« 【沖縄店】旧盆期間中における臨時休業のお知らせ。 | メイン | 【沖縄店】特選商品ご紹介!ONKYO「CP-1050」(中古品)! »

2017年9月 8日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!Accuphase「A-50」(中古品)!

Koja

こんにちは、自分より軽いアンプは頑張って動かせそうな気がした古謝です。でも、気がしただけでした・・・

さて、今回ご紹介するのはAccuphaseさんのやっぱり重たいステレオパワーアンプ「A-50」です!

Img_4877

前回ご紹介したモノラルパワーアンプ「A-100」の弟分?で、「A-50」はステレオパワーアンプになります。

最早、伝統の面構えです。このデザインに信念を感じます。

最初はいつ見ても、いつも見ているデザインだなとも思っていましたが見慣れると案外可愛いものです。

Img_4888

と、いうことで真正面から。安心のアキュフェーズデザイン。

ホームオーディオ用にハンドルが必要か?なんて思ったりもしますが、この重量になるとハンドルは凄く助かります。特にラックの中に収める時はハンドルに感謝です。

デジタルメーターにL/Rch用のアッテネータ、電源スイッチとパワーアンプなのでシンプルにまとまっています。が、ツボはしっかり押さえていてフロントに電源スイッチがある事、アッテネータがついている事で助かる瞬間は多々あります。

ようやく古謝もこういう所の機能性に気づけるようになってきました。

Img_4882

ごめんなさい。頑張って後ろ側を撮ってみたのですが、これが限界でした。やっぱり重たい。

アキュフェーズさんオリジナルのでっかいスピーカーターミナル装備であらゆる太さのケーブルに対応しています。

また、RCA・XLR端子両対応でブリッジ接続によるモノラルパワーアンプとしての使用も可能です。

Img_4885

真上から見るとやっぱり多節足生物ですねぇ。カニ。

ちょこんとついているボタンでメーターのON/OFFやホールドタイムの切り替えができます。でも、メーターはONの方が絶対カッコ良いです。

最近は現場に出ている事も多いので、まだちゃんと聴けていないのですが動作チェックの時に感じた印象は「軽やかなA-100」です。訳分かんないよね。自分でもそう思う。

当時の音作りと言いますか、熱っぽく艶やかな方向性ではあると思うのですが、「A-100」の様に重さを感じさせる雰囲気では無く、かと言って「A-200」みたいなドスンっ!と来るような感じでも無く、弾むような低音が印象的です。

誤解を与えてしまいそうですが、決して軽い音という事ではありません。軽やかなんです。

試聴で聴いたダイアナ・クラールはドスの効いたハスキーボイスも少し落ち着き、何よりリズミカルでした。

もちろん、以前試聴した「A-100」、「A-200」と比べての話しではありますがノリの良い弟なイメージです。

また、兄貴譲りの駆動力の高さがあるのでどんなスピーカーと合わせてもしっかりと鳴らしてくれそうです。

以上、古謝の感想文でした。

そんな音楽にノリを求めた(かも知れない)弟君なAccuphaseさんのステレオパワーアンプ「A-50」が中古入荷して参りました!

すぐに試聴出来るようセッティングしております。ぜひ一度ご試聴ください!

皆さまのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。