« 2017年12月 | メイン

2018年1月

2018年1月18日 (木)

【新潟店】DENON AVC-X8500Hの視聴イベント開催!

こんにちは。

アバック新潟店の若山でございます。

Photo

ホームシアター好きの皆さんが、待ちに待った「モンスター」が(良い意味です)

アバック先行で、ご視聴いただけます。

どんな特徴があるのか楽しみですね♫

El_avc_x8500h_jp_bk_fr_cl_3

<柔軟なアンプアサイン>
AVC-X8500Hは、なんと15ch分のスピーカー出力端子を装備しています!?なんですと(; ・`д・´)

El_avc_x8500h_jp_bk_re_6 ↑↑端子の数が凄いことになっております( ゚Д゚)

プリセットされた9通りのアサインモードに加え、それぞれの端子に出力するチャンネルを自由に割り当てられる「カスタム」モード搭載。

最大13chの同時出力に対応しており、再生するフォーマットやサウンドモードに合わせて再生するスピーカーを自動で切り替えることができます。

また、フロントスピーカーの駆動に4つのアンプを使って高音質化する「バイアンプ」に加え、

センター、サラウンドも含む5チャンネルのスピーカーをバイアンプ駆動する「5ch Full Bi-Amp機能」を搭載。

さらに、2組の異なるフロントスピーカーを切り替えて使用できる「A+B」などシステム構成に応じた柔軟なアンプアサインが可能です。また、メインゾーンで使用していないパワーアンプをゾーン2、ゾーン3のスピーカーに割り当てることでもできます。※ 最大6chの同時再生に対応。

Avcx8500h_05 ・・お部屋が・・映画館を超える!?音場感になりますね!!

え~っとスピーカーの本数が1.2.34..5....。という事です。

<ソフト再生では>

最新のDTS Virtual:Xにも対応します。

ちなみに、DTS Virtual:Xってなんぞやという方へ(´・ω・`)

DTS Virtual:Xとは

ハイトスピーカーやリアスピーカーを設置していないステレオ、5.1ch、7.1chなどの環境においても高さ方向も含むあらゆる方向からのサウンドに包み込まれるイマーシブオーディオ体験を可能にする新しいバーチャル3Dサラウンドテクノロジーです。

DTS Virtual:X は、DTS:Xのような3Dサラウンドフォーマットはもちろん、ステレオや5.1ch信号に対しても適用することができるため、既存のコンテンツをイマーシブオーディオ化することが可能です。

<Auro-3D にアップデート対応>

5.1ch+サラウンドバックの7.1chシステムにフロントハイト、センターハイト、サラウンドハイト、およびトップサラウンドスピーカーを組み合わせた13.1chシステムで、自然で臨場感豊かな3Dサウンドを楽しむことができます。

また、Auro-Maticアルゴリズムによって、モノラル、ステレオおよびサラウンドコンテンツを自然な3Dサウンドにアップミックスすることもできます。

AVアンプが「今」に対応するとこうなる!が形として見え、私としては進化に驚きを隠せません。

Avcx8500h_001


AVC-X8500Hは13chのパワーアンプを搭載しているため、パワーアンプの追加なしにDolby Atmosでは[7.1.6]、[9.1.4]、DTS:Xでは[7.1.4]、[9.1.2]のサラウンドシステムを構築できます。

ご興味のある方は、 

新潟店のイベント開催日はコチラ!!!(=゚ω゚)ノ

2月10日(土)司会進行 DENONご担当様

2月11日(日)司会進行 AVACスタッフ

心よりお待ちしております。

「お部屋を映画館に」進化させましょう!!!(=゚ω゚)ノ

2018年02月10日(土) 02月11日(日) ※予約不要
2月10日(土)~11(日)
11:00~18:00
新潟店 『DENON AVC-X8500H』国内先行フェア開催(新潟店) 2月10日(土)はデノンスタッフ常駐

↓↓ お問い合せはコチラ(予約不要)

https://www.avac.co.jp/contents/niigata.html

2018年1月11日 (木)

【新潟店】CX-A5100+UDP-205 Part2

こんにちは。

アバック新潟店の若山でございます。

Photo

本日まとまった雪が降り、新潟らしさが実感できました。

さっそくスコップを持ち出して、お店の前を雪かきしました。

足元の冷え込みも増してきましたね~、スノーシューズが大活躍。

私はプラスして、中シューズも履いてと上着かという履き方になっています。

油断大敵、しもやけになりますからね~sweat01

では、本題に。

新潟店のシアタールームで大活躍中のOPPO UDP-205の接続をまた変更しました。

Dsc_0038_2

Dsc_0037_3

5.1→7.1chへと変えたアナログマルチ接続と、2chのバランス接続、そしてHDMIデジタル接続と音の違いが分かりやすいです。

現在、サラウンドバックを天井埋込スピーカーで鳴らしています。

7.1.4chですが、後方の音場感にも大満足な音の広がりです。

上側の音の広がり(高さ方向)も楽しみたいならHDMIデジタル再生。

音の迫力が欲しいなら、厚みや太さがある7.1chアナログマルチ再生。

音源をありのままの音で聴きたいなら2chバランス再生。

と聞き比べ可能です。

映像を楽しめるように「音」って大事な要素の1つですよね。

僕のシアタールームはこうしたい、私のシアタールームはこうしたいなど、

たくさんの方の思いの分だけ答えの数があると思います。

ご一緒に自分だけの新しい形を見つけませんか?

ご相談、ご来店を心よりお待ちしております。

https://www.avac.co.jp/contents/niigata.html

私事ではございますが、ケーブルにシールドがあるものを購入した結果、

繋ぐ準備にちょっと手間取ってしまいましたぁ( ゚Д゚)sweat02

Dsc_0032_3

これ生産中止らしく、サラウンド用が足りないぞと今買い足し中。

高域が強くなりましたよ(=゚ω゚)ノshine 

2018年1月 5日 (金)

【新潟店】いよいよ明日!!!

Bar_2018_kinga_2

アバック新潟店の若山でございます。

明けましておめでとう御座います。

本年もアバックを宜しくお願い致します。

Photo_3

おかげさまでアバックは創業35周年を迎えます。

日頃のご愛顧に感謝を込めまして、3日間限りの超特価

「新春初売りセール」が、いよいよ明日からスタートします(*´▽`*)

Shinsyun_banner_3

店頭でしかお伝えできない価格です!!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

詳しくはコチラ↓↓shine AVAC|||

https://www.avac.co.jp/contents/2811

来月はコチラも↓↓eye AVAC|||

https://www.avac.co.jp/contents/2817 

ご相談はコチラ↓↓telephone AVAC|||

https://www.avac.co.jp/contents/niigata.html