イベント案内

2018年11月24日 (土)

【横浜店】 横浜店、新BS4K放送(右旋)対応準備です。

横浜店、渡邉です。

Kao

35周年記念の大売り出し!「アバック大感謝祭」開催中です。

2018_daikannsyasai

https://www.avac.co.jp/contents/3138

【横浜店】 「アバック大感謝祭」in横浜、開催です!

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/11/post-add6.html

さて、本題でございます。

本日、パナソニック様から新BS4K放送対応チューナー「TU-BUHD100」が届きました。

Buhd100_top_view
昨日11月23日朝9:00より試験電波が出始めておりますので、準備にかかります。
当店はフレッツ光を入れておりますので、右旋のみとなります。

P_20181124_105947

P_20181124_110227

P_20181124_110540

準備は簡単です。

アンテナを入れ……。

P_20181124_110718_hdr

電源を入れます。

P_20181124_110747

A-CASの登録を行ったら準備完了です。

P_20181124_111756

P_20181124_113107

49インチテレビでの表示がこちら。

P_20181124_114741今回はプロジェクターとの整合性の確認もしております。

VPL-VW855+ヤマハCX-A5200の組み合わせです。

P_20181115_111541

スクリーンは120インチになります。同じアングルですが大きさが比較になりません。

プロジェクターのステータスはクリックで拡大します。

NHKの試験画面は4K60P4:2:0 HDR、音声は5.1CHで受信しています。

P_20181124_115651

P_20181124_120011

と言ってもまだカラーバーですが……。

P_20181124_113440_hdr

P_20181124_113424_hdr

P_20181124_113537_hdr

P_20181124_113552_hdr

P_20181124_113520_hdrこちらはBS-TBS4Kです。

これで店舗でも12月1日の準備は出来ました。

現在はカラーバーしか見られない状況ですが、アンプ経由で繋いでおりますので12月1日10時以降であればホームシアターのシステムで4K-BS放送の視聴が可能になります。

(さすがに22.2CHは出来ませんが……)

どんなものかお試しになりたいお客様は、是非ご来訪下さい。

 

感謝祭についてはリスト外の商品や新宿の大商談会でのお値段も出しますよ!

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年11月17日 (土)

【横浜店】 パイオニア UDP-LX800 展示開始です。

横浜店 渡邉です。

Kao

BIGボーナスセール2018開催中です。

AVACインフォメーションを御希望の場合ご連絡下さい。

2018_big_salehttps://www.avac.co.jp/contents/big-bonus2018.html

35周年記念の大売り出し!いよいよ23日から「アバック大感謝祭」開催です。

2018_daikannsyasai

https://www.avac.co.jp/contents/3138

先日、ソニーVPL-VW855の期間限定展示のご連絡をさせて頂きましたが

先程「相棒」の展示を始めました。

パイオニア UDP-LX800です。

P_20181117_110034_hdrPIONEER UDP-LX800

https://jp.pioneer-audiovisual.com/bdp/udp/udp-lx800/

現時点で一番オーディオ再生にこだわったプレーヤーです。

P_20181117_110106_hdr少数ですがカタログもございます。

P_20181117_110153在庫は……ご相談ください。なんとかできる……かもしれません。

現状はVPL-VW855との組み合わせをさせて頂いております。

P_20181115_110635

P_20181115_113216クッキリ・はっきり、そして「濃い」絵で、VPL-VW5000を見ているような絵です。

この組み合わせは来週までとなりますので「一番いい絵を見てみたい!」と言うお客様は

この週末にご来訪ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年11月 9日 (金)

【横浜店】 AVAC INFOMATION Vol.188、そろそろお手元に届きます。先行でご案内!

横浜店、渡邉です。

Kao本日、店舗にAVAC Infomation Vol.188が届きました。
今回のInfomationは事前申し込み制となっておりますが、店舗でお配りできる分もございます。

そして、お届けするのはこちらの三冊。

Infomation_saltushi
まず、本命であるAVAC Infomation Vol.188本体に……。

Infomation188_2

11月10日からスタートする

2018_big_sale_4https://www.avac.co.jp/contents/big-bonus2018.html

BIGボーナスセール2018」の別冊

P_20181108_153543_3

そして、初公開の11月23・24・25に開催される
「35周年記念の大売り出し!アバック大感謝祭」

P_20181108_153532

の三冊です。

まず「AVAC Infomation Vol.188」ですが
最初に目につくのは「アナタのホームシアター構築シミュレーター」です。

P_20181108_161342
「どこまで揃えればいいの?」「いくらぐらい掛かるの?」という良くご質問を受ける点について、見やすくまとめております。左側の費用部分は空欄になっていますが、後ろのインフォメーション本体を見ながらいろいろとお考えいただくのもよろしいかと思います。

P_20181108_130246

次ページからは今年注目の機種について各先生方にインプレッションして頂いております。
一通り読ませて頂きましたが、それぞれの先生方が商品の魅力を最大限に紹介して頂いております。
特にJVC DLA-V9Rのネーミングは秀逸です。
確かに他のプロジェクターとは一線を画している画像密度と力強さを持っています。
向かうところ敵なしの「剛力無双」な画質故に「無双画質」。
とても端的なネーミングだと思います。
もっとも、それゆえに見てしまえば購入するしかない

「見てはいけない」商品にもなるんですが……。

他にも

【アバックインフォメーション内容】

・マイ・ホームシアター訪問レポート
・ホームシアター構築シュミレーター

・JVC「DLA-V9R」レビュー(麻倉怜士氏)
・Pioneer「UDP-LX800」レビュー(堀切日出晴氏)
・DENON「AVC-X6500H」レビュー(潮晴男氏)
・marantz「AV8805・MM8077」レビュー(麻倉怜士氏)
・YAMAHA「CX-A5200・MX-A5200」レビュー(潮晴男氏)
・買うなら今!オススメAV機器450選
・スタッフが選ぶ!機材を活かすとっておきソフトBEST3

インプレッションの後は今年の主力機種を中心にお値段の情報が掲載されております。

ただ
「今回のインフォメーションには

「下取りアップ」「得々クーポン」

の情報がないよ!
とお思いになる方もいらっしゃるかと思います。

いえいえご安心ください。

同時にお送りした赤い冊子

P_20181108_153543_4「BIGボーナスセール2018特典BOOK」に記載されております。
こちらには「下取りアップ」「得々クーポン」の情報をまとめて掲載させて頂いております。
もちろん、リスト外の商品についてもお問い合わせください。
個々に対応させて頂きます。

そして最後のフライヤーは両面です!

P_20181108_153532_2


オレンジの方は「35周年記念の大売り出し!アバック大感謝祭」のご案内です。

2018_daikannsyasai新宿本店以外の店舗の商談会に当たります。
会場発表の特価は、またブログでポスターのみ(お値段はご来訪の際に)ご紹介します。
そして裏面、青色ベースのご案内

P_20181108_153525
「ホームシアター大商談会2018WINTER」です。

2018_winter_sale2インプレッションで掲載した機種を中心にこの冬注目の新製品について各種イベントを開催させて頂きます。

Dlav9r_main_visual
また、11/23・24の2日間の予定になりますが、別会場をお借りして話題のDLA-V9Rを使用した究極の映像もお見せできるかと思います。

こちらの詳細については商談会のページで順次公開させて頂きます。

さて、ここまででも盛りだくさんかと思いますが、まだあります。
Infomationの一番後ろには

P_20181108_162539
「USED&OUTLETビッグボーナスセール」が掲載されております。
港北ショールームや中古各店舗から厳選した中古商品が掲載されております。
こちらもお見逃しなく!

お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご来訪・お問い合わせをお待ちしております。

2018年10月27日 (土)

【横浜店】 JVC『DLA-V7/V5』国内先行フェアです。(2018.10.28更新)

2018.10.28更新 DLA-V7/V5先程撤収いたしました。

横浜では、27日の新宿では諸事情により再生できなかった8Kダウンコンバート4KのJVCデモディスクも再生を行います。なお、本日のDLA-V9Rでは大丈夫だと聞いております。

DLA-V7です。厚みが増しているので「プロジェクター!」という重厚感があります。

P_20181027_203831(写真をクリックすると拡大します。)

DLA-V5Wはこんな感じです。色の違いで一回り大きく見えます。

P_20181027_204220_2

(写真をクリックすると拡大します。)

2台を設置しました。下にあるLX-UH1、横にあるVLP-VW255で大きさを把握していただけかと思います。

P_20181028_104804(写真をクリックすると拡大します。) 

後ろからです。おおむねDLA-Z1とコネクタ配置は同じように見えます。

P_20181027_204414

(写真をクリックすると拡大します。)

皆様お気を付けてご来訪ください。

横浜店 渡邉です。

Kaoいよいよ!10月28日(日)JVC『DLA-V7/V5』国内先行フェア開催でございます。

1003jvc_bana

https://www.avac.co.jp/contents/3114

Dlav7_prod_l_JVC DLA-V7

http://www3.jvckenwood.com/projector/dla-v7/

Dlav5bw_prod_lJVC DLA-V5

https://www3.jvckenwood.com/projector/dla-v5/

準備その1、DLA-V7/V5にとても合いそうな新規タイトル。

今回は、DLA-V7/V5にとても合いそうなタイトルを1つ追加しました。
「ファントム・スレッド」UHD-BD(US版)です。

71igwkcnsl_sl1500__2

2017年アカデミー衣装賞受賞のタイトルになります。


YouTube: 「ファントム・スレッド」90秒予告編

冒頭から何とも落ち着いた色と質感、光と影と繊細さを最新の35mmフィルムで撮影した作品です。
全体的なトーンや配色が素晴らしく、特に4Kらしさを感じる布や肌の「触感」と光と影の立体的な表現にフィルムの粒状感が高いレベルで合わさっており、音響もDTS:Xで床や天井の高さが良く出ています。P_20181026_114502
今回、JVCの「黒」にとても合うのではないかと思い、用意してみました。
当日は基本的にJVC様の方で上映させて頂きますが、御希望の場合はお申し出ください。

実はこの作品11/5に日本版が発売されますが、UHD-BDは日本での発売が見送られたため、海外版の購入に踏み込んでおります。

ファントム・スレッドオフィシャルサイト

 http://www.phantomthread.jp/
先程VPL-VW745とUDP-LX500で少し見させて頂きましたが、久々に「テレビではなく大型スクリーンで見たい」作品になりました。

準備その2、AVアンプ

P_20181026_112716
AVアンプはヤマハのCX-A5200を準備しました。

ヤマハ CX-A5200

https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/av_receivers_amps/cx-a5200/info.html

昨日到着しております。
フェア当日はCabasseのスピーカーシステムメインで構成しますが

サブウーファーもECLIPCE TD520SW

Td520sw

PIEGAのPS101の2台を使用し

Ps101_2product

フロントハイト+リアトップの11.2CHで準備させて頂きます。

などなど、いろいろと準備させて頂いております。
なお、DLA-V7.DLA-V5の到着は新宿本店から機材を移動する関係からフェア当日の予定です。

当日のご注意です。

フェア当日10月28日は「横浜マラソン」が行われる関係で、首都高速・みなとみらい方面の道路が時間別で通行止めとなります。

Logo

横浜マラソン2018 一般道の交通規制はこちらから。

首都高速の交通規制はこちらからご参照ください。

横浜マラソン2018のホームページに迂回路は示されておりますが、当日は渋滞が予想されます。

ご来訪の際には交通機関の状況にご注意ください。
特に新宿本店では同じ日に「DLA-V9R」の展示フェアを行います。

Dlav9r_prod_l

10/28(日)JVC最新4Kプロジェクター!!JVC「DLA-V9R」特別視聴会!!

https://www.avac.co.jp/contents/3115

両機種の視聴を御希望のお客様は新宿⇔横浜の交通経路として新宿からJR湘南新宿ラインで横浜乗り換え、横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町一番出口からのご来訪が乗り換えが少ないかと思います。

Yahoo乗換検索では日曜日14:00新宿出発で概ね1時間程度で到着できるかと思います。

Yahoo乗換情報

https://transit.yahoo.co.jp/

横浜はフェア形式になりますのでフリー入場でございますが、一日限りと言う事もあり、かなり混み合う事が予想されます。
当日は、ご来訪者の人数によりJVCの担当者や店舗担当者がミニイベント形式でご案内させて頂きます。新宿本店のDLA-V9Rフェア共々、両日は是非ご来訪ください。お値段などご相談させて頂きます。

あ、それと追記です。

AQUOS 8K 関連、価格・納期等具体的なお話可能です。実機も見てきております。

P_20181016_153759_2

そして12月1日の午後1時10分からは「2001年宇宙の旅」、その後3月には「マイ・フェア・レディ」が8Kリマスターで放送されます。UHD-BDを越える究極の画質が手に入りそうです。

01_ohttp://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/10/001.pdf

それまでに何とか!とお思いのお客様は合わせてご相談ください。

 お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

 さて、AVACInfometion Vol.188の事前申し込み、受付中です!

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

本体・送料は無料です!!

締め切りは10月31日となりますので、お早目の申し込みをお願いいたします。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年10月19日 (金)

【横浜店】 ヤマハ CX-A5200H/MX-A5200H フェアです。

2018.10.21更新:先程機材が撤収しました。たくさんの方々のご来訪ありがとうございました。

また、MX-A5200につきましては、ご予約のお客様には別途ご連絡させて頂きます。

来週はDLA-V7/DLA-V5が横浜店にやってきます!

1003jvc_banaなお、日程が横浜マラソンと重なりますので、ご来訪の際は交通機関にご注意ください。

横浜マラソン2018開催に伴う交通規制のお知らせ
http://www.yokohamamarathon.jp/2018/traffic/

当日は新宿本店で行われたDLA-V5・V7国内先行イベントの機材がこちらに移動しますので、DLA-V9Rは新宿本店、DLA-V7/V5は横浜のみの展示となります。

横浜店 渡邉です。

Kao

今週末開催のヤマハ AVENTAGE CX-A5200/MX-A5200先行試聴体験フェアー開催でございます。

0910_yamaha_bana

https://jp.yamaha.com/products/contents/audio_visual/aventage_cx/index.html

機器の詳細については先日エントリーしたブログをご覧ください。

【横浜店】 ヤマハ「AVANTAGE」CX-A5200/MX-A5200 発表です。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/09/post-80f8.html

先程実機が到着しました!
今回はすべてチタン色です!

P_20181018_153615MX-A5200はスピーカー位置の指定があり、若干戸惑いましたが……。

P_20181018_153650_2設置完了です。

スピーカーシステムはベースレイヤーをすべてB&W700シリーズで揃えております。
フロント703S2B、センターHTM71S2

P_20181018_153834

そしてリアも703S2!贅沢です。

サラウンドバックに706S2

P_20181018_153730フロントハイト、リアトップスピーカーのシステム構成です。
明日、明後日の2日間フリー視聴で準備させて頂きます。

特に、MX-A5200は発売まで時間がありますので、なかなかご覧いただけないかと思います。

Mxa5200_rp_2793x1375_05d6b177a7a47a

ヤマハの担当者も常駐しておりますので、ご質問等にも応じさせて頂きます。
なお、VPL-VW255・VPL-VW555の展示も開始しておりますが、明日・明後日はCX-A5200/MX-A5200を優先させて頂きます。
なお、ご成約特典もございます。
愛聴盤がございましたら、是非お持ちの上、ご来訪ください。

 お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

 さて、AVACInfometion Vol.188の事前申し込み、受付中です!

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

本体・送料は無料です!!

締め切りは10月31日となりますので、お早目の申し込みをお願いいたします。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年10月15日 (月)

【横浜店】 いよいよ今週末はヤマハ「CX-A5200/MX-A5200」です!

横浜店 渡邉です。

Kao

本日飛び込んできたニュースがありますので、その点だけ。

(10/15 10:00)

AQUOS 8Kの新型は、店頭予想価格が80型が200万円、70型が100万円、60型が75万円前後です。こちらについては導入のご相談を承ります。実機を見させて頂いたのち、何かしら書かせて頂く予定です。

AVACInfometion Vol.188の事前申し込み、受付中です!

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

本体・送料は無料です!!

締め切りは10月31日となりますので、お早目の申し込みをお願いいたします。

本題です!

いよいよ今週末、ヤマハ AVENTAGE CX-A5200/MX-A5200のフェア開催でございます。

0910_yamaha_banaMain02

https://jp.yamaha.com/products/contents/audio_visual/aventage_cx/index.html

P_20181015_110843今回は、現在店舗にて展示中の前機種「CX-A5100」と「MX-A5000」を使用して2chで試聴比較も行います。2018august_fairベースレイヤーのスピーカーシステムはB&W 700シリーズで固めさせて頂きます。

あ、703S2は4本です。フロントとサラウンドが703S2……。センターがHTM71S2、サラウンドバックが706でトップ4本の7.1.4ch。さすがAVANTAGE。

過去のエントリーで書かせて頂きました通り、細かいところの変化が組み合わさった結果

2chの比較でも「全然違う」音になっているとの事。

実はわたくしもまだ聞いておりません。楽しみです。

当店はフェア形式で2日間行わせて頂きます。
前回の新宿でご来訪頂けなかったお客様。
RX-A3080以上の音をお求めのお客様。
前回の新宿で
「ちゃんと聞けなかった!」
「もう1回聞いてみてから決めよう!」
とお考えのお客様。

当日は「ご自分の視聴を希望するメディア」をお持ちの上、ご来訪ください。
当日ご成約の特典もご用意してお待ちしております。

お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年10月12日 (金)

【横浜店】「JVC DLA-V9R/V7/V5」カタログ到着です!

横浜店 渡邉です。

Kao

 年末恒例の「アバックインフォメーション」お申し込み受付中です。

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

では、本題です。

先程ですが、こんなものが。

P_20181012_160547

お待たせしておりましたJVC「DLA-V9R/V7/V5」カタログでございます!

P_20181012_155906JVCらしく、高級感漂うカタログです。

で、中身はというと……。

P_20181012_155846web記載に近い内容のものも多くありますが

なんというか、同じ内容なのに冷静に見ることが出来ます。

P_20181012_155855なお、最終ページにはオプション写真や投射距離一覧、少し大きくなった寸法なども記載されております。

一通り見させて頂きましたが、同じものでも紙で「見たい時に見ることが出来る」というのは、特に高価格な物を買うときは紙のカタログは必要だなと痛感します。

特に今回のフラッグシップ機であるe-shift8Kを搭載した「DLA-V9R」は、最小分離閾の関係もあり、120インチ程度では通常の視聴距離でスクリーン上にドットを意識する事はほとんどないレベルの映像になります。

DLA-V9Rは同じ4Kでも「映像密度」が別物になります。

 

Dlav9r_prod_l

強引な参考例ですが、写真はAQUOS 8K LC-70X500でダークナイトUHD-BDを4K→8Kアップコンバートしたものの拡大です。

Imag6707 少なくとも「ドット」はわかりません。

インチこそ違いますが、DLA-V9Rでは、JVCらしい強烈なコントラストとドットの認識ができない程の映像密度を両立しており、この感覚がDLA-V9Rをてはいけない」レベルの映像に引き上げます。

今回のカタログは「この機種を購入すれば、今までよりさらに上の『質』が手に入る」とご想像頂くのに十分な内容となっています。導入を迷われているお客様は、このカタログを手に入れて頂いたうえで、お値段・納期などをいただければなお宜しいかと思います。

 

Dlav7_prod_l_

Dlav5bw_prod_l

なお、普及帯であるDLA-V5、DLA-V7については10月28日に横浜店にやってきます。

1003jvc_banahttps://www.avac.co.jp/contents/3114

V9Rは凄まじいのですが、やはり価格が……とお考えのお客様。

当日はDLA-V5/DLA-V7の実映像を見て頂くことが可能です。

横浜店はフェア形式になりますので、当日はもちろん持込可能です。

ご自分の視聴したいUHD-BDなどをお持込ください。

Udplx500

再生機はUDP-LX500を予定しております。

なお、カタログは数がそれなりにございます。

フェア分は除かせて頂きますが、本日より店舗にてお持ち帰りが可能です。

なお、地方の皆様やご来訪の難しいお客様など、今回カタログの入手が難しいお客様は、横浜店までご連絡下さい。別途対応させて頂きます。

もしメールが難しい場合はFAXでご連絡下さい。

もちろん、DLA-V9Rを含む各機種のお値段等お問い合わせも可能でございます。

ご連絡・ご訪問をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

2018年9月 7日 (金)

【横浜店】DENON AVC-X6500Hスペシャルイベント・フェア開催!(2018.9.17更新)

2018.9.17更新:展示機到着しております。視聴可能です。

Avcx6500h_tenji横浜店 渡邉です。

この所エントリーが多く記事が後ろに回っていましたので

AVC-X6500Hのイベント情報を修正再掲載させて頂きます。

Kao

いよいよ今週末、AVC-X6500Hスペシャルイベント・フェアを開催します!

0831_denon_bana【AVC-X6500H】スペシャルイベント・フェアin横浜開催!!

https://www.avac.co.jp/contents/3047

Avc6500h

DENON AVC-X6500H

https://www.denon.jp/jp/product/hometheater/avreceivers/avcx6500h

今回の機種は「熟成品」です。
細かい部分の調整を行い、ファームウェアで行えなかったチューニングを施した商品です。ただ、何も変化がないわけでなく、電源回路回りの細かい部分で改善点を重ねている商品です。

またHDMI2.1から適用されたALLM(自動低レイテンシーモード)6400Hでは日アップデート対応であったeARCやDTS Virtual:X、AIRPLAY2にも最初から対応しています。

また、これは大きな変化ですが、CEDIA2018にてAVC-X6500HとAVR-X4500Hは新しいAVサラウンドフォーマットとなる「IMAX Enhanced」に世界初対応します。

Imax_enhanced_stacked_1

以前から噂のあったIMAXの家庭用がついに民生に降りてきました。

発売と同時ではありませんが、後日ファームウェアアップで対応との事です。

まだ詳細な技術内容を見ておりませんが、技術的にはDTS:Xのファンクションを利用してIMAX署名コンテンツの認識を行う方法となり、非対応の場合はDTS:Xになる仕様です。Sony、Sony Pictures、Paramount Picturesから対応コンテンツが出てくる予定との事です。

今回はB&W700シリーズでシステムを組んで準備しております。

日曜日の一日だけとなりますが、横浜での実機公開は初となります。

週末は是非ご来訪ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年8月27日 (月)

【横浜店】今年こそ!「ホームシアター・アップグレード」のおすすめ

AVAC横浜店 渡邉です。

Kao

先日

【横浜店】 EPSON EH-TW8000/8000W,6000/6000W 修理・機材更新についてというブログを書かせて頂いたところ、こんなご質問を多く頂きました。

「今のシアター設備を更新したいんだけどどうすればいい?」

考えてみれば当然のご質問です。

いままで「プロジェクターの寿命」や「4Kお勧めです!」と書いてきた手前、

今のホームシアターの更新=ホームシアターのアップグレード」をどうするか。

今年は「解像度自体が変わる」という大きな変化が起こりますので、今までの小さな機材更新と言うわけにはいきません。

今回はこの問題について回答させて頂ければと考えております。

ホームシアターの機材更新は、機材状況によりかなり変わります。

今回は

4K・UHD-BDや4K-BS/CS放送、NETFLIXやひかりTV 4Kなどの4K関係にフル対応するようにアップグレードする。

と言う前提で考えさせて頂きます。

今回のアップグレードでは一番大きく変わる点は二つ。

解像度と著作権保護です。

この点から、お手持ちの機材について

変えなくてはいけない物

できれば買い替えて頂きたいもの

無理に変える必要のないもの

が見えてきます。今回はその点について書かせていただきます。

まず「無理に変える必要のないもの」ですが

これは5.1CHまたは7.1CHのスピーカー本体( 後述のDolbyATOMS、DTS:X、Auro3Dへの対応方法によって変わります。 )サブウーファー、スピーカーケーブルなどが挙げられます。これらの機材は故障しない限り、無理に変える必要はありません。

次に「できれば買い替えて頂きたいもの」ですが

これはスクリーンです。

E_info_01_img ハイビジョン用のスクリーンはそれなりにきめが細かいのですが、4K用スクリーンはさらに機め細かく、色温度の高い部分が伸びてさらに美しい色になりますので、本当は替えて頂きたい商品です。

もっとも「スクリーンは変えなくても4kが見られないことはないです。

Screen_wrinkle

ただ、特にロールスクリーンは消耗品ですので、スクリーンの皺が気になり始めたり、発色・明るさにご不満があった場合は迷わずお買い換えをお勧めします。

Dlax590rw_prod_l

また、最近のプロジェクターは1500lm以上の明るさを持っています。

いわゆるマットスクリーンと呼ばれる普通のスクリーンでも十分映像を楽しめますので以前のスクリーンがシルバーやパールだったりした場合はこれも買い替えを強くお勧めします。

E8k_ke_90

最後にサウンドスクリーンですが、現在は「8Kレベルまで対応」しているスクリーンも存在しています。こちらはきめの細かさがかなり違います。実際の絵で見てわかるレベルで差が出る状況です。サウンドスクリーンの場合は高価な商品ですが買い替えの効果はあるかと思います。

そして「変えなくてはいけないもの」ですが

Photo

それ以外の映像伝送系全部……になってしまうのですが、具体的にはプロジェクター本体、最大の問題になりそうな長尺HDMIケーブル、そして著作権保護システムに対応した新しいAVアンプと言う事になります。

まず、プロジェクター本体はほとんどの場合大きさや重さが変わります。

Epsontw8300

このことから投射距離がギリギリの場合、スクリーンサイズが変わることがあります。また、機材の重さが変わることで天井補強の関係が変わることもあります、いずれにせよ下見が必要です。

次に先程書かせて頂いた長尺HDMIケーブルですが、これも更新が必須になります。

こちらはかなりの「導入の壁」になりますので、別エントリーでご紹介します。こちらをどうぞ。

【横浜店】ホームシアター・アップグレードの「壁」:HDMIケーブルについて

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/08/avac-c092.html

もう一つ。プロジェクターの接続にコンポーネントやD端子を使用していらっしゃる皆様です。

Jvc_vxds230

プロジェクターの導入時期によっては、HDMIではなくD端子やコンポーネントでの接続をされていケースも多いかと思います。

現在の4Kプロジェクターには著作権保護の観点からD端子、S端子での接続は出来ません。

事前の配管の状況を確認し、隠蔽配管での入れ替えが出来るかどうかの確認が必要です。

最後にAVアンプですが

Avrx6400h_jp_bk_fr_cl

これもHDMIの著作権保護システムが更新されていることから、基本的には入れ替えが前提になります。特にハイビジョンの機器と4Kの機器が混在している場合、映像・音声共にアンプを通しますので、この時点で機材交換が必須になります。

Newsheadline_1319776412_image2_2

Sclx90

ただ、昔はアナログ出力関係が充実したDENON AVC-A1HDやPioneer SC-LX90などの名機があり、今も使用されている方も多いかと思います。

これらの設備を生かしたい場合は、4Kソースを用いた場合、映像と音声を完全に分離して、音声のみ(ハイビジョンのソースはそのままでも構いません。)アンプで処理する必要があります。のあたりは配線自体がかなり複雑になり、またいろいろと制限も出ますので、ご相談をお願いします。基本的にはセパレートタイプの機材に機材更新になるものとお考えください。

Av8805

映像送出機器に関しては、HDMI・ハイビジョンのものは、今回4K対応で更新したアンプであればほとんど問題ありません。D端子はコンポーネント変換(出力解像度に制限があります。)S端子はRCA変換で何とか対応が可能です。こちらについてもケースバイケースで対応させて頂きます。

そして、もうひとつのアップグレード、サウンドシステムです。

今回の機材更新を機に、音響システムをドルビーアトモス/DTS:Xなどへのアップグレード対応(ほとんどの機種に搭載されております。)もお考えいただけるタイミングになるかと思います。

Atomsdtsx

こちらのアップグレードも今までのシステム次第でかなり変わります。

アンプの更新はもちろんですが、スピーカー数そのものもかわりますので、スピーカーの数だけでなく、配線にも見直しが必要です。

しかし、サウンドシステムのアップグレードに有利な設置方法があります。

埋め込み・天吊りで全てシステムを組んで頂いた皆様です。

Umekomi今まで小さな子供さんが触ってしまうから床に物を置きたくないからなどの条件で、今までやむを得ず埋め込みや天吊スピーカーのみの5CHシアターにしていたお客様の場合

フロント・センター・リアに置きスピーカーを追加することで……

今までの埋め込みスピーカーをそのままDolbyAtoms/DTS:Xのトップスピーカーへ

今までの天吊りスピーカーはDolbyAtoms/DTS:X、アンプによりますがAuro3D用のハイトスピーカーへ

使用用途を変更する形で使うことが出来ます。

この「ホームシアターアップグレード」で

今までのシステムをDOLBY ATOMS/DTS:X 5.1.4chなどの立体音響に対応したホームシアターシステムにアップグレードが可能になります。

ご参考までに施工写真を加工するとこんな感じです。

埋め込みスピーカーはそのまま、床にスピーカーを追加しております。

Umekomiplus

逆のケース、今まで置き設置だった場合は、フロントとリアにハイトスピーカーを追加することで対応可能です。こちらは配線をモール処理すればこちらも極端に難しくはありません。トップスピーカーの追加はなかなか大変ですが、ハイトスピーカーでお考えいただくと意外に簡単に設置できます。

最後の手段は「イネーブルドスピーカー」です。

天井に音を反射させ、DolbyAtomsの効果を作り出します。天井や壁加工の必要がありません。

Main_2

ただ、これは吹き抜けには使えませんので、その点はご相談ください。

今までご愛用頂いたお客様には、画や音に「こうしたい!」というお考えが出て来ているかと思います。

今回の「放送の4K化」という問題は、12月のBS-4Kに備えた場合「ホームシアターアップグレード」をお考えいただくには、かなりギリギリのタイミングかと思います。

今までと違い、今年のピークは早く、そして急にやってきます。

もう9月になります。あと3カ月しかありません……。

そしてIFA2018は今週末です。プレスカンファレンスは前日から始まります。

今まで書かせて頂いた機器の調査・点検・修理、そして機材更新にはすべて人手がかかり、工事や設置工事なども関わってきます。

この流れでは、おそらく10月・11月に「お願いします!」と有り難いお話をいただいても、工事関連の日程が込み合っており12月1日に間に合わせるのはなかなか難しい状況になります。

まずは早めのご相談をお願い致します。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年6月21日 (木)

【横浜店】 いよいよ今週末、アバック大感謝祭開催でございます。(2018.6.23更新)

2018.6.23更新:雨で足元の悪い中、たくさんのご来訪ありがとうございました。

本日は店内が込み合っており、お電話が繋がりにくい時間がございました。申し訳ありません。

明日も混みあう事が予想されますので、ご来訪の際にはメール等のご連絡を併用していただければ幸いです。

2018.6.22更新:お値段を全部張り出しました。

Imag7558_2 お見せできません……。ご来訪ください。

横浜店 渡邉です。
Kao

いよいよ今週末、アバック大感謝祭、開催でございます。

Bar_daikansha

https://www.avac.co.jp/contents/2978

お値段リストが手元に届きました……

一部だけ、お見せできません……。

Kanshasai01plan2

他にも各種スピーカーや、AVコントロールアンプ、ネットワークプレーヤー,CDプレーヤー、ウーファーなどが掲載されております。

お見せできません。ご来訪者のみです!

そんなお値段をご提示させて頂きます。

35周年記念の大売り出し!!アバック大感謝祭!!

https://www.avac.co.jp/contents/2978

Summer2018

サマーダイナミックセールも開催中です。

【横浜店】 お待たせしました!サマーダイナミックセール2018 始まります!

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/06/2018-3359.html

AVAC感謝祭のお問い合わせは出来ませんが

それ以外のお問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

なお、AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

横浜AVAC座のお問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。