« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

【沖縄店】特選商品ご紹介!YAMAHA 「CD-N500」(中古品)!

Koja

こんにちは、そろそろ何か買いたい病が発病しそうな古謝です。忙しくなると買い物でストレス発散する危険な癖。

さて、今回ご紹介するのはYAMAHAさんのネットワーク対応CDプレーヤー「CD-N500」(中古品)です!

Img_1044

正面です。

最近ではプリ(ボリューム)内蔵CDプレーヤーなんてのも増えて来ましたが、古謝は未だにCDプレーヤーに付いている回転ノブに違和感があります。

まぁ、この「CD-N500」の回転ノブは認識しているファイルやフォルダの選択用のようですが・・・慣れでしょうか。

ボタンの配置や全体的なデザインはヤマハさんらしいシンプル&スタイリッシュに整っています。

クールというよりは清潔感が漂っています。

Img_1048

音叉マークがカッ(以下略。ヤマハさんのご紹介のときは一回やっておきたい。

USB端子はUSBメモリやiPhone、iPodからの入力に対応しています。プスっと差してやりましょう。

Img_1046

背面です。ちとぼやけていますね。

分かりにくいですが、出力はシンプルにアナログRCA×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1となっております。

ネットワーク対応なのでLAN端子も付いています。ぜひともwi-fi環境を構築して、機能をフルに使ってあげてください。そうすると、

Img_1051

専用アプリを使えばスマホやタブレットからの操作が可能ですし、ネットワークプレーヤーとしても機能します。

Img_1049

また、ネットワークオーディオに必要なNASが無くてもスマホやタブレットに音楽ファイルが入っていればwi-fi経由で再生が可能です。

NASはあとから用意しても良いので、これからネットワークオーディオを始めてみたいという方にピッタリかと思います。

今、古謝のスマホにはこんなのしか入っていませんでした。許して下さい。

古謝がヤマハさんの紹介をすると贔屓でベタ褒めになってしまうのであまり多くは語りませんが、細やかで軽やかで清楚な音がします。

日本語に訳すと重心が気持ち高めで輪郭のハッキリとした、綺麗に整った感じの音調です。もちろん古謝の聴感上です。

そんな訳で、いろんな使い方が出来る便利なYAMAHAさんのネットワークCDプレーヤー「CD-N500」がアバック沖縄店に中古入荷してまいりました!

直ぐに試聴出来るようセッティングしておりますので、興味を持たれた方はぜひ愛聴盤のCD、もしくはUSBメモリに音楽ファイルを入れてお持ち下さい。

中古品は巡り合わせですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

宜しくお願い致します。

2016年11月19日 (土)

【沖縄店】特選商品ご紹介!marantz 「SA-14S1」(中古品)!

Koja

こんにちは、そしてお久しぶりでございます。古謝です。生きてました。

さて、今回も良いお品が入荷してまいりましたよ。今回はmarantzさんのSACDプレーヤー「SA-14S1」(中古品)のご紹介です!

Img_1034

伝統のmarantzゴールド。ハデさを抑えた上品な色合いです。

素材の質感を活かしたクールなデザインなのですが、そのせいかボタンが小さめでちょっと戸惑います。リモコン操作推奨。

本体操作の場合、人間は本能的に大きなボタンを押したがるのかイジェクトしようと電源ボタンを押してしまいそうになります。・・・古謝だけでしょうか。

Img_1037

恒例の型番アップです。

marantzさん特有の高いS/Nの中に煌く高域を象徴するかのような星マーク(だと古謝は勝手に思っています。)が素敵です。

澄んだ夜空に輝く一番星のような音。古謝のmarantzさんへのイメージです。

Img_1038

正面アップ。

USBメモリからの再生やヘッドホン出力も備えています。真ん中には押したくなる誘惑の電源ボタン。

Img_1039

背面です。

出力はシンプルにアナログはRCA、デジタルは同軸と光になっております。

Img_1040

デジタル入力には同軸と光に加えUSBにも対応しているので、USB-DACとしての使用も可能です。

PCM192khz/24bit、DSD5.6MHzまでのサンプリング周波数に対応しているので、ハイレゾ再生もドンと来いです。

早速チェックも兼ねて音出しをしてみましたが、古謝の知っているmarantzさんの音で安心しました。

静けさの中にちょこっとアクセントのある高域が魅力的で、破綻の無い、バランスが整った上品な音調です。

ワイドレンジで広がりのある音の出方をするようなので、クラシック等をかけるとあの独特のホール感、ステージ感をしっかり表現できるのではないかと思います。もちろん思っただけです。

そんな、ちょっと澄ましたmarantzさんのSACDプレーヤー「SA-14S1」が綺麗な状態で中古入荷してまいりました!

すぐに試聴出来るようセッティングしておりますので、興味を持たれた方はぜひ愛聴盤をお持ちになってご来店ください。

古謝の感性は良く分からない方向を向いているので、実際に試聴された方が確実です。

中古品は巡り合わせですので、早めのご来店、お問い合わせをお待ちしております。

それでは宜しくお願い致します。

2016年11月 7日 (月)

【沖縄店】Pioneer「SC-LX901」展示開始!!

Koja

こんにちは、トップとか最上位とかフラッグシップとかありがたみが増す響きが大好きな古謝です。

皆さんも声に出して見て下さい。テンション上がりますよ?

さて、そんな訳でアバック沖縄店でも遂に展示致しました!PioneerさんのフラッグシップAVアンプ「SC-LX901」でございます!

Img_1024

1枚目に撮った写真はガッツリ顔が写っていたので2枚目を採用。これでもぎりぎり。

展示致しましたと言っておきながらまだ開封したばっかりです。

ちょっとぼやけて分かりづらいかもしれませんが、11.2chの表示が凄く主張してきます。後光が差してますからね。どうしても目が行ってしまいます。

今までと同じサイズで11ch分のアンプを搭載したことは、別途アンプを追加したいけど置くスペースががが・・・と悩まれていた方に朗報となったのではないでしょうか。

Img_1026

最近は恒例をサボっていたので載っけときますね。

Img_1028

トラップドアを開いてみましょう。

ボタン配置等は前モデルの「SC-LX89」と変わりないです。

まぁ、毎モデル配置やデザインが変わっても逆に使いづらくなるのかなと最近思ったりもします。

変わらない良さもあります。あると思っておきます。

Img_1029

目玉の背面画像です。

11chアンプ搭載なので、このスピーカー端子がアサインの振り分けではなく、しっかり全部使えます。素晴らしい。

夢の7.1(2).4chのオブジェクトオーディオ再生がこの「SC-LX901」単体で可能となります。

これはもうやるしかないという気にさせてくれます。

Img_1033_2

前モデルと変化があったリモコンです。

シンプルにまとまっていて非常に素晴らしいと思います。

AVアンプのリモコンは自分がどれを押したか分からなくなるくらいボタンがたくさんありますが、実際に使うボタンってこれくらいかと思います。

今回のモデルチェンジで古謝が一番感動したのがこのリモコンでした。しんぷる・いず・べすと。

きっと皆さまもお待ちかねだったと思います。

Pioneerさんの新フラッグシップモデル「SC-LX901」をアバック沖縄店にて展示を開始致しました!

届いたばかりなのでセッティングもまだなのですが、いち早く皆さまに展示開始をお知らせしたく、ブログのフライングアップです。

夕方頃にはちゃんと視聴出来るようセッティング・・・して・・・おきます!たぶん大丈夫。

是非ともこの機会にPioneerさん渾身のフラッグシップモデルをご体験下さい。

それでは、宜しくお願い致します!