1、製品情報

2017年4月23日 (日)

【沖縄店】特選商品ご紹介!TEAC「UD-501(S)」(中古品)!

Koja

こんにちは、見た目が気に入れば試聴無しでオーディオ機器を購入する古謝です。失敗する典型なので絶対真似しないようにしませう。

さて、今回ご紹介するのはTEACさんよりReference501シリーズのUSB-DAC「UD-501(S)」です!

Img_1229

業務用機器を彷彿させる素敵なフォルムをしています。オーディオ機器としては少し無骨かもしれませんが、そこが良い。

Img_1235

まぁ、賛否分かれる前方に出っ張った耳ですがこういう尖がったデザイン、古謝は大好きです。

電源のトグルスイッチや入力切替ノブの他にボリュームノブも付いていますが、このボリュームはヘッドホン端子用のようです。

このボリュームがライン出力にも効いていれば、プリやモニターコントローラーの代わりになりそうな気がしないでもないので少しもったいないなぁ、と。無駄にクリクリ回してみましたがやっぱり音量は変わってくれませんでした。

Img_1233

背面です。

デジタル入力は同軸×2、光×2、USB×1となっております。

スペック的には同軸はPCM192kHz/24bitまで、光でPCM96kHz/24bitまで、USBはPCM384kHz/32bitにDSD5.6MHzまで対応しております。

アナログ出力はRCA×1に加えXLR×1がありますので、バランス接続が可能です。

取説を見てみると、XLRは2番、3番HOTの切り替えが出来るようなので、それこそバランス接続しかできない業務用アンプでもドンと来いです。

また、メニューからアップコンバート機能や各種フィルターも設定できますので、好みの音質に調整可能です。

設定の仕方がESOTERICさんと同じなのでニヤニヤできます。分かる方には分かる・・・はず。

もちろん、今回も動作確認改め、一人試聴会を開催したのですが・・・ちょっと時間が無くてCDプレーヤーとプリメインアンプの間に「UD-501」を挟んでの試聴しか出来ていません。サボりじゃないので許して下さい。

ハイレゾ対応機なので真価を発揮させるためにはUSB-DACとして使用するべきなのですが、それはまた今度。

さておき、試聴してみた感じではカッチリクッキリ系のようです。解像度を重視した粒立ちの良い爽快感のある音調です。全体的にキリッとした輪郭でスピード感もあるので楽しいです。テクノ等に合いそうな感じがします。

解像度が高いと分析的に鳴ることも多いのですが、この「UD-501」はしっかりと楽しさも感じられます。これは同じシリーズのアンプと組み合わせて聴いてみたいですね。

そんなコンパクトで業務用っぽいスタイリッシュなTEACさんのUSB-DAC「UD-501(S)」が綺麗な状態で中古入荷してまいりました!元箱はございませんが取扱説明書、付属品はしっかりそろっています。

お手ごろで高品位、つまりコストパフォーマンスの高いUSB-DACをお探しの方にぜひオススメしたい一品です!

PCオーディオをされていない方も、このデザインに惹かれたのならオススメします。PCオーディオを始めるチャンスです!

こちらの商品も1点限りですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは、宜しくお願い致します。

2017年4月17日 (月)

【沖縄店】特選商品ご紹介!OPPO 「BDP-105DJP」(中古品)!

Koja

こんにちは、眼球に軟膏を塗るという初めての体験をした古謝です。目が!目がぁっ!

さて、今回ご紹介するのはOPPOさんのベストセラーBDプレーヤー「BDP-105DJP」です!

Img_2175_2

うすっぺらい画像で説得力のかけらもありませんが、さすがはOPPOさんのフラッグシップ機です。全体的にガッシリした作りに安心感を感じる、堂々とした佇まいをしています。

大切に使われていたようで、キズも無く大変綺麗な状態で入荷してまいりました。

Img_2168

背面です。

アンプのごとく、ぎっしりと端子が並んでいます。

Img_2171

Img_2174

アナログの音声出力にこだわって製作されているようで、7.1ch分のアナログアウトやバランス、アンバランスのステレオアウトが搭載されています。

その優秀な音声出力は、純粋にCDプレーヤーとしてお使いになる方もいらっしゃるくらい素晴らしいものとなっています。

そのうえ、ボリュームの調整も行える謎仕様です。最近見かけるようになったプリ機能付きプレーヤーの先駆けではないでしょうか。多分。

また、デジタル入力も備えています。同軸や光に加え、HDMIやUSB(フロント USB-A/リア USB-B)の入力もあるので、HDMI出力を搭載したプレーヤーの渡りに使用したりUSB-DACとしてPCオーディオに組み込む事も可能です。

他にもLANを通してNASから音楽ファイルを引っ張ってくるネットワークプレーヤー機能(操作アプリもちゃんとありますよ)を搭載していたりと、わがままさんも納得の充実っぷりです。

BD/DVDオーディオやSACDもかかるので、最早ブルーレイプレーヤーと呼んで良いのか疑問に思います。本当の意味でマルチメディアプレーヤーです。

そんな、憎たらしいほど優秀な(褒め言葉)OPPOさんのフラッグシップマルチメディアプレーヤー「BDP-105DJP」がアバック沖縄店に入荷致しました!

綺麗な状態なのは先ほどお伝えしましたが、なんと!元箱含め付属品は全て揃っています!もちろん例のトートバックもです!

これもやっぱり1台限りのお品です。人気のあるお品ですので早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております!

それでは、宜しくお願い致します。

2017年4月13日 (木)

【沖縄店】DENON「AVR-X4300H」展示開始!!

Koja

こんにちは、レコードの衝動買いが止まらない古謝です。日本経済を支えている自信あり。

さて、皆さまお待たせしました!アバック沖縄店にもDENONさんのニューモデルAVアンプ「AVR-X4300H」がやってきました!

Img_1261

やってきました!っと言っても本当に今開けたばっかりなんですけどね。周りには付属品やら箱やらが散らばっているような状況です。

Img_1264

恒例なのでやっとかないと落ち着かないです。

ちなみに「AVR-X4300H」のHは「HEOS」のHだそうです。

Img_1270_2

「HEOS」とはDENONさんが提案するWi-Fiを使用したワイヤレスミュージックシステムのことで、「AVR-X4300H」はこの「HEOS」に対応しています。

同じく「HEOS」に対応したワイヤレススピーカーを使えば、離れた場所でも「AVR-X4300H」からの再生が可能です。

世の中ドンドン便利になって行きます。

Img_1265

アピールも気合が入っています。いたるところに「HEOS」マークがついています。

Img_1268

背面です。

定格出力125Wのパワーアンプを9ch分、11chプリアウトを搭載しています。

パワーアンプを追加すれば11chフルでのサラウンドシステムを構築可能です。ウーファーも2ch接続できるのでスピーカーに囲まれた生活も夢ではありません。

HDMIはIN 8(フロント含む)/OUT 3(ゾーン含む)となっております。

届いたばかりなのでセッティングもまだなのですが、いち早く皆さまに展示開始をお知らせしたく、フライングアップです。

そんなDENONさんのチャレンジ精神旺盛な「AVR-X4300H」をアバック沖縄店にて展示を開始致しました!

ぜひともこの機会にDENONさんのニューモデルをご体験下さい。

それでは、宜しくお願い致します!

2017年4月 1日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!PIONEER 「SC-LX86」(中古品)!

Koja

こんにちは、「古謝のブログって言いたい事はタイトルに集約されてるよね?」って言われた気がした古謝です。

まさにその通りです。反論の余地もございません。

さて、めげずに今回も特選商品のご紹介致します。今回ご紹介するのはPIONEERさんのフラッグシップAVアンプ「SC-LX86」(中古品)です!

Img_1246

過去、何度もブログでご紹介している「SC-LX86」ですが、もちろんご紹介の度に新規で中古入荷しているお品でございます。

この「SC-LX86」も最近入荷してまいりました。

Img_1256

半分、自撮り写真。

トラップドアを開けると内側に機能紹介シールが貼られていました。微妙にドッキリです。

前オーナー様が移したものかと思いますが、シールを剥がした跡もキズも無く大変綺麗な状態です。

フロントのUSB-A入力はUSBメモリに保存したDSDファイルの再生やipod等のデジタル接続に対応しています。

Img_1258

背面です。

定格出力250W/chのアンプを9ch搭載しています。

また、HDMI 8入力(フロントの入力含む)/3出力(ZONE OUT含む)となっており、機材を沢山お持ちの方も安心してお使い頂けます。

Img_1259

そして、ありそうで無かったUSB-DAC機能も搭載しています。USB-DACを搭載したAVアンプって意外と少ないです。

こちらのUSB-B入力は192kHz/32bitのWAV、FLACの再生に対応しております。

写真を撮り忘れてしまいましたが、MMカートリッジに対応したフォノ入力もありますのでアナログもPCオーディオもどんと来いです。

最新のサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」、「dts:X」やHDRには対応しておりませんが、これからシアターを始めてみたいという方にオススメの1品となっております。

何といってもお手ごろ価格でフラッグシップ機の音と映像を手に入れられるチャンスです!

元箱含め、付属品は全てそろっております。

先のほうでもお伝えしましたが本体の方もキズも無く大変綺麗な状態です。

是非、この機会をお見逃しの無いよう、宜しくお願い致します!

2017年3月26日 (日)

【沖縄店】特選商品ご紹介!KEF「MODEL 201(メイプル)」(中古品)!

Koja

こんにちは、最近癒し系の音楽を無意識のうちに求めている古謝です。多分疲れてます。

イージーリスニング系でオススメのアーティストがいたらこっそり教えて下さい。

さて、今回ご紹介するのはKEFさんのReferenceシリーズより「MODEL 201(メイプル)」です!

Img_1237

少し懐かしさを感じる、丸みを帯びたデザインをしていた頃のKEFさんの製品です。あぁ、前はこんな感じだったな、と。

ちなみに「MODEL201/2」の方ではなく、初代「MODEL201」になります。

Img_1239

サランネットを外すとこんな感じです。

KEFさん特有の同軸ユニット「Uni-Qシステム」を搭載した4ウェイスピーカーになります。

この姿で4ウェイと言い張るKEFさん素敵です。

Img_1240

ななめからの方がラウンド感を感じられるかと思いましたが、写真の腕が悪いのでそうでもなかったり。

Img_1241

・・・!!

当時はちょんまげスタイルが流行ったのでしょうか。ブルートゥスお前もカ。

Img_1243

背面です。コッチの方がラウンド感が出ているような気がします。悔しい。

Img_1244

スピーカーターミナルはトライワイヤリングに対応しています。がんばってパワーアンプを3つ用意しませう。

しかし、ジャンパープレートがやたらカッコイイので外してしまうのはもったいないです。悩みどころ。

スピーカーターミナルの上のつまみは低域の調整用のようです。とりあえずフラットにしておきます。

ささっとクリーニングを施して早速音出しをしてみました。

う~ん表現的に合っているか分かりませんが、すごく・・・おおらかです?

量感のある低音でゆったりと鳴る音調です。

かと言って解像度が悪い訳ではなく、音がつぶれているような感じはしません。

また、「Uni-Qユニット」が効いているようで、定位が良く広がりのある印象です。

スペック的に語れるところは沢山あると思うのですが、そういうところを気にせずリラックスして音楽に浸れる、やっぱり素敵スピーカーです。

英国のスピーカーはこういう「安心感」を感じるスピーカーが多いような気がします。

そんな、心にゆとりを与えてくれるKEFさんのブックシェルフスピーカー「MODEL 201」が中古入荷しております!

メイプルカラーも手伝って、リビングに合ったデザインになっています。

リビングでも上質な音楽を求める方にオススメです!

こちらも1点限りのお品になりますので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております!

それでは宜しくお願い致します!

2017年3月20日 (月)

【沖縄店】特選商品ご紹介!marantz「SA-14S1」(中古品)!

Koja

こんにちは、「心を亡くすと書いて忙しい」と金八先生に教えられた古謝です。無心論。

さて、今回ご紹介するのはmarantzさんのSACDプレーヤー「SA-14S1」です!

Img_1216

一目見てマランツさんの製品だと分かるゴージャスなデザインで、上品な金ピカカラーが所有感を満たしてくれそうです。多分。

両サイドに配置されている操作ボタンが相変わらず小さめですが、リモコンで全部操作出来ますのでデザインの一部と見ておきませう。見慣れると可愛いです。

この前面にはiPhone/iPodやUSBメモリー用のUSB-A入力やヘッドホン出力も付いています。

Img_1228

そろそろ要らないかもしれない型番アップ。でも、ロゴマークがカッコイイ製品は載せたくなります。

マランツさんの星マーク?はマランツさんの音を本当に良く現していると古謝は思います。

Img_1217

背面です。

ちょっと分かりづらいですが、アナログ出力(RCA)、デジタル出力(同軸/光)の他にデジタル入力(同軸/光)とUSB-B入力があるのでUSB-DACとして使用することも可能です。

USB-DACはPCM192kHz/24bitとDSD2.8MHzまで対応しています。これでPCオーディオをされている方も安心して導入できますね。宜しくお願い致します。

綺麗に使われていたお品ですが、クリーニングと動作確認しなくちゃ!と使命感に駆られ、それを言い訳に試聴してみました。

あぁ、これこれな感じです。古謝の知っているマランツさんの音でした。

柔らかめで高域にキラキラ感がある上品な音調です。ふわっと包まれるような音場に癒されます。

忙しさで荒んだ心には少し眩しいくらいです。目から汗が出てきそうです。

そんな、お上品なmarantzさんのSACDプレーヤー「SA-14S1」が綺麗な状態で中古入荷致しました!

元箱は有りませんが、取扱説明書を含め付属品はちゃんとそろっています。

質の良いCDプレーヤーをお探しの方、PCオーディオシステムに一味加えたい方にオススメです。

もちろん一点限りの早い者勝ちですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております!

それでは宜しくお願い致します。

2017年3月18日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!DENON 「AVR-X7200W(A)」(展示品)!

Koja

こんにちは、アバック沖縄店 古謝です。お久しぶりです。なんとか生きてました。

さて、今回ご紹介するのはDENONさんのフラッグシップAVアンプ「AVR-X7200W(A)」です!

Img_1208

こちらの商品は「AVR-X7200W」からバージョンアップした「AVR-X7200WA」になります。

バージョンアップ内容はHDMIの入出力全て、著作権保護技術「HDCP2.2」に対応になります。4K映像かかってこい。

Img_1210

恒例の型番アップです。が、そろそろ必要ないような気もしてきた古謝です。

機能紹介シールには載っていませんが、ファームウェアは最新ですのでDTS:Xにも対応済みです。

Img_1212

トラップドアをオープンしましたが、写り込んでいる何かの方が気になります。消えてしまいたい。

フロントのHDMI端子は何気に使える事に気づいたので、今後トラップドアを開くことも増えるかな?と思ったりもしています。ゲーム機やデジカメをパッとつなぎたい時に凄く便利でした。

Img_1214

背面です。

気持ち良いほど横並びなスピーカー端子に圧倒されてしまいます。

HDMI端子は入力8(フロント含む)/出力3、9ch分のアンプを内蔵し各定格出力150Wと

なっております。

この「AVR-X7200W(A)」から出てくる音は、今までのAVアンプとは少し違った感じを受けます。

駆動力を重視した芯のガッシリした重心の低い安定した音調のように感じます。

音を作って出すような感じはせず、スピーカーをガッチリ駆動して音を押し出す印象です。

なので、音のパワー感や質感が違います。このアンプを聴いているとオーディオ用のアンプを聴いているような感じがします。

そんなDENONさんのフラグシップAVアンプ「AVR-X7200W(A)」を展示品入れ替えの為、展示処分として放出致します!

展示品なのでメーカー保証や付属品、元箱まできちんとそろっております。

もちろん一点限りの早い者勝ちなので早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

現行モデルのフラッグシップ機をお手ごろ価格で手に入れられるチャンスです!

ぜひこの機会をお見逃しの無いよう、宜しくお願い致します!

2017年3月10日 (金)

【沖縄店】JBL「4312SE」展示開始!!

Koja

こんにちは、アバック沖縄店古謝です。

先日の「B&W 803D3・marantz SA-10&PM-10特別試聴会」には沢山の方にお越し頂きました。参加された皆様、本当にありがとうございました。

さて、そんな大盛況なイベントの裏で密かに進行していた「何か展示しようぜ計画」に抜擢されたのは、今回ご紹介するJBLさんの70周年記念モデル「4312SE」です!

Img_1203

JBLロゴの横にある70yearsが逆光で思いっきりつぶれてしまいました。残念。

「4312SE」は現行モデル「4312E」をベースにウーファーユニットのグレードアップを施したそうで、それに合わせてネットワーク回路も新設計したそうです。

ウーファーは「4429」に採用されている30cmウーファーを4312伝統のホワイトコーン仕様にして搭載されています。

そのおかげか、低域が格段に力強くなった印象を受けました。

しかし、ただ暴力的に低音が強くなったのではなく、明瞭明確しっかりとまとまっていて切れの良い低音です。ピタッと止まってくれます。

Img_1206

JBL特有の音の押出しや明るさにボディブローの様に身体の芯に響く低音が加わり、なんとも聴いていて楽しくなる音調です。

じゃぁ、やっぱりロックやジャズ限定スピーカー?かと思いきや、しっとりした曲もいける秀才君でもあります。先ほどからSHANTIを鳴らしていますが、テンポの良い曲やゆったりした曲もそつなく、それでいて楽しく聴かせてくれます。

Img_1202

今はこんな感じでセッティングしております。

開けたばかりなので、これからもっと良く鳴るのかと思うと、今から音源をチョイスしておかなければ!という気持ちにさせてくれる素敵スピーカーです。

そんな訳で、70周年記念モデルとして生まれ変わったJBLさんの定番モデル「4312SE」をアバック沖縄店にて展示を開始致しました!

ぜひ、今週末は愛聴盤をお持ちになってアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します!

2017年2月12日 (日)

【沖縄店】OPPO「UDP-203」展示開始!!その2

Koja

こんにちは、相棒劇場版をまだ見れていない古謝です。絶対見に行きますので、もう見たよ。という方はネタバレは無しの方向でお願いします。

今回、腕まくりするくらいは本気です。とフラグを立てておきます。

さて、前回に引き続き、新しく展示を開始しましたOPPOさんのUHD-BD再生対応プレーヤー「UDP-203」のご紹介です!

前回は、入荷しました!位しかお伝えできなかったので、今回は見た、操作した古謝の雑感等を思いついたまま述べて行こうかと思います。

Img_1193

「BDP-103DJP」から若干変化がありました正面です。と、言ってもディスプレイの位置が少し変わった程度でボタン配置は変わりません。

ですので、「BDP-103DJP」との操作性に変わりはありません。本体側で操作するかは分かりませんが。

外見は「BDP-103DJP」同様、アルミを前面に押し出した高級感のある仕上がりになっています。角を指先でなぞりたくなるような感じです。・・・伝わらない?そうですか。

電源を入れてからの起動はなかなか早いです。スッと立ち上がってくれます。

また、起動中でもトレイの開閉は受け付けているストレスフリー?な仕様となっています。

そのせいか、ディスクの読み込みも早いような気がします。たぶん。

Img_1195

リモコンです。

こちらは前モデルとボタン配置等は変わらないようですが、「UDP-203」はNETFLIXやVUDUといった動画配信サイトに直接アクセスが出来なくなった為それらのボタンは省かれています。ちょっと残念。

その代わり?にひょいっと持ち上げるとボタンのバックライトが点くギミックが搭載されました。映画を見る際、部屋を暗くする方が多いと思いますが、これでバックライトボタンを探さずに済みます。間違って変なボタンを押してしまう事もありますからね。これは助かります。

Img_1183

例のホーム画面です。

BDや設定といった項目ごとに背景が用意されているのですが、どれもやけに幻想的です。古謝お気に入りの月の背景で撮ってみました。

操作感はすごく良いです。リモコンの反応も良くキビキビと動いてくれます。動作もワンテンポ置くような事も無くやっぱりストレスフリーです。

プレーヤーとして大事な所をしっかりと押さえていて”分かってる感”を醸し出しています。素敵。

Img_1190

マジ?腕まくりするわけ?

Img_1188

UHD-BDの問題作「デッドプール」より

スマホのカメラなので、良さは全然伝わらないと思います。ぜひアバック沖縄店にてご体験下さい!

・・・で、締めてしまうのは身も蓋もないので少しだけ古謝が感じた雑感を申し上げますと”良い意味で大味”です。

繊細さを重視した(かどうかは分かりませんが)panasonicさんの「DMP-UB900」と比べると「UDP-203」は画も音も迫力重視のような気がします。ビビットで少し乾いた感じの色味の出方と重心が低めの音バランスで元の画の迫力を底上げしてくれるような印象を持ちました。

まぁ、テスト視聴したのがデッドプールなので何も考えずに見ていただけかもしれませんが。宮古島にしておけば良かった。

と、古謝のいつもの当てにならない感想文でした。やっぱりご自分の目で、耳でご体験された方が確実です。

そんなわけで、OPPOさんのUHD-BD再生対応プレーヤー「UDP-203」をアバック沖縄店にて展示致しました!

デモ用のUHD-BDソフトも多数ご用意しております。また、panasonicさんのUHD-BD再生対応プレーヤー「DMP-UB900」との比較視聴も可能です。

これを機にUHD-BDプレーヤーを検討されている方はぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

宜しくお願い致します!

2017年2月11日 (土)

【沖縄店】OPPO「UDP-203」展示開始!!

Koja

こんにちは、相棒劇場版は絶対見に行こうと思っている古謝です。見る見る詐欺。

さて、皆さまお待たせいたしました!今回ご紹介するのはOPPOさんのUHD-BD再生対応プレーヤー「UDP-203」です!

Img_1164

先ずは開けてみましょう。

Img_1168

Img_1169

OPPOさんのプレーヤーをご購入されたことのある方はご存知かもしれませんが、トートバック?に入ってます。

ぜひマイバックとしてスーパー等で使ってみましょう。

Img_1171

また付属品も化粧箱に納められていて、こだわりのある梱包です。リモコン立てに・・・は使えないかな?

Img_1173

付属品の中には 18Gbps伝送対応HDMIケーブルも1本付いてきます。UHD-BDを再生するには必要な物なのでこれはうれしいです。

それでは、取り出してみましょう!

Img_1174

・・・なじみのある顔が出て来ました。型番を確認しないと不安になります。

Img_1176

ちゃんと「UDP-203」です。

よく見ると「BDP-103DJP」とはディスプレイやトレイの位置が変わっています。

ほっとしました。

Img_1178

背面です。

Img_1181_2

こちらも若干変わっているものの、7.1ch分のオーディオアウトもしっかりと「BDP-103DJP」から継承していてOPPOさんのプレーヤーを使用されている方が安心して入れ替えられる様になっています。

Img_1179

また、「プレーヤーなのにHDMI INが付いている仕様」もしっかり継承されていて、これが無きゃダメという方もいらっしゃるかもしれません。

HDMI出力は2つあり、映像と音声を分離しての出力が可能です。メインアウトがHDMI2.2対応なので、映像側はメインアウトにつなげてあげて下さい。

他には、USB端子が2つ付いておりUSB3.0に対応していたり、同軸、光ケーブルでデジタル音声出力できますよ。っとなっています。

残念ながら到着したばかりなのでセッティングもまだなのですが、お昼頃にはちゃんと視聴できるように・・・頑張りますしておきます。

と、いうことで皆さまお待ちかね!OPPOさんのUHD-BDプレーヤー「UDP-203」を展示致しました!

お待たせしておりましたので、いち早く皆さまにお知らせをと思いフライング気味ではありますが、展示のご報告でございます。

これを機にUHD-BDの普及に勢いがついたら良いなと思います。

UHD-BDのデモディスクも多数ご用意しておりますので、週末はぜひともアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

それでは、宜しくお願い致します。

つづく・・・かな?

2017年2月 3日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!DENON 「DBT-3313UD」(展示品)!

Koja

こんにちは、CDで音楽を聴こう強化月間中の古謝です。この頃はアナログばっかりだったので、購入して封も開けていないCDを頑張って聴いています。残り12枚。

さて、今回ご紹介するのはDENONさんのユニバーサルBDプレーヤー「DBT-3313UD」(展示品)です!

Img_1144

黒が潰れてよく分からない画像になってしまいました。HDRの偉大さを痛感します。

多少の使用感はありますが、キズも無く綺麗な状態です。

展示品ですのでメーカー保証がしっかりついてきます。

Img_1154

シンプル、スッキリな背面です。

Img_1156_2

HDMI出力はセパレート対応しています。他にはアナログのオーディオアウト、DENON Link HD端子、ネットワーク用LANが搭載されています。

HDMIのCECに対応していない機種との接続用にコントロール端子もついています。

この「DBT-3313UD」はBDプレーヤーとしても優秀ですが、ユニバーサルプレーヤーなので様々なディスクメディアに対応しています。その中でもマルチチャンネル収録のSACDやDVDオーディオといった特殊なディスクも再生出来るので、そういったディスクをお持ちの方にオススメしたい一品です。

クラシック、オーケストラ等を主に聴かれる方は何枚かお持ちではないでしょうか?

そんな、DENONさんの万能プレーヤー「DBT-3313UD」を展示処分として放出致します!

さらに、先日ご紹介した同じくDENONさんのAVアンプ「AVR-4520」とDENON Link HD接続すれば、ジッターフリー伝送の恩恵でさらにクリアで広がりのある音調になるそうですよ。ご一緒に如何でしょうか。

どちらも一台限りの早い者勝ちですので早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

マルチチャンネル再生を始めてみたい方はお得にシステムを組めるチャンスです!

ぜひこの機会をお見逃し無く!

それでは宜しくお願い致します。

2017年1月24日 (火)

【沖縄店】JVC「DLA-X770R」展示開始!!

Koja

こんにちは、沖縄は暑いのか寒いのかよく分からない天気が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

アバック沖縄店インフォメーションを風邪気味スタッフの古謝がお届け致します。

眼孔の奥が痛い・・・です。

さて、皆さまお待たせいたしました!JVCさんの最新4Kプロジェクター「DLA-X770R」を展示開始致しました!

Img_1115

開けたてほやほやの「DLA-X770R」です。

お見苦しいので写ってはいませんが、周りには発泡スチロールやダンボールが散乱しております。

新品を開ける瞬間というものはやっぱり良いものですね。テンションが上がります。

Img_1117_2

決して700Rや750Rではありません。

念のためシリアルナンバーは伏せさせていただきます。

Img_1120

化身が写らないよう必死の姿勢で撮ってます。

Img_1118

ぐるっと見回してみましたが、側は前モデルと変化はないようですねぇ。

新しい型を作るのにどれだけのコストがかかると思ってるんだ!と聞こえたような気がしました。

Img_1125

まったく代わり映えしませんがこんな感じで設置及びセッティングも終了しております。

ですので、古謝は軽くフライング視聴?させていただきました。

ちなみに前モデルではUHD-BDソフトを視るときはメニューからHDR用の画質モードを選択しなければならなかったのですが、本機は自動で切り替わります。

これはすごく助かります。JVCさんありがとうございます。

Img_1126

UHD-BD「レヴェナント~蘇りし者~」より氷河を渡るシーンです。

この画像はデジカメの画像な上、圧縮しているので良さはまったく出ていませんが、色味の深さとフォーカスの良さが相俟って映像の立体感がハンパないです!

特に雲や朝靄といった形の定まっていない物でも奥行きがしっかりとしていて、裸眼3Dみたい!・・・は言いすぎですが、「うぉ~、すげぇ~」と思わず漏らしたのは事実です。はい。

HDR効果による色の深さ、細かさで出る立体感は五感を刺激してくれるような気がします。

風邪のせいでおかしくなっているだけかもしれませんが古謝はレヴェナントでは臭いを感じます。いろんな意味で生臭い。

と、いうことでアバック沖縄店にて皆さんお待ちかね(のはず)のJVCさん最新作4Kプロジェクター「DLA-X770R」を展示致しました!

気がつけばUHD-BDソフトもちょろちょろと増えておりますので、ぜひこの機会に進化を重ねたJVCさんの映像をご体験ください!

それでは、宜しくお願い致します!

何かテンションのおかしい古謝でした・・・皆さまも体調にはお気をつけください。

2017年1月19日 (木)

【沖縄店】特選商品ご紹介!marantz 「PM-11S3」(展示品)!

Koja

こんにちは、言葉のマジックに弱すぎな古謝です。フラッグシップとか限定品と聞くと心の折れる音も同時に聞こえてきます。

さて、今回ご紹介するのはmarantzさんのフラッグシッププリメインアンプ「PM-11S3」です!

前回に引き続きマランツさんのトップエンドモデルを大・放・出!・・・だと思います。

Img_1111

オーディオラックから降ろせませんでした。許して下さい。

こういう大きくて重量のある機材はラックの一番上が似合うけど降ろす時は大変というジレンマに囚われています。乗せるのは良いけど降ろすのが怖い・・・

こちらの「PM-11S3」も、中心に付いている円形ディスプレイが主張しながらも上品にまとまった一目見てマランツさんの製品だと分かるデザインをしています。

「NA-11S1」同様、電源を入れると両脇のボタンの所がうっすらと青くライトアップされます。意外とこういう演出をする機材って少ないんですよね。大事だと思います。

語ってみました。

Img_1114

一等星が輝いております。こういうロゴマークをデザインする方は偉大だと古謝は思います。

Marantz_pm11s3bp594x227

ラックの上から動かせなかったので背面はお借りしてきたヤツで勘弁して下さい。

スピーカー出力はA端子とB端子がありますので、バイワイヤリング等に対応しております。

バランス入力は3番HOT固定のようです。バランス接続する場合は注意が必要です。

そして古謝的に一番大事な所ですが、Phone入力はMM/MC両方に対応しています!最近はPhone入力すら無いアンプもありますからね。付いてて良かったPhone入力。レコードプレーヤーをお持ちの方も安心してお使い頂けます。

また、REC IN/OUT、プリアウト、パワーダイレクトIN端子も搭載していてとても多機能です。

これなら、シアターシステムにも活用できます。

既存のシステムにも組み込みやすいというのはとても大事な機能だと思います。

あとは、「PM-11S3」をもう一台使用して行うバイアンプモードという、贅沢な能力開放モードもあるようですがさすがにこれは試せませんでした。未知数です。

試聴は前回ご紹介しました「NA-11S1」とのバランス接続で行いましたので、印象は前回同様、煌びやかな高音と凛とした輪郭、繊細な音調で上品にまとめられていると感じます。

音の押し出しも適度にあるので、上品過ぎておとなしくなりすぎる事も無いと思います。

加えて音に瞬発力があるためリズミカルな曲でも、もたつく事は無いようです。

総合的に明るく軽快な印象を持ちました。

語ってみました。

しかし、この音調は「NA-11S1」と「PM-11S3」のどちらの特徴が強く出ているのか分かりません。こんなオチで申し訳ございません。

後日改めて別のプレーヤーでチェックしてみたいと思います。

でも、リッチでエレガント?なことには変わりありません。そんなmarantzさんのフラッグシッププリメインアンプ「PM-11S3」を展示処分致します!

展示品ですのでメーカー保証がしっかり付いてきます。

プリメインアンプとしてもトップモデルですし、贅沢に既存のシステムに組み込んでグレードアップを目指しても良いと思います。

多機能で使いやすいアンプを探されている方はお見逃し無く!

それでは宜しくお願い致します!

2017年1月16日 (月)

【沖縄店】特選商品ご紹介!marantz 「NA-11S1」(展示品)!

Koja

こんにちは、相変わらず付加価値に弱い古謝です。しかしそれは古謝だけではないはず!と、自分に言い訳してます。

さて、今回ご紹介するのは60周年記念モデルとして登場しましたmarantzさんのネットワークプレーヤー「NA-11S1」です!ビバ付加価値!

Img_1101

一目見てマランツさんの製品だと分かる上品なデザインです。照明が当たっていて画像では分かりづらいかもしれませんが、カラーは色味を抑えたシャンパンゴールドで上品さを際立たせています。

加えて、パワーオンすると両脇にあるボタンの所がうっすらと青くライトアップされるという、にくい演出も付いています。

さすが記念モデル。気合の入り方が違います。

正面にはヘッドホン端子とiphone/ipodデジタル接続対応のUSB端子が配置されています。

Img_1109

最近忘れがちな型番アップです。

一等星なのか一番星なのか。いずれにせよマランツさんの音のイメージにピッタリなロゴマークだと思います。

Img_1102

背面です。

引きすぎで良く分かりません。

Img_1105

アナログ出力側です。

アンバランスとバランスに対応しております。バランス出力はデフォルトでは3番ホットですが、設定にて位相反転で2番ホットにも変更できるようです。

Img_1104

デジタル入出力側です。

ネットワークのみならず、多彩なデジタル入出力に対応していますのでDACとしても使用可能です。

同軸、光、USB入力と同軸、光出力を備えています。

今、取説を確認するとAirPlayにも対応しているようです。なんとも素敵なデジタルハブっぷり。

写真を撮る前にさらっと鳴らしてみましたが、他のマランツ製品とは一味違うマランツサウンドの様に感じます。

あくまで古謝の駄耳による印象ですが、マランツサウンドといえば高域が煌びやかで「ふわっ」と広がりのある包み込むような音場形成をする音調のイメージがあります。正に上品な感じです。

しかし、「NA-11S1」は高域の煌びやかさはそのままに、音の輪郭がハッキリとしてピシッと整った印象を受けます。これにより、鬱陶しくない程度に音が前に出てくるので瞬間的な音の迫力もしっかりと再現しているように感じました。この「NA-11S1」は凛としています。

今回はネットワークプレーヤーとしてバランス接続での試聴なので他の使用方法では音の出方に違いが出てくるとは思いますが、この音が好きな方は絶対にいます。

そんな上品でリッチな(古謝の勝手なイメージです)marantzさんの60周年記念モデルネットワークプレーヤー「NA-11S1」を展示処分致します!大・放・出!・・・なのかな?

展示品ですのでメーカー保証がしっかり付いてきます。

純粋にネットワークプレーヤーとして使うも良し。(USB)DACとして使うも良し。多彩な使い方が出来ますので既存のシステムにも組み込みやすいところがポイントです!

お持ちのシステムに一味加えたいとお考えの方はぜひお見逃し無く!

それでは宜しくお願い致します。

2017年1月10日 (火)

【沖縄店】特選商品ご紹介!DENON 「AVR-4520」(中古品)!

Koja

こんにちは、Dir en greyの沖縄公演に行こうかどうか迷っている古謝です。基本的に古謝の聴くジャンルは偏っているものに雑食です。

さて、今回ご紹介するのは、長年フラッグシップを勤めたDENONさんのAVアンプ「AVR-4520」です!このアンプはロックです!

Img_1085_2

正面です。

キズも無く綺麗な状態での入荷となりました。

おかげで影までガッツリ写ってしまってますねぇ。これはいけません。

Img_1087

恒例ですが、やっておかなければと使命感にかられます。

照明のせいでオレンジっぽく見えますが書体のカラーは現行モデルと違ってシルバーです。

Img_1089

背面です。トラップドアの中は撮り忘れてしまいました。ごめんないさい。

端子類は若干のくすみがありますが、古謝が一心不乱に磨いておきます。

パワーアンプはディスクリートで9ch搭載しており、外部パワーアンプを持ってこれば11chまでのサラウンド再生に対応しております。

「AVR-4520」はAVアンプとしては珍しくLANのハブ機能を搭載していますのでTV、プレーヤー、レコーダーの分はこれでまかなえそうです。

いつもの様にチェックがてら視聴テストも行いました。

「AVR-4520」の音は何度も聴いているのですが、やはりガッツのある音です。

芯のあるメリハリの利いた音でノリが良いので、ライブ映像との相性がとても良いと思います。

かなり前のブログでも同じようなことを書いていたと思いますが、印象が変わる事は無く「このアンプでロック歌手のライブを見たら楽しいだろうなぁ」と思わせてくれる素敵なアンプです。

もちろん映画を見ても、腹にくる低音で音に迫力がありアクション映画等とも良く合うと思うのですが、古謝はライブ映像を楽しみたい方にオススメしたい一品です。

そんな縦ノリAVアンプ「AVR-4520」も一台限りの早い者勝ちとなっておりますので、ぜひお見逃し無く!

中古品は巡り合わせですので興味を持たれた方は早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは、宜しくお願い致します。

2016年12月18日 (日)

【沖縄店】特選商品ご紹介!YAMAHA 「RX-A2050(H)」(中古品)!

Koja

こんにちは、YAMAHAさん推しうぜぇと思われている古謝です。これからもガンガン推して行きますので宜しくお願い致します。

もちろん、古謝が個人的に推してるだけです。お店の意向ではありませんのであしからず。

さて、ニヤニヤしながら今回ご紹介するのはYAMAHAさんのAVアンプ「RX-A2050(H)」です!

Img_1062

・・・以前ご紹介した「RX-A3050(H)」とお顔が同じなのでコメントに困ります。

キズも無く綺麗な状態で入荷してまいりました。

Img_1064

トラップドアの中はこんな感じです。

RX-A3050と変わらず小さなボタンが並んでいます。

Img_1067

音叉マークがカッコイイ!これは外せない。

「RX-A3050」とそっくりさんですが型番はしっかりと?「RX-A2050」です。

Img_1070

背面です。

9chアンプになります。

HDMI入力は8系統(背面7/前面1)あり、背面の入力は全てHDCP2.2に対応しています。

また、HDMI出力は2系統でOUT2はZONE OUTに切り替えができます。

Img_1071

PHONOにも対応しています。

かの有名なプリアンプ「C-2」の影響か、古謝はYAMAHAさんの内蔵フォノイコライザーは音が良いと勝手に思っています。

アナログ好きとしては重要なポイントです。

4K/60PやHDR伝送等の最新映像技術、ドルビーアトモスにDTS:Xといった最新のサラウンドフォーマットに対応しているのはもちろんですが、BluetoothやAirplayといったワイヤレスでのオーディオソースの再生やネットワークオーディオ機能にフォノイコライザーも搭載とオーディオ機能も充実していて、シアターもオーディオもこだわりたいという方にオススメの1台となっております。

最近の製品は何でもありの機能充実型が増えておりますが、こちらの「RX-A2050(H)」もかなりのバーリトゥーダーです。

そんな、多機能で様々な使い方が出来る優等生AVアンプ「RX-A2050(H)」が中古入荷しております!

エントリーモデルからのグレードアップを検討されている方にオススメです!

映像をもう少し・・・や、音がもうちょっと・・・と贅沢な悩みが出てきた方はお早めにお問い合わせ下さい。

もちろん、一足飛びでこの「RX-A2050」から始めて頂いても楽しくお使いいただけると思います。

中古品は巡り合わせですので、興味を持たれた方は早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは、宜しくお願い致します。

2016年12月 3日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!PIONEER 「U-05」(中古品)!

Koja

こんにちは、古謝です。1年早いものでもう最後の月、12月となってしまいました。時よ止まれ。

さて、今回ご紹介するのはPioneerさんのUSB-DAC兼ヘッドホンアンプ「U-05」です!

Img_1054

USB-DACがメインなのか、ヘッドホンアンプがメインなのか。コンパクトな筐体にいろいろ詰め込んでおります。ボリュームはアナログ出力にも効くのでプリアンプとしても機能します。

パイオニアさんのCDプレーヤーやプリメインアンプと同じくアルミの材質を前面に押し出した、ひんやり感のあるクールなデザインです。

古謝的にはもうちょっと遊び心のあるデザインでも良かったのかな?とも思いましたが、無駄を省いてこその機能美ということで納得しておきます。

クールはカッコイイの方のクゥ~ルです!

Img_1057

豊富に揃えられたヘッドホン出力です。

フォーン×1、3ピンXLR×1、4ピンXLR×1と、どんな端子が来ても大丈夫なよう万全の体制です。

その昔、古謝もヘッドホンにハマッていた頃を思い出します。リケーブル用のバランスケーブルたくさん持ってるけど最近使ってないなぁと遠い目をしたくなりました。

Img_1059

背面です。

入力はデジタルだけですが、こちらも豊富にそろっています。

光×2、同軸×2、USB×1、AES/EBU×1とデジタルなら何でも来いスタイルです。

出力はアンバランス×1、バランス×1となっております。

Img_1061

そして、バランス出力は2番HOT/3番HOTの切り替えができるのでどんなアンプにも対応します。まさになんでもありのバーリトゥード。

DACとしての仕事を最大限にこなしています。

今回は純粋にDACとして動作確認、改め試聴してみました。

少しカッチリ目でハッキリ、クッキリ高解像度と同社のプレーヤーやアンプと同傾向だと感じます。

見た目そのままの音がするイメージ。

フルバランス回路を搭載しているとのことなのでバランス接続での試聴でしたが、S/Nが高く爽やかで明るめの音調です。

ヘッドホンでの動作確認はまだ行っていませんが、そのうち試してみたいと思います。

そんな、コンパクトで多機能なPioneerさんのUSB-DAC兼ヘッドホンアンプ「U-05」がアバック沖縄店に中古入荷しております!

現行品で人気モデルですので、興味を持たれた方は早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2016年11月27日 (日)

【沖縄店】特選商品ご紹介!YAMAHA 「CD-N500」(中古品)!

Koja

こんにちは、そろそろ何か買いたい病が発病しそうな古謝です。忙しくなると買い物でストレス発散する危険な癖。

さて、今回ご紹介するのはYAMAHAさんのネットワーク対応CDプレーヤー「CD-N500」(中古品)です!

Img_1044

正面です。

最近ではプリ(ボリューム)内蔵CDプレーヤーなんてのも増えて来ましたが、古謝は未だにCDプレーヤーに付いている回転ノブに違和感があります。

まぁ、この「CD-N500」の回転ノブは認識しているファイルやフォルダの選択用のようですが・・・慣れでしょうか。

ボタンの配置や全体的なデザインはヤマハさんらしいシンプル&スタイリッシュに整っています。

クールというよりは清潔感が漂っています。

Img_1048

音叉マークがカッ(以下略。ヤマハさんのご紹介のときは一回やっておきたい。

USB端子はUSBメモリやiPhone、iPodからの入力に対応しています。プスっと差してやりましょう。

Img_1046

背面です。ちとぼやけていますね。

分かりにくいですが、出力はシンプルにアナログRCA×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1となっております。

ネットワーク対応なのでLAN端子も付いています。ぜひともwi-fi環境を構築して、機能をフルに使ってあげてください。そうすると、

Img_1051

専用アプリを使えばスマホやタブレットからの操作が可能ですし、ネットワークプレーヤーとしても機能します。

Img_1049

また、ネットワークオーディオに必要なNASが無くてもスマホやタブレットに音楽ファイルが入っていればwi-fi経由で再生が可能です。

NASはあとから用意しても良いので、これからネットワークオーディオを始めてみたいという方にピッタリかと思います。

今、古謝のスマホにはこんなのしか入っていませんでした。許して下さい。

古謝がヤマハさんの紹介をすると贔屓でベタ褒めになってしまうのであまり多くは語りませんが、細やかで軽やかで清楚な音がします。

日本語に訳すと重心が気持ち高めで輪郭のハッキリとした、綺麗に整った感じの音調です。もちろん古謝の聴感上です。

そんな訳で、いろんな使い方が出来る便利なYAMAHAさんのネットワークCDプレーヤー「CD-N500」がアバック沖縄店に中古入荷してまいりました!

直ぐに試聴出来るようセッティングしておりますので、興味を持たれた方はぜひ愛聴盤のCD、もしくはUSBメモリに音楽ファイルを入れてお持ち下さい。

中古品は巡り合わせですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

宜しくお願い致します。

2016年11月19日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!marantz 「SA-14S1」(中古品)!

Koja

こんにちは、そしてお久しぶりでございます。古謝です。生きてました。

さて、今回も良いお品が入荷してまいりましたよ。今回はmarantzさんのSACDプレーヤー「SA-14S1」(中古品)のご紹介です!

Img_1034

伝統のmarantzゴールド。ハデさを抑えた上品な色合いです。

素材の質感を活かしたクールなデザインなのですが、そのせいかボタンが小さめでちょっと戸惑います。リモコン操作推奨。

本体操作の場合、人間は本能的に大きなボタンを押したがるのかイジェクトしようと電源ボタンを押してしまいそうになります。・・・古謝だけでしょうか。

Img_1037

恒例の型番アップです。

marantzさん特有の高いS/Nの中に煌く高域を象徴するかのような星マーク(だと古謝は勝手に思っています。)が素敵です。

澄んだ夜空に輝く一番星のような音。古謝のmarantzさんへのイメージです。

Img_1038

正面アップ。

USBメモリからの再生やヘッドホン出力も備えています。真ん中には押したくなる誘惑の電源ボタン。

Img_1039

背面です。

出力はシンプルにアナログはRCA、デジタルは同軸と光になっております。

Img_1040

デジタル入力には同軸と光に加えUSBにも対応しているので、USB-DACとしての使用も可能です。

PCM192khz/24bit、DSD5.6MHzまでのサンプリング周波数に対応しているので、ハイレゾ再生もドンと来いです。

早速チェックも兼ねて音出しをしてみましたが、古謝の知っているmarantzさんの音で安心しました。

静けさの中にちょこっとアクセントのある高域が魅力的で、破綻の無い、バランスが整った上品な音調です。

ワイドレンジで広がりのある音の出方をするようなので、クラシック等をかけるとあの独特のホール感、ステージ感をしっかり表現できるのではないかと思います。もちろん思っただけです。

そんな、ちょっと澄ましたmarantzさんのSACDプレーヤー「SA-14S1」が綺麗な状態で中古入荷してまいりました!

すぐに試聴出来るようセッティングしておりますので、興味を持たれた方はぜひ愛聴盤をお持ちになってご来店ください。

古謝の感性は良く分からない方向を向いているので、実際に試聴された方が確実です。

中古品は巡り合わせですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2016年11月 7日 (月)

【沖縄店】Pioneer「SC-LX901」展示開始!!

Koja

こんにちは、トップとか最上位とかフラッグシップとかありがたみが増す響きが大好きな古謝です。

皆さんも声に出して見て下さい。テンション上がりますよ?

さて、そんな訳でアバック沖縄店でも遂に展示致しました!PioneerさんのフラッグシップAVアンプ「SC-LX901」でございます!

Img_1024

1枚目に撮った写真はガッツリ顔が写っていたので2枚目を採用。これでもぎりぎり。

展示致しましたと言っておきながらまだ開封したばっかりです。

ちょっとぼやけて分かりづらいかもしれませんが、11.2chの表示が凄く主張してきます。後光が差してますからね。どうしても目が行ってしまいます。

今までと同じサイズで11ch分のアンプを搭載したことは、別途アンプを追加したいけど置くスペースががが・・・と悩まれていた方に朗報となったのではないでしょうか。

Img_1026

最近は恒例をサボっていたので載っけときますね。

Img_1028

トラップドアを開いてみましょう。

ボタン配置等は前モデルの「SC-LX89」と変わりないです。

まぁ、毎モデル配置やデザインが変わっても逆に使いづらくなるのかなと最近思ったりもします。

変わらない良さもあります。あると思っておきます。

Img_1029

目玉の背面画像です。

11chアンプ搭載なので、このスピーカー端子がアサインの振り分けではなく、しっかり全部使えます。素晴らしい。

夢の7.1(2).4chのオブジェクトオーディオ再生がこの「SC-LX901」単体で可能となります。

これはもうやるしかないという気にさせてくれます。

Img_1033_2

前モデルと変化があったリモコンです。

シンプルにまとまっていて非常に素晴らしいと思います。

AVアンプのリモコンは自分がどれを押したか分からなくなるくらいボタンがたくさんありますが、実際に使うボタンってこれくらいかと思います。

今回のモデルチェンジで古謝が一番感動したのがこのリモコンでした。しんぷる・いず・べすと。

きっと皆さまもお待ちかねだったと思います。

Pioneerさんの新フラッグシップモデル「SC-LX901」をアバック沖縄店にて展示を開始致しました!

届いたばかりなのでセッティングもまだなのですが、いち早く皆さまに展示開始をお知らせしたく、ブログのフライングアップです。

夕方頃にはちゃんと視聴出来るようセッティング・・・して・・・おきます!たぶん大丈夫。

是非ともこの機会にPioneerさん渾身のフラッグシップモデルをご体験下さい。

それでは、宜しくお願い致します!