« 2018年2月 | メイン | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月23日 (金)

【新潟店】祝!アバック座OPEN!!

アバック新潟店の熊田です。

Kumada_180_2

いよいよ本日、アバックの誇る

完全貸切プライベートシアター」の

アバック座が、関東圏に上陸します。

その名も「横浜アバック座

その「映画館を貸し切る」というコンセプトに

ふさわしい設備・環境は、個人的にも家か近くに

欲しいと思わずにはいられません。

詳しくは、こちらから↓

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/index.html

ご自宅でも同様に楽しみたいと思われましたら、

お近くのアバック各店舗に、是非ご相談下さい。

また、現在アバックではスプリングセール

を開催中です。あわせてご利用下さい。

2018haru_bana_3 https://www.avac.co.jp/contents/spring_sale2018.html

皆様のご来場をお待ちしております。

2018年3月19日 (月)

【新潟店】スプリングセール開催中!!

こんにちは。
アバック新潟店の若山でございます。

Photo
最近天気の良い日に目と鼻が、、。花粉の季節が来たかなと。

皆さんは花粉対策されていますでしょうか。
私は症状がひどい場合だけ薬を飲むくらいで、
ほとんど対策しないタイプです。
花粉に免疫ができるように毎年戦っていますが、、
今年はどうなるか?!

年々大丈夫になっている気がしますが、その年によるんですかね。?

<お知らせ>※通常水曜日は店舗休みとなりますが、
3月21日(水)祝日は休まず営業しております。
水曜日休みのお客様は、この機会にぜひご来店くださいませ。

只今アバックでは、スプリングセール開催中です。

1.スペシャルプライス

2.下取り金額UP

3.半額金利クレジット

2018haru_bana https://www.avac.co.jp/contents/spring_sale2018.html


新潟店では、AVアンプ DENON AVR-X6400Hをつないでいます。

Auro3Dの音源を聞きたい方、Atmosとどう違うの?

と気になっている方がいらっしゃると思い、用意いたしましたよ!

サンプルソフトなら、

Dsc_0072  
キャバス EOLE3をハイトSPにして、お先に視聴してみます。

Dsc_0071

Dsc_0069

Dsc_0068 (画面右上Auro-3D対応と見ずらいですが、、)

見てて、ふと思ったのですが、

「Auro3Dならお部屋のどこにいても楽しめるかも」と。

というのは、

映像音源が各SPへシーンに合わせて振り分けられてるんでしょ?

Atmosのオブジェクト信号は、マルチSP配置の中心にいなくては音認識が半減してしまいます。

が、「中心が必要ないってこと」(あくまで私個人の感想です。)

AVアンプを設置するとき必ず設定する箇所がありますよね。

その中で視聴位置を決め、マイクで補正し、定位を決める。

特等席と呼ばれるスポットになりますが、

他席を言えば、少なからず定位がずれて、

映像シーンと定位した音の移動感に多少違和感が出る場合がありますよね。

だからといって毎回特等席は、人数がいたら

取り合いになってしまいますよ!( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)!

譲らないなら話はここで終わりますw

そこに絵と音のタイミングが揃う理屈ですが、

Auro-3Dはチャンネルベース音源だから、どこにいても

「あそこから聞こえた!ここから聞こえた!」で

映像を見ながら楽しいんです。

音質もしっかりしていて、クラシック音楽ソフトなんかも

会場の広さを音で想像し、

「私はいま会場のどのあたりで聞いてるのかなぁ」なんて想像しながら、

疑似的なコンサート来場気分ですよ。

私も含め「Auro-3Dソフトもっとだしてくれぃ」と、願うばかりです。

正面スクリーンにハイトSPお勧めですよ!

もちろんSP比較視聴もできますので、ご来店お待ちしています。

Dsc_0073

https://www.avac.co.jp/contents/brogTop.html 

アバックブログ各店もお見逃しなく(=゚ω゚)ノ

2018haru_bana_2

2018年3月 9日 (金)

【新潟店】マルチチャンネルスピーカーフェア パート3

こんにちは。

アバック新潟店の若山でございます。

Photo

ご来店されたお客様とお話しの中で、

トールボーイが欲しいけれど、

TVラックの横にスペースがとれないから、

持っているスピーカーがブックシェルフなんです。

今はTVラックの上へ乗せているとお聞きする場面があります。

お部屋のお悩みは様々ですが、

ブックシェルフを先に購入しておいたら今後の発展もスムーズ!

インシュレーターで防振対策されると音のぬけが良くなりますよ。

ブックシェルフスピーカーが

より良く鳴ってくれますのでオススメしておりますshine

現状に満足していただきつつも、

今後のプランとして

マルチチャンネルスピーカーをご計画でしたら、

既存スピーカーをどうやって組み込んでいくかなど、

ご相談いただければ、ご提案いたしますよ(=゚ω゚)ノshine

2021supika_bana

https://www.avac.co.jp/contents/2865 

スピーカーでお悩みの方は↑↑(*'ω'*)

ブックシェルフスピーカーで

2ch再生しかしていないから、

今後の具体的な発展はどんな感じにしていけばいいの?

とご質問があればsign02

スタンドをつけてサラウンド用へ移行し、

フロントはちょっと良いスピーカーで4ch構成とか、

サイズや重量が軽めでしたら、

対応した天吊り金具や、壁棚設置で置きにするなど、

ハイトやトップ用にして、

床置きのスピーカーを一新した4.2ch、5.2chなど、

ご予算によって少しずつご希望の形にステップアップしていきましょうup

新潟店の今は、お客様の発展イメージを

リアルなものにしていただく為に、

目に見える形でブックシェルフをメインとした

5.1.4ch 

120インチのスクリーンでご視聴いただいております!!

キャバスでフロントを統一note

ブックシェルフスピーカーをメインに、ハイトを含んだトップを鳴らす構成です。

ハイトスピーカーがあることによって、

スクリーン画面から一回り大きな面で音が聞こえてきます。

この配置はかなりいいですよnote

前側を先に作っておいて、

後ろ側と天井側を計画していくなどなど、

アトモスサウンドも待っていますsign03

既存スピーカーを前面から発展させていくのもありですね(*´▽`*)

Dsc_0066

http://blog.avac.co.jp/niigata/ 

色々と書いておりますpencil

https://www.avac.co.jp/contents/event.html 

アバックイベント情報もお見逃しなくeye

ご来店お待ちしております。

2018年3月 2日 (金)

【新潟店】オリンピックは終わりましたが、

 

アバック新潟店 熊田です。

Kumada_180_3

冬では過去最高の結果となった、今回のオリンピック。

なぜ日本の選手は、新潟で練習していかなかったのかが

気になった訳ですが、期間中に行ってきました「NHK」に。

噂の8Kと22.2chを体験してきました。

映像は今更何も言う事はない感じで、家庭でこれが見られるように

なるのかと思うと、リアル過ぎてちょっと怖い感じが

しました。

今回メインの音の方ですが、メーカーは伏せますが普通の民生用の

7chのAVアンプを3台使用して、これまた市販の小型スピーカーを

たくさんケージのようなものを組んで設置してました。

設置のイメージはこんな感じで、

 

222chdimention_2_5

ディスプレイだった為だと思われますが、中層10chのFCに該当

するスピーカーがなく、その代わりに?FLcとFRcが上下に

スプリットした設置で、スピーカーは23本の21.2ch再生※でした

あくまで私の想像ですが)。

※なぜかウーファーが3本(前2本、後方1本)ありました。

自分が見たのは、フィギュアスケートの時で音場感はまさに

その場に居るかのような感じでした。アリーナの天井の

高い感じや、音の響く感じはかなりリアルだったと思います。

今回、ここにきて体験しようと思ったのは、もちろん

オリンピックもありますが、お客様から現行のサラウンド用

スピーカー配置と、8Kの22.2ch配置との共存は可能かと質問

されたからでもあります。

実際に現物を目の当たりにして分かったのは、スピーカーの配置

については完全な一致は無理ですが、ある程度互換性をもった配置

は可能では?という事です。

家庭用を将来どういった形で対応するのか、まだ機材(アンプ・

デコーダー)が発売されておりませんので分かりませんが、

スピーカーの配置は大体決まっているので、

それを見越した設置は可能ではないかと思われます。

222chdimention_2_6

イメージ図に再登場願いましたが、現行のAVアンプで組む場合

13ch(同時でなければ15ch)までは、設置が可能です。

上から行きますと、上層はTpBCを除いた8ch

中層はFLcとFRc、BCを除いた7chで、下層3chは無しで

アンプ構成は、中層は5.1chにサラウンドバックを入れた7.1ch

設定で、上層はFハイト&Rハイトにトップミドルの6chに、

センターハイト(TpFC)&センターサラウンド(TpC)を

合わせた8ch設定であれば、現行のサラウンド用として使用でき、

8Kは不足分を追加という形で対応できると思います。

ドルビーアトモス時とAURO-3D時で、鳴るスピーカーが

変わりますが、同時に13chは鳴らすことが、可能です。

なんと今あるAVアンプで、このアサインが可能なものが

あります。DENONのAVC-X8500Hです。

久々に登場した、ド級のフラッグシップ・アンプ。

さすが「A1」の後継というのは、伊達じゃないといった

ところでしょうか。

詳しくは、こちら

https://www.denon.jp/jp/product/hometheater/avreceivers/avcx8500h

まだ詳細は未定ですが8Kも含めて、ホームシアターについて

ご検討されている方は、是非アバックまでご相談下さい。

【新潟店】マルチチャンネルスピーカーフェア パート2 

こんにちは。

アバック新潟店の若山でございます。

Photo

只今、アバック新潟店のシアタールームでは、

TANNOY Mercury7.4をメインとして、

それ以外のスピーカーは全てUNISONIC!!

5.1.4chで構成いたしました!!

Dsc_0110

同軸スピーカーのような音の届き方で聞こえてきます。

特徴のあるスピーカー配列で、

私は初めて視聴した時と今では、

イメージが180度変わった

お気に入りスピーカーの1つです。

私のあくまで個人的感想として、、

配列に抵抗感。ツイーターが上下のスピーカーにサンドされて

高域の音像が埋もれるイメージでした。

が、しかし!!

5.1.4chのメインとして聞いたときも含め、

スピーカーの向きや後ろを広くとる設置など、

空間にゆとりがある場所で内ぶりしすぎないで鳴らすといいです。

バイワイヤーもできますが、個人的にはシングルワイヤーで鳴らしたほうが

全体の音のバランスがいい。お勧めです。

Dsc_0109 ブレラン2049 ソフトあります(3D版) 

すでにフロントスピーカーをお持ちで、

Dolby AtomosやDTS:X、Auro3D

にも興味がある方にオススメしたいものは

UNISONICのスピーカーです。

スピーカーのサイズもコンパクトで、

設置スペースをそこまで必要としません。

音質はサイズ以上に鳴ってくれますので、

マルチスピーカー用としてアバック一押しとなっております!!

どんなフロントスピーカーにも合いますよ!!

ぜひご来店、ご視聴くださいませ。

2021supika_bana https://www.avac.co.jp/contents/2865