4K Ultra HD

2017年4月22日 (土)

【秋葉原本店】DLA-Z1 + PIEGA NEW Coaxシリーズ視聴会 イベントレポート

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

本日はJVC / DLA-Z1PIEGAのクラシックシリーズのスピーカーでの試聴イベントがございました。

Z1piega

写真だとわかりにくいのですが、フロントスピーカーはクラシック80.2で高さが1.5mぐらいあり存在感もかなりあります。

リアスピーカーは一つグレードが下のクラシック60.2ですが、高さは1.3mぐらいありますので4.1.4chという構成でも巨大なスピーカーに囲まれて大迫力のサラウンドでしたhappy02

映像の方はDLA-Z1を使用しました。サイズは150インチのシネスコスクリーンでご試聴頂き、BD(2Kソース)はZ1側で4Kにアップコンバート、4K UHDソースはダイレクトで様々なソフトをご覧頂きました。

こちらはBDのシーズンズからの1シーンですが

Seasons

元々画質が良いのですが、Z1で4Kアップコンバートした映像は4Kのソフトじゃなくても十分かなと思えるぐらいのクオリティです。

輸入盤の4K UHDソフトでALLIED(邦題:マリアンヌ)からは

Allied

ブログ用に撮影したカメラの性能では捉えきれないほどの緻密な映像で、実際に観てみないとわからないかもしれません・・・

この作品は6Kカメラで撮影しており、マスターデータを4Kとしているのですが、これからの高画質ソフトと呼ばれる作品は恐らく6Kカメラ以上で撮影しているでしょうね。

BDで観ている方も多い作品でルーシーも見て頂きました。

Lucy

こちらも撮影してみたカメラの性能では捉えきれないぐらいきめ細かいです。

BDの時はここまでディテールが見えていたかな?と思えるぐらい情報量に違いがありますが、この違いをしっかり出せるのがZ1の魅力でもあります。

DLA-Z1の方は常時ご覧頂けますので、イベントには参加できなかったけれど見てみたいというお客様はいつでもどうぞhappy01

なお、トップスピーカーで使用した※AP1.2ですが、トップスピーカーで少しグレードの良いものが欲しいという方にはオススメです。

しばらく設置して使用しておりますので、どんな感じか聴いてみたい方はこの機会に是非どうぞ!※トップスピーカー用としてしかご試聴できません。

2017年3月13日 (月)

【秋葉原本店】8K撮影「マリアンヌ」UHDは凄い!

秋葉原本店の菅原です。

Sugawara1301_100
2/28に北米発売されたUHD「マリアンヌ」は、初の8K撮影映画で、その恩恵は4K UHDになっても発揮されています。

91mbw0f6dbl__sx425_

Camera         Red Weapon Dragon, Panavision Primo 70, Leica Summicron-C, Summilux-C and Angenieux Optimo Lenses

IMDbよりhttp://www.imdb.com/title/tt3640424/technical?ref_=tt_dt_spec

圧倒的な解像感、色情報で、今まで発売されたUHDソフトの中でもトップに入る出来だと思います。

2KのBlu-rayも相当クオリティが高いのですが、UHDと比べてしまうと、その差は一目瞭然です。

Dsc_0507_3 Blu-ray

Dsc_0506_3UHD

グレースーツのしわに入る陰影、白黒ワンピースのコントラスト、ブラピの髪の整髪料のテカリ、スキントーンの階調など比べると差が出ます。

その映像は凄まじく、全て肉眼で見ているかのようなリアリティがあります。例えば、服のディテール、質感、使っている生地までもが手に取ってわかってしまう程。

今日までにUHDソフトは多数発売されておりますが、そのクオリティ差は作品ごとに激しく、中にはちょっとHDR効果あるかな?位の出来のソフトもあるんですよね。

最近国内発売された某オペラ映画UHDなんかは、大袈裟に言うとBlu-rayをアップコンした方が綺麗なんじゃないかなと思ってしまう物もあります。(タイトルはあえて書きませんが・・・)

そんな中で、この「マリアンヌ」はこれぞ、4K HDR!!と言える出来栄えなんです。

Dsc_0505

特にこの差を顕著に表してくれたのが、JVC「DLA-Z1」視聴時で、レーザー4Kの実力を思う存分発揮してくれました。

Dlaz1_prod

 「レヴェナント」「X-MEN:アポカリプス」「ボーダーライン」「ハドソン川の奇跡」や前回紹介した「ビリー・リーンの一日」など超高画質UHDソフトが増えてくれるのは、うれしい事です!!

もう・・・Blu-rayには戻れない体になってしまいました・・・。

もしこの記事を見て、少しでも気になった方は、秋葉原本店でいつでもご視聴可能ですので、お気軽にお越しください!!お待ちしております。

---------------------------------------------------------------------------------

只今、絶賛開催中!!

2017haru_bana https://www.avac.co.jp/contents/spring_sale2017.html

2017年2月20日 (月)

【秋葉原本店】4K/60P収録UHDソフト「ビリー・リンの永遠の一日」

秋葉原本店の菅原です。

Sugawara1301_100
2/14に北米で発売されたUHDソフト「ビリー・リンの永遠の一日」原題:「Billy Lynn's Long Halftime Walk」が超絶クオリティです!!

912nrjnmaal__sx466_ 
映画初の「4K/60P」収録UHDソフトなんです!!

パッケージにも「FIRST TIME EVER:60 FRAMES PER SECOND」と表記されています。サイズは1.85:1

Dsc_0484 
プロジェクター側でも「2160P×60」表記。

Dsc_0485
UHDプレーヤーでも

Dsc_0486
4K解像度、60フレーム、HDRの最強UHDソフトです!!

4Kの高精細な解像度と60フレームの滑らかな動きは必見で、スキントーンのグラデーションは、BDと見比べると、一目瞭然です。

特に映画中盤のスタジアムでのハームタイムショーは圧巻で、全ての効果を堪能出来る視聴オススメポイントです。

是非、ネイティブ4K/レーザー光源プロジェクターJVC「DLA-Z1」で見てほしい、UHDソフトです。

ちなみに音声は「Dolby Atmos」収録ですが、意外とサラウンド感は控えめで映像に比べると地味ですが、ここぞ!という時の低音は、トンデモく出ます・・・。

2017年2月18日 (土)

【秋葉原本店】OPPO UDP-203イベントレポート

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

本日はOPPOの新製品でUHD対応ユニバーサルプレーヤーUDP-203のイベントがございました!

Dsc_0179

前のモデルでBDプレーヤーのBDP103との4Kアップコンバートの画質比較やSACDなどでのアナログの音質比較なども交えて再生し、 明らかな進化が実感できたかと思います。

映像処理回路に関しては今までのBDプレーヤーから処理容量も大幅に増えたこともあり、ノイズ系の処理は格段に進化して4Kアップコンバートのクオリティも更に向上しました。

旧モデルではBDの再生時に、わざわざプレーヤーで4Kにアップコンバートする必要はないかな?という感じでしたが、UDP203なら4Kにアップコンバートしてもクオリティはかなり高いです。

Dsc_0181

「ダークナイト」のBDからの1シーンです。高画質のBDソフトでしたら4KのUHDじゃなくても十分なクオリティを味わえると思います。

今回プロジェクターはJVCのDLA-Z1を使用しましたが、10万を切る価格帯のプレーヤーでこれだけの映像クオリティを送り出せるコストパフォーマンスは感心しますhappy01

また、今回の視聴では音質面の進化も聴いて頂くために、AVアンプのフロントプリアウトからデノンのプリメインアンプ/PMA2500NEをパワーアンプとして使う再生と、また別系統でUDP203の本体から直接アナログ出力しPMA2500NEでの再生をしました。

Dsc_0180

AVアンプへHDMを出力した場合よりも直接アナログ出力した方が中低域の量感や立ち上がり、高域の伸びや広がりもガラッと良くなります。

最近はアナログ出力が軽視されがちですが、ユニバーサルプレーヤーの役目として手を抜かなかった辺りはさすがです。導入されたユーザーの方はアナログ接続も是非活用してみて下さい。

映像面も音質面も、この価格でこのクオリティーまで出されてしまうと、これから出してくる製品はつらいですね。

OPPOは上位クラスにUDP205を予定しておりますが、夏ぐらいまでに出るのか秋冬ぐらいまでずれ込むのか、まだわかりません。

音質面では今までの傾向から上位モデルは更に期待できると思いますが、オーディオ系より映画系の視聴の方が多い方はUDP-203で十分ではないでしょうか。

2017年2月14日 (火)

【秋葉原本店】UHDプレーヤー比較視聴

伊奈です。

2009_04ina

先日OPPOよりUHDプレーヤー「UDP-203」が発売され好調に売れておりますが、カタログをだけ持って行かれるお客様も多々見られます。

そこで、実際に映像(1080Pまで)・音声(サラウンドもOK)も視聴して頂ければ!

さらに、価格帯または対抗機種として皆さまが気にされている、Panasonicより発売されたUHDプレーヤー「DMP-UB900」も比較視聴できるように設置接続をしてみました。

切り替えには、AVアンプやプロジェクターの反応速度の遅さがあり瞬間に切り替えとまでは行きませんが、簡単に切り替えできるようにはなっております。

ついでに価格帯はかなり上がってしまいますが、BDプレーヤーの王者Pioneer「BDP-LX88」も比較視聴できるようになっております。

Bd3 (実際は写真のように積み重なっておりません)

UHDプレーヤーで気になっている方は是非アバック秋葉原本店へお越しください。

比較希望の方は、お近くのスタッフへお声かけください。

2017年1月31日 (火)

【秋葉原本店】OPPO UDP203展示開始!

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

OPPOのUHD対応プレーヤーUDP203の展示が開始しました!

Dsc_0168

今までUHDの再生はパナソニックのレコーダーのUBZ1UBZ2020/1020かプレーヤーもパナソニックのDMP-UB900UB90 という選択肢でしたが、やっとOPPOという選択肢が加わりましたhappy01

再生専用機のUB900やUB90を導入された方も多いと思いますが、パカッと開くフロントパネルやタッチセンサータイプの電源と開閉ボタンはだいぶ不満を持った方も多いかもしれませんcoldsweats01

やっぱり再生専用機はこれぐらいのデキにしてくれないと物足りないですね。

ホーム画面はちょっと変わりました

Dsc_0169

発表時にはネットワークのDLNA辺りの機能が制限されてしまうのかと思いましたが、実際に使ってみましたら今まで同様DLNAのネットワーク機能あたりは問題ありませんでした。

Dsc_0170_2

Dsc_0171

UHDディスクの読み取りなどもパナソニックとほぼ変わりませんし、動作は非常に快適なのでOPPOの良さはUHD対応になっても変わらずです。

UHDの再生クオリティはもともとソフトのクオリティが高いのであまりプレーヤーで余計な処理をする必要がありませんので既存のパナソニックと比べても大きな違いは無さそうな感じですが、パナソニックの方がノイズを抑えてクリアーな感じが少しありそうかなというぐらいです。

まだいろいろソフトを見ておりませんが、先に北米版で出ておりますUHDの「ハドソン川の奇跡」を見てみました。

ソニーのVW535やJVCのX770Rで見ておりましたが、高画質と言われる割にはもうちょっと質感が欲しいなという印象でした。しかしプロジェクターをJVCのDLA-Z1変えて観てみると、このソフトのクオリティの高さに脱帽です。

Dsc_0172

Dsc_0173

Z1で4Kソフトを観てしまうと4Kの緻密な映像表現に吸い込まれてしまいますlovely

こうなってくるとあとは音の良いUHD対応プレーヤーをどこが先に出してくれるか楽しみですね。

2017年1月 7日 (土)

【秋葉原本店】JVC DLA-X570R展示開始!

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba_2

昨年末に出荷開始となったJVCのDLA-X770RX570Rですが、品薄だったこともありX570の展示が遅れておりましたが、やっと展示開始となりました!

Dsc_0134_2

前のモデルから主にHDR処理周りが大幅に進化したのは上位モデルのX770Rと同様ですが、個人的には前よりも上のモデルとの差が縮まったように感じます。

BDコンテンツから ※左がX770R、右がX570R

Dsc_0136_2

X770Rと比べると少し明るく鮮やかな感じでテレビライクな画作りですが、最近の映画の画作りの傾向としてはこっちでも全然気にならないでしょうね。

UHDコンテンツから ※左がX770R、右がX570R

Dsc_0137_3

若干赤側と青側で色情報の差が出ますが、このレベルの差ですと前のモデルよりも差が縮まった感じがします。

X770Rが80万を切るぐらいでX570Rが60万ちょっとなので、約20万近い価格差でどっちにするか悩みどころですねhappy02

X570RもX770Rもいつでもご覧になれますので、ご来店お待ちしておりますconfident

2016年10月29日 (土)

【秋葉原本店】ソニー VPL-VW535イベントレポート

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba 本日はソニーの4KプロジェクターVPL-VW535のイベントがありました。

Dsc_0110 今までのモデルとの大きな違いは4K HDRの信号に対しての処理回路周りが進化して使いやすくなったことです。

今までVW515で見ていた4K HDRソフトの印象がガラッと変わりました。お好みで今まで通りの少し落ち着いた感じにする事も少し派手目にすることも調整できるようになりましたので、ご視聴環境やお好みに応じて選択できるようになったのはユーザー側としてはありがたいですね。

4K UHDソフトの「宮古島」が、なぜかHDRで映せなかったので今回イベントでは使いませんでしたが、イベント後には解決しましたので、もしこのソフトをお持ちの方でVW535を見る時はPJの設定を以下のように変更して下さい。

535

 「機器設定」から「HDMI信号フォーマット」で接続した端子のところを標準フォーマットから「拡張フォーマット」に変更して下さい。

今のところ、この「宮古島」のソフトは唯一4K60Pの4:2:2の信号で収録されており、一部の機器では色がちゃんと出せないという特殊なソフトなのですが、もしお持ちの場合はこれで大丈夫だと思います。

そういえば、今週の頭にデノンのAVR-X7200WAに関してドルビーサラウンドとDTS Neural:xの掛け合わせが可能になるアップデートが出ておりました。

使えるモードですので、ユーザーの方は早速アップデートですね!happy01

※回線スピードにもよりますが、恐らく30分ぐらいはかかると思います。

2016年8月 9日 (火)

【秋葉原本店】JVC DLA-X750R スタックで3D再生

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba 8/11~15はJVC/DLA-X750Rを2台使ったスタック投射をご試聴頂けるようになっておりますが、準備中に試しで3Dも見てみたところこれもまた凄いですhappy02

Dsc_0079 ゼログラビティ

Dsc_0080 ジュピター

3Dメガネをかけているのを忘れるかのような明るさがあり1台投射では80インチぐらいじゃないとこのコントラストは出せないかもしれません。

3Dメガネの数が足りないのでイベント中は3D試聴のデモは行いませんが、それ以外の時間はいつでもご覧頂けますので3D大好きな方は映画館でも味わえないクオリティを是非ご覧ください。

現在スタック投射の調整準備中で2Kコンテンツや4K HDRコンテンツなどいろいろ確認しておりますが、特に4K HDRコンテンツでのスタック投射というのはプロジェクターによるHDR再現の答えなのかもしれませんね。

仮に単純に単体で5000ルーメンという光源ですと、あくまでもピークの明るさがメインとなり、暗部を犠牲にしてのコントラストになってきます。

今回使用のX750Rはmax1800ルーメンなので、2台使ってピークは4000ルーメン近くになると思いますが、暗部側が極端に浮くという感じにはならないので1台でネイティブコントラスト120,000:1というスペックはほぼそのまま守られるような感じになります。

スタックの調整は簡単ではありませんし設置条件も必要なので誰でもできるというものでもありませんが、ある意味これがプロジェクターの面白さかもしれませんhappy01

2Kコンテンツをスタックで見ていて感じますが、4KとかHDRとかそんなに重要じゃなく思えるところもあります。

特に最新の機種を2台揃える必要もなく、今手持ちのプロジェクターと同じプロジェクター(中古でなど)を揃えればスタック投射は可能です。

設置ができそうな環境でしたらチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

--------------------------------------------------------

Bar2_akiba_0728_275

https://www.avac.co.jp/contents/2010

2016年8月 8日 (月)

【秋葉原本店】究極のシステムで聞く!ホラーナイト!

秋葉原本店の菅原です。

Sugawara1301_100 
皆様、暑い暑い夏、いかがお過ごしですか?

この暑い夏にピッタリのイベントをご用意しております!

Bar2_akiba_0728_275 https://www.avac.co.jp/contents/2010

その中でも、

8月12日(金)18:00~19:30 「納涼!ホラーナイト!」

は、わたくしホラー大好きな菅原が絶対に怖い映画を厳選して贅沢なシステムでホラーを体感しよう!というイベントです。

802D3マルチチャンネルで聞くホラーの凄まじさはハンパなく、この夏にピッタリの企画です。

是非、肝試ししたい方は、このイベントにお集まりください。

一部プログラムを発表。

■クリムゾン・ピーク(DTS:X)
■死霊高校(Dolby Atmos)
■ラストウィッチハンター(UHD)(DTS:X)
■悪魔のいけにえ(UHD)(Dolby Atmos)
など

ホラーファンには絶対満足頂ける内容です!

また、ホラー以外でも「UHD」「アニメ」などのコンテンツ別でスケジュールを経てております。

アニメは、もちろん最近話題になった「ガールズ&パンツァー劇場版」を筆頭に、「マクロスΔ」や名作「AKIRA」など音の良いアニメを爆音でデモします。

【イベントスケジュール】
8月11日(木) 12:00~13:30 「究極の4K Ultra HD再生に挑む!」
8月12日(金) 18:00~19:30 「納涼!ホラーナイト!」
8月13日(土) 12:00~13:30 「超弩級で体感するアニメ・CGの世界!」
8月14日(日) 12:00~13:30 「映画・音楽を最高の環境で!」
8月15日(月) 11:00~20:00 「フリー試聴」

只今、セッティング中!

Dsc_0357

まだまだ調整中ですが、とんでもない音が出ています。

しかも、今回のシステムが当初よりパワーアップしまして、リアスピーカーが「803D3」に!パワーアンプは以下の通り。

フロント(802D3) PASS「XA160.8」×2台
センター(HTM1D3) PASS「XA100.8」
リア(803D3) PASS「XA30.8」
トップ(AP1.2) PRIMARE「A30.7」

総額、約2400万の超豪華なシステムとなりました!!

このシステムでの試聴は8/11~8/15まで!

絶対に普段体験出来ないシステムとなっておりますので、是非お時間を作ってご参加頂きたいと思います!!

ご予約はコチラまで!
https://www.avac.co.jp/contents/2010

それでは、皆様のご参加お待ちしております!!