

・スクリーンの違いって何?スクリーンメーカーが選び方をお教えします! 

・プロジェクターの置き方は??設置のポイントを分かりやすくご案内 

・プロジェクターで何見よう?何見れる?? 

・4Kってどれぐらいすごいの??4Kプロジェクター比較デモンストレーション! 

・大画面だからこそ面白い!3Dシアター体験!!

このようにプロジェクター、スクリーンの基本をご体感頂けるイベントとなっておりますsign03

当日はスクリーンの専業メーカーOS+e社より専門家をお呼びしスクリーンの選び方を詳しくガイダンス頂く予定となっておりますsign03

プロジェクターは4K対応モデル一番人気の『EH-TW8300』で4Kをご体感頂き、

P1080765

エントリープロジェクターで人気の液晶、DLPのフルハイビジョンプロジェクターとの違いをご体感頂けます。

P1080766

映像も明るい楽しい映像やコンテンツでお楽しみ頂きたいと思っております。
本年も皆様のご参加をお待ちしておりますsign03
ご予約はこちらから


アバック名古屋店では、お車でお越しのお客様に、

駐車場をご案内できることになりましたsign01

詳細はこちらを参照ください。

Bar3_nagoyatimes_1209_275


■株式会社アバック 名古屋店

愛知県名古屋市中村区1丁目11-28 BRIO名南1F
https://www.avac.co.jp/contents/nagoya.html
メールアドレス:
nagoya@avac.co.jp

TEL:052-571-8810
FAX:052-571-8820


営業時間:AM11:00~PM8:00
定休日:火曜日・水曜日