« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月25日 (日)

【松山店】DENON AVCX8500Hイベントのお礼

Img_20170811_142745

皆様こんにちは。

アバック松山店・久保田でございます。

ピョンチャンオリンピックでは、女子競技でのメダルが

連発中ですね~diamond久保田も帰宅後はカーリングとスケートの

応援に勤しみ、日々感動を味わっております。

ついに閉幕を迎え、次はいよいよ東京五輪です!

大谷翔平もついにオープン戦で実践デビューbaseball

世界に羽ばたく姿を大画面と迫力の音場で楽しめたら・・・

夢がありますねcatface

本題に移りまして。。。

昨日2/24(土)に行われました、

DENON AVCX8500Hイベントの

ご報告とお礼をさせていただきます。

お天気に恵まれ、遠方は徳島からのご来店もあり、

地元のご常連様にも多数ご来店いただき、

春の暖かみを感じながらの盛況な一日となりました。

お忙しい中、ご参加いただいた皆様方のお時間をいただき、

本当にありがとうございました。

3/1からも新たなイベントを企画しており、鋭意準備中です。

(弊社ホームページでは既に告知しております)

陽気に誘われ、ふらっとお越しくださいませ☺☆

さて、肝心かなめのイベント内容は、、、

プレーヤー→OPPO UDP205

PJ→JVC DLA-X590(205と直結)

スピーカー→B&W 700シリーズ

ウーハー→イクリプス TD520SW

埋込SP→Unisonic AHT525IW

この陣容で7.1.4ch仕様での試聴会となりました

お待たせ致しました!!!!

この顔であります☺☺

8500

隣のUDP205と高さを比較してください。

ラック収納には充分な配慮が必要です!

重さ、高さ、奥行き、買い替えでご不安な方は、

遠慮なく松山店までご相談ください。

続いて、、

筐体裏面です。

8500_2

二段構えのいでたち!!

chの色分け区分も細やかでありがたい。

福島県白河市の自社工場で製作された、

正真正銘のMADE IN JAPANです!

このch数ですから、楽しみ方は多士済々。

DOLBYはもちろん、AURO-3Dも5月のアップデートで実装予定

ちなみに、AURO-3Dの本拠地はこんな感じだそうです↓

Auro3d

8500は、これだけの装備ですので、

フロント、サラウンドの厚みを出したいなあと思えば、

バイアンプ接続でも割り振り可能。。

15chを、お一人お一人の使用環境にあわせて使えますshine

余談ですが、

DLAX590の映像もなかなかのものですshine

Photo

スティングのライブ映像を視聴。

年齢と共に味わい深くなった歌声がどう表現されるのか?

ハスキーな部分も早口な部分も、相当クリアに鮮明に、

そして、確かな音の厚みを感じました!!

アイム イングリッシュマン イン ニューヨーク

このフレーズだけで充分でしたnote

その他にもたくさんの映画や音源を視聴しました。

どの音源素材に対してもメーカーの想いが詰まった、

「素材の良さをそのまま引き出す」

という表現が見えた気がしました。

全体的に感じた事は、

スッキリと鮮明な音質+厚みのある音場

という感覚です。上品なサラウンドという言葉が最適かと。

映画で良し、音楽で良し、

サラウンドの威力を発揮する一台となりそうです!!

価格や在庫については、お気軽にご相談ください。

いよいよ市場の動きも活発になってきそうな気配です!!

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国で培ってきたノウハウを随所に散りばめ、

四国エリアのオーディオ&ビジュアルファンの

期待に応える地域密着型の専門店です。 

【AVAC松山店】へ是非お越しくださいませ!!!

Blg_3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社アバック 松山店

〒790-0011 愛媛県松山市千舟町2丁目7-17

土岐ビル1F

営業時間:平日・土・日・祝 AM11:00~PM8:00

定休日:火曜日・水曜日  

TEL:089(913)8224 

FAX:089(913)8225

2018年2月22日 (木)

【松山店】「お家で映画館計画」「アンプの役割を知ろう第5弾!!!」

Photo_2

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

AVAC松山店ゴウダでございます。

昨年暮れより、連載させていただいています。

「アンプの役割を知ろう!!!」も第5弾となってきて

今回からより詳しくアンプの内部について

迫ってみようかと思います。

題して「DACってなに? DACの役割は?」です。

通称「ダック=DAC」と呼ばれている機能があります。

D:デジタル A:アナログ C:コンバーター

の頭文字をとって「DAC」と呼ばれるようになりました。

「デジタル信号をアナログ信号に変換する」機能です。

昨今のAVアンプにはHDMIケーブルを使用して映像と

音を1本のケーブルで出すタイプが主流をなっています。

Sclx901

その場合、BDプレーヤーもしくは、BDレコーダー

からのデジタル信号を、AVアンプ内の「DAC」で

アナログ信号に変換をしてあげることで、AVアンプで

音を増幅することが出来、人間の耳に聞こえる

ようになる仕組みなのです。

では、この「DAC」と言う機能は、どのAVアンプ

・単品DACも一緒なのか?いろいろ疑問も出てきます。

結論から申し上げると、全ての商品によって「音」

が違います。その要因として「DACチップ」の

違いが挙げられます。

Dac

また、DACチップから先は、アナログ回路で構成される

部分も多くあり、アナログ回路が要因で音質も劇的に

変わって行きます。

「DAC」とはデジタルとアナログ両方の要因で

音が劇的に変化するため、スピーカーからでてくる

「音」に大きな違いが生まれてしまうのです。

現在は、品質の良い「DAC」は価格が「高い」

傾向にあります。

最たる例で行くと・・・「OPPO Sonica DAC」

Oppo_sdac

最近日本でもスマートフォンを発売したメーカー

で知られるようになってきたOPPO社製の「DAC」

です。

いわゆる「単品DAC」と言う商品です。

こういった商品を4Kプレーヤー・マルチプレーヤー

とAVアンプもしくはアンプの間に入れるだけで、

今までのシステムで聴いていた「音」がまるで違う

ことに驚きを感じてしまいます。

是非、今の「音」に変化をつけたいとお思いならば

DACの追加・変更を考えてみてもいいかもしれませんね!!!

今回からかなり掘り下げたお話になりましたが、

疑問・質問ございましたら、お気軽にAVAC松山店

にお問合せ・ご来店頂ければ幸いです。

【まだまだ連載してまいりますので次回も

ご期待ください!!!】

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国で培ってきたノウハウを随所に散りばめ、

四国エリアのオーディオ&ビジュアルファンの

期待に応える地域密着型の専門店です。 

Blg_3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社アバック 松山店

〒790-0011 愛媛県松山市千舟町2丁目7-17

土岐ビル1F

営業時間:平日・土・日・祝 AM11:00~PM8:00

定休日:火曜日・水曜日  

TEL:089(913)8224 

FAX:089(913)8225

2018年2月15日 (木)

【松山店】2/24DENONイベント残りわずか!!

皆様こんにちは。

アバック松山店・久保田でございます。

ようやく春の兆しも見えそうな気配ですが。

いまだ寒さは厳しいですねsnow

なんとも桜の開花が待ち遠しいですcherryblossom

さて本日は題名のとおり、

DENONイベントの告知をさせていただきます。

Denonx8500

「DENON AVC-X8500H」

国内先行視聴イベント

開催日 2月24日(土)

場所  アバック松山店

時間  1部 13:00~14:30 【満席】

    2部 15:00~16:30 【残り1席

ご好評いただいておりまして、1部は満席

2部についても残り1席と満席が近づいております。

ご予約は、ぜひともお早めに。

【DENONイベント予約フォーム】

大注目のDENON最新アンプをご覧ください!!

皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国で培ってきたノウハウを随所に散りばめ、

四国エリアのオーディオ&ビジュアルファンの

期待に応える地域密着型の専門店です。 

【AVAC松山店】へ是非お越しくださいませ!!!

Blg_3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社アバック 松山店

〒790-0011 愛媛県松山市千舟町2丁目7-17

土岐ビル1F

営業時間:平日・土・日・祝 AM11:00~PM8:00

定休日:火曜日・水曜日  

TEL:089(913)8224 

FAX:089(913)8225

2018年2月 1日 (木)

【松山店】「お家で映画館計画」「アンプの役割を知ろう第4弾!!!」

Img_20170811_142745

皆様こんにちは。

アバック松山店・久保田でございます。

冬のラストスパートとでも言いましょうか、

近日の寒さは四国でもなかなかですsnowtyphoon

松山市の平地でも雪が見えたりしています。

インフルエンザの流行もピークに入りつつあるので、

体調管理には充分お気を付けくださいねrestaurantchair

さて、本日は、

「アンプの役割を知ろう第4弾!!!」

と銘打って、ブログを書いてみます!!

その中でも「アンプでサラウンド効果を楽しもう!」

とサブタイトルを付けてみます。。

今回は一例を使って、サラウンドを簡単に紹介します。

slateとあるオーディオショップでの日常house

eye→お客様

cat→スタッフ

Q:サラウンドって・・・何のことeye

A:catサラウンドとは、簡単にいうと、

「複数のスピーカーを使う映画館のような音場」を言います。

包み込まれる感覚や迫力を感じる音場・・でしょうか。

Q:確かに映画館では迫力があるね。でも複数のスピーカーが必要eye

A:映画館では、包み込まれるような音を感じませんかcat

自宅で複数のスピーカーを駆使して立体音響を作るんです。

それが、映画館のような迫力や臨場感に直結していくんですよ。

Q:なるほど。その為に複数のスピーカーが必要なんですねeye

具体的には何本必要ですか?

A:これにはアンプの仕様とお部屋の環境が関係してきますcat

間取りや予算、どんな楽しみ方を希望するか・・等です。

↓以前のブログでも書いた通り↓

http://blog.avac.co.jp/matsuyama/2017/12/2-d962.html

アンプに接続できるスピーカーの数は機種によって違ってきます。

当然、お部屋の大きさによって、配置できる数も変わってきます

一般的には5.1ch(前に3、後ろに2、ウーハーを1)が妥当です。

イメージしやすいように、お部屋の間取りにあわせて、

ちょっと図に書いてみますねcatpencilmemoさらさら。

Photo

Q:これはわかりやすいeyesign01

これだと、アンプのCh数は5ch対応機種が必要なんだsign01

A:大正解ですcatdiamondもちろん先々の増設も視野に、

7~11chのアンプを導入すれば、豊かな厚みと表現が可能です!!

ついでにスピーカーの増設をイメージしてみましょうかdash

さらさらcatpencil

Pict_top_sp_layout_x4200_drdzilnl_3

天井埋め込み型スピーカーを導入すると、、

5.1.4chのATMOS対応システムに変わりました!

天井に4本スピーカーを追加するとこんなイメージですcat

天井の場合、補強や取付工事が別途必要ですが。。

臨場感と没入感は格段に向上しますup

Q:これで臨場感のある映像と音が楽しめるんですねeyenote

新築のタイミングにあわせて5.1.4chにしようかなeye

ライブ映像や洋画を迫力のサウンドで楽しみたいです。

A:導入の絶好のタイミングです!!cat

ちなみに、YAMAHAのRX-A3070の場合、

シネマDSP HD3という機能が搭載されています。

Dsp

端的に「立体感・臨場感を向上させる」

優れた機能が搭載されています。

DOLBYATMOS×シネマDSPの掛け合わせで、

ライブ映像良し、新旧映画作品良し、スポーツ映像良し、

ライブ会場や音源の内容にあわせて、多彩なプログラムから

いくつものモード選択肢が楽しめるんですcat

リモコンボタンで簡単操作できますよmobilephone

Q:予算次第だけど、グレードの高いアンプであれば、

楽しみ方も増えるんですねeye

A:そのとおりですcatAVアンプは視聴ポイントに合わせて

包囲するような音場を作ってくれる優れものです。

以前話したように「増幅させる」きのうはもちろん、

「コンテンツや間取りにあわせた音場を作ってくれる」

と言った方が、ピンとくるかもしれませんねflair

さらに、別のパワーアンプをコントロールする機能も持ち合わせています。

(機種によりけりですが・・・)

~おしまいeyecat

いかがでしたでしょうか?

サラウンド=一つの正解のみ、とは言い切れません。

導入する機材やお部屋の環境、それらによって

音場の感じ方も変わってきます。

お客様とお話しさせていただいて、お一人お一人のシステムが、

世界に一つのシステムとして成り立っているんだなと感じます。

正解は無限。間違いなんてありません。

その中で、最適な組み合わせを一緒に考えましょうcateye

これから導入を考えられる方。

新しく機材を入れ替えたい方。

松山店では皆様のご相談をお待ちしております。

お気軽に、シアタールームを体験しにいらしてください。

ご来店、お待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国で培ってきたノウハウを随所に散りばめ、

四国エリアのオーディオ&ビジュアルファンの

期待に応える地域密着型の専門店です。 

【AVAC松山店】へ是非お越しくださいませ!!!

Blg_3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社アバック 松山店

〒790-0011 愛媛県松山市千舟町2丁目7-17

土岐ビル1F

営業時間:平日・土・日・祝 AM11:00~PM8:00

定休日:火曜日・水曜日  

TEL:089(913)8224 

FAX:089(913)8225