« 2017年8月 | メイン

2017年9月

2017年9月24日 (日)

【秋葉原本店】デノンAVR-X6400Hイベント報告

こんにちは、桜庭です。

1306sakuraba

本日はデノンのAVアンプの新製品AVR-X6400Hのイベントがございました!

Dsc_0049_2

 Dsc_0051_2

国内製品としては初の「Auro3D」フォーマットに対応しました。 

旧モデル6300からのマイナーチェンジというイメージが強いですが、「Auro3D」という音声フォーマットに対応し、DSP段も上位の7200とほぼ同等になり、音質面も見直されて中低域の質も一段と進化しましたので、かなりグレードアップしたモデルです。

イベントでのデモはオーディオ系のソースがメインでしたが、今回対応したAuro3Dはチャンネルベースのフォーマットという事もあって既存のチャンネルベースのフォーマットのアップミックス(Auro-Matic)が優秀でもの凄く使えます。

SACDマルチやライブ系のソフトなどの視聴が多い方にはドルビーサラウンドよりもこちらの方がより自然な感じで楽しめるかもしれませんねhappy01

Auro3Dのソフト自体はまだ少なく映画のソフトは今後15本前後は出るようですが、Atmosにはできない96/24以上の高音質フォーマットの3D音場でいろいろ出て欲しいですね。

2017年9月22日 (金)

【秋葉原本店】新製品AVアンプ一挙聞き比べ!

再び登場、アバック秋葉原本店の菅原です。

1_4
9月23日(土)より開催されます試聴会のお知らせです。

第3の次世代サラウンド「Auro-3D」登場!
2017最新AVアンプ・一挙聞き比べ試聴会


リンク:https://www.avac.co.jp/contents/2733
 
この夏から秋にかけて発売されましたAVアンプを一挙にご紹介!!
比較試聴頂けます!!
 
 特に注目は、Auro-3D搭載 DENON「AVR-X6400H/4400H」!!
(最近、Auro-3Dばかり紹介しているような・・・)

El_avrx6400h_jp_bk_ot

はたして、Auro-3Dの実力は?
Dolby AtmosやDTS:Xとの違いは?
など、気になる事をチェック頂けます!
 
【エントリーモデル】
DENON「AVR-X6400H」「AVR-X4400H」
Pioneer「SC-LX502」
YAMAHA「RX-A3070」「RX-A2070」「RX-A1070」
 
この新発売6機種を比較試聴頂けます!

また、エントリー機種以外との比較試聴も可能です。

例えば、「AVR-X6400H」と「SC-LX901」など

ご希望機種をお伝えください。 

イベント期間内は、
スペシャル特価とデモディスクをプレゼント 致します。
 
皆様のご来店お待ちしております!!

【秋葉原本店】9/23「AVR-X6400H」イベントになんと・・・!

秋葉原本店の菅原です。

1
9/23(土)のイベントにスペシャルゲストです!!

0912_bana
https://www.avac.co.jp/contents/avr-x6400h_event.html

なんと、Auro-3D Japanの方がいらっしゃいます!!

国内初「Auro-3D」対応AVアンプのイベントとして、これほど相応しいゲストはいないでしょう!!

皆さんが聞きたいAuro-3Dの事、沢山聞けそうですね!

9/23のイベント、1部は略満席ですが、2部(15:00~の回)にはまだ若干お席に余裕がございますので、是非ご参加ください。

イベントご予約はコチラから!
https://www.avac.co.jp/contents/2719

皆様のご参加、お待ちしております!!

2017年9月21日 (木)

【秋葉原本店】秋の新セール始まります!

秋葉原本店の菅原です。

1
本日、9/21(木)より新セール始まりました!!!

0919_akino_bana_2

リンク先:https://www.avac.co.jp/contents/autumn_festival2017.html

今年の夏から秋にかけて発売された新製品をご紹介しております!!!

4KプロジェクターからUHDプレーヤー、AVアンプ、スピーカーまで、何気に、この夏・秋は発売が多いんですよね!

セール特典として、

 今お持ちの製品を下取りに出して頂くと、通常買取価格より高くなる「下取りUP」もございます。

是非、ご活用下さい!!!

オススメとしては、ネイティブ4Kパネル搭載のSONY「VPL-VW245」、国内初「Auro-3D」搭載のAVアンプDENON「AVR-X6400H」、フランスの楽器メーカーが作ったスピーカーCabasse「MC170シリーズ」です。

また、各店員の製品レビューを掲載しておりますので、ご購入の参考にして頂ければと思います。


--------------------------------------------

最近ますます拍車がかかり発売が増えている「4K UHD」ソフト、主に新作が多いのですが、旧作のリリースも少しずつ増えてきています。

ここ最近ですと「レオン」「E.T.」「ブレードランナー」など1980年代の名作が発売されているんです。(北米版合わせ)

個人的にドハマリ世代ですが、懐かし補正を入れずとも、どれもクオリティが高くオススメ出来ます。

「HDR」効果はバツグンですし、サラウンドリミックスで「Dolby Atmos」「DTS:X」対応になってます。

9/20発売した「ブレードランナー」は雑誌HiVi10月号で特集され絶賛されていましたが、個人的には「E.T.」に感動しました。

91jqx31j1il__sl1500_ 
最後、ETとの別れのシーン。

暗い森の中に、宇宙船のまばゆいばかりの光。

このコントラストが「HDR」によって見事に描かれ、当時体験出来なかった(あるいはブレーレイ発売当時)映像で感動も深まります。

さらにジョン・ウィリアムスの壮大なスコアがDTS:Xで包み込むように広がり、感動を押し上げます。

E.T.の「come」、エリオットの「stay」のセリフからの流れに、いい歳こいたオッサンが、アバックのシアタールームで思わず涙してしまいました・・・。

当時の感動を最新の4K映像とイマーシブサウンドDTS:Xで楽しめるなんて、本当に良い時代ですね!!

2017年9月19日 (火)

【秋葉原本店】DENON「AVR-X6400H」イベント開催!

秋葉原本店の菅原です。

1
9/23(土)アバック秋葉原本店を皮切りにDENON新製品AVアンプ「AVR-X6400H」の発売を記念したイベントが始まります!

0912_bana_3

 https://www.avac.co.jp/contents/avr-x6400h_event.html

今回発売のAVR-X6400Hは、只の新製品とは訳が違います!!

国内初の新サラウンドフォーマット「Auro-3D」が搭載されているんです!!!

先に搭載された「Dolby Atmos」「DTS:X」に続く第3番目のイマーシブサラウンドの登場です!!

イベントでは、開発の方直々に商品説明して頂けますので、濃い内容となりそうです!!

Auro-3Dのデモンストレーション皆さんが気になっている「Dolby Atmos」と「Auro-3D」のセッティングについて など、このイベントでAuro-3Dの全てが分かるでしょう!!

これは、否が応でも期待が高まりますねっ!!

9/23開催の秋葉原本店は、第1は略満席、2部にまだ若干のお席に余裕がございますので、今ならまだご参加間に合います!!

どしどしご応募ください!!

ご参加希望の方はコチラから!
https://www.avac.co.jp/contents/avr-x6400h_event.html

一緒に新サラウンド「Auro-3D」を体感しませんか?

ご参加お待ちしております!!

2017年9月15日 (金)

【秋葉原本店】週末は「Auro-3D」祭り♪

秋葉原本店の菅原です。

1
DENON「AVR-X6400H」の発売により一気に「Auro-3D」が盛り上がって参りました!!!!

あれ?自分だけじゃないですよね!?

と、オロオロする私・・・。

・・・と、いう事で。今週末はAuro-3D祭りです!!!

台風なんてなんのその!!

みんなでAuro体験しちゃいましょう!!!

Auro3d

ソフトも幾つか揃えましたので、まずはご体感ください!!

Dsc_0718 マニアックな「悪魔のいけにえ」なんかもあります。

どちらかというと音楽モノが中心ですが、どれも96KHz/24bit収録で音質が良く、遊び心のあるサラウンドデザインなので聞いていて楽しいです。

是非、この週末はAuro-3Dを聞きにアバック秋葉原本店へお越しください!!!

2017年9月14日 (木)

【秋葉原本店】AVR-X6400H・AVR-X4400H展示開始!

秋葉原本店伊奈です。

2009_04ina

本日DENONより新発売のAVサラウンドアンプ「AVR-X6400H」と「AVR-X4400H」が入荷してまいりましたので、早速開梱設置設定行いました。

AVR-X6400HとAVR-X4400Hは、日本国内初となるAURO-3Dを搭載したAVアンプになります。

Avrx6300havrx4400h上がAVR-X6400H下がAVR-X4400Hです。

Img_6457 アンプの設定が画面です。

初のAURO-3Dの設定という事で、いつもは読み飛ばしているがしっかり読みました。

Auro3d スピーカー設定画面

DOLBY-ATMOSとAURO-3Dどちらのスピーカー設定にしたら良いのだろうと悩みましたが、お店での試聴機という事で両方対応できるように設定いたしました。

それが、下の写真です。

Photo 天井面のスピーカー設定はフロントハイト・リアハイトの設定でATMOSもAURも再生いたします。

Auro3d_2 AVアンプのディスプレイには、このように表示されます。

他社との比較も出来るようにしてありますので、是非秋葉原本店へご試聴くださいませ。

また、 

AURO-3Dのソフトはまだ数が少ないですが、今後増えていくことを期待したいと思います。

お店にAURO-3D試聴用にゴーストバスター(DOLBY-ATMOS版、AURO-3D版)とAURO-3D用デモソフトを揃えておりますので、ご視聴希望のお客様は是非視聴してみてください。Photo_2

AURO-3Dにご興味ありましたら、是非アバック秋葉原本店へお越しくださいませ。

【秋葉原本店】日本初Auro3Dとは?「AVR-X6400H」発売

秋葉原本店の菅原です。

1
サラウンドジャンキーの皆さん!

ついに、この日がやってきましたよっ!!!

そう、DENONの新製品AVアンプ「AVR-X6400H」が発売です!!!

El_avrx6400h_jp_bk_ot このAVアンプ、只の新製品ではありません!!

日本初の「Auro3D」対応なのです!!!!!!

Auro-3Dとは、なんぞや?と言う方は・・・

Auro3Auro-3DRはまったく新しい画期的なオーテ゛ィオ技術て゛、これまて゛のオーテ゛ィオ技術て゛は実 現することのて゛きなかったリアルな音響再生を可能にしました。日常聞いている音そのま まに取り囲まれた、まさに実際にその場にいるような感覚を生み出します。 あらゆるオーテ゛ィオマーケットに対して、制作から配給に至るまて゛、真の 3D 音響に対応て゛ きるソリューションを史上初めてもたらしたのか゛ Auro-3D て゛す。リスナーを取り囲む Auro-3D 特有の三層のスヒ゜ーカー配置構造による「垂直音場」は、全く新たなレヘ゛ルの没 入感を生み出し、音響再生に飛躍的な自然さをもたらしました。高さ方向のチャンネル(再 生音)を追加することによって、周囲からた゛けて゛なく、頭上からも自然な反射音か゛到来する ため、普段聞いている音と同し゛印象か゛得られます。(HPより)

 

あれ?Dolby Atmos、DTS:Xと同じでは?と思いますが、高さ方向の概念は同じでも、似て非なるもの。

「Dolby Atmos、DTS:X」は位置情報による「オブジェクトベース方式」で、決められた位置情報を元にそこから各スピーカーに音が振り分けられるので、スピーカーの位置に左右されず自由にサラウンドデザインできます。

対して「Auro3D」は「ディスクリート方式」なので、各スピーカーへは、それぞれ割り当てられた音が別々に出ます。

簡単に言うと、直接的に出すか間接的に出すかです。(あくまで簡単に言うとですよ・・・)

どちらも下を除く、全方向から音が聞こえるという「最新のサラウンド」なのは変わりません。

 

はたして、「Auro-3D」の実力は?また「Dolby Atmos」「DTS:X」との違いは?どうなのでしょうか?

ちょうど、AVR-X6400Hの展示機が入荷してきましたので、UHDソフト「ゴーストバスターズ」で比較してみましょう。

このリブート版「ゴーストバスターズ」は、北米版が「Dolby Atmos」、国内盤が「Auro-3D」という比較するのにピッタリなソフトなのです。

81i4xjfo4yl__sl1500_

Atmosは何回も聞いていましたが、いやいやAuro-3Dも良いじゃないですか!!上からの音がシッカリ鳴って迫力があります。ディスクリートな分、シーンによってはAuro-3Dの方が聞き応えがあることも。

どちらも映画のサラウンドとして良く出来ています。

Dolby Atmosが内から外への放出系なら、Auro-3Dは外から中へという感じでしょうか。抽象的ですいません・・・。

これは是非、ご自身の耳で確かめて頂きたいと思います。

これで、「Dolby Atmos」「DTS:X」「Auro-3D」と次世代サラウンドが3種類揃った訳です。

同じタイトルが被る事は少ないと思いますので、見たい聴きたいソフトのサラウンドに合わせ聞いて頂ける幅が広がったという訳です。

そう考えるとAuro-3D対応のAVアンプは今後を見据えた良いチョイスではないでしょうか。

Auro-3D対応ソフト情報は、このブログでお知らせして行きたいと思います。今の所は音楽ものが多いようですが、取り寄せしているタイトルもありますので随時紹介していきます。

9/23(土)AVR-X6400Hイベント開催します!

0912_bana https://www.avac.co.jp/contents/avr-x6400h_event.html

Auro-3Dについて詳しく聞けるチャンスです。是非、ご参加ください!!

2017年9月11日 (月)

【秋葉原本店】第9回 防音ルーム導入!!ホームシアター無料相談会 開催!!

こんにちはhappy01

秋葉原本店井出です

Ide1401

秋葉原本店ビシュアルコーナーにて

防音ルームで映画や音楽を迫力の大音量で楽しもう!!

1_3

9月24日(日)11:00~18:00※予約制

を催いたしますsign03

ご自宅でホームシアターや音楽を楽しむ際に、問題となりやすいのが騒音トラブルですsad
そこで!ご近隣やご家族に迷惑をかけず、豊かな音場を楽しむ為の防音ルーム導入は いかがでしょうかflair

好きな映画や音楽を時間帯や音量を気にすることなく楽しむことが出来る防音ルームnotes
周りを気にせず大音量を楽しめる防音ルームを導入すれば、ホームシアターの充実度が一層増す事は間違いありませんshine

そこでご新築やリフォームで防音ルーム導入をご検討されてますお客様up
防音ルーム設計のスペシャリスト「株式会社シー・エス・シー 関口 氏」が

関口 彰洋  一級建築士

一級建築士 関口 彰洋
 

9月24日(日) 秋葉原本店にて導入の際のご質問やご不明な点に詳しくお答えいたしますflair

当日ご相談特典といたしまして

図面をお持ちになってホームシアター導入のご相談を頂いたお客様には、

日本伝統のお風呂 和み庵6種セットBOXをプレゼント。


※無くなり次第終了となります。

是非ご予約ご来店お待ちしておりますsun

【秋葉原本店】SONYの本気が伺える4Kプロジェクター2機種発表!「VPL-VW745/245」

秋葉原本店の菅原です。

1
ついに、SONYが新しい4Kプロジェクター2機種の発表をしましたね!

ニューリリース:http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201709/17-0911/

VPL-VW745(12/9発売)まだ・・・先ですね・・・。

 

Img_001_3

アバック秋葉原本店でも今年一番の注目株4Kプロジェクターです。
やはり最大のウリは、ネイティブ4Kパネル、レーザー光源でしょう。

上位機種の「VPL-VW5000」が800万!という破格値ですから、メーカー希望小売価格が170万なら安い?と思ってしまいそうです。

もちろん100万オーバーの高額品なのは間違いないですが、ネイティブ4K・レーザー光源としての価格と、同じ4K・レーザーのJVC「DLA-Z1」の約半額と考えると、SONYさんは今回相当気合を入れて値付けしたと思われます。

もちろん、JVC「DLA-Z1」とSONY「VPL-VW745」がレンズなどを含め、同レベルではないのは確かですが。

Dlaz1_prod JVC「DLA-Z1」

今回の発表で、「VPL-VW1100ES」の後継が発売されると思っていた方もいるようですね。

たしかに価格的には、VPL-VW1100ESの後継のような感じですが、レンズ周りや筐体などみると、VPL-VW1100ESとVPL-VW535の間のモデルという位置付けでしょうか。

今現在も1100ESの後継機を望む声は多いようですが、あのレンズにレーザーを積んだら、一体いくらになってしまうのでしょう・・・。当時のVPL-VW1000ESや1100ESの購入価格は遥かに超えてしまいそうです。

Vplvw1000es SONY「VPL-VW1100ES」

SONYいわく、オールガラスレンズでは無くても、1100ESのフォーカス(周辺フォーカス含め)に負けない出来という事ですから、VPL-VW1000ES・1100ESユーザーの方も期待して良いのではないでしょうか。

実際、私も視聴しましたが、ネイティブ4Kの素晴らしい解像感、周辺までのフォーカスの良さ、レーザー光源の豊かな色合い、HDRが引き立つコントラスト感を感じました。その当時で70%の出来と言っていたので驚きでした。

個人的には、4K信号に「モーションフロー」が対応になった事が密かに嬉しいです。

ゆえに「VPL-VW745」はSONYプロジェクターの歴史の中でも革命的な製品と言えるでしょう!

只今、絶賛予約受付中です。

イベントの開催は改めて告知させて頂きます。

続いて、もう1つのモデルは

VPL-VW245(10/20発売)

Img_002


こちらは、ネイティブ4Kパネルで、反則に近いこの価格設定!!
この価格設定はSONYだから出来んでしょうね。

4Kの入門機として、これ以上ないコスパです!

これを機に4Kデビューしませんか?

 

只今、絶賛予約受付中です。

どちらも今年の新製品は、SONY渾身のモデルなのは間違いありません!

この後にJVCの新製品プロジェクターも発表されるでしょうから、今年は4Kプロジェクターの当たり年ですね!!

今年の年末・年始は「4K」三昧になりそうです。