防音工事

2018年4月24日 (火)

【横浜店】 サウンドスクリーンシステムについて

横浜店 渡邉です。

Kao

今回は「サウンドスクリーン」についてです。

(博多AVAC座開店のエントリーから独立・修正しております。)

4月24日現在、アバック座は大阪梅田・横浜・博多の3店舗ございます。

Feature1150そして、AVAC座の各ルームには、サイズこそ違え

すべて「サウンドスクリーン」が採用されております。

一番小さいサイズは博多AVAC座の80インチになります。

Hakata1_image01

80インチは小さいんじゃないですか?大画面テレビでも十分?

Lc80そんなお声もあるかもしれません。
実は、80インチでも「サウンドスクリーン」は別物です。
横浜AVAC座でライブ物や映画を見て改めて思いましたが

スクリーンの中で話している場所」=「声の出る場所」。

この一体感は皆様がお考え以上の効果があります。

スクリーンそのものから音が鳴っているというのは、本来、障害物越しで音が出ないという潜在感を違和感なく粉々に壊してくれます。

一般的にホームシアターではスクリーンの周りにスピーカーを配置することがほとんどです。

Imag3729

しかし、本来映画館の様な設備はほとんどスクリーンの裏にスピーカーがあり「サウンドスクリーン」と呼ばれるスクリーンを使用して音が出ていますので、映画館としての理想を追求するとサウンドスクリーンの方がより理想的であると言えます。

実際の映画館でも、正面にスピーカーは見えません。ただ、このスクリーンには細かい穴が開いています。音が抜けているんです。

Cinema

また、お部屋の幅いっぱいにスクリーンを設置することが可能で、この点は大きな利点になります。

150 このお部屋の場合、サウンドスクリーンでは150インチですが、通常の設置方法ではおそらく120~130インチが限界になります。

サウンドスクリーンはその素材自体に織物や細かい穴を開けており、音はスクリーンを通過して出てくる仕組みです。折り目の間に細かい穴が開いているかと思います。

E8k

ここで「なんですべてのホームシアターでサウンドスクリーンにしないんですか?」と言うご質問は当然あるかと思います。
実はサウンドスクリーンには弱点もあり、ケースにもよりますがお勧めできない場合があります。

弱点その1:明るさが落ちてしまう事があります。
これは穴が開いて光が抜けてしまう事からある意味当然と言えるのですが、最大2割程度の明るさ減になります。また、明るさの足りないプロジェクターや解像度の低いプロジェクターを使うと、この問題は大きくなります。

弱点その2:お値段が上がります。
サウンドスクリーンはその構造上、どうしてもお値段が上がります。総費用の中で占める割合や設置場所(特に明るいリビングシアターなど)ではお勧めがしにくくなります。また、超短焦点などの条件が加わると平面性の問題も入り、さらに厳しくなります。

弱点・・でした その3:

ご体感して頂くことが難しいシステムです。

基本的にサウンドスクリーンは専用にシステムを組みます。このため店舗でご準備を整えることが難しいのが実情です。どのくらい暗いのか・実際どんな絵になるのかなど、実際の映画館などでご体感していただくことになります・・・・

が、この点はAVAC座で解消できることなりました。

ただ、今まで記載してきた弱点は表裏一体です。

写真でも掲載しましたが

「お部屋いっぱいのスクリーンを御希望の場合」

明るさの低下を考えなくていい、高出力のプロジェクターを使用したハイレベルシアター

Vplvw745

Dlaz1_prod_l

ピュアオーディオでちゃんと音を聞きたいので、スピーカーの間隔を狭く取りたい

(必要時にサウンドスクリーンを出すシステムです。

などの場合はむしろ積極的にお勧めさせて頂きます。

21201

130インチサウンドスクリーンのお部屋Sound_audioオーディオを重視したお部屋です。幅いっぱいのスクリーンが両立できます。

最近のプロジェクターは光量がありますので、どちらかと言えばお値段の問題の方が大きいかもしれません。

(もちろん、ご希望を頂ければシステムお見積りします。)

ここまで書かせて頂くと

「事前に聞いてみたい!」とお考えする方もいらっしゃるかと思いますが・・・・。

Photo

梅田・横浜・博多など各AVAC座の場合、簡単にご体感できます。

今回話題に上げさせて頂いた「博多AVAC座」の80インチも含め、AVAC座のスクリーンはEASTON製、NHKと共同開発した8Kもにらんだサウンドスクリーン生地を使用しております。

先程書かせて頂いたサウンドスクリーンの問題点についても、AVAC座では・・・。

1、明るさが落ちてしまう問題
→完全な暗室になりますので問題になりません。

明るさが落ちるのはあくまで相対的なものがほとんどです。

2、お値段の問題
→時間貸のレンタルルームですので

必要な時、必要なだけお借りしていただければ問題がありません。

もちろんスピーカーはスクリーン裏に取り付けられております。

「ハイエンドホームシアターとして理想の状態」をご提供しているわけです。

なお、体感いただける段階で3番目の問題は自動的に解決です。

結局、サウンドスクリーンの問題点は、AVAC座の環境に近いものをご準備することで問題がなくなります。AVAC座は防音・専用室のご体感にも最適な設備となります。

Hakata2_image01_2

また、AVAC座設備の特徴として

映画館と違い「音量制限」がありません。
大爆音で鳴らして頂く事(横浜AVAC座では「0db」のご体感者多数の状況です。)も可能です。広さ・高さ感じる空間表現は音が大きい程その奥行きが増えてゆきます。このあたりも専用室・防音室の強みです。個人的には直近だとこのあたりは是非見てみたいです。

Gladiator実は音もDTS:Xになっていたりします。

(オールドのタイトルは音を作り直していることも多いんです。)

逆にあえて空調も切って頂き静寂の中でホラー映画、と言うのもお勧めです。

Dont_breathe

サウンドスクリーンやシアター専用室・防音室をお考えの場合、事前にAVAC座をご利用頂き、お時間をかけてご体感いただくことで「ちゃんと作ったらどんなものかな?」と、ご相談の前にその価値を御理解いただけるものと思います。

また、各店舗は近くにありますので、そのまま店舗でご相談も可能です。

AVAC座のご予約はこちらから。お早目のご予約をお願いします。
なお、受付はwebからのみとなります。ご注意ください。

サウンドスクリーン・専用室・防音室のご相談のご相談をお待ちしております。

事前のお問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜日・水曜日は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

なお、AVAC座については

0228_bana4
お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年3月22日 (木)

【横浜店】 横浜AVAC座、本日開館!(2018.3.31更新)

2018.5.18更新:5月26日に「新潟AVAC座」がオープンでございます。こちらもよろしくお願い致します。

2018.3.31更新:まず大事なお知らせ。

4月より毎週水曜日が定休日となっております。ご予約にはご注意ください。

もう一つご質問がありました。

「横浜アバック座の防音ってどのくらい?」

場所によって差がありますが、ドア部分以外は確実にD-50レベル以上だと思います。いわゆる「ルームInルーム」以上のレベルです。

コンクリート壁の厚さが20~30cmぐらいありますか・・・。

実際、0dbで鳴らしても隣の部屋には響きませんので・・・。

実は防音レベルの高さは横浜アバック座の大きな特徴だったりします。

横浜店 渡邉です。

Kao

いよいよ本日、レンタルスペース「横浜アバック座」開店でございます。

Avacza_top_02

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/
直前の写真を公開します!

90インチシアターシステム装備、密度の高いルーム1

Photo

Avaczayokohama901

 
バランスの取れた100インチシアターシステムのルーム2

Photo_3

 スピーカーの間隔がすごいんです・・・・。サラウンドに8個・・・。

Imag7074

そして120インチシアターシステムのルーム3は王様気分です!

Photo_4

Photo_5

Avaczayokohama1203

先程、ちょっとだけ見させて頂きましたが・・・。
ドアを閉めると空調の音以外ほとんど聞こえない防音。
物理的なスピーカー数から来る音圧とサラウンド感。
もはや

「音に包まれる」ではなく

「音に飲み込まれる」という表現が適当ですね・・・。

特にフロントのサウンドスクリーンは「音の発生している場所から音が出る」という、当たり前と言えば当たり前なんですが、店舗ではなかなか体験しずらく、通常のホームシアターとは全く違う感覚があります。

この空間は

スクリーンで見るシアターで見る

と言う楽しみを改めて味わう事が出来ます。

ご予約は始まっておりますので、時間によってはご希望のお部屋が埋まっているケースがあります。時間をご確認の上、お早目のご予約をお待ちしております。

いよいよ明日からレンタル開始です!ご予約をお待ちしております。

なお、AVAC座のお申込み・お問い合わせは

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご連絡をお待ちしております。

2018年2月19日 (月)

【横浜店】 明日から火曜日も営業となります。ご相談受付中。(2018.2.22更新)

2018.2.22更新:今回火曜日の営業を始めておりますが、私は毎週火曜に公休を頂いております。

火曜日に私宛にご来訪頂いた皆様、記載がなく申し訳ありません。事前にご連絡を頂ければ対応できますのでご連絡をお願い致します。

横浜店 渡邉です。

Kao今回は短い内容ですが、大事なお知らせです。

明日2月20日(火)より
横浜店は火曜日も営業させて頂きます。

定休日は水曜日のみとなります。

もう一度。

今週の火曜日より横浜店は毎週営業となります。

今まで「火曜日しか行けなかった!」というお客様。
火曜日も11:00から20:00まで営業しておりますので、会社帰りに是非ご来訪ください。

当店ではホームシアターの相談は常時行っております。
プランニングや見取り図だけでもご相談は可能です。

よくあるご質問に回答させて頂きます。「詳細はこちら。」をクリックしていただくと各事例の詳細にリンクしておりますので、ご参照ください。

「ウチは吹き抜けなんだけど・・・アトモス出来ます?」

120インチ 7.1.4ch 2ウェイシアター
(新築・リビングルーム) 詳細はこちら。

22601「今住んでいる家に設置ってできるんでしょうか?」

「リフォームと一緒にシアターを作ることが出来ますか?」

55インチテレビ 5.1.4chテレビシアター
(既存・専用室) 詳細はこちら。

22801120インチ 7.2.4ch スクリーンシアター
(リフォーム・専用室) 詳細はこちら

19001 「シアターってスクリーンだけ?大型テレビでもできない?」

80インチ 7.0ch テレビシアター
(既築・リビング) 詳細はこちら。

16001

和室でもできますか?

100インチ 5.1ch プロジェクターシアター
(新築・和室)詳細はこちら

126_m

「専用室で一から作りたいんだけど。」

160インチ 5.2.4ch スクリーンシアター
(新築・専用室)詳細はこちら

19701

「電気関係も含めてハイレベルなものはできますか?」

130インチ 6.0.4ch 専用室シアター
(新築・専用室) 詳細はこちら。

21201特殊な事例、機種ですが対応可能でしょうか?

アバック横浜店では、関連業者様とのご協力を取りながら、シアターへの大型液晶テレビ(写真は85インチ)の2Fクレーンつり上げや

Imag1275設置に特徴のある超短焦点4Kプロジェクター

Vplvz1000

SONY VPL-VZ1000の設置実績がございます。

この写真は一見パッと映していますが、ただ置くだけじゃダメなんです。

Img_6233これらの事例についてはご相談の上対応させて頂きます。

掲載の事例は基本的にすべて当店の担当者・関係者で行った案件となりますので、ご質問への対応も可能です。遠慮なくご質問ください。

簡単な質問でも構いません。そこからスタートです。
ご来訪・お電話をお待ちしております。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2016年5月21日 (土)

【HT横浜関内店】 防音のパンフレットできました!

HT横浜店 渡邉です。

P1040952_2 先日、当店にシャープ様の80インチを展示しておりました。

Imag3076_1

 ご来訪のお客様がつぶやかれました。

「これだけ大きく音を鳴らせればいいもの買おうかとは思うのだけれど・・・。」

ごもっともです。普段こんな大きな音、近所迷惑です。

いいスピーカーを買っても鳴らせなければ意味がない。

ご近所に気兼ねなく思う存分鳴らしてみたい.

というご要望、多いかと思います。

 

ホームシアターにおける防音は、基本的に

「迫力のある音を思いっきり鳴らしたい!」

「いい音で聴きたい!」

「いい雰囲気で観たい!」

の三点に絞られます。

どの程度の防音を?どのくらいの広さで?いくらで?どんな風にするの?

疑問点は増すばかり・・・。

201604_1p そんなわけで、防音・調音のパンフレットができました!

201604_2p3pp_2  防音のメリットってどんなこと?

完全に音って止められるの?

「調音」って?

他の業者さんとアバックとの違いは?

値段って・・・。いくらぐらいですか?

 こちらは、店舗にて配布を行っております。

弊社の防音は基本的にご相談によるフルオーダーメイドです。

新築・既築両方への対応が可能です。

まずは一度ご相談ください。

ご来訪をお待ちしております。