« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

【横浜店】 Marantz AV8805発表!先行試聴フェア情報と商品ご予約受付開始。

HT横浜 渡邉です。

Kao

以前より情報が出ておりました
Marantz AV8805日本正式発表です!

当店での先行視聴フェアの情報も更新しています。

Mz_av8805_n_f_k_b_34_op_001_lo

Marantz AV8805 製品情報

基本構成は13.2ch プロセッシング対応、15.2ch XLR & RCA プリアウトのシステムで、一見、兄弟機に当たるDENON AVC-X8500Hと似ている様に見えるのですが、似ているのは新型デュアルコアのDSPと構成のみ。

内部構成は

Mz_av8805_n_k_f_bk_ot_010_lo

Av8805_132ch_hdam_board_closeup_4

13.2ch 独立基板のHDAM-SAプリアンプ

Mz_av8805_f_b_re_001_lo

15.2CHのプリアウト出力(音声フォーマットに応じて出力先変更、同時13CH)に対応しています。

06

Av8805_4x_custom_block_capacitors_3  

また、アルミシールドケーストロイダルトランス、カスタムブロックコンデンサとアナログ周りは完全に別物です。

「すべての音をHi-Fiベースに。」
「単に11chから13Chに変更する小手先の変更では駄目。」
「ピュアオーディオに比べて不利な点もあるが、可能な限り充実させたい。」

というサウンドマネージャーのこだわりやマランツのオーディオ担当が積極的に関わって完成させた

ハイエンドAVプリアンプ」としてだけでなく
マルチチャンネルHi-Fiアンプ」として

仕上がっています。

また、AV8802からの変更もかなりなされており

Av8802a

AVR-X6400/4400から採用され始めているJRC製カスタムボリュームの採用や

DAC自体はAK4490ですが、チャンネル数の増加に伴う配置・回線経路の見直しでクオリティアップを図っています。

Av8805_dac_board_1
電源回りもAV8802では電源を一部デジタル回路から兼用していましたが、AV8805はオーディオ用に完全に独立したものに変更され、ブロックコンデンサもAV8802のNichi-con製から「よりマランツらしさ」を実現するためにELNA製を選び直しています。

Mz_av8805_disassembled_101_lo

Av8805_top_cover_closeup
そして外観も1ピースカバーから3ピースカバーに変更されており、内部底面にアイソレーション用のアルミプレートも追加されていたりします。

もちろんAVアンプとしての機能に抜けはなく、 Dolby Atmos/DTS:Xだけでなく後日アップデートでAuro-3Dにも対応し

Audioformatストリーミングサービス(Amazon Music、AWA、Spotify)、インターネットラジオ、ハイレゾ音源対応 Wi-Fi、AirPlay、Bluetooth®対応

Logo_amazon_music_5logo
2.4 / 5 GHz デュアルバンドWi-Fi&MIMOにも対応しています。

映像についてはHDMI 8 入力/3 出力でHDR10、Dolby Vision、Hybrid Log-Gamma のパススルーに対応しております。

なお、こちらの機種もAVC-X8500Hと同じ、将来的なHDMI2.1基盤への更新の可能性がありますので、箱と梱包材は取っておいてくださいね。

で、肝心の音ですが・・・。

Imag6951実は先日一時的にデモ機が届いており、音を聴かせて頂いております。

Imag6949

今回はMX-A5000との組み合わせで、しかも短時間でしたのであまりじっくりは聴いておりませんが、全体的に力強くセパレーションの良さ、S/Nの良さを感じました。SR8012と比べた際には全体的な品の良さはそのままに音も力強くなっています。もっとパワーのあるピュアオーディオ用のアンプやDENONのPOAなどを繋いでみたらさらに景色が変わるんじゃないかなと言う気がしました。

2018.2.28更新:アンプのパワーに関しては、3月11日の先行試聴会でPOAや日本未発売のMarantzパワーアンプを使用して1ランク上の音を実現予定です。

なお、最初のお引渡しは3 月15日頃の予定です。
ただ初動は相当少なそうなお話でした・・・。

3月11日は横浜店でも「マルチチャンネルフェア」も開催され

2021supika_bana_2

https://www.avac.co.jp/contents/2861

800_2018_3

横浜店ではフロントB&W 804D3、センターHTM2D3、サラウンド805D3B&W800シリーズベースのシステムを組ませて頂きます。フロント804D3のバイアンプ駆動・またはサラウンドバックに703S2、トップフロントに706S2を使う7.1.6chも検討中です。

AV8805国内先行試聴フェアではこちらのシステムをそのまま使用します。

2日間のご来訪でAVC-X8500HとSR8012との違いを確認できます。

Marantz_bana_2
https://www.avac.co.jp/contents/2879

いい意味で絶妙なタイミングかと思います。

(ここ大事です。)

お値段のご提示はすでに可能となっております。

お早目に問い合わせをお願いします。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年2月25日 (日)

【横浜店】 写真の為のホームシアターフェア2018 今年も開催します。

2018.2.28更新:マルチチャンネルフェアの詳細を更新しました。

2018.2.25更新:臨時更新のPiegaの新Premium展示に関しては

こちらになります。

横浜店 渡邉です。

Kao

今年も横浜で「CP+2018」が開催されます。

Cp2018 CP+2018

http://www.cpplus.jp/

メイン会場はパシフィコ横浜と大さん橋となります。
このイベントに合わせ、アバック横浜店では今年もCP+2018に合わせ

3/3・3/4の2日間(3/1・3/2はAQUOS 8Kがございません。)

「写真の為のホームシアターフェア2018

in横浜」

を開催いたします。

https://www.avac.co.jp/contents/2862

今回の目玉はなんといっても「リアル8K

AQUOS 8K LC-70X500です!

Lc70x500

解像度は実に4320X7680。幅は縦872mm・横1550mmとなり、比率は違いますが計算上では3317万画素相当となります。

参考までに、富士フィルム様のネットプリント全紙印刷では457×560mmで解像度が3598×4409 pixels(1590万画素相当)になりますので、縦の解像度は倍、縦基準で考えても横もほぼ倍になります。画面の大きさはほとんどの既存デジタル一眼レフの画像を縮小なしで映すことが可能です。


ご自身の作品をモニターとは比較にならない解像度で映し出すことが可能になります。
また、量販店様では持込映像を映すことはほとんどできませんので、今回が数少ないチャンスになります。

また、スクリーンについても

Vplvw745

4Kレーザー光源プロジェクターSONY VPL-VW745もご用意しており

かなり明るい120インチでの表示も可能です。

Blurayudp205

もちろん、AQUOS 8KにはSHARP製8KプレーヤーやUHD-BDプレーヤー(UDP-205) 、スクリーンにはUHD-BDもご用意し、ホームシアター本来の使用にも対応できます。

なお、UHD-BDをAQUOS 8Kで観た場合の比較はこちらのリンクをご参照ください。実感としてほぼ実物に見えます。

【HT横浜関内店】 AQUOS 8K LC-70X500 到着です。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2018/01/ht-aquos-8k-lc--a9b5.html
 

【HT横浜関内店】 【HT横浜関内店】 AQUOS 8K LC-70X500、2つの視聴方法。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/11/ht-10bf.html

CP+2018のお帰りにでも足をお運びください。

当店までの経路は、下記の通りとなります。

店舗への経路はこちらのブログ記事をご覧ください。

http://blog.avac.co.jp/yokohama/tenpo/

最寄駅は横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町」駅

(クリックすると大きな画面が出ます。)

Isezakiavacyokohama

1番出口を出てぐるっと180°回り、テニスコートを左側に見つつ、まっすぐ前に進んでください。
左手に公園のある「不老町3丁目」交差点、交差点の真向かいの青いビルです。

Google MAP検索 伊勢佐木長者町駅からアバックホームシアター横浜関内店へ

Google Streetview 正面の青いビルになります。

また、お問い合わせの多かった関内駅からはちょっと歩きます。

(クリックすると大きい画面が出ます)

Kannaiekiavacyokohama 文化体育館の前をまっすぐ歩いていただくルートが間違いがないかと思います。

Google MAP検索 関内駅からAVACホームシアター横浜関内店へ

Google Streetview 関内方面・文化体育館経由での店舗、青いビルになります。

お車の場合は長者町3丁目交差点・不老町3丁目交差点が目安となります。

Okuruma Google mapお車での来訪、長者町3丁目交差点・不老町3丁目交差点

なお、提携駐車場がありませんので、店舗横のコインパーキングへの駐車をお願いします。

当日のご注意事項です。

AQUOS 8Kでの作品表示を御希望の場合、写真メディアはJPEG画像のみ、メディアはUSBメモリに入れてお持込ください。7680X4320以下の解像度でも表示は可能です。

もう一つ。昨年ご質問がありましたが、本体そのものを持って来てもらえば、HDMI接続の場合のみビデオカメラの持ち込みも大丈夫です。

AQUOS8Kの展示は3月3日(土)3月4日(日)の2日間となります。

ご自分のメディアをお持ちの上、ご来訪をお待ちしております。

最後に・・・

翌週の3月10日()には

「マルチチャンネルスピーカーフェア」連動企画!!B&W800Seriesマルチチャンネルスピーカー体験フェアー in横浜

2021supika_banahttps://www.avac.co.jp/contents/2861

を開催します。

800_2018_3

横浜店ではフロントB&W 804D3、センターHTM2D3、サラウンド805D3B&W800シリーズベースのシステムを組ませて頂きます。フロント804D3のバイアンプ駆動・またはサラウンドバックに703S2、トップフロントに706S2を使う7.1.6chも検討中です。

Avc8500hsr8012hikaku00アンプはDENON AVC-8500HMarantz SR8012の聞き比べ(差替なので時間がかかりますが)を念頭に置いています。

ただなんでフェアが3月10日(土)の1日だけなんでしょうか。

それは・・・。

翌3月11日()に

Marantz_bana_3

https://www.avac.co.jp/contents/2879

Mz_av8805_n_f_k_b_34_op_001_lo

Marantz AV8805がやってきます!

妥協なしのシステムで鳴らすことが出来そうです。

基本的に3月11日~18日までセンター以外はスピーカーシステムそのままです。

ご来訪をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年2月23日 (金)

【横浜店】 臨時更新 PIEGA Premium新シリーズ期間限定展示します。

HT横浜 渡邉です。

Kao

今回は臨時の更新になります。
以前からお客様より

「PIEGAのPremiumは試聴が出来ますでしょうか」
と言う事で何回かお話を頂いていたところ、モデルチェンジが入り、お話が止まっておりました。

そして、2/15にPIEGAより新Premiumシリーズが発表されました。

今回は
Premium 701

 

Premium701mainproduct_2

PIEGA Premium 701

http://piega.jp/products/premium/premium-701/index.html

Premium 501

Piega_premium_501_zwart

PIEGA Premium501

http://piega.jp/products/premium/premium-501/index.html

Premium 301

Premium301mainproduct

PIEGA Premium 301

http://piega.jp/products/premium/premium-301/index.html

の3モデルが発表されております。

そこで御依頼頂いていたご試聴の機会を準備させて頂く為に

代理店様と交渉した所・・・。

Imag6957_2 なんとフューレンコーディネート様のご厚意によりPremium701(S)

Premium501(B)を貸し出して頂けることになりました!!
おそらく日本でも最速に近いのではないかと思います。

なおPremium710は1週間限定の貸し出しになります。
実質本日より火曜日までの展示となります。

今回も期間中は自由にご試聴可能です。持込もOKです。
但し、今回は元々ご試聴希望のお客様を最優先とさせて頂きます。
このため、タイミングによってはお待たせする可能性がございます。その旨ご容赦ください。

また、今回はAP1.2もございますので

Imag6954

5chも可能です。
ただ、基本的に2chで準備をさせて頂きますので、5.1Chの場合はセッテイング変更にお時間を頂戴します。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年2月19日 (月)

【横浜店】 明日から火曜日も営業となります。ご相談受付中。(2018.2.22更新)

2018.2.22更新:今回火曜日の営業を始めておりますが、私は毎週火曜に公休を頂いております。

火曜日に私宛にご来訪頂いた皆様、記載がなく申し訳ありません。事前にご連絡を頂ければ対応できますのでご連絡をお願い致します。

横浜店 渡邉です。

Kao今回は短い内容ですが、大事なお知らせです。

明日2月20日(火)より
横浜店は火曜日も営業させて頂きます。

定休日は水曜日のみとなります。

もう一度。

今週の火曜日より横浜店は毎週営業となります。

今まで「火曜日しか行けなかった!」というお客様。
火曜日も11:00から20:00まで営業しておりますので、会社帰りに是非ご来訪ください。

当店ではホームシアターの相談は常時行っております。
プランニングや見取り図だけでもご相談は可能です。

よくあるご質問に回答させて頂きます。「詳細はこちら。」をクリックしていただくと各事例の詳細にリンクしておりますので、ご参照ください。

「ウチは吹き抜けなんだけど・・・アトモス出来ます?」

120インチ 7.1.4ch 2ウェイシアター
(新築・リビングルーム) 詳細はこちら。

22601「今住んでいる家に設置ってできるんでしょうか?」

「リフォームと一緒にシアターを作ることが出来ますか?」

55インチテレビ 5.1.4chテレビシアター
(既存・専用室) 詳細はこちら。

22801120インチ 7.2.4ch スクリーンシアター
(リフォーム・専用室) 詳細はこちら

19001 「シアターってスクリーンだけ?大型テレビでもできない?」

80インチ 7.0ch テレビシアター
(既築・リビング) 詳細はこちら。

16001

和室でもできますか?

100インチ 5.1ch プロジェクターシアター
(新築・和室)詳細はこちら

126_m

「専用室で一から作りたいんだけど。」

160インチ 5.2.4ch スクリーンシアター
(新築・専用室)詳細はこちら

19701

「電気関係も含めてハイレベルなものはできますか?」

130インチ 6.0.4ch 専用室シアター
(新築・専用室) 詳細はこちら。

21201特殊な事例、機種ですが対応可能でしょうか?

アバック横浜店では、関連業者様とのご協力を取りながら、シアターへの大型液晶テレビ(写真は85インチ)の2Fクレーンつり上げや

Imag1275設置に特徴のある超短焦点4Kプロジェクター

Vplvz1000

SONY VPL-VZ1000の設置実績がございます。

この写真は一見パッと映していますが、ただ置くだけじゃダメなんです。

Img_6233これらの事例についてはご相談の上対応させて頂きます。

掲載の事例は基本的にすべて当店の担当者・関係者で行った案件となりますので、ご質問への対応も可能です。遠慮なくご質問ください。

簡単な質問でも構いません。そこからスタートです。
ご来訪・お電話をお待ちしております。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年2月16日 (金)

【横浜店】DENON AVC-X8500H 展示開始です!!(2018.2.22更新)

2018.2.22更新:最後の部分ちょっとだけ更新しています。どこでしょうか・・・。

2018.2.17 更新:フロントハイトにEclipce TD307を2本追加して7.1.6Chシステムになっています。

Imag6943

AVC-X8500Hの音に関してですが、前回のデモ機とは明らかに異なり全体的にすっきり聴きやすくなった気がします。特に高音部のピーキーさが少し丸くなり、それでいて中低音のどっしりとした「圧」はそのままと言う印象です。いい意味でDENONらしい音に仕上がっているように思えます。ただ、Marantz SR8012の音とは根本的に異なり「サラウンド向き」の音です。

横浜店 渡邉です。

Kao

お待たせいたしました DENON AVC-8500H

先程より展示開始しました!

Imag6930

現時点では7.1.6chで展開しております。

Auro3Dの関係もありフロントハイト+トップミドル+トップリア(リアハイト扱い)となります。

なお、ご質問の多かったAVR-X7200WAとの差ですが

Avc8500havrx7200hikaku00

大きさについては前モデルと言っていいAVR-X7200WA/AVR-4520との比較では

AVC-8500H:W434 × H195 × D482mm

(アンテナを寝かせた場合)

AVR-X7200WA:W434 × H196 × D427 mm

(フット、端子、つまみ含む)
横幅は同じ。高さですがAVC-8500Hの方が大きく見えますが実際にはほぼ同じ1mm差です。問題は奥行きで+55mm必要になります。

この写真はDENON AVC-X8500H、AVR-X6400Hを並べて展示させて頂いているのですが、正面の位置は同じ。

Imag6925

で、裏面ですが、このぐらい差があります。AVC-X8500Hはかなり出っ張っているのがわかります。 

Imag6932

実際には配線を考えるともう少し奥行きは必要です。HDMIを考えると+100mmぐらいでしょうか。あと重さは7200WAが17.8kgに対して8500Hは23.3Kg。腰に来ますので設置には十分ご注意を。

Avca1hdsp_jp

また、このクラスの機材更新候補であるAVC-A1HD外形寸法(フット、端子、つまみ含む)/W434×H214×D485mmになりますので、高さ以外は概ねそのまま入れ替えが可能です。ただ、HDMIケーブルは更新の必要があります。また、こちらも重量が28.5kgありますので、入れ替えにはご注意。同じ更新候補のAVC-3808A、AVR-4311などは大きさの点で問題はないかと思います。

他メーカーではヤマハのDSP-Z11Integra DTR60.6などがクラス的にも大体同じサイズとなります。

下取候補の機種については中古WEBの買取リストもご参照ください。

AVAC USED&OUTLET  SHOP AVアンプ下取り金額リスト

Top_usedheader1_3https://www.avac.co.jp/used/products/purchase_list.php?category_id=9

買取額0円でも下取り回収は難しいですが、ご相談には乗ることが可能です。まずはご連絡下さい。

また

「自分の機種はこれなんだけど、入れ替えってどうなんだろう?」

とお考えの場合もお問い合わせください。機種情報を確認の上、対応させて頂きます。

そしてもうひとつ、このモデルで重要なこと・・・それは

Imag6920

箱・梱包材は必ず取っておいてください!

まだ確定ではないのですが、こちらのモデルは後日有償アップグレードで基盤交換でHDMI2.1へのアップグレードを行う予定があります。(AVR-X7200Wの時と同じですね。)箱がないとメーカーサポートから有料での箱取り寄せ、送付になりますので時間がかかります。通常の販売させて頂くときには「AVC-8500Hの箱に下取り品を入れてください。」とお話するところですが、今回その方法は使用できません。事前に輸送に耐えうる別の箱をご準備していただければ幸いです。

最後に

Sr8012

 こちら(似ていますがこの機種じゃありません。)ついてもそろそろ事前のお問い合わせをして頂ければ、お早目の情報を出す事が出来そうです。お問い合わせください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年2月 9日 (金)

【横浜店】 FOCAL SOPRA NO.2 LUXMAN L-509X、BENQ 4Kプロジェクター到着しました!(2018.2.26追記有)

2018.2.26追記:BENQ・FOCALは撤収しました。

たくさんのお客様のご来訪ありがとうございました。ご要望を頂ければ商談の過程で今後もご用意が可能かと思います。

2018.2.16追記:今店内でBENQ HT2550を使用して本日(2月16日 13:30頃に行われていた「アレ」)を流していますが

Whats_person

かなり明るい店内でもクッキリと絵は出ますし、発色も悪くありません。また、人物がおおよそご本人の75%ぐらいのサイスで表示される120インチスクリーンでは、65インチでは見えないものが見えてきます。

プロジェクター+掛図スクリーンで27万円前後、ここにホームシアターフルシステムでも40万円以下の価格で揃えることが出来るというは時代を感じますね。条件はありますがDIYでシアターも可能ですし、お勧めできそうです。

1509529549 横浜店 渡邉です。

Kao

情報公開されましたので告知を。

0206_bana4

AVAC座 横浜 3月OPEN予定でございます。

貸し出しシアターは大音響でシアターを鳴らすことが可能です。

特に」横浜のAVAC座は音が出せる予定です。

ご期待ください。

以前から予告しておりました
FOCAL SOPRA NO.2が先程到着しました

Imag6818

https://www.focal.com/jp/high-fidelity-speakers/sopra/sopra-ndeg2

独特の形状は写真では不思議に見えましたが、実物は綺麗なラインの曲面でかなり好印象です。

またスコーカー・ウーファーは御影石のような模様で、独特な質感となっています。これはデザイン的にネットが要らない気がします。

Imag6821

Imag6823_2

またL509XD-08U電源のES-1200も設置が終わっております。

Imag6824 「ワンボディ・セパレート」L-509X

Imag6825 最上位CD/SACDプレーヤーD-08U

Imag6826 クリーン電源システムES-1200

展示期間中は既存のシステムをお休みしてこちらのシステムで鳴らします。
肝心の音ですが・・・。

Imag6822_2

まだ1時間ほどしか聞いておらず、大したことも言えないのですが、ツィーターの位置もあり、全体としては高音気味なのですが、低音の響も軽やかでガッツリ響くというわけではなく、ドンッとコントラバスは一音一音がしっかりと鳴っています。それでいてピアノの音は柔らかく、弦の音もメリハリがあります。

全体の印象としてはB&W800シリーズと程音は硬くなく、モニターオーディオ程低音がガツッとなるというわけでもありません。でも全体的にくどさや嫌みの無い、それでいて軽やかだけでもない「とても高いレベルの音が綺麗に重なっている」という印象です。

聴いていてかなり心地のいい

レベルの高いスピーカーはこうなんだ。

というお手本のようなスピーカーというところでしょうか。
ただ、唯一

パワーのあるアンプでないと力を出し切れないだろうなあ

とは思います。だからこそのL-509Xなんですが。

Imag6827

そのL-509Xですが

「底力が違う・・・。」という事を強く感じます。
今回は基本的に全てのスピーカーをL-509Xに繋いでありますが

どのスピーカーもウーファーが弾けるような音に変わります。

まさに「底上げしている」と言う感じです。

そしてD-06Uが繋がると・・・。

響きと太さの両立した「本当にハイエンド」な音になります。

正直なところ、このシステムを聞いた後に20万円台クラスの音を聞くとL-509Xでも持ち上げられていても「うーん・・・。」となってしまいますね。もちろん金額が違い過ぎるんですが。

今回は2月18日頃まで展示を行わせて頂ける予定です。
期間中はいつでもご視聴頂けます。もちろん、持込はOKです。
SonicaDACやMAJIK DSMも繋いでおります。

そして明日以降ですが

期間限定になりますがもう1つ注目商品が届きます。

もう一つは4K・HDR(HLG)撮影が可能なハンディカム

ソニー「FDR-AX700」をご用意させて頂きました!

Fdrax700_hood

こちらは私の手撮りですが4K30P・HDR(HLG)の映像もございます。(今の所ソニーのプロジェクターのみで再生可能です。)

こちらについては一両日中に別エントリーで作成します。

連休中は皆様が見てみたかった商品を揃えさせて頂きました!

ご来訪をお待ちしております。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2018年2月 1日 (木)

【横浜店】平昌オリンピックまで1週間です。(2018.2.9更新)

2018.2.9更新:横浜店の回線速度でNHKハイブリットキャストは問題なさそうです。期間中はご試聴できるかと思います。

横浜店 渡邉です。

Kao

実は書き出しが少し変わっております。
2月1日より「ホームシアター横浜関内店」から「横浜店」に店舗名が変更となっております。

今後共「横浜店」をよろしくお願い致します。

さて、本題でございます。

2月9日からいよいよ

ピック

開催です! (写真の掲載は厳しいのでご勘弁・・・。)

Vplvw745_2

オリンピックはプロジェクターの独壇場です。

やはり実物大やそれ以上で映される映像は大迫力です。ソチの映像を見直しましたが、大回転はとんでもない迫力ですし、フィギュアスケートは体の動きがわかります。

そして意外に見て楽しいのはホッケーやカーリングです。

今回は放送波についてはハイビジョン環境での対応になりましたので、お手持ちのテレビやハイビジョンプロジェクターで十分お楽しみいただけます。1週間前になりますので、そろそろプロジェクターの火を入れてみて下さい。

Ehtw6700_

もっとも、ワールドカップの時はBS-17の視聴次第4K視聴の可能性がありますが・・・。
このあたりは今までシアターを作成された方、これからお考えの方それぞれいろいろハードルがありますので、別エントリーを作成させて頂きます。

これだけ「4K・8K」と言っているのに
「平昌オリンピックは4Kで観られないのか?」
当然お考えになると思います。

実は平昌オリンピックも条件付きですが4K・8Kで視聴が可能です。

Ws0000028KはNHKのパブリックビューイングでの視聴になります。

東京会場は3つですが、基本的に申し込みは不要です。

ピョンチャンオリンピック
8Kスーパーハイビジョンパブリックビューイング(東京会場)
https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0313262/index.html

じゃ4Kはと言う事ですが・・・

こちらはおおむね2016年以降の最近のテレビ限定になりますが

Regza_x910「NHK Hybridcast」で4K視聴が可能です。

Nhkhibridcast 視聴の方法はこちらのリンクからご確認ください。

NHKハイブリットキャストで楽しむ平昌オリンピック
http://www.nhk.or.jp/hybridcast/online/content/pc2018/index.html

※IP放送になりますので40Mbps以上の速度が必要です。

今回もリオオリンピックの時と同じ開会式・閉会式、各種競技でかなりの数が配信されます。
そして今回は「8Kダウンコンバート4K」の映像が多くなることが予想されます。

これは8Kパブリックビューイングのプログラムですが・・・。

https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0313262/20180124170559073.pdf

よく見ると8K制作の番組がかなり多いんです。

8K制作の生中継は午前中・残りは録画がと言うのは残念ですが、今回は4Kダウンコンバートされた番組が多く放送されるものと思われます。(生放送はハイビジョンダウンコンバートで放送波に乗るものと思われます。)

また、HibridCastの場合、プログラム的には残りの映像も4K(今回はオリンピック放送機構自体が4K制作です。)になります。実質的にハイビジョン放送の方がオプション扱いになる初めてのオリンピックと言う事になります。

しかし、なんでレコーダーでできないんですかね・・・。

現時点では4Kをプロジェクターに映す方法がない状況です。

8Kダウンコンバート映像は、通常の4KやHDよりも明らかに解像度感が増します。

4Kプロジェクターでは良く効果が出るものと思います。

その映像に皆様もご注目ください。

なお、4K導入についての問い合わせ、機材の故障のご相談は

(もう時間がありませんが・・・。)

メール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。