« 【沖縄店】特選商品ご紹介!Integra「DTR-30.4」(中古品)! | メイン | 【沖縄店】OPPO「UDP-205」展示開始!! »

2017年7月28日 (金)

【沖縄店】視聴用デモソフト続々入荷中です!

Koja_2

こんにちは、沢山の方に誕生日おめでとうの言葉を頂いた古謝です。冗談で言ったプレゼント募集にも気を使って頂きありがとうございます。そのお気持ちだけで十分でございます。

さて、今回は新規で入荷しましたデモ用ソフトのご案内です。

Img_4411

今回、入荷しましたのは「シン・ゴジラ」、「ジェイソン・ボーン」、「キングコング-髑髏島の巨神-」です。

UHD-BD作品の中から選んだ當山店長セレクションです。

まぁ、デモソフトを入荷しても古謝が見れていないのはいつもの事なのですが、今回は「シン・ゴジラ」の冒頭30分くらいを時間作って見てみました。

ネタバレ出来るほど見ていないのですが、24分30秒くらいまでは閣僚会議が続きますとだけ感想を残しておきます。

普通のBDディスクとの見比べがまだなのでUHD-BDとしての比較は出来ないのですが、今まで見てきたUHD-BD作品とは異なった画作りになっている作品の様に思います。

そりゃ、今までに見た作品は洋画ばっかりなので、邦画の「シン・ゴジラ」は作りが違うのは当たり前なのかもしれませんが、黒が沈み込むというよりは黒が深い所まで粘っている印象です。

伝わりますか?伝わりませんか・・・

全体的に昭和の日本映画を意識したような質感なので、それが影響しているのかもしれません。

画質の繊細さや色味の細かさと、いうよりは映画館の映像を再現出来ているか。この作品からはそんな印象を受けました。

音に関しても、3.1chという時代に逆行したような謎仕様なのですが、なかなかに迫力もあって面で押してきます。

こちらも映画館仕様といったところでしょうか。

庵野監督のゴジラ作品へのリスペクトを冒頭30分でもひしひしと感じる作品となっています。

以上、古謝の印象をまとめた感想文でした。

「ジェイソン・ボーン」と「キングコング」は・・・がんばって見ておきます。

Img_4414

こちらはお客様よりお借りしている輸入盤のUHD-BDソフトです。T様ありがとうございます。

「パワーレンジャー」と「猿の惑星」2作品です。

国内ではまだ未発売なのかな?輸入盤の先取り感がハンパないです。

お返しする前に見なければ!そんな使命感にかられます。

このようにアバック沖縄店でもUHD-BDのデモソフトが充実してまいりました!

4Kの繊細さとHDRの色の深さを沢山の方にご体験して頂きたく、アバック沖縄店では常に万全の体制でお客様をお待ちしております。

「4K映像ってプロジェクターで見るとどうなの?HDRってそんなにすごいの?」

そんな疑問を持たれている方はぜひアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!