イベント案内

2017年9月21日 (木)

【HT横浜関内店】 秋の新製品まつり開催!などなど。

HT横浜 渡邉です。

Kao

今回は3本立てです。

その1!秋の新製品まつり

本日から
~オーディオ・ビジュアルの季節到来!~秋の新製品まつり

0919_akino_bana_4 2017年9月21日(木)~10月9日(月・
https://www.avac.co.jp/contents/autumn_festival2017.html

開始でございます。

お気になっいている商品の「下取りアップ」が開始されました。
(下取れない商品はご相談に乗ります。)

VPL-VW245とか(予約になりますが)・・・

Vplvw245_w

紹介ブログ

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/09/ht-7c75.html

AVR-X6400Hとか・・・

Avrx6400h_jp_bk_fr_cl

紹介ブログ:http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/09/ht-denon-avr-x6-7640.html


Luxman L-509とか・・

L509xmain紹介ブログ: http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/08/ht-luxman-l-509-dcb1.html

Esoteric N-01とか・・・

G_photo01_2
私が案内文を書いています。ブログのリンクはこちら

話題の新商品に下取りアップが付いています。

なお、今回は時間がありません!お早目のお問い合わせをお願いします。

その2!アンプ新機種展示開始!

展示に関してご希望の声が多かった

PIONEER SC-LX502の展示を開始しました!

Imag6170

Imag6171
セッテイングも終わっております。ご視聴可能です。


その3!UHD-BD『ブレードランナー」到着。

Bladerunner_4k

やはり独特の世界観の表現、そしてリマスタリングらしく時折ハッとするような解像度感も感じます。音もDolbyAtoms化されており、エレベーターの上下移動などアトモスが必要な場所にはちゃんと音の移動が感じられるところも好印象です。こちらも準備が終わっております。

最後に・・・・
本日より関東圏だけですが「AQUOS 8K」のCMが始まりました。

Lc70x500

http://www.sharp.co.jp/aquos/sharp8k/
どこで見られるのか?、チューナーは?などなど質問も多い商品ですが、徐々に情報が届くかと思います。
10/2から予約開始です。

ご興味のあるお客様はお問い合わせください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年7月27日 (木)

【HT横浜関内店】UDP-205フェア機材到着。常設になります。(2017.8.25更新)

2017.8.25更新:本日、若干数ですがUDP-205が入荷しております。ご用命ください。

ご質問がありましたが、RX-A3070は(H)チタン色になります。

HT横浜 渡邉です。

 

Kao

UDP-205と「君の名は。」一緒に紹介してしまいます。いや、同時到着なので・・・。

と言うわけで

UDP-205のデモ機が到着しました!

Imag5951

また、それ以外に・・・。

Imag5953

YAMAHA RX-A3070(H)

Imag5952

そして DLA-Z1

全部来ちゃいました・・・。

いろいろな媒体ですでに紹介されておりますが、今週のOppo UDP-205フェアに合わせて
準備した絵と音を出して準備をしております。

まず、皆様気にされている音ですが・・・。

まだ1時間も聞いておりませんが、はい、まったく別物です。

先日ご紹介した「SANTANA Ⅳ」で鳴らしてみた所、UDP-203とは音の厚みがまるで変わります。また音の厚みがあるのに解像度が高いという、ある意味矛盾した意味合いです。

これはオープニングなんですが

Imag6003

SANTANAのバンドはドラムス・コンガが3人おり、それぞれ違う打楽器音を出すのですが、203だと高音が目立ち(しっかり出ている)エレクトリカル・オルガンが目立つのですが

Imag6004

205では、同じ音量にしているのにベースレベルの音がまるで変わって低音がしっかり出ており、それぞれの打楽器の音が別々にしっかり聞こえてきます。

 

Imag6001_2

Imag6005 そこに高音のHi-hatがちゃんと別の楽器として別の空間から流れてきます。上に乗っかる感じと言えばご理解いただけるでしょうか。まさに上位機種の趣です。

そしてSANTANAのギターは203と比べてもとても伸びやかに響きます。

Imag6007

203と交換して音を聞いているのですが、正直に言って203は「寂しく」感じます。決して悪いプレーヤーではないのですが、相手が悪い・・・。

準備としてはアナログマルチ・XLRも準備しておりますので、順次聞いていこうと思います。

次に絵ですが、

これは「君の名は。」で見てみます。Oppo UDP-205+65X910で掲載します。

Imag5986fix

HDRの効果は、やはり想像以上で、夜空に光る彗星は明らかに映画館以上。

眩いばかりの光が広がります。

OPの神楽、神楽鈴の光沢

Imag5999fix

竜の巻き付いた独特な神楽鈴ですが、ここはアニメらしく透過光のような表現が綺麗です。以前「機動戦士ガンダムThunderBolt」でも透過光の表現について書かせて頂きましたが、測らずとも同じような使用方法に見えます。映画館に比べても明らかに輝度の差は大きく、有機ELで見る限りコントラストの差がとてもよく出ています。

 以下、「個人的に」4Kらしさ、HDRらしさを感じるシーンをいくつかご紹介。

12:28組紐のシーンです。

Imag5959

元ソースが1080のものとしては極限なんじゃないでしょうか。組紐の距離感や組み込まれる密度、立体感がとてもよく出ています。

30:00前後「入れ替わってる?」ののちOP部分

Imag5997fix

ダイジェストの様なシーンが多い部分ですが、今までの新海先生の作品とちょっと違うタイムラプスのような表現と、4K・HDR化による太陽の表現が素晴らしいです。

33:40前後、入れ替わり三葉が宮水神社のご神体へ向かうシーンです。

Imag5991fix

紅葉の色がとても綺麗です。一から作ることのできるアニメならではのシーンであり「色の目立たせ方」にとても気を使われているなあと感じました、もっとも、実際の自然の中で見る紅葉は赤や黄色が目立つので、それ以外の印象は全体的に暗くなり、じっと見ないとここまでは感じないかなと言う所がアニメ的な表現かなという印象です。光の差し込みもHDRらしいシーンです。
このシーンは後半で同じ場所が雨で彩りが抑え込まれるシーンがあり、別の表情を見せます。

Imag5990fix

33:47前後、クレーターの俯瞰(夕方)のシーンです。

Imag5996fix

ここは大きい画面で見て頂くシーンかと思います。このシーンもHDRらしさが出ており、見応えがあります。そのまま隕石湖の夕闇につながることから、明と暗の変化を楽しむことができるかと思います。

1:18:00からの片割れ時シーン

Imag5989fix

これは夕方のオレンジ色の光源と影、そして太陽が落ちた後の紫から黒へ変わっていく色合いは色彩と言う点で「言の葉の庭」の緑とも違う、新しい色幅を出しているような印象です。

1:22:00からの原付2人乗りからの変電所爆破シーン。

Imag5980

Imag5982

ヘッドライトの光源からサンダーボルトの特典シーンORIGINを見ているようなきれいな炎・・・。じゃなくて爆発。特にヘッドライトはBDで見ると「明るい」だけなんですが、4K-HDRは「輝き」です。ちゃんとLEDらしい光色なのがいいですね。

全体的な印象としてはアニメーションで4K・HDRとは」と言う事に対して

新海先生・スタッフの皆さんが様々な形で繰り出している絵画的な表現方法や、タイムラプスのような光源表示、入射光など実写のような表現も含めて、エンコード元のキューテック様が、自然風景や映画のHDR表現とは全く違う方法として捉えた上でアニメとして見た上での感動を生み出すちゃんとした回答」を出している様に見えます。

また今回の作品の元ファイルはSDRのフルHDになりますので、アップコンバートの点でも注目が集まります。4K・HDR化に伴い、色は基本的にBT709ベースですが、2020の領域に変更しており、平均300NitsのHDR処理がされています。このことから、輝度はHDR化に伴い、100%以上の場所もあります。最大777Nitとか。

今回の作品はシナリオとしても秀逸ですが、映像の面では「4K-HDR化した作品」として、アップコンバートの点でも、アニメーション4Kの面でも十分マイルストーンになる作品だと思います。

さて、準備はできました。

明日・明後日のご来訪をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年7月16日 (日)

【HT横浜関内店】 Oppo UDP-205 期間限定展示・商談フェア!(2017.7.31更新)

2017.7.31更新:UDP-205、現在ご注文していただくと9月の予定です。

本体を見たい!聴きたいというお客様。

Imag5951

Oppo様のご厚意により、そのまま常設になりました。ご視聴可能です。

もう一つ更新!秋葉原店のブログにも記載されておりましたが、JVC DLA-X570Rのお値段が下がり始めました。(イベント写真の色がEH-TW8300の方が色濃く見えるのはおそらく、デジカメが明るさを基準に補正しているからかと思います。)

値段もお値引き後はEH-TW8300の上位という形で考えてよろしいかと思います。機能的な遜色もありません。フォーカスはこちらの方が上。黒は・・・770Rほどではありませんが、こちらの方が出ますね。

こちらもお問い合わせ可能です。もちろん、持ち込みの店舗視聴は可能。お値段は頑張ります。

なお、当店の570R展示機のランプ使用時間は新品同様です!最高画質でご覧いただけます。

HT横浜 渡邉です。

Kao

7月最終週・8月頭の2週連続フェアのご紹介です。

まずはOppo UDP-205です。

Blurayudp205


遅ればせながら横浜にもOppoの視聴機が到着します。

タイミングよくプロジェクターの視聴希望もあり、UDP-205の真骨頂ともいえる「音」にもにこだわったハイレベルなシステムを揃えることができました。

日程は7月28日(金)11:00~7月30日(日) 19:00までとさせて頂きます。

 ご用意する予定のシステムてすが

Ultra-HD BDプレーヤー Oppo UDP-205

Blurayudp205_2

コントロールアンプはYAMAHA CX-A5100

Cxamxa_2

A32_tan_k_img_1

A307front_1

パワーアンプは Primare(2+5ch)+ヤマハMX-A5000(トップ4ch)

Monitoaudiopl2

スピーカーはMonitorAudio Platinium SeriesⅡで7.1.4CHとなります。

65x910

テレビは有機EL 東芝65X910

Dlaz1_prod_l

最後にプロジェクターは JVC DLA-Z1(ご視聴希望対応

Dlax570rw_prod_l

もうひとつ、お値段がこなれてきたDLA-X570Rや770R

VPL-VW535、EHTW8300・6700もご用意します。

今回の接続はHDMIだけでなくアナログマルチも併用しますので、違いを感じて頂くことが可能です。203との比較も可能な範囲で行わせて頂きます。 UDP-205は音楽の面が強化されておりますので、SACDマルチなどをお持込いただくと効果をさらに実感できるかと思います。

二つご注意点を。
今回のフェアも、持込は歓迎でございます。

但し、多数のお客様が視聴に来られることになりますので、ホームシアター導入のお客様を優先とさせて頂き、事前連絡による占有やグループによる長時間視聴は無しと言う事になります。ご留意ください。

また、今回は基本的に映像はテレビになります。

もう一つ。今回当店にはOppo担当者の常駐はありません。お答えしきれない質問等はお伺いした上、後日回答させて頂きます。

当日は「ラ・ラ・ランド(BD)」「マリアンヌ」など音や絵にこだわった作品を流そうかと考えております。(SANTANAⅣはすごい音です。)

Udp205event_bd
もちろん「君の名は。」はUHD-BDで準備いたします。

Kiminonaha_uhdcollection

そして翌週8月5日(土)は、ヤマハの新AVアンプ「RX-A3070」の視聴フェアを開催します。

Rxa3070

今回のモデルは正面からの外観こそ変わらないものの、CinamaDSPに新たにエンターテイメント系の5プログラムへ新4音場処理アルゴリズムを採用したり

Rxa3070enhanced

D/AコンバーターもESS社製の最新「ES9026PRO」チップに更新されております。

Rxa3070_es9026pro

映像関係はHDR,HLG共に対応はもちろんの事、後日アップデートでDolbyvision対応

Dolbyvision_uhdblu_ar192

そして、大きな変化ともいえるXLR入力追加などCX-A5100の要素も取り入れており

Rxa3070_audio4

どちらかと言えば今までオーディオに軸足を置いていらっしゃった方へのアプローチも考えられたアンプとなっております。こちらは当日ヤマハの担当者が常駐の予定です。是非ご期待ください。

 なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年6月26日 (月)

【HT横浜関内店】 Oppo UDP-205展示フェアの日程・他

2017.7.1追記:お問い合わせの多い「DLA-X570R」ですが、当店では常設展示を行っております。 DLA-X770R共にご視聴可能でございます。

値段ですか?可能な範囲で頑張らせていただきます。お問い合わせください。

Dlax570rw_prod_l

HT横浜 渡邉です。

Kao

Blurayudp205

すでに秋葉原では日程が紹介されておりますが、横浜でもUDP-205をフェア形式でお借りすることが確定しました。

日程は7/28(金)~7/31(月)午前中までとなります。

機材をお借りして、持込可能のフェア形式で機材をご体感できます。

ご用意する予定のシステムてすが

Ultra-HD BDプレーヤー Oppo UDP-205

Blurayudp205_2

プロジェクター JVC DLA-Z1

Dlaz1_prod_l

コントロールアンプはYAMAHA CX-A5100

パワーアンプは Primare +ヤマハMX-A5000

Cxamxa

スピーカーはMonitorAudio Platinium SeriesⅡで7.1.4CHとなります。

Monitoaudiopl2

接続はHDMIだけでなくアナログマルチも併用しますので、違いを感じて頂くことが可能です。 UDP-205は音楽の面が強化されておりますので、SACDマルチなどをお持込いただくと効果をさらに実感できるかと思います。

ただ、今回のフェアは多数のお客様が視聴に来られることになりますので、ホームシアター導入のお客様を優先とさせて頂き、事前連絡による占有やグループによる長時間視聴は無しと言う事になります。ご留意ください。

最後は些細な話ですが、印象が強かったので書かせて頂きます。

先日、宇宙戦艦ヤマト2202 第2章を見てきました。

Yamato2202

前作の事もあり、ヤマトは大画面で見る意味合いが大きいと思っておりましたが、ブルク13の12番シアターは満員で迫力もありましたが、音の面でちょっと不満足でした。何と言うか2CHステレオを全体で鳴らしている事もあって、広すぎてセリフも音楽も音が反響するんですよね・・・。

で、

BDの限定版を購入して(高いです・・・。)短時間ですが店舗の120インチシステムで見直してみました!

Imag5811

Imag5812

映画館と同じように2CHをマルチにしていますが、箱の広さが違いますので、音の鋭さがまるで違います。 120インチスクリーンも大きすぎず、没入感も比較になりません。迫力も十分でちょうどいいという印象です。 65インチクラスの大画面もいいのですが、

やはり一度映画館で観たものはスクリーンで見たほうがいいですね。ホームシアターの場合、独り占めできるのもイイ!

当たり前なのですが、大画面なのに距離が近くて独り占めというホームシアターの良さを再確認できました。

ホームシアターでは既存のBDも、過去のテレビ放送も感じ方の違う見方ができます。 体験は簡単ですので、ぜひ足をお運びください。ジャンルの対応幅は広いのでご希望に合わせられるかと思います。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年6月19日 (月)

【HT横浜関内店】 お値段で違う?スピーカー聞き比べフェア

HT横浜 渡邉です。

Kao_2

6/17・18の両日は足元の悪い中、ご来訪頂きありがとうございました。 御礼申し上げます。

0605kyaraban_bana https://www.avac.co.jp/contents/summer_caravan2017.html

今週のキャラバンは大坂梅田店松山店です。

関西の皆様・四国の皆様。濃いイベント特価が待っております。

Caravan_price_secret

是非ご来訪ください。

そして、週末は「本番」 ホームシアター大商談会2017SUMMERが開催されます。

2017summer_sale https://www.avac.co.jp/contents/2595

横浜以上の規模と品揃え、そして充実のイベントでご満足いただける内容になるかと思います。 週末は是非ご来訪ください。

さて、

そんなわけで来週の横浜は比較的初めてのお客様向けのフェアを開催します。

名付けて「お値段で違う?スピーカー聞き比べフェア」でございます。

今回は、初めての皆様が最初にお感じになる 「値段の違うスピーカーは音が違うの?」と言うご疑問にお答えします。 

同じメーカーのお値段違いのスピーカーとそれぞれに合わせたアンプシステムを3種類を揃えて、お値段と音の違いを感じて頂くフェアです。

可能な限りお好みに合わせたご商談をさせて頂きます。

今回ご用意するシステムは同じメーカーで統一しております。

英国「Monitoraudio」製

Platinium SeriesⅡ

Monitoaudiopl2

GOLD Series

Monitoraudio_gold

Bronze Series

Monitoraudio_bronze_2

の3つです。

フロントスピーカーのお値段差は実に10倍。

じゃ、音も10倍違うのか?・・・・そうじゃないんです。 質が違うんです。同じ時間で得られるものが違うんです。体感しないと分からないですよね。

良いスピーカーを安いアンプに繋ぐ、安いスピーカーを良いアンプに繋ぐなど、御要望に合わせて実験的なこともできればと考えております。

秋葉原はちょっとマニアの方向ですので、お気軽気分で横浜にご来訪ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年6月16日 (金)

【HT横浜関内店】イベントキャラバン2017 準備出来。(2017.6.17追記有)

2017.6.17追記 キャラバンの価格表が掲示されております。ノイズ部分はご来訪頂くか、お問い合わせをお願いします。さすがにoppoの205のお値引きは出来ませんが、納期については・・・。こちらについても明日中にご連絡ください。7月納品の可能性があるかも。7/28~30までの予定ですが、UDP-205の展示も行う予定です。こちらもご期待頂ければ。

Caravan_price_secret_3

HT横浜 渡邉です。

Kao

さて、いよいよ明日から 「イベントキャラバン2017」開始でございます。

0605kyaraban_bana https://www.avac.co.jp/contents/summer_caravan2017.html

簡単ですが、明日・明後日の布陣をご紹介。

メインの4Fはあまり広いお部屋ではないのですが・・・。

Imag5742

スピーカーは、モニターオーディオのGOLDシリーズ300と200で5Ch

Cabasse_event

Cabasse Eole3でトップスピーカーを組んでおります。

Imag5743

フロントは100インチのパネルスクリーン。MALIBEです。

Imag5747

アンプの写真はこちら。 Integra DRX-R1、PIONEER SC-LX901,DENON AVR-X6300H,そしてメインのYAMAHA CX-A5100、MX-A5000です。 再生機はOppo UDP-203です。

Imag5746

プロジェクターはEPSON EH-TW8300、SONY VPL-VW535,そしてJVC DLA-770R。サイズは小さいですが内容は満載の4F会場です。

通常の横浜関内店では難しい「濃密な」イベントを開催します。 なお、込み合っている場合は制限が掛かる場合がございます。

そして1Fはテレビメインのシステムです。

Imag5737

フロント3本、リア2本はECLIPCE TD510MK3

Imag5748

そしてサブウーファーはなんとTD725SWmk2! ハイレベルです。

そして常設のMonitorAudio Platinium SeriesⅡですが・・・。

Monitoraudio_platinums2

パワーアンプはオールPrimareで固めてみました!

フロントA32

Imag5750_2

サラウンドにA34.2

Imag5751

それ以外をA30.7

Imag5749_2

アトモススピーカーまでPrimareです。 試してみましたが、アトモスまでまあよく鳴ること・・・・。 別物になりました・・・。

そしてAVアンプの展示機も2台増えております。

DENON AVR-X2400H

Imag5739_2

そして横浜関内店初のソニーアンプ STR-DN1080です!

Imag5741

さて、明日・明後日の準備は完了です。ご来訪をお待ちしております。

最後に追伸です!

なんとB&W CMシリーズが商品完了になってしまいました・・・。

と、いうわけで展示品のCM9S2、CMCS2、お売りします。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年6月 9日 (金)

【HT横浜関内店】 イベントキャラバン2017・ホームシアター大商談会2017開催!

HT横浜 渡邉です。

Kao

夏セールのご案内でございます。

6/10からのサマーダイナミックセール2017

Summer_dynamic2017_6 https://www.avac.co.jp/contents/summer_sale2017.html

そして今回目玉のイベントキャラバン2017 SUMMER

0605kyaraban_banahttps://www.avac.co.jp/contents/summer_caravan2017.html

ホームシアター大商談会2017SUMMER in秋葉原

2017summer_salehttps://www.avac.co.jp/contents/2595

開催でございます!

サマーダイナミックセール2017は6/10から。

そろそろダイレクトメールが届き始めているかと思います。内容はWEBで見ることも可能です。

今年の目玉、イベントキャラバン横浜会場は

6/17・18の両日、横浜で開催いたします。

そして、ホームシアター大商談会は秋葉原で6/2425の両日となります。

キャラバンはアバックの9店舗を回る形で開催いたします。

P8_9 今回横浜は1Fの店舗だけでなく、同じビルの4Fの2フロア構成でキャラバンが開催されます。 専任のスタッフがプロジェクターとAVアンプのマラゾン視聴会を行います。 普段のフェアとは違い、時間を定めてじっくり濃密なイベントとなります。

さてここからが問題。

「大商談会をやるんだから

値段は出るよね!」

当然のご質問かと思います。

キャラバン開催地の日程中、基本的には「ホームシアター大商談会2017 SUMMER」と同じ価格をご提示させて頂きます。

そうなんです。タイミングの問題ですが、大商談会2017より1週間程早いです。

早めのご相談は早めの納品、品切れ待ちを防ぎます。 さすがに120インチ4面やVPL-VW5000は来ませんが、可能な限りご希望に合わせて対応させて頂きます。

また、イベントキャラバンで一部の機材を4Fに上げますので、 富士通テン様のご協力により、Eclipce TD510mk3でサラウンド準備しております。

Td510_speeker

1FではEclipceサウンドとモニターオーディオPlatiniumⅡの音をお楽しみいただけます。

6/1718の両日、2フロア構成で大々的に行うイベントキャラバンに是非ご来訪ください。

追伸:SonicaDACはいよいよ常設で再登場いたします。

Sonicadac_frontmr

こちらもご期待ください。

さらに6/24・25の両日はMonitorAudio Platinium・GOLD・Bronze(Silverは海外でのモデルチェンジ発表後なので今回はお休みです。)も行います。「お金かければいい音になるの?」などのご質問に耳でお答えしようと考えております。 6月も横浜はパワフルです!ご来訪をお待ちしております。」

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年5月27日 (土)

【HT横浜関内店】 今週は観て聴いてのフェアです!

2017.5.27:NHK技研関係の記事も書いております。一緒に見て頂くともうちょっと先のことが少しだけわかるかもしれません。リンクはこちら。

【HT横浜関内店】新しい技術の展示会からいろいろ。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/05/ht-10bf.html

HT横浜 渡邉です。

Kao

今週末は 4K&Atmos最新AV機器試聴商談フェアに連動させて頂き

Bar_4katmosfair_2 https://www.avac.co.jp/contents/2578

「ハイコストパフォーマンス製品で組む4K &Atmos 体験試聴フェア!」

https://www.avac.co.jp/contents/2583

開催でございます。

今週末は「いかにお手軽にホームシアターを」という形でご提案させて頂きます。

ホームシアターってどうなんだろ?

いくらぐらいかかるんだろ?

サウンドバーはどうなんだろう?

そんなご疑問に答えさせて頂ければと考えております。

ご提案展示システムは3つ+αです。

ご提案その1:一番お手軽なシステムは?

Unisonic_all_25c

当社では自社ブランドとして「Unisonic」という製品をご用意しております。

Unisonic ー信頼のスピーカーをあなたにー

http://unisonic.jp/

中間物流を省くことでお手軽(ここ重要です。)且つハイコストパフォーマンスなシステムを設置します。 今回はUnisonicのみで一番お手軽な5.1.2CH構成をご用意させて頂きます。

ご提案その2:すっきりしたい!

「スピーカーをいろいろと置くのはちょっと・・・。」そんなご意見もあるかと思います。 そこでご提案したいのが「スピーカー内蔵ラック埋め込みスピーカー」です。

Unisonic ー 響木 ー

http://unisonic.jp/special/hibiki-info.html

スピーカー内蔵ラック「響木 AR-200」について

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/04/ht-dce0.html

 こちらも自社ブランドで作成しているスピーカー内蔵ラック「響木」でフロント・センターの前3本分のスピーカーを準備して・・・

Hibiki

後ろは天井埋め込みスピーカーを 使って可能な限りすっきりなシステムをご用意しました。

ご提案その3:サウンドバーって、どう?

サウンドバーはお手軽で悪いものではないのですが、どうしても「前だけ」という「ホームシアター屋」としてのこだわりから外れてしまう傾向があります。

Htrt5

そこで今回はBluetoothリアスピーカー・サブウーファーも加えた

ソニー「HT-RT5」 をご用意させて頂きます。

ソニー HT-RT5

http://www.sony.jp/home-theater/products/HT-RT5/

ちょっとこだわったサウンドバーシステムを準備させて頂きます。

さらに

「いいスピーカーってどんな音が鳴るの?参考程度に・・・。」

Monitoaudiopl2

と言う声にもお答えしたいので、総額○00万円クラス、モニターオーディオ製のすごくいいシステムをご用意しております。音の違いを感じて頂けるかと思います。

もう一つ!

「ステレオ音声にも興味があるんだよね。」

と言うお客様の為に

最近こちらのスピーカーへのブログアクセスが多く、ご視聴の依頼もありましたので(ちゃんと見てます)

イタリア:Sonus faber社製スピーカー「venere signature」を用意させて頂きました。(2017.5.29更新:撤収しております。)

HT横浜関内店】 Sonus faber 最新機種「Venere Signiture」視聴!

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2016/08/ht-sonus-faberv-a390.html

Venere_signiturehttp://www.noahcorporation.com/sonusfaber/catalog_venereS.pdf

管弦楽のとても綺麗なスピーカー で、こちらについては「ちゃんと鳴らす」という観点から 試聴ご希望者様の希望に合わせてLuxmanの「C700」「M700」をご用意してシステムを組ませて頂いております。

C700m700

お値段はともかく「良いもの」はどんなものか、知っていただければと考えております。

なお、プロジェクターはEPSONの4K対応プロジェクター「EH-TW8300」または「EH-TW6700」 スクリーンは120インチのものを使用させて頂きます。

Ehtw8300w

Ehtw6700_

テレビシアター用としては、高価格で恐縮ですが東芝REGZA 有機EL「65X910」をご用意します。

Imag5308

また、今回はアンプなどは基本的に固定で対応させて頂きます。

事前のご連絡である程度変更対応可能です。

ブルーレイやDVD・CDを持ち込みたい!もちろんOKです!

新築なので図面を持ってきてもいい?>OKです。まずはアドバイスをさせて頂きます。

まずはご体感です。週末のご来訪をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年5月19日 (金)

【HT横浜関内店】 VPL-VZ1000設置終わりました

2017.5.21更新:VPL-VZ1000は撤収しております。

実感ですが、このプロジェクターの実力は耐光スクリーンだけではないようです・・・。通常スクリーンでも黒沈み込みはすごいですね。スクリーンとのマッチングに考慮の余地はありますが、短焦点の明るさとコントラストの実力は十分出ていました。

来週は秋葉原での展示となります。ご期待ください。

https://www.avac.co.jp/contents/2584

HT横浜 渡邉です。

Kao

いよいよ明日・明後日開催の「VPL-VZ1000デビューフェア」 です。

https://www.avac.co.jp/contents/2520

つい先程設置が終わりました。

Imag5623

今回は「響木」の上にScreeninnovations製の100インチパネル型耐光スクリーンを設置しました。 ラックのイメージと相まって違和感がありません。

Imag5625_

この状態のまま通常の120インチスクリーンも使用可能です。有機ELはお休みになります。

肝心の印象ですが・・・。

何と言えばいいのか、ある意味ものすごい「違和感」を感じます。 先に「使い方が変わります!」など書いていた手前、こんなことを書くのはおかしい気がしますが、正直な所、とても印象が良いのにこんなに書きずらいブログは初めてです。

「こんなに明るいのにこんなに見える」

この画面は真昼間です。テレビを見ているみたいです。でも質感はプロジェクターです。

この状況では、さすがに「バットマンVSスーパーマン」などの暗い映画はつらいんですが、通常のテレビレベルでは全く問題のない絵が出ます。

Imag5622

「前に出ても影が出ない」

よく見て頂くとこの写真は通常のプロジェクターでは考えられないアングルです。

設置時も何度かリモコン操作をしようとしてリモコンを後ろに向けてから苦笑いという状況がありました。

Imag5630

「距離が近いことでコントラストが凄まじい」

そして、暗室にしたとたん状況が一変します。今度はとても眩しいんです。この画面。そして黒の沈みこみも素晴らしいです。2500lmが20cm未満と言うのはここまで違うのかと驚いています。没入感が半端ない印象です。

Imag5627

Imag5628

 主観で恐縮ですが、印象としてはフォーカスは及びませんが、あえて一番近いのは「DLA-Z1」でしょうか。 発色に関してはZ1より上の印象を持ちます。

最後のコントラストは予想外でしたが、わかっていたとはいえ今までのプロジェクターの概念が崩れてしまいます。

今までの「プロジェクター」ではありません。テレビでもありません。

何とも言いずらいですが、この感覚は「見に来て頂ければ」としか言いようがないです。

設置の利点もあります。今回の設置は固定スクリーンをスタンドで立てています。 この方法であれば、やろうと思えばDIYで設置も可能です。ただ、固定の問題がありますので、「響木」との組み合わせか、造作ラックをお勧めします。

5/20はソニーの技術担当、キクチ科学ご担当者様も常駐しており(5/21はソニー様予定。技術担当者は2日間とも常駐予定です。)かなり突っ込んだご相談も可能です。 両日のご来訪をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年5月12日 (金)

【HT横浜関内店】 SONY VPL-VZ1000 デビューフェア(2017.8.12更新)

2017.8.12更新:VPL-VZ1000スクリーンの問題、実機の投射写真を追加しています。

VPL-VZ1000のスクリーンについて

VPL-VZ1000については、ご要望を頂ければメーカーからサンプルをお借りできます。

この商品は、その性格上本体だけでなくスクリーンなども含めたシステムになります。

スクリーンについては、通常パネルタイプとさせて頂きますが、ロールスクリーンとして

業務用超短焦点スクリーンSZPシリーズのVPL-VZ1000用特殊モデル(120インチ可能です。)もご用意できます。

Os_szp_vplvz1000custom

https://jp.os-worldwide.com/products/osscreen/front/electric/szp.html

SZPについては当店は設置実績もございます。また、設置後映像写真もございます。

ご用命のお客様はアバック ホームシアター横浜関内店までお問い合わせください。

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

HT横浜 渡邉です。

Kao_2

いままでのプロジェクターは 「サイズが大きくなるほど投射距離がなくてはダメ」 という光学映写機であるが故、当然の問題がありました。

もちろん、大画面は大迫力の「シアター」を実現でき、この経験は代えがたいものがあります。

じゃ、狭い部屋では大画面は無理なの?

やっとこの問題に「ちゃんとした解決策」をご提示できます。

お待たせいたしました。

Vplvz1000

「ソニー4K超短焦点プロジェクター「VPL-VZ1000」デビューフェア」告知をを解禁させて頂きます。

https://www.avac.co.jp/contents/2520

日程:2017年5月20日()・21()11:00~19:00まで

(21日は17:00までとさせて頂きます。)

時間内は自由にご入場可能です。

場所:アバックホームシアター横浜関内店 

早速機能のご紹介。

VPL-VZ1000最大の特徴は投射距離です。

投射距離26cmで120インチ、投射距離16cmで100インチの実現が可能です。

Y_vz1000_style_size

今までプロジェクターが無理と判断された場所のほとんどの場所に設置が可能となります。

Vplvz1000host01_2

Vplvz1000host02

Vplvz1000host04_3 

100インチの液晶が800万円の現在、200万円台で120インチのスクリーンが実現可能となります。

SXRDリアル4Kパネル、光源にはZ-Phosphor(TM)レーザーを使用し、明るさは2500lm。寿命は20,000時間となります。 もちろんHDR10・HLGに対応しています。

Vplvz1000host05_2 

比較としては、明るさはVPL-VW500ESの1.5倍、ランプ寿命は実に10倍となります。

Vplvw500es_

実際に店舗で拝見した限り、短焦点の特徴として店舗のほとんどの場所に電気がついていても、スクリーンの周囲のみ暗くしておけば視聴に問題はありません。テレビの様な運用が可能になります。

Imag5265

そして「短焦点なんだから特殊スクリーンが必要ですよね。」とお考えのお客様。

Screen_other120

暗くした場合はもちろんですが、明るいところでテレビみたいにみられるというのどうも・・・。とお考えかと思います。

大丈夫です。抜かりありません。

当日はパネル型超短焦点用耐光スクリーン100インチをご用意します。

SCREEN INNOVATIONS(米国)スクリーン 取り扱い、販売開始のご案内

http://kikuchi-screen.co.jp/wpd/wp-content/uploads/2017/06/SI%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E6%83%85%E5%A0%B1.pdf

Vplvz1000withscreen

パネルゆえ固定スクリーンですが、横浜関内店のような日中、日が差し込む場所でも問題の少ない映像をご覧いただくことが可能です。

サンプルを見ると・・・。

角度によっては真っ白。

Imag5599

そして角度によっては真っ黒。

Imag5600

原理としては角度によって絵柄が変わるシールと同じなのですが、やはり不思議なスクリーンです。

VPL-VZ1000の持てる性能をフルに引き出す準備を整えております。

あ、もちろん、暗室では全く問題のない明るい画面が見られます。極小距離で2500lmです。

Imag5257_3

2017.8.12更新:実機はこんな絵が出ます。「マリアンヌ」に至ってはピクチャーポジションがないとはめ込みに見えるほどです。黒の沈み込みがすごいですね。

Img_5507_2

Img_6226

最後に

どうして「VPL-VW1200(仮)を出さないんだ!」とお考えのお客様。

Vplvw1100es

お気持ちはわかります。

今回のVZ1000は「プロジェクターの画質の追及」だけでなく 「プロジェクターの使い方」そのものを変える商品です。

今までプロジェクターをあきらめていたお客様サイネージへの使用・最高のホスピタリティー提供などプロジェクターの使用概念を変えることが目的の商品になります。ちょっと方向性が違うんですね。

実際、昼間でも大丈夫と言う条件まで加味すると、想定される使い方はかなり広く、手軽にショーウィンドウの壁面広告への使用やホテルのスイートルームへ120インチの大画面提供するなどの使い方も可能です。応用範囲がとても広くなります。

Vplvz1000host03

Vplvw5000es__2

(もちろん、ホームシアター用プロジェクター単体として4K・HDR対応、レーザー光源でVW5000程ではないですが、素晴らしい画質です。)

プロジェクターのすばらしさをご承知のお客様には、今までプロジェクターをあきらめていた方と是非一緒にご来訪頂ければと考えております。

購入のご相談は既に可能でございます。 VPL-VZ1000の詳細ページをお読みの上ご疑問点などありましたら連絡を頂ければ対応させて頂きます。設置相談なども承ります。当日はソニーの担当者も常駐しておりますので、個人・法人問わずご質問が可能です。

5月20日・21日のご来訪をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。