« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月22日 (月)

【沖縄店】TECHNICS 「SL-1200GR」を期間限定展示!

Koja

こんにちは、スピッツの全アルバムがアナログ化するということで予約注文数がとんでもない事になっている古謝です。全部は流石に無理かなぁとか言いながら全部そろえるタイプ。

さて、アバック沖縄店に世界的に人気で生産が間に合っていない様なアナウンスもあったTECHNICSさんのアナログプレーヤー新モデル「SL-1200GR」が早速入荷して参りました!

Img_3210

まぁ、いつもの様にお客様が購入された物です。

「1週間後に配達お願いします。それまでは展示してて良いですよ。」なんておっしゃって頂けたら展示しない訳にはいかないじゃないですか!と、自分に言い訳しつつ期間限定での展示となりました。今回も誰かさんが指咥えて見てたんだと思います。

こちらの「SL-1200GR」は『上位機「SL-1200G」の技術を取り入れながら、モーターやプラッター、筐体、トーンアームを新開発し、価格も抑えたスタンダードモデル』だそうです。

要は主要なパーツはほぼ全部、新開発ですか。TECHNICSさん今回も気合入りまくりです。

特にモーターは「SL-1200GR」用に1から新開発した物のようで、「SL-1200G」のモーターとはまったく異なる形をしていました。写真撮り忘れました。ごめんなさい。

しかし、「SL-1200G」同様、コギング現象を解決するという理念の元で作られたコアレスモーターであり、S/Nの高さは「SL-1200G」譲りです。

Img_3220

ロゴは掘り込みではなく印字です。これは仕様が無いですね。

「SL-1200G」ではトッププレートが10mm厚のアルミだったので掘り込みも出来ましたが、「SL-1200GR」はアルミダイカストの塗装仕上げになっています。

しかし、これはコストを抑えたというよりは、標準的な作りになったと言うべきでしょうか。前回が豪華仕様だったんです。きっと。

筐体は他にも仕様を変えながらもしっかりとした多重構造になっており、高いレベルで高剛性と制震制を両立していますので、DJの皆さまも安心してお使い頂けます。で・す・が!DJ世界一のあの御方が見せた「自身がターンテーブルの上で回る」なんてパフォーマンスは止した方が良いと思います。と、いうかダメ、絶対。

Img_3230

Img_3225

いつ見てもほれぼれするアームです。

「SL-1200G」の時はマグネシウム素材でしたが、「SL-1200GR」はアルミ素材になっています。

ですが、感度の高さは相変わらずで、何とも軽やかに動作します。

古謝が一番職人魂を感じる部分です。

Img_3245

違う角度からも見て下さい。古謝からのお願いです。

実は、ガッツリ1人試聴会するつもりで愛聴盤のレコードを持ってきたのですが、いろいろあってまだちょろっとしか聴けていません。

ですが、音の真面目さはすぐに伝わってきますねぇ。

上位機である「SL-1200G」との比較になりますが、「SL-1200G」と同じく繊細で真面目ながらS/Nの高さが音楽の掘りの深さを出しているので、決して平坦なつまらない音にはなりません。

違いとしては、良い意味で落ち着いた、緩さが出たことでしょうか。

「SL-1200G」では、どことなくクールで張り詰めた緊張感のようなものを感じていましたが、「SL-1200GR」はその緊張感が少し解けた印象です。

出てくる音の方もリラックスしています。

もちろん、解像度が落ちてモタっとしているということではなく、少しだけ余裕を持った鳴りをしているように感じます。

好みの問題ですが、こちらの「SL-1200GR」の方が好きという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな良く出来た弟なTECHNICSさんのレコードプレーヤー「SL-1200GR」をお客様のご好意により期間限定で展示しております!

5/28(日)までではございますが、気になっていた方は沢山いらっしゃると思いますので、興味のある方は早めにご来店下さい!

ご来店の際は前もってご連絡いただけると案内がスムーズです。ぜひ愛聴盤をお持ちになって遊びにいらして下さい。

また、快く展示にご協力していただいたM様ありがとうございました。

それでは、宜しくお願い致します。

2017年5月13日 (土)

【沖縄店】本日のプレイリスト。

Koja

こんにちは、DJ古謝です。・・・すみません。調子乗りました。

沖縄はついに梅雨入りしたようで、シトシトとした雰囲気にはビル・エヴァンスのピアノトリオが似合うんじゃないかと思い、本日のお店のBGMをビル・エヴァンス一色で行こうともくろんでいましたが、朝からドシャ降りで雰囲気ぶち壊しです。

このまま引き下がると天気に負けた気がするので、本日は一日中ビル・エヴァンスをかけたいと思います!エヴァンスデーです!リクエストも受け付けます。

歌ってくれるスピーカーはJBL「4312SE」です!ぜひ、皆さまアバック沖縄店へ遊びにいらして下さい。

もちろん、シアターの視聴、オーディオの試聴もガッツリできますので遠慮なさらずにお申し付け下さい。

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

52923

ビル・エヴァンス(1929年8月16日-1980年9月15日)

ジャズ・ピアノの重鎮。

当時、ジャズでは脇役な存在だったピアノの在り方を独創的な演奏で塗り変えたスゴイ人。

マイルス・デイヴィス等ともバンドを組んでいた事もあり、ジャズ黄金期を支えた一人。

アルバム「Waltz for Debby」はあまりにも有名で、タイトルが分からなくてもあの横顔のシルエットは誰もが目にした事があるはず。

優美なピアノタッチは雨の日やまったりしたい時にピッタリでこれからの時期オススメです。でも、梅雨が明けたらちゃんと帰ってきませう。

2017年5月12日 (金)

【沖縄店】特選商品ご紹介!YAMAHA「CX-A5000(B)」(中古品)!

Koja

こんにちは、そろそろ何か欲しい病が発症しそうな古謝です。最近はソフトの方に注力していたので、今度はシステムに手を加えたいかな・・・って。

さて、今回ご紹介するのはYAMAHAさんのAVプリアンプ「CX-A5000(B)」です!

Img_2778

元箱付いてます。

多少、使用感はありますが目立つキズ等は無く程度の良い状態での中古入荷となりました。

Img_2783

トラップドアを開けてみました。

この中って普段使う場所でもないのでほこり等が溜まりやすいのですが、入荷した時から綺麗でした。

たぶんオーナーさんが綺麗に掃除して引き渡したのだと思います。すごく助かります。

では、そのままそっと閉じておきませう。

Img_3047

ヤマハさんの製品はやっておきたい型番アップ。音叉マークがカッコイイ!

・・・満足。

Img_2787

背面です。

バランス出力も搭載した11chプリアンプとなっています。

前回のラスボスオーラを撒き散らすAVプリアンプと違って、この「CX-A5000」はスッキリとまとまっています。

ですので、サイズも同社一体型AVアンプRX-Aの3000番と同じくらいです。

左角にちらっと書いてある17kgにも安心します。まだ持てる。

Img_2790

そして、古謝的に大事なフォノ入力も搭載しています。

AVアンプって本当に万能ですよね。

また2ch用バランス入力も付いていますので、バランス出力の付いているCDプレーヤーをつなげて高品位なステレオ再生も可能です。

今回は入荷したばかりなので1人試聴会はまだなのですが、以前アバック沖縄店にて展示していた頃の印象としては、解像度の高さや音場の広さに重きをおいたイメージです。

きめ細かで響きが豊かな音調なので、少人数の室内弦楽やアコースティックなライブ音源に合いそうです。

前に、この「CX-A5000」でイーグルスのライブ映像を見たことがありますが、例のアコースティックギターのイントロから始まるホテルカリフォルニアのシーンで鳥肌が立ったのを覚えています。

この「CX-A5000」はドルビーアトモスやDTS:Xには対応しておりませんが、ステージ感がしっかりしているので、ライブ映像やクラシックのコンサート映像では会場やホールの広さ、高さを感じられる、なかなか尖った特徴のあるアンプだなぁと古謝は思っています。

そんなYAMAHAさんのフラッグシップAVプリアンプ「CX-A5000」がアバック沖縄店に中古入荷して参りました!

すでにサラウンドシステムを構築されている方、ライブやコンサートの映像をメインに見られる方にオススメです。

合わせるパワーアンプはやっぱり同じYAMAHAさんの「MX-A5000」がベストだと感じますねぇ。

興味を持たれた方は早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております!

それでは宜しくお願い致します。

2017年5月 7日 (日)

【沖縄店】特選商品ご紹介!DENON「AVP-A1HD」(中古品)!

Koja

こんにちは、GWはニヤニヤしながらレコードクリーニングしていた古謝です。有言実行。

さて、今回ご紹介するのは畏怖を感じさせるDENONさんの超ド級AVプリアンプ「AVP-A1HD」です!

Img_2852

27.5kgのアルミの塊です。DENONさん、もうちょっと運ぶ人の事を考えて下さい。

と、いうわけで超ド級の名に恥じない佇まいをしています。オーラ出しすぎです。

伝統的なDENONデザインで落ち着いた感じのシルバー色がなんとも頼もしくドンッと構えてくれています。

Img_2863

トラップドアの中です。

まぁ、この辺りは他のアンプと似たような感じで、小さなボタンが綺麗に並んでいます。

これらのボタン操作はリモコンでも出来るのでそっと閉じ・・・蓋が重い。

蓋も強烈な厚みのアルミ板でした。贅沢の極みです。

Img_2867

恒例の型番アップ。

これ、一体型ではなくプリアンプだったと思い出して再び驚愕です。

プリでこの重さだったら、対になるパワーアンプはどんだけ重いんだよ!と、ついでに調べてみたら60kgありました。重量級万歳。

Img_2872

背面です。

AVアンプなので端子が多いのは当たり前かもしれませんが、XLR端子が加わるとさらにギッシリ感が増します。パワーアンプとの接続はバランスケーブルを推奨しているそうですよ。

さて、皆さまお気づきになられましたでしょうか?XLR出力端子が12個あります。

実はこの「AVP-A1HD」は9.3chに対応しているんです。つまり、ウーファーが3つ接続できます。

ベロダインやイクリプスのウーファーを3つつけた日にゃ空気が震えるどころか家が揺れそうです。ちょっとやってみたいかもしれません。

Img_2877

CD INはバランス入力にも対応しています。徹底してバランス推奨のようです。

多チャンネル用パワーアンプを用意出来なかったのでプリメインアンプのパワーダイレクトに接続して2chステレオで音出しチェックをしてみましたが、このアンプも見た目と同じ様な音がしました。

芯の太いガッシリとした粘りのある低音が特徴的で、スケール感も壮大な迫力のある音調です。

昨今のスッキリ・フラットな音作りとはまた違った、なんとも主張してくるアンプです。

地の底から響く様な低音が醸し出す雰囲気とその外見から、このアンプを一言で表すなら威風堂々といったところでしょうか。

大編成のオーケストラ等をかけると真価を発揮してくれるように思います。

これはハマる音調ですねぇ。古謝はこのアンプでエニグマ辺りを聴いてみたいです。

少し前のモデルですのでドルビーアトモスや4K/HDR等には対応しておりませんが、大きなスピーカーをシステムに組み込んでいる方や、クラシックコンサートの映像を主に見られる方に特にオススメします。

また、ウーファー3つに挑戦してみたい方はいかがでしょうか。古謝に感想を聞かせて下さい。

古謝としては、普通のプリアンプとして音だけを楽しんでも良いんじゃないかと思うほど音質の優れたアンプです。なので、ちょっと贅沢な使い方ですが質の良いパワーアンプをお持ちの方は2chで楽しんでも良いと思います。

そんな、今ではちょっと考えられない程物量を贅沢に投入した、頂点を目指したデノンさんの超ド級AVプリアンプ「AVP-A1HD」が良い状態で入荷して参りました!

なかなかお目にかかれないレアなアンプです。もちろん一点限りですので、興味を引かれた方はぜひアバック沖縄店へご来店下さい。

それでは宜しくお願い致します。