« 2018年9月 | メイン | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

【横浜店】 JVC DLA-V7/V5先行フェア、インプレッションなど(2019.3.4更新)

2019.2.17更新:3月9日、10日の両日に再びDLA-V9R、V7、V5全機種が店舗でご覧いただけます。

Jvc_yokohama_01

JVC最新D-ILAプロジェクター揃い踏み DLA-V9R・V7・V5視聴フェア開催(横浜店)

https://www.avac.co.jp/contents/event/jvc201902_yokohama.html

おさらい用のブログはこちら。

【横浜店】 JVC DLA-V9R・V7・V5視聴フェア開催!各機種をおさらいします。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2019/03/jvc-dla-v9rv7v5-cf94.html

横浜店 渡邊です。

Kao

本日よりスプリングセール2019が始まりました!

0228_k_bana_03_2
https://www.avac.co.jp/contents/topics/spring2019.html
今回も買取金額アップの商品が目白押しです!

プロジェクター、スクリーン、UHD-BDプレーヤー、AVアンプは

こちら

ピュアオーディオ関係は

こちら

スピーカー・サブウーファーなどの機材は

こちら

それぞれご確認ください。

対象機種・???部分についてはこちらからもお問い合わせ可能です。

また、今回は買取アップ対象外の商品にも
春の買取査定アップキャンペーン」があります。

こちらの買取フェアはインターネットからのお申し込みのみになりますのでご注意ください。

では、本題です。

昨日はJVC DLA-V7/V5先行フェアに、交通事情の悪い中、遠方も含め店舗に入りきれない程のお客様にご来訪頂きました。ご来訪ありがとうございました。

P_20181028_104757

先日行われた「JVC DLA-V7/V5先行フェア」についてご質問のあった点に回答させて頂きます。
余りに込み合っていて写真が取れませんでしたが……。
ごめんなさい。

1、印象はどうでしたか?

P_20181026_114309_hdr


率直に言えば、やはり「画作りそのものが違う」印象です。
今回はフェア中にまとまった時間見せて頂きました。
印象としてはJVCらしい発色や色の出方はそのままです。
今回から「リアル4K」という表現方法を得る事で今までの「白」と「黒」のコントラスト比を強烈にイメージさせる画作りだけではなく全黒から彩度や色彩が生じるまでの「暗部階調表現」にも比重を置いている印象です。

Dlax990r_prod_l
現実問題としてDLA-X990Rと比較すれば「黒の沈み込み」の差は存在します。
もっとも、先日見させて頂いた「DLA-V9R」は

Dlav9r_prod_l元々の光量や情報量、レンズの差も相まって、数字の差では出ない強烈な「コントラスト感」を感じました。

個人的にですが、今回の機種からは「黒の沈み込み」だけ機種を判断するものではないかと思います。
なんとなくの印象で恐縮ですが、発色自体には過去の機種と差がありませんので、若干の「慣れ」が必要かも知れません。

2、DLA-V5とDLA-V7の差はどうですか?

Dlav7_prod_l_

Dlav5bw_prod_l
DLA-V7については9月の内覧会の状態とは違い、十分出来上がっており、今回はちゃんと実力を見ることが出来ました。

具体的にはコントラストの差がはっきり出ます。
先述の通り「階調表現」にも比重を置いていることから

明るい画面で黒と色の強い画面

ブレードランナー2049の主人公とデッカードのシーン)

B_2049全体的に暗い画面の中で様々な諧調が存在するシーン

(ファントム・スレッドの冒頭にあるお針子さんの出社シーン)

Phantom_1

などは、V7の方が明らかに色の「幅」と「奥行き」や「深み」に差が出ます。

Autotone なお、かなり便利なオートトーンマッピング機能を併用するとさらに差が出ます。

一度見てしまうと「トータルで考えると選ぶならV7だなあ」という印象は強くなります。
もっともDLA-V9Rは新宿本店のブログを見て頂ければと思いますが、絵はすべて「別物」で「見てはいけないレベル差」になります。

2019.3.4更新:DLA-V9R、横浜店のブログでも書かせて頂きました。ご参照ください。

【横浜店】 JVC DLA-V9R到着しました。やはりこれは……。(2019.2.17更新)

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2019/01/jvc-dla-v9r-99f9.html

ご予算が許せば是非DLA-V9Rをご検討いただければと思います。

3、DLA-V9Rはどうですか?
映像の密度に差があり過ぎて、特にUltra-HD以上の絵は別物です。元の素材が良ければ良い程、差が出るかと思います

Eshift_process_2

理屈っぽく極端な例えで恐縮ですが

単純に画像情報量が4Kの4倍になりますので

画素数的にはBlu-Rayの場合4X4で16倍にもなります。

日の光を構成する光源の数も漆黒で全黒で埋まる数も最大4X4倍になり、面全体で常に色が変化している金属光沢裸眼立体にかかわる輪郭とそれ以外の場所を区切る画素数もそれだけ増えます。

結果として階調表現や色の濃度の表現すべてが三次元的な表現になることから、既存のX990Rなどとは良い意味で全くの別物になります。

もっとも、このような差は感覚の面が大きく、拙い言葉ではとても表現できないんですが……。

色々な思いをまとめて「見てはいけないレベル」ということになります。

DLA-V9Rの導入ご相談については横浜店で承ります。

何とか今年中に1回は店舗にもお招きしたい機種ではあるんですが……。

そしてもう一つ!

現時点で唯一の「リアル8K」対応のAQUOS 8Kのご相談も横浜店でどうぞ!

AQUOS 8K 関連、価格・納期について具体的なお話が可能です。実機も見てきております。

P_20181016_153753 8K関連も具体的な話が出てきており、「2001年宇宙の旅」、その後3月には「マイ・フェア・レディ」が8Kリマスターで放送されます。UHD-BDを越える究極の画質が手に入りそうです。

01_ohttp://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/10/001.pdf

どうやってみればいいのさ!とお思いのお客様はご相談ください。

お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご来訪・お問い合わせをお待ちしております。

2018年10月27日 (土)

【横浜店】 JVC『DLA-V7/V5』国内先行フェアです。(2018.10.28更新)

2018.10.28更新 DLA-V7/V5先程撤収いたしました。

横浜では、27日の新宿では諸事情により再生できなかった8Kダウンコンバート4KのJVCデモディスクも再生を行います。なお、本日のDLA-V9Rでは大丈夫だと聞いております。

DLA-V7です。厚みが増しているので「プロジェクター!」という重厚感があります。

P_20181027_203831(写真をクリックすると拡大します。)

DLA-V5Wはこんな感じです。色の違いで一回り大きく見えます。

P_20181027_204220_2

(写真をクリックすると拡大します。)

2台を設置しました。下にあるLX-UH1、横にあるVLP-VW255で大きさを把握していただけかと思います。

P_20181028_104804(写真をクリックすると拡大します。) 

後ろからです。おおむねDLA-Z1とコネクタ配置は同じように見えます。

P_20181027_204414

(写真をクリックすると拡大します。)

皆様お気を付けてご来訪ください。

横浜店 渡邉です。

Kaoいよいよ!10月28日(日)JVC『DLA-V7/V5』国内先行フェア開催でございます。

1003jvc_bana

https://www.avac.co.jp/contents/3114

Dlav7_prod_l_JVC DLA-V7

http://www3.jvckenwood.com/projector/dla-v7/

Dlav5bw_prod_lJVC DLA-V5

https://www3.jvckenwood.com/projector/dla-v5/

準備その1、DLA-V7/V5にとても合いそうな新規タイトル。

今回は、DLA-V7/V5にとても合いそうなタイトルを1つ追加しました。
「ファントム・スレッド」UHD-BD(US版)です。

71igwkcnsl_sl1500__2

2017年アカデミー衣装賞受賞のタイトルになります。


YouTube: 「ファントム・スレッド」90秒予告編

冒頭から何とも落ち着いた色と質感、光と影と繊細さを最新の35mmフィルムで撮影した作品です。
全体的なトーンや配色が素晴らしく、特に4Kらしさを感じる布や肌の「触感」と光と影の立体的な表現にフィルムの粒状感が高いレベルで合わさっており、音響もDTS:Xで床や天井の高さが良く出ています。P_20181026_114502
今回、JVCの「黒」にとても合うのではないかと思い、用意してみました。
当日は基本的にJVC様の方で上映させて頂きますが、御希望の場合はお申し出ください。

実はこの作品11/5に日本版が発売されますが、UHD-BDは日本での発売が見送られたため、海外版の購入に踏み込んでおります。

ファントム・スレッドオフィシャルサイト

 http://www.phantomthread.jp/
先程VPL-VW745とUDP-LX500で少し見させて頂きましたが、久々に「テレビではなく大型スクリーンで見たい」作品になりました。

準備その2、AVアンプ

P_20181026_112716
AVアンプはヤマハのCX-A5200を準備しました。

ヤマハ CX-A5200

https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/av_receivers_amps/cx-a5200/info.html

昨日到着しております。
フェア当日はCabasseのスピーカーシステムメインで構成しますが

サブウーファーもECLIPCE TD520SW

Td520sw

PIEGAのPS101の2台を使用し

Ps101_2product

フロントハイト+リアトップの11.2CHで準備させて頂きます。

などなど、いろいろと準備させて頂いております。
なお、DLA-V7.DLA-V5の到着は新宿本店から機材を移動する関係からフェア当日の予定です。

当日のご注意です。

フェア当日10月28日は「横浜マラソン」が行われる関係で、首都高速・みなとみらい方面の道路が時間別で通行止めとなります。

Logo

横浜マラソン2018 一般道の交通規制はこちらから。

首都高速の交通規制はこちらからご参照ください。

横浜マラソン2018のホームページに迂回路は示されておりますが、当日は渋滞が予想されます。

ご来訪の際には交通機関の状況にご注意ください。
特に新宿本店では同じ日に「DLA-V9R」の展示フェアを行います。

Dlav9r_prod_l

10/28(日)JVC最新4Kプロジェクター!!JVC「DLA-V9R」特別視聴会!!

https://www.avac.co.jp/contents/3115

両機種の視聴を御希望のお客様は新宿⇔横浜の交通経路として新宿からJR湘南新宿ラインで横浜乗り換え、横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町一番出口からのご来訪が乗り換えが少ないかと思います。

Yahoo乗換検索では日曜日14:00新宿出発で概ね1時間程度で到着できるかと思います。

Yahoo乗換情報

https://transit.yahoo.co.jp/

横浜はフェア形式になりますのでフリー入場でございますが、一日限りと言う事もあり、かなり混み合う事が予想されます。
当日は、ご来訪者の人数によりJVCの担当者や店舗担当者がミニイベント形式でご案内させて頂きます。新宿本店のDLA-V9Rフェア共々、両日は是非ご来訪ください。お値段などご相談させて頂きます。

あ、それと追記です。

AQUOS 8K 関連、価格・納期等具体的なお話可能です。実機も見てきております。

P_20181016_153759_2

そして12月1日の午後1時10分からは「2001年宇宙の旅」、その後3月には「マイ・フェア・レディ」が8Kリマスターで放送されます。UHD-BDを越える究極の画質が手に入りそうです。

01_ohttp://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/10/001.pdf

それまでに何とか!とお思いのお客様は合わせてご相談ください。

 お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

 さて、AVACInfometion Vol.188の事前申し込み、受付中です!

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

本体・送料は無料です!!

締め切りは10月31日となりますので、お早目の申し込みをお願いいたします。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年10月19日 (金)

【横浜店】 ヤマハ CX-A5200H/MX-A5200H フェアです。

2018.10.21更新:先程機材が撤収しました。たくさんの方々のご来訪ありがとうございました。

また、MX-A5200につきましては、ご予約のお客様には別途ご連絡させて頂きます。

来週はDLA-V7/DLA-V5が横浜店にやってきます!

1003jvc_banaなお、日程が横浜マラソンと重なりますので、ご来訪の際は交通機関にご注意ください。

横浜マラソン2018開催に伴う交通規制のお知らせ
http://www.yokohamamarathon.jp/2018/traffic/

当日は新宿本店で行われたDLA-V5・V7国内先行イベントの機材がこちらに移動しますので、DLA-V9Rは新宿本店、DLA-V7/V5は横浜のみの展示となります。

横浜店 渡邉です。

Kao

今週末開催のヤマハ AVENTAGE CX-A5200/MX-A5200先行試聴体験フェアー開催でございます。

0910_yamaha_bana

https://jp.yamaha.com/products/contents/audio_visual/aventage_cx/index.html

機器の詳細については先日エントリーしたブログをご覧ください。

【横浜店】 ヤマハ「AVANTAGE」CX-A5200/MX-A5200 発表です。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/09/post-80f8.html

先程実機が到着しました!
今回はすべてチタン色です!

P_20181018_153615MX-A5200はスピーカー位置の指定があり、若干戸惑いましたが……。

P_20181018_153650_2設置完了です。

スピーカーシステムはベースレイヤーをすべてB&W700シリーズで揃えております。
フロント703S2B、センターHTM71S2

P_20181018_153834

そしてリアも703S2!贅沢です。

サラウンドバックに706S2

P_20181018_153730フロントハイト、リアトップスピーカーのシステム構成です。
明日、明後日の2日間フリー視聴で準備させて頂きます。

特に、MX-A5200は発売まで時間がありますので、なかなかご覧いただけないかと思います。

Mxa5200_rp_2793x1375_05d6b177a7a47a

ヤマハの担当者も常駐しておりますので、ご質問等にも応じさせて頂きます。
なお、VPL-VW255・VPL-VW555の展示も開始しておりますが、明日・明後日はCX-A5200/MX-A5200を優先させて頂きます。
なお、ご成約特典もございます。
愛聴盤がございましたら、是非お持ちの上、ご来訪ください。

 お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

 さて、AVACInfometion Vol.188の事前申し込み、受付中です!

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

本体・送料は無料です!!

締め切りは10月31日となりますので、お早目の申し込みをお願いいたします。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年10月18日 (木)

【横浜店】 SONY VPL-VW555/255展示開始しました!

横浜店 渡邉です。

Kao

いよいよ今週末、ヤマハ AVENTAGE CX-A5200/MX-A5200のフェア開催でございます。

0910_yamaha_bana

https://jp.yamaha.com/products/contents/audio_visual/aventage_cx/index.html

実機は……もう少しお待ちください。展示開始時にブログを上げます。土日のメインはこちらです!

本題です!

先程、ソニーの新型プロジェクター2機種
VPL-VW555

P_20181018_153447 SONY VPL-VW555
https://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VW555/

VPL-VW255

P_20181018_153435

VPL-VW255
https://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VW255/

の展示を開始しました!

VPL-VW745は現時点では継続展示になりますので、VPL-VW255・555・745の三機種が揃ったことになります。

画についてはまだ展示しただけなので、もう少しお待ちを……。

この2機種、外観は変わらないように見えるのですが……。
10mmほど機器の厚みが増えています。
前機種の245との比較になりますが
こちらが245

P_20181018_154253

こちらが255になります。

P_20181018_153637_2
ラベルの位置は変わりませんので、厚みが増したことがわかるかと思います。

何で厚みなんて、とお考えの方も多いかと思いますが、今回の新機種、実はここが肝です。
今回の新機種で一番変わった点、実は画像処理関係です。

Hdmi21今回の機種からすべての機種で18gbpsへの対応となりました。
参考までに前機種、VPL-VW535並びにVPL-VW245の仕様表には下記の記述があります。
3840 × 2160/60p *6
この*6には「YCbCr 4:2:0のみ対応。映像表示は8bitになります」と言う記載ですが、今回の新機種ではありません。UHD-BD再生はほとんどの場合3840×2160/24pで十分と言う事もあり、能力は問題はありませんでしたが、今回のVPL-VW555/255は4K60P4:4:4 8bitまで入力が可能となり、アップコンバートなどでは諧調表現に差が出てくることになります。
また、今回から全機種にモーションフローを採用しており、画像補正の点でも機能向上が見られます。

Y_vw745_motionflow 実質的に上位の機種と同じ処理基盤を使用した関係から、ちょっとだけ厚みが増している、これが今回の肝です。

写真でもわかりますが、今回は555は黒、255は白でご用意しております。
また、VPL-VW745は継続して展示しております。
あ、VPL-VW245はお嫁入り先を募集しております。

P_20181018_163958横浜店 SONY VPL-VW245(B)展示品

https://www.avac.co.jp/used/products/detail.php?product_id=26241

お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

 さて、AVACInfometion Vol.188の事前申し込み、受付中です!

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

本体・送料は無料です!!

締め切りは10月31日となりますので、お早目の申し込みをお願いいたします。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年10月15日 (月)

【横浜店】 いよいよ今週末はヤマハ「CX-A5200/MX-A5200」です!

横浜店 渡邉です。

Kao

本日飛び込んできたニュースがありますので、その点だけ。

(10/15 10:00)

AQUOS 8Kの新型は、店頭予想価格が80型が200万円、70型が100万円、60型が75万円前後です。こちらについては導入のご相談を承ります。実機を見させて頂いたのち、何かしら書かせて頂く予定です。

AVACInfometion Vol.188の事前申し込み、受付中です!

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

本体・送料は無料です!!

締め切りは10月31日となりますので、お早目の申し込みをお願いいたします。

本題です!

いよいよ今週末、ヤマハ AVENTAGE CX-A5200/MX-A5200のフェア開催でございます。

0910_yamaha_banaMain02

https://jp.yamaha.com/products/contents/audio_visual/aventage_cx/index.html

P_20181015_110843今回は、現在店舗にて展示中の前機種「CX-A5100」と「MX-A5000」を使用して2chで試聴比較も行います。2018august_fairベースレイヤーのスピーカーシステムはB&W 700シリーズで固めさせて頂きます。

あ、703S2は4本です。フロントとサラウンドが703S2……。センターがHTM71S2、サラウンドバックが706でトップ4本の7.1.4ch。さすがAVANTAGE。

過去のエントリーで書かせて頂きました通り、細かいところの変化が組み合わさった結果

2chの比較でも「全然違う」音になっているとの事。

実はわたくしもまだ聞いておりません。楽しみです。

当店はフェア形式で2日間行わせて頂きます。
前回の新宿でご来訪頂けなかったお客様。
RX-A3080以上の音をお求めのお客様。
前回の新宿で
「ちゃんと聞けなかった!」
「もう1回聞いてみてから決めよう!」
とお考えのお客様。

当日は「ご自分の視聴を希望するメディア」をお持ちの上、ご来訪ください。
当日ご成約の特典もご用意してお待ちしております。

お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年10月12日 (金)

【横浜店】「JVC DLA-V9R/V7/V5」カタログ到着です!

横浜店 渡邉です。

Kao

 年末恒例の「アバックインフォメーション」お申し込み受付中です。

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

では、本題です。

先程ですが、こんなものが。

P_20181012_160547

お待たせしておりましたJVC「DLA-V9R/V7/V5」カタログでございます!

P_20181012_155906JVCらしく、高級感漂うカタログです。

で、中身はというと……。

P_20181012_155846web記載に近い内容のものも多くありますが

なんというか、同じ内容なのに冷静に見ることが出来ます。

P_20181012_155855なお、最終ページにはオプション写真や投射距離一覧、少し大きくなった寸法なども記載されております。

一通り見させて頂きましたが、同じものでも紙で「見たい時に見ることが出来る」というのは、特に高価格な物を買うときは紙のカタログは必要だなと痛感します。

特に今回のフラッグシップ機であるe-shift8Kを搭載した「DLA-V9R」は、最小分離閾の関係もあり、120インチ程度では通常の視聴距離でスクリーン上にドットを意識する事はほとんどないレベルの映像になります。

DLA-V9Rは同じ4Kでも「映像密度」が別物になります。

 

Dlav9r_prod_l

強引な参考例ですが、写真はAQUOS 8K LC-70X500でダークナイトUHD-BDを4K→8Kアップコンバートしたものの拡大です。

Imag6707 少なくとも「ドット」はわかりません。

インチこそ違いますが、DLA-V9Rでは、JVCらしい強烈なコントラストとドットの認識ができない程の映像密度を両立しており、この感覚がDLA-V9Rをてはいけない」レベルの映像に引き上げます。

今回のカタログは「この機種を購入すれば、今までよりさらに上の『質』が手に入る」とご想像頂くのに十分な内容となっています。導入を迷われているお客様は、このカタログを手に入れて頂いたうえで、お値段・納期などをいただければなお宜しいかと思います。

 

Dlav7_prod_l_

Dlav5bw_prod_l

なお、普及帯であるDLA-V5、DLA-V7については10月28日に横浜店にやってきます。

1003jvc_banahttps://www.avac.co.jp/contents/3114

V9Rは凄まじいのですが、やはり価格が……とお考えのお客様。

当日はDLA-V5/DLA-V7の実映像を見て頂くことが可能です。

横浜店はフェア形式になりますので、当日はもちろん持込可能です。

ご自分の視聴したいUHD-BDなどをお持込ください。

Udplx500

再生機はUDP-LX500を予定しております。

なお、カタログは数がそれなりにございます。

フェア分は除かせて頂きますが、本日より店舗にてお持ち帰りが可能です。

なお、地方の皆様やご来訪の難しいお客様など、今回カタログの入手が難しいお客様は、横浜店までご連絡下さい。別途対応させて頂きます。

もしメールが難しい場合はFAXでご連絡下さい。

もちろん、DLA-V9Rを含む各機種のお値段等お問い合わせも可能でございます。

ご連絡・ご訪問をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

2018年10月 5日 (金)

【横浜店】PIONEER UDP-LX800到着しました。

2018.10.8更新:UDP-LX800、撤収させて頂きました。この後は11/3(土)4(日)に福岡店・新潟店に登場します。たくさんのご来訪ありがとうございました。

次回のフェア予定はヤマハ CX-A5200・MX-A5200となります。

ヤマハ AVENTAGE CX-A5200/MX-A5200のフェアが10/20・21の両日開催でございます。横浜店はフェア形式で開催となります。

他店より少し遅い開催で申しわけありませんが、しっかりした機材が来るかと思います。ご期待ください。翌週はJVCです。

0910_yamaha_bana

https://www.avac.co.jp/contents/3114

横浜店 渡邉です。

Kao

まず重要なお知らせが2つ。

その1!JVC等各種フェアのご案内です。

お待たせしました。DLA-V7/DLA-V5のイベント情報解禁です!

横浜は10月28日()でございます!

1003jvc_bana

その2!年末恒例の「アバックインフォメーション」ですが

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

本体・送料は無料です!!

締め切りは10月31日となりますので、お早目の申し込みをお願いいたします。

本題です。

いよいよ今週末にUDP-LX800がやってきます!と書かせて頂くつもりでしたが

0920_pioneer_bana2

先程、到着しました!一足早く展示が終わっております。

P_20181004_185440_2

PIONEER ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX800

https://jp.pioneer-audiovisual.com/bdp/udp/udp-lx800/

すでに展示を開始しているUDP-LX500と並んで展示しております。
あ、高さがはっきり違いますね。

P_20181004_185434_2

日本仕様のみ材質の違うインシュレーターを装備していることから、20mmほど高くなっています。

P_20181004_185638_2 今回はSC-LX901を接続して7.1.4CHで準備をしております。

P_20181005_172223
また、こんな機械にも繋いでいたりします。

P_20181005_172204 なんとLuxman L-509X!
こちらは試聴御希望のお客様の為にご用意しました。

機材の間が離れておりますのでRCA接続ですが、オーディオシステムでにも繋いでいます。
UDP-LX800が電源トランスから拘り抜いた「音」にもお答えできるように準備しております。
また、XLRでの接続希望にも可能な限りお答えできればと考えております。

なお、絵の比較などはまだ……。お待ちください。更新を検討中です。

前回のブログも参考にしていただければ幸いです。

【横浜店】 Pioneer UDP-LX800を見させて頂きました。(2018.9.29更新)

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/09/pioneer-udp-lx8-7216.html

設置は終わっておりますので、本日よりご視聴は可能です。
週末は是非ご来訪ください。

なお、注意点が一つだけ。

今回は「SACD」のみ再生をご遠慮いただいております。ご注意ください。

UDP-LX800の画と音をお楽しみ頂く最初のチャンスになります。

是非フェアにご参加下さい。

お値段等のお問い合わせも可能でございます。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

なお、横浜AVAC座については

お申込みはこちらから

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/room.html

お問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年10月 1日 (月)

【横浜店】 BS4K・CS4K放送について2018年10月1日版

横浜店 渡邉です。

Kao_2

まず重要なお知らせが2つ。

0907bana_l

https://www.form-answer.com/applications/TTYNM

今回の冊子は「事前申し込み」が必要になります。

本体・送料は無料です!!

締め切りは10月31日となりますので、お早目の申し込みをお願いいたします。

もう一つ!各種フェアのご案内です。

0920_pioneer_bana2UDP-LX800のフェアが今週末10/7

0910_yamaha_banaヤマハ AVENTAGE CX-A5200/MX-A5200のフェアが

あとはJVCだけですが……もうちょっとお待ちください。

10/20・21の両日に行われます。どちらも特典等ございます!ご来訪をお待ちしております。

さて、本題でございます。

いよいよ10月に入りました。

BS 4K/8K/CS-4K放送について、情報のアップデートをさせて頂きます。部分的なもので申しわけありませんが、順次更新させて頂きます。

色々と具体的な商品が出始めました。

1、プロジェクター

新製品がいろいろ出てきました!

Dlav9r_prod_lプロジェクターについては現時点ではJVCのみ国内新製品が発表されています。

JVC プロジェクター

https://www3.jvckenwood.com/projector/

中でもDLA-V9Re-shift8K「疑似8K」を組み込みんでおり

画質や絵の密度の点で他の機種と一線を画しています。そのインパクトは「見てはいけない」レベルです。

今年の一押し機種になります。

また、下位機種のDLA-V7

Dlav5b_prod_l

DLA-V5

Dlav5bw_prod_l_2

各機種もリアル4Kパネルとなりました。

視聴レビューを書かせて頂いております。ご選定の参考にしてください。

【横浜店】 JVC DLA-V9R DLA-V7 DLA-V5 見てきました。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/09/jvc-dla-v9-dla--fdc8.html

ソニー様・エプソン様に関しては、現在の所、正式な情報が来ておりません。

 

Vplvw955es

Ehtw8300w_2海外では情報がありますが、現時点での日本側の情報がありません。情報待ちという事になるかと思います。

なお、昨年から今年発売の4Kクラスプロジェクターは最低でもHDR10、日本の各メーカー製品はHLGまで対応しています。

これ以外のメーカー製品についてはHDR10のみ対応になりますので、後述するパナソニック様のレコーダーによるHLG→HDR10変換などを用いての条件付き使用となります。

次にHDR10+並びにDolbyvisionですが、現時点ではプロジェクターで対応予定はどのメーカーもしない方向の様です。

Dolbyvisionはプロジェクター用のものがまだ存在しない事、HDR10+についてはプロジェクターの場合、シーンが変わるたびにアイリスが動いてしまうのでかなり見ずらくなることから、両方とも対応は難しいようです。

なお、HDMIケーブルについては長尺は基本的に光HDMI一択です。ただ、何度か書かせて頂いておりますが、動作に癖がありますので導入にはご相談をお願いします。HDMI 2.1は来年以降になります。

2、テレビ

Imag7432まずREGZA X920、Z720、BM620X、M520導入の皆様はそろそろ「BS/CS視聴カード」の送付が始まるかと思います。

Bscs_chipなお、固体ごとに違う有線用MACアドレスの入力が必要なことから、お申し込みをしないと手に入りません。

早めにご手配ください。

東芝REGZA BS/CS 4K視聴チップ(無償配付)のお申し込み

https://regza.digitaldoors.jp/bs4k/

事前にテレビの電源を入れ、テレビのリモコンの設定ボタンを押し、画面に表示される「その他の設定」⇒「本機の情報」の順にお進み頂き、テレビ画面に表示された「形名」と「有線用MACアドレス」の英数字をそれぞれの項目にご入力ください。後は送付先などの入力になります。

次に、東芝以外のメーカーとしては、シャープ様、三菱様からBS/CS-4Kチューナー内蔵のテレビの発表がなされています。

Aquos_am1

SHARP AQUOS AN1ライン

http://www.sharp.co.jp/aquos/lineup/an1.html

SHARP AQUOS AM1ライン

http://www.sharp.co.jp/aquos/lineup/am1.html

三菱REAL RA1000/XA1000シリーズ

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ctv/

また、シャープ様については10/15のCEATEC2018カンファレンスにて「第2世代AQUOS 8K」の発表が予告されています。

180925a

Img_ceatc2018_about_01

第二世代と言う事はおそらく8Kチューナー内蔵の商品になるのではないかと思います。

12/1の放送開始までに8Kを見る、4Kのアップコンバートでさらに上の画質を狙うのであれば、こちらは外せない機種になります。後は大きさとお値段、そして搬入方法次第と言う事になりそうです。

Th65fz1000

Kj65x8500f_screenfillまた、今の所パナソニック様、ソニー様については内蔵型の発表がありませんので、外部チューナーと言う事になります。

もっとも、テレビへの直結が前提かとは思いますが、昔のハイビジョンチューナーのようにリモコンを複数使うという方法から、HDMI-CECと言うリンク機能を使用して同じリモコンでテレビと同時に操作できます。このため、メーカーを合わせれば操作性についてはさほど変わらないものと思われます。

むしろ大型テレビの場合、納期と搬入方法の方が問題になりそうです……。

また、すでに昨年度のモデルでHLGなどは対応しておりますので、昨年度のテレビ以前の商品をお持ちの方はBS-4K/CS110放送は外部チューナーで対応と言う事になります。

ただ

自分のテレビが4K放送のどこまで対応しているか

と言う点については確認が必要です。下記のリンクから仕様書を見ながらご自身のテレビの対応状況をお概ね知ることが可能かと思います。最悪の場合「4Kテレビ」でも4K放送はHDアップコンバート……なんてこともありますので。

【横浜店】 東芝製4Kチューナーと現行テレビの対応について

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/03/4k-c213.html

じゃどっちを買えばいいんだろう?と言うご質問については

お手軽さでは内蔵テレビで完結

持ち出しを考える場合は外付またはレコーダーかなと言う感じです。

3、BS4K/CS110°-4Kレコーダー・単体チューナー

BDレコーダーはアップデートがありました。

パナソニック DM-SUZ2060シャープAQUOS 4Kレコーダーです。

Dmrsuz2060

Aquos4k_rec_4tb

どちらも外部チューナーと同じ機能に加え「ディスクへの録画」に対応したことは大きいと思います。また、懸案とされていたHLG→HDR10の変換機能も持っており、プロジェクターユーザー並びに先程テレビの項目で書かせて頂いた「自分のテレビやプロジェクターがどこまで対応しているか」と言う問題に対して、ある程度の幅を持つことが出来ました。

なお、BDレコーダーはほぼ日本のみと言う事もあり、BD-Rよりちょっと高いBD-R XLにどこまでディスクに録画を行うか」という頭の痛い問題はありますが、レコーダーの更新と言う点では間違いがないと思います。

もっとも、今後PanasonicのUBZ1後継機、ソニーのレコーダー上位機種などが考えられますが、

Dmrubz1_front_2

この辺はまだ何とも……UBZ1の後継機は出てほしいとは思いますが。

8Kについては規格として存在はしていますが、シャープから発売予定の8Kチューナー以外、現時点ではHDDへの録画のみとなります。

Img_4ktuner06

次に単体チューナーについては以前のエントリーをご参照ください。

いくつかのメーカーから発表されており、いくつかのパターンが出てきています。

【横浜店】 BS-4K/CS110°4K、少しずつ具体的な動きが出始めました。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/07/bs-4k-b76d.html 

チューナー単体では持ち出しが出来ない点は弱点ですが、お値段がお安いので、複数準備してマルチチャンネル録画、と言う使い方もありそうです。

また、どちらも「アンプを介した利用方法の場合、動作に問題があるのか?」それともテレビ単体を基準に考えるのかでセッテイングが変わってくるものと思われます。

8Kについてはシャープ様からの発売が確定しています。

Sharp_8k4Kダウンコンバートが可能かどうかが焦点です。(試験放送用の機材では可能でした。)

チューナー+HDDの組み合わせなのでちょっとお高めかもしれません。

こちらについてはBS左旋になりますので、事前調査が必須になります。

4、AVアンプ

Avc6500h

Rxa3080_h_

 

AVアンプ関係は大きな変動はありません。

4KについてはHDMI2.0並びにHDCP2.2まで対応していれば基本的には問題ないかと思います。

判断基準としては、今年発売のアンプでDolbyvision対応、かつ新しいARC規格である「eARC」あれば長期的に見ても概ね問題なしと判断していいかと思います。

なお、8Kについては現時点では映像と音声を分けて出力することになります。一般的なご家庭では5.1ch以上は現実的に難しいと思われます。この点についてはNHK技研公開2018で方向性が少し見えておりましたので、今後変更の可能性がありえます。まだちょっと先かなと言う気もしていますが。

「22.2マルチチャンネル音響の家庭視聴スタイル」

https://www.nhk.or.jp/strl/open2018/tenji/t2.html

「チャンネル型22chをオブジェクト型オーディオに変換して再生する」という興味深い展示もあり、将来的には7.1.4chになりそうな気もしますが、こればかりはなんとも言えません。

次に変更が必要なものを上げさせて頂きます。

5、アンテナについて

Bs4k8k_anteena

最初に衛星アンテナですが、BS/CS左旋、8K視聴の場合はアンテナをBS/CS右旋・左旋両対応の物にして頂く必要があります。 ここが大事です。

マスプロ電工 4K/8K早期導入の勧め

http://www.maspro.co.jp/products/4k8k/early/index.html

日本アンテナ 4K/8Kページ

http://www.nippon-antenna.co.jp/4k8k/

panasonic 45型BS・110度CSアンテナ TA-BCS45U1/UK1

http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/01/jn170127-1/jn170127-1.pdf

既設の方は民放のBS-4K右旋放送のみであれば2018年12月時点では交換の必要はありません。

WOWOWやNHK-SHV 8Kなどは左旋になりますので機器と一緒にアンテナ交換の必要があります。ブースターや分配器、分波器は交換を前提にして頂いたほうがよろしいかと思います。

6、フレッツTV・ドコモTVなどのFTTHサービス

Photo

Dokomo

先日発表がありましたがフレッツでの4KBS/CS左旋、8K視聴は専用のコンバーターが必要となり、放送開始時期は2019年を予定している旨の発表がありました。

が……早くなるかも、しれない、かも。と言うところの様です。

4k8k005

Phile-Web様 フレッツ光で新4K8K衛星放送がアンテナなし視聴可能に。右旋は12月、左旋は来夏提供開始

https://www.phileweb.com/news/d-av/201807/12/44476.html

このあたりは現行のNTT方式(FM一括変調方式)から考えた場合、そのままではBS/CS左旋を伝送するのが難しいことが前から指摘されておりましたので、左旋BS・CS-IF(2224MHz~3224MHz)に対して周波数変調を間に挟むことで対応することになりました。

個人的には今回の更新でONUごと変更するのかなと考えておりましたが、既存ONUはそのまま(更新台数が多すぎますね。)周波数変換コンバーター機材を追加する形での対応です。

技術的には以前から指摘されていたことになりますので、CS110°左旋や8Kをフレッツで視聴する人がまだ少ないと判断したのかもしれません。変換アダプタも有料貸し出しになりますので、位置付けとしてはスカパープレミアムと同じスタンスです。ただ、12月に間に合わせないというのは意外でした。

この段階で、フレッツのお客様は来年までBS左旋並びに8K・CS左旋の視聴は不可能と言う事になります。どうしてもと言う場合はアンテナを追加することで対応になるかともいます。

なお、既存のフレッツに関しては地上波はそのまま、既存のBS/CS110も当面はそのままです。

7、CATV

 

Tzhxt700pw

次にケーブルテレビの場合ですが、j:COMなどは対応を表明しており、12月の放送に合わせて対応が確定しており、チューナーの交換で4K視聴は可能です。チャンネル構成も基本的に放送波と変わりません。

NHK 8Kスーパーハイビジョン ケーブル伝送

http://www.nhk.or.jp/strl/onepoint/8kcable.html

8、映像配信

最後にBS/CS以外になってしまい、本来番外の映像配信ですが、4K-BS/CS機器を揃えた場合、ほぼ確実にこれらの配信関係の視聴が可能になります。

Photo_2

上記の各メディアの中でクオリティはともかく現在4K非対応はhuluだけです。Apple TVに至ってはUHD-BDとほぼ同じクオリティの絵を出す事も可能で、4K・HDRにも対応しつつあります。4K-BS放送をみようとおもったら実際には配信ばかり見ていた……。なんてことも十分あり得ます。

4Kはその性格上、今後もネット配信が多くなるものと思われます。 再生機器そのものはたくさんありますが、どちらかと言えばネットワークの速度が重要になります。ご新築の場合はLANの配線をカテゴリー5ではなく6まで上げておいたほうがよろしいかと思います。 既設の方は別に引いたほうがいいかも・・・・。無線はなかなか信用できませんので。

概ねこのような状況です。

放送までもう2か月なんですね……。

4Kでは何が必要か、何の機材や交換が必要かについては、概ね見えました。

すでにNHK BS-4K、BS-8Kは番組資料や大まかな番組表(BS-4K番組表BS-8K番組表)が出ており、10月末には民放各社の番組表も出てきます。

8Kについても今月中にはすべて見えます。

どのように機材を更新したらいい?何が必要?

このあたりの情報は

【横浜店】今年こそ!「ホームシアター・アップグレード」のおすすめ

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/08/post-bb18.html

と言うブログにまとめさせて頂いております。ご参照ください。

これからは、将来のことを考えたシステムにする必要があります。まずは横浜店までご相談ください。

お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。