« 【横浜店】 ECLIPCEで聴くDOLBY ATOMS/DTS:X/Auro3D体験フェア開催!(2018.6.28更新) | メイン | 【横浜店】 BS-4K/CS110°4K、少しずつ具体的な動きが出始めました。 »

2018年7月 2日 (月)

【横浜店】 EPSON EH-TW8000/8000W,6000/6000W 修理・機材更新について

2018.7.15更新:大変失礼しました。EH-TW6000/6000Wも修理受付終了になります。タイトル変更並びに内容変更をいたしました。

AVAC横浜店 渡邉です。

Kao

サマーダイナミックセール2018開催中です。

Summer2018

【横浜店】 お待たせしました!サマーダイナミックセール2018 開催中!

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/06/2018-3359.html

では、本題です。

「名機」EPSON EH-TW8000/8000WそしてEH-TW6000/6000W

の修理終了日が2018年7月31日となっております。

Ehtw8000

Ehtw6000_2

こちらについては以前からすでに告知が出ておりますが、2018年7月31日(火)をもって修理受付が終了となり、残念ながら終了日以降は修理受付が出来なくなってしまいます。

 EH-TW8000 サポート&ダウンロード

http://www.epson.jp/support/portal/hoshu/eh-tw8000.htm

EH-TW8000W サポート&ダウンロード

http://www.epson.jp/support/portal/hoshu/eh-tw8000w.htm

EH-TW6000 サポート&ダウンロード

http://www.epson.jp/support/portal/hoshu/eh-tw6000.htm

EH-TW6000W サポート&ダウンロード

http://www.epson.jp/support/portal/hoshu/eh-tw6000w.htm

エプソン様の場合、機種ごとに修理受付終了日が出されております。

EPSONホームプロジェクター 修理対応終了製品
http://www.epson.jp/support/shuri/expiration/list/14.htm

L_00881511182

実は、これ以前のEH-TW3000/3500/4000/3600/4500についても、昨年の夏に修理受付が出来なくなっております。最近ではEH-R4000が2018年2月28日に受付を終えております。

なお、現時点で修理可能な機種のリストはこちらをご参照ください。
EPSONホームプロジェクター 修理対象機種・料金一覧
http://www.epson.jp/support/shuri/repair/list/14.htm

え?期限過ぎると修理受けてくれなくなるんですか!とびっくりのお客様もいらっしゃるかと思います。

はい、受け付けてくれなくなります・・・・。

じゃ、どうすればいいんだろう?とお考えかと思います。

当店としては

「4Kプロジェクタークラスへのアップグレード」

をお考えいただくのがベストではないかと思います。

機材更新により今年12月より始まるBS-4K放送やNETFLIXなどの配信放送、Ultra-HD Blu-Rayへの正式対応が可能となります。もちろんBlu-RayやDVD(8倍の拡大なのでちょっとブロックノイズが出てしまいますが。)もアップコンバートで視聴可能です。

現在準備されているほとんどの機能に対応できるのは大きいかと思います。

 

4k_vp2017

Jvclxuh14kuhdprojectorwhitefinish30

ただ問題点がないわけでもなく、4K転送に伴い長尺HDMIケーブルの交換が必要になったり、AVアンプについても著作権保護と出力切り替えの関係で新機種に交換していただかなくてはならないケースも出てきます。

プロジェクター以外の部分で性能が不足してしまうケースです。

EH-TW8000/6000の場合、本来後継機であるEH-TW8300への更新が一番無難なのですが……。

(EH-TW6700への更新はHDになりますのであまりお勧めできません……)

Ehtw8300w

サイズが一回り大きくなります。これが意外に問題です。

特にEH-TW8000のレンズシフト特性を利用している場合,新しい機種ではそのままお勧めすることが出来ないケースも出てきます。特にスクリーンの正面ではない設置方法では確認が必要になります。

JVC LX-UH1など設置面積が小さいものに更新して位置を調整したり、高価ですが超短焦点プロジェクターへの変更が考えられますが、結局、これ!と言う方法はなく、ケースバイケースと言う事になります。

Jvclxuh14kuhdprojectorwhitefinish_2

なお、現状問題が無い場合はそのまま使用する方法や修理を依頼するもありますが、当座をしのぐことはできますが、今後どうしても故障のリスクが付き纏い、ランプ等の入手も徐々にしにくくなることから、店舗としてはお勧めできる方法ではありません。

もうひとつ。

今回の機材更新を機に、音響システムをドルビーアトモス/DTS:Xなどへのアップグレード対応(ほとんどの機種に搭載されております。)もお考えいただけるタイミングになるかと思います。

Atomsdtsx今まで小さな子供さんが触ってしまうから床に物を置きたくないからなどの条件で、今までやむを得ず埋め込みや天吊スピーカーのみの5CHシアターにしていたお客様の場合

フロント・センター・リアに置きスピーカーを追加することで……

今までの埋め込みスピーカーをそのままDolbyAtoms/DTS:Xのトップスピーカーへ

今までの天吊りスピーカーはDolbyAtoms/DTS:X、アンプによりますがAuro3D用のハイトスピーカーへ

使用用途を変更する形で使うことが出来ます。

この「ホームシアターアップグレード」で

今までのシステムをDOLBY ATOMS/DTS:X 5.1.4chなどの立体音響に対応したホームシアターシステムにアップグレードが可能になります。

施工写真を加工するとこんな感じです。

埋め込みスピーカーはそのまま、床にスピーカーを追加しております。

Umekomiplus今までご愛用頂いたお客様には、画や音に「こうしたい!」というお考えが出て来ているかと思います。

今回の問題は12月のBS-4Kに備え、「ホームシアターアップグレード」をお考えいただくタイミングかと思います。機器の点検・修理も含め、まずはご相談ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

そして、もう一つお知らせです!

心斎橋AVAC座が6月30日(土)に開店しております。

Ws000004https://www.avac.co.jp/contents/avacza/shinsaibashi/

今回はシアタールームが過去最大の4つ!

ルーム1:110インチ、ルーム2:80インチ、ルーム3:110インチ

そしてルーム4は140インチです!

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/shinsaibashi/guide.html

D_guide06_image_500

ご予約が受付中でございます。

開店記念でお値段も特別価格になっております!

心斎橋AVAC座のご予約はこちらから!

https://coubic.com/shinsaibashi-avacza

当店地下、最大音量でライブもOKな横浜AVAC座のご予約はこちら

https://coubic.com/yokohama-avacza

横浜AVAC座のお問い合わせはAVAC座お問い合わせフォーム

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/yokohama/contact/

からお問い合わせください。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。