2017年2月23日 (木)

【沖縄店】「B&W 803D3 ・marantz SA-10&PM-10特別試聴会」開催告知!

Koja

こんにちは、休日に風邪を引いて寝込んでいた古謝です。おかげ様で相棒劇場版は見に行けず・・・神様は古謝のことが嫌いらしい。

さて、イベント情報ページではもう掲載されているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、アバック沖縄店にて「B&W 803D3・marantz SA-10&PM-10特別試聴会」を開催致します!

803d3_2

B&W 「803D3」

Sa10_01_2

marantz 「SA-10」

Pm10

marantz 「PM-10」

いつかはこのクラスの機材が欲しいですねぇ。よだれジュルジュルです。

昨年フルモデルチェンジした現代を代表するハイエンドスピーカー、B&Wさんの「803D3」と一等星の綺羅星感?が素敵なmarantzさんの新フラッグシップモデル、SACDプレーヤー「SA-10」&プリメインアンプ「PM-10」の魅力をたっぷりとご体験いただけるスペシャルなイベントとなっております。

marantzさんの「SA-10」と「PM-10」は沖縄初上陸になります!

ぜひこの機会をお見逃し無く!

日時は、

3/4()

第1部 13:00~14:45(定員15名)

第2部 15:00~16:45(定員15名)

3/5()

第1部 13:00~17:00

となっております。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお問い合わせ下さい。

また、こちらからもご予約頂けます。↓

https://www.avac.co.jp/contents/2482

皆さまのご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております!


2017年2月12日 (日)

【沖縄店】OPPO「UDP-203」展示開始!!その2

Koja

こんにちは、相棒劇場版をまだ見れていない古謝です。絶対見に行きますので、もう見たよ。という方はネタバレは無しの方向でお願いします。

今回、腕まくりするくらいは本気です。とフラグを立てておきます。

さて、前回に引き続き、新しく展示を開始しましたOPPOさんのUHD-BD再生対応プレーヤー「UDP-203」のご紹介です!

前回は、入荷しました!位しかお伝えできなかったので、今回は見た、操作した古謝の雑感等を思いついたまま述べて行こうかと思います。

Img_1193

「BDP-103DJP」から若干変化がありました正面です。と、言ってもディスプレイの位置が少し変わった程度でボタン配置は変わりません。

ですので、「BDP-103DJP」との操作性に変わりはありません。本体側で操作するかは分かりませんが。

外見は「BDP-103DJP」同様、アルミを前面に押し出した高級感のある仕上がりになっています。角を指先でなぞりたくなるような感じです。・・・伝わらない?そうですか。

電源を入れてからの起動はなかなか早いです。スッと立ち上がってくれます。

また、起動中でもトレイの開閉は受け付けているストレスフリー?な仕様となっています。

そのせいか、ディスクの読み込みも早いような気がします。たぶん。

Img_1195

リモコンです。

こちらは前モデルとボタン配置等は変わらないようですが、「UDP-203」はNETFLIXやVUDUといった動画配信サイトに直接アクセスが出来なくなった為それらのボタンは省かれています。ちょっと残念。

その代わり?にひょいっと持ち上げるとボタンのバックライトが点くギミックが搭載されました。映画を見る際、部屋を暗くする方が多いと思いますが、これでバックライトボタンを探さずに済みます。間違って変なボタンを押してしまう事もありますからね。これは助かります。

Img_1183

例のホーム画面です。

BDや設定といった項目ごとに背景が用意されているのですが、どれもやけに幻想的です。古謝お気に入りの月の背景で撮ってみました。

操作感はすごく良いです。リモコンの反応も良くキビキビと動いてくれます。動作もワンテンポ置くような事も無くやっぱりストレスフリーです。

プレーヤーとして大事な所をしっかりと押さえていて”分かってる感”を醸し出しています。素敵。

Img_1190

マジ?腕まくりするわけ?

Img_1188

UHD-BDの問題作「デッドプール」より

スマホのカメラなので、良さは全然伝わらないと思います。ぜひアバック沖縄店にてご体験下さい!

・・・で、締めてしまうのは身も蓋もないので少しだけ古謝が感じた雑感を申し上げますと”良い意味で大味”です。

繊細さを重視した(かどうかは分かりませんが)panasonicさんの「DMP-UB900」と比べると「UDP-203」は画も音も迫力重視のような気がします。ビビットで少し乾いた感じの色味の出方と重心が低めの音バランスで元の画の迫力を底上げしてくれるような印象を持ちました。

まぁ、テスト視聴したのがデッドプールなので何も考えずに見ていただけかもしれませんが。宮古島にしておけば良かった。

と、古謝のいつもの当てにならない感想文でした。やっぱりご自分の目で、耳でご体験された方が確実です。

そんなわけで、OPPOさんのUHD-BD再生対応プレーヤー「UDP-203」をアバック沖縄店にて展示致しました!

デモ用のUHD-BDソフトも多数ご用意しております。また、panasonicさんのUHD-BD再生対応プレーヤー「DMP-UB900」との比較視聴も可能です。

これを機にUHD-BDプレーヤーを検討されている方はぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

宜しくお願い致します!

2017年2月11日 (土)

【沖縄店】OPPO「UDP-203」展示開始!!

Koja

こんにちは、相棒劇場版は絶対見に行こうと思っている古謝です。見る見る詐欺。

さて、皆さまお待たせいたしました!今回ご紹介するのはOPPOさんのUHD-BD再生対応プレーヤー「UDP-203」です!

Img_1164

先ずは開けてみましょう。

Img_1168

Img_1169

OPPOさんのプレーヤーをご購入されたことのある方はご存知かもしれませんが、トートバック?に入ってます。

ぜひマイバックとしてスーパー等で使ってみましょう。

Img_1171

また付属品も化粧箱に納められていて、こだわりのある梱包です。リモコン立てに・・・は使えないかな?

Img_1173

付属品の中には 18Gbps伝送対応HDMIケーブルも1本付いてきます。UHD-BDを再生するには必要な物なのでこれはうれしいです。

それでは、取り出してみましょう!

Img_1174

・・・なじみのある顔が出て来ました。型番を確認しないと不安になります。

Img_1176

ちゃんと「UDP-203」です。

よく見ると「BDP-103DJP」とはディスプレイやトレイの位置が変わっています。

ほっとしました。

Img_1178

背面です。

Img_1181_2

こちらも若干変わっているものの、7.1ch分のオーディオアウトもしっかりと「BDP-103DJP」から継承していてOPPOさんのプレーヤーを使用されている方が安心して入れ替えられる様になっています。

Img_1179

また、「プレーヤーなのにHDMI INが付いている仕様」もしっかり継承されていて、これが無きゃダメという方もいらっしゃるかもしれません。

HDMI出力は2つあり、映像と音声を分離しての出力が可能です。メインアウトがHDMI2.2対応なので、映像側はメインアウトにつなげてあげて下さい。

他には、USB端子が2つ付いておりUSB3.0に対応していたり、同軸、光ケーブルでデジタル音声出力できますよ。っとなっています。

残念ながら到着したばかりなのでセッティングもまだなのですが、お昼頃にはちゃんと視聴できるように・・・頑張りますしておきます。

と、いうことで皆さまお待ちかね!OPPOさんのUHD-BDプレーヤー「UDP-203」を展示致しました!

お待たせしておりましたので、いち早く皆さまにお知らせをと思いフライング気味ではありますが、展示のご報告でございます。

これを機にUHD-BDの普及に勢いがついたら良いなと思います。

UHD-BDのデモディスクも多数ご用意しておりますので、週末はぜひともアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

それでは、宜しくお願い致します。

つづく・・・かな?

2017年2月 3日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!DENON 「DBT-3313UD」(展示品)!

Koja

こんにちは、CDで音楽を聴こう強化月間中の古謝です。この頃はアナログばっかりだったので、購入して封も開けていないCDを頑張って聴いています。残り12枚。

さて、今回ご紹介するのはDENONさんのユニバーサルBDプレーヤー「DBT-3313UD」(展示品)です!

Img_1144

黒が潰れてよく分からない画像になってしまいました。HDRの偉大さを痛感します。

多少の使用感はありますが、キズも無く綺麗な状態です。

展示品ですのでメーカー保証がしっかりついてきます。

Img_1154

シンプル、スッキリな背面です。

Img_1156_2

HDMI出力はセパレート対応しています。他にはアナログのオーディオアウト、DENON Link HD端子、ネットワーク用LANが搭載されています。

HDMIのCECに対応していない機種との接続用にコントロール端子もついています。

この「DBT-3313UD」はBDプレーヤーとしても優秀ですが、ユニバーサルプレーヤーなので様々なディスクメディアに対応しています。その中でもマルチチャンネル収録のSACDやDVDオーディオといった特殊なディスクも再生出来るので、そういったディスクをお持ちの方にオススメしたい一品です。

クラシック、オーケストラ等を主に聴かれる方は何枚かお持ちではないでしょうか?

そんな、DENONさんの万能プレーヤー「DBT-3313UD」を展示処分として放出致します!

さらに、先日ご紹介した同じくDENONさんのAVアンプ「AVR-4520」とDENON Link HD接続すれば、ジッターフリー伝送の恩恵でさらにクリアで広がりのある音調になるそうですよ。ご一緒に如何でしょうか。

どちらも一台限りの早い者勝ちですので早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

マルチチャンネル再生を始めてみたい方はお得にシステムを組めるチャンスです!

ぜひこの機会をお見逃し無く!

それでは宜しくお願い致します。

2017年1月30日 (月)

【沖縄店】LUXMAN「EQ-500」、「E-250」を期間限定でご試聴いただけます!

Koja

こんにちは、アバック沖縄店アナログ部万年補欠の古謝です。アナログ愛なら一軍の方々にも負けない自信があります。

もちろんその後ヘコまされる所までお約束ですが。

さて、相変わらずタイトルでネタバレしているのですが語らせて下さい!

突然ですがLUXMANさんのフォノイコライザー「EQ-500」と「E-250」を期間限定でご試聴頂けます!

Img_1138

申し訳ございません。設置してしまったあとなのでこんな写真です。

上が「E-250」で下が「EQ-500」です。大きさを比較するとこんな感じになります。

只今、慣らし運転をしながらブログを書いておりますが、音が気持ち良くて作業が進みません。

「E-250」はトランジスタアンプで、輪郭のハッキリしたシャープな音調が印象的です。しかし、冷たく細いというわけではなく、中域にしっかりとした厚みのあるアナログの持ち味を活かした音作りになっています。

最近の録音、楽曲に合いそうな音です。アナログ盤を出し始めた最近のロックアーティストに合わせると真価を発揮しそうかな?と、古謝は勝手に思います。

「EQ-500」は真空管アンプとなっており、フラッグシップモデルです。フラッグシップ万歳。

音の方は、これぞ真空管!(古謝のイメージです)といった印象です。こちらも中域の厚みを押し出した温度感の高い艶やかな音調です。音の線も若干太めで耳当たりの良い、いつまでも聴いていたくなる様な不思議な魔力を内包しています。

お仕事そっちのけでずっと聴いていたいです。ダメですか?ダメですね。

これはもう何を聴いても合わない訳がありません!ゆったり聴いても良し。中域の押し出しのおかげで迫力のある曲も行けます。

どちらも良い音で鳴っていますが、音の出し始めなのでこれからもっと良くなる可能性を秘めています。これ欲しいなぁと胃が痛くなってしまいました。

これはもう聴かなきゃいけませんよ!と、いうわけでLUXMANさんのフォノイコライザー「EQ-500」と「E-250」をアバック沖縄店にてご体験頂けます!

ぜひこの機会に、愛聴盤のレコードをお持ちになってアバック沖縄店に遊びにいらして下さい。

スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

急なご報告となりましたが、宜しくお願い致します。

2017年1月27日 (金)

【沖縄店】視聴用デモソフト続々入荷中です!

Koja

こんにちは、最近は全然映画館へ行けていない古謝です。

見たいなぁ、見に行こうかなぁと思ってる間にソフトが発売されるという典型的なダメパターン。

さて、今回は入荷しましたデモ用ソフトのご案内です。

Img_1128

一つだけ異質なオーラを放っております。

Img_1129

まずは、UHD-BDソフトの「X-MEN APOCALYPS」です。ペットやドリーと並べて良いのか迷いました。

さすがUHD-BDなので映像が綺麗なのはもちろんですが、X-MENメンバーのスーツがみんな黒なので思わぬところでHDRの効果が現れています。

細かい所で色に伸びがあり、なかなか見ごたえがあります。

音の方も、良く回るなぁと思ったらこの作品もしれっとドルビーアトモスでした。もうちょっと主張しても良いと思う。

アポカリプスの覇王感が素敵な作品でした。

Img_1130

続いて、入荷したあとでUHD-BD盤があることに気づいた「PET」です。ぐぬぬ。

悔しい思いをしただけに右下のブルドックにイラっときます。

まだ見れていませんが、友達から面白かったとの感想を頂いているので時間を見つけて視聴したいと思います。

Img_1131

そして、「ファインディング・ドリー」。BDソフトです。

申し訳ございません。こちらもまだ見れていません。

いち早く皆さまにお知らせすべく、フライングインフォメーションです。と、言い訳しておきます。

しかし、アナと雪の女王やズートピアと同じディスニー作品なのできっと面白いと思っています。

安定のディズニー作品に万歳。

このようにアニメ作品のデモソフトも厳選して随時入荷しておりますので、お子様連れのお客様でも安心してシアターシステムをご体験頂けます。

プロジェクターも先日ご紹介したJVCさんの「DLA-X770R」が仲間入りして、より4K/HDRに特化した映像もご覧頂けます。

今週末はぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2017年1月24日 (火)

【沖縄店】JVC「DLA-X770R」展示開始!!

Koja

こんにちは、沖縄は暑いのか寒いのかよく分からない天気が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

アバック沖縄店インフォメーションを風邪気味スタッフの古謝がお届け致します。

眼孔の奥が痛い・・・です。

さて、皆さまお待たせいたしました!JVCさんの最新4Kプロジェクター「DLA-X770R」を展示開始致しました!

Img_1115

開けたてほやほやの「DLA-X770R」です。

お見苦しいので写ってはいませんが、周りには発泡スチロールやダンボールが散乱しております。

新品を開ける瞬間というものはやっぱり良いものですね。テンションが上がります。

Img_1117_2

決して700Rや750Rではありません。

念のためシリアルナンバーは伏せさせていただきます。

Img_1120

化身が写らないよう必死の姿勢で撮ってます。

Img_1118

ぐるっと見回してみましたが、側は前モデルと変化はないようですねぇ。

新しい型を作るのにどれだけのコストがかかると思ってるんだ!と聞こえたような気がしました。

Img_1125

まったく代わり映えしませんがこんな感じで設置及びセッティングも終了しております。

ですので、古謝は軽くフライング視聴?させていただきました。

ちなみに前モデルではUHD-BDソフトを視るときはメニューからHDR用の画質モードを選択しなければならなかったのですが、本機は自動で切り替わります。

これはすごく助かります。JVCさんありがとうございます。

Img_1126

UHD-BD「レヴェナント~蘇りし者~」より氷河を渡るシーンです。

この画像はデジカメの画像な上、圧縮しているので良さはまったく出ていませんが、色味の深さとフォーカスの良さが相俟って映像の立体感がハンパないです!

特に雲や朝靄といった形の定まっていない物でも奥行きがしっかりとしていて、裸眼3Dみたい!・・・は言いすぎですが、「うぉ~、すげぇ~」と思わず漏らしたのは事実です。はい。

HDR効果による色の深さ、細かさで出る立体感は五感を刺激してくれるような気がします。

風邪のせいでおかしくなっているだけかもしれませんが古謝はレヴェナントでは臭いを感じます。いろんな意味で生臭い。

と、いうことでアバック沖縄店にて皆さんお待ちかね(のはず)のJVCさん最新作4Kプロジェクター「DLA-X770R」を展示致しました!

気がつけばUHD-BDソフトもちょろちょろと増えておりますので、ぜひこの機会に進化を重ねたJVCさんの映像をご体験ください!

それでは、宜しくお願い致します!

何かテンションのおかしい古謝でした・・・皆さまも体調にはお気をつけください。

2017年1月19日 (木)

【沖縄店】特選商品ご紹介!marantz 「PM-11S3」(展示品)!

Koja

こんにちは、言葉のマジックに弱すぎな古謝です。フラッグシップとか限定品と聞くと心の折れる音も同時に聞こえてきます。

さて、今回ご紹介するのはmarantzさんのフラッグシッププリメインアンプ「PM-11S3」です!

前回に引き続きマランツさんのトップエンドモデルを大・放・出!・・・だと思います。

Img_1111

オーディオラックから降ろせませんでした。許して下さい。

こういう大きくて重量のある機材はラックの一番上が似合うけど降ろす時は大変というジレンマに囚われています。乗せるのは良いけど降ろすのが怖い・・・

こちらの「PM-11S3」も、中心に付いている円形ディスプレイが主張しながらも上品にまとまった一目見てマランツさんの製品だと分かるデザインをしています。

「NA-11S1」同様、電源を入れると両脇のボタンの所がうっすらと青くライトアップされます。意外とこういう演出をする機材って少ないんですよね。大事だと思います。

語ってみました。

Img_1114

一等星が輝いております。こういうロゴマークをデザインする方は偉大だと古謝は思います。

Marantz_pm11s3bp594x227

ラックの上から動かせなかったので背面はお借りしてきたヤツで勘弁して下さい。

スピーカー出力はA端子とB端子がありますので、バイワイヤリング等に対応しております。

バランス入力は3番HOT固定のようです。バランス接続する場合は注意が必要です。

そして古謝的に一番大事な所ですが、Phone入力はMM/MC両方に対応しています!最近はPhone入力すら無いアンプもありますからね。付いてて良かったPhone入力。レコードプレーヤーをお持ちの方も安心してお使い頂けます。

また、REC IN/OUT、プリアウト、パワーダイレクトIN端子も搭載していてとても多機能です。

これなら、シアターシステムにも活用できます。

既存のシステムにも組み込みやすいというのはとても大事な機能だと思います。

あとは、「PM-11S3」をもう一台使用して行うバイアンプモードという、贅沢な能力開放モードもあるようですがさすがにこれは試せませんでした。未知数です。

試聴は前回ご紹介しました「NA-11S1」とのバランス接続で行いましたので、印象は前回同様、煌びやかな高音と凛とした輪郭、繊細な音調で上品にまとめられていると感じます。

音の押し出しも適度にあるので、上品過ぎておとなしくなりすぎる事も無いと思います。

加えて音に瞬発力があるためリズミカルな曲でも、もたつく事は無いようです。

総合的に明るく軽快な印象を持ちました。

語ってみました。

しかし、この音調は「NA-11S1」と「PM-11S3」のどちらの特徴が強く出ているのか分かりません。こんなオチで申し訳ございません。

後日改めて別のプレーヤーでチェックしてみたいと思います。

でも、リッチでエレガント?なことには変わりありません。そんなmarantzさんのフラッグシッププリメインアンプ「PM-11S3」を展示処分致します!

展示品ですのでメーカー保証がしっかり付いてきます。

プリメインアンプとしてもトップモデルですし、贅沢に既存のシステムに組み込んでグレードアップを目指しても良いと思います。

多機能で使いやすいアンプを探されている方はお見逃し無く!

それでは宜しくお願い致します!

2017年1月16日 (月)

【沖縄店】特選商品ご紹介!marantz 「NA-11S1」(展示品)!

Koja

こんにちは、相変わらず付加価値に弱い古謝です。しかしそれは古謝だけではないはず!と、自分に言い訳してます。

さて、今回ご紹介するのは60周年記念モデルとして登場しましたmarantzさんのネットワークプレーヤー「NA-11S1」です!ビバ付加価値!

Img_1101

一目見てマランツさんの製品だと分かる上品なデザインです。照明が当たっていて画像では分かりづらいかもしれませんが、カラーは色味を抑えたシャンパンゴールドで上品さを際立たせています。

加えて、パワーオンすると両脇にあるボタンの所がうっすらと青くライトアップされるという、にくい演出も付いています。

さすが記念モデル。気合の入り方が違います。

正面にはヘッドホン端子とiphone/ipodデジタル接続対応のUSB端子が配置されています。

Img_1109

最近忘れがちな型番アップです。

一等星なのか一番星なのか。いずれにせよマランツさんの音のイメージにピッタリなロゴマークだと思います。

Img_1102

背面です。

引きすぎで良く分かりません。

Img_1105

アナログ出力側です。

アンバランスとバランスに対応しております。バランス出力はデフォルトでは3番ホットですが、設定にて位相反転で2番ホットにも変更できるようです。

Img_1104

デジタル入出力側です。

ネットワークのみならず、多彩なデジタル入出力に対応していますのでDACとしても使用可能です。

同軸、光、USB入力と同軸、光出力を備えています。

今、取説を確認するとAirPlayにも対応しているようです。なんとも素敵なデジタルハブっぷり。

写真を撮る前にさらっと鳴らしてみましたが、他のマランツ製品とは一味違うマランツサウンドの様に感じます。

あくまで古謝の駄耳による印象ですが、マランツサウンドといえば高域が煌びやかで「ふわっ」と広がりのある包み込むような音場形成をする音調のイメージがあります。正に上品な感じです。

しかし、「NA-11S1」は高域の煌びやかさはそのままに、音の輪郭がハッキリとしてピシッと整った印象を受けます。これにより、鬱陶しくない程度に音が前に出てくるので瞬間的な音の迫力もしっかりと再現しているように感じました。この「NA-11S1」は凛としています。

今回はネットワークプレーヤーとしてバランス接続での試聴なので他の使用方法では音の出方に違いが出てくるとは思いますが、この音が好きな方は絶対にいます。

そんな上品でリッチな(古謝の勝手なイメージです)marantzさんの60周年記念モデルネットワークプレーヤー「NA-11S1」を展示処分致します!大・放・出!・・・なのかな?

展示品ですのでメーカー保証がしっかり付いてきます。

純粋にネットワークプレーヤーとして使うも良し。(USB)DACとして使うも良し。多彩な使い方が出来ますので既存のシステムにも組み込みやすいところがポイントです!

お持ちのシステムに一味加えたいとお考えの方はぜひお見逃し無く!

それでは宜しくお願い致します。

2017年1月10日 (火)

【沖縄店】特選商品ご紹介!DENON 「AVR-4520」(中古品)!

Koja

こんにちは、Dir en greyの沖縄公演に行こうかどうか迷っている古謝です。基本的に古謝の聴くジャンルは偏っているものに雑食です。

さて、今回ご紹介するのは、長年フラッグシップを勤めたDENONさんのAVアンプ「AVR-4520」です!このアンプはロックです!

Img_1085_2

正面です。

キズも無く綺麗な状態での入荷となりました。

おかげで影までガッツリ写ってしまってますねぇ。これはいけません。

Img_1087

恒例ですが、やっておかなければと使命感にかられます。

照明のせいでオレンジっぽく見えますが書体のカラーは現行モデルと違ってシルバーです。

Img_1089

背面です。トラップドアの中は撮り忘れてしまいました。ごめんないさい。

端子類は若干のくすみがありますが、古謝が一心不乱に磨いておきます。

パワーアンプはディスクリートで9ch搭載しており、外部パワーアンプを持ってこれば11chまでのサラウンド再生に対応しております。

「AVR-4520」はAVアンプとしては珍しくLANのハブ機能を搭載していますのでTV、プレーヤー、レコーダーの分はこれでまかなえそうです。

いつもの様にチェックがてら視聴テストも行いました。

「AVR-4520」の音は何度も聴いているのですが、やはりガッツのある音です。

芯のあるメリハリの利いた音でノリが良いので、ライブ映像との相性がとても良いと思います。

かなり前のブログでも同じようなことを書いていたと思いますが、印象が変わる事は無く「このアンプでロック歌手のライブを見たら楽しいだろうなぁ」と思わせてくれる素敵なアンプです。

もちろん映画を見ても、腹にくる低音で音に迫力がありアクション映画等とも良く合うと思うのですが、古謝はライブ映像を楽しみたい方にオススメしたい一品です。

そんな縦ノリAVアンプ「AVR-4520」も一台限りの早い者勝ちとなっておりますので、ぜひお見逃し無く!

中古品は巡り合わせですので興味を持たれた方は早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは、宜しくお願い致します。

2017年1月 7日 (土)

【沖縄店】年始のご挨拶です。

Koja

まず最初に謝罪させてください。年末のご挨拶をすっとばしてしまい申し訳ございませんでした。

改めまして、新年あけましておめでとうございます。

昨年は多くのお客様にご贔屓いただき御礼申し上げます。

本年も宜しくお願い致します。

昨年は各メーカーさんから超ド級プロジェクターが登場したり、アナログレコードブームが来たり(と、古謝は勝手に思っています。)とヴィジュアル、オーディオ共に賑わいのあった年だったなぁと振り返ってみてそう思います。

便乗ですが、ラスベガスにて「CES2017」が始まっています。

色んなメーカーさんからUHD-BDプレーヤーの発表があり、ついに競争が起こりそうです。これを機にUHD-BDの普及も進んでくれればと思います。なにより、古謝へのUHD-BD普及の為に岩合さんの世界ネコ歩きをUHD-BD化お願いします。

HDMIの新ヴァージョンや8Kの話もあったようです。

また、オーディオでは、昨年センセーショナルな登場をしたTECHNICS「SL-1200G」の弟分「SL-1200GR」の発表もありました。

レギュラーモデルとしての登場ですが、この「SL-1200GR」の為にまたしてもモーターを新開発するなどただのコストダウンではないTECHNICSさんの強い意気込みを感じます。

再来したレコードブームにさらに拍車がかかりそうです。

昨年興った流れの本格化をイメージさせる今回の「CES2017」です。

年の初めから気になるニュースがてんこ盛りの2017年が始まりました。

今年もこのブログはヌルめですが、アバック沖縄店は全力で頑張らせていただきます。

ホームシアター、オーディオのご体験、ご相談はぜひ当店へお越し下さい。

本年も多くのご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております!

2016年12月23日 (金)

【沖縄店】JVC「DLA-Z1突発イベント」スタートしました!

Koja

こんにちは、ぐだぐだな挨拶も笑って誤魔化す古謝です。

JVCさん渾身の超弩級フラッグシッププロジェクター視聴イベント「DLA-Z1突発イベント」が始まりました!

Dscf2612

Dsc_0060

突発イベントにも関わらず、たくさんの方にご来場いただきました。

本当にありがとうございます。

それでは、たっぷりとご堪能くださいませ。

【沖縄店】JVC「DLA-Z1突発イベント」絶賛準備中!

Koja

こんにちは、「DLA-Z1」の箱の大きさに固まる古謝です。人間って想像を超えている物を見ると反応出来ないですよね。いろいろ規格外。

イベント前日の告知で皆さまには大変ご迷惑をおかけしておりますが、「DLA-Z1突発イベント」の準備が着々と進んでいます!

Dsc_0059

Dsc_0062

大きいとは聞いていましたが、ここまでデカイとは思いませんでした。圧倒的存在感です。

「これにレーザーが搭載されています。」なんて言ったら勘違いされそうです。

Img_1074

この胴長短足(褒め言葉)っぷりはダックスフンドを連想させます。

見慣れると結構可愛い。

Img_1076

お分かりいただけただろうか・・・

映像が沢山のレンズを通っているのが確認できます。

18枚のオールガラスレンズが内蔵されているそうです。そりゃダックスフンドみたいにもなりますね。

レンズの大きさもDLA-X750Rと比べるとだいぶ大きくなっています。今カタログを確認したところ65mm(DLA-X750R)から100mm(DLA-Z1)へと大口径化しているそうです。

Img_1079

宮古島よりワンシーン。

スマホのカメラなので良さがまったく出ていません。残念。

実際の映像は、想像を遥かに超えていた為またしても固まってしまうほどでした。

古謝がどんなに語ってもこの凄さは伝えられる自信がありません。

そんな訳で、セッティングもほぼ終了してあとは皆さまのご来場を待つだけとなりました。

なかなか視ることの出来ない超ド級の映像は、きっと皆さまを驚かせる事となるでしょう。

スタッフ一同、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

2016年12月22日 (木)

【沖縄店】JVC「DLA-Z1突発イベント」開催緊急告知!

Koja

こんにちは、アバック沖縄店 古謝です。

突然で申し訳ございませんが、急遽アバック沖縄店にてJVCさんの超ド級フラッグシッププロジェクター「DLA-Z1」のイベントを開催することとなりました!

Dla_z1

黒船到来ではありませんが「DLA-Z1」がアバック沖縄店に乗り込んできます!

JVCさんの最先端テクノロジーである、ネイティブ4K D-ILAデバイスやレーザー光源「BLU-Escent」を搭載し、レンズや光学エンジンも新開発した「究極の4K高画質映像を愉しむために。」をコンセプトにしたかもしれない贅を尽くしたフラッグシップモデルです。

只今イベントに向けて絶賛準備中でございます!

日時は、

12/23(金)

第1部 13:00~14:30

第2部 15:00~16:30

となっております。

ご予約はアバック沖縄店(098-943-9178)へお問い合わせ下さい。

まだ予約可能ですので、ぜひこの機会に超ド級をご堪能ください!

急な告知になりましたが、皆さまのご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております!

2016年12月18日 (日)

【沖縄店】特選商品ご紹介!YAMAHA 「RX-A2050(H)」(中古品)!

Koja

こんにちは、YAMAHAさん推しうぜぇと思われている古謝です。これからもガンガン推して行きますので宜しくお願い致します。

もちろん、古謝が個人的に推してるだけです。お店の意向ではありませんのであしからず。

さて、ニヤニヤしながら今回ご紹介するのはYAMAHAさんのAVアンプ「RX-A2050(H)」です!

Img_1062

・・・以前ご紹介した「RX-A3050(H)」とお顔が同じなのでコメントに困ります。

キズも無く綺麗な状態で入荷してまいりました。

Img_1064

トラップドアの中はこんな感じです。

RX-A3050と変わらず小さなボタンが並んでいます。

Img_1067

音叉マークがカッコイイ!これは外せない。

「RX-A3050」とそっくりさんですが型番はしっかりと?「RX-A2050」です。

Img_1070

背面です。

9chアンプになります。

HDMI入力は8系統(背面7/前面1)あり、背面の入力は全てHDCP2.2に対応しています。

また、HDMI出力は2系統でOUT2はZONE OUTに切り替えができます。

Img_1071

PHONOにも対応しています。

かの有名なプリアンプ「C-2」の影響か、古謝はYAMAHAさんの内蔵フォノイコライザーは音が良いと勝手に思っています。

アナログ好きとしては重要なポイントです。

4K/60PやHDR伝送等の最新映像技術、ドルビーアトモスにDTS:Xといった最新のサラウンドフォーマットに対応しているのはもちろんですが、BluetoothやAirplayといったワイヤレスでのオーディオソースの再生やネットワークオーディオ機能にフォノイコライザーも搭載とオーディオ機能も充実していて、シアターもオーディオもこだわりたいという方にオススメの1台となっております。

最近の製品は何でもありの機能充実型が増えておりますが、こちらの「RX-A2050(H)」もかなりのバーリトゥーダーです。

そんな、多機能で様々な使い方が出来る優等生AVアンプ「RX-A2050(H)」が中古入荷しております!

エントリーモデルからのグレードアップを検討されている方にオススメです!

映像をもう少し・・・や、音がもうちょっと・・・と贅沢な悩みが出てきた方はお早めにお問い合わせ下さい。

もちろん、一足飛びでこの「RX-A2050」から始めて頂いても楽しくお使いいただけると思います。

中古品は巡り合わせですので、興味を持たれた方は早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは、宜しくお願い致します。

2016年12月 3日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!PIONEER 「U-05」(中古品)!

Koja

こんにちは、古謝です。1年早いものでもう最後の月、12月となってしまいました。時よ止まれ。

さて、今回ご紹介するのはPioneerさんのUSB-DAC兼ヘッドホンアンプ「U-05」です!

Img_1054

USB-DACがメインなのか、ヘッドホンアンプがメインなのか。コンパクトな筐体にいろいろ詰め込んでおります。ボリュームはアナログ出力にも効くのでプリアンプとしても機能します。

パイオニアさんのCDプレーヤーやプリメインアンプと同じくアルミの材質を前面に押し出した、ひんやり感のあるクールなデザインです。

古謝的にはもうちょっと遊び心のあるデザインでも良かったのかな?とも思いましたが、無駄を省いてこその機能美ということで納得しておきます。

クールはカッコイイの方のクゥ~ルです!

Img_1057

豊富に揃えられたヘッドホン出力です。

フォーン×1、3ピンXLR×1、4ピンXLR×1と、どんな端子が来ても大丈夫なよう万全の体制です。

その昔、古謝もヘッドホンにハマッていた頃を思い出します。リケーブル用のバランスケーブルたくさん持ってるけど最近使ってないなぁと遠い目をしたくなりました。

Img_1059

背面です。

入力はデジタルだけですが、こちらも豊富にそろっています。

光×2、同軸×2、USB×1、AES/EBU×1とデジタルなら何でも来いスタイルです。

出力はアンバランス×1、バランス×1となっております。

Img_1061

そして、バランス出力は2番HOT/3番HOTの切り替えができるのでどんなアンプにも対応します。まさになんでもありのバーリトゥード。

DACとしての仕事を最大限にこなしています。

今回は純粋にDACとして動作確認、改め試聴してみました。

少しカッチリ目でハッキリ、クッキリ高解像度と同社のプレーヤーやアンプと同傾向だと感じます。

見た目そのままの音がするイメージ。

フルバランス回路を搭載しているとのことなのでバランス接続での試聴でしたが、S/Nが高く爽やかで明るめの音調です。

ヘッドホンでの動作確認はまだ行っていませんが、そのうち試してみたいと思います。

そんな、コンパクトで多機能なPioneerさんのUSB-DAC兼ヘッドホンアンプ「U-05」がアバック沖縄店に中古入荷しております!

現行品で人気モデルですので、興味を持たれた方は早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2016年11月27日 (日)

【沖縄店】特選商品ご紹介!YAMAHA 「CD-N500」(中古品)!

Koja

こんにちは、そろそろ何か買いたい病が発病しそうな古謝です。忙しくなると買い物でストレス発散する危険な癖。

さて、今回ご紹介するのはYAMAHAさんのネットワーク対応CDプレーヤー「CD-N500」(中古品)です!

Img_1044

正面です。

最近ではプリ(ボリューム)内蔵CDプレーヤーなんてのも増えて来ましたが、古謝は未だにCDプレーヤーに付いている回転ノブに違和感があります。

まぁ、この「CD-N500」の回転ノブは認識しているファイルやフォルダの選択用のようですが・・・慣れでしょうか。

ボタンの配置や全体的なデザインはヤマハさんらしいシンプル&スタイリッシュに整っています。

クールというよりは清潔感が漂っています。

Img_1048

音叉マークがカッ(以下略。ヤマハさんのご紹介のときは一回やっておきたい。

USB端子はUSBメモリやiPhone、iPodからの入力に対応しています。プスっと差してやりましょう。

Img_1046

背面です。ちとぼやけていますね。

分かりにくいですが、出力はシンプルにアナログRCA×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1となっております。

ネットワーク対応なのでLAN端子も付いています。ぜひともwi-fi環境を構築して、機能をフルに使ってあげてください。そうすると、

Img_1051

専用アプリを使えばスマホやタブレットからの操作が可能ですし、ネットワークプレーヤーとしても機能します。

Img_1049

また、ネットワークオーディオに必要なNASが無くてもスマホやタブレットに音楽ファイルが入っていればwi-fi経由で再生が可能です。

NASはあとから用意しても良いので、これからネットワークオーディオを始めてみたいという方にピッタリかと思います。

今、古謝のスマホにはこんなのしか入っていませんでした。許して下さい。

古謝がヤマハさんの紹介をすると贔屓でベタ褒めになってしまうのであまり多くは語りませんが、細やかで軽やかで清楚な音がします。

日本語に訳すと重心が気持ち高めで輪郭のハッキリとした、綺麗に整った感じの音調です。もちろん古謝の聴感上です。

そんな訳で、いろんな使い方が出来る便利なYAMAHAさんのネットワークCDプレーヤー「CD-N500」がアバック沖縄店に中古入荷してまいりました!

直ぐに試聴出来るようセッティングしておりますので、興味を持たれた方はぜひ愛聴盤のCD、もしくはUSBメモリに音楽ファイルを入れてお持ち下さい。

中古品は巡り合わせですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

宜しくお願い致します。

2016年11月19日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!marantz 「SA-14S1」(中古品)!

Koja

こんにちは、そしてお久しぶりでございます。古謝です。生きてました。

さて、今回も良いお品が入荷してまいりましたよ。今回はmarantzさんのSACDプレーヤー「SA-14S1」(中古品)のご紹介です!

Img_1034

伝統のmarantzゴールド。ハデさを抑えた上品な色合いです。

素材の質感を活かしたクールなデザインなのですが、そのせいかボタンが小さめでちょっと戸惑います。リモコン操作推奨。

本体操作の場合、人間は本能的に大きなボタンを押したがるのかイジェクトしようと電源ボタンを押してしまいそうになります。・・・古謝だけでしょうか。

Img_1037

恒例の型番アップです。

marantzさん特有の高いS/Nの中に煌く高域を象徴するかのような星マーク(だと古謝は勝手に思っています。)が素敵です。

澄んだ夜空に輝く一番星のような音。古謝のmarantzさんへのイメージです。

Img_1038

正面アップ。

USBメモリからの再生やヘッドホン出力も備えています。真ん中には押したくなる誘惑の電源ボタン。

Img_1039

背面です。

出力はシンプルにアナログはRCA、デジタルは同軸と光になっております。

Img_1040

デジタル入力には同軸と光に加えUSBにも対応しているので、USB-DACとしての使用も可能です。

PCM192khz/24bit、DSD5.6MHzまでのサンプリング周波数に対応しているので、ハイレゾ再生もドンと来いです。

早速チェックも兼ねて音出しをしてみましたが、古謝の知っているmarantzさんの音で安心しました。

静けさの中にちょこっとアクセントのある高域が魅力的で、破綻の無い、バランスが整った上品な音調です。

ワイドレンジで広がりのある音の出方をするようなので、クラシック等をかけるとあの独特のホール感、ステージ感をしっかり表現できるのではないかと思います。もちろん思っただけです。

そんな、ちょっと澄ましたmarantzさんのSACDプレーヤー「SA-14S1」が綺麗な状態で中古入荷してまいりました!

すぐに試聴出来るようセッティングしておりますので、興味を持たれた方はぜひ愛聴盤をお持ちになってご来店ください。

古謝の感性は良く分からない方向を向いているので、実際に試聴された方が確実です。

中古品は巡り合わせですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2016年11月 7日 (月)

【沖縄店】Pioneer「SC-LX901」展示開始!!

Koja

こんにちは、トップとか最上位とかフラッグシップとかありがたみが増す響きが大好きな古謝です。

皆さんも声に出して見て下さい。テンション上がりますよ?

さて、そんな訳でアバック沖縄店でも遂に展示致しました!PioneerさんのフラッグシップAVアンプ「SC-LX901」でございます!

Img_1024

1枚目に撮った写真はガッツリ顔が写っていたので2枚目を採用。これでもぎりぎり。

展示致しましたと言っておきながらまだ開封したばっかりです。

ちょっとぼやけて分かりづらいかもしれませんが、11.2chの表示が凄く主張してきます。後光が差してますからね。どうしても目が行ってしまいます。

今までと同じサイズで11ch分のアンプを搭載したことは、別途アンプを追加したいけど置くスペースががが・・・と悩まれていた方に朗報となったのではないでしょうか。

Img_1026

最近は恒例をサボっていたので載っけときますね。

Img_1028

トラップドアを開いてみましょう。

ボタン配置等は前モデルの「SC-LX89」と変わりないです。

まぁ、毎モデル配置やデザインが変わっても逆に使いづらくなるのかなと最近思ったりもします。

変わらない良さもあります。あると思っておきます。

Img_1029

目玉の背面画像です。

11chアンプ搭載なので、このスピーカー端子がアサインの振り分けではなく、しっかり全部使えます。素晴らしい。

夢の7.1(2).4chのオブジェクトオーディオ再生がこの「SC-LX901」単体で可能となります。

これはもうやるしかないという気にさせてくれます。

Img_1033_2

前モデルと変化があったリモコンです。

シンプルにまとまっていて非常に素晴らしいと思います。

AVアンプのリモコンは自分がどれを押したか分からなくなるくらいボタンがたくさんありますが、実際に使うボタンってこれくらいかと思います。

今回のモデルチェンジで古謝が一番感動したのがこのリモコンでした。しんぷる・いず・べすと。

きっと皆さまもお待ちかねだったと思います。

Pioneerさんの新フラッグシップモデル「SC-LX901」をアバック沖縄店にて展示を開始致しました!

届いたばかりなのでセッティングもまだなのですが、いち早く皆さまに展示開始をお知らせしたく、ブログのフライングアップです。

夕方頃にはちゃんと視聴出来るようセッティング・・・して・・・おきます!たぶん大丈夫。

是非ともこの機会にPioneerさん渾身のフラッグシップモデルをご体験下さい。

それでは、宜しくお願い致します!

2016年10月29日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!ONKYO「TX-NR929」(中古品)!

Koja

こんにちは、最近テレビの音に不満を感じる古謝です。2ch専用でARC対応の小型AVアンプとかないかしら?と思ったり思わなかったり。

さて、今回ご紹介するのはONKYOさんの記念モデルAVアンプ「TX-NR929」です!

Img_1018

顔が写らないよう必死です。

お久しぶりにONKYOさんのAVアンプが入荷してまいりました。

多少の使用感はございますが、キズも無く綺麗な状態です。

Img_1020

トラップドアオープンです。

ボタンが横にスパパパパっと並んだ珍しい配置となっております。

スペース的には余裕があるのでもう少し押しやすい大きさでも良いかな?とも思いましたが、本体側で操作することも少ないのでこれで良いんだと納得しておきます。

Img_1022

背面です。

少し前のモデルになりますが、Wi-fiやBluetoothに対応しており、かゆい所に手が届いている仕様になっております。

9ch×150W(6Ω)アンプ内蔵、HDMI入力9/出力2、ネットワークオーディオ機能搭載や4Kアップコンバート機能等、現行のモデルと比べても使い勝手は劣りません。

THXとパートナーシップを始めてから20周年を記念した、気合の入ったモデルです。

音質はONKYOさん伝統の迫力あるハデ目な音調で、SF系のアクション映画等に合いそうです。

スターウォーズのライトセイバーがブンブン言う効果音に凄く躍動感を感じます。作られた音に対して納得してしまう説得力があります。

最近のピロピロした電子音の入ったロック等にもマッチしてくれそうです。

そんなONKYOさんの近未来を感じられるAVアンプ「TX-NR929」が中古入荷しております。

中古のスピーカー等もいろいろと入荷しておりますので、今ならお得にサラウンドシステムを組むことが可能です!

これからシアターを始めてみたいと検討されている方に是非ともオススメしたい一品です!

やっぱり1台限りの早い者勝ちですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2016年10月21日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!DENON 「PMA-2000RE」(中古品)!

Koja

こんにちは、レバーやノブはやたらと触りたくなる古謝です。ボリュームのうにゅ~感やリレーのカッチン感が無駄に好き。

さて、今回ご紹介するのはDENONさんの大人気プリメインアンプ「PMA-2000RE」です!

タイトルでネタばれしているのに毎回この入りはどうかと最近思わなくも無いですけどそのまま進めさせて頂きます。

Img_1011

真ん中にドンっ!と付いているボリュームノブが印象的なDENONフェイスです。

すぐにDENON製品だと分かる伝統のシンボリックデザイン。すごく大事だと思います。

この伝統の雰囲気からか、重厚感が漂っています。まぁ、実際にも重いのですが。

ですので、古謝の腰が悲鳴を上げないようラックの下の方に納めさせていただきました。許せPMA-2000RE。

Img_1012

背面です。良く見なくてもなかなかに多機能です。

バイワイヤリング対応で、パワーダイレクトインとプリアウト、RECアウト搭載、内蔵のフォノイコライザーはMM/MC両方に対応と、既存のシステムにも組み込みやすく、AVやアナログとの親和性も高いどこにでも使える仕様となっております。

軽く動作チェックがてら音出しをしてみましたが、安定のデノンサウンドでした。

しっかりとした低音に支えられたコシのある音調です。古謝の個人的な印象ですが、このモデルから音のメリハリや押し出しが良くなり、どんなジャンルもそつなくこなしてくれそうな気がします。気がするだけです。

まぁ、古謝の印象はともかくとして、この「PMA-2000RE」はいろんな賞を受賞し、生産完了まで常に人気モデルランキングの上位にランクインしていた正真正銘の実力機であることは間違いありません。

そんなDENONさんの安定感が高すぎる万能プリメインアンプ「PMA-2000RE」の中古品が入荷しております!

大人気モデルですので早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

ぜひ、このチャンスをお見逃し無く!

それでは、宜しくお願い致します。

2016年10月13日 (木)

【沖縄店】特選商品ご紹介!DENON 「AVR-X4200W」(展示品)!

Koja

こんにちは、最近買い逃しを後悔している古謝です。買ってから考えるが座右の銘だったはずなのになぜ迷った・・・

解:純粋にお金がありませんでした。

さて、今回ご紹介するのは展示処分品でございます。お品はDENONさんのミドルクラスAVアンプ「AVR-X4200W」です!

Img_1006

化身の話は古謝自信が飽きたので無しです。

正面です。見た目としては・・・伝統のお顔ですが、コストを抑える為にはしょうがないのかもしれません。性能は代を重ねる毎に上がっていっているので笑顔で迎えてあげてください。

まぁ、このシックな佇まいは古謝は好きです。

TVボードに納めても視界の邪魔ならない控えめなデザインは、やっぱりそういう風に納める事も考えられているのかなとも思います。

Img_1009

背面です。

古謝はAVアンプの背面を見るたびに全ての端子を埋めたくなる衝動にかられます。

基本スペックは、定格出力125Wの7chアンプ搭載でドルビーアトモス、DTS:X対応になります。ですので、この「AVR-X4200W」単体で5.1.2のシステムが組めます。また、外部パワーアンプを組み合わせる事によって、9chまでのサラウンドシステムの構築が可能です。

HDMIは8入力/3出力(一つはZONE2用)となっており、すべての入出力がHDCP2.2に対応しているので、どこにつないでも4K映像コンテンツをお楽しみ頂けます。

他にも、ネットワーク機能が充実しています。Wi-fi機能を搭載しているので設置場所を選ばず、ハイレゾ音源を再生可能なネットワーク機能やインターネットラジオ、AirPlayを楽しめますし、Bluetoothにも対応しているのでお手軽にワイヤレスで音楽を再生できます。

最近のAVアンプは皆そうですが、欲しい機能が全てコミコミなオールインワン性能をしているのでコストパフォーマンスが極めて高いと思います。

この「AVR-X4200W」も例に漏れずあれもこれも出来てコストパフォーマンスが高いのに加え、機能の安定性も良く古謝の信頼度も高いです。

そんな充実した機能でシアター/オーディオを楽しめるDENONさんのAVアンプ「AVR-X4200W」を展示処分品として放出致します!

もちろん、展示品ですのでメーカー保証が1年間付きますし、付属品も元箱まできちんとそろっております。

とても人気があった製品ですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております!

やっぱり1台限りです。この機会をお見逃し無く!

それでは宜しくお願い致します。

2016年10月 8日 (土)

【沖縄店】視聴用UHD-BDデモソフト続々入荷中です!

Koja

こんにちは、謝罪王古謝です。すみません!ズートピア凄く面白かったです。

アナと雪の女王でもそうでしたが、ディズニー侮っていました。超すみません。古謝的にズートピアかなりオススメです。

さて、今回はタイトル通りUHD-BDのデモソフトが続々入荷しておりますので、そのご案内です。

Img_0998

今回入荷したのはこの3タイトルです。

Img_1003

まずは、通常のBDのデモでもかなりお世話になったオブリビオン。

4K UHD-BDになってBDでも綺麗だなと思っていた映像がさらにきめ細かくなって帰ってきました!

さらにHDRの効果でBDでは少し眩しいと感じていたシーンが自然になっています。

作品自体がSFなのでリアルな感じと言って良いのか疑問ですが、空の明るさや川の照り返し、登場人物の肌の感触等がよりナチュラルな表現になっているように思います。

Img_1004

続いては、例の問題作デッドプールです。

内容があまりにもアレなので、UHD-BDだとかHDRだとかドルビーアトモスだとかあまり気にして観る映画では無いかとも思いますが、映像は綺麗です。音も良く回ります。う~ん。

向こうではこれを見てアッハッハなんでしょうか。立ち位置的には変態仮面と同じ感じらしいです。好きな人は好き。むぅ。

Img_1002

そして、エクソダス神と王です。

・・・すみません。こちらもまだ見れていません。モーセの十戒の話ですが、内容的にはスリーハンドレットのような感じなのでしょうか。今度じっくり観てみようと思います。

このような感じでUHD-BDのデモソフトがアバック沖縄店に続々と入荷中です!

通常のBDソフトとの見比べも出来ますので、この連休はぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します!

2016年10月 6日 (木)

【沖縄店】特選商品ご紹介!Pioneer 「BDP-LX58」(中古品)!

Koja

こんにちは、相変わらずHDMI端子で感電している古謝です。あれって待機電力でもビリっときますね。皆さまもお気をつけ下さいませ。

さて、今回ご紹介する特選中古品!は高いコストパフォーマンスを誇るPioneerさんのBDプレーヤー「BDP-LX58」です!

Img_0991

黒が潰れて良く分かりませんが、アルミを押し出した高級感のある黒で結構存在感があります。

それプラス、面取りされた下部がクールなアクセントになっているスタイリッシュなデザインです。

古謝の写真の腕が良ければもっとカッコ良く写してあげれたのかもしれませんが今回はこれで勘弁してください。

このシャーシは剛性を高め、不要な振動の排除を徹底した新開発されたものらしく、なるほどズッシリとしています。映像にも音にも効いていそうです。

Img_0985

背面です。

こちらもスタイリッシュもといシンプルです。HDMI出力が2系統ありますので、デュアルで出力したり、セパレート設定で映像と音声を別々に出力できます。トコトンこだわりましょう。

他にもDLNA1.5に準拠していますので、ネットワークに繋げばPCやNAS等に保存した動画、音楽ファイルの再生が可能です。

やはり、再生専用のBDプレーヤーだけあって映像も音も質が高いように感じます。

表現が合っているか微妙ですが、レコーダーと比べると画質も音質も密度が濃い印象です。

レコーダーの映像ってあっさりしてますよね?・・・古謝の勘違いでしょうか。

今、レコーダーをお使いで質のグレードアップを検討されている方にオススメです。

もちろん、シアターシステムを検討中で最初から基礎をがっちり固めたいという方にも良いプレーヤーかと思います。

そんな、万人にオススメなPioneerさんのBDプレーヤー「BDP-LX58」が大変綺麗な状態で中古入荷してまいりました!

中古品はめぐり合わせですので思い立ったら早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2016年10月 4日 (火)

【沖縄店】本日、正午より営業致します。

Koja

こんにちは、アバック沖縄店です。

アバックホームページの臨時休業のご案内では本日15時まで休業とありますが、思いのほか台風が早く通過した為、本日お昼の12:00より営業致します。

まだ少し風が強いですが、ぜひ遊びにいらして下さい。

宜しくお願い致します。

2016年9月26日 (月)

【沖縄店】特選商品ご紹介!YAMAHA 「RX-A1030(B)」(中古品)!

Koja

こんにちは、最近メインのCDプレーヤー「CD-S2000」の調子が良くない古謝です。そろそろオーバーホールな時期かも知れません。冗談抜きで落ち込んでいます。はい。

さて、久しぶりの特選中古品のご紹介ですが、またしても古謝が大好きなYAMAHAさんのご紹介になります。たまたまですよ?

Img_0962

今回のお品はAVアンプの「RX-A1030(B)」です!・・・ディスプレイに写りこむ何かは、もうオプションだと思ってください。

YAMAHAさんのAVアンプ「AVENTAGE」シリーズのエントリークラスのモデルになります。

この「RX-A1030」を紹介するべく色々調べると、「RX-A1030」、「RX-A2030」、「RX-A3030」の3機種はモデルごとに別々の技術者がチューニングを担当しているようで、「RX-A1030は20代の若手技術者がチューニングを担当したので音が快活だ」との事です。

こういう謎の企画を通すチャレンジ精神高めなヤマハさんがますます好きになりました。

ちなみに「RX-A2030」は30代の技術者が担当して大人な音調に、「RX-A3030」は40代の技術者が担当しベテランの音に仕上がっているそうです。ツッコミたいですけどボケ担当なのでガマンします。

Img_0964

恒例の型番アップです。音叉マークが以下略

Img_0965

トラップドアオープン。さすがにこの頃にはボタン配列等もまとまってきた感があります。

Img_0968

背面です。

7ch×110Wのパワーアンプを搭載しております。

他にもAirplayや専用アプリを使ったAndroidからのワイヤレス音楽再生、別売のオプションを接続すればBluetooth再生にも対応しています。また、ネットワークに繋げばNASやパソコンに入っている音源も再生可能ですので、リビング等に置いてレシーバー代わりに使っても良いかもしれません。

ドルビーアトモス等のオブジェクトオーディオやHDR映像には対応しておりませんが、これからシアターを始めようと検討されている方の始めの一歩として、また、ARC機能を搭載していますのでスピーカーを使ってテレビの音質を良くしたいと考えられている方にオススメです。

そんな20代の技術者が頑張って音作りをしたかも知れないYAMAHAさんのAVアンプ「RX-A1030(B)」が綺麗な状態で中古入荷しております!

もちろん1台限りの早い者勝ちですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

実はブログでご紹介出来ているのはほんの一部で、現在ぞくぞくと中古品が入荷しております!

リーズナブルに手に入る綺麗な中古品をお探しの方はぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

スタッフ一同お待ちしております!

それでは、宜しくお願い致します。

2016年9月22日 (木)

【沖縄店】EPSON 「EH-TW8300」展示開始!!

Koja

こんにちは、最近プロジェクター本体の操作ボタンに助けられた古謝です。無くても良いと思っていたのにゴメンね。

さて、新規展示のご報告が続きますが、今回お知らせしますのはEPSONさんのハイコストパフォーマンス4Kプロジェクター「EH-TW8300」です!

Img_0974

先日行われました「EPSON EH-TW8300Wスペシャルイベント」も大好評でしたので。と、いうだけではありませんがアバック沖縄店にて展示開始です。

前モデルの「EH-TW8200」よりサイズ的には少し大きくなりましたが、丸みを帯びたデザインのおかげかそこまで圧迫感を感じません。他のプロジェクターと並べなければ気にならない・・・かもしれません。気になる?

Img_0973

正面です。

「EH-TW8200」同様レンズシャッターが付いていますが、いっそこれも白の方が潔かった。と感じてしまうのはわがままでしょうか。白大好き古謝です。

Img_0978

背面もカバーが付いていて、中に各種入力端子が隠れています。段差がついたオシャレなデザインですが、今回展示するのはワイヤレスモデルの「EH-TW8300W」ではないので容赦なく外します。

Img_0975

右側面に電源ボタンや操作ボタンが設置されていますがやはりカバーで隠れています。

本体のボタンは普段使うものでもないのでそっと閉じておきませう。

きっと必要になる時が来ると思います。(体験談)

Img_0970_2

天吊り金具に設置しましたがこんな感じです。

黒がスッキリ見えてるだけです!目の錯覚です!と、言いたいのですがやっぱりちょっと大きいです。

この感じはEPSONさんのフラッグシッププロジェクター「EH-LS10000」を彷彿させますな。

「EPSON EH-TW8300Wスペシャルイベント」でも感じたことなのですが、この「EH-TW8300/W」はEPSONさん独特の明るさと広いシフト範囲で設置する環境を選ばない優れた設置性はそのままに、4K/HDRに対応したことで4Kシアターの窓口を大きく広げたように思います。

4K/HDR映像やシアターはハードルが高いイメージがありますが、この「EH-TW8300/W」の登場でリビング等でも気軽に高画質のシアターをお楽しみいただけます。

そんな、だれもが求めた「4Kシアターをお手軽に」を実現させたEPSONさんのプロジェクター「EH-TW8300」をアバック沖縄店にて展示を開始致しました!

先日展示しましたPanasonicさんの「DMP-UB900」とのセッティングで、UltraHD-BDの美しい映像をご体験頂けます。

これからシアターの導入を検討されている方はぜひご覧になって頂きたいと思います。

その場合、前もってご連絡いただけるとスムーズにご案内できます。

視聴用Ultra-BDソフトを多数ご用意して皆さまのご来店をお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2016年9月17日 (土)

【沖縄店】TECHNICS 「SL-1200G」を展示開始!その2

Koja

こんにちは、最近は週1でアナログレコードを購入している古謝です。完全に買い物依存症。

さて、今回もTECHNICSさん待望の最新レコードプレーヤー「SL-1200G」のご紹介です。

前回は入荷のご案内くらいしかできなかったので、今回は古謝が見た・聴いた・さわった雑感等を古謝の頼りにならない第六感でご紹介していきたいと思います。

Img_0954

外見は従来の「SL-1200」の姿をそのまま引き継いでいます。と、いうか「SL-1200」の名を引き継ぐ以上この姿は変えられないのかもしれません。

それくらい世界に浸透したシンボリックな存在かと思います。多分、オーディオに興味が無い方でレコードプレーヤーと言われて一番最初に出てくるイメージがこの姿ではないでしょうか。世界で最も有名なプレーヤーだと古謝は勝手に思っています。

が、しかし中身はかなり進化しています。

まず、重い。重いんです。古謝は「SL-1200MK5」を触った事がありますが、明らかに重くなっています。たしか「SL-1200MK5」は12kgくらいだったかと思うのですが、この「SL-1200G」は18kgになっています。

新開発されたコアレス・ダイレクトドライブ・モーターを4層構造の筐体に納め、そのトップパネルには10mm厚のアルミを使い、徹底的に耐震性と剛性を高めており、その結果、「SL-1200MK5」のイメージで持ち上げようとすると持ち上がらない重量になっています。

また古謝が大げさな事言ってるなぁと思われる方もいらっしゃると思いますが、ガチな感想です。

Img_0957

DJ用途でもしっかり使えるようスタイラスライトが付いています。

DJの皆さんにも絶大な人気を誇る「SL-1200」シリーズですが、最新作「SL-1200G」は少し音作りが異なるようです。

比較が「SL-1200MK5」になりますが、いろんな意味?で大味でパンチ力のある部分は落ち着いてS/N比の良い繊細で透き通った印象を受けます。

しかし、抑揚の無い淡白な感じではなく、レコードに記録された音楽の躍動感や芯のある音をしっかりと再生してくれますので、DJの皆さんにも安心してお使い頂けます。

オサレなラウンジでハウスDJをされている方に合うようなイメージを持ちました。この「SL-1200G」でFantastic Plastic Machineを聴いてみたいです。

また、新開発のモーターにより従来機よりも回転トルクが上がっているそうで再生音に安定感があります。

ここはリスニングでも、DJ用途でも大事な所で、音の立ち上がりに速さやブレの無い再生に貢献しています。

試しに、レコード盤のほこりをふき取るレコードクリーナーを押し付けても回転速度が落ちませんでした。良い子は真似しない様に。

Img_0956

Img_0959

Img_0960

アーム部です。マグネシウム製のS字ユニバーサルタイプとなっております。

精度がだいぶ高いようで、軽く、滑らかに動きます。アームリフターの下る速度も絶妙でゆっくりと滑らかにレコード盤の上に針を落としてくれます。

素材をマグネシウムにしたことで、より軽量化を図り、かつ滑らかな動きで正確なトレースを実現しました!と公式ページに書いてありました。インターネット万歳。

さて、とにもかくにも試聴です。試聴は當山店長のカートリッジコレクションよりシュアー「V15TYPE III」で行いました。

・・・出てきた音はもう古謝の知っている「SL-1200」ではありませんでした。

先にもちょろっと述べていますが、S/Nの良さが物を言うような雑みのないスッキリした音調です。

安定した回転と徹底した振動対策でにごりの無い音というのが第一印象でしょうか。

どちらかというと現代的なクールな感じですが、この辺りはカートリッジ、アンプでどうにかなるかと思います。

ですので、プレーヤー自体は最近録音された音源が合うのかな?と思います。JAZZならロバート・グラスパーがスタイリッシュに、POPSならシャンティが爽やかに歌ってくれました。

と、ここまで語っといてなんですが古謝個人の感想なので、残念な感想文くらいに思って読んで頂けると助かります。

そんな、皆が待ちわびたTECHNICSさんのレコードプレーヤー最新作「SL-1200G」をアバック沖縄店にて展示しております!

お客様のご協力により置かせていただいているので、興味のある方は早めにご来店下さい。

その場合、前もってご連絡いただけると案内がスムーズです。ぜひ愛聴盤をお持ちになって遊びにいらして下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2016年9月15日 (木)

【沖縄店】TECHNICS 「SL-1200G」を展示開始!

Koja

こんにちは、告知ぶっちの古謝です。お待たせして申し訳ございません。

遂にアバック沖縄店にあのレコードプレーヤーが入荷してまいりました!

人気を博したTECHNICS「SL-1200」シリーズ最新作「SL-1200G」です!

Img_0951

またしてもお客様が購入された物ですけどね。

古謝が指を加えて眺めていたらお客様が諦めて置いて行きました。すみません、嘘です。

「スクラッチするなら自分の針でやってね。」と冗談なのか本気なのか分からない注意を受け、お客様のご好意で貸し出して頂きました。

Img_0947

少し前にテレビ番組でやっていました、苦労したと言われるアーム部です。

マグネシウム製のS字ユニバーサルタイプになります。オールシルバーで筐体とマッチした綺麗なトーンアームです。

Img_0936

Img_0952

10mm厚のアルミトップパネルです。振動を嫌うレコードプレーヤーにとってこのパネルはカッコイイ以上の意味があると思います。

Img_0941

Img_0942

フォノケーブルをつなぐ端子はRCAタイプになっていて着脱可能です。電源ケーブルも交換できます。重度電線病患者の古謝大喜び。

音出しはこれからですが、そんな訳で皆が待ちかねたTECHNICSさんのレコードプレーヤーの最新作「SL-1200G」をアバック沖縄店にて期間限定で展示しております!

當山店長のカートリッジコレクションより、シュアー「V15TYPE III」やDENON「DL-103」等をご用意しておりますのでぜひこの機会に愛聴盤をお持ちになって遊びにいらして下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

また、快く展示にご協力いただいたT様ありがとうございました。

2016年9月13日 (火)

【沖縄店】TECHNICS 「SL-1200G」 展示もうしばらくお待ち下さい。

Koja

申し訳ございません。先に謝っておきます古謝です。

先日、「テクニクス SL-1200Gが9/12に入荷致します!お楽しみに!」と告知しておりましたが、手違いで9/15入荷になりそうだということが判明致しました。

9/16頃にはしっかりと試聴できるようセッティングをしておきますので、楽しみにされていた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが今しばらくお待ち下さい。

入荷致しましたら、また駄文でお知らせ致します。ぜひ愛聴盤をお持ちになって遊びにいらして下さい。スタッフ一同お待ちしております。

今度こそはきっと・・・大丈夫だと思います。

宜しくお願い致します。