新製品!

2020年9月20日 (日)

【新宿本店】marantz 新製品AVアンプ「SR6015」「NR1711」展示スタート!!!

アバック新宿本店の松本でございます。

Matsumoto1401_4
つい先日まで30℃を超える猛暑かと思ったら、急に秋めいた気温になってきましたねmaple
食欲の秋で食べ過ぎないように気を付けなければ・・・・coldsweats01

本日は、コストパフォーマンスに優れたAVアンプ2機種のご案内です♪
1台目の機種は、”Hi-Fi”並みのステレオ音質を目指したAVアンプ「SR6015」になります。

Photo01
こちらが正面パネルの写真になります。
marantz製AVアンプらしいシンプルなフェイスとなっております。

主な特長は、

Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、MPEG-4 AACに対応
新世代の3Dオーディオに加え、新4K/8K衛星放送の音声フォーマットにも対応
9chフルディスクリート・パワーアンプ
実用最大出力220W(6Ω、1 kHz、THD 10%、1 ch駆動)のパワーアンプを9ch搭載
HDAM搭載11.2ch電流帰還型プリアンプ
HDAM搭載の高音質プリアンプ回路。11.2chプロセッシング対応&11.2chプリアウト装備
8K / 60p、4K / 120p、HDR10+、HDCP 2.3、eARCに対応
最新の映像コンテンツを楽しむための新規格に幅広く対応。6入力/3出力のHDMI入出力を装備
HEOSテクノロジーを搭載した先進のネットワーク機能
ストリーミング(Amazon Music HD、AWA、Spotifyなど)、インターネットラジオ、
ハイレゾファイル再生
Wi-Fi、AirPlay 2、Bluetooth®、Alexa対応
ワイヤレスで手軽にミュージックストリーミング。Bluetoothヘッドホンへの送信機能も追加
使いやすさを徹底的に追求したインターフェース
セットアップアシスタント、Marantz 2016 AVR Remoteアプリ、スマートセレクト機能

その他の特徴はこちらをご覧ください。

2chでのステレオ再生をベースに音決めをされた本機は、Hi-Fiオーディオで培った高周波対策や音質対策のノウハウを惜しみなく投入され、AVアンプながらピュアなmarantzサウンドを楽しめる製品となっております。

プリアンプはHi-Fiアンプと同様に、独自モジュールHDAM(High Dynamic Amplifier Module)を全チャンネルに搭載する11.2ch電流帰還型プリアンプを搭載。
入出力セレクターやボリュームなど、それぞれの機能に特化したカスタムデバイスを用いて信号経路を最短化したことにより、透明感が高く情報量の豊かなサウンドを楽しめます。

パワーアンプは全9chを同一回路構成としたフルディスクリートパワーアンプを搭載。
アルミ押し出しヒートシンクに基板を取り付けることで放熱性が高く、振動に強い構造となっている。
サラウンドバックやハイトスピーカーを1組しか使用していない場合などは、フロントスピーカーをバイアンプ接続にして駆動力をアップさせることも可能となっております。

パワーアンプ回路のブロックコンデンサーには、専用開発のカスタムコンデンサー(12,000μF ×2)を搭載。電源トランスは大型のEIコアトランスを採用しており、二層シャーシで強固に固定し、高密度インシュレーターを実装することで振動を低減させております。
またデジタル回路の電源供給には専用のローノイズSMPSを使用し、アナログ回路との相互干渉を排除するとともに、デジタル電源回路の動作周波数を通常の約3倍に高速化し、スイッチングノイズを再生音に影響の及ばない可聴帯域外へシフトしている。

最新のサラウンドフォーマットやゲーミング規格にも対応

HDR10/Dolby Vision/HLG/HDR10+/Dynamic HDRの映像規格や、ゲーミングやVRで役立つALLM/VRR/QMS/QFT規格などに対応。
オーディオフォーマットはDolby Atmos/DTS:X/IMAX Enhanced/MPEG-4 AACに対応。

専用マイクによるオートセットアップ機能「Audyssey MultEQ XT32」を搭載。
フィルター解像度は下位グレードである「Audyssey MultEQ XT」の32倍、映画館での補正に用いられる「Audyssey MultEQ Pro」と同等となっており、また「Audyssey MultEQ Editor」アプリを使用し、精密なカスタマイズをすることも可能となっております。

Photo03
HDMI端子は7系統の入力と3系統の出力を装備。
うち入力1系統と出力2系統が8K/60pおよび4K/120p映像信号のパススルーに対応するほか、全ての端子が著作権保護技術「HDCP 2.3」に対応。
8Kアップスケーリング出力や、本機がスタンバイ状態でも入力信号を出力するHDMIスタンバイスルーにも対応しております。

そして2台目は、薄型AVアンプの「NR1711」になります。
定番のスリムデザインAVアンプが8K/60p、MPEG-4 AAC、HDR10+に対応し、音質もさらに進化して入荷してまいりました。

Photo04
主な特長は、

Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、MPEG-4 AACに対応
新世代の3Dオーディオに加え、新4K/8K衛星放送の音声フォーマットにも対応
7
chフルディスクリート・パワーアンプ
スリムデザインながら実用最大出力100W( 6Ω、1 kHz、THD 10%、1 ch駆動)を実現。
バイアンプ駆動にも対応
HDMI入力、ネットワークオーディオの音質を向上
コンデンサーによるノイズ対策、基板パターンの強化、クロックの振動対策などを徹底

8K / 60p、4K / 120p、HDR10+、HDCP 2.3、eARCに対応
最新の映像コンテンツを楽しむための新規格に幅広く対応。6入力/1出力のHDMI入出力を装備
HEOSテクノロジーを搭載した先進のネットワーク機能
ストリーミング(Amazon Music HD、AWA、Spotifyなど)、インターネットラジオ、
ハイレゾファイル再生
Wi-Fi、AirPlay 2、Bluetooth®、Alexa対応
ワイヤレスで手軽にミュージックストリーミング。Bluetoothヘッドホンへの送信機能も追加
使いやすさを徹底的に追求したインターフェース
セットアップアシスタント、Marantz 2016 AVR Remoteアプリ、スマートセレクト機能

その他の特徴はこちらをご覧ください。

「スリムデザイン」「リビング機器のコントロール」「マランツサウンド」をコンセプトとする“NRシリーズ”の最新モデルとなっております。

DACにはAKM製「AK4458VN」を採用しており、ディテールの表現力の向上のため出力抵抗に高精度な薄膜型金属皮膜抵抗を使用。
DSPは「32bitフローティングポイントQuad Core DSP」を搭載する。
デジタル音源は最大でPCM 192kHz/24bit、DSD 5.6MHzまで再生可能。
DSD、WAV、 FLAC、Apple Losslessファイルのギャップレス再生にも対応する。

アンプはサラウンドバック含む全チャンネルが同一回路構成となった7chフルディスクリート・パワーアンプで、専用開発のカスタムコンデンサーを採用するなど、全面的なブラッシュアップを実施。
サラウンドバックやハイトスピーカーを使用する代わりにフロントスピーカーをバイアンプ接続にしたり、2組のフロントスピーカーを切り替えて使用することも可能となっております。

Photo05

入力端子はHDMIが6系統で、うち1系統が8K対応。
フロントのHDMI端子は無くなっております。
ほか、映像用にはコンポーネント×2とコンポジット×3を、音声用にはアナログ×3、フォノ(MM)×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1を搭載する。
出力端子は1系統のHDMIと、映像用にコンポーネント×1とコンポジット×1、音声用に2.2chプリアウト×1、ゾーンプリアウト×1、ヘッドホン×1を搭載。

今回ご紹介の2モデル共に新宿本店にて比較試聴が可能となっております♪
どちらにするかお悩みのお客様、お気軽にご試聴にご来店くださいませ。

高音質と大画面映像の祭典!!
秋の新製品! 大収穫祭 2020

Photo https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

セール期間は9月12日(土)~10月31日(土)となっております。
2020年秋一押しの製品がセール限定の特典付きの特価にてお求め出来るセールとなっております。
セールページをご確認頂きまして、気になる製品などございましたらお気軽にアバック新宿本店へお問い合わせくださいませ。

■電話番号:03-5937-3150
■お問い合わせフォーム
https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjyuku_inquiry_02.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:domon@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2020年9月12日 (土)

【新宿本店】「DENON AVR-X2700H」展示スタート!!!

アバック新宿本店の松本でございます。

Matsumoto1401
DENON 新型AVアンプ 700三兄弟の末っ子【AVR-X2700H】の展示がスタートいたしました!!!
10万円を切りながらも「8K Ultra HD、HDR10+、eARC」などの最新機能を装備した超コストパフォーマンス 7.2ch AVアンプとなっております。

まずは、正面の写真からご紹介させて頂きます。

Photo01
今回は、「alexa」の機能が追加されております。
ちょっとだけ残念なのが、正面のHDMI入力端子がなくなっております。
フロントパネルは開閉できない仕様となっております。

Photo02
こちらは背面パネルの写真になります。
スピーカーターミナルは接続しやすい横一列配置となっております。
しっかりとケーブルを固定できるため、ケーブルの緩みや抜けによるショートなどのトラブルを防止することができます。また、チャンネルごとに端子の表示が色分けされており、付属の色付きケーブルラベルを使用すれば、スピーカーケーブルの誤配線も防止できます。

Photo03
今回の新型シリーズのポイントである【8K/60p、4K/120pに対応するHDMI入出力】を装備しております。
8K/60pおよび4K/120pの映像信号に対応するHDMI入力を1系統(HDMI 6)、出力を2系統(モニター1/2)装備しています。
また6入力/2出力すべてのHDMI端子が最新の映像コンテンツに対する著作権保護技術「HDCP 2.3」に対応。
衛星放送やインターネットを通して配信される4K/8K Ultra HDコンテンツの超高精細映像をハイクオリティなサウンドとともに楽しむことができます。
また、2系統のモニターHDMI出力で、TVとプロジェクターなど2つの画面に8Kまでの映像を同時に出力することができます。
※8K対応プレーヤーを接続する際は、“Ultra High Speed 48 Gbps HDMI”ケーブルをご使用ください。

その他の主な特長は下記になります。

Audio – 上位モデル譲りの高音質設計
●最大出力185Wの7chディスクリート・パワーアンプ(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動、JEITA)
●Dolby Atmos、DTS:X、MPEG-4 AACに対応
●Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xに対応
●シンプル&ストレートを徹底したプリアンプ、ボリューム回路

Video – 8K Ultra HD / HDR10+ / HDCP 2.3に対応
8K / 60p、4K / 120p 対応 HDMI入出力
●映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision / HLG / BT.2020 / VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC)
●8Kアップスケーリング機能

Network – HEOSテクノロジー搭載
幅広い音楽ストリーミングサービスに対応(Amazon Music HD / AWA / Spotify / SoundCloud)
●5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応(ミュージックサーバー& USBメモリー)
●インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)、Amazon Alexa音声コントロール対応

上位モデル譲りの性能となっております。
残念ながら「AURO3D」「マルチチャンネルプリアウト」は装備しておりませんので、外部パワーアンプを使用してのパワーアップを計画されている方は、上位モデルの【AVC-X6700H】か【AVR-X4700H】をご検討くださいませ。

音質に関しましては、「B&W 700シリーズ」にて試聴をしたのですが、価格以上の音の良さに驚いてしまいました。

Photo_4

2_3
ちょっと懐かしい作品ですが、個人的に大好きな【バトルシップ】の敵が海中から出てくるシーンを使って試聴したのですが、セリフの聞こえやすさや低音のキレなど、さすがに進化しているんだなぁと実感しながら何度も観てしまいました。
今でしたら700シリーズで【AVC-X6700H】や【AVR-X4700H】との比較試聴も可能となっております。
どのモデルにするかお悩みのお客様、お気軽に新宿本店にてご試聴にいらっしゃってください。

最近まで知らなかったのですが、新宿本店のすぐ近くに美味しいカレー屋さんがありました!!!
歩いて2~3分のところに「FISH」さんという本格スパイスカレーを食べられるお店がございます。

Photo04
こちらは2種コンボカレーのチキンカレー&キーマになります。
よく行列しているお店があるなぁ・・・と思っていたのですが、タイミングよくすんなり入店できたので食べてまいりました♪
以前紹介いたしました 『Spicy Curry 魯珈』も美味しかったですが、こちらも個人的には好きですね♪
そんなに辛くないので、スパイスカレーの辛いのは苦手という方にもお勧めしたいお店となっております。
新宿本店にお越しの際は、帰りに寄ってみてはいかがでしょうか(^^♪

そして、本日(9月12日)から新しいセールがスタートいたしました!!!

高音質と大画面映像の祭典!!
秋の新製品! 大収穫祭 2020

Photo https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

セール期間は9月12日(土)~10月31日(土)となっております。
2020年秋一押しの製品がセール限定の特典付きの特価にてお求め出来るセールとなっております。
セールページをご確認頂きまして、気になる製品などございましたらお気軽にアバック新宿本店へお問い合わせくださいませ。

■電話番号:03-5937-3150
■お問い合わせフォーム
https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjyuku_inquiry_02.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:domon@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2020年9月11日 (金)

【新宿本店】MARANTZ 「MODEL 30」 「SACD 30n」 展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike
今回ご紹介致します製品は9月5日に発売されましたMARANTZ 「MODEL 30」「SACD 30n」です。
長く続いた従来のデザインが変更されオーディオ製品としては見たことのないインパクトです。
全面パネルに装備されたライティングで樹脂製の格子模様が浮かび上がります。

Dsc01765_o -------------------------------------------------------------
MODEL 30」 ¥270,000(税別)

Diagonal_0001_burst20200911143817_4 

【定格出力】
200W×2(4Ω、1kHz、THD0.1%)
【接続端子】
アンバランス入力端子5系統(RCA)、フォノ入力1系統(MM/MC切替式)、パワーアンプイン1系統、プリアウト1系統、レックアウト1系統、ヘッドホン出力1系統、他

--------------------------------------------------------------

SACD 30n」¥270,000(税別)

Diagonal_0001_burst2020091114375915

【接続端子】
アナログ音声出力2系統(FIXED/VALIABLE)、デジタル音声出力2系統(同軸、光)、デジタル音声入力3系統(同軸、光×2)、USB入力2系統、LAN端子1系統、ヘッドホン出力1系統
【ハイレゾ対応フォーマット】
USB-B=DSD11.2MHz、384kHz/32ビットリニアPCMまで、同軸・光=最大

--------------------------------------------------------------


SACD 30nは「n」はカラーではなく「ネットワーク」を意味しているようです。上位機種と同様の回路構成で「MMM-Stream」(PCM→DSD変換)他を搭載しデザインだけではなく音質面でも妥協のないモデルです。MODEL 30はクラスDのパワーアンプを搭載し、このサイズ感では実現できなかったスピーカーのドライブ能力に期待できそうです。


現在こちらの組み合わせで再生してりますが各帯域が非常にナチュラルで解放感のあるサウンドです。最近では自宅で楽しめる趣味としてオーディオシステムを導入される相談も増えていますしグレードアップとしてもいかがでしょうか?

ご試聴をお待ちしております。

高音質と大画面映像の祭典!! 秋の新製品! 大収穫祭 2020

https://www.avac.co.jp/contents/topics/autumn-sale2020.html

20200825bana_2

2020年8月 1日 (土)

【新宿本店】 B&W 「705S2 Signature」 展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike

今回ご紹介いたします製品は7月31日発売されました B&W 705S2 Signatureです。

 

Dsc_0055_2

今回の仕様と致しましては、クロスオーバーデザインおよびコンポーネントを進化させ、さらなるディテイルの再現性を獲得。特別な処理を加えたシグナルパスコンデンサー、大型ヒートシンクを採用している様子です。グロス・エボニー(黒檀)の木目仕上げは非常に美しくB&Wの洗練されたデザインに新たな個性も加わり更なる高級感が大きな魅力となりました。

Dsc_0056_2

今回の展示は「705 Signature」でサウンドイメージはB&Wのモダンでレンジの広いサウンドは言うまでもなく中高域/高域側は密度感があり繊細です。ブックシェルフスピーカーのみの選択肢となった場合にでもデザイン性や音質の最大化が期待できるスピーカーの一つです。

Horizon_0001_burst20200801144830805

Poqjcw2a

【705S2 Signature】¥353000、ペア、税別
■型式:2ウェイ2スピーカー、バスレフ型
■使用ユニット:25mmドーム型トゥイーター、165mmウーファー
■(W)200x(H)407x(D)301mm/9.3kg
 

【702S2 Signature】¥662000、ペア、税別
■型式:3ウェイ5スピーカー、バスレフ型
■使用ユニット:25mmドーム型トゥイーター、150mmミッドレンジ、165mmウーファー×3
■(W)366x(H)1087x(D)414mm/29.5kg

 

2020年7月16日 (木)

【新宿本店】新製品”DENON AVR-X4700H”の展示&出荷スタート!!!

アバック新宿本店の松本でございます。

Matsumoto1401
先日の流し込みイベントでも好評だった【DENON AVC-X6700H】の弟分のDENON AVR-X4700Hの展示品が新宿本店に入荷致しました!!!

Img1
こちらがフロントパネルになります。
外見的には旧モデルとは大きく変わっておりませんが、機能面ではかなりパワーアップしております。

主な特長は下記になります。

■さらに音質を磨き上げた、最大出力235Wのディスクリート・パワーアンプを9ch搭載
■11.2chプロセッシング対応、11.2chプリアウト装備、新たにプリアンプモードを搭載
■Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、Auro-3D®、MPEG-4 AACに対応
■Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:Xに対応
■デノン AVサラウンド回路設計の中核技術「D.D.S.C.-HD32」
■Video - 8K Ultra HD / HDR10+ / HDCP 2.3に対応
■8K / 60p、4K / 120p 対応 HDMI入出力(※制限あり HDMI7のみ、48Gbps対応ケーブル必要)
■映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision / HLG / BT.2020 / VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC)
■8Kアップスケーリング機能
■Network – HEOSテクノロジー搭載
■幅広い音楽ストリーミングサービスに対応(Amazon Music HD / AWA / Spotify / SoundCloud)
■5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応(ミュージックサーバー& USBメモリー)
■インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)、Amazon Alexa音声コントロール対応

Img2
背面写真になります。
11.2chプリアウト装備して、新たに搭載したプリアンプモードで音質アップも可能となっております。
内蔵アンプの柔軟なアンプアサインでお客様の環境に合わせたセッティングが可能となっております。
同社の【DENON PMA-2500NE】との組み合わせでフロント2chを強化したセッティング等も可能となっております。
細かい設定やセッティング等はお気軽に新宿本店までお問合せ下さいませ(^^)/

7月17日(金)からはB&W800シリーズとの組み合わせでご試聴可能となっております。
色々と大変なタイミングではございますが、アルコール消毒等徹底した新宿本店にご来店頂ければ幸いです。

新宿本店なのですが、総武線をご利用のお客様は大久保駅をご利用頂くと以外に近いんですよ。
さらに大久保駅から新宿本店に向かって歩く途中にはテレビ等でも紹介されている有名なカレー店がございます。
その名は【魯珈(ろか)】になります。

Img_1312
大久保駅から歩いて新宿本店に向かう時に丁度お店の前を通るんですよ。
午前中に専用のノートに記帳して、午後の決まった時間に来店するシステムになっています。
(某夢の国のファ○トパス的な感じ)
記帳さえできれば食べられる素晴らしいシステムとなっております♪

Img3
こちらは、「マトンカレー」と「チキンカレー」のダブルカレーになります。
個人的には色々あるメニューの中で、こちらのダブルカレーを選んでおります♪
限定カレーも凄く魅力的なのですが、今回は王道の2種類を攻めてみました。

新宿駅周辺は色々はテレビでも言われておりますので、大久保訪問から新宿本店にご来店頂ければ幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~ 日本全国にAV(オーディオ・ビジュアル)の感動を・・・ ~
■■■サマーダイナミック・セール 2020開催中!!■■■
 セール期間:2020年6月1日(月) ~ 7月31日(金)迄
 https://www.avac.co.jp/contents/topics/summer-sale2020.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-9
ファーストリアルタワー新宿3F
アバック新宿本店 
Phone:03-5937-3150 Fax:03-5937-3152
e-mail:shinjuku@avac.co.jp
URL :https://www.avac.co.jp/contents/shop/shinjuku2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020年7月 4日 (土)

【新宿本店】DENON NEW AVアンプ : AVR-X4700H / AVC-X6700H 発売決定

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike

今回ご紹介いたします製品は昨日、7/3に発表になりましたDENON NEW AVアンプ : AVR-X4700H / AVC-X6700H です。各社の新製品の発売が待たれる中、先駆けのプレスリリースとなりました!!製品型番は6600・4600をではなく・・・定価ベースでは1万円高くなっておりコスト分の音質に期待です。

https://www.denon.jp/ja-jp/news/2020/20005

(DENONページ)

AVR-X4700H 定価180,000円(税抜価格)7月下旬 発売

2_el_avr_x4700h_jp_left  ---------------------------------------------------------

AVC-X6700H 定価330,000円(税抜価格)8月下旬 発売

2_el_avc_x6700h_jp_left_3 デザイン的には大きな変更は無い様子ですが最も注目されるのは「8K / 60p、4K / 120p 対応 HDMI入出力」「著作権保護技術「HDCP 2.3」に対応」「 HDR10+に対応」の部分です。チャンネル数に変更はない様子です。

アンプの基本性能として気になるのは、実際の音質改善となりますが展示品が入荷致しましたら是非、ご試聴にて体験頂ければと存じます。ご予約もお待ち申し上げております。

 

20200520_bana_2https://www.avac.co.jp/contents/topics/summer-sale2020.html

 

 

2020年4月 4日 (土)

【新宿本店】AudioQuest / HDMI Pearl 発売(HDMIケーブル 長尺あり)

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike

今回、ご紹介いたします製品はAudioQuest社から発売されました4K/60p(18Gbps)対応のHDMIケーブル「HDMI Pearl 」です。

03171225_5e7043296b335_3

現在は、各メーカーから様々なケーブルが発売されておりますが新たに、プロジェクターに接続する長尺のケーブルでコストを抑えた製品が発売されました。

4K/60p(18Gbps)対応当時の長尺HDMIケーブルは相性問題や安定性を確保するために非常に高価な「光ファイバー」のケーブルを使用していましたが、最近ではコストを抑えた製品も発売されております。期待できるケーブルとなりますのでご案内致します。

1M ¥4,500-
1.5M ¥5,400-
2M ¥6,000-
3M ¥7,600-
5M ¥15,000-
8M ¥23,000-

【Active HDMI】
10M ¥33,000-
12.5M ¥40,000-
15M ¥51,000-

(税別・定価)

HDR(High Dynamic Range)およびeARC(拡張オーディオリターンチャネル)までのビデオ信号の送信に必要な18Gbps帯域幅での動作が保証、8m以上のHDMI Pearlケーブルは、アクティブな周波数イコライゼーションを搭載しており、最大15メートルの長さまで18Gbpsのフルパフォーマンスを可能。

(メーカーページより)

2020年3月16日 (月)

【新宿本店】 Paradigm:PREMIER 200B(EG)展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike_4  

今回ご紹介します商品はParadigm(パラダイム):PREMIER(プレミア)シリーズ 200Bです

Paradigmスピーカーは、全てカナダで設計・生産されています。

前回は PREMIER 100B(EG)をご紹介いたしました。

http://blog.avac.co.jp/shinjuku/2020/03/paradigmpremier-8afb.html

【PREMIER 200B】

Dsc_0056

・希望小売価格:150,000円(税抜/ペア)

・ツィーター:25mm   X-PAL™メタルドーム

・ミッド・バス:165mmコーン

・最大入力:80W

・インピーダンス:8Ω

・外形寸法(HxWxD):33.5 x 19.8 x 32.1 cm

・カラー:サテン・ブラック/ グロス・ホワイト/ エスプレッソ・グレイン

PREMIER 200Bと100Bですがサイズ感の違いは、もちろんですがデザインにも違いがあります。

Dsc_0057

トップにはアールがあり後部はライラ・シェイプ??(竪琴形状)のようなデザインが目を引きます!!

Dsc_0058

またサラウンドシステムとして構成もできますのでホームシアターとしても魅力的な製品ですね!

Hqdefault

是非、店頭でご試聴をお待ちしております。

2020年3月 8日 (日)

【新宿本店】 Paradigm:PREMIER100B(EG)展示開始

AVAC新宿本店の吉池です。

1306yoshiike

今回ご紹介します商品はParadigm(パラダイム):PREMIER(プレミア)シリーズ 100Bです

Paradigmスピーカーは、全てカナダで設計・生産されています。

Premier100bf3qtngblack ・希望小売価格:110,000円(税抜/ペア)

・ツィーター:25mm   X-PAL™メタルドーム

・ミッド・バス:140mmコーン

・最大入力:70W

・インピーダンス:8Ω

・外形寸法(HxWxD):28.2 x 16.9 x 23.9 cm

・カラー:サテン・ブラック/ グロス・ホワイト/ エスプレッソ・グレイン

Premier100brearespresso

最も目を引く特徴は

Premierdetail02b

「特許PPA™(パーフォレイテッド・フェーズ・アライニング)ツイーター/ミッドレンジ・レンズ・テクノロジー。トゥイーターとミッドレンジ・ドライバーの前にある独特の穴あきレンズがドライバーを損傷から保護しながら、音を色付けせずに出力アップし滑らかにします」

おお!!

斬新かつデザイン的にも美しいです!!!

またサラウンドシステムとして構成もできますのでホームシアターとしても魅力的な製品ですね!

Hqdefault

是非、店頭でご試聴をお待ちしております。

 

2020年3月 3日 (火)

【新宿本店】JVC/DLA-X990R期間限定展示開始!

こんにちはAVAC新宿本店の桜庭です。

1306sakuraba

JVCのDLA-X990RパナソニックのUB9000用のトーンマッピングモードに対応したアバックオリジナルバージョンが台数限定で復活しましたhappy02

990ra

X990Rは今までのプロジェクターの中でNo1のコントラストを誇る製品で、暗部再現性は最新のネイティブ4Kモデルでも敵いません。

X990Rユーザーはネイティブ4Kも気になる反面、暗部再現性と色再現性はX990Rの方が優れている為、大きな不満もなく楽しんでいる方も多くいらっしゃると思います。

そんな名機とも呼べるX990R ですが、ネイティブ4KのZ/Vシリーズから対応となったUB9000のトーンマッピングによる専用モードに対応した特別仕様を台数限定で作ってもらいましたhappy02

HDRの信号自体は暗部側の情報が豊富なせいもあって、昔の製品ほど暗部がちょっとべったりしたような感じになりやすく、現行製品と比べるとちょっと暗めな感じにもなってしまいます。

UB9000のトーンマッピング機能を使った専用のモードでは暗部の階調や立体感が綺麗に出しやすくなるのですが、それをコントラストNo1モデルで使えるようにしたのが今回、台数限定で復活した990Rになります。

実際の映像で観て頂くと

映画「クワイエットプレイス」から

Qphdr

UB9000用のモードだと

Qp_hl

映画「アベンジャーズ エンドゲーム」から

ノーマルのHDRモードだとAv_hdr

Av_hl

それぞれ暗部側の階調や見やすさが変化します。この暗さレベルのシーンでも、わかりやすいかと思います。

3/7にイベントを開催いたします。このような、ご時勢ですので人が集まるようなイベントはちょっと・・・という方も多いかと思いますが完売直前までは新宿本店で展示しておりますので、ご都合のよろしい時に是非ご覧下さい。

UB9000を使用しないと今回のモデルは本領を発揮できませんが、X990Rは欲しかった機種なんだよな~という方には特別仕様にて、お求め頂ける最後のチャンスですlovely

是非この機会にご検討下さいませ!

プロフィール新宿


  • アバック新宿本店
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿7-5-9
    ファーストリアルタワー新宿3F
    ☎:03(5937)3150
    営業時間:11:00~19:00
    火曜・水曜定休
    e-mail:shinjuku@avac.co.jp

    ・JR『 新宿駅』 西口より徒歩8分
    ・都営地下鉄 大江戸線 『新宿西口駅』D5出口より徒歩4分
    ・西武線『西部新宿駅』より徒歩5分