イベント

2017年4月22日 (土)

【秋葉原本店】DLA-Z1 + PIEGA NEW Coaxシリーズ視聴会 イベントレポート

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

本日はJVC / DLA-Z1PIEGAのクラシックシリーズのスピーカーでの試聴イベントがございました。

Z1piega

写真だとわかりにくいのですが、フロントスピーカーはクラシック80.2で高さが1.5mぐらいあり存在感もかなりあります。

リアスピーカーは一つグレードが下のクラシック60.2ですが、高さは1.3mぐらいありますので4.1.4chという構成でも巨大なスピーカーに囲まれて大迫力のサラウンドでしたhappy02

映像の方はDLA-Z1を使用しました。サイズは150インチのシネスコスクリーンでご試聴頂き、BD(2Kソース)はZ1側で4Kにアップコンバート、4K UHDソースはダイレクトで様々なソフトをご覧頂きました。

こちらはBDのシーズンズからの1シーンですが

Seasons

元々画質が良いのですが、Z1で4Kアップコンバートした映像は4Kのソフトじゃなくても十分かなと思えるぐらいのクオリティです。

輸入盤の4K UHDソフトでALLIED(邦題:マリアンヌ)からは

Allied

ブログ用に撮影したカメラの性能では捉えきれないほどの緻密な映像で、実際に観てみないとわからないかもしれません・・・

この作品は6Kカメラで撮影しており、マスターデータを4Kとしているのですが、これからの高画質ソフトと呼ばれる作品は恐らく6Kカメラ以上で撮影しているでしょうね。

BDで観ている方も多い作品でルーシーも見て頂きました。

Lucy

こちらも撮影してみたカメラの性能では捉えきれないぐらいきめ細かいです。

BDの時はここまでディテールが見えていたかな?と思えるぐらい情報量に違いがありますが、この違いをしっかり出せるのがZ1の魅力でもあります。

DLA-Z1の方は常時ご覧頂けますので、イベントには参加できなかったけれど見てみたいというお客様はいつでもどうぞhappy01

なお、トップスピーカーで使用した※AP1.2ですが、トップスピーカーで少しグレードの良いものが欲しいという方にはオススメです。

しばらく設置して使用しておりますので、どんな感じか聴いてみたい方はこの機会に是非どうぞ!※トップスピーカー用としてしかご試聴できません。

2017年4月11日 (火)

【秋葉原本店】4/15 東芝有機ELTV「65X910」イベント開催

秋葉原本店の菅原です。

Sugawara1301_100
国内初の4K有機ELテレビが東芝から「X910シリーズ」として発売されました。

これを記念しまして、4/15・16の2日間アバック秋葉原本店で、イベントを開催致します。※15日は東芝開発者の方も常駐致します。

Bar3_akiba_0410_275 https://www.avac.co.jp/contents/2535

もうすでに展示はしているのですが、イベントでは最新のHDR対応4K液晶TVとの比較視聴を行い、有機ELの良さを存分に味わって頂けるようになっております。

コンテンツも4K UHDはもちろん、BD、4K配信(NETFLIX)、4Kゲーム(PS4pro)など、お客様のニーズにあった映像をご用意。

もちろん、視聴環境もお客様のご自宅を想定し、照明を落とした暗室での視聴が可能です。

量販店のような照明が明るい環境下では、TVの映像設定も明るさマックスのギラギラした調整で、有機ELが得意な暗部表現などが分かり難いと思います。

まずは、一度ご覧になってください。

量販店で見るのとは違う、有機ELの本当の魅力をご確認頂ける事でしょう!!!

この映像美でしたら、パイオニアプラズマ「KURO」ユーザーも買い替えに踏み切れるのではないでしょうか。

2017年4月 7日 (金)

【秋葉原本店】4月9日(日) 防音ルーム導入!!ホームシアター無料相談会を開催いたします!!

こんにちはhappy01

秋葉原本店井出です

Ide1401

前回ご案内いたしました

4月9日(日) 防音ルーム導入!!ホームシアター無料相談会 in秋葉原本店 

いよいよ今週末に開催となりますsign03

Bar3_akihabara_0307_275

ご自宅でホームシアターや音楽を楽しむ際に、問題となりやすいのが騒音トラブルですdash

そこで!ご近隣やご家族に迷惑をかけず、

豊かな音場を楽しむ為の防音ルーム導入はいかがでしょうかsign03
好きな映画や音楽を時間帯や音量を気にすることなく楽しむことが出来る防音ルームnote

周りを気にせず大音量を楽しめる防音ルームを導入すれば、

ホームシアターの充実度が一層増す事は間違いありませんnotes

そこでご新築やリフォームで防音ルーム導入を

ご検討されてますお客様!!

防音ルーム設計のスペシャリスト

「株式会社シー・エス・シー 関口 氏」が

Ph_staff_06_2

4月9日(日) 秋葉原本店にて導入の際のご質問やご不明な点に

詳しくお答えいたしますhappy02

※当日スムーズなご案内ができます様

下記アドレスからご予約をお勧めいたします。

https://www.avac.co.jp/contents/2500

図面をお持ちになってホームシアター導入のご相談を頂いたお客様には、

気持ちも華やぐ“自然派せっけんとアタック詰合せセット”とDTS DEMO DISCを

プレゼントいたしますnote

※無くなり次第終了となります。

Trs452014d

Dsc05234

是非、この機会にお気軽にご相談下さいませsun

ご来店心よりお待ちしておりますhappy01

2017年4月 6日 (木)

【秋葉原本店】AVアンプ一斉比較試聴フェア開催中!

伊奈です。

2009_04ina

現在アバック秋葉原本店では「AVアンプ一斉比較試聴フェア」を本日より開催しております。

Bar3_akiba_0329_275

Av_3

今、話題のサラウンド「Dolby Atmos」「DTS:X」をご体感頂きながら、各社のAVアンプを比較頂けるフェアを企画しました。

まだ、ご自宅のAVアンプが最新サラウンドでは無い方は、是非ご来店ください。従来のサラウンドとは一味も二味も違う究極のサラウンド体感をお約束致します。

このソフトを聞いたら、絶対ほしくなるというコンテンツを多数用意しておりますので、きっとご満足頂ける事でしょう。

16日までと期間限定になっておりますので、ご視聴希望のお客様はお近くのスタッフまでお声をおかけください。

ご成約特典もついてさらにお得に!

  • ①スペシャルプライスにてご提供致します!
  • ②「Dolby Atmos」デモディスク プレゼント!
  • ③「Dolby Atmos」グッズプレゼント!
  • ④半額金利クレジットお使い頂けます!

また、全店にて「春の買いかえお得まつり」も4月30日まで開催しており、AVアンプにもご購入特典が付いております。

Photo_2

 

それでは、皆様のご来店ご試聴お待ちしております。happy01

2017年3月11日 (土)

【秋葉原本店】パイオニアSC-LX901+ピュアモルトスピーカーイベント

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

本日はパイオニアのAVアンプSC-LX901とスピーカーはピュアモルトシリーズを使ったイベントがございました。

Dsc_0199 ※サウンドスクリーンを上げた状態です

ピュアモルトシリーズは本来、オーディオ用として発売されましたが1本売りという事と個人的にバーチカルツインタイプが好きなのでパイオニアさんに無理を言って今回のスピーカー構成が実現しましたhappy01

スクリーンサイズが150インチという事もあってセッティングする前は中低域の量感が出せるか不安なところもありましたが、イベントにご参加されたお客様はサイズを感じさせない鳴りっぷりに、このスピーカーのポテンシャルを十分感じて頂けたかと思います。

セッティング時にマイクで音の測定をしたとろ、通常はこのサイズぐらいの場合は判定時にスモール設定になる事が多いのですがリアのS-PM30含めてラージ判定でした。

サイズの割にしっかり下の帯域まで出せている証拠だと思います。

ちなみにフロント3本(S-PM50)とリアの2本(S-PM30)は4ΩでSC-LX901にとってはかなり厳しいはずですが、アクション系の派手なシーンでもしっかりドライブしておりLX901のクラスDのパワー段のメリットがしっかり生きているかと思います。

中低域だけではなく高域側も技術的に進化していてツイーターはソフトドームかと思いきや、新しい素材を使った金属系のツイーターで、きつさもなく高域まで綺麗に伸びます。

今までのバーチカルツインから一味進化した魅力を楽しめるのではないでしょうか。

今回はサウンドスクリーンを使用し写真のようなスピーカーの配置になりました。センタースピーカーは横置きでフロントスピーカーを左右のスタンドで設置。やはり同一スピーカーによる音のつながりは他には無い魅力となりますのでオーディオ用以外のマルチチャンネルでも問題なくオススメですlovely

ただ、AVアンプでのドライブに関しましては4Ωスピーカーという事もありパイオニアのSC-LX901かインテグラのDRX-R1じゃないと音量を上げて楽しみたい方にとっては、ちょっとつらいかもしれません。

残念ながら常時展示はまだしておりませんので、「2chでもいいから聴いてみたい!」という場合は予めご相談下さい。

2017年2月20日 (月)

【秋葉原本店】SC-LX901+ピュアモルトシリーズ

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

3/11にパイオニアのSC-LX901と新製品のピュアモルトシリーズのスピーカーを使った視聴会を行います!

今回メインで使用するスピーカーはピュアモルトシリーズでスピーカーユニット構成はなんとバーチカルツインタイプ!さらに1本単位で注文可能!

シアターシステムを組まれている方ですと、これなら横向きにしたらセンタースピーカーで使えるのでは?と思った方もいらっしゃるかもしれませんhappy02

メーカーさんにご協力頂きフロント3本をS-PM50でリアはS-PM30で5chをピュアモルトシリーズで揃える事ができました。

なかなか聴ける機会は少ないと思いますが、5本バーチカルツインタイプでのサラウンドを是非ご堪能下さい!

なお、今回のイベントは150インチサウンドスクリーンです。

フロントが同一スピーカーによる音のつながりと映像と音の一体感もしっかり味わえますので、サウンドスクリーンでちゃんと聴いてみたいという方もこの機会に是非どうぞ!

ご参加お待ちしておりますconfident

2017年2月18日 (土)

【秋葉原本店】OPPO UDP-203イベントレポート

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

本日はOPPOの新製品でUHD対応ユニバーサルプレーヤーUDP-203のイベントがございました!

Dsc_0179

前のモデルでBDプレーヤーのBDP103との4Kアップコンバートの画質比較やSACDなどでのアナログの音質比較なども交えて再生し、 明らかな進化が実感できたかと思います。

映像処理回路に関しては今までのBDプレーヤーから処理容量も大幅に増えたこともあり、ノイズ系の処理は格段に進化して4Kアップコンバートのクオリティも更に向上しました。

旧モデルではBDの再生時に、わざわざプレーヤーで4Kにアップコンバートする必要はないかな?という感じでしたが、UDP203なら4Kにアップコンバートしてもクオリティはかなり高いです。

Dsc_0181

「ダークナイト」のBDからの1シーンです。高画質のBDソフトでしたら4KのUHDじゃなくても十分なクオリティを味わえると思います。

今回プロジェクターはJVCのDLA-Z1を使用しましたが、10万を切る価格帯のプレーヤーでこれだけの映像クオリティを送り出せるコストパフォーマンスは感心しますhappy01

また、今回の視聴では音質面の進化も聴いて頂くために、AVアンプのフロントプリアウトからデノンのプリメインアンプ/PMA2500NEをパワーアンプとして使う再生と、また別系統でUDP203の本体から直接アナログ出力しPMA2500NEでの再生をしました。

Dsc_0180

AVアンプへHDMを出力した場合よりも直接アナログ出力した方が中低域の量感や立ち上がり、高域の伸びや広がりもガラッと良くなります。

最近はアナログ出力が軽視されがちですが、ユニバーサルプレーヤーの役目として手を抜かなかった辺りはさすがです。導入されたユーザーの方はアナログ接続も是非活用してみて下さい。

映像面も音質面も、この価格でこのクオリティーまで出されてしまうと、これから出してくる製品はつらいですね。

OPPOは上位クラスにUDP205を予定しておりますが、夏ぐらいまでに出るのか秋冬ぐらいまでずれ込むのか、まだわかりません。

音質面では今までの傾向から上位モデルは更に期待できると思いますが、オーディオ系より映画系の視聴の方が多い方はUDP-203で十分ではないでしょうか。

2017年1月23日 (月)

【秋葉原本店】4Kプロジェクター比較イベント

 こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

22日は4Kプロジェクター比較イベントという事でJVC/X770R vs ソニー/VW535とJVC/X770R vs エプソン/LS10500 での比較視聴を行いました。

BDソフト(2K)とUHDソフト(4K)でそれぞれ見比べて頂きましたが、各社今回のモデルチェンジでいろいろな部分で更にポテンシャルが高くなったようで比較視聴の画像を交えていろいろご紹介させて頂きます。

まずはBDソフトで映画「Age of Adeline」から

535ade2左がX770Rで右がVW535

VW535の方が若干コントラスト感と色の発色が少し落ちる感じがありますが二つ並べれば少し違うというぐらいの差でもあります。

こちらは

10500ade2

左がX770Rで右がLS10500

両機種とも色再現性にこだわったモデルでデジタルシネマの色域をほぼカバーしているだけあって、わずかな色味の差はありますがほぼ同レベルです。X770Rの方がコントラストが高いパネルを使っているだけあってコントラスト感で少し有利な感じです。

X770RとLS10500の色域の広さはこういったシーンでも同様です。

映画「山猫」から

Dsc_0160 作品自体が濃い目の色使いですが、淡い色などもところどころ使われており色再現性の高さが求められるソフトですが、シネマフィルターを使って補正するX770Rとレーザー光源の色特性の良さを生かしたLS10500で赤側の情報量が少しエプソンの方が有利なところもありますがどちらもかなりレベルが高いです。

2KソースでVW535は4KにアップコンバートしX770RとLS10500は半画素ずらした擬似4Kという描写になりますが、その差も徐々に埋まりつつあります。

映画「Age of Adeline」の別のシーンのアップから

X770Rだと

770ade_1

VW535では

535ade

最後にLS10500では

10500ade

LS10500だけ少し赤っぽく見えるのはシーンによってデジカメとレーザーの光源との相性でそうなってしまうだけなのであまり気にしないで下さい。

LS10500は少し細かい描写(線)が太くなってしまうのでメリハリ感が少し出やすく、X770RとVW535の方が少し繊細な感じになりますが、大きな違いというところまでは行かないので、そういう意味では2Kソースに関してはどれも非常に完成度は高いと思います。

4KのUHDになると色再現性に加えて2Kソース以上にディテールの描写力が求められます。

映画「Shallows」のシーンからアップでの比較を

まずはX770Rで

770sha

VW535では

535sha

LS10500は

10500sha

4KソースでのX770Rのフォーカス感の良さがわかりますでしょうか?

LS10500もX770Rも同じ擬似4Kですが、X770Rの方はe-shiftの処理は上位モデルのDLA-Z1と同等の処理エンジンになった事もあり、今回のマイナーチェンジで4Kソースのフォーカス感がVW535のネイティブ4Kに迫るクオリティになってきました。

X770Rのe-shift4のMPCの処理が若干変わりまして2K用と4K用で選ぶ形になっております。

基本的に4K用の方でほぼ問題はないと思いますが、4Kの信号が入った時に2K用の方にしておくとこんな感じです(4K UHDの「スタートレック into darkness」から)

 Dsc_0143_2

4K用の方にするとこんな感じです。

Dsc_0146_2

2K用の方にしてしまうと昔のe-shift2/e-shift3ぐらいの表示の様な感じで少し大味になります。細かい部分の描写が少し太くなってしまいメリハリ感はあるかもしれませんが折角の4Kの情報量が出し切れません。

ちなみにネイティブ4KのVW535だと

Dsc_0149_2

画像ではわかりにくかもしれませんが、近い感じはわかりますでしょうか?

e-shiftの技術でどこまでネイティブ4Kに迫る事ができるのかという点で、特に4K信号が入った時の処理回路の進化で細かい部分がネイティブ4Kにかなり近いぐらい描写できるのが今回大きく変わったところだと思います。

画像でいろいろご紹介しましたがデジカメの撮影ではわかりにくいところもありますので、ご来店できるお客様は是非一度実際に見てみた方が良いですよlovely

ただ、本当の4Kのクオリティ(特にフォーカス感)はこのクラスではまだまだだったんだと実感できるレベルの製品の展示を開始しましたcoldsweats02

Dsc_0167

こちらも実際に見たことがないというお客様も多いと思いますが、やっと常時見れるようになりましたのでご試聴お待ちしております。

2017年1月14日 (土)

【秋葉原本店】エプソンEH-LS10500展示開始&イベントのご案内

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

昨年末に出ておりましたエプソンのEH-LS10500ですが、当時品薄という状況でしたのでJVCのX770Rに続き、こちらもやっと展示開始となりましたhappy02

Dsc_0141

前のモデルのLS10000では4Kの信号は対応しておりましたが4K UHDのソフトに入っているHDRの信号には対応しておらずSDR表示まででした。

今回のモデルチェンジでHDR対応となり、この仕様を待っていた方も多いのではないでしょうか?

各社の上位モデルの展示が揃ったこともあり1/22(日)に比較視聴イベントを行います。

1部がJVC/DLA-X770R と SONY/VPL-VW535の比較で、2部はDLA-X770RとEPSON/EH-LS10500との比較という内容になります。

同価格帯なので良い悪いというより、どれがお好みに近いかという所になるかと思います。4Kソフトや2Kソフトで比較視聴を行いますので、お悩み中の方は是非この機会のご参加お待ちしております!

2016年11月18日 (金)

【秋葉原本店】19・20日は秋葉原本店へ!!DLA-Z1を観よう!!

秋葉原本店の菅原です。

Sugawara1301_100
いよいよ明日は「ホームシアター大商談会」です!!

2016_winter_sale https://www.avac.co.jp/contents/2113

メインは、やはり「DLA-Z1」!!!

8F特設会場で開催致します。

Dsc_0458_3
150インチシネスコスクリーンで、迫力の4K映像をお楽しみください。

これは、今年必見のイベントです!!

※11/20(日)のフリー視聴は19:00までとなります。ご了承ください。(11/19は20:00まで視聴出来ます。また、1Fのお店は通常通り20:00まで営業致します)

皆様のご来店お待ちしております!!