2017年11月16日 (木)

【秋葉原本店】8K/4K対応サウンドスクリーン「イーストン E8K-KE120HD」展示!

秋葉原本店の菅原です。

1
イーストン/キクチ科学から発売の8Kまで対応したサウンドスクリーンを展示しました!

Top_01_heading_3

 http://www.kikuchi-screen.co.jp/brand/eastone/

展示は「E8K-KE120HD」なので、電動巻き上げ式120インチサイズです。

今機は、4K/8Kプロジェクターまで対応したモデルで前機「E2S-PHD」よりもさらに目が細かく音響透過も高くなっております。

Top_00_img1

1top_01_heading 従来品との比較(左がE8K)

従来品より細く丈夫な糸で織り込んでいますので、透過する穴も小さく、より薄くなっています。

視聴位置であれば、穴が見える事もないでしょう。

目が細かくなった事により、フォーカス感が上がり、4Kプロジェクターの高解像度にピッタリな生地です。実際視聴した際も、フォーカス感が上がった事がすぐ分かりました。

スクリーンゲインは「0.7」ですが、思ったほど明るさは落ちないので、最近のプロジェクターであれば暗く感じる事はないでしょう。

ただ穴は小さくなったとはいえ、光は透過しますし、生地がより薄くなったので、スクリーンの後ろが白壁などの反射する素材ですと、漏れた光が戻り「2次反射」で、映像に影響してしまいます。スクリーンの後ろに置くスピーカーや壁の色、素材は気を遣った方がよいでしょう。

Dsc_0721_3

改めてサウンドスクリーンを体感しましたが、センタースピーカー(セリフ)の音が下では無くスクリーンの真中から聞こえるのは、本当に良いですね!画と音の一体感が断然違います!

まさにホームシアターの理想形です!!!

また、サウンドスクリーンと言うと、音の一体感はあっても映像クオリティが下がるというのが、難点でしたが、このスクリーンでしたら映像への影響は微々たる物で、ストレスを感じる事は皆無でしょう。

只今、デモのプロジェクターは「JVC DLA-Z1」です。

是非、サウンドスクリーンをご検討されている方は、一度ご覧ください。11/25・26の大商談会以外は、いつでもご視聴頂けます。※但しスクリーン後ろにスピーカーは常設しておりません。

音の透過具合を聞きたい場合は、少しお時間を頂きますが、スタッフまでお申し付けください。

-------------------------------------------------------------------------------------

開催中のセールのご案内

Bigbonasu_bana_3 https://www.avac.co.jp/contents/big_bonus2017.html

お得なセール開催中!!

また、11/25・26は半期に一度の「ホームシアター大商談会」開催!

20171030_daishodankai_3  https://www.avac.co.jp/contents/2768

魅力的なイベントと2日間限りの超特価セールが合体したアバック恒例のスペシャル企画です!

2017年11月11日 (土)

【秋葉原本店】【秋葉原本店】4Kで蘇る名作映画をホームシアターで!UHD版「レオン」

秋葉原本店の菅原です。

1 
前回の続きです。

今回、紹介するのは1994年公開、リュック・ベッソン監督の「レオン」です。

51fd57qcxl
残念ながら現在発売は北米版だけですが、レオン4K UHDとなれば字幕が無くったって、内容やセリフはだいたい覚えてますから。早く国内版発売されないですかね~!

BDでも視聴していたので、懐かしい感じはしなかったのですが、何気に日本公開から22年も経っているんですね。そりゃ、ナタリー・ポートマンも自分も老けますよね。


しかし、UHDの中では相変わらずカッコイイ「ジャン・レノ」とかわいい「ナタリー・ポートマン」が4K解像度で出迎えてくれます。

Dsc_0728_3
「レオン」UHD視聴にお薦めの4Kプロジェクターは、SONY「VPL-VW535」

Vplvw515

ネイティブ4Kパネルが、フィルムグレインをキレイに映し出し、彫の深い立体的な映像を見せてくれます。こういった映像も今のデジタルカメラで撮ったツルツルの最新映像と違い、味わいがあるんですよね。

SONYならではの、原画に忠実で、素直な画作りも好感が持てます。

別にレオンのソフトがソニーピクチャーズから発売されているからではありません・・・いや同じSONY同士、相性はいいのかも!?

Dsc_0729

音声は「Dolby Atmos」リミックス。丁寧に作られており、音の分離感、繋がりが良いです。普段は大人しめですが、銃撃シーンになると一転、派手に全チャンネルが鳴り響きます。

こういった名作達を、最新AV機器で堪能する、あぁ、なんて贅沢で、良い時代なんでしょう!!

これからのUHD化にあたり、1980年より前の作品も数多く出てくる事でしょうから、楽しみですね。 

【秋葉原本店】DLA-X990R vs VPL-VW535 比較視聴イベント!

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba 本日はJVCのDLA-X990RSONYのVPL-VW535の比較視聴イベントがございました!

Dsc_0104 SONYのネイティブ4KとJVCのe-shift 4Kの比較視聴はVPL-VW1000ESとDLA-X90Rから始まって6年も経ちました。e-shiftの技術も5世代目となり今回のX990Rは型番からも、もうそろそろ最終形のような気がします。そして、その完成度は相当高いです!!

イベントでは2KのBDソースから4KのUHDや放送ソースなど幅広くご覧頂きました。

視聴で使ったコンテンツからどのような感じかチラッとご覧ください。

まずはBDの「オペラ座の怪人」から

Dsc_0097 2K信号はプロジェクター側でアップコンバートした映像でそれぞれご覧頂き、X990Rは今回から新しく追加されたピュアダイレクトモードでご覧頂きました。

少し古めのBDソフトでしたら、どちらのプロジェクターも、ほぼ差のないフォーカス感です。

同じくBDの「アリスインワンダーランド」から

Dsc_0099 イベント中に撮影した映像だとちょっと誇張した感じになってしまいますが、色再現性は明るいシーンだと差が少なかったものの少し暗めのシーンでの色の発色はJVCの方が有利です。

4KのUHDソフトからは暗めのシーンをいろいろ観て頂きました。

「マリアンヌ」からは

Dsc_0098 薄暗いシーンが続くところですが、暗部での色の発色など実際に観て頂くと、もうちょっと違って見えます。

「猿の惑星: 聖戦記」からは

Dsc_0100 撮影でも暗部の差やコントラストの差が見てわかりますが、2Kパネルの方が現状コントラストでは上になるので、暗部再現性や色再現性を求めるという点では擬似4Kでもメリットは大いにあります。

最近のUHDソフトは暗部もかなり厳しいシーンが多くなってきましたので、作り手もHDRの画作りが変わってきた感じです。

そういった点では専用ルームなど環境の良いシアターユーザーの方でしたら、X990Rの暗部再現性はかなり魅力的だと思います。

今回は新製品という事もありX990R寄りの紹介になりましたが、e-shiftもここまで進化したならネイティブ4Kに固執せず「擬似4Kでも遜色はない」といった魅力を十分感じて頂けたかと思います。

ちなみにX990Rはパーツを選別した製造の為、大量生産というわけにはいかない様子です。しばらくご予約という状況で品薄も続きそうですcoldsweats01

年内に欲しい方は、もうそろそろリミットが近いかもしれませんのでご注意下さい。

2017年11月10日 (金)

【秋葉原本店】4Kで蘇る名作映画をホームシアターで!UHD版「ブレード・ランナー」

秋葉原本店の菅原です。

1
11月発行のDMにコラムを載せたのですが、枠が小さい為、あまり思った事が載せられなかったので、このブログにて補足したいと思います。

Bigbonasu_bana_2 https://www.avac.co.jp/contents/big_bonus2017.html

 

4K UHDソフトが発売されから早くも1年半が過ぎました。発売タイトルは100タイトルを超え、この11月から12月までの間にも沢山のタイトルが発売される予定です。

今までは、新作が中心だったリリースも、このところ過去の名作達、とりわけ私の青春時代80~90年代の作品が4K UHDとして発売される事が多くなってきました。

どの作品も劇場や、古くはVHS、LD、BDと何回も見て来た作品ですから、大いに思い入れもあり、その出来に期待と不安が高まりますが、その不安も視聴開始と共に吹き飛びます。

それもそのハズ、これらの作品はただUHD化されただけでなく、新しい技術が加わり、当時の思い出補正を軽く上回るハイクオリティなのです。

4K解像度+HDRの映像強化に、音声は最新のイマーシブサウンド「Dolby Atmos」「DTS:X」にリミックス。

名作に相応しい最新スペックでの登場に、技術の進化を感じずにはいられません。

その中から、いくつかご紹介していきます。

ちなみに80~90年代UHD発売済リスト(北米版含)
■戦場に架ける橋(1957)
■未知との遭遇(1977)
■ブレードランナー(1982)
■E.T.(1982)
■ゴーストバスターズ(1984)
■ゴーストバスターズ2(1989)
■ラビリンス/魔王の迷宮(1986)
■ドラキュラ(1992)
■許されざる者(1992)
■レオン(1994)
■アポロ13(1995)
■インデペンデンス・デイ(1996)
■スターシップ・トゥルーパーズ(1997)
■フィフス・エレメント(1997)
■ハムナプトラ/失われた砂漠の都(1999)

■「ブレード・ランナー」

181637_large 
最近雑誌などに多く取り上げられ、今更説明は不要かと思いますが、あえて言わせてください。
当時は、特撮の凄さと銃のカッコ良さだけが印象にありましたが、その後LDやBDを経て、深い世界観や映像美など、ブレランの魅力を再度知ったのでした。自分のAV歴の中でも「スターウォーズ」に続くバイブル的存在です。多分そういう方多いですよね。

今回UHDとなり、まず目に付くのが「HDR」による視覚効果。近未来の街並みに輝くネオンや看板の数々が「HDR」効果で眩しい程の輝きを放ち、酸性雨が降りしきる暗い背景との対比を、さらに引き立ててくれます。

冒頭のシーンから、この「HDR」効果によりブレランの世界にドップリ浸かれ、今までに見て来た回数が多い人程、感動するのではないでしょうか。

ただ、このブレラン、本当の感動を味わいたいならホームシアターでの大画面・大音量サラウンド視聴が不可欠です。

全体的に暗いシーンが多く、且つHDR効果を発揮出来る映像機器で視聴したいので、オススメは黒再現性に優れた「有機EL TV」もよいですが、ブレランの迫力ある映像美を小さな画面では堪能しきれないので、ここはやはり4Kプロジェクターでしょう。とりわけコントラスト重視の「JVC DLA-X990R」がオススメです。

 Dlax990r_prod_2

 この「DLA-X990R」はブレラン専用機かと思う程、ブレランの世界観をバッチリ映してくれたプロジェクターでした。(別にプロジェクターのアピールの為にこの映画を引き合いに出したのではありませんよ、念のため)

深い黒再現性とHDRの明るさがキッチリ描き分けられていて、これ以上ない程ブレランの映像美を堪能出来ました。

また、映像美もさることながら、このUHDの進化に欠かせないのが音声フォーマットです。

UHD化に伴い音声も「Dolby Atmos」へと進化しました。これが一番個人的に嬉しかった!

この「Dolby Atmos」リミックスが大変秀逸で、最新作かと思う程のクオリティです。大体アトモスリミックスって意外と控えめな作品が多いんですよね。

しかしブレランは一味違います。大胆なリミックスアレンジがされていて、Atmos効果を十分に楽しめるサラウンドなのです。

Dsc_0726

例えばサウンドトラックのシンセサイザーの音がトップスピーカーを回るように鳴ったり、飛行艇の広告宣伝のアナウンスがちゃんとトップから鳴ったりと、Atmosに欠かせないトップスピーカーが生かされたサラウンド設計になっています。

もちろんブレランの1つのキーポイントでもある「降りしきる雨」はトップ含め全体に包囲するよう鳴り、近未来の不安を煽るような演出に一役かっています。

あと1つ忘れちゃいけないのが、個人的にサラウンド効果として一番気になるスピナー(飛行車)の移動音。

LDやBD再生時にいつもサラウンドチェックしていた、空を飛び交うスピナーの行き来する移動音もAtmosならスムーズに繋がり自分がイメージしていた通りに再現してくれました。

まだまだ語りたい事はありますが、最後に1つだけ!

UHD「ブレード・ランナー」を見るなら4Kプロジェクターとatmos対応AVアンプのホームシアターで見ないと魅力半減以下です!!

大画面・大音量での視聴こそ、このUHD版「ブレード・ランナー」の本当の魅力が分かるのですから・・・。

他作品は次回で。

2017年11月 9日 (木)

【秋葉原本店】「BIGボーナスセール2017」 を開催!!

AVAC秋葉原本店の吉池です。

1306yoshiike_2

いよいよ今年も始まりました!

このタイミングを狙っていた、お客様も多いかと思いまが「BIGボーナスセール2017」を開催致します!期間は11月9日(木)~12月24日(日)までです。

話題の新製品がお得に!ご購入頂けるチャンスですので是非ご相談をお待ちしております。

Bigbonasu_bana_3 https://www.avac.co.jp/contents/big_bonus2017.html

セール限定のスペシャル特典は・・・おなじみ?

「下取金額アップ」します! 下取が無いお客様でも「得々クーポン」がご利用頂けます。

半額金利クレジットもご用意致しました(分割60回の金利=30%→15%

詳しくは ↓

https://www.avac.co.jp/contents/big_bonus2017.html

-----------------------------------------------------------------------------------

そして11月25(土)11月26(日)は話題の新製品イベントも繰り広げられる

この冬最強のご来店限定セール!!「ホームシアター大商談会2017 WINTER」を開催します。

2日間のみの下半期最強の売り尽くしセールとなります。

BIGボーナスセール」の特典と併用可能で当日、会場発表される超々特価セール!!

お得なチャンスですので、当日のご来場をお待ち申し上げております。

Daikansyasai_bana_4 https://www.avac.co.jp/contents/2773

2017年11月 4日 (土)

【秋葉原本店】アニメ初Dolby Atmos「BLAME!ブラム」BDを試聴。

度々失礼致します。アバック秋葉原本店の菅原です。

1_3
アニメ初!国内映画では4作目となる「Dolby Atmos」収録のBDが発売しました!

「BLAME!ブラム」

81ui5dkd3fl__sy500_
この「BLAME!」は、劇場公開とNetflixで見ましたが、今回のBD版はそれ以上の極上サラウンドで体感出来ました!!

今までの国内版のAtmos※は、どちらかというと大人しめのサラウンド感でしたが、今回はSFアクションアニメだけあって、バリバリ・ゴリゴリのサラウンドを楽しめます!

※THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 /リップヴァンウィンクルの花嫁 /貞子 vs 伽椰子

Dsc_0547
冒頭のバトルシーンから、 激しいサラウンドで盛り上がり、トップスピーカーからもガンガン鳴ります!劈く様なビーム音と腹に響く重低音は、どこまで再現できるかサラウンドシステムの質を問われる事でしょう。TVじゃこの迫力はわかりません・・・。

最近のアニメは画質はもちろん、音にも拘っている作品が多いので、ホームシアターで大活躍します!下手な映画より全然音質も良いですし、サラウンド感もありますので、イベントのデモとして使う機会も増えた位です。

音が良いアニメ多くなりましたよね!

9/27発売の「劇場版ソード・アート・オンライン-オーディナル・スケール」も音のクオリティが高く、サラウンドも良く出来ていて、AVアンプのアップミックスを使えば、疑似アトモスを存分に楽しめる作品となっています。

Photo

今後ますます、ホームシアターでのアニメ視聴が増えてきそうですね!!!

【秋葉原本店】4Kプロジェクターほぼ揃っています!比較視聴可能!

アバック秋葉原本店の菅原です。

1
12/9発売のSONY「VPL-VW745」を残し、今年発売の4Kプロジェクタが出揃いました!

アバック秋葉原本店では、同じスクリーンを2面用意し、同時投射する事によりプロジェクターの違いを、より分かり易く見比べて頂く事が出来ます。

例えば、現在は、こんな比較が可能です。

JVC「DLA-X990R」 VS JVC「DLA-X590R」

JVC「DLA-X990R」 VS SONY「VPL-VW535」

JVC「DLA-X590R」 VS SONY「VPL-VW245」

JVC「DLA-X590R」 VS EPSON「EH-TW8300」

EPSON「EH-TW6700」 VS EPSON「EH-TW8300」

などなど(上記以外でも比較出来る機種あります)

Dsc_0722

【こんなお悩みを解決!!】
■上位機種との差は?
■メーカーによっての違いは?
■4Kと2Kの違いは?
■4K e-shiftとネイティブ4K、パネルの差は?
■電気をつけた状態での映像の見え方の違い
など

視聴聴環境は完全暗室で真っ暗になりますので、各々のプロジェクターの性能をフルに発揮した映像での比較です。さらに照明調光も出来ますので、電気がついた状況下での比較も出来ます。
プロジェクタールームのご案内

様々なシチュエーションでの比較が出来るんです。

是非、ホームシアター構築で、プロジェクター選びに迷われている方は、一度ご来店ください。

比較視聴に加え、専門スタッフによる分かり易い解説で、お好みのプロジェクターをご案内させて頂きます。


アバック秋葉原本店のお店情報
リンク:https://www.avac.co.jp/contents/akihabara.html

Akihabara_img_3

お問い合わせはコチラからお願いたします。
 https://www.avac.co.jp/contents/akihabara_contactus.html

皆様のご来店・ご相談お待ちしております!

2017年11月 3日 (金)

【秋葉原本店】今年もやります!「ホームシアター大商談会」!!

秋葉原本店の菅原です。

1_2
今年もこの季節がやって参りました!!

20171030_daishodankai
リンク:https://www.avac.co.jp/contents/2768

話題の製品イベントと、お得なセールが合体したアバック秋葉原本店恒例のスペシャル企画です!!

今回も「麻倉先生」「堀切先生」に参加頂き各イベントを開催致します。

※イベントスケジュール・内容は、コチラをご覧ください。

11/25(土)
①SONY「VPL-VW245」
②Integra「MODEL-X」堀切日出晴氏
③Pioneer「SC-LX901」
④YAMAHA「RX-A3070」vs「CX-A5100」

11/26(日)
①DENON「AVR-X6400H」麻倉怜士氏
②marantz「SR8012」
③JVC「DLA-X990R」麻倉怜士氏
④ミドルクラス4Kプロジェクター比較視聴

11/25~26
SONY「VPL-VZ1000」

話題の4Kプロジェクターから、最新フォーマットAVアンプなどの視聴会をお楽しみ頂きつつ、超激安価格に迫る2日間!

今年最後のビックセールです!

是非、ご参加ください!!!!

さらに詳しい内容は、随時このブログでお知らせしたいと思います。



話は変わりますが、秋葉原本店の近くにもシネコンが出来ました!!

「TOHOシネマズ上野」
「I MAX」と「Dolby Atmos」が無いのは残念ですが、これで、仕事帰りに映画を見て帰るなんて贅沢も出来そうです。

お客様も、映画を上野で見た帰りに、余韻に浸りながらアバック秋葉原本店へお越し頂き、ホームシアターを導入をお考え頂くなんてどうでしょうか?

【秋葉原本店】期間限定展示、L-509X!!

秋葉原本店の小川です。

Sogawa1401
期間限定展示! 本日~11/11までdanger

Sdsc_4065_2 newLUXMAN L-509Xnew
http://www.luxman.co.jp/product/l-509x
がやってきましたsign03

Sdsc_4066_2shineキラキラshineメーターパネルはやっぱりイイですねhappy01good 

短い期間ですが、本日~11/11までですdanger

お待ちしております(^^)/~~~ 

【秋葉原本店】4Kプロジェクター比較イベント!「DLA-X990R」VS「VPL-VW535」

秋葉原本店の菅原です。

1

今年は4Kプロジェクターの当たり年!!

JVC、SONYから4Kプロジェクターが次々発売しています。

その中でも特に注目なのが、JVC「DLA-X990R」
ダイナミックコントラスト1,600,000:1を実現したe-shift5による4Kプロジェクターです。

Dlax990r_prod

ですが、同じ価格帯にSONY「VPL-VW535」がありますので、迷われている方も多いのではないでしょうか?

そこで、アバック秋葉原本店では、恒例のプロジェクター比較イベントを開催致します!!

禁断の4K比較視聴!!
JVC「DLA-X990R」 VS SONY「VPL-VW535」

 https://www.avac.co.jp/contents/2770

ライバル機とも呼べる、この2機種。

皆さんの気になる所は・・・

■e-shift5パネルとネイティブ4Kパネルの見え方の違い

■コントラスト比による黒再現性

■HDRコンテンツの見え方

など、皆様の気になるポイントを一緒に検証して行きましょう!

120インチ同時投射とスタッフの解説付きで、その差をご確認頂けることでしょう。

是非、ご参加ください!!

参加申し込みはコチラ!