« 【松山店】1周年記念特価イベントのご周知!! | メイン | 【松山店】 ついに新宿本店OPEN!!! »

2018年6月 4日 (月)

【松山店】「お家で映画館計画」「アンプの役割を知ろう第6弾!!!」

20180504_114706

皆様こんにちは。

アバック松山店・久保田でございます。

いよいよ梅雨から夏に向けての

微妙な季節に入りますねtennisrunrain

ジメジメを吹き飛ばす活躍を期待しつつ、

2018ロシアW杯が目前に迫る中、

プロ野球、高校野球、MLB、どれも大画面の

大音響で楽しみたいものですねbaseball

そんなところで、本日はアンプの役割について書かせていただきます。

熟練の方にとっては、少し簡単な内容に見えるかもしれませんが、

私もこの業界に入るまで「アンプ」というキーワードを発したのは、

学生時代、楽器演奏をしていた頃程度で、一般的な家電量販店でも、

アンプ自体を体験したり、よく見かけるというものではありません。

(オーディオ愛好の方は、これがある店を探すのですが・・・)

なかなか触れる機会が無いとはいえ、

オーディオ&シアターとは切っても切れない、

「とても重要な役割」を担っているのです。。

そして、その情報や特性を知るには、

「なにを」「どうしたいか」

決めたり、相談するのが難しい分野でもあります。

それなのに、圧倒的に「相談できる場所が少ない!」

私共は、少しでもオーディオの世界を身近に感じてもらえるよう、

四国の皆様に、松山店から簡単な予備知識を

お伝えできればと思いますcat

そこでまず、スタート地点として、

「アンプの役割を知ろう」シリーズの冒頭でも書いた通り・・・

アンプとは・・・再生機器などから送られる

非常に小さい電気信号を、スピーカーで快適に楽しめるよう、

「信号を調整/増幅(人の耳で楽しめるように)する機器」なんです。

その中でも、今回はプリメインアンプについて少々書かせていただきます。

↓プリメインアンプ↓

画像

K0000845822

プリメインアンプとは、CD/レコードなどの再生機器を選択し、

音域バランスなどを調整するプリアンプと、

スピーカーから音を出すために、信号を増幅させるメインアンプが

一体となっている製品です。1台のアンプに両機能が備わっているため、

これ1台でスピーカーを通して音源を楽しめます。

映像信号にも対応するAVアンプとは異なり、

純然たる・・・音楽を楽しむためだけの機器です。

音色を自分の感性のままに楽しむ・・・

それを叶えてくれるんですね~★

ハイレゾ音源にも対応する機種が増えている為、

アンプのイロハを学びつつ、日々使いやすく、

これから始めたい!という方にもおすすめです。

一方で、プリメインアンプの中でも、

プリアンプ部とパワーアンプ部をそれぞれ、

単独で使用できる分離型タイプ(セパレートタイプ)が存在します。

セパレートタイプの場合、プリアンプかパワーアンプのいずれかを、

単体で増設することで、さまざまなカスタマイズが楽しめるため、

将来的に究極の音を求めて、プリ/パワーの組み合わせを模索したり、

「自分だけのオリジナル」を実現することができます。

このあたりが、

「好きな音を追求する旅路」とでも言えそうですね。。

松山店に訪れる愛好家の皆様も、それぞれの感覚や経験を

もとに、とても楽しそうにお話ししてくださいます。

100点満点の上に、1点ずつ足し加えていく感じでしょうか。

とても繊細な感性の上に、これらの機器が役割を果たしています。

それでは、一旦まとめます。

シンプルにシンプルに、、

●プリ→予め(Pre)信号を調整し、コントロールする役割

●パワー→信号を増幅し、人間の耳で音が楽しめる状態にする役割

この二つの役割が、メーカー/購入者の趣向により、

一体型や分離型であったり、いろんな音質であったり、

用途により様々な形態で展開されている、という事になります。

アンプの役割は、「各機器の司令塔」という表現が浮かびますね。

これがないと始まらない!!

始まらないけど、どれをどの視点で選んでいけばいいのか・・・

難しく考えてしまいそうですよね・・・

どこまで語っても、人それぞれの好きな音、快適な音、

十人十色です。。。

実際、音も映像も「100点満点」の採点は、

「ご来店される皆様がお決めになる」

ことなんです。

私共は、日々皆様のご検討イメージを、

少しでもはっきりとイメージさせていただけるよう、

お手伝いができればと思っております。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国で培ってきたノウハウを随所に散りばめ、

四国エリアのオーディオ&ビジュアルファンの

期待に応える地域密着型の専門店です。 

Blg_3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社アバック 松山店

〒790-0011 愛媛県松山市千舟町2丁目7-17

土岐ビル1F

営業時間:平日・土・日・祝 AM11:00~PM8:00

定休日:火曜日・水曜日  

TEL:089(913)8224 

FAX:089(913)8225

コメント

コメントを投稿