« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

【HT横浜関内店】 SONY VPL-VW745 発売フェア開催!

HT横浜関内 渡邉です。

Kao

いよいよ12月、あっという間の1年です。早いものです。

12月は最後の大物が2つ発売されますので、今回はブログも2つに分けます。

もう一つもお時間があればご覧ください。

12月9日、ついに今年最後の大物
リアル4Kレーザー光源プロジェクター

「VPL-VW745」がついにお目見えします。

Vplvw745

http://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VW745/

横浜店では発売日当日、12月9日・10日の両日

発売記念フェアを開催します。

Sony_bana_20171121

https://www.avac.co.jp/contents/2790

本音としてはやっとご紹介できるという感じです。

ソニー民生機事実上初のレーザー搭載4K機は、2016年に発表された「VPL-VW5000」でしたが

Vplvw5000_left

事実上、業務用のVPL-GTZ270/280を民生用(DisplayPortの除去など)に転用した機材であり、お値段税抜き800万円の「ウルトラハイエンド」な機種です。

Dlaz1

JVCのDLA-Z1とは価格差が大きく「別レベルの機種」という扱いでした。

そして今回、超単焦点のVPL-VZ1000を経て

Vplvz1000

そのコア部分を継承したことから、ついに実売レベルで150万円を切る価格でレーザー光源・リアル4Kプロジェクターをお届けすることができます。

Y_vw745_lamp

プロジェクター最大の弱点ともいえる光源の交換は事実上必要なし光源劣化による映像の変化もほとんどなし。レーザー光源のコントロールによるコントラストは∞:1 と、200万円クラスのウルトラハイエンドレベル機材と同じシステムを持っています。

もちろん、VPL-VZ1000に搭載されていた4K動画補正・3D映像4K化も搭載しています。

Y_vw745_3d

VZ1000は特殊な機種になりますので、通常投射のプロジェクターとしてはアドバンテージとしてかなり大きいのではないかと思います。

Imag5890_2

ネックはお値段ですが、ランプ交換10回分・ご自分でできない場合は交換を依頼する費用を考えると数字的なものだけでなく安心感なども含めて考えると、価格的にかけ離れたというレベルまではいかないのかなという気もします。

フェアは2日間、ご入場はフリーです。
いつものお話ですが、横浜関内店はお持ち込みもフリーです。
当日は店舗の方でもUHD-BDだけでなく、過去の名作Blu-Ray 3Dもご用意させていただきます。。

あ、一つ追加です。
今回のVPL-VW745ですが、すでに多数のご予約を頂いております。
年内の入手をご希望の場合、早目の問い合わせをお願いいたします。

12/9・10はぜひご来訪ください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

【HT横浜関内店】 AQUOS 8K LC-70X500、2つの視聴方法。(2018.1.12改稿)

2018.1.12追記:2018年1月20・21の両日、実機を展示いたします。

SHARP「AQUOS 8K」LC-70X500視聴フェア in横浜開催です。

Lc70x500https://www.avac.co.jp/contents/2838

横浜関内店では「ちゃんと見られる」状況を作り、UHD-BDなどの再生も行わせて頂きます。あ、もちろん8Kプレーヤーはご用意します。

HT横浜関内 渡邉です。

Kao_2ブログその2「AQUOS 8K LC-70X500」でございます。

Lc70x500

12月1日、ついに民生レベル初の8K画素テレビ、AQUOS 8K LC-70X500が発売されます。
残念ながら当店の店頭には当日に展示することができませんが、大きな店舗様には展示が並ぶかと思います。(2018.1.12追記 2018年1月20・21の両日店舗に展示させて頂きます。)

現実的には8Kの映像はほとんど存在せず、店頭での体験だけになってしまいますが、私の経験則として、8Kテレビについては「2つの見方」があります。発売に際して簡単にご紹介しておきます。

1つ目は8Kの設計視距離である画面の高さの0.75倍での視聴です。
70インチの場合
高さ872mm×0.75=654mm
となります。おそらくテレビの足元に足のマークが出ているかと思います。

この距離で8Kを見ていただくと細部の1ドットまで見て頂くことが可能です。
美術品・風景の細部など「8Kってここまでわかるんだ!」という感動を味わっていただけるかと思います。個人的にお勧めしたいのは美術品です。接写で映し出された美術品は通常ではまず見ることの出来ない細部のディティールや傷などを見ることができます。

Rouble01

Louvrepairevasesbachelieranses

実際の展示ではおそらく陶器や絵画のデモ映像が流れるかと思いますが、シャープ側で某美術館の作品を8K収録した時、接写映像を見て学芸員の方々が「こんな剥落が・・・」「こんな模様が」「こんな傷があったか?」という会話になったとか。

そんなわけで、まず最初に足のマークのあたりで見ていただくことをお勧めします。

そしてもう一つ。
この辺りは個人差がかなりあり、このあたりの数字は私も勉強中で、かつ明確な理論としては完全には成立していない部分なのですが、おおむね画面の高さの2倍前後で見ることの出来る「裸眼立体」です。ちょっと専門的な話になります。この辺りはNHK技研の受け売りになりますのでご容赦を。

いろいろと理屈を書いていますが、事は単純です。

少しずつ画面から離れてみて頂くと一定の距離で「窓の中から外を見ているような」感覚になるかと思います。これが2つ目の見方となります。

(2017.12.14追記:LC-70X500の展示には、一部店舗には今はもう一つ「立体感」用の視聴位置があるはずです。ご確認ください。)

Top5citywallpaper7680x4320

人間の網膜は理論上6億近い画素数を持っていますが、実際に使用する部分はその一部です。
静止画の場合、視覚当たりの解像度が120cpd(:2つの点を見分けられる最少の視角)以下の数字になると実物との区別がつかなくなります。NHKの資料では8Kの場合理論的には最小分離閾はおおむね30cpd(cpdとは視角1度当たりで表現できる縞の数になります。)となります。単純な計算ですが、70インチの場合、おおむねテレビから2.6m前後の距離が「理論上」は実物との区別が付かなくなる境界線になるかと思います。

なお、先程も書きましたが立体感は個人の視力・感覚・映像のコントラストによってかなり変わります。(2017.12.14:この辺は予想通りです。)

LC-70X500の実物展示は12月1日から。私は展示会・内覧などでは何度か見させていただいておりますが、完成品を見るのは初めてになります。機材の関係から展示できる店舗もかなり限られるかと思いますが、展示店舗では8Kのデモを見ることも可能になるかと思います。

なお、8Kチューナーについても

Phile-WebにもBS「新4K8K衛星放送」まであと1年、野田総務大臣らが普及への決意を語る

https://www.phileweb.com/news/d-av/201712/01/42724.html

が、掲載されております。どうやらやはりそう遠くないようですね

なお、UHD-BDなどを上映した場合、いわゆる遠景(ダークナイトのオープニング、オデッセイのオープニングなど)は情報量として最小分離閾の以下の領域に入りますので、よほど近くで観ない限り、立体に見えるかと思います。

アップの絵は・・・・NHKの実験サンプルでも確定的な数字はありませんでしたので、個人で異なると思います。ただ、AQUOS 4K NEXTの時に感じたダークナイトが4Kに見えるダークナイトが立体映像になった」に進化のかなあと・・・引きの絵や逆に寄りの絵はかなり変わるんではないかと思います。実はUHD-BDを使ったデモ映像はほとんど見ていないんです。

なお、8Kプロジェクターの展開や22ch音響システムは、現状ではかなり先ですが、現状の機器で実現できないものでもありません(費用を無視、音場補正なしなどかなり制限がありますが。

このあたりはハードルがかなり高いので別ブログ

8Kどうでしょう(2017年末バージョン)

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2017/12/ht-8k2017-f645.html

をご参照ください。

また、AQUOS8Kをシアターと組み合わせた場合は、計算上の最小分離閾(裸眼立体を感じられる)ベース、4K高さ換算で140インチとの組み合わせ、または超単焦点4Kと特殊スクリーン(スクリーンイノベーションの120インチ耐候スクリーン)になるかと思います。

どちらを優先するかということになるかと思いますが、シアターへの組み合わせを希望される場合は、別途お問い合わせください。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年11月23日 (木)

【HT横浜関内店】 アバック大感謝祭 HT横浜関内店の予告!

2017.11.24追記:先程準備が終わりました。お値段はご来訪で。

Price_secret

B&W700+SR8012はちょっと質が違います。

Imag6481

Imag6480

D&Mの担当者がセットアップされましたが、アナログ部分がしっかりしているのか、AVアンプの音には聞こえない商品です。Esotericも「本当にEsoteric?」と疑問になるぐらい柔らかい音で、今まで聞いていた音とはかなり違うものが揃いました。

HT横浜 渡邉です。

Kao

いよいよ11月25日(土)26日(日)の両日は
「下半期最強の売り尽くしセール!!

アバック大感謝祭!!」でございます。

Daikansyasai_bana https://www.avac.co.jp/contents/2773

お値段は秋葉原のご提示価格をそのままご提示させて頂きます。

プロジェクターでは話題のソニーのアレとか、EPSONのコレとか
AVアンプではパイオニアのソレとか・・・。DENONのドレもお値段が出てますね。
ピュアオーディオではマランツの○○とかDENONの△△とかパイオニアの□□とか。

これ以外の機種も25・26の限定でお値段が出ていますね・・・。

Bigbonasu_bana https://www.avac.co.jp/contents/big_bonus2017.html

現在開催中のBIGボーナスセールの情報を見ながら「これは?」とお尋ね頂ければ対応させて頂きます。
ただ一つご注意が・・。店舗は2名で運営しておりますので、来店のお客様が多い場合、対応が難しくなる場合があります。

電話とかで聴けないの>?今回は来店が前提になります。事前には言えないので・・・。

そして横浜店でも当日は特別展示を行います。
メインは「B&W 700シリーズサラウンドシステム」です。

話題のB&W700シリーズ

フロント 703S2

Imag6418_2 センター HTM701S2

Htm71s2_rosenut_off

リア 706S2

706s2mr その他
ウーファーはEclipce TD520SW

またはモニターオーディオPWL215-2

トップはおなじみUnisonic AHT525IW

で5.1.4Ch構成を準備いたします。

そしてアンプには

発売前のMarantz SR8012をご用意しました!

L_sr8012_f_b_34 http://m.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?CatId=HomeTheatre&SubCatId=AVReceiver&ProductId=SR8012

こちらは2日間の限定展示になります。

B&W 703S2を使用したサラウンドはAVACでもおそらく横浜だけの展示になります。
将来導入をお考えのお客様にはとても良い機会かと思います。

その2!Esoteric K-03X,F-03Aです。

Imag6477

エソテリックのミドルクラスシステムを週末限定でご用意しました。と言っても2台で180万円近いのですが。先程からMonitoraudio Platinium SeriesⅡ PL300Ⅱを鳴らしておりますが、「本当にEsoteric?」と言う程音が柔らかく、聴き疲れのしない音が鳴っています。接続を変更すれば700シリーズも鳴らすことができるセッテイングをしております。

今回は来店のお客様が対象のセールになります。
お値段のお尋ねは基本的にはご来訪が基準になります。
そうしないと出せないお値段なので・・・・。

「湯島は遠い・・・。」
「イベントはいいか・・・。」

そんなお客様。横浜店でお受けいたします。
最寄駅は横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町」駅

(クリックすると大きな画面が出ます。)

Isezakiavacyokohama

1番出口を出てぐるっと180°回り、テニスコートを左側に見つつ、まっすぐ前に進んでください。
左手に公園のある「不老町3丁目」交差点、交差点の真向かいの青いビルです。

Google MAP検索 伊勢佐木長者町駅からアバックホームシアター横浜関内店へ

Google Streetview 正面の青いビルになります。

また、お問い合わせの多かった関内駅からはちょっと歩きます。

(クリックすると大きい画面が出ます)

Kannaiekiavacyokohama 文化体育館の前をまっすぐ歩いていただくルートが間違いがないかと思います。

Google MAP検索 関内駅からAVACホームシアター横浜関内店へ

Google Streetview 関内方面・文化体育館経由での店舗、青いビルになります。

お車の場合は長者町3丁目交差点・不老町3丁目交差点が目安となります。

Okuruma Google mapお車での来訪、長者町3丁目交差点・不老町3丁目交差点

誠に申し訳ありませんが、提携駐車場がありませんので近隣のコインパーキングをご使用ください。

11月2526の両日、ご来訪をお待ちしております。

2017年11月12日 (日)

【HT横浜関内店】 臨時更新:展示品・お嫁入り先募集!2017秋

 HT横浜 渡邉です。

Kao

商品のモデルチェンジも一通り終わり、店舗の商品も入れ替わっております。 

・・・・・しかし!当然残るのは前モデルとなります。

恒例の店頭展示品お嫁入り先募集です!

店頭展示品にはこんな特典が・・・。

・保証期間は新品と同じ期間保証です。

最大の特徴です。中古品の扱いではありませんので、メーカー保証は新品のままと言う事になります。 延長保証等にも加入が可能です。

・使用時間は様々です。

店舗での使用になりますので、使用状況は様々です。 ご確認の上購入をご検討下さい。厳密な使用時間数はご回答ができません。ご容赦ください。

・状態は綺麗なものが多いです。

店舗では、清掃を定期的に行っておりますので、状態については綺麗なものがほとんどです。 但し、機材の移動などで傷がついている場合がございます。こちらはご容赦ください。

現在、横浜関内店扱いの店頭展示品はこちらが一覧になります。

ホームシアター横浜関内店 店頭展示品一覧

 http://www.avac.co.jp/used/products/list.php?category_id=125

これだけ見てもわかりませんので、一つずつ紹介します。

その1:SONY VPL-VW535(W)

Vplvw535_w_2

弊社展示品ページ

https://www.avac.co.jp/used/products/detail.php?product_id=22484

商品情報ページ

http://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VW535/

当店ブログ

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2016/10/ht-integra-a96a.html

最初はソニーの現行品です。リアル4Kパネル搭載で解像度感が素晴らしく、全モデルVPL-VW515と比較してHDR・HLG(ハイブリット・ログ・ガンマ)への対応も予定している、長く使う事の出来るモデルです。

ちなみに店頭展示の事情はVPL-VW245展示の関係という特殊事情ですのでお買い得品。しかも白です。

港北ショールームで稼働していた商品と言う事もあり、目立つキズはありません。ランプ使用時間は605hとなります。

その2:JVC DLA-X770R

Dlax770r_prod_l

弊社展示品ページ

https://www.avac.co.jp/used/products/detail.php?product_id=22077

商品情報ページ

http://www3.jvckenwood.com/projector/dla-x770r/

当店ブログ

http://blog.avac.co.jp/yokohama/2016/12/ht-and-0bbc.html

横浜関内店の展示機として活躍しておりました。

現行のDLA-X990Rには一歩劣りますが、D-ILAパネルは同じ世代になりますので発色は全く問題がありません。HDR10/HLGにも問題なく対応しており、18Gbpsにも対応しています。オールド映画メインのユーザー様にはとても合う機種かと思います。

その3:ELAC FS267

Fs267

弊社展示品ページ

https://www.avac.co.jp/used/products/detail.php?product_id=22173

商品情報ページ

http://www.yukimu.com/product/elac/260line/fs267/fs267.html

こちらも店頭で活躍していた商品です。展示期間はおおよそ2年の現行品です。

JET VツィーターとAS-XR CONEウーハーは、底面バフレスも合わせ、ELACらしいカッチリとした音を醸し出します。店頭展示としては後列にありましたので、あまり場所を変えていません。傷等は少なめです。元箱がありませんので、別箱で配送のご手配となります。

その4:モニターオーディオ SILVER 6 HGBK

Monitoraudio_silver6

弊社展示品ページ

https://www.avac.co.jp/used/products/detail.php?product_id=21580

商品情報ページ

http://naspecaudio.com/discon/silver-series/

モニターオーディオの1世代前商品となります。リボンツィーターではありませんが、大きさの割モニターオーディオらしいかなりしっかりした音が出ます。こちらもあまり動かしておりませんので傷等は少なめです。こちらも元箱がありませんので、別箱での配送ご手配となります。

どの商品も十分お買い得な商品です。

お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。

2017年11月10日 (金)

【HT横浜関内店】B&W 700シリーズ「703S2/B」 展示開始です。

HT横浜 渡邉です。

Kao

11/9より年末セールを開始しております。そして11/25・26は秋葉原の大商談会と同一条件で大感謝祭を行います。それぞれご確認ください。

年末が始まりましたよー。

Bigbonasu_bana_3https://www.avac.co.jp/contents/big_bonus2017.html

Daikansyasai_bana https://www.avac.co.jp/contents/2773

今回は短く。で・・・

4k_tdk

ダークナイトUHD 4K!!来ました!

https://www.phileweb.com/news/d-av/201711/10/42561.html

12/20。ついにあの漆黒の真価を出し切る媒体で発売です。

ダークナイト・ライジングやバットマン・ビギンズ、インセプション、インターステラーも4K版がでます。予約予約!!

そして、本日の本題でございます。

 Imag6413

  突然ですが、日からB&W 703S2の展示を開始しました。
実は実際には昨日入荷しており、ほぼ1日エージング用の音を掛けておりました。

Imag6420

今の所Esoteric K-07XLuxmanのL-507uXIIに繋いで流しております。

Imag64231_2

昨日から16時間ほど昨晩はエージングを続けておりました。)しか鳴らしていないこともあり、まだ硬い印象ですが、CM9の音の記憶と比較すると、スローなジャズではコントラバスの弦をはじいた後、音の収まりが早く、それでいてピアノタッチの柔らかさと同時にやはり音の収まりの良さも感じます。(コンティニウムコーンが原因かと思います。)

Imag6418_3

イメージとしては全体的に締まりが良く800シリーズに近い「ちょっと大人」になった印象です。ただ、やんちゃさはちょっと少なくなったかなという印象も持ちます。これはエージング次第だと思いますが・・・。

本日よりご試聴可能です。

Sonicadac_frontmr
また、SonicaDACも繋いでおりますので音源持込も可能です。

セールも始まりましたし、プロジェクターも揃いました。

(12月にはVPL-VW745も展示を予定しております。)

週末のご来訪をお待ちしております。

そして・・・最後にもう一つ。

11/25・26の大感謝祭ではセンタースピーカーにHTM71S2(MR)をお借りして

Htm71s2_rosenut_off

フロント703S2、リア706S2で、700シリーズの5.1.4ch構成をご用意する予定です。

11月中に700シリーズでサラウンドの体験が出来る店舗は限られます。

購入を御検討のお客様。チャンスです。

なお、お問い合わせはメール・お電話でも可能です。

メールの場合はこちらのお問い合わせフォームから!

https://www.avac.co.jp/contents/yokohama_inquiry.html

お電話はこちら!

045-228-9881 (営業時間 11:00~20:00まで)

※火曜・水曜は定休日になります。

FAXの場合はこちら!

045-228-7283

(24時間受付:定休日の場合は翌営業日以降の対応) となります。

ご来訪・ご連絡をお待ちしております。