イベント案内

2018年2月23日 (金)

【横浜店】 臨時更新 PIEGA Premium新シリーズ期間限定展示します。

HT横浜 渡邉です。

Kao

今回は臨時の更新になります。
以前からお客様より

「PIEGAのPremiumは試聴が出来ますでしょうか」
と言う事で何回かお話を頂いていたところ、モデルチェンジが入り、お話が止まっておりました。

そして、2/15にPIEGAより新Premiumシリーズが発表されました。

今回は
Premium 701

 

Premium701mainproduct_2

PIEGA Premium 701

http://piega.jp/products/premium/premium-701/index.html

Premium 501

Piega_premium_501_zwart

PIEGA Premium501

http://piega.jp/products/premium/premium-501/index.html

Premium 301

Premium301mainproduct

PIEGA Premium 301

http://piega.jp/products/premium/premium-301/index.html

の3モデルが発表されております。

そこで御依頼頂いていたご試聴の機会を準備させて頂く為に

代理店様と交渉した所・・・。

Imag6957_2 なんとフューレンコーディネート様のご厚意によりPremium701(S)

Premium501(B)を貸し出して頂けることになりました!!
おそらく日本でも最速に近いのではないかと思います。

なおPremium710は1週間限定の貸し出しになります。
実質本日より火曜日までの展示となります。

今回も期間中は自由にご試聴可能です。持込もOKです。
但し、今回は元々ご試聴希望のお客様を最優先とさせて頂きます。
このため、タイミングによってはお待たせする可能性がございます。その旨ご容赦ください。

また、今回はAP1.2もございますので

Imag6954

5chも可能です。
ただ、基本的に2chで準備をさせて頂きますので、5.1Chの場合はセッテイング変更にお時間を頂戴します。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年1月29日 (月)

【HT横浜関内店】 FOCAL SOPRA No2期間限定展示予告です。

HT横浜 渡邉です。

Kao

何回かブログで書かせて頂いておりますが、当店は基本的に
「お客様に合わせさせて頂く」店舗です。
ご試聴の依頼があれば交渉し、お話が進めば機材をご用意します。

今回は以前よりご視聴希望があり、交渉しておりましたFOCALをご用意できることになりました。

Focallogo

FOCALと言う会社は世界的にはかなり有名な会社で(B&Wに近いぐらいの知名度です。)カーオーディオでもかなりのシェアを占めています。

Utopia_evo_base

独特な形状を持つ上位モデルは包み込むようなデザインで、中心部に据え付けられているFOCALベリリウムツィーターとツィーターの後部の独特な処理は高いレベルでの音とデザインを両立し、リスニングルームにマッチする気品のあるデザインです。

Focal_sopra_coloursその音色は表現力が高く、かなり締まった音でどちらかと言えばモニターに近い音となります。また、しっかり駆動するためにはアンプのパワーがかなり必要で、機材の変化を楽しめるスピーカーです。

昨年よりFOCALの取り扱いがLuxman様に変わり準備を進められておりましたが、今回ようやくご試聴のお客様の為に機器を準備させて頂くことになりました。

今回はミドルレンジの

FOCAL SOPRA No2 をご用意いたします。

Sopra2_black

https://www.focal.com/jp/high-fidelity-speakers/sopra/sopra-ndeg2

そしてFOCALの駆動に必須とも言えるパワフルな「ワンボディセパレート」Luxman L-509X(こちらも初お目見えです。)

L509x_4

http://www.luxman.co.jp/product/l-509x

そしてCDプレーヤーD08Uの組み合わせとなります。

D08u

http://www.luxman.co.jp/product/d-08u

また、クリーン電源のES1200もご用意しています。

http://www.luxman.co.jp/product/es-1200

Es1200現在の予定では2月9日夜から2月18日までの期間を予定しており、期間中はフリーでご視聴が可能です。

また、事前にご依頼を頂ければ、基本的に店舗内の機材になりますが変更も可能となります。
(OppoのUDP-205やSonicaDACなども対応可能です。)

Blurayudp205


もちろんいつものことですが持込は問題ありません。

CD・SACD・USBメモリなどで音源をお持込ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年1月25日 (木)

【HT横浜関内店】 DENON AVC-X8500H 到着しました!(2018.1.28更新)

2018.1.28更新:先程機材が撤収しました。

発売は2月中頃を予定しているとの事です。展示の方向で検討しています。

先程からいろいろと鳴らしていますが、印象は「パワー」の印象です。

Imag6751

音を大きくすればするほど、AVR-X6400Hとの「」やSR8012との「違い」が目立ってきます。印象としては同じB&W700シリーズで鳴らしてみると、AVR-X6400Hに「トルク」「厚み」を追加したような音で、DENONらしい中低音の押し出しが主観ですが最低二周りほど増します。

マルチスピーカーが特徴のアンプではありますが、既存のBDタイトルを掛けてみると「アンプの違い」を露骨に感じる事の出来る印象です。(U-571やゼロ・グラビティなどは別物に感じました。

El_avca1hdsp_jp

シングルワイヤでこれですから、バイアンプはすごいでしょうね・・・。ハイトを追加すればDOLBY ATOMS/DTS:X・Auro3Dにも対応しますし、AVC-A1HDなどをお持ちの既存の5.1ch・7.1chユーザー様の更新にも素直にお勧めできそうです。

Sr8012

比較対象になりそうなSR8012はAVアンプらしからぬ音を出すのですが、AVC-X8500Hと比較すると相対的に「しなやかさ」「明るさ」「美しい音の伸び」を感じることができるアンプという印象になります。メーカーごとの特徴をうまく出しています。

個人的な印象ですが、ウエイトリフティング(筋肉質でパワーで押し切る力強さと美しさ)なAVC-X8500Hに対して、アスリート(パワーはありますがしなやかさ・柔らかさもある)なSR8012というところでしょうか。昨日は比較を行うケースが多い状況でしたが、確かに違います。

HT横浜 渡邉です。

Kao

さて、今週開催の

『DENON AVC-X8500H』国内先行フェア(横浜関内店)

0110denon_bana

https://www.avac.co.jp/contents/2829

ですが

先程到着しました!現在セッティング中です。

Imag6736_2追加の機材も届いております。
フロントは店舗にある703S2Bですが・・・。Imag6739

センターHTM72S2B

Imag6740

そしてサラウンドにも703S2MR!

Imag6741

サラウンドバックに706S2MR!

Imag6742

これだけでもとっても贅沢です。

そして、トップはUnisonic AHT525IW×4本になります。が・・・。

さらに

Imag6743

フロントハイトとしてCabasse EOLE3を2本追加しております!

AHT-525IWはトップミドル・トップリアの配置となり、当店初の7.1.6CH構成・13CHフル仕様で準備ができました!

Imag6745

よく見ると、フロントハイトの場合、リアは自動的にハイトの設定になります。これは固定の様です。ハイトスピーカーでAuro3DとDolbyAtoms/DTS:Xの両立が可能になりますので、この設定になるようです。ご注意。

DENONのフラッグシップアンプ「AVC-X8500H」を鳴らす準備は出来ました。

Modelx_2


ご来訪をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年1月19日 (金)

【HT横浜関内店】 AQUOS 8K LC-70X500 到着です。(2018.1.21更新)

2018.1.21更新:

先程無事撤収しました。明後日からは有楽町での展示との事です。

なお、LC-70X500については、もう1回展示を行います。次回は・・・。

Top_main_2018_171213 CP+2018の時期に合わせて頂く予定です。

カメラファンの皆様。写真をお持ちください。ほとんどのデジタルカメラの画像を縮小なしで表現できます。

お問い合わせください。

HT横浜 渡邉です。

Kao_2

つい先程LC-70X500のセッテイングが終わりました。SHARP AQUOS 8K、限定展示開始です。

https://www.avac.co.jp/contents/2838

Imag6689

Imag6704

巨大な8Kジェネレーターも到着しています。PC4台の同期でHDMI2.0×4本で表示します。中にはいろいろな映像が入っていましたが、「ああ、8Kの使い方にはこんなものが・・・。」と考えてしまうものもありました。医療って偉大です。

Imag6714_2

さて、実際の映像ですが、じっくり見ると8Kの映像、特に引きの絵は視聴位置をちょっと変えただけで印象が全く変わります。情報量が多い故の新鮮な感覚です。

Imag6721

率直に「窓から外を見た感覚」という印象ですが、考えてみたら窓へ向かって立つ位置によって景色はかわります。そのまま体現しているという事でしょうか。

今まで8Kは何回も見ていたつもりでしたが、この感覚は気付きませんでした。

現実問題として販店様や駅の展示方法では、周りが明る過ぎる状況、さらにテレビや周辺の絵も在りすぎ、そして音がかなり散らばっている状況ですから、じっくり見るという感覚にはとてもなりません。画をちゃんと座ってみて、一度気が付いてみないと多分わからない感覚ですね・・・。

Imag6717

Imag6720

また、輝度や色についてはそれなりの追い込める状況で、有機ELのような映像やSONY KJ-65Z9Dのような映像に追い込むことができたことをご報告しておきます。

Imag6715

個人的にはこの寺院のシーンは完全に魅入ってしまいます。吸い込まれるような絵になります。これは部屋を暗くするとさらに映えると思います。

Imag6724

Imag6726
そして皆様お気になされているUHD-BDの映像ですが・・・。

Imag6713

ヒース・レジャースさんの写真を取りました!ではなく・・・

Imag6707

携帯電話の画面ではもはやご本人と見分けがつきません。完全に騙されるレベルです。下の写真は同じ絵を引いたものです。確かに画面なんですが、カメラの画面からは実物にしか見えません。

4Kテレビと比べると立体感やエッジの繊細さが一回り良くなります。ダークナイトに関しては、最初の蒼い蝙蝠の影が出てくるところで、印象がまるで違いいます。やはり別物です。

2018.1.21追記:UHD-BDをいくつか見させて頂きましたが、画面全体の解像度だけでなく「服の布地」「皺」など普段気にしない部分に目が行くようになりました。あとで同じものを65X910で観ましたが、こちらでは気にならないんです・・・。また8Kを見た後4Kを見ると4Kがボケて見えるという、価値観が狂いそうな感覚になりました・・・。

Imag6708

さて、明日・明後日ご試聴が可能です。UHD-BDやJPGなど持込OKです。
なお、8Kの音声はシステム上アンプから出す事が出来ませんので、その点はご容赦を。UHD-BDなふどのHDMI接続4Kは問題ありません。また、月曜日の天候状況の為、日曜日は早めの撤収の可能性があります。合わせてご容赦ください。

土曜日は秋葉原のAVC-X8500Hのイベントで、日曜日は横浜関内店のAQUOS 8Kにご来訪ください。

量販店展示とはちょっと違う体験ができるかと思います。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年1月11日 (木)

【HT横浜関内店】 DENON MODEL Xって、これでしょうか?(2018.1.17更新)

HT横浜 渡邉です。

Kao

まず先にフェアの告知を。

いよいよAQUOS 8Kが店舗にお目見えします!

SHARP「AQUOS 8K」LC-70X500視聴フェア in横浜開催です。

Lc70x500https://www.avac.co.jp/contents/2838

量販店様にはすでに展示が始まっていますが、動画で流しているところはほとんどなく、またじっくり見られるという状況にもありません。横浜関内店では「ちゃんと見られる」状況を作り、UHD-BDなどの再生も行わせて頂きます。あ、もちろん8Kプレーヤーはご用意します。

もちろん、各種メディアの持込はOKです。

特に一眼レフカメラをお持ちの皆様、静止画はJPGでお願いします。

LC-70X500を組み込んだシアターのご相談も受けたわまりますので、ご希望の方はお部屋の写真や平面図をお持ちください。お待ちしております。

ではブログの本題です。

CES2018が始まっています。

Ces2018
今年は自動車との関連やAIやポータブルなどの関係がメインで

Lgd1_o

88インチ8K有機ELや85インチ8K液晶など、8K関連もぼちぼち出てきています。

ポータブル4Kプロジェクター(画素ずらし型の様です。)のお話もありましたが、現時点では日本LGでの動きはまだないようですので、もうちょっと待ちましょう。情報が出次第書かせて頂きます。

HDR10+に関しては

Hdr10_logo_3

【HT横浜関内店】<後編> プロジェクターの修理・寿命に関して(2018.1.11追記)

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/08/ht-91b4.html

で少し書かせて頂いております。こちらも少し様子見です。CESらしいとは思いますが。

さて!そんななかDENON・Marantzから発表が。

先日から掲載されております
『DENON MODEL X』国内先行イベントですが

2017.1.18更新:正式発表されましたのでバナーを更新しています。

0110denon_bana_2

https://www.avac.co.jp/contents/2817

Modelx_001

どうやらこちらがその「MODEL X」なのかな?と言うところです。

上からの見た目はなんとなく似ているような気がします。

2018.1.17更新:正式発表されました。正体はAVC-X8500H、Phile-Web様の記事通りとなります。発表のブログはこちら。

【HT横浜関内店】 DENON AVC-X8500H 発表です!

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/01/ht-av-denon-avc-aca0.html

Phile-Web様

<CES>デノン、13.2ch 新旗艦AVアンプ「AVR-X8500H」。HDMI2.1での8Kにも対応予定
https://www.phileweb.com/news/d-av/201801/11/43040.html

記事の通りだとすれば、13.2chと言う事になります。13.2chは9.1.4chまたは7.1.6でのDolbyATOMSまたはDTS:X、そしてAuro3DのAuro13フォーマット対応に必要と言う事もあり、今後のフラッグシップクラスの標準になりそうなシステムです。
そしてインターフェイス関係ではなんと有償での「HDMI2.1」への対応も発表されているようです。8K標準のデバイスになりますので、もし日本で発売された場合はおそらく必須のアップグレードになりますね。ただHDMI2.1で8Kと言う場合、現時点での公式な有効長はおおよそ3mと言われています。光HDMIがまだ読めませんので、シアター機材の設置方法などを今から考えて頂いたほうがよろしいかと思います。
Amazon Alexa用のスキルも追加されていますので、スマートデバイスとの連携も問題ありません。

日本での正式発表はいつなのか?楽しみですね。

えー、なお、こちらについてはまだ情報がありません・・・。

しばらくお待ちください。

Model_y_2


なお、フェアのお問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年12月30日 (土)

【HT横浜関内店】 2017年 年末のご挨拶

HT横浜関内 須田・渡邉です。

Yokohama_staff今年最後の更新となります。
2017年もたくさんのお客様にご愛顧いただき、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

2017年12月31日から2018年1月4日までお休みとさせて頂きます。

来年はスタートダッシュを掛けさせて頂きます。

新春初売りセールでございます!

Shinsyun_banner_2 https://www.avac.co.jp/contents/2811

年明けから特価をご提示させて頂きます。ご期待頂ければ。

何かありましたらご連絡下さい。

そしてもう一つ。

別エントリーにて

「8Kどうでしょう」のエントリーを掲載させて頂きます。

年末のお時間を少し頂戴できれば幸いです。

Lc70x500 ちなみにAQUOS 8K LC-70X500ですが、2018年1月20・21の両日店舗にやってきます。もちろん、8Kプレーヤー+サラウンドシステムを完備し、持込OKの状況を作らせて頂きます。座ってきちっとみられる状況、UHD-BDの再生はなかなかないかと思います。ご期待ください。

皆様良いお年をお迎えくださいませ。

なお、休業期間中もメールでのお問い合わせは可能です。年始の営業開始後、回答させて頂きます。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※12/31から1月4日まではお休みになります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:年末年始は1/5以降の対応) となります。

2017年11月30日 (木)

【HT横浜関内店】 SONY VPL-VW745 発売フェア開催!

HT横浜関内 渡邉です。

Kao

いよいよ12月、あっという間の1年です。早いものです。

12月は最後の大物が2つ発売されますので、今回はブログも2つに分けます。

もう一つもお時間があればご覧ください。

12月9日、ついに今年最後の大物
リアル4Kレーザー光源プロジェクター

「VPL-VW745」がついにお目見えします。

Vplvw745

http://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VW745/

横浜店では発売日当日、12月9日・10日の両日

発売記念フェアを開催します。

Sony_bana_20171121

https://www.avac.co.jp/contents/2790

本音としてはやっとご紹介できるという感じです。

ソニー民生機事実上初のレーザー搭載4K機は、2016年に発表された「VPL-VW5000」でしたが

Vplvw5000_left

事実上、業務用のVPL-GTZ270/280を民生用(DisplayPortの除去など)に転用した機材であり、お値段税抜き800万円の「ウルトラハイエンド」な機種です。

Dlaz1

JVCのDLA-Z1とは価格差が大きく「別レベルの機種」という扱いでした。

そして今回、超単焦点のVPL-VZ1000を経て

Vplvz1000

そのコア部分を継承したことから、ついに実売レベルで150万円を切る価格でレーザー光源・リアル4Kプロジェクターをお届けすることができます。

Y_vw745_lamp

プロジェクター最大の弱点ともいえる光源の交換は事実上必要なし光源劣化による映像の変化もほとんどなし。レーザー光源のコントロールによるコントラストは∞:1 と、200万円クラスのウルトラハイエンドレベル機材と同じシステムを持っています。

もちろん、VPL-VZ1000に搭載されていた4K動画補正・3D映像4K化も搭載しています。

Y_vw745_3d

VZ1000は特殊な機種になりますので、通常投射のプロジェクターとしてはアドバンテージとしてかなり大きいのではないかと思います。

Imag5890_2

ネックはお値段ですが、ランプ交換10回分・ご自分でできない場合は交換を依頼する費用を考えると数字的なものだけでなく安心感なども含めて考えると、価格的にかけ離れたというレベルまではいかないのかなという気もします。

フェアは2日間、ご入場はフリーです。
いつものお話ですが、横浜関内店はお持ち込みもフリーです。
当日は店舗の方でもUHD-BDだけでなく、過去の名作Blu-Ray 3Dもご用意させていただきます。。

あ、一つ追加です。
今回のVPL-VW745ですが、すでに多数のご予約を頂いております。
年内の入手をご希望の場合、早目の問い合わせをお願いいたします。

12/9・10はぜひご来訪ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年11月23日 (木)

【HT横浜関内店】 アバック大感謝祭 HT横浜関内店の予告!

2017.11.24追記:先程準備が終わりました。お値段はご来訪で。

Price_secret

B&W700+SR8012はちょっと質が違います。

Imag6481

Imag6480

D&Mの担当者がセットアップされましたが、アナログ部分がしっかりしているのか、AVアンプの音には聞こえない商品です。Esotericも「本当にEsoteric?」と疑問になるぐらい柔らかい音で、今まで聞いていた音とはかなり違うものが揃いました。

HT横浜 渡邉です。

Kao

いよいよ11月25日(土)26日(日)の両日は
「下半期最強の売り尽くしセール!!

アバック大感謝祭!!」でございます。

Daikansyasai_bana https://www.avac.co.jp/contents/2773

お値段は秋葉原のご提示価格をそのままご提示させて頂きます。

プロジェクターでは話題のソニーのアレとか、EPSONのコレとか
AVアンプではパイオニアのソレとか・・・。DENONのドレもお値段が出てますね。
ピュアオーディオではマランツの○○とかDENONの△△とかパイオニアの□□とか。

これ以外の機種も25・26の限定でお値段が出ていますね・・・。

Bigbonasu_bana https://www.avac.co.jp/contents/big_bonus2017.html

現在開催中のBIGボーナスセールの情報を見ながら「これは?」とお尋ね頂ければ対応させて頂きます。
ただ一つご注意が・・。店舗は2名で運営しておりますので、来店のお客様が多い場合、対応が難しくなる場合があります。

電話とかで聴けないの>?今回は来店が前提になります。事前には言えないので・・・。

そして横浜店でも当日は特別展示を行います。
メインは「B&W 700シリーズサラウンドシステム」です。

話題のB&W700シリーズ

フロント 703S2

Imag6418_2 センター HTM701S2

Htm71s2_rosenut_off

リア 706S2

706s2mr その他
ウーファーはEclipce TD520SW

またはモニターオーディオPWL215-2

トップはおなじみUnisonic AHT525IW

で5.1.4Ch構成を準備いたします。

そしてアンプには

発売前のMarantz SR8012をご用意しました!

L_sr8012_f_b_34 http://m.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?CatId=HomeTheatre&SubCatId=AVReceiver&ProductId=SR8012

こちらは2日間の限定展示になります。

B&W 703S2を使用したサラウンドはAVACでもおそらく横浜だけの展示になります。
将来導入をお考えのお客様にはとても良い機会かと思います。

その2!Esoteric K-03X,F-03Aです。

Imag6477

エソテリックのミドルクラスシステムを週末限定でご用意しました。と言っても2台で180万円近いのですが。先程からMonitoraudio Platinium SeriesⅡ PL300Ⅱを鳴らしておりますが、「本当にEsoteric?」と言う程音が柔らかく、聴き疲れのしない音が鳴っています。接続を変更すれば700シリーズも鳴らすことができるセッテイングをしております。

今回は来店のお客様が対象のセールになります。
お値段のお尋ねは基本的にはご来訪が基準になります。
そうしないと出せないお値段なので・・・・。

「湯島は遠い・・・。」
「イベントはいいか・・・。」

そんなお客様。横浜店でお受けいたします。
最寄駅は横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町」駅

(クリックすると大きな画面が出ます。)

Isezakiavacyokohama

1番出口を出てぐるっと180°回り、テニスコートを左側に見つつ、まっすぐ前に進んでください。
左手に公園のある「不老町3丁目」交差点、交差点の真向かいの青いビルです。

Google MAP検索 伊勢佐木長者町駅からアバックホームシアター横浜関内店へ

Google Streetview 正面の青いビルになります。

また、お問い合わせの多かった関内駅からはちょっと歩きます。

(クリックすると大きい画面が出ます)

Kannaiekiavacyokohama 文化体育館の前をまっすぐ歩いていただくルートが間違いがないかと思います。

Google MAP検索 関内駅からAVACホームシアター横浜関内店へ

Google Streetview 関内方面・文化体育館経由での店舗、青いビルになります。

お車の場合は長者町3丁目交差点・不老町3丁目交差点が目安となります。

Okuruma Google mapお車での来訪、長者町3丁目交差点・不老町3丁目交差点

誠に申し訳ありませんが、提携駐車場がありませんので近隣のコインパーキングをご使用ください。

11月2526の両日、ご来訪をお待ちしております。

2017年10月20日 (金)

【HT横浜関内店】 SONY VPL-VW245 B&W 706S2MR 展示開始!

HT横浜 渡邉です。

年末モードに入ってまいりました。そろそろ気になる「年内」のお言葉。こちらもお読みください。

【HT横浜関内店】大事です!年末の買換・設置工事に関して。

年末の状況についてご説明させて頂いております。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/10/post-73ac.html

Kao今週はソニー様・B&W様から大物が届きました!

Bw706s2まずはお待たせしていたVPL-VW245です!

http://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VW245/

Vplvw245setup

早速設置。下は継続販売のVPL-VW535。

Vplvw245setyp2

外観は・・・・正面から見た写真ですが、アクセントが無くなっています。黒1色と言う感じです。

Vplvw245setup4
早速ライバル機となるEPSON EH-TW8300と比較してみました!

「スタートレック イントゥ ザ ダークネス」
冒頭の異星人のアップです。

こちらがVPL-VW245。

Vplvw245_1


こちらがEH-TW8300。

Ehtw8300_1

口の部分の拡大。

VPL-VW245

Vplvw245_2

EH-TW8300

Ehtw8300_2

リアル4Kのフォーカスの良さで差がでていて、且つ黒の出がずいぶんよい印象です。
この画質がEH-TW8300+10万円で入手可能というのは・・・。正直な感想として、この価格帯としては思った以上の差が出ます。

この後VPL-VW535とも比較をしたのですが、明るさをメインに押し出したVW535とはおそらくチューニング自体が変わっていますね。だいぶ違います。

Vplvw245setup5_2


また、外光を入れてテレビも映してみましたが、かなりメリハリを感じます。
コントラストにかなり気を使っているのか、表示に問題が無いです。
今日は雨と言う事もあり、通常はレースカーテン程度のの遮光で十分お昼にテレビを見られます。

そしてもう一つ。こちらもご期待の商品、B&W 706S2です。

http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/700_Series

こちらが梱包。

Vplvw245setup0

オーディオコーナーの設置を変えて・・・。

Imag6353

 
設置が終わりました。

外箱は全くCM5S2と同じ。

Cm5s2_706s2

ただ見た目、スコーカー・ツィーター黄色が変わったのが大きいですね。

スコーカーは800シリーズと素材を揃え、コンティニウム・コーンに代わっています。織布ベースですので、触ると柔らかい素材です。

700standing_mid

706s2_mid 

なお、ブックシェルフモデルはユニットを直接取り付けていますが、704S2以上のスタンディングタイプはシャーシによる取り付け(ユニットが直接ボックスに繋がっていない状態)になりますので、さらにクリアになります。

700mid_lowrange2

ツィーターも黒になりました。構造としてはアルミベースですがカーボンの蒸着コーティングがなされているので、正面から見ると色が黒っぽく見えます。

 

700hirange2

706s2_hi_2

今回は届いておりませんが、上位機種のウーファーについても「エアロフォイル・プロファイル」コーンを採用しており

700standing_low

ベースのスキンをカーボンファイバーからペーパーへ変更。間に挟む素材も800 D3やサブウーファーのDBシリーズの“シンタクティック・フォーム”からEPS(発泡スチロール)にコストダウンしています。

外観の印象は、ケブラーコーンの黄色が無くなり、CMシリーズより全体が落ち着いたことから、以前は黄色のポイントが絶妙な黒のほうがあっていたのですが、今回はローズウッドの色も落ち着いており、シックな気がします。

706s2mr

706s2mr_rear


まだ、ちょっとしか音を聞いていませんが、音については第一印象として見た目通りかなり締まった800シリーズのような音です。高音の伸びなど限界まではまだ鳴らしていません。

Photo_2

とりあえず「Nordost System Setup Disk」でエージングを開始します。

2017.10.21:1日エージングを掛けた所、低音が出てきました。解像度が素晴らしいですね。

低音はまだ出ると思います。

展示写真の通り、800シリーズとの比較が可能です。

セッティングは終わっていますので、どちらも視聴は可能です。
ご来訪をお待ちしています。

なお、703などは11月になるかと思います。

最後に、すでに告知されておりますがJVC DLA-X590/990はイベントを行う事になりました!

Bar_1013_jvc_683 https://www.avac.co.jp/contents/2758

すでに予約が入り始めており、満員までに時間もかからなそうです。今の所第2部の予定はございません。

ご予約はお早めにお願いします。

あ、前機種DLA-X770Rの展示品は嫁入り先を募集中です。当店の機材はラック内でしたので比較的綺麗な状態です。お値段も写真の通り。こちらもご連絡をお待ちしております。

Photo_3

毎度のことではありますが、VPL-VW245、B&W 706S2共に持込可ですので、出来るだけ事前にご連絡の上、ご来訪ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年10月 5日 (木)

【HT横浜関内店】大事です!年末のお買い換え・設置工事日程に関して。

2017.12・23追記:表記を現状に合わせています。JVC新機種視聴会のイベントを入れ替えました。こちらも大事なので・・・。特にVPL-VW500ESのお客様、DLA-X700R/500Rのお客様は下記のブログを参照の上、ご一読を。

【HT横浜関内店】<後編> プロジェクターの修理・寿命に関して

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/08/ht-91b4.html

HT横浜関内 渡邉です。

Kao

そろそろ始まる「年末商戦」。そしてこの時期に必ず問題になることが・・・

「年内にお願いしたいのですが。」

です。今回はこのお話。

この時期、新製品がいろいろと発表され、発売日待ちです。

大物としては

JVCの新機種 DLA-X990RDLA-X590R

Dlax990r

ソニーのレーザー光源VPL-VW745 お手頃VPL-VW245

Vplvw745

Vplvw245_w

 

B&W 700シリーズFocalなども

Bw700_mainシャープの8K、AQUOS 8K LC-70X500Lc70x500

Marantz SR8012

Sr8012

などは12月の発売です。

また、既に発表の終わっているAVアンプも

来週フェア予定のDENON AVR-X6400H/4400H

El_avrx6400h_4400hjp_bk_fr_cl

出来の良さが評判のヤマハ RX-A3070、正常進化のPIONEER SC-LX502

Yamaharxa_pioneer

などがあります。

このように新機種はいろいろと出てきますが、問題が一つ。

これらの機種のほとんどは買うだけではなく

設置工事の要素が関わってきます。

・プロジェクターの入れ替えにはプロジェクターの天吊り

・4K対応のスクリーンに架け替え

・大型液晶の設置・壁掛け

・アンプの買い替えでは組配・Atomsスピーカーの設置

(今年からはAuroのハイトスピーカーの設置もお考えの方がいらっしゃるかと思います。)

などなど・・・。

どれもサッとやってパッとつくものでもありません。

でも、ちょっとお考え下さい。

設置を行うのは新機種更新をお考えのお客様だけではありません。

ご新居でシアター構築を進めているお客様は

年内にお引越し・新居で新年!とお考えの方がたくさんいらっしゃるわけです。

一式設置の場合、基本的に1日、場合によっては2日かかることも間々あります。主にで・・・。そしてすでに動いております。

また輸入系の商品は納期がかかりますので、今頼んでも12月納品というケースも多いかと思います。特に大型スピーカー・大型テレビは搬入の問題があり、ピアノ運送等の業者様がかかわってきます。この状況も、年末にお引越しに絡んできます。

つまり、11月発売の商品で11月に申し込み・設置、12月の発売商品で12月に申し込み・設置ということは、日程次第ですが物理的にかなり難しくなりつつあるんです・・・。

もっとも

「VPL-VW745は値段が決まってないでしょ!」
「AQUOS 8Kはまだ実機を見ていない!」
「年末フェアまで待ってみます。」

というご意見、ごもっともかと思います。

実は、この辺りもかなり微妙な問題で、ギリギリに購入のご決断をしていただいても、Oppo UDP-205の様に「先に決めていただいた方に商品が回って物がない」ということも多くなります。厳しいお話ですが、ここは「早いもの順」になります。

そこで新機種をお考えのお客様にお願いです。

この時期、例年よりかなり早く年末の設置工事日程が埋まり始めています。
経験豊富な設置スタッフは代えがたい人材の問題になりますので、こればかりは如何ともしがたい状況です。

「年内に4Kプロジェクター!」「年末・年始はシアター三昧!」「孫と楽しもう!」

とお考えであれば、

とりあえず購入の御意志だけでも横浜関内店に伝えていただけますでしょうか。

まずは、設置日程の抑えに掛かります。
日程が決まれば「どこまでに何をしなければならないか」という逆算が可能になります。
また、機種更新・設置の場合、下見が必須になりますのでこの日程も可能な限り今月中に動く必要があります。

おおよその目安ですが、現時点からのお申込みでは基本的に平日工事の前提でお考え下さい。また、基本的にキャンセルは効かなくなりますので、その点はご容赦を。

また、先程の逆算に絡みますが、機材は輸入物でなければまだ年内に間に合うものも多いかと思います。逆に輸入商品はそろそろ年内納品がリミットになります。間に合わなければ可能な範囲で別機材のご提案をさせていただきます。
(特に代理店側が店舗からのオーダーのち発注を行うものはかなりシビアです。私共もご入金後でなければ動くことができません。)

あ、B&Wの800D3は現時点でギリギリです・・・。

800d3

そしてもう一つ、機材の買い替えの原因となる「機材故障」ですが

Pics14

機材が壊れてしまい、買い替えを・・・というケースもこの時期多くなります。これも早い判断が必要です。

普段使用していなければ、この時期に一度電源を入れ動作確認をしてください。

ちょっとでも「怪しいな?」と思ったら

メーカーサポートまで今のうちにご連絡していただき、点検・費用見積を頂いてください。

年末に機材が故障しても修理期間の問題から間に合わないケースが多くあります。

そして買い替えようと思っても取り付けが年内に間に合わないという最悪な問題を避けるためにも、早めのご判断をお願いいたします。

ギリギリになって「間に合わない!」というお話はお客様にとっては最悪ですし、私どもにとっても申し訳なく・最悪なものです。絵の映らないスクリーンほど空しいものもありません。

ご来訪・メール・お電話・FAXどの方法でも構いませんので、お早目のご相談をお待ちしております。

最後に、日頃ブログを見ていただいているお客様にもお願いです。

ご紹介したり、設置をしてあげたお知り合いの機材もこの時期に観てあげてください。

おかしい場合、お早目の連絡を!

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご連絡をお待ちしております。