« 【沖縄店】TECHNICS 「SL-1200GR」を期間限定展示! | メイン | 【沖縄店】「JVC DLA-Z1スペシャル視聴会」開催告知! »

2017年6月 2日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!OCTAVE「V40SE」(中古品)!

Koja

こんにちは、アバック沖縄店古謝です。

2017年も折り返し点まで来てしまいましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回ご紹介するのはモダンな外見と現代的な音調で真空管アンプのイメージを破壊するOCTAVEさんのプリメインアンプ「V40SE」です!

Img_3366

前段のぴょこっと頭を出しているMT管の隠れきれていない所が可愛いです。

全体的に押し出したアルミは無駄の無いなんともドイツ製らしいと思わせてくれるデザインをしています。この無骨さがカッコイイ。

出力管には6550を使用しているので真空管アンプとしてはなかなかにハイパワーです。

また、オクターブオリジナルのバイアス調整機能を搭載しているのでKT88やEL34等の球に交換して音色の違いを楽しむことができます。

Img_3384

ボンネットをかぶせるとこんな感じです。

防御力高そうなのは良いことですが、折角の真空管が隠れ過ぎな気がしないでもないです。

まぁ、暖まった球は触れると火傷しますので、安全の為にも普段はかぶせていた方が無難です。

Img_3371

恒例の型番アップです。

社名ロゴのデザインに頑張った感を感じるのは古謝だけでしょうか。

Img_3389_2

電源スイッチは左側についておます。

ふと思ったのですが、横から見ると戦車のように見えて仕方ありません。なんとか&パンツァー。

Img_3372

こちらは背面になります。

大きなスピーカーターミナルが特徴的です。回しやすいようにつまみのような形状になっているのが助かります。

そして、そのとなりにあるのはオプションの外部電源をつなぐ端子になっています。ちなみに、その電源はBlack BOXなんて中を開けて覗いてみたくなるような名前をしています。誘っていますが、もちろん開けると保証適用外になりますので開けちゃダメです。

Img_3379

このアンプのおもしろ機能としてエコモードがあります。

その名の通り、一定時間信号を探知できなかったらスタンバイ状態になります。完全に電源オフになる訳ではないようですが、真空管の寿命を延ばすと共に消費電力も抑えられたりと一石二鳥です。

さて、先にも述べましたが、このオクターブさんの「V40SE」は昭和レトロな真空管アンプのイメージで聴くとそのイメージを壊しにきます。

外見からしてそうなのですが、これは現代的なアンプです。

カッチリ、クッキリした音の輪郭をしっかりと表現するような音調で、高い駆動力と速いスピード感を感じさせてくれます。

真空管を交換すれば違ってくるのでしょうが、付属の6550では古謝はそのように感じました。

かと言って、真空管らしさが全く無いのかと言うとそうではなく、独特の中域の厚さ(熱さ?)等はちゃんと真空管しています。している気がします。

真空管アンプはそれほど聴いた訳ではなのですが、このアンプには驚かされました。

また、ある程度パワーはあるので、従来の真空管アンプのようにスピーカー側の出力音圧レベルに左右されることも少ないのではないでしょうか。

古謝的に、このアンプには少し柔らかめの音がするスピーカーを合わせてあげると良い様な気がします。

そんな、ちょっぴりじゃじゃ馬なオクターブさんのプリメインアンプ「V40SE」が中古入荷して参りました!

付属品、元箱もしっかりそろっています!

こちらもなかなかお目にかかれないレアなアンプです。

一点限りのお品ですので、興味を引かれた方はぜひアバック沖縄店へご来店、お問い合わせ下さい。

それでは宜しくお願い致します。