イベント案内

2017年11月23日 (木)

【HT横浜関内店】 アバック大感謝祭 HT横浜関内店の予告!

2017.11.24追記:先程準備が終わりました。お値段はご来訪で。

Price_secret

B&W700+SR8012はちょっと質が違います。

Imag6481

Imag6480

D&Mの担当者がセットアップされましたが、アナログ部分がしっかりしているのか、AVアンプの音には聞こえない商品です。Esotericも「本当にEsoteric?」と疑問になるぐらい柔らかい音で、今まで聞いていた音とはかなり違うものが揃いました。

HT横浜 渡邉です。

Kao

いよいよ11月25日(土)26日(日)の両日は
「下半期最強の売り尽くしセール!!

アバック大感謝祭!!」でございます。

Daikansyasai_bana https://www.avac.co.jp/contents/2773

お値段は秋葉原のご提示価格をそのままご提示させて頂きます。

プロジェクターでは話題のソニーのアレとか、EPSONのコレとか
AVアンプではパイオニアのソレとか・・・。DENONのドレもお値段が出てますね。
ピュアオーディオではマランツの○○とかDENONの△△とかパイオニアの□□とか。

これ以外の機種も25・26の限定でお値段が出ていますね・・・。

Bigbonasu_bana https://www.avac.co.jp/contents/big_bonus2017.html

現在開催中のBIGボーナスセールの情報を見ながら「これは?」とお尋ね頂ければ対応させて頂きます。
ただ一つご注意が・・。店舗は2名で運営しておりますので、来店のお客様が多い場合、対応が難しくなる場合があります。

電話とかで聴けないの>?今回は来店が前提になります。事前には言えないので・・・。

そして横浜店でも当日は特別展示を行います。
メインは「B&W 700シリーズサラウンドシステム」です。

話題のB&W700シリーズ

フロント 703S2

Imag6418_2 センター HTM701S2

Htm71s2_rosenut_off

リア 706S2

706s2mr その他
ウーファーはEclipce TD520SW

またはモニターオーディオPWL215-2

トップはおなじみUnisonic AHT525IW

で5.1.4Ch構成を準備いたします。

そしてアンプには

発売前のMarantz SR8012をご用意しました!

L_sr8012_f_b_34 http://m.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?CatId=HomeTheatre&SubCatId=AVReceiver&ProductId=SR8012

こちらは2日間の限定展示になります。

B&W 703S2を使用したサラウンドはAVACでもおそらく横浜だけの展示になります。
将来導入をお考えのお客様にはとても良い機会かと思います。

その2!Esoteric K-03X,F-03Aです。

Imag6477

エソテリックのミドルクラスシステムを週末限定でご用意しました。と言っても2台で180万円近いのですが。先程からMonitoraudio Platinium SeriesⅡ PL300Ⅱを鳴らしておりますが、「本当にEsoteric?」と言う程音が柔らかく、聴き疲れのしない音が鳴っています。接続を変更すれば700シリーズも鳴らすことができるセッテイングをしております。

今回は来店のお客様が対象のセールになります。
お値段のお尋ねは基本的にはご来訪が基準になります。
そうしないと出せないお値段なので・・・・。

「湯島は遠い・・・。」
「イベントはいいか・・・。」

そんなお客様。横浜店でお受けいたします。
最寄駅は横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町」駅

(クリックすると大きな画面が出ます。)

Isezakiavacyokohama

1番出口を出てぐるっと180°回り、テニスコートを左側に見つつ、まっすぐ前に進んでください。
左手に公園のある「不老町3丁目」交差点、交差点の真向かいの青いビルです。

Google MAP検索 伊勢佐木長者町駅からアバックホームシアター横浜関内店へ

Google Streetview 正面の青いビルになります。

また、お問い合わせの多かった関内駅からはちょっと歩きます。

(クリックすると大きい画面が出ます)

Kannaiekiavacyokohama 文化体育館の前をまっすぐ歩いていただくルートが間違いがないかと思います。

Google MAP検索 関内駅からAVACホームシアター横浜関内店へ

Google Streetview 関内方面・文化体育館経由での店舗、青いビルになります。

お車の場合は長者町3丁目交差点・不老町3丁目交差点が目安となります。

Okuruma Google mapお車での来訪、長者町3丁目交差点・不老町3丁目交差点

誠に申し訳ありませんが、提携駐車場がありませんので近隣のコインパーキングをご使用ください。

11月2526の両日、ご来訪をお待ちしております。

2017年10月20日 (金)

【HT横浜関内店】 SONY VPL-VW245 B&W 706S2MR 展示開始!

HT横浜 渡邉です。

年末モードに入ってまいりました。そろそろ気になる「年内」のお言葉。こちらもお読みください。

【HT横浜関内店】大事です!年末の買換・設置工事に関して。

年末の状況についてご説明させて頂いております。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/10/post-73ac.html

Kao今週はソニー様・B&W様から大物が届きました!

Bw706s2まずはお待たせしていたVPL-VW245です!

http://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VW245/

Vplvw245setup

早速設置。下は継続販売のVPL-VW535。

Vplvw245setyp2

外観は・・・・正面から見た写真ですが、アクセントが無くなっています。黒1色と言う感じです。

Vplvw245setup4
早速ライバル機となるEPSON EH-TW8300と比較してみました!

「スタートレック イントゥ ザ ダークネス」
冒頭の異星人のアップです。

こちらがVPL-VW245。

Vplvw245_1


こちらがEH-TW8300。

Ehtw8300_1

口の部分の拡大。

VPL-VW245

Vplvw245_2

EH-TW8300

Ehtw8300_2

リアル4Kのフォーカスの良さで差がでていて、且つ黒の出がずいぶんよい印象です。
この画質がEH-TW8300+10万円で入手可能というのは・・・。正直な感想として、この価格帯としては思った以上の差が出ます。

この後VPL-VW535とも比較をしたのですが、明るさをメインに押し出したVW535とはおそらくチューニング自体が変わっていますね。だいぶ違います。

Vplvw245setup5_2


また、外光を入れてテレビも映してみましたが、かなりメリハリを感じます。
コントラストにかなり気を使っているのか、表示に問題が無いです。
今日は雨と言う事もあり、通常はレースカーテン程度のの遮光で十分お昼にテレビを見られます。

そしてもう一つ。こちらもご期待の商品、B&W 706S2です。

http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/700_Series

こちらが梱包。

Vplvw245setup0

オーディオコーナーの設置を変えて・・・。

Imag6353

 
設置が終わりました。

外箱は全くCM5S2と同じ。

Cm5s2_706s2

ただ見た目、スコーカー・ツィーター黄色が変わったのが大きいですね。

スコーカーは800シリーズと素材を揃え、コンティニウム・コーンに代わっています。織布ベースですので、触ると柔らかい素材です。

700standing_mid

706s2_mid 

なお、ブックシェルフモデルはユニットを直接取り付けていますが、704S2以上のスタンディングタイプはシャーシによる取り付け(ユニットが直接ボックスに繋がっていない状態)になりますので、さらにクリアになります。

700mid_lowrange2

ツィーターも黒になりました。構造としてはアルミベースですがカーボンの蒸着コーティングがなされているので、正面から見ると色が黒っぽく見えます。

 

700hirange2

706s2_hi_2

今回は届いておりませんが、上位機種のウーファーについても「エアロフォイル・プロファイル」コーンを採用しており

700standing_low

ベースのスキンをカーボンファイバーからペーパーへ変更。間に挟む素材も800 D3やサブウーファーのDBシリーズの“シンタクティック・フォーム”からEPS(発泡スチロール)にコストダウンしています。

外観の印象は、ケブラーコーンの黄色が無くなり、CMシリーズより全体が落ち着いたことから、以前は黄色のポイントが絶妙な黒のほうがあっていたのですが、今回はローズウッドの色も落ち着いており、シックな気がします。

706s2mr

706s2mr_rear


まだ、ちょっとしか音を聞いていませんが、音については第一印象として見た目通りかなり締まった800シリーズのような音です。高音の伸びなど限界まではまだ鳴らしていません。

Photo_2

とりあえず「Nordost System Setup Disk」でエージングを開始します。

2017.10.21:1日エージングを掛けた所、低音が出てきました。解像度が素晴らしいですね。

低音はまだ出ると思います。

展示写真の通り、800シリーズとの比較が可能です。

セッティングは終わっていますので、どちらも視聴は可能です。
ご来訪をお待ちしています。

なお、703などは11月になるかと思います。

最後に、すでに告知されておりますがJVC DLA-X590/990はイベントを行う事になりました!

Bar_1013_jvc_683 https://www.avac.co.jp/contents/2758

すでに予約が入り始めており、満員までに時間もかからなそうです。今の所第2部の予定はございません。

ご予約はお早めにお願いします。

あ、前機種DLA-X770Rの展示品は嫁入り先を募集中です。当店の機材はラック内でしたので比較的綺麗な状態です。お値段も写真の通り。こちらもご連絡をお待ちしております。

Photo_3

毎度のことではありますが、VPL-VW245、B&W 706S2共に持込可ですので、出来るだけ事前にご連絡の上、ご来訪ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年10月 5日 (木)

【HT横浜関内店】大事です!年末のお買い換え・設置工事日程に関して。

2017.10.10追記:JVC新機種視聴会のイベントを入れ替えました。こちらも大事なので・・・。特にVPL-VW500ESのお客様、DLA-X700R/500Rのお客様は下記のブログを参照の上、ご一読を。

【HT横浜関内店】<後編> プロジェクターの修理・寿命に関して

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/08/ht-91b4.html

HT横浜関内 渡邉です。

Kao

そろそろ始まる「年末商戦」。そしてこの時期に必ず問題になることが・・・

「年内にお願いしたいのですが。」

です。今回はこのお話。

この時期、新製品がいろいろと発表され、発売日待ちです。

大物としては

JVCの新機種 DLA-X990RDLA-X590R

Dlax990r

ソニーのVPL-VW245

Vplvw245_w

B&W 700シリーズFocalなども

Bw700_main

今月から順次発売

ソニーのレーザー光源VPL-VW745

Vplvw745

シャープの8K、AQUOS 8K LC-70X500

Lc70x500

などは12月の発売です。

また、既に発表の終わっているAVアンプも

来週フェア予定のDENON AVR-X6400H/4400H

El_avrx6400h_4400hjp_bk_fr_cl

出来の良さが評判のヤマハ RX-A3070、正常進化のPIONEER SC-LX502

Yamaharxa_pioneer

などがあります。

このように新機種はいろいろと出てきますが、問題が一つ。

これらの機種のほとんどは買うだけではなく

設置工事の要素が関わってきます。

・プロジェクターの入れ替えにはプロジェクターの天吊り

・4K対応のスクリーンに架け替え

・大型液晶の設置・壁掛け

・アンプの買い替えでは組配・Atomsスピーカーの設置

(今年からはAuroのハイトスピーカーの設置もお考えの方がいらっしゃるかと思います。)

などなど・・・。

どれもサッとやってパッとつくものでもありません。

でも、ちょっとお考え下さい。

設置を行うのは新機種更新をお考えのお客様だけではありません。

ご新居でシアター構築を進めているお客様は

年内にお引越し・新居で新年!とお考えの方がたくさんいらっしゃるわけです。

一式設置の場合、基本的に1日、場合によっては2日かかることも間々あります。主にで・・・。そしてすでに動いております。

また輸入系の商品は納期がかかりますので、今頼んでも12月納品というケースも多いかと思います。特に大型スピーカー・大型テレビは搬入の問題があり、ピアノ運送等の業者様がかかわってきます。この状況も、年末にお引越しに絡んできます。

つまり、11月発売の商品で11月に申し込み・設置、12月の発売商品で12月に申し込み・設置ということは、日程次第ですが物理的にかなり難しくなりつつあるんです・・・。

もっとも

「VPL-VW745は値段が決まってないでしょ!」
「AQUOS 8Kはまだ実機を見ていない!」
「年末フェアまで待ってみます。」

というご意見、ごもっともかと思います。

実は、この辺りもかなり微妙な問題で、ギリギリに購入のご決断をしていただいても、Oppo UDP-205の様に「先に決めていただいた方に商品が回って物がない」ということも多くなります。厳しいお話ですが、ここは「早いもの順」になります。

そこで新機種をお考えのお客様にお願いです。

この時期、例年よりかなり早く年末の設置工事日程が埋まり始めています。
経験豊富な設置スタッフは代えがたい人材の問題になりますので、こればかりは如何ともしがたい状況です。

「年内に4Kプロジェクター!」「年末・年始はシアター三昧!」「孫と楽しもう!」

とお考えであれば、

とりあえず購入の御意志だけでも横浜関内店に伝えていただけますでしょうか。

まずは、設置日程の抑えに掛かります。
日程が決まれば「どこまでに何をしなければならないか」という逆算が可能になります。
また、機種更新・設置の場合、下見が必須になりますのでこの日程も可能な限り今月中に動く必要があります。

おおよその目安ですが、現時点からのお申込みでは基本的に平日工事の前提でお考え下さい。また、基本的にキャンセルは効かなくなりますので、その点はご容赦を。

また、先程の逆算に絡みますが、機材は輸入物でなければまだ年内に間に合うものも多いかと思います。逆に輸入商品はそろそろ年内納品がリミットになります。間に合わなければ可能な範囲で別機材のご提案をさせていただきます。
(特に代理店側が店舗からのオーダーのち発注を行うものはかなりシビアです。私共もご入金後でなければ動くことができません。)

あ、B&Wの800D3は現時点でギリギリです・・・。

800d3

そしてもう一つ、機材の買い替えの原因となる「機材故障」ですが

Pics14

機材が壊れてしまい、買い替えを・・・というケースもこの時期多くなります。これも早い判断が必要です。

普段使用していなければ、この時期に一度電源を入れ動作確認をしてください。

ちょっとでも「怪しいな?」と思ったら

メーカーサポートまで今のうちにご連絡していただき、点検・費用見積を頂いてください。

年末に機材が故障しても修理期間の問題から間に合わないケースが多くあります。

そして買い替えようと思っても取り付けが年内に間に合わないという最悪な問題を避けるためにも、早めのご判断をお願いいたします。

ギリギリになって「間に合わない!」というお話はお客様にとっては最悪ですし、私どもにとっても申し訳なく・最悪なものです。絵の映らないスクリーンほど空しいものもありません。

ご来訪・メール・お電話・FAXどの方法でも構いませんので、お早目のご相談をお待ちしております。

最後に、日頃ブログを見ていただいているお客様にもお願いです。

ご紹介したり、設置をしてあげたお知り合いの機材もこの時期に観てあげてください。

おかしい場合、お早目の連絡を!

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご連絡をお待ちしております。

2017年10月 4日 (水)

【HT横浜関内店】 JVC「DLA-X990R/DLA-X590R」日本最速試聴会(2017.10.8追記有)

2017.10.8追記:質問に回答させて頂きます。DLA-20LTDですが、写真でよくみられる朱色の入ったと言うわけではなく、コーポレートカラーの鮮やかな「レッド」です。朱色が入っているという感覚はありません。

大阪のお客様・名古屋のお客様はこの後JVC主催の視聴会がありますのでこちらをご参照ください。

http://www3.jvckenwood.com/projector/event/4k-opinion.html

もう一つ「現行機のDLA-X770R、DLA-X570Rは展示処分にならないの?」とのご質問ですが、処分を開始しております。が・・・・DLA-X570RWは昨日展示処分開始後20分でお嫁に行くことになりました。現在、DLA-X770Rのみ嫁入り先を募集しております。

【展示処分品】 JVC DLA-X770R 【03-10071】

http://www.avac.co.jp/used/products/detail.php?product_id=22077

よろしくお願い致します。

HT横浜 渡邉です。

Kao

JVC日本最速視聴会、本日開催いたしました!

Imag6239

Imag6249
ご来訪の皆様、お足元の悪い中、ご来訪ありがとうございました。

第1回・第2回共満席の中、イベントを催行させて頂きました。

写真を取る時間がありませんでしたので、文章だけで簡単に。

Imag6256_2

最初に試聴したDLA-X590Rについては

JVCの新機種の法則と言いますか、一つ上の新機種のような精細感でした。HDR映像では黒・白の使い方がとても巧く、「Planet EARTH2」「4K夜景など」通常のソフトでもJVCらしい発色のすばらしさと別機種との諧調表現の差が目立ちました。特に夕日のシーンなどは思ったより10Bitと12Bitの差が出ます。

91wqpcgdeyl_sl1500_
映像の作り方は570Rと同じで明るさをベースにコントラストを表現するという形になります。鮮やかさを目立たせるという表現の方が正しいかもしれません。

Imag6259

続いて990R。
750Rと比較すると明らかにピーク輝度の差が感じられました。
そして、200lmの明るさアップは諧調表現にも回したような印象です。(字が見にくいかもしれませんがマリアンヌの衣装の色だと思ってください。)E-Shift5と4K-MPCの効果は絶大で、「マリアンヌ」ではゆっくり動く絵の中で服の質感が良く出ており、カサブランカのシーンでは立体感を感じるほどの奥行きが実現していました。770Rは「黒ベースの立ち上げ」とよく表現していたのですが、今回は「より自然な、でも立体感を感じるほどの奥深い黒」と言うところでしょうか。

両機種とも4K-Clear Motion DRIVEがかなり効いており、4K60Pの「ビリー・リンの永遠の一日」でも動画のカクカク感はなく、スーっと動く印象です。
また、E-Shift5が静止画や動画のざらざら感をなくしており、よーく見ないとE-Shiftには見えないんじゃないかと思います。
また、インテリジェントレンズアパーチャーもかなり効いており、色の引き締めに貢献しているように思えます。750Rを見た時の「精細感がかなり上がったなあ」と言う印象が「もっと上がるんだ・・・。」と言う印象でした。

最後にご連絡です。
来訪の皆様、来場特典はご来場者だけの適用になります。
年末までですのでお早めに使ってください。
また、ご商談自体はスタートしておりますので、ご来場いただけなかった皆様もご連絡を頂ければ対応させて頂きます。

なお、機材そのものは定休日の関係もありますので、10/25前後に店舗に設置予定です。こちらについては設置ができ次第、こちらのブログで紹介させて頂きます。

DLA-20LTDについては・・・・まずはお問い合わせください。


なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年9月28日 (木)

【HT横浜関内店】JVC新製品 DLA-X990R、DLA-X590R発表!日本最速視聴会のご案内(2017.10.5追記有)

2017.10.05更新:視聴会、第1部・第2部共にほぼ埋まっております。お問い合わせ下さい。

試聴会の模様は別の記事で更新予定です。お待ちください。

HT横浜 渡邉です。

Kao

速報です。JVCの新型プロジェクター2機種が発表になりました。
同時に

「JVC新型プロジェクター日本最速視聴会」

のご案内を情報解禁させていただきます。

まずは新発表機種のご紹介。

DLA-X990R

Dlax990r

http://www3.jvckenwood.com/projector/dla-x990r/

DLA-X590R

Dlax590r

http://www3.jvckenwood.com/projector/dla-x590r/

の2機種です。

機種の情報をご紹介します。
まず、DLA-X990R。

Dlax990r_2

基本的にはIFA2017で紹介された「DLA-X9900BE」に準じた性能となります。
最大の変化は「e-Shift」が5に進化したことです。

Eshift5_200

今までのE-Shft4の画素分割システムの検出範囲を2倍にしたことから、動きへの対応がさらに進歩しました。

輝度は2,000ルーメンと若干の向上ですが、ネイティブコントラストは13万対1から16万対1、ダイナミックコントラストもそのまま130万対1から160万対1に向上しています。

もちろん4K/60p 4:4:4や、4K/60p 4:2:2/36bit、4K/24p 4:4:4/36bitへの対応もしております。
全体的にJVCらしさを向上させる正常進化という形でしょうか。

次にDLA-X590R。

Dlax590r_2


こちらはDLA-X570Rの正常進化版となります。
輝度は1,800ルーメンで据え置き。ネイティブコントラストも4万対1、ダイナミックコントラストも40万対1となります。E-Shift5を搭載しHDR/HLGに対応します。
お値段的にもあまり大きな変化がない模様です。

そしてもう一つ、両機種に備えられた、こだわりの機能があります。
それは、UHD BDなどのHDR対応映像が該当のメタデータを持っている条件になりますが、メニュー画面からMaxCLL(Maximum Content Light Level)およびMaxFALL (Maximum Frame Average Light Level)情報を確認できるようになりました。

この表現だけだと「何?」となるかもしれませんが、MaxCLLはピーク輝度・MaxFALLは平均輝度の表現方法となり、HDRの基本ルールとして、MaxCLLは1000nit、MaxFALLはオーサリング時に平均400nit以下というものがあります。この数字を把握すると、製造側のHDR10幅を見ることが出来、映像に合わせてコントラストなどのレベル調整を行うことによりさらに「攻めた」セッティングが可能になります。

もうちょっと説明を加えます。
現状のHDR10で作成された映像は、その幅をフルに使っているわけでありません。実例としては、シン・ゴジラはおおむね最大150nit(かなり暗いんです。)君の名はでは最大700nitと最大の幅が異なります。

当然最適なセッティングは異なるわけで、ご視聴の方はこの数字を見ながらダイナミックコントラストの数字(正確にはレベルを)合わせることによってより「攻めた」映像を作り出すことができるわけです。JVCのユーザー様にはよりこだわりを持った映像をご提供できるということになります。


そして皆さまご期待の実機ですが、10月末ぐらい、秋葉原の視聴会が先行になるかと思います。

で・・・

その前に「見たい!」というお客様「買うつもりです。」というお客様もいらっしゃるかと思います。
今回の場合、時間的に先行視聴会を開催するのは難しい状況です。

というわけで!いよいよ本題です。

10/7(

JVCケンウッド様の本社特別視聴室にて

先行試写会を開催させていただきます。

Dlax990_eventhttps://www.avac.co.jp/contents/dla-x990r_event.html

内容としては
第1回 11:00から13:00(予約制:締め切りました!
第2回 14:00から16:00(予約制:ほぼ満員です。)

の2回開催です。本日より受付を開始します。お申込みはこちらをクリックしてください。      

なお、今回の試写会は人数制限がありますので、お申込み多数の場合は抽選になる可能性がございます。ご了承ください。

なお、当日はDLA-X990R並びにDLA-X590Rのデモンストレーションと、JVC20周年記念機「DLA-20LTD」モックアップの展示を行います。

Dla20ltd皆様注目のDLA-20LTDですが、この機種はDLA-X990Rから上位数パーセント、ネイティブコントラスト200000:1を表示できる個体を選び出し、一切の妥協を排除したいわゆる「チャンピオン機」となります。

そしてあの「色」はJVCの心意気であの赤(少し朱色が入っています。)となっています。

本気でお考えのお客様、試写会は人数がかなり限られています。お早目のお問い合わせをお願いいたします。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご連絡をお待ちしております。

2017年9月21日 (木)

【HT横浜関内店】 秋の新製品まつり開催!などなど。

HT横浜 渡邉です。

Kao

今回は3本立てです。

その1!秋の新製品まつり

本日から
~オーディオ・ビジュアルの季節到来!~秋の新製品まつり

0919_akino_bana_4 2017年9月21日(木)~10月9日(月・
https://www.avac.co.jp/contents/autumn_festival2017.html

開始でございます。

お気になっいている商品の「下取りアップ」が開始されました。
(下取れない商品はご相談に乗ります。)

VPL-VW245とか(予約になりますが)・・・

Vplvw245_w

紹介ブログ

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/09/ht-7c75.html

AVR-X6400Hとか・・・

Avrx6400h_jp_bk_fr_cl

紹介ブログ:http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/09/ht-denon-avr-x6-7640.html


Luxman L-509とか・・

L509xmain紹介ブログ: http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/08/ht-luxman-l-509-dcb1.html

Esoteric N-01とか・・・

G_photo01_2
私が案内文を書いています。ブログのリンクはこちら

話題の新商品に下取りアップが付いています。

なお、今回は時間がありません!お早目のお問い合わせをお願いします。

その2!アンプ新機種展示開始!

展示に関してご希望の声が多かった

PIONEER SC-LX502の展示を開始しました!

Imag6170

Imag6171
セッテイングも終わっております。ご視聴可能です。


その3!UHD-BD『ブレードランナー」到着。

Bladerunner_4k

やはり独特の世界観の表現、そしてリマスタリングらしく時折ハッとするような解像度感も感じます。音もDolbyAtoms化されており、エレベーターの上下移動などアトモスが必要な場所にはちゃんと音の移動が感じられるところも好印象です。こちらも準備が終わっております。

最後に・・・・
本日より関東圏だけですが「AQUOS 8K」のCMが始まりました。

Lc70x500

http://www.sharp.co.jp/aquos/sharp8k/
どこで見られるのか?、チューナーは?などなど質問も多い商品ですが、徐々に情報が届くかと思います。
10/2から予約開始です。

ご興味のあるお客様はお問い合わせください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年7月27日 (木)

【HT横浜関内店】UDP-205フェア機材到着。常設になります。(2017.8.25更新)

2017.8.25更新:本日、若干数ですがUDP-205が入荷しております。ご用命ください。

ご質問がありましたが、RX-A3070は(H)チタン色になります。

HT横浜 渡邉です。

 

Kao

UDP-205と「君の名は。」一緒に紹介してしまいます。いや、同時到着なので・・・。

と言うわけで

UDP-205のデモ機が到着しました!

Imag5951

また、それ以外に・・・。

Imag5953

YAMAHA RX-A3070(H)

Imag5952

そして DLA-Z1

全部来ちゃいました・・・。

いろいろな媒体ですでに紹介されておりますが、今週のOppo UDP-205フェアに合わせて
準備した絵と音を出して準備をしております。

まず、皆様気にされている音ですが・・・。

まだ1時間も聞いておりませんが、はい、まったく別物です。

先日ご紹介した「SANTANA Ⅳ」で鳴らしてみた所、UDP-203とは音の厚みがまるで変わります。また音の厚みがあるのに解像度が高いという、ある意味矛盾した意味合いです。

これはオープニングなんですが

Imag6003

SANTANAのバンドはドラムス・コンガが3人おり、それぞれ違う打楽器音を出すのですが、203だと高音が目立ち(しっかり出ている)エレクトリカル・オルガンが目立つのですが

Imag6004

205では、同じ音量にしているのにベースレベルの音がまるで変わって低音がしっかり出ており、それぞれの打楽器の音が別々にしっかり聞こえてきます。

 

Imag6001_2

Imag6005 そこに高音のHi-hatがちゃんと別の楽器として別の空間から流れてきます。上に乗っかる感じと言えばご理解いただけるでしょうか。まさに上位機種の趣です。

そしてSANTANAのギターは203と比べてもとても伸びやかに響きます。

Imag6007

203と交換して音を聞いているのですが、正直に言って203は「寂しく」感じます。決して悪いプレーヤーではないのですが、相手が悪い・・・。

準備としてはアナログマルチ・XLRも準備しておりますので、順次聞いていこうと思います。

次に絵ですが、

これは「君の名は。」で見てみます。Oppo UDP-205+65X910で掲載します。

Imag5986fix

HDRの効果は、やはり想像以上で、夜空に光る彗星は明らかに映画館以上。

眩いばかりの光が広がります。

OPの神楽、神楽鈴の光沢

Imag5999fix

竜の巻き付いた独特な神楽鈴ですが、ここはアニメらしく透過光のような表現が綺麗です。以前「機動戦士ガンダムThunderBolt」でも透過光の表現について書かせて頂きましたが、測らずとも同じような使用方法に見えます。映画館に比べても明らかに輝度の差は大きく、有機ELで見る限りコントラストの差がとてもよく出ています。

 以下、「個人的に」4Kらしさ、HDRらしさを感じるシーンをいくつかご紹介。

12:28組紐のシーンです。

Imag5959

元ソースが1080のものとしては極限なんじゃないでしょうか。組紐の距離感や組み込まれる密度、立体感がとてもよく出ています。

30:00前後「入れ替わってる?」ののちOP部分

Imag5997fix

ダイジェストの様なシーンが多い部分ですが、今までの新海先生の作品とちょっと違うタイムラプスのような表現と、4K・HDR化による太陽の表現が素晴らしいです。

33:40前後、入れ替わり三葉が宮水神社のご神体へ向かうシーンです。

Imag5991fix

紅葉の色がとても綺麗です。一から作ることのできるアニメならではのシーンであり「色の目立たせ方」にとても気を使われているなあと感じました、もっとも、実際の自然の中で見る紅葉は赤や黄色が目立つので、それ以外の印象は全体的に暗くなり、じっと見ないとここまでは感じないかなと言う所がアニメ的な表現かなという印象です。光の差し込みもHDRらしいシーンです。
このシーンは後半で同じ場所が雨で彩りが抑え込まれるシーンがあり、別の表情を見せます。

Imag5990fix

33:47前後、クレーターの俯瞰(夕方)のシーンです。

Imag5996fix

ここは大きい画面で見て頂くシーンかと思います。このシーンもHDRらしさが出ており、見応えがあります。そのまま隕石湖の夕闇につながることから、明と暗の変化を楽しむことができるかと思います。

1:18:00からの片割れ時シーン

Imag5989fix

これは夕方のオレンジ色の光源と影、そして太陽が落ちた後の紫から黒へ変わっていく色合いは色彩と言う点で「言の葉の庭」の緑とも違う、新しい色幅を出しているような印象です。

1:22:00からの原付2人乗りからの変電所爆破シーン。

Imag5980

Imag5982

ヘッドライトの光源からサンダーボルトの特典シーンORIGINを見ているようなきれいな炎・・・。じゃなくて爆発。特にヘッドライトはBDで見ると「明るい」だけなんですが、4K-HDRは「輝き」です。ちゃんとLEDらしい光色なのがいいですね。

全体的な印象としてはアニメーションで4K・HDRとは」と言う事に対して

新海先生・スタッフの皆さんが様々な形で繰り出している絵画的な表現方法や、タイムラプスのような光源表示、入射光など実写のような表現も含めて、エンコード元のキューテック様が、自然風景や映画のHDR表現とは全く違う方法として捉えた上でアニメとして見た上での感動を生み出すちゃんとした回答」を出している様に見えます。

また今回の作品の元ファイルはSDRのフルHDになりますので、アップコンバートの点でも注目が集まります。4K・HDR化に伴い、色は基本的にBT709ベースですが、2020の領域に変更しており、平均300NitsのHDR処理がされています。このことから、輝度はHDR化に伴い、100%以上の場所もあります。最大777Nitとか。

今回の作品はシナリオとしても秀逸ですが、映像の面では「4K-HDR化した作品」として、アップコンバートの点でも、アニメーション4Kの面でも十分マイルストーンになる作品だと思います。

さて、準備はできました。

明日・明後日のご来訪をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年7月16日 (日)

【HT横浜関内店】 Oppo UDP-205 期間限定展示・商談フェア!(2017.7.31更新)

2017.7.31更新:UDP-205、現在ご注文していただくと9月の予定です。

本体を見たい!聴きたいというお客様。

Imag5951

Oppo様のご厚意により、そのまま常設になりました。ご視聴可能です。

もう一つ更新!秋葉原店のブログにも記載されておりましたが、JVC DLA-X570Rのお値段が下がり始めました。(イベント写真の色がEH-TW8300の方が色濃く見えるのはおそらく、デジカメが明るさを基準に補正しているからかと思います。)

値段もお値引き後はEH-TW8300の上位という形で考えてよろしいかと思います。機能的な遜色もありません。フォーカスはこちらの方が上。黒は・・・770Rほどではありませんが、こちらの方が出ますね。

こちらもお問い合わせ可能です。もちろん、持ち込みの店舗視聴は可能。お値段は頑張ります。

なお、当店の570R展示機のランプ使用時間は新品同様です!最高画質でご覧いただけます。

HT横浜 渡邉です。

Kao

7月最終週・8月頭の2週連続フェアのご紹介です。

まずはOppo UDP-205です。

Blurayudp205


遅ればせながら横浜にもOppoの視聴機が到着します。

タイミングよくプロジェクターの視聴希望もあり、UDP-205の真骨頂ともいえる「音」にもにこだわったハイレベルなシステムを揃えることができました。

日程は7月28日(金)11:00~7月30日(日) 19:00までとさせて頂きます。

 ご用意する予定のシステムてすが

Ultra-HD BDプレーヤー Oppo UDP-205

Blurayudp205_2

コントロールアンプはYAMAHA CX-A5100

Cxamxa_2

A32_tan_k_img_1

A307front_1

パワーアンプは Primare(2+5ch)+ヤマハMX-A5000(トップ4ch)

Monitoaudiopl2

スピーカーはMonitorAudio Platinium SeriesⅡで7.1.4CHとなります。

65x910

テレビは有機EL 東芝65X910

Dlaz1_prod_l

最後にプロジェクターは JVC DLA-Z1(ご視聴希望対応

Dlax570rw_prod_l

もうひとつ、お値段がこなれてきたDLA-X570Rや770R

VPL-VW535、EHTW8300・6700もご用意します。

今回の接続はHDMIだけでなくアナログマルチも併用しますので、違いを感じて頂くことが可能です。203との比較も可能な範囲で行わせて頂きます。 UDP-205は音楽の面が強化されておりますので、SACDマルチなどをお持込いただくと効果をさらに実感できるかと思います。

二つご注意点を。
今回のフェアも、持込は歓迎でございます。

但し、多数のお客様が視聴に来られることになりますので、ホームシアター導入のお客様を優先とさせて頂き、事前連絡による占有やグループによる長時間視聴は無しと言う事になります。ご留意ください。

また、今回は基本的に映像はテレビになります。

もう一つ。今回当店にはOppo担当者の常駐はありません。お答えしきれない質問等はお伺いした上、後日回答させて頂きます。

当日は「ラ・ラ・ランド(BD)」「マリアンヌ」など音や絵にこだわった作品を流そうかと考えております。(SANTANAⅣはすごい音です。)

Udp205event_bd
もちろん「君の名は。」はUHD-BDで準備いたします。

Kiminonaha_uhdcollection

そして翌週8月5日(土)は、ヤマハの新AVアンプ「RX-A3070」の視聴フェアを開催します。

Rxa3070

今回のモデルは正面からの外観こそ変わらないものの、CinamaDSPに新たにエンターテイメント系の5プログラムへ新4音場処理アルゴリズムを採用したり

Rxa3070enhanced

D/AコンバーターもESS社製の最新「ES9026PRO」チップに更新されております。

Rxa3070_es9026pro

映像関係はHDR,HLG共に対応はもちろんの事、後日アップデートでDolbyvision対応

Dolbyvision_uhdblu_ar192

そして、大きな変化ともいえるXLR入力追加などCX-A5100の要素も取り入れており

Rxa3070_audio4

どちらかと言えば今までオーディオに軸足を置いていらっしゃった方へのアプローチも考えられたアンプとなっております。こちらは当日ヤマハの担当者が常駐の予定です。是非ご期待ください。

 なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年6月26日 (月)

【HT横浜関内店】 Oppo UDP-205展示フェアの日程・他

2017.7.1追記:お問い合わせの多い「DLA-X570R」ですが、当店では常設展示を行っております。 DLA-X770R共にご視聴可能でございます。

値段ですか?可能な範囲で頑張らせていただきます。お問い合わせください。

Dlax570rw_prod_l

HT横浜 渡邉です。

Kao

Blurayudp205

すでに秋葉原では日程が紹介されておりますが、横浜でもUDP-205をフェア形式でお借りすることが確定しました。

日程は7/28(金)~7/31(月)午前中までとなります。

機材をお借りして、持込可能のフェア形式で機材をご体感できます。

ご用意する予定のシステムてすが

Ultra-HD BDプレーヤー Oppo UDP-205

Blurayudp205_2

プロジェクター JVC DLA-Z1

Dlaz1_prod_l

コントロールアンプはYAMAHA CX-A5100

パワーアンプは Primare +ヤマハMX-A5000

Cxamxa

スピーカーはMonitorAudio Platinium SeriesⅡで7.1.4CHとなります。

Monitoaudiopl2

接続はHDMIだけでなくアナログマルチも併用しますので、違いを感じて頂くことが可能です。 UDP-205は音楽の面が強化されておりますので、SACDマルチなどをお持込いただくと効果をさらに実感できるかと思います。

ただ、今回のフェアは多数のお客様が視聴に来られることになりますので、ホームシアター導入のお客様を優先とさせて頂き、事前連絡による占有やグループによる長時間視聴は無しと言う事になります。ご留意ください。

最後は些細な話ですが、印象が強かったので書かせて頂きます。

先日、宇宙戦艦ヤマト2202 第2章を見てきました。

Yamato2202

前作の事もあり、ヤマトは大画面で見る意味合いが大きいと思っておりましたが、ブルク13の12番シアターは満員で迫力もありましたが、音の面でちょっと不満足でした。何と言うか2CHステレオを全体で鳴らしている事もあって、広すぎてセリフも音楽も音が反響するんですよね・・・。

で、

BDの限定版を購入して(高いです・・・。)短時間ですが店舗の120インチシステムで見直してみました!

Imag5811

Imag5812

映画館と同じように2CHをマルチにしていますが、箱の広さが違いますので、音の鋭さがまるで違います。 120インチスクリーンも大きすぎず、没入感も比較になりません。迫力も十分でちょうどいいという印象です。 65インチクラスの大画面もいいのですが、

やはり一度映画館で観たものはスクリーンで見たほうがいいですね。ホームシアターの場合、独り占めできるのもイイ!

当たり前なのですが、大画面なのに距離が近くて独り占めというホームシアターの良さを再確認できました。

ホームシアターでは既存のBDも、過去のテレビ放送も感じ方の違う見方ができます。 体験は簡単ですので、ぜひ足をお運びください。ジャンルの対応幅は広いのでご希望に合わせられるかと思います。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年6月19日 (月)

【HT横浜関内店】 お値段で違う?スピーカー聞き比べフェア

HT横浜 渡邉です。

Kao_2

6/17・18の両日は足元の悪い中、ご来訪頂きありがとうございました。 御礼申し上げます。

0605kyaraban_bana https://www.avac.co.jp/contents/summer_caravan2017.html

今週のキャラバンは大坂梅田店松山店です。

関西の皆様・四国の皆様。濃いイベント特価が待っております。

Caravan_price_secret

是非ご来訪ください。

そして、週末は「本番」 ホームシアター大商談会2017SUMMERが開催されます。

2017summer_sale https://www.avac.co.jp/contents/2595

横浜以上の規模と品揃え、そして充実のイベントでご満足いただける内容になるかと思います。 週末は是非ご来訪ください。

さて、

そんなわけで来週の横浜は比較的初めてのお客様向けのフェアを開催します。

名付けて「お値段で違う?スピーカー聞き比べフェア」でございます。

今回は、初めての皆様が最初にお感じになる 「値段の違うスピーカーは音が違うの?」と言うご疑問にお答えします。 

同じメーカーのお値段違いのスピーカーとそれぞれに合わせたアンプシステムを3種類を揃えて、お値段と音の違いを感じて頂くフェアです。

可能な限りお好みに合わせたご商談をさせて頂きます。

今回ご用意するシステムは同じメーカーで統一しております。

英国「Monitoraudio」製

Platinium SeriesⅡ

Monitoaudiopl2

GOLD Series

Monitoraudio_gold

Bronze Series

Monitoraudio_bronze_2

の3つです。

フロントスピーカーのお値段差は実に10倍。

じゃ、音も10倍違うのか?・・・・そうじゃないんです。 質が違うんです。同じ時間で得られるものが違うんです。体感しないと分からないですよね。

良いスピーカーを安いアンプに繋ぐ、安いスピーカーを良いアンプに繋ぐなど、御要望に合わせて実験的なこともできればと考えております。

秋葉原はちょっとマニアの方向ですので、お気軽気分で横浜にご来訪ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。