« 【沖縄店】「JVC DLA-Z1スペシャル視聴会」開催告知! | メイン | 【沖縄店】ESOTERIC 「P-05X&D-05X」を期間限定展示! »

2017年6月20日 (火)

【沖縄店】特選商品ご紹介!Accuphase「A-100」(中古品)!

Koja

こんにちは、大きいものは住宅事情で置けない古謝です。置けるんだったら置く。

さて、今回ご紹介するのはAccuphaseさんのヘビー級モノラルパワーアンプ「A-100」です!

Img_3701

下のラックはヤマハさんのGTラックだと言えばどれくらいの大きさが想像できますでしょうか?

足は乗っていますが、前と後ろが思いっきりハミ出ています。

こんな図体ですから重量の方もかなりありまして・・・57kgあります。

お客様宅から引き取ってきましたが、比喩じゃなく腕がピクピク言ってました。

Img_3704

純A級動作の物量投入タイプ大型アンプです。

巨大なヒートシンクといい、分厚いアルミのシャーシといい、側だけで制震効果があるんじゃないかと。

カタログには自慢げに「ヒートシンクだけで約20kgあります!」と書かれていました。

ハイパワーのA級アンプを自然冷却するには面積の広いヒートシンクが必要なのは分かりますが、運ぶ人の事も少しだけ想ってあげて下さい。

Img_3711

正面です。

とても丁寧に使われていた様でキズも無く綺麗なお顔をしています。

もう片方も同程度の状態でガラスパネルの角にちょろっとホコリがついている位です。古謝が綺麗にふき取っておきます。

針メーターを中心に左のスイッチが電源、右がゲインを調整するアッテネーターになっています。アッテネーターのクリック感が気持ち良いです。

Img_3718

側面です。

横も大変良い状態を保っています。ホコリは古(略

その昔、パスラボやクレルのアンプがウニ・カニと呼ばれていましたが、この「A-100」も多節足動物の様です。こちらはエビですかね。

いつもなら次は背面の写真が出てきますが、今回はあまりの重さに動かせませんでした。許して下さい。

A1001

代わりにメーカーさんからお借りした画像を置いておきますね。

スピーカーターミナルが4つありますが、これはバイワイヤリング用です。

あくまでモノラル。アキュフェーズさん風に言うとモノフォニック。

今回はまだじっくりと聴けていないのですが、この「A-100」を一言で表すならば、「重厚」でしょうか。

「A-100」の後継機「A-200」を聴いた事がありますが、「A-200」は音の厚み、どっしりとした重心の中にもワイドレンジでスピード感もある現代的な音の印象でした。

音の傾向としては同じメーカーなので、解像度の高い真面目な音という印象のまま「A-100」はより音に重みを感じます。ズドンッ!と来る低音の「A-200」に対し、「A-100」はズズズッ!と地を這うような低音でリスナーの身体を揺さぶりにきます。

決して古い音ということではありませんが、「A-100」からは当時の音作りを感じます。

雰囲気のある低音が特徴的ですので、大編成のオーケストラ等を聴くと迫力満点かも知れません。

ですので、雰囲気のある低音を求めている方や90年代当時のスピーカーをお持ちの方にオススメです。

逆に現代的な、例えば古謝が大好きなPIEGAのスピーカーを鳴らしても面白いと思います。

要は、根が真面目なのでどんなスピーカーでもOKでしょう。多分。適当でスミマセン。

そんな時代を象徴するアキュフェーズさんのモンスターモノフォニックパワーアンプ「A-100」が大変綺麗な状態で中古入荷して参りました!

元箱はありませんが、オリジナルの説明書がしっかり付属しています!こちらも綺麗です。

事前にご連絡いただければ、古謝が頑張って準備致しますので試聴も可能です。

滅多にお目にかかれないレアなアンプですので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

皆さまのお問い合わせ、ご来店をお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。