« 2020年6月 | メイン | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

【沖縄店】ISOTEKクリーン電源フェア開催告知!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

この度、メーカーさんのご厚意によりISOTEK社クリーン電源各種をお借りすることができましたので、これを機にクリーン電源聴き比べイベント「ISOTEKクリーン電源フェア」を開催したいと思います!

Evo3_aquarius_img EVO3 AQUARIUS

Nova_l2 EVO3 NOVA

Titanone_l EVO3 TITAN ONE

Ev03_titan_img EVO3 TITAN

Evo3supertitan EVO3 SUPER TITAN

これらのラインナップで機種をご用意できました。

電源聴き比べなんて、あまりにマニアックすぎるイベントですがそうそう行えるような企画ではありませんし、エントリーからハイエンドまで一堂に揃う機会も滅多にありませんので、「電源環境でどれだけ音が変わるのか?」「質の良いクリーン電源を探しています。」そんな、少しでも興味のある方にはまたとないチャンスです!

イベントは予約制ですので、ご来店される際は事前にアバック沖縄店へご連絡下さい

ご希望の方には「EVO3 SUPER TITAN」以外の機種をお貸出し可能です。ご自宅のシステムに使用されたい場合は店舗スタッフへお声かけ下さい。

フェア開催期間は8/1~8/20までとなっておりますので、ぜひともアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

それでは、皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

2020年7月20日 (月)

【沖縄店】DENON「AVR-X4700H」常設展示開始!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

これは皆さんお待ちかねだったと思います。

DENONさんのAVアンプニューモデル「AVR-X4700H」の展示機が届きました!

Img_4173

Img_4175

Img_4180

モデルチェンジということで前モデルと比べ、外見はさほど変わりませんが・・・

端子類をよ~く見てみると、

Img_4183_2

ありました。今回のモデルチェンジの目玉機能8K信号のIN/OUTです。

8Kチューナーを積んだレコーダーはまだ登場していませんが「AVR-X4700H/X6700H」に8K入力端子が搭載されたことで、これはもしや・・・そろそろ出るのか?なんて期待を抱いてしまいます。

そんなわけで、DENONさん待望のニューモデル「AVR-X4700H」の常設展示を開始しました。

これからセッティングですので、まだ音・映像は確認していませんが取り急ぎ常設展示のご案内でした。

夕方ごろにはセッティングも完了していると思います。

人気機種のニューモデルですので、視聴は事前にアバック沖縄店(098-943-9178)にご連絡頂けるとスムーズにご案内できます。

今なら、古謝より早く視聴できるチャンスですよ。

それでは宜しくお願い致します。

2020年7月17日 (金)

【沖縄店】Nmode「X-PM3 FT」、「X-PS3」を期間限定展示!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

ただいま、メーカーさんのご厚意で1bitプリメインアンプ「X-PM3 FT」と強化電源「X-PS3」をお借りして展示しております。

Img_4082

こちらが1bitプリメインアンプ「X-PM3 FT」です。Fundamentalとコラボレーションした限定モデルとなります。

ラインナップには通常モデル「X-PM3」もあります。Img_4089

背面にはスピーカー端子とアナログ入力3つにクロック入力があります。

同じサイズのマスタークロックもあるみたいなんですよねぇ。

Img_4094

そして、こちらが強化電源の「X-PS3」です。でっかいトランスがドンッと入っているようで、コンパクトながらずっしり感があります。

Img_4086

Img_4092

まぁ、ご覧の通りと言いますか、非常にコンパクトです。両方とも横幅がハーフサイズの210mmしかありません。このサイズ感だけで購買意欲を刺激されます。小さいことは良いことだ。

まずは「X-PM3 FT」単体で聴いてみました。

出力は19W(4Ω)しかありませんが、すぐそばにあったB&W「805D3」をつないで鳴らしてみたら音が出た瞬間から笑いが噴き出るくらい凄い音で鳴り始めてびっくりですよ。なにコレ凄い。

「X-PM3 FT」自体にそれほど色の付いた音はしていないようなのですが、全体的にしなやかでハリのある音で高い解像度と脅威の定位感を感じさせてくれます。そして音が速い。

もちろん「805D3」自体にも高い解像度、音離れの良さはありますが、実は「805D3」からこの魅力を引き出すのはなかなか難しいと古謝は思っています。

B&W800モデルもD3シリーズになって鳴らしやすくなったとはいえ、簡単に鳴ってくれる相手ではありません。しかし、この小さなアンプは「805D3」の実力をしっかりと引き出しているように感じます。これは高い駆動力のなせる業で、ここまでしっかり鳴る805は久しぶりに見ました。

次に、強化電源「X-PS3」を足して聴いてみます。

基本的な音調は変わりませんが、低域の深みと音の彫りの深さが出てきました。アナログ的な低音の粘りに支えられて、中高音がスーッと伸びていきます。彫りの深さが出てきたということは、S/Nが上がったということでしょうか。音色が濃くなるのとはちょっと違う感じで、イメージ的にはHDRの黒を見ている気分です。そこにある音に対してさらに細かく拾えるような、漠然としていますがそんなイメージです。

「X-PM3 FT」単体でも良い音なのですが、「X-PS3」を一度つないでしまうと外せなくなってしまいますねぇ。そもそも外付けの電源ってカッコ良いですよね。

困ったことに買わねばという使命感に駆られています。もう置く所も鳴らすスピーカーも無いっス。

ごちゃごちゃと並べましたが、それくらい興奮して書いています。

結局、結論としてなにが言いたいのかというと、「一度聴いて下さい。凄いから」です。

そんな、ハーフサイズながらその筐体に隠しきれない性能を秘めたNmodeさんの1bitプリメインアンプ「X-PM3 FT」と強化電源「X-PS3」を7月いっぱいの期間限定でご視聴頂けます。

興味のある方はぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

ご案内をスムーズに行うため、視聴はアバック沖縄店(098-943-9178)へご連絡頂けると助かります。

それでは宜しくお願い致します。

2020年7月10日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!ONKYO「CP-1050」(中古品)!

Koja

こんにちは、沖縄のホームシアターショップ「アバック沖縄店」です。

今回は、ONKYOさんのレコードプレーヤー「CP-1050」が中古入荷しましたのでご紹介したいと思います。

Img_4040

Img_4043

Img_4046

エントリーモデルといえばフルオート/セミオートの機種が多く、それはそれでお手軽で便利なのですが、いざカートリッジを変えてみたい・ケーブルを変えてみたい。となったときに対応出来ない物も多いです。

この「CP-1050」はエントリーモデルながら、操作はフルマニュアルなのでレコードプレーヤーの基礎的な操作やセッティング・調整方法を学べる、レコードプレーヤー初心者にとって始めの一歩にして次への一歩になる大事な機種だと思います。オーディオ沼にハマるきっかけとなる素敵な一台となるでしょう。

早速、動作確認改め軽い音出しチェックをしてみました。

最近のオンキヨーさんの傾向ですかね、パリッとした軽快な音調です。

「CP-1050」もポップスに合いそうな感じです。前にご紹介したタンノイさんの「Mercury V1」と組み合わせてperfumeの盤をかけると楽しそうな印象を持ちました。

合わせるアンプにDENONさんのエントリーモデルを持ってきたら、エントリーにして贅沢なアナログシステムの完成です。

これからレコードを聴いてみたいと思われている方にオススメしたいONKYOさんの「CP-1050」です。

アナログレコードでお家時間を素敵に過ごされてみてはいかがでしょうか。

オーディオシステムを持っていなくても「CP-1050」に合うシステムをご提案致しますのでご安心ください。

それでは宜しくお願い致します。