« 【沖縄店】特選商品ご紹介!DENON 「DBT-3313UD」(中古品)! | メイン | 【沖縄店】旧盆期間中における臨時休業のお知らせ。 »

2017年8月25日 (金)

【沖縄店】OPPO「UDP-205」展示開始!!その2

Koja

こんにちは、次回予告なんてするもんじゃないな。と、感じている古謝です。反省はしていない。

なので?、今回こそは新規展示しましたOPPOさんのユニバーサルプレーヤー「BDP-205」の簡単な雑感等を古謝の感覚で取り留めなく綴っていこうかと思います。

Img_4732 正面です。

だいぶ黒が潰れてしまっているので分かりづらいですが、外見は「BDP-105DJP」から少々変化があったように思います。

と、いっても本体のボタン類が「BDP-103DJP/UDP-203」の様に物理的に押しやすくなったくらいなのですが、大事な事だと思います。

特に「BDP-105DJP」の電源ボタンはOPPOさんのロゴマークが印字されている只の出っ張りなので、本体で電源を入れようとしたら電源ボタンを探してしまいます。

リモコン使ったら良いじゃない。と、言われたらそれまでですががが。

Img_4747 そんなリモコンも「UDP-203」より引き継がれた、持ち上げるとボタンのバックライトが点灯するギミックはとても素晴らしいと思います。

アバック沖縄店のシアタールームはちょっとの光も入り込まないよう目張りされているのでデモ時は真っ暗になってしまいますが、そんな時でも僅かな光を頼りにボタンを探すことなく操作が出来るようになった事は進化と呼んで良いでしょう。

古謝的に、これは大げさではなく本当に助かっています。OPPOさんありがとう。

Img_4753 相変わらずスマホの写真で申し訳ございません。

操作感は「UDP-203」同様、キビキビとストレス無く動いてくれます。最近昇天した家のレコーダーが、かなりもっさりしていたのでこの反応速度は感動させられます。

Img_4738 さて、一番重要な画質、音質のお話しをしますと・・・「UDP-203」と比較してすごく良くなっています!

「UDP-203」もコストパフォーマンスは抜群なのですが、画質はもう少し繊細さが欲しいなぁと。

「UDP-205」ではその繊細度もアップし、大味な色味を残しつつより細かい表現が出るようになったと思います。

音の方も、迫力のある低音はそのシーンの雰囲気まで感じられる芯の通った音質だと古謝は勝手に思っています。ライブ映像とかですと、凄く臨場感を感じられるのではないでしょうか。

他にも、OPPOさんのUSB-DAC「Sonica DAC」のDAC回路をそのまま搭載していると言われているUSB-DAC機能も素晴らしく、DSDファイルの再生デモも行っております。

低域の重心がドッシリとした雰囲気による迫力、凄みと言ったら良いのでしょうか、そんなものを感じさせる力強い音調です。

本格的なDSD再生デモは初めてですが、DSD楽しいです。

と、まぁ、いつものように駄文なので結局はお客様ご自信で確かめられた方が確実ということなのですが、この「UDP-205」は古謝としてはかなり衝撃的なモデルです。

音も画も操作性も良く、あらゆるメディア再生が出来る万能さは、これがユニバーサルプレーヤーだっ!と言わんばかりに高性能です。

いろんな機種のニューモデルが出るたびに新機能や性能にビックリさせられるのですが、「UDP-205」は今年の衝撃度暫定1位です。

そんな、古謝が推すOPPOさんのユニバーサルプレーヤー「UDP-205」をアバック沖縄店にて展示開始致しました!

panasonicさんのUHD-BD再生対応プレーヤー「DMP-UB900」や「UDP-205」の弟分「UDP-203」との比較視聴も可能です。

これを機にUHD-BDプレーヤーを検討されている方はぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

宜しくお願い致します!・・・やっぱりまとまりませんでした。